【富士ステークス2018データ分析】東京芝1600mで行われる別定GⅢ富士S。エアスピネル、ペルシアンナイト、ジャンダルムが人気になりそうだが、データ分析ではいかに?枠の有利不利は?脚質は先行?差し?騎手・斤量・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はヤングマンパワー、ウインガニオン、デンコウアンジュ!

 

ぬう・・・。

 

これはさすがに・・・

 

一流牡馬相手は辛いか・・・

 

■富士S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

しかしエアスピネルもペルシアンナイトも休み明け。

 

特にエアスピネルは頓挫明け。

 

ペルシアンナイトは叩き良化タイプ。

 

なんとかなるかもしれんな・・・

 

ま、どんな相手だろうと、

買う馬は決まっているけどな(笑)。

 

 

どこにも、行かない。

 

■富士S2018データ分析、人気別成績

お?1番人気弱いですな。かといって2~3番人気が強いわけでもなく。1着は6番人気以内で大荒れはないんだが、2~3着は結構かなり荒れるイメージだよまどか。

 

■富士S2018データ分析、枠番別成績

概ねフラット。ただし1枠は割引?相当弱いね。

 

■富士S2018データ分析、馬体重別成績

459kg以下だと割引か。で、面白いのが増減。馬体減の馬の方が圧倒的に頭で来るわけ。休み明けの馬は2~3着が多いってことか?

 

■富士S2018データ分析、斤量別成績

別定戦だが一応見ておく。58kg以上はGⅠ馬やGⅡ勝ち馬となるわけだが、その割にはイマイチの成績?ペルシアンナイト59kg、ウインブライト58kg。あれ?ウインブライトはなんでココに?秋天路線じゃねえの?

 

■富士S2018データ分析、騎手成績

お、戸崎注意報!以下、田中勝・内田・蛯名・・・関東の上位ジョッキーが強いですな。あとルメールは連対率100%だって。

 

■富士S2018データ分析、種牡馬成績

東京マイルだけにディープインパクトが強いですな。キングカメハメハの勝ち星は去年のエアスピネルでのもの。

 

■富士S2018データ分析、間隔別成績

休み明けでも走れる。6ヶ月以上の長期明けでも大丈夫。ただ、使って来た馬の方が若干優勢か。

 

■富士S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・安田記念(4頭)、京成杯AH(5頭)、ポートアイランドS(3頭)・・・後はバラバラ。距離延長の馬は2頭だけ。ほとんどが1600~2200mからの臨戦。3歳馬も結構活躍しているね。着順は不問。惨敗からの巻き返しも可能。

【激熱ローテ馬】
・ペルシアンナイト(安田記念6着)
・ワントゥワン(京成杯AH2着)
・ロジクライ(京成杯AH3着)
・ゴールドサーベラス(京成杯AH5着)
・ストーミーシー(京成杯AH7着)
・ヤングマンパワー(京成杯AH8着)
・ヒーズインラブ(京成杯AH9着)
・ウインガニオン(京成杯AH10着)
・デンコウアンジュ(ポートアイランドS5着)

あとは前走GⅠの休み明け馬。

 

■富士S2018データ分析、脚質別成績

東京マイルは「差し有利」と言われたのも今は昔。現代では前後互角である。前目の馬も相当残ると思っておいて間違いない。ただし、このレースにおいては、逃げ馬は過去10年馬券になっていない。

ご覧の通り、他のレースに比べて上がり1位がイマイチだよね。上がり1位を繰り出しても3着まで・・・みたいなケースが多いってこと。そして上がり6位以下の馬がかなり馬券になっている。

 

■富士S2018データ分析、位置取り・上がり3F

う・・・59kgで馬券になった馬は一頭もいないじゃんね。ペルシアンナイト大丈夫か?牝馬で馬券になったのは1頭のみ。通過順を見ると・・・年によって「前残り」「差し決着」という感じで極端な結果になることが多いね。馬券パターンとしては、「先行→先行」「差し→差し」「差し→先行」。この3パターン。展開決め打ちで行くかな。

当然、差し決着の時は上がり上位馬が来るわけだが、前残りの場合は上がり下位の馬も馬券になるぜ~。

穴馬の脚質は・・・先行、差し

年によっては、大穴が2頭突っ込んで来ててね。その場合、同じ脚質の穴馬が来てるわけ。人気サイド→大穴→大穴(同じ脚質)って買い方が面白いかも。

 

■富士S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東の重賞であるが、東西互角。東京マイルだし・・・社台系が強いですなあ。血統もサンデーサイレンスの血が入ってないとどうしようもない感じ。ノーザンダンサー系の血が入ってるとプラス。

 

ケツデータ論。

・サンデーサイレンス系+ノーザンダンサー系

・休み明けOK、ただし使って来た馬優勢。

・前残りor差し決着

 

簡単に穴馬候補を挙げておこう。まず、狙いたいのが京成杯AH惨敗組である。このレースは1着から10着までわずか3馬身差かそこらの僅差。しかもハンデ戦だったわけでね。実際の実力差はそんなにない!のである。

まずもってガチで狙っているのが2年前の当レース勝ち馬ヤングマンパワーである。ノーザンダンサー系×サンデーサイレンス。このところ不甲斐ないレースが続いており、もしかしたら年齢的な衰えがあるのかもしれない。しかし、重賞3勝、超ハイレベルだった昨年の毎日王冠も5着・・・と実績はココでもトップクラス。今回、57kg→56kg。左回りのマイル戦がベスト。展開・馬場の助けがあればスタコラサッサあるかもよ!

次に、同じく京成杯AH惨敗組で57kg→56kgのウインガニオン。ステイゴールド×ノーザンダンサー系。馬柱だけ見てたら全く買えないわけだが、良く見りゃ今年の安田記念7着。逃げて、最後はバテたが、リスグラシュー、レッドファルクスといった馬と同じような着順であり、56kgならココでも十分やれるのではないか?今回「100%逃げるマルターズアポジー」がいるからね。番手で競馬出来そうなのもプラス。

そして・・・愛するデンコウアンジュ。「いやいや、それはないわ!」という言葉を何度も裏切って来た馬である。今思えば・・・府中牝馬SではなくポートアイランドSに出走したのはこの富士Sに出走するためであろう。ご存知の通り、この馬のベストは東京マイル。牡馬相手が不安って方もいると思うが、今年の東京新聞杯では僅差4着だからね?叩き良化型だし、間隔が詰まった方がむしろいいタイプ。差し穴はこの馬だ。

 

以下、クルーガー、ハクサンルドルフ、ヒーズインラブ、マルターズアポジーあたりも気になりますな。調教次第。

 

ペルシアンナイトは休み明けで59kg・・・おそらくマイルCS→香港マイルが本線だろうし、ココは昨年同様割り切って使って来ると思うんだよね。買うとしてもヒモ扱いまでか。エアスピネルは調教見て判断するが・・・別定とはいえ57kgズルい(笑)。

 

結論は土曜日。

 

楽しみやね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

い、いや、それとこれとは・・・(ごにょごにょ)