【ターコイズS2018データ分析】中山芝1600mで行われるハンデGⅢターコイズS。今年はフローレスマジック、プリモシーン、フロンテアクイーンが人気になりそうだが、当然大穴狙い!データ分析では、枠順・脚質の有利不利はどうなの?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬は、デンコウアンジュ!ミエノサクシード!ハーレムライン!

 

密かに今週はこのレースが勝負レースですな。

 

中山マイルのハンデ戦・・・

 

荒れる気しかしないっ!

 

■ターコイズS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

兄姉にサトノアラジンやラキシスといったGⅠ馬がいる・・・

超良血のフローレスマジックが1番人気。

オープン入りしたばかりだが、54kgか・・・

1kg重いような気がするね。

 

2番人気候補のプリモシーンは何と言っても

関屋記念勝ちが光る。

ただ、この時は軽ハンデ51kgで、今回は55kgと逆に背負う立場。

 

フロンテアクイーンは今回も好走確率高いが、

やっぱり2~3着か(笑)。

 

うーむ。しかしこのレース・・・

 

フローレスマジックを筆頭に、

 

レッドオルガ(母エリモピクシー)

カイザーバル(母ダンスインザムード)

リナーテ(母マルペンサ)

リバティハイツ(母ドバウィハイツ)

アンコールプリュ(母オイスターチケット)・・・

 

良家の令嬢ズラリやなぁ。

 

しかし、

 

私は私の姫を応援したいと思う。

 

 

データ見てみよう。

※ターコイズSが重賞になったのは2015年から。2017年にGⅢに格上げ。

 

■ターコイズS2018データ分析、人気別成績

うっひゃひゃ!一番人気弱しっ!2番人気も弱いっ!3番人気がまあまあ強いが、4~5番人気も来てない!そして大穴が来てるっ!特に・・・2着に最低16番人気の馬が2回も来ているっ!超・大荒れが期待出来るレースだっ!

 

■ターコイズS2018データ分析、枠番別成績

ぬあ・・・?中山マイルは内枠が圧倒的に有利なレースだが・・・このレースだとイマイチですな。かと言って外枠はさらにイマイチだけど。4枠と5枠が好成績。

 

■ターコイズS2018データ分析、馬体重別成績

牝馬戦だからか・・・440~459kgのゾーンが最も馬券になってますな。馬体の増減はもちろん少ない方がいいんだが・・・穴を開けるのは馬体減の馬か。

 

■ターコイズS2018データ分析、ハンデ別成績

さて、最も気になるデータがハンデ。今回のトップハンデはミスパンテールの56kgだが・・・過去の傾向からするとイマイチですなあ。そして最も馬券になっているのは52~53kgの馬で・・・大穴を明けているのが50~51kgの馬。ただし今年は50~51kgの馬は不在なので・・・穴は52~53kgから探すべきか。

 

■ターコイズS2018データ分析、騎手成績

人気は外人になりそうだが・・・関東のベテランジョッキーが強いですな。

 

■ターコイズS2018データ分析、種牡馬成績

うへえ!・・・何が「うへえ!」かと言えば・・・ディープインパクトの名前がないじゃないか!つまり過去10年、このレースではディープインパクト産駒が一度も3着以内に入ってないのである。これはマイル重賞では相当珍しい現象だと思う。

ま、出走数も5頭と少ないけどね(少ないってことは陣営がこの舞台で走らせたくないってこと)。今年はフローレスマジックプリモシーンレッドオルガカワキタエンカといった強力ディープインパクト産駒がいるが・・・さてさて。

 

■ターコイズS2018データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が優秀ですな。2ヶ月以上の休み明けは割引でOK。理想的なローテは秋3戦目。

 

■ターコイズS2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・秋華賞(7頭)、エリザベス女王杯(3頭)、ユートピアS(6頭)、他1600万条件(5頭)、前走の着順は全てにおいて着順不問。秋華賞やエリ女はもちろん、準オープンの惨敗からでも巻き返し可能。特にGⅠ二桁着順馬が熱い。何故か・・・オープン特別組は劣勢だが、キャピタルSのみ注意。前走距離は1600~2000m。前走1400mは割引。

【激熱ローテ馬】
・プリモシーン(秋華賞7着)
・フロンテアクイーン(エリザベス女王杯7着)
・ミスパンテール(エリザベス女王杯12着)
・デンコウアンジュ(キャピタルS6着)
・ハーレムライン(キャピタルS10着)

後は、マイルの準オープン組。

 

■ターコイズS2018データ分析、脚質別成績

中山マイルだけに・・・先行有利。上がり1位の馬がこんなに弱いのも珍しい。そして上がり6位~の馬がこれだけ馬券になるのも珍しい!

 

■ターコイズS2018データ分析、位置取り・上がり3F

年齢的には3~5歳。軽ハンデ×軽ハンデの組み合わせ結構多いねー。で、ご覧の通り、上がり上位馬はめちゃくちゃ弱いっ!馬券パターンは・・・「先行→先行」「先行→差し」。ほぼほぼこの2パターン。ただ、ここ2年は差し馬が勝ってるから注意。

穴馬の脚質は、何でもありっ!

逃げ馬も先行馬も差し馬も追い込み馬も穴を開けるっ!

 

■ターコイズS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関東馬優勢。社台Fは結構馬券になっているが、ノーザンFはイマイチだねー。血統的には・・・サンデーサイレンス系のマイル~中距離種牡馬が強い。あとはキングカメハメハ。

 

ケツデータ論。

・52~53kgの軽ハンデ馬狙い!

・前走GⅠ惨敗組、準オープン組!

・先行馬優勢!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、人気になるかもしれんが・・・データ上、最も買いやすいミスパンテール。父ダイワメジャーで前走エリザベス女王杯惨敗。先行型で鞍上は横典。まあ、去年の勝ち馬だから当然っちゃ当然か。唯一の懸念はトップハンデ56kg。去年勝った時は53kgだったんだよね。ま、牝馬同士のマイル戦なら力上位だと思う。

次に、人気の盲点になりそうなディメンシオン。3連勝でオープン入りしたんだが、今回53kg。フローレスマジックやレッドオルガと比較すると1kg儲けた感じ。才能溢れるディープインパクト産駒だが、母父モンジューだし、先行脚質だし、中山マイルも問題なさそう。上に挙げたレッドオルガも当然有力。兄弟に数々の重賞勝ち馬がいる超良血。いずれ重賞を勝つと思うが、それがココかもしれん。

それからミエノサクシード。前走は少頭数ではあったが牡馬相手のポートアイランドSを快勝。中山マイルが合うかどうかは分からんが、先行脚質だし、55kgでも牝馬同士なら相当面白いと思う。

そして、浅次郎の予想を予想するのは禁止した上で(笑)、デンコウアンジュを挙げておく。この馬のベストは東京マイル。中山マイルはちょっと不向き・・・それは間違いないわけだが、昨年のこのレースでも3着に突っ込んできている通り、牝馬同士のマイル戦なら間違いなく実力上位。後は展開がハマるかハマらないか。前走のキャピタルSも6着とは言え上がり最速で0.1秒差なんでね。ココは狙いの一戦である。あ、鞍上が善臣のオジキに変わってんな。変わり身あるか?

あと超大穴でハーレムラインを狙っておるぞ・・・

 

というわけで、

 

今週はこのレースが勝負鞍。

 

どうか、

 

私の姫が人気になりませんように・・・

 

 

【浅次郎のひとりごと】

食卓のメニュー増や“家飲み”追い風に…吹き荒れる『チーズ』旋風!飲食店でも鍋にドリンクに

チーズ旨いよね。私も毎日食べるわ。小魚アーモンドと一緒にベビーチーズ(4個で100円の長方形のやつ)。なんかオススメのチーズある???

 

★浅次郎主催の競馬サークル「モッコリ万馬券倶楽部」のご案内。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内