【秋華賞2018レース回顧】京都芝2000mで行われた秋の3歳牝馬GⅠ秋華賞。勝ったのはダントツ人気のアーモンドアイ!これで牝馬三冠の偉業達成!今後はジャパンカップ?有馬記念?それとも香港?2番人気ラッキーライラックの敗因は?ミッキーチャームはスローで恵まれた?強い競馬したのは?浅次郎の◎ラテュロスは大奮闘の5着!

 

アーモンドアイ、

圧倒的強さで牝馬三冠達成!

 

 

いやー、アーモンドアイ強かったねー。

 

一頭だけ次元が違う感じの脚でラクショー。

 

一人舞台のワンマンショー。

 

馬券はダメだったよチキショー。

 

目標はジャパンカップ、そして有馬記念。

 

目指すは年度代表馬だろう。

 

さて、簡単に回顧する。

 

■秋華賞2018結果、着順

 

■秋華賞2018映像

 

■秋華賞2018回顧

スタート!

好スタートは4番ランドネ、1番ラテュロス、13番のミッキーチャームあたり。出遅れ気味だったのが、5番サラキア、8番トーセンブレス、9番サトノガーネット。アーモンドアイ、プリモシーンもあまり出が良くなかったね。

 

激しい先行争いはなく・・・スムーズに隊列が決まる。

 

行ったのはミッキーチャーム。2番手にオスカールビー、控えて内にランドネ、外にハーレムライン。

 

続いてサヤカチャン。内にラテュロス。その外にラッキーライラック。出来れば・・・ラテュロスいいチンポジ取ったなあ!ウッシッシ!(と、道中思っていた笑)

 

中団前目の外にゴージャスランチ、インにサラキア。間にオールフォーラヴ。その後ろにアーモンドアイ。前から数えて11頭目。

 

中団後方に・・・アーモンドアイをマークするかのようにカンタービレ。プリモシーン。内からトーセンブレス。

 

後方にダンサール、パイオニアバイオ、プリモシーン。最後方にサトノガーネット。

 

ラップタイムは、

 

 

1000m通過が59.6。

 

秋華賞のペースとしては、

平均ややスローか?

 

とテレビでも言ってたし、

ジョッキーからもそういうコメがあったんだけど・・・

 

前日のメイン大原S(1600万下)の1000m通過が61.9。

まあ、これはスローだったにせよ

勝ったタニノフランケルの上がりが34.7でトータルタイムが2:01.1。

 

当日9Rの紫菊賞(2歳500万下)の1000m通過が60.9。

勝ったアドマイヤジャスタの上がりが35.6でトータルタイムが2:00.8。

 

秋華賞は1000m59.6で、

トータル1:58.5。

 

ほかの芝のレースを見ても速い時計は出ておらず、

現在の京都の馬場レベルは、

「実は少々時計が掛かる馬場」なのである。

(少なくともバンバン33秒台が出るような堅い馬場ではない)

 

そのことを踏まえると、

 

今回の秋華賞の1000m通過59.6というペースが

果たして本当にスローだったのかどうか?

 

そして見落とされがちなのが、

ラップの緩急である。

 

 

ご覧の通り、向正面からずっと、

緩んだラップは一度もなし。

延々と11秒台後半のラップが刻まれているのである。

 

これは相当珍しいんじゃないかな。

 

ラップが緩むと、当然息が入りやすく、

瞬発力型の馬に有利に働くわけであるが、

 

ラップの緩急少なく一定のラップが続くと・・・

持久力タイプの馬に有利に働くのである。

 

後方に居ながら脚を使えなかった馬は

この持続ラップに殺されたわけだ。

(脚が溜まらなかった)

 

逆に前方で粘った馬は

こういった持続ラップが得意な馬。

 

このラップはほとんどミッキーチャームのもの。

今回は文字通り相手が悪かったわけだが、

見た目以上に強い競馬をしたと思う。

 

ミッキーチャームはスローだから粘れた・・・

という評価をするのは間違いだと思う。

 

いずれにせよ、

競走馬としての総合力

が試される一戦だったと思う。

 

回顧に戻ろう。

 

手応え抜群のまま軽快に飛ばすミッキーチャーム。付いていった馬は早々に苦しくなる。

 

ミッキーチャームの真後ろに虎視眈々のランドネ。ラッキーライラックは手応え怪しい感じで外へ。その外・・・大外を馬なりで上がって行ったのがアーモンドアイ。白い帽子のカンタービレは徹頭徹尾アーモンドアイをマーク!

 

京都芝2000mの直線は328mしかない!アーモンドアイから先頭まで7~8馬身はあるか?これはさすがに届かない?しかし・・・この時ルメールはまだGOサインを出しておらずほぼ馬なりのまま・・・。私の◎ラテュロスはこの時3番手!脚色も悪くない!うおー!行けぇ秋山!前も交わせー!アーモンドアイは来るんじゃねー(買ってねえ~)。

 

残り300mを切ってからルメールが追い出すと・・・まさに矢のような伸び!あっという間に差が詰まる。が、ミッキーチャームも粘る粘る!ラッキーライラックは全然伸びない!

 

加速がついてからの脚はまさに別次元。残り200を切ったところで手前を変えると・・・さらにギアが上がって加速!あっという間に差を詰めて交わし去る。

 

アッサリ交わして突き抜けたところがゴール。

 

強いっ!

 

強すぎるっ!

 

さっきも書いたが、今回の秋華賞は息を入れる暇が全くない・・・延々と11秒後半のラップが続く一貫した流れ。この流れの中、これだけの脚が、しかも楽に使えるのだから強すぎる!としか言いようがない。予想段階では、「京都芝2000はアーモンドアイには向かないのではないか?」という疑問を持っていたが、全くの杞憂であった・・・あっちょんぷりけ。

 

そして、

 

牝馬三冠達成おめでとう!

 

※注、三冠というのは「皐月賞」「ダービー」「菊花賞」のことであり、牝馬三冠というのはあくまで俗称である(秋華賞はクラシックレースですらない。秋華賞が出来る前はエリザベス女王杯が牝馬三冠のラストだった)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アーモンドアイは、ノーザンF生産のロードカナロアの初年度産駒。これで父の人気はさらに高まるだろうね。今後はジャパンカップ、有馬記念を視野に入れるローテとなるだろうが、期待は膨らむばかりだね。早くも海外挑戦の声が上がっているようだし、来年春はドバイ、秋は凱旋門賞に是非ともチャレンジして欲しい。欧州の馬場はどうなんだろうねえ。

 

2着のミッキーチャームは、記事の中でも書いたが、相当強い競馬をしたと思う。ほんとアーモンドアイっていう化け物さえ居なければ・・・という内容で。これからの飛躍が期待される一頭ですな。この後はどうすんだろ?エリザベス女王杯行くのかな?

 

3着はアーモンドアイを徹底マークしたカンタービレ。アーモンドアイの後ろから上がり33.9の脚を使って追い込んだが・・・全く敵わなかった。ただ、これも相手が悪かっただけで、この馬も相当強い競馬をしている。是非エリザベス女王杯に出てきて欲しい。

 

4着は中団前目で競馬をしたサラキア。今回も出遅れてしまったが、内を伝って絶好のポジションを確保。終始スムーズなレースぶりで、直線に向いた時は突き抜けるか?という手応え。ここから伸びきれなかったのは現時点での力不足かな。もしかしたら2000は微妙に長いのかもしれん。

 

5着は私の◎ラテュロス。15頭立ての13番人気、単勝156倍の低評価であったが・・・結果は大激走の惜しい5着。まあ、枠も良かったし、終始スムーズな競馬が出来たし、鞍上の秋山も最高の騎乗をしたし結果だが、サラキアあたりとはそんなに能力差がないのは証明されたと思う。もうちょいで3着だったなあ。惜しい。

 

さて、2番人気に支持されていたラッキーライラックは直線ズブズブの9着だったわけだが、敗因はなんだったんだろうね。見る限り折り合いも付いていたし、不利があったわけじゃないし、内回りの京都2000mも問題なかったと思う。しかし4コーナー手前ですでに怪しい手応えだったし(ムチ入ってたもんね)、いつもと全く行きっぷりが違ったから、やっぱりデキがイマイチだったんじゃなかろうか。+18kgだったしねー。屋根のせいじゃないと思うが・・・次に期待したいね。エリ女かな?

 

あと、6番人気だったプリモシーンは後方からカンタービレと同じような脚を使った突っ込んで来ており・・・ポジションが後ろ過ぎて脚を余した印象。マイラーなりの競馬をしたら、2000mも大丈夫だったみたいな?もっと内枠だったらまた違った競馬が出来たかもしれん。

 

というわけで、

 

アーモンドアイの強さばかりが眩く光った秋華賞だったが、

 

この馬がどこまで行くのか楽しみですな。

 

来週は菊花賞。

 

そろそろ荒れて欲しい(笑)。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【菊花賞】混戦ムードの牡馬クラシック最終戦/JRAレースの見どころ

問題はブラストワンピースの取捨だよなあ・・・異例のローテも気になるところだが、母系は決して長距離向きじゃないだけに、距離の不安もあるんだよ。この馬自身、2000~2400くらいの中距離向きっぽいしなー。むしろ秋天の方がいいんじゃね?みたいな。ま、長距離向きの馬なんてほとんどいないんだけど(笑)。