【シルクロードS2019予想+データ分析】京都芝1200mで行われるハンデGⅢシルクロードS。ダノンスマッシュ、ラブカンプー、アンヴァルあたりが人気だが、穴馬を探そう。データ分析では、内枠有利の外枠不利、逃げ・先行有利、馬体重・ハンデ・騎手・血統は?穴馬候補はナインテイルズ、ラインスピリット、エスティタート、ティーハーフ!

 

ガッキーの恋ダンスより、

 

コウメ太夫が好きである(うそ)。

 

 

チャカチャンチャン~チャカチャカチャンチャン~♪

 

荒れるハンデ戦と思って買ったら~~~♪

 

人気馬同士で決まっちゃいました~♪

 

ちきしょー!

 

■シルクロードS2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は暮れの京阪杯を勝ったダノンスマッシュか。

 

いや、スプリンターズS2着のラブカンプーか?

(もう調教には騙されないぞ!)

 

ラブカンプーの54kgは反則って気がするよねゴローさん。

 

 

(個人的には55.5kgでいいんじゃね?と思う)

 

この2頭が人気を集めそう。

 

だけんどもしかし。

 

このレースはハンデ戦。

 

なにが起きるか分からんでー。

 

データ見てみるべ。

 

■シルクロードS2019データ分析、人気別成績

1番人気弱し。ただし2~4番人気がまあまあ強く、1~2着は堅め。ただし3着には人気薄がガンガン来ているね。3連単で3着ヒモ荒れを狙うのも一つ。

 

■シルクロードS2019データ分析、枠番別成績

うーん。明らかに真ん中より内枠が優勢だねー。1~2枠が好成績で、6~8枠は脇枠。特に7枠は結構人気馬が入っててこの成績。外枠に入ったら割引して良さそう。人気馬は外枠に入ってくれー。

 

■シルクロードS2019データ分析、馬体重別成績

短距離戦だし馬格がある方が有利かと思いきや・・・440~459kgのゾーンがものすごく成績が良いですな。ただし2~3着は馬格がある方でいい。馬体の増減は圧倒的に「馬体増」が優勢。+10kg以上で出走してくる馬も珍しくなく、かなりの好成績を挙げている。おそらく・・・休み明けの実力馬が多いからだろう。

 

■シルクロードS2019データ分析、ハンデ別成績

このデータがキモですなあ。基本的に重ハンデ馬が強いですな。54~56kgのゾーンで【4.6.6.96】と馬券の半分を占めており、53kg以下の軽ハンデ馬は3着が3回あるのみ。軽ハンデ馬より重ハンデ馬の方が信頼度高し。

 

■シルクロードS2019データ分析、騎手成績

関西の上位騎手が強い。ミルコは過去5回乗って3着が一回のみか・・・。ルメール他外人騎手は根岸Sみたいなんでねー。ミルコに人気が集中しそうだが・・・。

 

■シルクロードS2019データ分析、種牡馬別成績

要注意はアドマイヤムーン(セイウンコウセイ・ストーミーシー・フミノムーン)。このコースとの相性抜群である。問題は今回人気になりそうなロードカナロア(ダノンスマッシュ・アンヴァル)。京都1200はどうなんだろうなあ・・・。

 

■シルクロードS2019データ分析、間隔別成績

3週(中2週)の馬券率がめちゃくちゃ高いですな。後は普通に1~2ヶ月間隔の馬。2ヶ月以上の休み明けでも全く問題なし。

 

■シルクロードS2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・淀短距離S(9頭)、阪神C(5頭)、京阪杯(4頭)、スプリンターズS(3頭)、この4レースがメイン。他、ラピスラズリSや尾張Sといったオープン特別からの臨戦もあり。準オープンから馬券になったのは2頭だけで、いずれも3着。

淀短距離Sは2着以内、京阪杯は5着以内、阪神C・スプリンターズSは着順不問とする(大敗からの巻き返しアリ)。ただし、淀短距離Sは以前は中2週だったが、現在は中1週となっている。

【激熱ローテ馬】
・ナインテイルズ(淀短距離S1着)
・アンヴァル(淀短距離S2着)
・ダノンスマッシュ(京阪杯1着)
・エスティタート(京阪杯5着)
・ラブカンプー(スプリンターズS2着)
・ダイメイプリンセス(スプリンターズS4着)
・ラインスピリット(阪神C10着)

 

■シルクロードS2019データ分析、脚質別成績

逃げ・先行が優勢ですな。差し馬も飛んでくるが3着が多い。理想は先行チョイ差し。

 

■シルクロードS2019データ分析、位置取り・上がり3F

過去10年で牝馬は6頭。軽ハンデ馬は厳しい現実ですなあ。馬券パターンは「先行→逃げ」の前残りパターン。差し馬が絡む時は「差し→先行」「差し→差し」

穴馬の脚質は、差し・追い込み!

当たり前だが、実力ある先行馬は人気になりやすいわけで。先行馬が強いレースだが、穴を狙うなら「3着差し馬」が良さそう。

 

■シルクロードS2019データ分析、厩舎・生産者・血統

21/30で関西馬優勢。関東馬は来ても2着までか・・・。そしてなんと!社台系激弱っ!!!!重賞でノーザンFの馬が一回も来てないなんて・・・初めて見たかもしれん。社台Fも過去2頭だけだしね。代わりに強いのがダーレー。今年は・・・ティーハーフだけか(笑)。血統的にはもう最近はミスタープロスペクター系が圧倒(アドマイヤムーン、スウェプトオーヴァーボード、ストーミングホーム)。あるいはサクラバクシンオーの系譜(ショウナンカンプ)。ナスルーラ系。

 

ケツデータ論

・内枠有利の外枠不利。

・重ハンデ馬強し。

・逃げ、先行優位だが、穴は差し追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって我慢汁でパンツがヌレてしまいそうなラインスピリット。スプリンターズS3着のこの馬が56.5kgで、2着のラブカンプーが54.0kgってのはかなり納得行かないが(ラインスピリットは重賞勝ちはおろか連対実績もなし)、それでもココはチャンスなんじゃないかと思う。スプリンターズSの時と比べると、ラブカンプーとの斤量差は4kg→2.5kgに減るからね。騎乗位の空論で言えば互角以上だろう。京都芝1200は【3.3.1.5】。前走の阪神C10着のおかげで人気薄決定(阪神1400と京都1200は適正が真逆)。スウェプトオーヴァーボード×トニービン。鞍上はノーマーク爆パイ党の森一馬。絶好の狙い目だ。

次に、最重要ステップの淀短距離Sを勝ったナインテイルズ。netkeibaの予想オッズでは謎の人気薄になっているが、この人気なら秘蔵のエロDVDを質に入れてでも買いたいところ。なんせ、2走前の京阪杯ではダノンスマッシュから0.3秒差の2着。しかしこの時はナインテイルズの方が1kg重い斤量を背負っていたのである(今回はダノンスマッシュは1.5kg増)。実力的にはダノンスマッシュと変わらないと思うぞ!

大穴に京阪杯5着のエスティタート。京阪杯ではナインテイルズからハナクビクビ差の5着。そして、そこから1kg減って今回53kgで出走出来るのである。今回人気の一角になりそうなアンヴァルやナインテイルズは京阪杯時と同斤だからね。十分パンチラ可能なミニスカ具合である。

最後に、出走してくるようなら・・・大穴扱いになりそなティーハーフ。前走の淀短距離Sはナインテイルズから0.1秒差の3着だったわけだが、その時の斤量は残酷な59kgのテーゼ。今回は2kg減の57kg。休み明け2戦目。父ストーミングホームはこのレースに強いミスプロ系。穴を開ける追い込み系。そして、ダーレー。ケツデータ目白押しである。3着候補筆頭(笑)。誰が乗るのかな?

 

他にも3つほど・・・気になる美ケツはあるが、

 

 

枠順が出ないとなんとも言えんからね。

 

結論は日曜日。

 

根岸Sはケンかなあ・・・。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【ドバイWCデー諸競走】アーモンドアイ、レイデオロなど予備登録

うおお。今年ドバイは楽しみやねー!