【朝日杯フューチュリティS2018回顧】阪神芝1600mで行われた2歳GⅠ朝日杯FS。勝ったのは2番人気のアドマイヤマーズ。2着には大穴クリノガウディー、ダントツ人気に支持されたグランアレグリアが3着に負けて波乱の結果に。さてグランアレグリアの敗因はなんだったのか?アドマイヤマーズ・クリノガウディーの好走要因は?

 

朝日杯FSを制したのは

 

牡馬のアドマイヤマーズ!

 

 

いやあ、グランアレグリア・・・

 

あっさり負けちゃったねえ。

 

まあ、負けたとはいえ

悲観する内容じゃないと思うけどね。

 

簡単に回顧する。

 

■朝日杯FS2018レース結果、着順

 

■朝日杯FS2018映像

 

■朝日杯FS2018レース回顧

スタート!

絶好のスタートを切ったのは1番クリノガウディーとアドマイヤマーズ。大きく出遅れる馬はおらずほぼ揃ったスタート。ただ、13番のニホンピロヘンソンは右にヨレて隣のコパノマーティンに接触するリスキーなスタート。一歩間違えたら落馬してたかも。

懸念されたグランアレグリアのスタートは五分。そして二の脚も速い、速い。

 

行ったのはイッツクール。少々出負けしたんだが、そこから押して押してハナへ。2番手のグランアレグリアは馬なりのまま2番手まで押し上げる。掛かってるようにも押さえているようにも見えない。3番手に控えたアドマイヤマーズ。こちら意図的に押さえて・・・引き絞った夕弦のような状態で折り合う(上手い)。

クリノガウディーはグランアレグリアを前に行かせて馬なりのまま好位のインポケットで脚を溜める。

 

中団前にディープダイバー、アスターペガサス。私の◎ドゴールは中団のイン。外のピンクの帽子がファンタジスト。中にヒラソールとマイネルサーパス。

 

黄色い勝負服がコパノマーティン。ここでニホンピロヘンソンが外を突いて上がっていく(掛かっているようには見えないが)。緑の帽子がケイデンスコール。最後方にエメラルファイト。ソルトイブキ。

 

ラップタイムは・・・

600m通過が35.3。1000m通過が59.5。

 

多少力の要る馬場ではあったと思う。

 

しかしレースの上がりが34.3であるからして、

ややスローな流れであったか。

(ちなみに、先週の阪神JFは600m34.8、1000m59.1)

 

であれば、

 

舞台は阪神マイル。

 

差し馬有利の瞬発力勝負となるはずだが・・・

 

結果は前残り。

 

前の馬のレベルが相当高かったのか?

 

それとも、

 

見た目以上に前が楽だったのか・・・?

 

あるいはその両方か・・・?

 

3コーナーを回る時も隊列は伸びたまま。この地点で前と後ろの差が結構あるんだよ。イッツクール・・・グランアレグリア・・・アドマイヤマーズ・・・クリノガウディーの間も2馬身くらいずつあってね。これがどういうことかというと・・・後から解説しよう。

 

(写真はノリスケさん提供)

4コーナーを抜群の手応えで回るグランアレグリア。この時点でこの馬の勝利を確信した方も多かろう。対象的に早めの追い出しに掛かるアドマイヤマーズ。クリノガウディーは4コーナーでディープダイバーに寄られて不利を受けるが、すぐに立て直して直線に備える。精神が強いなあこの馬。

 

4コーナー手前からスパートし、グランアレグリアに襲いかかるアドマイヤマーズ。一方、2テンポ追い出しを遅らせ、残り400m地点から追い出したグランアレグリア。普通に考えればグランアレグリアの方が相当有利なシチュエーションだが・・・イマイチ伸びない!

そしてその背後から・・・絶好の手応えで迫るクリノガウディー。外にディープダイバー。そのさらに外からファンタジスト。しかし・・・伸びない。いや、伸びないというより・・・前が止まらないのだ。

 

敢然と先頭に立つアドマイヤマーズ。内にヨレながらも抵抗していたグランアレグリアだったが・・・ここで力尽きる。そして猛然と追ってきたのがクリノガウディー!おそらく・・・藤岡佑はこの地点で「勝てる!」と思っただろう。それくらい抜群の手応えだった。

 

しかし!クリノガウディーが迫ると・・・

アドマイヤマーズも、もうひと伸び!

相当長いこと脚を使ってるはずだが・・・父ダイワメジャーを彷彿とさせるジリ脚型持久力タイプだねー。一瞬の脚が有るタイプではないが一旦スピードに乗ると止まらない!

 

結局この差は縮まらずに2馬身差を付けて圧巻のゴール。

 

タイムは1:33.9。

勝ち馬の上がり33.9。

 

アドマイヤマーズ強しっ!

ちょっとこの馬だけレベルが違ったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

勝ったアドマイヤマーズはこれで4戦4勝。父はダイワメジャー。毎年コンスタントに活躍馬を送り出す父だが、牡馬のGⅠ勝ちは久しぶり。父にとっても馬主にとっても大きな1勝となった。勝因はスロー目の展開と位置取り・・・それはそれで間違いないが、もっと根本的な話で・・・現時点での「能力と完成度」が抜けていたんだと思われる。陣営も話していたが、今後の課題は「成長力」だろう。今回もカッチカチに仕上げてたんでね。この点が将来どう出るのか・・・過去の朝日杯勝ち馬を見ていると多少不安にもなる。個人的には皐月賞よりNHKマイルCを目指した方がいいと思うけど。

 

2着のクリノガウディーは枠に恵まれたのは確かだと思う。展開面でも恵まれたし、鞍上も完璧に乗ったし、追い出しのタイミングも何もかも完璧であった。しかし、いずれも能力あっての話でね。あくまで現時点での話であるが、グランアレグリアと同等以上の能力の持ち主である!と私は思う。実際、ガチンコで負かしてるんだから当然そうだよね。今後・・・この結果がフロック視されて人気薄になるようなことがあれば(おそらく走るコースを選ぶ馬で、負けるときはあっさり負けそう)・・・積極的に狙いたい。しかしスクリーンヒーローは謎の種牡馬だなあ。

 

さて、3着グランアレグリア敗因は何だったのだろうか?競馬評論家の話を聞いていると「直線入り口でアドマイヤマーズに寄られてバランスが崩れた」「経験が浅かった」的なことを言ってるんだが、そんなのは表向きの苦しい言い訳で、本当の理由は全然違うと思う。だって、不利があったわけでもなく、折り合いを欠いたわけでもなく、同じような位置取りからのガチンコ勝負で負けたんだからね?

では「本当の敗因」は何だったのか?そんなもん私にはわからんが(え?)、可能性があるとしたら「初の輸送」「右回り」「多少力の要る馬場」「見えない疲れ」といった所か。あるいは、単にこの日は「調子が悪かった」だけかもしれん。馬は生き物なんでね。「何故か全然走らない」ってことは普通に起こるのである。人間だって「なんか今日は勃たない」ってことがあるだろよ(笑)。

要するに、今回は「期待し過ぎ」ってことだったんじゃないかと。

ま、個人的にはね。今回の敗戦はあまり気にしなくていいと思う。負けたとは言え、よく3着に踏ん張ったし、調教を見る限り、まだ全然仕上げてないしね。将来性を考えると十分な内容だったと思う。悪く言えば「巷が期待するようなモンスター牝馬ではなかった」ということだ。

 

4着に人気の一角だったファンタジスト。この馬も相当いい競馬をしててね。使った上がりは勝ち馬アドマイヤマーズと同じ33.9。いい脚を使ってるんだが・・・前の馬も似たような脚を使ってるから、そりゃ差は詰まらないよね。だからと言って「展開が向かなかった」とは思わない。あの位置から差を詰められたなかったのは現時点での実力差だろう。あるいは・・・やはり微妙に1600は距離が長いのかもしれん。格下相手ならマイルでもやれるだろうけど・・・。将来はスプリンターな気がする。

 

5着に人気薄だったディープダイバー。この馬は展開の助けが大きかったね。川田らしい乗り方で良く5着に粘ったと思う。相手なりに走るタイプで・・・今後も似たような展開の時には警戒が必要。

 

個人的な意見であるが、今回6着以下の着順の馬は・・・現時点でちょっと能力差があるのではないかと思う(調子がイマイチだった馬は別だが)。

 

というのも、このスロー目のペースで・・・後ろの馬は3~4コーナーで置かれ気味なんだよね。そしてそのまま前の馬で決着。。。つまり、ここにレベルの断層があったんじゃないかと。まあ、コースや展開が変われば着順も変わるのが競馬であるし、今後は成長力によってまた変わってくるわけだが、今回の1~5着と6着以下はちょっと分けて考えてもいいんじゃないかと思う。

 

私の◎ドゴールは見せ場もなく馬群に沈没。ペース云々じゃなく能力が足りんかったなー。シンザン記念とか京成杯あたりに出てこないかな?GⅢレベルで再チンコしたい。

 

以上、回顧終わり。

 

来週はいよいよ有馬記念ですな。

 

復習したい方は、こちらの記事をもう一回読んでおくべし。

有馬記念2018データ分析

有馬記念2018一週前追い切りチェック

 

ま、有馬記念と言っても控除率が変わるわけではない・・・

 

ん???

 

 

有馬ウィークは馬連5%お得なのか。

 

ふーん。

 

しかし5%お得にしたって売上がそう増える訳じゃあるまいし、

同じことをするにしても、もっと工夫すればいいのにね。

 

例えば・・・

 

競馬場限定!プレゼント付き馬券!

 

これどう?

 

売上の5%を原資にして

「豪華なクリスマスプレゼント」を用意するっしょ?

1等~10等くらいまで作ってさ。

 

1等はもう「レクサス」とか「100万円分の商品券」とか、

「充希ちゃんと三ツ星レストランでデート券」とかにするわけ。

 

で、1000円以上馬券を買ったら抽選対象となって・・・

10000円以上買ったらプレミアム抽選券とかにしてさ。

そして中山競馬場で大抽選会をやるのだ。

 

それこそ芸能人とか使ってやれば、

有馬記念が終わった後も大盛り上がりだろう。

 

現地に行けない人のために、

iPAT用の豪華賞品も用意してさ。

 

面白いと思うけどね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

これで10週連続外人騎手・・・ええのかこれで・・・ええんかこれで!

 

★モッコリ部員の募集は今週まで。

今週のモッコリ倶楽部の結果はこちら。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内