【宝塚記念2018レース回顧】春のグランプリGⅠ宝塚記念を制したのは、これがGⅠ初勝利となったミッキーロケット!鞍上の和田は17年振りのGⅠ勝利!おめでとうミッキーロケット!おめでとう和田ドラゴン!2着には香港馬のワーザー、3着には大穴のノーブルマーズが残る大波乱となったが、サトノダイヤモンド、キセキの敗因は何だった?

 

ミッキーロケット、GⅠ初制覇!

 

 

ご存知の方も多いと思うが、

 

私は、オッパイもケツもフトモモも好きだが、

 

ジョッキーで言えば、

 

和田が好きである。

 

「グラビアが泉里香だから」

 

 

という理由で雑誌を買うことはたまにあるのだが、

 

「鞍上が和田だから」

 

という理由で穴馬を買うことは日常茶飯事なのである。

 

何度も何度もお世話になったから好きなのか?

その積極性、最後まで諦めない追いっぷりが好きなのか?

 

そのドッチもなんだが、

私の中で日本一の穴ジョッキーと言えば、

この男、和田ドラゴンなのである。

(ただし、人気の時はあまり買わない。笑)

 

良かったなあ和田。

 

これで堂々オペラオーに報告出来るなあ。

 

 

簡単にレース回顧する。

 

■宝塚記念2018レース結果

 

■宝塚記念2018レース映像

 

■宝塚記念2018レース回顧

スタート!

大きく出遅れる馬はおらず揃ったスタート。予想通りサイモンラムセスが押してハナへ。タツゴウゲキが二の脚を使って番手へ。そして・・・私の◎スマートレイアーも外からスルスルと前へ。

 

「うお!行け!前に行け!ええぞっ!」

 

阪神競馬場に突撃していた私は、スマートレイアーが馬なりのまま前に行ったのを見て大興奮していた。「前に行って欲しい」と思っていたらその通りになったからである。結果は惨敗であったが・・・それは結果論でね。積極的に走った挙げ句の結果なので、馬券はハズレたが大満足である(4コーナーまで十分楽しめた)。

 

この時内枠のミッキーロケットは完全馬なりのまま絶好のインのポジションを取リ、ノーブルマーズがその直後。外枠だったワーザーは控えつつもスーーーっと内に入れてポジションを確保。今回の宝塚記念は「内のポジション取り」が勝負の決め手だったのかもしれない。

 

ハナに立ったのはサイモンラムセス。しかし1コーナーに入るまえにタツゴウゲキに絡まれたこともあってかなりのハイラップでの逃げ。2番手にタツゴウゲキ。ストロングタイタン、スマートレイアーが好位。

 

先行勢にミッキーロケット、ゼーヴィント、ダンビュライト。

 

中団にノーブルマーズ、サトノクラウン、サトノダイヤモンド、ヴィブロス。

 

中団後方にステファノスとパフォーマプロミス。

 

後方にワーザー、キセキ、アルバート。

 

比較的締まった流れだったからか、

 

掛かってるような素振りの馬はいなかったね。心配されていたキセキも・・・映像を見る限りバッチリ折り合っていたと思う。強いて言えばヴィブロスがちょっと行きたがってたかな?

 

ラップタイムは、

 

 

1000m通過が59.4!

 

かなり回復したとはいえ、

稍重の阪神競馬場にしては結構速いラップだったのではなかろうか?

 

特に400~600mのラップが11.4と速く、

(おそらくサイモンラムセスがタツゴウゲキに突付かれたせい)

この11.4が先行勢に重くのしかかってしまうのである。

 

12.0-12.0-12.0

12.0-11.5-12.5

 

は同じようで大違いなのだ。

 

もちろんタラレバを言っても仕方ないのだが、

もし、タツゴウゲキが大人しくしていたら・・・

最初の1000mのラップが60.5程度であったら・・・

もう少し違った結果になったかもしれん。

 

さらに、サイモンラムセスは3コーナーに入ってからもラップを上げ・・・

(1200m過ぎからが3コーナー)

 

11.8-12.1・・・と厳しいラップが続くのである。

 

こうなると・・・前の馬が苦しくなりだし、徐々に隊列が凝縮。

 

そして3コーナー過ぎで動いていったのはサトノダイヤモンド!

 

黒い帽子が捲って行くと・・・阪神競馬場にも大きな歓声が上がる。

 

そして4コーナーでは先頭に並びかける勢い。手応えもめちゃくちゃ良い!(ように見える)・・・しかし、結果的にはルメールのこの判断は間違いだったことになる。この後、サトノダイヤモンドは直線半ばで力尽きてしまうのだ。

 

あるいは3歳時のサトノダイヤモンドなら、そのまま押し切ったかもしれん。まあ、勝てぬまでも馬券内は確保しただろうと思う。しかし・・・今回のサトノダイヤモンドは使える脚が短かった。能力の衰えなのか?調子の問題なのか?精神的なものかはわからんが、今のダイヤモンドに3コーナーから800mのロングスパートを敢行するのはちょっと厳しかったな。直線だけに賭けていれば・・・と思わんでもないが、それでも3着争いがやっとだったかな。

 

4コーナー。ジッと内で脚を溜めていたミッキーロケットのエンジンに点火。ずっと後方のインに構えていたワーザーも4コーナーから大外に出して追い出しに入る!

 

コーナーワーク+エンジン点火で先頭に立つミッキーロケット!サトノダイヤモンドは意外と伸びない!内からノーブルマーズも伸びてくる!この時、私は「スマートレイアぁぁぁぁぁ!」と絶叫していたが、伸びてこなかった(笑)。

 

残り200m!ストロングタイタン、サトノダイヤモンドあたりが力尽き、ステファノス、ヴィブロス当たりが突っ込んで来る・・・その外をすんごい勢いでワーザー!

 

残り100mを切っても頑張るミッキーロケット!必死の形相で追う和田!それに襲いかかる香港馬ワーザー!勝負はこの2頭の一騎打ちに!

 

和田の執念が勝ち、クビ差残したところがゴール。

 

稍重の勝ちタイムは2:11.6。

 

勝ち馬の上がり35.8。

 

前に行った馬が丸々潰れる中、

 

文句なしの勝ちっぷり。

 

おめでとうミッキーロケット!

おめでとう和田ドラゴン!

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真提供はノリスケさんの同僚の方です。有難うございます)

レース後のジョッキーコメント

 

勝ったミッキーロケットは昨年の日経新春杯以来の勝ち星。ずっと重賞戦線で好走を続けており、前走の天皇賞春でも4着。今回は和田の絶好騎乗もあったが、そもそもこのメンバーでも勝ち切るだけの能力があったってことか?・・・いや、もしかしたらこの春に本格化したのかもしれん。3着以下には3馬身差だから、ワーザーが居なけりゃ圧勝だよ。

確かに、今回、全てがハマった感はある。内々で脚が溜められたのもそうだし、枠順も良かったし、ちょっと時計の掛かる馬場もこの馬にとっては良かった。高速馬場での上がり勝負だと分が悪いだろうからね。しかし、展開的に考えるとかなり厳しい戦いを強いられたのも事実で(前に行った馬は全滅)。つまり、この馬はハイペースのロンスパ持久力戦が得意なのであり、今後の狙い目としては・・・有馬記念や天皇賞春だと思う。秋はジャパンカップを目指すみたいだが、東京2400はどうだろうね・・・?

 

しかし和田の勝利騎手インタビューは泣けるね。

 

2着のワーザーは馬体重が-27kgでね。これに騙された人は多いと思う。阪神競馬場でも馬体重が発表された途端ドヨメキが起こってね。そこかしこで「こらあかん!」と言う声が聞こえとった。しかしあの走りを見るに・・・あれでベストだったんでしょうなあ。教訓。

 

「外国馬の馬体重は信用するべからず」(特に香港馬)

 

きっと前走がおデブちゃんだったんだろう。しかしスゴイ脚だった。調教を見た時にこりゃ日本の芝は合うわ!と思ったが(調教爆穴)、その勘を信じるべきだったか・・・。でも土曜時点で3番人気とかなってたからね。大穴党の浅次郎には軸にすることは出来なんだよ。

 

3着に大穴のノーブルマーズ。この馬も浅次郎調教チェックで調教爆穴。枠も良かったし、内々で脚を溜められたし・・・で、なんかフロック臭い!と思ってる人も多いだろうけど、私は実力だと思うぞ。道中手応えが怪しいところがありながらこの着順は立派の一言。この馬もこの春本格化した一頭だと思う。好走する条件は限られるかもだが・・・是非、天皇賞秋、ジャパンカップに出てきて頂きたい。

 

4着のヴィブロスはさすがの一言。道中掛かり気味になること数回。調教はめちゃくちゃ良かったんでね体調はベストだったと思うが、距離も微妙に長かったんじゃないかと思う中でこの4着は能力の為せる業。秋はエリザベス女王杯より天皇賞秋を目指した方がいいと思う。

 

5着はダンビュライト・・・んんんん?この馬・・・前目にいたはだが・・・?差してきて5着?ああ、なるほど、勝負どころの3~4コーナーで動かなかったのか、動けなかったのか・・・仕掛けが遅れちゃったのね。そして追い出した時には横に勢い抜群のワーザーが居て・・・さらのその外に出さざるを得なかったわけか。しかし・・・勝ちに行く騎乗じゃなかったような気がするのは私だけか?勝ちに行くならサトノダイヤモンドのルメールのような騎乗も一つだったと思うが・・・。

 

6着サトノダイヤモンドの騎乗には賛否両論あると思う。いくら何でも仕掛けが早すぎたという意見もあるだろう。しかし、勝ちに行った騎乗なんでね。私は良しとするけどな。とはいえ・・・いくらなんでも止まり過ぎだとも思う。個人的には今回この馬はぶった斬りだったが・・・秋も買わん。

 

さて、人気の一角だったキセキは見せ場なしの8着。この馬の敗因はなんだったのだろう?同じような位置からワーザーが大外ブン回しで突っ込んできてるわけでね。展開の言い訳は出来ないだろう。折り合いも付いていたし、距離も馬場も問題なかったはず。であれば・・・まだ本調子じゃなかった?浅次郎の調教チェックでは「推せない」と書いたが・・・その通りになったな。

 

私の馬券は・・・◎スマートレイアーでハズレ。

ゴール前で不利を受けたが(かなり危なかった)、

レース結果にはほとんど関係なし(岩田気をつけろい!)。

 

一応▲にミッキーロケットを推していたし、

調教チェックはいい線行ってたんだけどね。

ま、私自身が調教派じゃないのでドモナラズだわ(笑)。

 

阪神競馬場のパドックにて。これは5R新馬戦のパドック。

 

さて、

 

これで春のGⅠも終わり。

 

東京・阪神開催も終わり、

 

来週から本格的に夏のローカル競馬となるが、

 

夏競馬は夏競馬で楽しんで逝くぜ!

 

 

和田おめでとう!

 

【浅次郎のひとりごと】

ワールドカップ2戦目セネガル戦のMVPAは柴崎。大迫あれは決めろや!中途半端ねえ。

 

 

 

【安田記念2018レース回顧】東京芝1600mで行われた春のマイル王決定戦GⅠ安田記念を制したのは連闘策のモズアスコット!2着には4歳牝馬アエロリット!1番人気のスワーヴリチャードは3着に敗れ、他ペルシアンナイト・サングレーザーも馬券に絡めず。さて人気馬の敗因はなんだったのか?簡単に回顧する。

 

モズアスコット、驚愕の連闘勝利!

 

 

いやー。驚いたね。

 

20年以上競馬やってるが、

 

連闘でGⅠ勝った馬なんてのは全く私の記憶になく・・・

 

(※私の記憶からは消えていたが・・・1998年にスティンガーが阪神3歳牝馬Sを連闘で勝っている。1989年に連闘で安田記念を勝ったバンブーメモリーを含めて・・・グレード制導入以降連闘でGⅠを勝利したのは3頭のみ)

 

正直、モズアスコットは1秒も考えなかった。

 

ま、軸にした香港のウエスタンエクスプレスが10着だから、

馬券的にはもう全然全くドモナラズだったけどね!

 

 

ま、

 

個人的には、

 

こんなもんはもう、

 

交通事故

 

の類だと思っている。

 

今後も「連闘でGⅠ」なんて馬は買わないし、買うつもりもない。

 

将来、今回のモズアスコットのように

全てがハマって勝つ馬が現れることもあるだろう。

 

しかしそれは10年に1頭くらいの割合なんでね。

考える必要もないし、考えなくていいと思う。

 

あ、一応言っとくが、

モズアスコットが弱いとか言ってるわけじゃないけんな。

 

あくまでローテの話である。

ローテ的に連闘でGⅠってのは・・・相当厳しいってこと。

 

さて、簡単に安田記念を回顧しておこう。

 

■安田記念2018結果・着順

いやあ・・・9番人気とはいえ、モズアスコットの単勝は1,570円。相当売れていたと思う。騎手買い(ルメール買い)してた人が多かったんだろうか?それとも何か情報が流れてたんだろうか?私の感覚では即切りの一頭。単勝50倍以上の大穴だけどな。

 

■安田記念2018レース映像

 

■安田記念2018レース回顧

スタート!内のサトノアレスが結構な出遅れ。それからペルシアンナイトとブラックムーンも出負けして後方から。ただ、これら3頭は元々出遅れ癖があり、想定内の範囲だったと思われる。

 

好スタートだったのはレーヌミノル。外のウインガニオンが押して押して前へ。

 

アエロリットが好位のイン。その外にキャンベルジュニア。スワーヴリチャードは五分のスタートからある程度気合を付けて前へ。外のピンク帽はポジションを取りに行ったサングレーザー。

 

間を割って、香港のウエスタンエクスプレスが上がって行く。そして・・・そのインから出遅れた5番ペルシアンナイトもポジションを上げて行ってるのだ。

 

この時・・・川田は出遅れを挽回しようとしたのか?それともポジションを取ろうとしたのか?それともスワーヴリチャードをマークしようとしたのか?・・・私には分からんが、

 

前に行く必要があったのかどうか?

 

いやね。そもそも前に行く馬なら話はわかる。しかしペルシアンナイトは鋭い脚を長ーーく使えるのが長所であり、昨年のマイルCSだって後方待機から長く脚を使って鮮やかに差し切った馬じゃないか。大阪杯だって中団待機から上がり最速でスワーヴリチャードに迫った馬じゃないか。

 

肝据えて、

後ろで脚を溜めていれば良かったんじゃないの?

 

と、浅次郎は思ってしまうのである。

 

結果・・・重心の高いフォームになって、

持って行かれ気味の川田。

 

最後の直線の話は後でやるが・・・

今回の騎乗に関しては最低レベルだったと思う。

 

その後ろにダッシングブレイズ、モズアスコット、リアルスティール。モズアスコットは・・・チグハグなペルシアンナイトとは逆に・・・好スタートからここまで位置を下げているのである。ルメールはポジション争いには興味なく、最初から直線勝負に賭けていたんだろう。※この後接触したか挟まれたかしたらしく・・・1~2馬身後ろに下がっている。

 

中団後方にヒーズインラブとリスグラシュー。後ろから3頭目がサトノアレス。

 

後方にレッドファルクス、最後方にブラックムーン。

 

ラップタイムがどうだったかというと、

 

 

600m通過34.2はまあ普通だとしても、

1000m通過56.8は超ハイペースと言っていいだろう。

 

3コーナーから4コーナーに掛けては

ペースが若干落ちるのが普通だからだ。

 

ただ、同日の2歳新馬戦で1:33.6が出る超高速馬場。

 

10Rの1000万条件(これは1400mだが)の1000m通過が57.4だったんでね。

 

馬場を考慮すれば・・・

 

実は、そこまで速いペースじゃなかったのかもしれん。

 

 

11秒前半のラップが淡々と刻んでウインガニオンが行く。

 

前の馬も手応え良く見える。

 

注目はこのシーン。一番右に見える黄色い帽子がモズアスコットなのだが・・・3~4コーナーは内ラチ沿いピッタリを回ってるんですな。

 

そしてコーナーリングで前進し、ピタッと・・・白い帽子のスワーヴリチャードの直後に付けるのである!

 

残り400m!モズアスコットはスワーヴリチャードの真後ろに付けてスリップストリーム態勢に入る!そして無理に交わそうとするのではなく、前が開くのをジッと待つのである。

アエロリットは決して手応え良くは見えなかったのだが・・・ここから猛烈な粘り腰を発揮。

 

残り300m!ウインガニオンが一杯になり、アエロリットが先頭へ!大外ブン回しでサトノアレス!馬場の真ん中から追ってくるのがサングレーザー!そしてスワーヴリチャードが抜け出しに掛かるんだが・・・ここで大きく外へヨレるのである!

 

残り200m!パックリ前が開き、モズアスコットの前にビクトリーロードが出現!スワーヴリチャードが何故外に行ったのかは不明だが、あるいは追い込んできたサングレーサーと併せに行ったのか?それとも苦しくなったのか?それとも・・・また悪い癖が出たのか?

 

残り100m!粘る粘るアエロリット!一旦外に行ったスワーヴリチャードだが、内からモズアスコットが伸びてくると・・・今度はモズアスコットの方へ寄っていく!この馬・・・右回りだともたれる癖があるって言われてたわけだが・・・その前に、

 

馬に寄っていく癖があるんじゃね?

 

確か有馬記念の時もそんな感じだったような・・・。まあ、私には詳しいことは分からんが、今回は・・・

 

外からサングレーザーが来たらサングレーザーの方へ

内からモズアスコットが来たらモズアスコットの方へ・・・

 

寄って行ってるように見える。

 

まあ、他馬に寄って行って並んで走りたがるのは馬の基本的な習性ではあるが、特にこの馬はそれが強いよな気がするな。

 

しかしこの右往左往は当然距離損となるわけで・・・

 

真一文字に突っ込んできたモズアスコットに馬体を併せようとするも、ちょっとずつ引き離されてしまう!そして最後の50mでアエロリットが止まり・・・

 

グイッとモズアスコットがクビ差抜け出したところがゴール。

 

モズアスコット、

まさかの連闘で完全勝利!

 

タイムは、安田記念レコードタイの1:31.3。

モズアスコットの上がりは最速の33.3。

 

【安田記念レース後コメント】モズアスコット C.ルメール騎手ら

 

勝ったモズアスコットは、昨年6月にデビューしたフランケル産駒の4歳馬。モズカッチャンらでお馴染み「モズ」のキャピタル・システムの持ち馬である。他に、「ヨキニハカラエ」「イクラトロ」「アユツリオヤジ」と言ったユニークな名前の馬もいるんで、今後要注目の馬主である。

今まで散々「連闘で勝利!」と書いてきたが、私だってこの馬が連闘じゃなく、マイラーズCから直行で来ていたら当然注目していた馬で・・・連闘だったからこそ無視しちゃったんだよね。しかし、この馬の成長力には目を瞠るものがあるな。先週の安土城Sも「ハードな調教」と考えればむしろパワーアップの材料だったのかもしれん。「馬を一番強くするのは調教じゃなくレース」って、どっかの調教師が言ってたのを思い出す。

今回、ノーマークだったし、理想的な競馬が出来たのは確かだが、相当強い競馬してるからね。まだまだ強くなりそうな感じもあるし、もしかしたら今後のマイル界はこの馬中心に回っていくことになるのかもしれん。秋が楽しみですな。

 

2着のアエロリットにも軽視してゴメン!と言わねばならん。このペースで先行して・・・最後の最後に脚色が衰えるまで一貫して11.3~11.4位の脚でマイルを乗り切ったんだからスゴイ(最後の最後だけ11.7)。なんだか毛色・父的にもホエールキャプチャを彷彿とさせる馬で。高速馬場の東京1600~1800がベスト。秋は府中牝馬Sに出てくれば確勝級じゃなかろうか。

 

さて、3着は1番人気に支持されたスワーヴリチャードだったわけだが、この結果はどう受け止めたらいいんだろうね。敗因の第一はやはり「距離不足」だと思う。マイルの流れにはちゃんと対応出来ていたと思うが、最後の最後モズアスコットに差されてしまったのも、アエロリットに届かなかったのも「マイル適正」の差だと思う。最後の直線で右に行ったり、左に行ったりしなければ・・・とも思わんでもないが、この馬とて最内枠からスムーズな競馬出来てるからね。むしろ外枠引いて、中団から差しに回っていた方が勝ち目はあったのかもしれん。しかしまあ、精一杯頑張っての3着だったと思う。

 

4着サトノアレスは、後方待機から大外ブン回しで上がり最速タイ33.3を繰り出して迫ったが・・・惜しくも届かず。自分の競馬に徹した感じでね。これもまた実力通りの結果だったのではないだろうか。この馬が後方から大外ブン回しでココまで追い上げてるし、今回は展開的な紛れが少ない・・・ガチンコ勝負だったんじゃないかな。

 

5着サングレーザーはいつもより前目のポジションを取りに行って先行集団の中。直線は真ん中の馬場を切り裂くように伸びて来たが、最後の最後脚色が鈍ったのは、序盤に脚を使ったせいだったか?この点、競馬は生き物であるからして良いも悪いもない。勝つ為に取ったポジションだったと思う。しかし結果論で言えば、後方で脚を溜め、直線に賭けていれば・・・あるいは馬券圏内もあったかもしれん。まあしかし実力は発揮していると思う。

 

さて。問題は6着だったペルシアンナイト。今回の鞍上は川田だったわけだが・・・しかし下手に乗ったねえ。いや、川田が下手と言ってるわけじゃないよ?どんなジョッキーだって上手く行く時と失敗する時があるのであり、今回の川田は失敗騎乗だっただけのこと。序盤の失敗はすでに述べたが・・・まず、出遅れ。次に、出遅れたのに前に行ってしまったこと。そして掛かり気味になってしまったこと。

しかしそれでも・・・

直線に入った時、ペルシアンナイトにはまだ手応えが残っていたのである。

位置取りはスワーヴリチャードの右後方。しかしキャンベルジュニアとウエスタンエクスプレスにブロックされており、外に出る隙間がない。ここからインに行こうとするのだが、一瞬先にモズアスコットが入られてしまい・・・行く所を失ってしまう。

で、一頭分だけ開いた外に行こうとするんだが、その隙間に入ろうとした時に・・・スワーヴリチャードが外へ斜行。その煽りでキャンベルジュニアも外に振られ・・・無残にも開いた扉は閉じてしまう。これは運もなかった。

 

キビシー!

 

進路を確保出来たのは残り250m地点。モズアスコットが加速して行った後のビクトリーロード。つまり・・・勝負どころの「残り500~250m」を全く追うことが出来なかったのである。正味追えたのは残り200m位で、トップスピードに乗ることなく、脚を余して負けてしまったのである。

 

レース後の騎手コメントで川田はこう言っている。

「直線で道を作ることが出来ず申し訳ない競馬になりました。すみませんでした」

 

おそらく、川田は最初、外に出したかったのである。しかし、ジッとしていられず、内に行って詰まり・・・外に行って詰まり・・・そして最後は内に行くことに。もしかしたら、久しぶりの騎乗だったんでね。馬の能力を信じ切れていなかったのかもしれんね。

 

前が開くのを信じて待っていたルメールとは対照的な騎乗であった。

 

あと・・・リアルスティールは直線全く伸びずの15着。敗因は全然分からんなあ。調教を見る限りデキが悪かったとは思えんのだが。リスグラシューも勝負とは関係のない8着。調教後の馬体重が+18kgで、レースは-2kg・・・。輸送で20kg減った計算でね。これは疲れがあったのかもしれん。

 

私の◎ウエスタンエクスプレスは最後ズブズブの10着。全然ダメであったが、やはりアウェイの不利が大きかったかな。

 

以上、回顧終わり。

 

多くの馬はこれから休養に入ると思うが、

 

秋競馬がまた楽しみやね。

 

これはモズの社長かな?ダンディー。

 

【浅次郎のひとりごと】

絶賛募集中の浅次郎POGだが・・・あっという間に定員の40名に達したんで50名に増やしたのよね。しかしそれまたあっという間に埋まりそうで。うーむ。60名にするかな。すんごい大所帯になりそう(笑)。でも、今回からnetkeibaのPOGツールが改良されてるんでね。みんな同じグループで管理出来るんで楽ちーん!まだ大丈夫なんで参加される変態な方はどぞ!→浅次郎POG2018~2019

 

【日本ダービー(東京優駿)2018レース回顧】東京芝2400で行われた3歳頂上決戦日本ダービーを制したのは5番人気ワグネリアン!鞍上福永は19年目にしてダービー初制覇!その勝因はなんだったのか?はたまた、ダノンプレミアム・ブラストワンピース・キタノコマンドールの敗因は?エポカドーロ・コズミックフォースの好走要因は?

 

ワグネリアン、3歳頂点へ!

 

 

いやあ。見応えのあるいいレースだったねえ。

 

ワグネリアン福永はコレしかない!

という完璧な騎乗で。

 

頂上決戦にふさわしいガチンコ勝負だったと思う。

 

それにしても驚いたのが、

3着に入線した16番人気のコズミックフォース!

 

「プリンシパルS組は来ない」

 

というデータに逆らっての好走。

 

こういう馬こそが狙い目なのに・・・

真っ先に斬ってしもーた・・・。

裏データ派としては猛省せねばならん。

 

簡単に回顧したいと思う。

 

■日本ダービー2018結果・着順

netkeibaより抜粋

 

■日本ダービー2018映像

 

■日本ダービー2018レース回顧

スタート!

最内のダノンプレミアムが好スタート。エタリオウ、サンリヴァル、ブラストワンピースあたりがダッシュつかず。

 

気合を付けて行ったのはエポカドーロ!ジェネラーレウーノは積極的に行く気ないらしくジワッと前へ。コズミックフォースがエポカドーロの後ろに入り、ワグネリアンはジェネラーレウーノの後ろを通って前へ!ダノンプレミアムは予想通り、控えて好位。ブラストワンピースはちょいと出遅れたものの、インに入れて中団へ。キタノコマンドールは後方からを選択。

 

ダノンプレミアムは多少行きたがってるか?ブラストワンピースはダノンプレミアムをマークするべくポジションをちょっとずつ上げていく。

 

ハナを取りきったのは「まさか」のエポカドーロ。・・・ジェネラーレウーノを前にやって2~3番手だと思ってたけどな。多分これは作戦だったのだろう。ハナを取る!という意志が感じられるスタートだったもんな。ただ、この地点でちょっと掛かり気味か?それともペースを落とそうとしてるのか?戸崎のケツの位置が低い。

 

2番手にジェネラーレウーノ。こちらはエポカドーロを突付く気なく、このまま番手に収まる気満々。ダノンプレミアムは手綱をギュッと絞って折り合いに専念している感じ。時々行きたがっているように見えるが許容範囲内だろう。

 

4番手にコズミックフォース、インにテーオーエナジー。そして好位の外にワグネリアン!その内にブラストワンピース!もうこんなところまで押し上げて来ている!この馬操縦性がいいなあ。

 

先行勢の後ろにゴーフォザサミットとサンリヴァル。ちょうど真ん中くらいにタイムフライヤーとステイフーリッシュ。

 

中団後方にオウケンムーン、ジャンダルム。ウン?オウケンムーンは掛かってるか?それとも不利があったか?かなり仰け反ってますな。グレイル、エタリオウと続く。

 

赤い帽子のキタノコマンドールがココ。そして末脚に賭けるステルヴィオ。

 

最後方からアドマイヤアルバ。

 

さて、ペースがどうだったかというと、

 

 

前半の1000mが60.8。

 

なんか、他の記事や回顧を見ていると・・・やたら

 

「スローだった」

 

って言われてるわけよ。

 

だから前が有利で、

後ろからは届かなかった!みたいなね。

 

たしかに、今の東京はかなり時計が出やすい馬場で。

今の馬場で60.8は結構遅いペースだったかもしれん。

しかし、ラップタイムを見ると、

 

 

1000mを過ぎた後も、ラップが緩むことなく、

12.3-12.2-12.0と流れてるんですな。

 

そして11秒台のラップに突入するのが残り800mの地点。

ここから、激流になって・・・

11.7-11.2-11.2-12.2。

 

つまり、今回のダービーは

残り800mからのロングスパート合戦だったわけだ。

このラップはほぼエポカドーロのラップでね。

 

スローからの瞬発力勝負!

 

ではなかったのは明々白々である。

だって、前に行った馬で33秒台の脚使った馬いる?

 

いないっしょ?

 

勝ち馬のワグネリアンでさえ34.3なのであり、

33秒台の脚を使ったのは最後方にいたアドマイヤアルバ・ステルヴィオ・エタリオウのみである。

 

つまりね。

 

「今回のレースは、スローの前残りだった」

 

って言ってるヤツはインチキくさいどっかの元調教師と同じヘッポコでね。

(キタノコマンドールやステルヴィオを◎にしてたんだろうきっと)

 

実際は、

 

「ややスローの一貫した流れから、残り800mのロングスパート合戦」

 

だったのだ。当然ながら、2400mを乗り切るスタミナ、ポジション能力、折り合い能力、800mのロンスパに対応出来る持久力・・・そしてサラブレッドとしての底力!が問われた総合力勝負だったのだ。

 

スローの瞬発力勝負ってのは昨年のダービーみたいなレースのことであり、今年のダービーは全く違ったのである。※スローだから前有利ってわけでもないしね(笑)。

 

レースに戻ろう。

 

3~4コーナー中間、エポカドーロ戸崎は人知れずペースを上げ、ロングスパート開始。ついていけない馬は辛くなって行く。ジェネラーレウーノはもう手応えが悪い・・・

 

エポカドーロ、コズミックフォースが手応え抜群のまま4コーナーを回っていく。内のダノンプレミアム、ブラストワンピース、ワグネリアンも手応え絶好!

 

さあ、最後の直線!エポカドーロは内を開けて先頭。この時、ダノンプレミアムはエポカドーロのインを突く!という選択肢があったはずだ。

 

これはパトロールビデオの映像。内には十分なスペースがあるのが分かるよな?しかし川田はこのスペースに突っ込もうとはせず、なぜかエポカドーロの外に行くのである!

 

そのシーンがこれ。「ダノンプレミアムはエポカドーロとコズミックフォースにブロックされて行く所がなかった」と言ってる人もいるが、そんなこたぁない。インには十分なスペースがあったにも関わらず外に行ったのは、おそらく・・・

 

ブラストワンピースをブロックするため!

 

だったのではないか?

(川田はブラストワンピースを最も警戒していた)

 

この時、実はブラストワンピースは、前をコズミックフォースに塞がれ、内には一杯になったジェネラーレウーノがおり、外はワグネリアンが完全封鎖していたので・・・行く所を探していたところだったのである!

 

そして、力を失って垂れていくジェネラーレウーノとコズミックフォースの間を割ろうとした瞬間にダノンプレミアムがスライドして来たのだ!

 

単なる偶然だったのかもしれん。

 

いや、ダノンプレミアムの方がわずかに早く

開いたスペースに突っ込んだだけの話かもしれん。

 

しかし、ブラストワンピースからすれば、

唯一の道を閉ざされたわけで。

 

池添は一旦減速してワグネリアンの外に持ち出す・・・

という選択を取らざるを得なくなったのだ。

 

残り300m!ブラストワンピースはここまで下げてしまう!そして、ダノンプレミアムは思ったほど伸びず、エポカドーロとコズミックフォースの間に入れない!対して、ワグネリアンは邪魔されるもの何もなく、前には絶好の標的がいる!

 

残り100m!コズミックフォースを交わすワグネリアン!粘る粘るエポカドーロ!態勢を立て直してから襲いかかるブラストワンピース!その外からぶっ飛んで来たのはエタリオウ!

 

エポカドーロの脚が鈍ったのはゴール前50m!ここでワグネリアンが捕らえて先頭!

 

最後、半馬身出た所がゴール!

 

タイムは2:23.6。

 

上がりは34.3。

 

速い時計が出やすい馬場だったとはいえ、

先週のオークスを凌ぐ好タイム。

ロンスパの総合力戦を見事に勝ちきったみせた。

 

ワグネリアン強し!

 

そして

 

おめでとう福永祐一!

 

この写真は現地入りしていたノリスケさん提供。

 

 

 

ウイニングランで泣いていた福永。ジーンと来た。

 

19年目でダービージョッキーに。

金子オーナーはダービー4勝目。ワグネリアンの父ディープインパクトはもちろん、母ミスアンコールも、母の父キングカメハメハも、母の母ブロードアピールも金子さんが馬主。もうすんげえ・・・としか言いようがない。

レース後のコメント

 

ワグネリアン勝因は、まずもってその状態面だろう。調教チェックでも書いたが、鬼時計連発の捲土重来を期すメイチ仕上げであった。馬場云々東京コース云々と言われるが・・・そもそも皐月賞とは馬が変わっていたんだと思う。陣営の手腕をまず持って褒め称えたい。

それから両輪だったのが、福永の好騎乗。不利な大外枠から出して好位につける・・・なんていうのは言葉でいうほど簡単な話ではない。掛かってしまえば一発で終わりだし、序盤に脚を使えば最後の伸びを欠くことになるのが普通だからだ。このポジションに付けつつ脚を温存出来たのはひとえに福永の技量による所が大きかったと思う。

そしてもあった。最後の直線、隣に居た手応え抜群のブラストワンピースを合法的にブロックすることが出来たからだ。ちょっとでもワグネリアンが外に行ってたら・・・ブラストワンピースはその間を突いてきただろう。しかし福永は、

「絶対開けねえ!」

とばかりに完全ブロック。結果的にブラストワンピースはブレーキを踏むことになり、視界から消えてしまうのだ。ダービーは「最も運がいい馬が勝つ」と言われるレース。枠の不運を弾き返し、最後に待っていたのはこの馬だけのビクトリーロードだった。

このあと・・・菊花賞を目指すのか天皇賞秋を目指すのかわからんが、どっちに出てきても有力だろうと思う。

 

2着エポカドーロは皐月賞馬なのに相当ナメられたオッズになっててね。多くの人が「皐月賞はフロックじゃん?」だと思っていたんだろうが、今回相当強い競馬したよね。スタートから脚を使って先頭に立ち、自らペースを作り、後半800mのロングスパート合戦に持ち込んで2着に粘り切る・・・なんてのは相当実力がないと無理な話だろう。

私は皐月賞の回顧の時に「めちゃくちゃ強かったんじゃね?」と書いた。東京2400も「全然大丈夫!」と書いた。今回最終追い切りが超軽かったからね。その点不安ではあったが、予想では◯印を打ってこの馬を応援していたのである(ご存知の方も多いと思うが、浅次郎は超穴党なので人気サイドの馬に◎は打たない)。結果的にワグネリアンに差されてしまったが・・・今回のダービーが非常に見応えあったのはこの馬のおかげ。秋は是非菊花賞に出てきてほしい。距離は全然大丈夫!

 

3着コズミックフォース・・・この馬の激走に驚いた方が多いと思う。私もその一人であるが、「プリンシパルS組はダービーでは用無し」という先入観に侵されてしまっておったな。猛省せねばならん。タイムを見ればね。今年のプリンシパルSは1:58.2というかなりの好時計で、今回の高速東京に対応する下地は十分にあったのである。そして、今回のレース振りを見れば分かる通り、この馬も相当強いぞ。秋はどうすんだろな。

 

4着はエタリオウ。どんなレースでも相手なりに走る・・・という父ステイゴールドみたいな馬で。今回も13番人気の低評価ながら上がり33.5を繰り出して馬群を切り裂いて突っ込んできた。改めてこの馬を追いかけてみると・・・4コーナーはラチ沿いを回していてね。直線は馬場の真ん中に出して追い込んできたのである。惜しい4着でね。馬券を持ってた人はゴール前絶叫したのではなかろうか。

ちなみに、直線半ばでこの馬が外側に斜行し、煽りを受けたサンリヴァルが不利を受けたんであるが、この件にて鞍上のボウマン騎手が2週間の騎乗停止処分を受けている。以下、個人的な意見であるが、パトロールビデオを見る限り大きく斜行したわけではなく、進路を妨害するためでもなく、進路を確保するために外に出したのであり、さらに言えば、この時サンリヴァルはすでに手応えが悪かったわけで・・・この程度で「2週間の騎乗停止」はちょっとかわいそうかな?と思ってしまうな。サンリヴァルが手応え絶好でビューン!と伸びてリル所での不利・・・ってんなら話は分かるんだけど。いや、ジョッキーを擁護するわけじゃないよ。このくらいは日常茶飯事じゃね?と思うわけ。

 

で、最も運がなかったのがブラストワンピース。そう・・・もう運が悪かったとしか言いようがない。ちょっと出負けしたのは想定内だったと思う。池添は素早くインに入れ、ジワジワと上昇してダノンプレミアムをマーク出来るポジションを取っているのである。おそらく「前残りの高速馬場」を見越したポジショニングで。これはナイス騎乗だったと思う。

しかし・・・これから3つの不運が重なる。まず一つ目はマークする相手を間違ったこと。マークしたダノンプレミアムは・・・結局伸びず。これは結果論でしかないが、ダノンプレミアムに固執することはなかったのだ。そうすれば、道中のポジショニングもワグネリアンの直後あたりで良かったわけで、直線は馬体を並べての追い比べに持ち込めたはずだ。

2つ目の不運・・・これが致命的だったわけだが、直線の勝負どころで行き場を失ってしまったのである。前にコズミックフォース、外にはワグネリアン、内にはジェネラーレウーノ。馬体をぶつけてでも進路を確保しようとすれば出来たかもしれない。それをやらないのがいいのか悪いのか、私にはなんとも言いようがないが、池添はやらなかった。そして、内が開いた!と思った途端に・・・

3つ目の不運が訪れる。ダノンプレミアムが外にスライドして来たのだ。これで完全に行き場を失くしたブラストワンピースはブレーキを踏んでワグネリアンの外へ。一旦内に行きかけただけにダメージが大きかった。最初からワグネリアンの外を狙っていれば・・・もう少し違う結果だったかもしれない。

いずにれせよ・・・手応え絶好だっただけに、この不運がなければ十分勝ち負けだったと思う。陣営はもちろん、馬券を持ってた人にとっては痛恨極まりないだろうけど、巻き返し必至なんでね。秋に期待したい。ジョッキーコメント・・・言いたいことはあるだろうにね。池添潔し。

 

さて、

断然人気だったダノンプレミアム敗因はなんだったのだろうか?巷では「直線行き場を失くして追えなかった」「距離じゃね?」「掛かっていたのでは?」・・・と色んな意見があるみたいだが、少なくとも直線は内にスペースあったし、最後まで止まらずに走っているから距離も問題じゃなかったと思う。私が感じたのは最後の直線の反応の悪さである。ガツンと来るところが全然なかった。Cコース替わりで1枠1番、最も脚を溜められたはずであり、それでも伸びなったのは・・・やっぱり「休み明け」の分じゃなかったか。

ちなみにこれは、12R目黒記念の映像である。

内々で競馬をした黒い帽子の2頭で決着。やっぱり「内枠は有利」だったのである。

 

では、キタノコマンドール敗因はなんだったのか?正直、私にとってこの馬が3番人気とか全く意味不明であったからね(皐月賞5着とはいえ、離された5着。他に重賞実績なし。同じ皐月賞5着でもレイデオロの5着とは全然意味が違うよね)。予想でも一切触れなかったが、一円も要らんと思っておった。おそらく「DMM」「ミルコ」「池江厩舎」「血統面」「東京替わり」で人気になってたと思うんだが、私にとって怖いのは鞍上だけであった(特にメインでは何でも持ってきやがるからね。笑)。

今回のレース振りは後方待機から大外ブン回しで3~4頭抜いただけの12着。「スローで展開が向かなかった」とか言ってるバカ御仁がいるが、じゃあエタリオウはどうなのさ?全く言い訳になっていないだろう?この馬から買ってた方には申し訳ないが、この馬の敗因は「実力不足」だと思うがね。過剰人気だっただけだと思う。何度も言うが、他に重賞実績なしの皐月賞5着馬。今回3番人気ってのがおかしかったのである。

まあ、DMMは口数が1万口とかなんでね。その人達はきっとどうしようもなくこの馬を応援しただろうから(私だってこの馬の一口馬主だったら応援する)・・・どうしても人気になっちゃうわけだ(そういう意味では、DMMの馬は危険だね)。こういう馬は人気を吸ってくれるんで、穴党に取っちゃ有り難い話であるが・・・

あ、一応言っておくが、この馬が弱いとか言ってるわけじゃないけんな?ダービーに駒を進めて来たわけだから相当な器の馬である。先々は強くなるかもしれん。しかし現状では3歳牡馬で10番手前後の馬であり、今回のダービーは実力以上に人気になってしまったんだと・・・私が個人的に思うだけの話。

 

私の馬券は、ステイフーリッシュから皐月賞組に流してハズレ。ステイフーリッシュも現段階では10番手前後の馬だったわけだが(笑)、人気薄だったから全く問題なし。前に行かなかったのは不満と言えば不満だけどー(ハゲニイカムバック!)。条件が変わる秋にまた期待したい。

 

さて、ダービーが終わっても、

 

競馬は続くよどこまでも。

 

今週は安田記念ですな。

 

荒れますように!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

あ、そうそう。時間がなくて印だけしか記載出来なかった目黒記念は、見事に◎→▲で馬連19,220円ゲット。的中した人はおめでとさん!ちなみに、モッコリ倶楽部内ではこのレース一つで87万円ゲットしたツワモノもおる・・・すんげえ・・・。

それから、浅次郎POGの締切は多分6月中頃になると思う。今季の結果発表も含めてブログ上でアナウンスするんでね。チェックしておいてくれ!

 

【オークス2018レース回顧】今年のオークスを勝ったのは単勝1.7倍と圧倒的な人気に押されたアーモンドアイ!異次元の内容でライバルを蹴散らし牝馬2冠達成!秋には牝馬三冠に挑む。2着リリーノーブル、3着ラッキーライラックの敗因はなんだったのだろうか?また人気の一角サトノワルキューレの敗因は?

 

アーモンドアイ、牝馬2冠達成!

 

 

いやー、アーモンドアイ、強かったねえ。

 

戦前に噂された距離不安もなんとやら。

 

完全に能力が抜けてたわ。

 

簡単にレース回顧しよう。

 

■オークス2018結果

しかし・・・まあ・・・負け惜しみでもなんでもなく、この配当ならモッコリ穴党はドモナラズでOKだと思う。買えないし、買わない。馬連一点!とか3連単2点!とかで仕留められたらカッコいいんだけど。それも難しいわな。

 

■オークス2018映像

 

■オークス2018レース回顧

スタート!

1番のリリーノーブルが絶好のスタート!7番トーホウアルテミスが躓き、6番オールフォーラヴがちょっと出遅れた以外は、まずまず揃ったスタートだったと思う。誤算だったのは12番サヤカチャン。スタートしてすぐアーモンドアイと接触してしまい・・・スムーズなダッシュが出来なかった。それでもゴイゴイと押してハナへ。

 

100m過ぎてやっと行き脚がついたサヤカチャンが外から上がって行く。その外に居るオレンジの帽子がアーモンドアイ。素人目だが、ルメールはガッツリ手綱を絞っていて、掛かっているように見える・・・。内には絶好のスタートを切ったリリーノーブルと、控えて脚を溜めようとしているラッキーライラック。好位の外につけようとするレッドサクヤ。サトノワルキューレがその後ろ。

 

1~2コーナー。結構縦長。その犯人は先頭を行くサヤカチャンなのだが・・・もしかしてゲート出てすぐ接触したのが原因でジュンジュワーしてたのかもしれん。

 

予想通りの単騎逃げとなったサヤカチャン。押さえが効かない・・・

 

4~5馬身離れた2番手にランドネ。そしてリリーノーブル。折り合いバッチリ。

 

4番手にカンタービレ、続いてラッキーライラック。そしてその外に・・・アーモンドアイ!私の展開予想では後方2~3番手だったのだが・・・まさかの好位追走。しかもラッキーライラックをマークする絶好位。これはルメール自身も「想定外だった。後ろから行くつもりだった」と供述している。

そして、最初の直線で掛かっていたように見えたアーモンドアイだが・・・いつの間にかバッチリと折り合いがついてますな。気持ちよさそうに走ってるわ。

 

中団前にレッドサクヤ、マウレア、サトノワルキューレ、オールフォーラヴ。ん???サトノワルキューレ行きたがってない?大丈夫?

 

中団後方にパイオニアバイオ、ウスベニノキミ、シスターフラッグ。この地点で暴走したサヤカチャンが2番手に8~9馬身差を付けてるね。

 

後方にロサグラウカ、トーホウアルテミス。

 

最後方にウインラナキア・・・

あ、映らなかったけど、この後ろにオハナがいるよ(多分人為的なミス。笑)。

 

ペースは、どうだったか?

 

 

1000m通過が59.6。

 

ただしこれは暴走したサヤカチャンのもので。

 

2番手のランドネとは1.4~1.6秒ほどの差があったと思う。

つまり実質は1:01.0前後の平均ペース。

 

私自身はもっとスローになると読んでたんだが・・・

サヤカチャンが行ったせいで全体の流れが

速くなったんですな。

 

それと、アーモンドアイの存在。

 

アーモンドアイが今回好位に居たからね。

もしこの馬の位置取りがもっと後ろだったら・・・

もうちょいスロー目で流れたかもしれない。

 

 

1000mを過ぎてからも大きくラップが緩むことはなく、

12秒ちょいのラップが淡々と続く。

 

このラップから推測するに、

展開の有利不利はあまりない・・・

チンコ勝負になったと思う。

 

3~4コーナーでのアーモンドアイは、好位の外。絶好の手応え。そして誰にも邪魔されないポジション。

 

難なく馬場の外へ持っていくルメール。まだGOサインは出さない。リリーノーブル、ラッキーライラックも馬場の真ん中へ。

 

ラッキーライラックも我慢してたんである。そして石橋はチラッと横目でアーモンドアイを確認したんだが・・・まだ余裕の手応え。しかしこれ以上遅らせたら前のリリーノーブルを捕まえられん!と踏んだのだろう。400m手前からスパート開始。

リリーノーブルはというと、ラッキーライラックやアーモンドアイを出来るだけ引き付けて・・・と思っていたんだろう。こちらもギリギリまで追い出しを我慢し、坂の上りと共に追い出し開始!

しかし、両馬の思惑とは異次元だったのがアーモンドアイ。

・・・ほぼほぼ馬なりのまま2頭に並んでいく。

 

ルメールがGOサインを出したのは残り400を切ってから。反応良く加速したアーモンドアイはあっという間にラッキーライラックを交わし、リリーノーブルに襲いかかる。

 

しかしリリーノーブルと馬体が合ったのも一瞬。あっという間に置き去りにして千切っていく。

 

残り100m。リリーノーブルの抵抗虚しく・・・アーモンドアイが抜け出して差を広げる。これは強い。強すぎる・・・。

 

残り50mでルメールは後方を確認し、何も来ないのを確認すると、追うのをヤメ、最後は流してゴール。

 

タイムはオークスレコードに迫る2:23.8!

アーモンドアイの上がりはなんと33.2!

 

あんた東京2400で、このポジションで、上がり33.2で上がったら・・・

 

他の馬はどーも出来んじゃろ!

 

強いっ!

 

あんた強すぎるっ!

 

 

勝ったアーモンドアイはロードカナロアの初年度産駒。「初年度産駒の成績が9割」・・・と言っても過言ではない厳しい厳しい種牡馬界の中で・・・最高の親孝行となった。特に、距離の懸念を払拭したのはとてつもなく大きい。今からPOG馬の選定をするファンは多いと思うが、来季POGはロードカナロア産駒の人気が沸騰するだろう。

これで桜花賞・オークスの2冠となったが、秋は秋華賞を目指す予定らしい。牝馬3冠達成に注目が集まるが、順調に行けば全く問題なく達成出来るだろう。ちょっとこの世代では抜けている・・・というか、もしかしたら牡馬を含めて世代ナンバーワンかもしれん。個人的には斤量の恩恵がある3歳のうちに凱旋門賞に行って欲しいけどな。あと怖いのは怪我だけ。順調に夏を越して欲しいね。

あ、そうそう。今回「好位」に付けて勝ったわけで、それが物凄いインパクトだったわけだけど・・・今回、明らかに能力が劣ると思われる馬が一緒に走ってたからね。それらを除くと「実質10~11頭立てだった」とも言えるわけで、今回のアーモンドアイにとっては、実質的には「中団」くらいの位置取りだったのかもしれないね。

 

2着リリーノーブルは中間緩めずに攻めて攻めてのメイチ仕上げ。2強逆転に向け最高の状態で最高の競馬をしたが、ちょっと勝ち馬が強すぎた。スタートも完璧、位置取りも完璧、折り合いもついて、追い出しも完璧だった。この馬の時計は2:24.1。例年なら普通に勝ち負けの時計だったが相手が悪かった。桜花賞とオークスのレース振りを比較するに、この馬は2000m以上の中距離タイプだろうね。秋以降にまた成長するルーラーシップ産駒だし、秋華賞・エリザベス女王杯での逆襲に期待したい。

 

3着ラッキーライラックも最高の競馬をしたと思う。アーモンドアイに負けたのはしょうがないとして、過去負けたことのないリリーノーブルにも完敗だったのは何か敗因があったのだろうか?世間的には「実は1600~2000mの馬だったんじゃね?」という意見があるようであるが、私はそうは思わない。交わされた後もキッチリ伸びていたし、最後はリリーノーブルとの差も縮まっていたしね。それよりも考えられるのは「東京適正」じゃないかと。ラッキーライラックの母系はアメリカ系のパワー血統である。父オルフェーヴルの一族には小回りの鬼が多い。つまり血統的に東京の広く軽い馬場は苦手な可能性があるんじゃないかと。ま、いずれにせよ3歳牝馬でトップ3に入ることは間違いない。秋の反撃に期待したい。

 

4着はレッドサクヤ。ラッキーライラックを終始マークするような競馬。ラッキーライラックやリリーノーブルと同じ上がり33.9を繰り出して突っ込んできたが、上位陣との差は最後まで詰まらず・・・。現時点では力負け。ただ、この馬も相当の能力馬であることを改めて示したよね。調教爆穴指定であったが、調子自体も上昇してたんだと思う。この馬は軽い馬場での瞬発力勝負が合いそうなんでね。秋華賞やエリザベス女王杯での逆転は難しいかもだが、成長力次第で来年のヴィクトリアマイルで面白いんじゃないかなー。

 

5着にマウレア。この馬もレッドサクヤと同じく、スムーズな競馬をして能力を出し切っての力負け。最後までよく伸びたけど、レッドサクヤを交わしきれなかった辺り・・・もしかして距離の問題があったかもしれない。1600~2000が良さそうなイメージだなあ。

 

さて、人気の一角だったサトノワルキューレは離された6着。戦前は逆転候補と言われていたが・・・敗因はなんだったのだろうか?位置取り的には中団の外目。アーモンドアイの真後ろのポジションでね。ある意味最高の位置取りだったと思う。しかし、直線は追っても追っても全然伸びず・・・残り200mでミルコは早々に諦め、追うのをヤメている。フローラSで見せた鬼の末脚に期待していたのに!というファンも多かったことだろう。おそらく・・・敗因は体調面。調教チェックの時も書いたが、最終追いがめちゃくちゃ軽かったからね。コンディションを維持するのが難しかったのか、見えない疲れが出たのか・・・いずれにせよ今回はベストコンディションではなかったんだと思う。

 

私の馬券は◎パイオニアバイオが頑張ったものの7着まで。

アーモンドアイぶった斬りだったんで

いずれにせよドモナラズであった(笑)。

 

 

というわけで、

 

オークスは圧倒的な人気を背負ったアーモンドアイが2冠達成。

 

今週はいよいよダービーだが・・・

 

またチンコ堅いのか?

 

それとも荒れるのか?

 

コース適性、調教チェックなどは後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

テイエムオペラオー死す 和田しんみり「記憶いつまでも残っている」

過去最強の穴党の天敵と言えば、この馬である。ずっと外し続けたけど・・・いい思い出だ。安らかに。

 

あ!

 

浅次郎POGはどうなった?

 

 

アーモンドアイを唯一持ってるASSA氏が1位に!ただし!ダービーの1着賞金は2億円!2着でも8000万円!3着でも5000万円!ステルヴィオ・ジェネラーレウーノを持つみそしっぷ氏はいずれかが3着以内に入れば逆転である!(先行逃げ切り氏、ジャクソン氏、RINA氏はみそしっぷ氏を逆転出来ない)あとは・・・ワグネリアンを持つくろさわわ氏、ジャンダルムを持つボクトベガさんにも可能性アリ!

 

さあ、

 

超マニアック、

 

かつ、

 

1位になっても誰にも自慢出来ない・・・(笑)

 

浅次郎POG2017~2018の優勝は誰の手に???

 

結末は今週末!

 

【追伸】今年も浅次郎POGやるけんな!賞品は心ばかりのAmazonギフト券。浅次郎のなけなしの小遣いの中から、優勝者と浅次郎賞の2名に贈呈するぞ!締切はダービー明けになると思う!参加したい方は10頭用意しておいてねー。

 

 

 

 

【ヴィクトリアマイル2018レース回顧】東京芝1600mで行われた古馬マイル女王決定戦ヴィクトリアマイル。勝ったのは去年3着の伏兵ジュールポレール。1番人気のリスグラシューは2着惜敗。2番人気のアドマイヤリードは8着、3番人気アエロリットは3着に破れた。勝因・敗因はなんだったのか?簡単にレース回顧する。

 

ジュールポレール、

ヴィクトリアマイル制す!

 

 

いやあ、まさかジュールポレールが頭とはねえ!

 

3着ならあると見ていたんだけどー!

 

リピーターこっちだったか!

 

簡単に回顧する。

 

■ヴィクトリアマイル2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

■ヴィクトリアマイル2018映像

 

 

■ヴィクトリアマイル2018回顧

スタート!

クインズミラーグロが大きく出遅れ。ほか、エテルナミノル、デアレガーロ、ミスパンテール、アドマイヤリードあたりもちょいと出遅れ。

 

行ったのはやはりカワキタエンカ。2番手にレーヌミノル、外にリエノテソーロ、その後ろにレッドアヴァンセ。

 

外からアエロリットが上がって行く・・・その後、戸崎は押さえて番手に収まったんだが、行っちゃった方が良かったんじゃないかなー?ラビットランが好位の一角。インにレッツゴードンキだが、この馬もちょっと掛かってますな。好位の後ろにジュールポレールとミスパンテール。ミスパンテールもちょっと行きたがってるように見えるなあ。

 

中団のインにアドマイヤリード、外にソウルスターリング。ソウルスターリングは折り合いついてるように見えるが、アドマイヤリードはちょっと行きたがってるか?その後ろにデンコウアンジュ、リスグラシュー、エテルナミノル。

 

後方末脚に賭けるのがメイズオブオナー、ワントゥワン、デアレガーロ。

 

最後方にポツンとクインズミラーグロ。

 

600m通過は35.2。

 

雨が降りしきる中、馬場状態は「稍重」。

 

どんだけ重くなってるのかサッパリ分からんが、

このレースのタイムが1:32.3。

上がりが34.0だったことを考えると・・・

 

雨の影響はそこまで大きくなかったのでは?

 

と思う。

(全体時計の影響は0.5秒未満だと思う)

(ただ、内と外の馬場差はあったかもしれん)

 

ラップタイムがこう。

 

 

そもそも前日の京王杯SCでレコードが出るような超高速馬場。

古馬GⅠのマイル戦で、

600m35.2はスローと言っていいだろう。

 

いや、超スローだったのかもしれん。

 

道理で行きたがる馬が多かったはずである。

 

このレース・・・

ドスローからの直線ヨーイドン!

なレースだったのだ。

 

事実、

ジュールポレールの上がりが33.3。

リスグラシューなんて32.9だからね。

 

パンパンの良馬場だったらもうちょっと時計が出ていたはずで。

ほぼ極限の瞬発力勝負だったのだ。

 

残り600m!どの馬も手応え良く見えますなあ。ジュールポレールはすぐ外に出せる絶好の位置!(多分、内より外の方が馬場がいい)

 

残り400mでアエロリットが先頭に並びかける!外に出したレッドアヴァンセが猛然と追い掛ける!ジュールポレール幸はおそらく「この手応えなら前は捕らえられる!」と踏んでいたに違いない。追い出し始めたのは400mを切ってからで、ギリギリまで我慢していたのだ!逆に!リスグラシューは早く追い出したかったのだが進路が確保出来ない!ジュールポレールのインが一瞬開いてたんだが、そこに入れられず・・・その外へ持っていく!

 

残り200m!驚いたのはジュールポレール幸がココで一旦ムチを控え、一回脚を保留するのである!幸のコメントから察するに、リスグラシューの強襲に備え、文字通り、

 

一呼吸入れたわけだ!

 

この一呼吸が最後の最後・・・ハナ差に繋がるのである。

 

幸が再びムチを振るったのは残り100m!前を行くレッドアヴァンセが思いの外しぶとい!後ろからはリスグラシューが迫る!

 

しかし、最後までキッチリ伸びたジュールポレールがレッドアヴァンセを交わし、リスグラシューも押さえきって見事1着!

 

タイムは1:32.3。

勝ち馬の上がりは33.3。

 

幸の好騎乗、

それに応えたジュールポレールの

見事な勝利であった。

 

 

 

 

1着ジュールポレールは、社台系白老ファームの生産、馬主はGⅠレーシングの5歳馬。血統的にはサダムパテックの下という超良血馬。これでマイラーだということがハッキリしただろうからね。去年はエリザベス女王杯に向かったが、今年はマイルCS→香港マイルってなローテでお願いしまっす!しっかし今回の幸は神騎乗だったね。あのまま追ってたら・・・最後リスグラシューに差されていたんじゃないかな。まさしく「ピッタリ」のハナ差だったと思う。

 

2着のリスグラシューはまたGⅠ2着。ヴィクトリアマイルはこの手の馬が勝つレースであるが・・・今回は幸にしてやられた感じ。しかしこの馬、安定して走るし、能力上位なのは間違いないが、抜けてるわけじゃないんでね。今後もGⅠに限らず2~3着ってことは多いと思う。武豊がコメントで「外枠だったから・・・」みたいなことを言っているが、枠はほとんど関係なかったと思う(笑)。内外で大きく有利不利があるコース・馬場ならまだしも、東京マイルだし、むしろ外の方が馬場は良かったぽいし・・・ジュールポレールだって外に出して伸びてきたわけでね。そんなことより4角回ってからの進路取りに手間取ったのが敗因だと思う。ま、それも力が抜けてれば関係なかったわけでね。言い訳はチューの時だけにして頂きたい。

 

3着レッドアヴァンセは雨が降った時点で「こりゃないわ」と思ったんだが失礼ぶっこいたぜよ。やっぱこの血統で東京マイルは要注意。弟のレッドヴェイロンがNHKマイルCで3着に激走したばかりだが、次兄クラレントもNHKマイルC3着、安田記念3着。三男レッドアリオンも安田記念4着があるんだよ。どんなに人気薄でもこの一族は馬券に入れておくべき。恐るべし母エリモピクシー。しかしこの馬もほんと差がないよね。

 

4着は3番人気のアエロリット。私が思うに、この馬が行かなかったこと・・・これが今回のヴィクトリアマイルの運命を決定付けたと思う。スタートは悪くなかったんだが、二の脚が付かず・・・戸崎が促しても前進せず。しかし200m過ぎから行く気になって上がって行ったんだが、戸崎はそこでブレーキ踏んで2~3番手の外で折り合いに専念。結果論でしかないが、あのまま気分良く行っていればあるいは・・・と私は思ってしまうのだ。間違いなく言えるのはスローの瞬発力勝負はこの馬にとって逆ベクトル。それでも4着に残ったあたりは能力の現れだろう。

 

5着はミスパンテール。ちょっと折り合いを欠くシーンはあったが、上手い競馬をしたと思う。ただ、内枠だったんでね。ずっと内々を走ってたんだが、もしかしたら内の馬場はあまり良くなかったのかもしれない。最後、伸びそうで伸びなかったのはその辺が影響したかも。まあ、最後まで懸命に走ってるし、普通にトップクラス。

 

惜しかったのがレッツゴードンキ。文中でも述べたが道中折り合いを欠いていてね。まあ、1200のペースに慣れてるところでこのスローだからしょうがないと言えばしょうがないんだが、それでも岩田らしいイン突き・・・から最後まで一生懸命走って6着。もし折り合いがついていたら・・・と思わずにいられない。

 

逆に・・・完璧な競馬をしたのがソウルスターリング。位置取りはジュールポレールの真後ろ。折り合いは完璧についていた(と思う)し、直線は誰にも邪魔されない大外だったし、あれでジワジワとしか伸びないのは・・・やはり「ソウルスターリング早熟説」を疑った方がいいのかもしれん。とか何とか言いつついきなり復活するかもしれんけどな。まあ、人気になり続ける宿命の馬なんでね。復活するまで買わなくていいと思う(笑)。

 

人気の一角だった昨年の覇者アドマイヤリードも悪い競馬をしたわけじゃないぞ。最後まで止まらずに伸びてるしね。ただ、道中インに入ってしまったし、直線も内々に行っちゃったからね。どうも内は伸びる気配がなかったんでね。ミスパンテールと同じく馬場に殺された可能性あると思う。秋にまた期待したい。

 

さて、

 

私の◎デンコウアンジュはズブズブの12着。位置取りも折り合いもペースも馬場も問題なかったと思うが、直線全然伸びなかったね。ま、残念な結果だったが

 

全然オッケー。

 

 

勝負ごとなんて上手く行かないのが当たり前だけんね。

 

出来ることをやって、

信念に従って馬券を買ったのであれば、

ハズレても全く問題ないのである。

 

懲りずに大穴を狙っていくぜ。

 

って来週はオークスか・・・

 

アーモンドアイとラッキーライラックのワイドを買えば

80%くらいの確率で当たりそうだな(笑)。

 

ま、もちろんそんな馬券は買わんけどね。

 

さて、また週末が楽しみだな!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

谷口徹はなぜ50歳でも勝てるのか!? 稀代の勝負師の強さの秘密は「集中力マネジメント」にあり?

50歳かぁ・・・テレビで見てたけど凄かったわ・・・見習わないと!

 

 

【NHKマイルC2018レース回顧】今年のNHKマイルカップを制したのは、後方一気の追い込みが決まったケイアイノーテック!鞍上の藤岡佑介は悲願の初GⅠタイトル!タワーオブロンドンの敗因はなんだったのか?レッドヴァイロンの斜行が原因か?ギベオンの斜行は?なんで審議にならなかったのか?他に不利を受けた馬は?簡単に回顧する。

 

ケイアイノーテック、

3歳マイル王に!

 

 

いやあ、ケイアイノーテック、見事な末脚だったねー!

 

その末脚を引き出したのがハゲニイこと藤岡佑介。

 

 

このブログでも

 

何度も何度も

 

「藤岡佑介、確変中!」

 

 

と書いてきたが、

 

ユリアのエクスタシーポイントを探し当てたかのようなハゲっぷり。

 

じゃなかったバケっぷり。

 

15年目で初GⅠ。

 

今までGⅠでの2着が7回。

 

こういう時こそ「悲願」という表現をするべきですな。

 

さて、簡単に回顧しよう。

 

■NHKマイルC2018結果、着順

 

■NHKマイルC2018映像

 

 

■NHKマイルC2018レース回顧

・・・とその前に、

 

ロックディスタウンが今回のパドックにて

 

一人バックドロップして壮絶にコケたのをご存知だろうか。

 

 

ななななんだ?

 

いきなり立ち上がってジャンプして尻もち?

 

なんかに驚いたのか?

 

それともいきなりテンションが上がったのか?

 

パドックで立ち上がったり、

尻っ跳ねをする馬は見たことあるが、

ジャンプして尻もち付いた馬は初めて見たぞな。

 

問題はこの後の対応である。

これだけ派手にコケて馬にダメージがないはずないんだが、

(490kgの体重がケツに掛かったわけだから)

 

テレビ中継でもこのシーンは映されなかったし、

競走除外といった対応もされずそのまま出走。

 

レースは大差の殿負け。

 

馬券買ってたファンはちょっと納得いかないだろうね。

 

あ、

 

いや、

 

ある意味納得したかもだが(笑)。

 

怪我がないようで何よりだが・・・

ちょっとこの馬が競走馬として復帰するのは難しいかもしれない。

能力は高いんだけどねえ。

 

スタート。1番のカツジと5番のプリモシーンが出遅れ。ケイアイノーテックは普通に出たんだが、藤岡佑が押しても進まず・・・ここで早々に前に行くのを諦めて後方から(当初、前のポジションを取る作戦だったらしい)。この判断が良かったね。

 

行ったのはダノンスマッシュとテトラドラクマ。その後ろにファストアプローチとフロンティア。ギベオンが好位の後ろ。

 

外から掛かり気味にミスターメロディ・カシアスが上がって行く。ギベオンも掛かりそうな雰囲気あったが、ここで我慢出来たのが最後の伸びに繋がったと思う。

 

内からカツジが巻き返してポジションを上げる。リョーノテソーロ、パクスアメリカーナが中団の前。その外に掛かりまくってるロックディスタウン。

 

中団後方のインにタワーオブロンドン。ルメールは多分外に出したかったと思うが、被せられて全くスペースなかった。ん・・・?ちょっと掛かってるか?ルメール後ろ体重だねえ。ギリギリ我慢してるようにも見えるが・・・。外にレッドヴェイロン、アンコールプリュ。その後ろにプリモシーン。

 

後方からルーカス、ケイアイノーテック。

 

最後方からデルタバローズ。

 

600m通過は34.4。

 

これは3歳GⅠのマイル戦としては平均的なラップだったと思う。

 

 

問題は3~4コーナーの600~1000m地点で。

ここで多少は緩んだものの、

11.9-11.7と厳しいラップが続いたんですな。

 

これは前に行った馬は辛かったと思う。

 

800m地点の隊列がこんな感じ。タワーオブロンドンは後方のイン。外に出したいが出せない!ケイアイノーテックは後ろ2番手!ギベオンは好位でレースを進める。

 

4コーナー、残り600m!前の馬はどの馬も手応え良さそうだったが・・・

 

ケイアイノーテックは大外へ!まさかここから届くとはね!タワーオブロンドンは意を決してラチ沿いを回し、前が開くのを待つ!

 

ギリギリまで待ったテトラドラクマが追い出すがイマイチ伸びない!ダノンスマッシュも頑張る!ミスターメロディの手応えが良く突き抜けるかと思ったが・・・間を割ってギベオンが伸びてくる!ケイアイノーテックはまだ後方!レッドヴェイロンの脚色がいい!ココから東京の坂!

 

残り300m!坂を上がってギベオンが抜け出す!しかし・・・

 

残り200m。先頭に立ったギベオンが大きく内に斜行。テトラドラクマはすでに一杯だったが、ダノンスマッシュはまだ止まってなかっただけに、大きな不利を受けたと思う。

そしてこの時、外から伸びてきたレッドヴェイロンと真ん中を突いて伸びてきたパクスアメリカーナが、2頭併せる形で内側へ斜行。パクスアメリカーナはすぐ横にいたカシアスと挟まれる形になってブレーキ。カシアスは横のカツジに接触し、カツジはタワーオブロンドンの進路を防ぐ形となった。

元凶はレッドヴェイロンなんだが、この馬自身が他馬の前をカットしたわけじゃなく、この程度の接触は日常茶飯事だと思う。しかし、横にいたパクスアメリカーナはレッドヴェイロンの斜行圧力をモロに受け・・・懸命に左ムチを振るって真っ直ぐ走らせようとしたが、結局カシアスと接触してバランスを崩してしまったのだ。

 

 

え?

 

そっち?

 

ああ、なるほど。そっちもなんかゴチャゴチャしてんな。しかし、そっちのは手応えからして馬券になりそうな馬は居なかったけどなあ。。。

 

ギベオン、レッドヴェイロンの斜行は審議の対象にすらならなかったが・・・ダノンスマッシュは決して止まってなかったし、パクスアメリカーナの脚色はレッドヴェイロンと遜色なかったからね。着順は変わらないにしろ審議のランプは灯すべきだったと思う(カシアス、カツジは脚色からして上位入線はなかったかもしれんが、ダノンスマッシュとパクスアメリカーナはあったかもしれん)。

 

残り100m。抜け出したギベオンにミスターメロディが必死で食い下がる。外から襲いかかるレッドヴェイロン。そして・・・レッドヴェイロンが掃除した後をゴイゴイと伸びてくるケイアイノーテック!

 

クビ差で差し切ったところがゴール。

 

タイムは1:32.8。

 

勝ち馬の上がりはダントツの33.7。

 

ケイアイノーテック、豪脚一閃!

 

 

 

 

 

 

レース後の騎手コメント

 

勝ったケイアイノーテックはこれが重賞初制覇。ただ、朝日杯ではタワーオブロンドンとハナ差だったし、ニュージーランドTもアタマ差の2着。オッズほど能力差があったわけではなく、これくらい走っても全く不思議なかったのである。今回の勝因はまずもって藤岡佑介の好騎乗。展開がハマったのもあるが、じっくり脚を溜めて直線勝負に賭け、この馬の良いところを存分に引き出したと思う。今回の勝利で馬が化けた可能性あるけんな。秋は距離を伸ばすって言ってるんでおそらく毎日王冠から天皇賞秋の路線だろう。古馬との対戦が楽しみだな。

あ、なんか「レースレベル」を疑うような人もいるみたいだが(不利を受けた馬が多かったからね)、同日の古馬準オープンの時計が1:33.9だけんな(超スローだったけど)。レース自体のレベルは申し分なかったと思うぞ。

 

2着ギベオンは相当強い競馬をしたと思う。正直言って過剰人気だと思ってたんだが(笑)、このペースを前目で進め、直線は前が開くや力強く抜け出し、ミスターメロディが追いすがるともう一回伸びた。ただ、ミルコのコメントにもあったが、抜け出してから「フワッとして」内に斜行してしまった。この点は若さなのか苦しかったのかは分からんが、ちょっと気になるところである。次はダービーという話だが・・・激戦の疲れも気になる。

 

3着のレッドヴェイロンは、前走のアーリントンカップでも上がり最速で追い込んで来ており、末脚の鋭さはトップクラス。今回内の馬に迷惑を掛けてしまったが、真っ直ぐ走っていればあわや・・・という内容であった。将来はマイル路線の重賞常連になりそうな器だと思うね。あ、でもこの馬、まだ身分は500万下なんやね。この後どうすんだろ?

 

4着のミスターメロディだが・・・この馬も相当強い競馬してるね。この馬、前走もそうだったんだが、ずっと掛かり気味だったのである。福永は「ペースが遅く、行きたがりましたが・・・」とコメントしているが、いやいや、少なくとも遅くはないから(笑)。おそらく、この馬は掛かるくらいの感じで行っても問題ない馬で。じゃないと最後の粘りとか説明出来んもんね。距離的には1600も問題ないが、本質的には1200~1400の馬だと思う。秋はスプリンターズSを目指して欲しい。

 

5着のプリモシーンはね。密かに凄い騎乗だったよ。出遅れて後方からになったのはまあしょうがないとして、3~4コーナーは内々を回し、直線は内が開かないと見るやブイーンと大外に出し、そこから矢のような伸び。タラレバを言っても仕方ないが、出遅れなければ・・・あるいは内が開けば・・・と思わせる内容だったと思う。

 

6着のパクスアメリカーナと7着のダノンスマッシュは今回もっとも不利を受けちゃっったね。競馬なんでしょうがないと言えばしょうがないのだが、不利がなければ掲示板はあったんじゃないかなと思う。

 

カツジも不利を受けた一頭だが、最後の脚は止まってたぽいからね。私の見立てでは道中ポジションを上げたのが余計だったと思う。後方で脚を溜めてれば・・・笑ってたのはケイアイノーテックじゃなく、この馬だったかもしれない。

 

 

さて、タワーオブロンドンの敗因だが・・・もちろん直線で不利があったし、内が開かなかったのは大きい要因と思う。ただ、それがなくても大して変わらなかったんじゃないかな?と思うのは私だけではあるまい。というのも、手応え良く見えなかったし、直線追い出してからもあまり伸びてないように見えたからだ。

「掛かり気味だった」というのが正解だと思う。決定的に掛かっていたわけじゃないかもしれんが、我慢させていたのは間違いないだろう。この、タワーオブロンドンの掛かり癖については戦前から指摘されていたことで。前走のアーリントンCの勝ち方が鮮やか過ぎたんでね。その指摘も掻き消されたいたわけだが、やはりこの馬にマイルは長いと思う。掛かる心配のないコース・距離の方がレースはしやすいだろう。今後は1200~1400のレースを使った方がいいんじゃないかなー。

 

以上、回顧終わり。

 

私の馬券は、

 

◎アンコールプリュ17着でドモナラズ(ズコー)。

 

 

ま、

タワーオブロンドン軸でハズしても、

アンコールプリュ軸でハズしても、

 

同じハズレだしぃ。

 

全くノープロブレム。

 

 

来週も懲りずに大穴狙いで逝く。

 

佑介、おめでとさん。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「国民民主党」午後、結党へ 議員から不満噴出も

小池人気に便乗して希望入りした、信念も政策もない二枚舌の旧民進党のカメレオン達が、今度は希望の党・民進党を捨てて集まるんだねー。完全左巻きの人たちはもう立憲民主党や共産党に行きゃいいのにさ。コッチの方がまだ言ってること分かりやすいわ。国民民主党じゃなくて国民自大党にすればいいのに。そのこころは?国民より自分が大事。

 

【天皇賞春2018レース回顧】京都芝3200mで行われたGⅠ天皇賞春。混戦を制したのは岩田騎乗の5歳レインボーライン!勝因はなんだったのか?展開がハマったのか?怪我(右前足跛行)の原因は?岩田の騎乗はイン突き?はたまた負けたシュヴァルグラン・ガンコ・クリンチャーの敗因はなんだったのか?簡単にレース回顧する。

 

レインボーライン、

淀に虹架け春の盾制す!

 

 

穴党にゃドモナラズな結果だったんだけどね。

 

しかしなんだかこういう馬がGⅠを勝つと嬉しいねえ。

 

簡単にレース回顧しよう。

 

■天皇賞春2018レース結果

netkeibaより抜粋

 

■天皇賞春2018映像

 

■天皇賞春2018回顧

スタート!

出遅れる馬なく揃ったスタート!行ったのは予想通りヤマカツライデン!ソールインパクト、カレンミロティックあたりも押して押してポジションを取りに行こうとするが馬が進んで行かない!ガンコが馬なりで番手。外からトミケンスラーヴァが先頭を追って行く。シュヴァルグランも好位の一角へ。

 

結構縦長の隊列で1周目の3~4コーナーへ。

 

1000m通過は1:00.1。3200m戦だからね。これは結構速いペースだったと思う。この後、緩むんだけどね。

 

向正面。差を広げて逃げるヤマカツライデン潔し。2番手にトミケンスラーヴァ。

 

ガンコが3番手。続いてシュヴァルグラン、カレンミロティック、ソールインパクト。

 

外から押し上げるクリンチャー、サトノクロニクル。中団のインで脚を溜めるミッキーロケット、チェスナットコート。その後ろにいるのが12番レインボーライン!トーセンバジル、アルバートも上がって行く。

 

え?

 

まだ2000m地点だよね?

 

 

それもそのはず・・・1000mまでは結構速いペースだったのだが・・・1400~1600m地点で13.2とガクンとペースが落ち、1000~2000mは62.7のペースだったのだ。

 

つまり・・・中団後方から押し上げて行った馬たちは、このペースダウンに我慢が効かなくなっちゃんたんですな。

 

ここでレインボーライン岩田の騎乗を見て欲しいのだが・・・ちょっと後ろ体重で若干引っ張ってるように見えるだろ?これは押し上げていった馬たちに釣られないように、必死に押さえつけてる岩田の図なんだと思う。この時の我慢汁が、最後の最後に活きることになる。

 

中団に居たレインボーラインだが、あっという間にここまでポジションを下げる。続いて、ピンポン、シホウ、トウシンモンステラ。

 

ポツンと最後方がスマートレイアー。

 

残り800mの隊列がこう。先頭はヤマカツライデンだが・・・実質的にレースをコントロールしていたのはガンコの藤岡佑とシュヴァルグランのボウマン。この2頭は、最初の1000mこそ脚を使ったが、道中まんまとスローに落として脚を溜めることに成功したのである。ここから淀の下り。

 

坂の下りを利用してトーセンバジル、サトノクロニクル、アルバート辺りが仕掛けて行くが・・・中盤で我慢出来なかったツケが回って来たのか、すでに手応えが悪い。クリンチャーも中盤イカされた口だが、その後すぐに落ち着いてね。ココでも手応え良く虎視眈々。

 

残り600mを通過。馬なりのままヤマカツライデンを交わし、絶好の手応えで4コーナーを回るシュヴァルグラン。後方の緑の帽子がレインボーライン。

 

ノリスケさん提供の写真。キレイやねー!

 

 

ラップタイムを見れば分かる通り。今回の春天は残り800mから一気にペースが上がって・・・12.1-12.1-11.4-12.4(48.0-35.9-23.8-12.4)。

 

つまり、序盤ハイペース→中盤スローペースからの・・・

 

残り800mロングスパート合戦!

 

だったのである。

 

レインボーラインはコーナーを回りながら外目を回して加速!

 

だけんどもしかし!

 

 

前をトーセンバジル、外をチェスナットコートに包まれ、

 

行き場を失くしてしまったのだ!

 

ここで岩田は軽くブレーキを踏んで状況判断を迫られることになるんだが、

 

一瞬の判断で進路を内へ!

 

 

ココからの伸びはダビスタを見るような感じで。

 

体全体を振り子と化して追う・・・

 

岩田のモンキーダンス炸裂!

 

 

そして、中盤で我慢したのが最後の最後で活きる!

多くの馬がラスト100mで止まってしまったのだが、

レインボーラインはグイグイと伸びて

先頭を行くシュヴァルグランに襲いかかる!

 

 

まさに人馬一体。

 

岩田・・・完全にレインボーラインの首の一部になっとるがな(笑)。

 

 

クビ差交わしたところがゴール!

 

淀の晴れ間に

虹を架けたレインボーライン!

 

 

 

 

 

なお、みんな知っての通り、レインボーラインはレース後にジョッキー下馬。検査の結果は右前足跛行。精密検査の結果が出ないと何とも言えんが、とりあえず命にかかわるような怪我じゃなくて良かったね。

 

さて、勝ったレインボーラインはステイゴールド産駒の5歳馬。父と同じ様にGⅠでは善戦マンであったが、今回の天皇賞春制覇で晴れてGⅠ馬の仲間入り。ただ、今回メンバー的に薄かったのは否めないし(GⅠ馬はシュヴァルグランだけ)、得意なロングスパート合戦になったという展開の利もあったのも間違いないと思う。

ただ、直線入り口で前が開いていれば2馬身差くらいつけて突き抜けていたと思うし、岩田が「馬が変わった」と言う通り、5歳になってやっと本格化してきたのではないだろうか。アレだけ斜めに走ってシュヴァルグランに完勝したんだから相当強い競馬をしたと思うね。

そうそう。「岩田得意のイン突きで勝った」と書いてる競馬メディアがとても多いんだけどさ。今回のレインボーラインどう見てもイン突きじゃないと思うけど?普通イン突きってのは最終コーナーでインベタを回し、直線はラチ沿いを走り、最も距離損のない走り方をすることだよね?しかし、今回のレインボーラインは4角で外を回し、進路がないので内に切れ込んだのである。つまり、4角外回し→距離損。直線内へ→距離損・・・である。イン突きというよりイン方向に切れ込んだだけである。

そりゃ確かに岩田はイン突きが得意だけどさ。今回は全然違うし、かなりロスのある競馬をしたと思うね。それでも勝ったんだから馬も強かったし、岩田の騎乗も最高だったと思う(あそこで迷ってたら進路が失くなってしまったかもしれないし、強引に外に出したらぶつかっていたかもしれない)。

今回の岩田の騎乗についてあれこれ言うヤツがいると思うが(怪我の原因だとか、壊し屋だとか)、岩田の騎乗は最善だったと思うし、怪我との関連(内に切れ込んだ際に捻ったか?)があったとしてもジョッキーの責任ではないと思う。なぜなら、馬は勝つために走ってるのであり、ジョッキーは馬を勝たせるのが仕事だからだ。

またこのコンビでターフに戻って来てほしいね。宝塚記念はムリだろうから・・・天皇賞秋惨敗→ジャパンカップ惨敗からの・・・有馬記念で全力買いしたい(笑)。

 

2着のシュヴァルグランは完璧な競馬をしたと思う。多くの人が4コーナーでこの馬の勝利を確信したと思うし、馬もその期待に応えて横綱競馬で勝利目前まで行った。ただ、ちょっと今回はレインボーラインが強かったね。私の見立てではまだ完調手前だったんじゃないかと思うが・・・この後はどうすんだろね。宝塚記念に是非出てきて欲しい。

 

3着クリンチャーも展開が向いた一頭だと思う。この馬も持久力勝負が向くタイプで、スタミナ比べのロンスパ合戦は望むところだっただろう。ただ、惜しむらくは、向正面で行きかけたこと。あそこで我慢が効いたら最後の伸びにつながったかもしれない。素人意見だけど。今後はなんと凱旋門賞にチャレンジするプランらしい。GⅠ勝利なしで凱旋門賞挑戦のフラグが立つなんて珍しいが、是非頑張って欲しい。

 

4着ミッキーロケットがした競馬こそ、イン突きというべきだろうよ。最内枠で終始インベタを追走。向正面で後ろの馬が行った時も我関せずでジッとしていたのが印象的。4コーナーではラチ沿いから2~3頭分開けて回したが、直線は猛然を内を突いて伸びた。もう一歩のところでクビ差4着だったのは距離適性の差だろう。一番距離損なく競馬したのは間違いなくこの馬で。ホントに惜しい競馬だった。

 

驚いたのが5着チェスナットコート。いや・・・着順に驚いたわけではなく、そのレース振りに驚いたのである。この馬も後ろの馬が行ったときにジットしていた馬なんだが、この馬の場合、残り1000m過ぎに自発的に仕掛けているのである。映像を確認すると分かると思うが、蛯名はシュパッと手綱を叩いてGOサインをだしているのだ。そこからジワジワとポジションを上げ、外を回して最後まで止まることなく5着入線。相当長く脚を使っており・・・この馬、おそらくスタミナモンスターだと思われる。今後、アルバートに代わってステイヤーズS3連覇するのはこの馬かもしれない(笑)。

 

人気の一角だったガンコの敗因はなんだったのだろう?シュヴァルグランと同じような位置取りだったが、4角では早々に手応えが怪しくなり、直線半ばで失速。考えられるのは「3200は長かった」「さすがに疲れが出た」のドッチかだろうと思う。一旦休養した方がいいかもしれない。

 

私の◎カレンミロティックは、スタート後のポジション争いで脚を使い・・・道中の追走がやっと。4角前にもう終了してしまっており・・・ドモナラズ。さすがに・・・もう年齢的なものがあるのかもしれん。あ、これが引退レースだったんだね。ちょっとさみしい気もするが、余生はノーザンホースパークで過ごせるとのことでファンとしては一安心。いつか会いに行きます。

 

そんで予想通り?

浅次郎◯の法則レインボーラインが1着(笑)。

 

でも浅次郎は2番人気の馬を軸には出来ないのである。

当然来週も再来週も大穴狙いで逝く。

 

以上、回顧終わり。

 

さて、今週はNHKマイルCですな!

 

しかし今週がまたGW家族サービスで忙しいんだよねー。

 

出来る限り記事をアップするように心がけるが、

 

「あれ、浅次郎今日はサボりか?」

 

なんて日があっても空き缶を投げたりしないように(笑)。

 

今後は笑顔でね。

 

【浅次郎のひとりごと】

憲法改正、賛成51%…自衛隊「合憲」76%

憲法は守るもんじゃなく、時代に合わせて変えるもんだと思うけどな。我々の国を守ってるのは憲法じゃなくて自衛隊と米軍。これは間違いない事実であり、自衛隊が違憲だのなんだのという議論が起きること自体がおかしい話。私達の国を守ってくれる自衛隊に誇りを。憲法変えようぜ!

 

【皐月賞2018レース回顧】稍重馬場で行われた今年の皐月賞を制したのはオルフェーヴル初年度産駒の伏兵7番人気のエポカドーロ。離れた4番手から抜け出す完勝でまず一冠。人気どころのワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドール、ジャンダルムの敗因は?エポカドーロ、サンリヴァル、ジェネラーレウーノのダービー適正はどうなん?

 

エポカドーロ、混戦皐月賞を制す!

 

 

いやあ・・・今回の皐月賞は意見が分かれるだろうねえ。

 

巷の見解を見てみると・・・

 

サンスポ→【みんなの反省会】根はマイラーのエポカドーロ

スポニチ→【皐月賞】エポカ1冠“父の道”3連単37万円超え波乱呼ぶ!

 

・位置取りが良かった(展開が向いた)

・重い馬場が味方した

・実力勝負になってなかった

 

という感じで、

2馬身差の圧勝だったにもかかわらず、

あまり肯定的じゃない意見が多いですな。

 

さて、実際どうだったのか?

ワグネリアン、ステルヴィオらの敗因はなんだったのか?

 

簡単に回顧してみよう。

 

■皐月賞2018結果、着順

 

■皐月賞2018映像

JRA公式は画質悪いなあ・・・

 

■皐月賞2018レース回顧

スタート!

3番ジャンダルム、9番オウケンムーン、12番グレイルが出遅れ。ジャンダルムはあっという間に前を塞がれちゃったね。ワグネリアン、ステルヴィオ、キタノコマンドールあたりは普通のスタート。おそらくインの馬場が荒れていたのだろう。ワグネリアンやキタノコマンドールは外へ外へとポジションを移していく。

 

好スタートを切ったのは7番エポカドーロと10番ジェネラーレウーノ。馬なりのまま先頭を伺うが・・・ムチが入った6番アイトーンが押して押してハナへ。14番のサンリヴァルは馬なりのまま好位へ。大外から玉砕覚悟のジュンバルロが行く!

 

正面から見ると一目瞭然。インはガラガラ。みんな外へ殺到してますな。内枠のワグネリアンはまあ想定通りだけど、ジャンダルムもかなり外へに行ってるよね。ステルヴィオは大外のまま。こういう馬場の時って、「いい馬場を走らせたい」って思惑が強く働き過ぎてね。外の馬はかなり外を走らされちゃうので注意が必要。今年の皐月賞はインガラガラのまま一周回ることに。

 

1~2コーナー地点。アイトーンにジェネラーレウーノがついていき・・・さらにジュンバルロが絡んで3頭が大逃げする形に。エポカドーロ戸崎はついて行かずに控える選択。これが大正解でしたな。・・・というより、初めからそういう作戦だったっぽい(笑)。レース前は、

 

「何が何でも逃げます(キリッ)」

 

みたいなことを言っていたが、実際は

 

「どうぞどうぞ!」

 

 

だったからね(笑)。

 

むしろ、折り合い・ペースコントロールに集中している感じで、

最初からハナに行く気は無く、

誰かを行かせて2~3番手・・・って予定だったと思われる(笑)。

 

ハナはアイトーン、続いてジェネラーレウーノ、ジュンバルロ。

 

10馬身くらい間が空いて、実質的な先頭がエポカドーロ、サンリヴァル、ケイティクレバー。この3頭が、私の予想の◯、▲、◎だったからね。もうこの時点で「うほほーい!そのままー!」と思ってたわ(笑)。

 

中団の前にマイネルファンロン、スリーヘリオス、タイムフライヤー、ダブルシャープ。

 

中団後方にオウケンムーン、ジャンダルム、ワグネリアン。

 

後方にグレイル、ステルヴィオ、キタノコマンドール。

 

ざっと見る限り、折り合いを欠いているような馬は居なかったね。

 

ラップはどうだったのか?

 

 

1000m通過は59.2。

 

ただし、これは前の3頭のラップで。

 

10馬身近く離れた4番手エポカドーロのラップは、

61.2くらいだったと思う。

 

だから、巷では、

 

実質スローだった!

 

と言ってる人が多いわけだが、

 

それは本当だろうか?

 

まず考えなくてはならないのが馬場。

 

稍重発表だが、

見た目以上に時計が掛かる馬場だったのはみんなも知ってる通り。

 

さらに言えば、

ほとんどの馬が内を空けて走っており、

通常よりも多く距離を走っているのも間違いないわけで。

(エポカドーロも3頭分くらい内を空けてコーナーを回っている)

 

馬場とコース取りの影響が1000mにつき1.0秒あったと仮定するなら、

エポカドーロのペースは61.2→60.2だったわけであり、

それが巷で言うところのスローだったのかどうか?

速くもないが、遅くもなかったのでは?

 

ちなみに、スローだった弥生賞(1000m通過61.5)で、

ワグネリアンは上がり最速33.7を繰り出しておるんだが、

今回のワグネリアンの上がりは35.2。

(馬場差はあるにせよ掛かりすぎじゃね?)

 

今回「実質スローだった」と言うのであれば、

もっと伸びても良さそうなもんだけど。

 

何が言いたいかというと、

エポカドーロのペースは馬場を考慮すると

平均ややスロー程度だったのではないかと。

 

実際のエポカドーロのペースを2で割ると、

61.3-59.5=2:00.8

後傾ラップではあるが、極端なスローじゃなかったのである。

 

それを裏付ける証拠の一つに、

 

有力馬の位置取りがある。

 

残り600mでの隊列がこう。もし極端な前有利のスローだったというのなら、ポジションを押し上げていくような馬が居てもおかしくないよな?あるいは早めのロングスパートをする馬が居てもおかしくないよな?特に、デムーロルメールらのペース判断に長けた騎手はそういう手をよく使うよね?しかし、残り600mでも後方待機で動かぬまま。

 

さらに言うなら、残り600mから積極的に動いていく馬もいなかったわけで・・・もとい、ワグネリアンは残り600mから仕掛けてますな。しかし、ステルヴィオ(ルメール)、キタノコマンドール(デムーロ)、ジャンダルム(武豊)あたりは悠々とと後方待機のままで・・・4コーナー手前まで脚を溜めているのだ。

 

ルメールもミルコも武豊も・・・

 

このペースなら届く!

 

あるいは、

 

このペースなら前は止まる!

 

・・・そう思ってたのでは?

 

だから全く動かなかったのでは?

 

ま、実際のところは分からんけどね。

 

戻ろう。

 

残り400m。前の3頭との差がグングン詰まる。エポカドーロはこの時点でまだ馬なりのまま。馬場が良いところを選ぶ余裕があり、馬場の真ん中から外目へ!サンリヴァルがエポカドーロの外から迫る!ワグネリアンはすでに追い出し態勢に入ってるがイマイチ伸びない!

 

4コーナー!ワグネリアン、グレイルは外に振られてかなり外を回らされてるね。ステルヴィオは上手くその内に入れて追い出す!ジャンダルムは外に振られるのを嫌って内へ切れ込む!キタノコマンドールはジャンダルムを追うようにコーナーを回って馬群の中へ!直線に入って、エポカドーロも追い出し開始。

 

残り200m!まだ余裕の手応えのエポカドーロ。残り200mを過ぎてから右ムチ4発。これでもう一つギアが上がり、前で粘りに粘るジェネラーレウーノを一気に捕らえる!

 

必死にサンリヴァルが追いすがるも、差は縮まらず、逆に開いていく。後ろからステルヴィオ、キタノコマンドール、グレイルらが迫るが、3着争いまで。

 

最後は流す余裕の戸崎。2馬身差の圧勝。2着にサンリヴァル、3着にジェネラーレウーノが粘り込んだ。

 

勝ちタイムは2:00.8。

 

エポカドーロの上がりは35.1。

 

いや、

 

エポカドーロ、

 

めちゃめちゃ強かったんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

勝ったエポカドーロはオルフェーヴルの初年度産駒。GⅠでは信頼度イマイチな鞍上、母系が短距離系の血統、また逃げ脚質のせいもあってか今回伏兵の立場で・・・単勝オッズは14.5倍の7番人気。しかし見事に父オルフェーヴルとの父子制覇を成し遂げた。オルフェーヴルの牡馬では他に目立った馬がおらず(多くの良血牝馬と交配してるんだが)、「オルフェーヴルの牡馬はイマイチ。ロードカナロアの方が質が高い」といった下馬評もこの馬の人気を下げたのかもしれない。

しかし、血の力って凄いね。オルフェーヴルも3歳春に激変して3冠馬まで上り詰めたわけだが、今回のエポカドーロもまさにそんな感じでね。スプリングSの時とは全く馬が違っていたんだと思う。もちろん、重めの馬場がこの馬にとってプラスだったことは間違いないが、仮に良馬場だったとしても結果は変わらなかったのではないだろうか。それくらいの完勝だったと思う。

展開的に恵まれたんじゃね?と言ってる人も沢山いるけどね。私はそうは思わない。そもそも本当にスローの瞬発力勝負だったのなら、もっと後ろの人気馬が脚を伸ばしたはず。しかしそうじゃなかったってことは後ろの馬も道中脚を使わされたってことであり、今回はタフな馬場でのガチンコ勝負だったのだ。

だいたい・・・スローだから前有利とかハイペースだから後ろ有利なんて言ってたら、今回のジェネラーレウーノの粘りとか全く説明つかんしね(笑)。

 

強い馬の定義ってのは人それぞれだと思うが、

 

自分でペースが作れて、

後ろと同じか後ろより速い上がりを使える馬。

 

あるいは、

 

自分でレースを動かして、

その上で勝ち切ってしまう馬。

 

私は、

こういったタイプの馬が強いと思うし、

こういうタイプの馬が好きだ。

 

さて・・・すでにエポカドーロのダービー適正についての議論も始まってますな。気になるのはその血統と体型。母父はマイラー系のフォーティーナイナー。母のダイワパッションも1200~1400の重賞勝ち馬である。馬体を見ると・・・

 

うーむ。確かに胴が詰まった感じで。距離が伸びて良さそうには見えない・・・

 

しかし父オルフェーヴルも胴が詰まった体型でね。見た目1600~2000mくらいが適距離に見えるが、これで3000mだって余裕で走れたわけで。しかしオルフェーヴルは美しいなあ・・・惚れ惚れするわ。

 

エポカドーロは東京2400も大丈夫か?

 

なんてのは、走ってみらんと分からんと思う。

 

しかし、今回の皐月賞を見る限り、個人的には全然大丈夫だと思うね。折り合いに不安がないのが1番。そして、ゴール前止まるどころか、まだまだ余裕があったからね。むしろ、距離は伸びて良いような気がする。ただ・・・距離よりも東京コースが心配だな。この血統は「小回り」「タフな馬場」が得意で。軽い馬場でのキレ勝負は苦手なのである。オルフェーヴルもゴールドシップもドリームジャーニーも中山・阪神の内回りは鬼であった。ま、この馬がどうかは分からんが。

 

2着のサンリヴァルはルーラーシップ産駒。エポカドーロの直後の位置取りで、最後までこの馬をマークする形だったが、最後は完全に力負け。しかし、実にしぶといねこの馬。おそらくこの馬もタフな馬場が得意なタイプで。スローの瞬発力勝負ではなく、タフな持久力戦が得意なタイプなんだろう。弥生賞ではスローで完敗だったが、馬場やペースが変われば、これだけ強いのである。この馬もスタミナ的には2400は全く問題ないだろう。出来れば一貫したペースの持久力戦がいい。藤岡佑介・確変チュー♪

 

3着のジェネラーレウーノはホントに凄かったな。1000m59.2のペースは普通の馬場であれば58.2くらいに相当するハイペースだったと思う。実際この馬の上がりは37.6で。もう最後はアップアップだったんだが、それでも3着に残したあたり、田辺恐るべしである。この馬もハイペース志向の持久力型で。東京の瞬発力勝負は全く向きそうにないんだが、常識が通用しないタイプの馬かもしれず。また残ってしまうかもしれない(笑)。

 

4着のステルヴィオの敗因は「ポジションが後ろ過ぎたこと」と言ってる人が多いですな。まあその通りなんだが、そもそも前目に行けないから中団後ろで競馬してきたわけでね。外枠だったし、こういうポジションになる可能性は最初からあったと思う。それを敗因と言うのは・・・なんか違うんじゃね?・・・と思うね。他に敗因を探すとすれば、馬場と距離か。外を回して差してきたのはさすがであったが・・・最後はジェネラーレウーノを交わせなかったばかりか、後ろから来たキタノコマンドールに交わされる寸前であった。この馬・・・タフな馬場や展開も合わなかったのかもしれんが、そもそも2000mがギリギリなのかもしれん。ダービーでも人気になるだろうけど・・・NHKマイルCに行った方がいいと思うね。

 

5着のキタノコマンドールまでがダービーの優先出走権ゲット。ゴール前の脚は際立っていたよね。ただ、やっぱりこの馬も位置取りが後ろ過ぎで。さらにエンジンの掛かりも遅く、伸びてきた時にはもう・・・時すでに遅し。この馬に関して言えば、もっと手前から仕掛けていれば2~3着はあったかもしれない。距離が伸びて良さそうだし、東京に変わるのもプラス。そのままミルコ騎乗なら・・・ダービーは2~3番人気になっちゃうかも???

 

6着のグレイルは出遅れが響いたね。ただ、大外ブン回しでステルヴィオと同じような脚を使っているし、やはり能力的には相当高いものを持っていると思う。ただ、ステルヴィオと同じく、大外を回したにもかかわらず最後の伸びがイマイチだったように思う。馬場のせいだと思うが・・・東京2400で巻き返せるか?

 

さて、謎だったのが1番人気ワグネリアンの負けっぷりである。内枠だったんでね。下げて外に出すってのは予定通りだったと思う。重馬場の野路菊Sで上がり33.0を繰り出して圧勝したことがあり、重い馬場も苦にしないとも言われていた。しかし、4コーナー手前で外に出されて追い出されてもイマイチ伸びない。最後はステルヴィオとグレイルと併せる形になったにも関わらず、脱落して最後は追うのを諦める始末。この馬の敗因はなんだったのだろうか?一つには、タフな馬場・タフなペースで脚が溜まらなかった可能性。一つには調子がイマイチだった可能性である。浅次郎の調教チェックでも、この馬の調教軽すぎだったんで「怪しいんじゃね?サイン」を出していたが・・・危惧した通りになったな。ダービーでの巻き返しなるか?

 

また、今回ジャンダルムから買ってた諸兄も多かったと思う。出遅れてポジションが取れなかったのがまず痛恨で。さらに言うと、馬場も合わなかったんだと思う。4コーナー・・・武豊は思い切ってインを突き、いいところに持っていったんだが・・・最後全く伸びず。距離も2000mが限界ぽいからね。ダービーよりNHKマイルCに向かった方がいいと思うけど陣営はどうするかな?

 

以上、簡単に回顧するつもりが、

 

長くなってしまった(笑)。

 

しかし文中でも書いたが、

 

これでダービーが俄然おもしろくなったね。

 

おそらくダノンプレミアムが1番人気になると思うが、

 

他の人気はどうなるだろうね???

 

馬券は、必殺前残りBOXが炸裂して◯▲で馬連が当たり。

◎のケイティクレバーは11着だったけど(笑)。

 

さて、今週も楽しんで行こう。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

絶対王者オジュウチョウサン、大差のレコード勝ちで3連覇達成!/中山グランドジャンプ

いやあ・・・強いわこの馬!感動した!馬券は買ってないけど(笑)。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【桜花賞2018レース回顧】阪神芝1600mで行われた3歳牝馬によるGⅠ桜花賞。勝ったのは2番人気アーモンドアイ!後方一気、大外ぶん回しの鬼の末脚でラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切って見せた。断然人気ラッキーライラックの敗因は何だったのか?アーモンドアイ・リリーノーブル・マウレアらのオークス適正は?距離は持つのか?

 

桜の女王は

鬼脚アーモンドアイ!

 

※ノリスケさんご友人撮影の1枚。キレイだねえ。

 

いやあ、

 

アーモンドアイ凄い切れ味だったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■桜花賞2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

堅いよチキショー。

 

■桜花賞2018映像

※動画が消されてる場合はJRAのホームページで見てね。

 

■桜花賞2018回顧

スタート!

15番のプリモシーンが大きく出遅れ。13番アーモンドアイも出負け気味で後方から。ただし鞍上ルメールは最初から直線勝負をする予定だったのだろう・・・慌てることなく後方待機。そして絶好のスタートを切ったのが1番のラッキーライラック。

 

だけんどもしかし・・・

 

まさかこの好スタートが

 

ラッキーライラックの敗因になるとは・・・

 

この時は思いもしなかったのである。

 

絶好のスタートを切ったラッキーライラック石橋だが、内で包まれゴチャ付くのだけは勘弁!と思っていたのはレース後の騎手コメントからも明らかで。だからこそ絶好のスタートを切った後も控えることなくポジションを取りに行ったのである。

 

しかし・・・不幸なことに、どの馬も行かない。

 

唯一11番のコーディエライトはかなり押してるが二の脚が付かず・・・

行きたくても行けない感じ。

 

他の馬はみーーーんな様子見なのだ。

 

そして、

最内枠だし、気分良く行ってるし、

ブレーキ踏んでポジションを落とすわけにも行かない!

 

石橋は何度も横を向いて確認している。

 

「早く誰か行ってくれ!」

 

結局、ラッキーライラックは200m付近まで先頭を走ることになる。その間のラップは12.3!これは過去10年の桜花賞で3番目に速いラップ。つまり・・・ラッキーライラックはそのスタートセンス、スピード能力の高さゆえに自ら速いペースを作り出してしまったのだ。

 

 

ようやく行き脚がついたコーディエライト、10番のアンヴァル、大外のツヅミモンが先頭争いに加わり・・・ここでさらにラップが上がって10.7。このラップも桜花賞過去10年で2番目に速いラップである。

 

400m通過時点でラッキーライラックは3番手のイン。自ら演出してしまったとはいえ・・・かなり厳しいラップとなった。これが中山マイルや京都マイルならまだなんとかなったかもしれんが、舞台は阪神マイル。デフォルトで差し・追い込みが有利なコースなのだ。

中団の前にレッドサクヤ、内からリバティハイツ、中にハーレムライン、外にリリーノーブル。中団の後ろにアンコールプリュ、スカーレットカラー、レッドレグナント。

 

中団後方にかけてマウレア、トーセンブレス、フィニフティ。

 

後方にプリモシーン、アーモンドアイ、最後方にデルニエオール。

 

600m通過は34.5。

 

1000m通過は58.7。

 

 

テレビで解説していた某元調教師のSは、

 

「前半46.6、後半46.5の平均ペース」

 

なんて言ってたが、

 

あんた小学生か!

 

と突っ込みたくなる計算方法で(笑)。

 

そもそも桜花賞が行われる舞台の阪神1600mは

スローの瞬発力勝負が基本。

 

前半は緩いペースになることが多いのである。

 

過去の桜花賞を見ても前半46.6はかなり速いペース(過去3番目)で、

前半46秒台の時はほとんど「前潰れ」なんだよね。

 

今回は特に桜花賞レコードが出るほどの高速決着だったわけで。

前に行った馬にとっては相当厳しいペースだったと言える。

 

もちろん、

「ハイペースだから後ろが有利」

なんてことを言うつもりはない。

 

ペースが速ければ速いほど、

持久力やスタミナや底力といった総合力がモノを言うわけだし、

ペースが速くなると脚が溜まらない差し・追い込み馬だって沢山いる。

 

そういう意味で、

今回の桜花賞はハイペースのガチンコ総合能力勝負だったわけで、今回の

アーモンドアイは相当強かった!

というのは疑う余地なし。

 

ただ、

アーモンドアイからすれば展開がバッチリ嵌ったし、

ラッキーライラックにとってはかなり厳しい展開だった・・・

というのも事実である。

 

レースは生き物。

 

だからこそ競馬は面白いのである。

 

話を戻そう。

 

600~1000mのラップは12.1-12.1。ここで多少は落ち着いたが、それでも大きく緩んだわけではなく依然として息が入りにくいラップ。それでもラッキーライラックは手応え十分で4コーナーを回る。アーモンドアイは大外へ。リリーノーブルはも外へ。

 

残り400m。前が開いたラッキーライラックだが、持ったままで先頭のツヅミモンに並びかけて行く。その外からレッドサクヤ、リリーノーブルが襲いかかる。1番右の大外がアーモンドアイ。レッドサクヤから・・・ラッキーライラック、ツヅミモンの馬券を持ってた浅次郎はここで絶叫(笑)。

 

残り200m。夢見れたのもココまで(笑)。急坂に掛かるところでツヅミモン、レッドサクヤが脱落し、大外からアーモンドアイが強烈な末脚で差してくる!

 

残り100mでラッキーライラックを捉えると、並ぶ間もなくブッチギリ。

 

約2馬身差を付けて圧勝!

 

アーモンドアイ強し!

 

 

 

 

 

勝ったアーモンドアイは、ロードカナロアの初年度産駒。この勝利で父ロードカナロアはかなり人気を集めることになるだろうね。シンザン記念からのブッツケローテを嫌って買わなかった人は沢山いると思うが(私もそうだが)、そんな不安を吹き飛ばすような圧勝だった。ハイペースの総合力戦でラッキーライラックを負かしたのだから相当な器の馬だと思う。

ただ、前述した通り、今回展開がハマったのは間違いない。この馬のラップは・・・1000m59.9でラスト3Fが33.2。切れ味を活かすのにピッタリなペースだったのである。仮の話だが、今回の桜花賞が1000m通過60秒くらいのややスローペースだったとしたら(この馬のラップが61.0くらいだったら)・・・33.2の上がりを使っても届かないわけで(この上がりは阪神マイルで出せるほぼほぼ限界値)。出遅れ癖もあることだし、今後もこの馬が「展開に左右されやすい」ということは覚えておいた方がいいと思う。

で、問題は今後だす。オークスに出走するとなると・・・出てくる問題は「距離」だすな。なんと言っても父は短距離王のロードカナロア。母はエリザベス女王杯を勝ったフサイチパンドラとはいえ、この極上の切れ味を見るとマイルがピッタリに思えるだすよ。ただ、最近のオークスはスローで流れて終い勝負になりやすく、桜花賞組のマイラーでも好走出来るからね。そこまで心配する必要はないのかもしれないが、個人的にはやっぱり距離は不安だす。

 

2着のラッキーライラックは本当に運が悪かったな。このペースで3番手なら最後に脚が上がってもしょうがなし。それでも止まったわけではなく、正攻法で勝ちに行ってのものだから鞍上を責めることは出来まい。相手を褒めるべきだろう(石橋コメント潔し)。真ん中くらいの枠で、せめてリリーノーブルと同じような位置取りで競馬が出来ていれば、あるいはまた違った結果だったかもしれない。この馬もペース次第で33秒台前半の脚使えるからね。

結果は2着だったが、このペースで先行してキッチリ2着を確保したあたり、やはり能力はトップクラスだね。アーモンドアイとの2馬身差は能力差ではなく、マイル適正・展開の綾だと思う。ペース次第で逆の結果になっていたのではないかな。さて、こちらはオークスでも全く問題無さそう。というか距離伸びて良さそう。折り合いも問題ないし、前のポジションが取れるのもいいね。さて・・・オークスの鞍上はどうなるのか?出来ればそのまま石橋でお願いしたいが、ミルコに乗り替わりとかもうヤメてよミッキー(笑)。

 

3着のリリーノーブルは本気で勝ちに行ったが届かず。なんかキャラ的に3着が指定席になりそうだが、この馬も相当強いと思う。この後はオークスに行くんだろうけど、血統的に東京2400は微妙だなあ・・・。2000までって気がするけど・・・。NHKマイルCならアッサリ勝ったりして。

 

4着のトーセンブレスは8番人気での好走。アーモンドアイと同じく展開がハマったのはあるが、この馬も相当長くいい脚を使うね。血統的にもマイルはちょっと短い感じで、2000m以上・・・オークスはピッタリな印象。人気薄になるようなら積極的に狙いたい。

 

以下、マウレア、リバティハイツ、レッドサクヤ、スカーレットカラー、ツヅミモンあたりはタイム差なしの僅差。マウレアはどうなんだろう。。。位置取りは悪くなかったと思うが、やっぱり使い詰めで調子がイマイチだったのかな。血統的にも2000以下ぽいし・・・オークスで巻き返すのはちょっと厳しいか。

 

今回前で頑張ったレッドサクヤ、リバティハイツあたりはオークスに出走するようなら穴で再び狙いたいねー。ツヅミモンは是非NHKマイルCに出てこい!今回の競馬が出来れば一発あるかもだぜ!

 

馬券はレッドサクヤ軸の馬券でドモナラズ。

 

最近は、

 

全然当たってない(笑)。

 

しかし、

 

1㍉も懲りずに、

 

皐月賞も大穴狙いで逝く。

 

 

あ、皐月賞のデータ分析はこちら!

 

データから浮かび上がる穴馬は?

 

調教チェックや展開予想は後日ねー。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

全米メディアも大谷の「完全試合未遂」に大興奮「本当に人間か?」

「2刀流にチャレンジする!」と大谷翔平が言った時、多くの評論家や実績あるOBやメディアが「野球ナメんじゃねえ」「ピッチャーに専念しろ」と言った。しかし、今や大谷はメジャーで2刀流をやろうとしている。心から尊敬するね。そのチンコスピリットに。しかし、まだ23歳。大谷君のチンコを巡る争いも熾烈だろうなあ。うらやまC。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【大阪杯2018レース回顧】阪神芝2000mで行われた古馬中距離GⅠ大阪杯。勝ったのは1番人気のスワーヴリチャード。向正面で一気に進出するミルコの神騎乗で圧勝。2着にペルシアンナイト、3着にアルアインが入り4歳勢が上位独占。サトノダイヤモンドは見せ場なく7着に敗退。敗因はなんだったのか?簡単にレース回顧する。

 

スワーヴリチャード、GⅠ初勝利!

 

 

いやー、スワーヴリチャード強かったねー。

 

簡単に回顧しよう。

 

■大阪杯2018結果、着順

 

■大阪杯2018映像

 

■大阪杯2018回顧

スタート。

出遅れたわけではないのだが、出脚が付かず・・・スワーヴリチャードは後方からの競馬。

 

ハナに行ったのはやはりヤマカツライデン。続いてサトノノブレス。サトノダイヤモンド、シュヴァルグランあたりもココでは前にいますな。

 

先頭は単騎ヤマカツライデン。一緒に行くかと思っていたサトノノブレスは行きっぷり悪く・・・ズルズルと下がって中団。金鯱賞の時の行きっぷりとは全く違ったね。私はこの2頭が競る形で馬群を引っ張ると予想してたのだが・・・

 

2番手に付けたのはダンビュライト。続けてスマートレイアー。この馬、前でも後ろでも競馬が出来るんだけど・・・この枠で一発狙うなら前に行くのはアリだったと思う。結果は直線全く伸びずのズブズブだったけどね。その後ろにウインブライト。

 

好位の後ろにサトノダイヤモンドとアルアイン。外にゴールドアクター。サトノダイヤモンドは絶好の位置取りに見えたけどね。これで伸びないのは・・・何か理由が有りそう。

 

中団真ん中にヤマカツエース、ペルシアンナイト、シュヴァルグラン。

 

中団後方にサトノノブレス、メートルダール、ミッキースワロー、外をついてトリオンフが上がっていく。

 

後方2番手に居たスワーヴリチャードが・・・1000m手前でポジションを上げて行く!

 

その時、

 

「ミルコ、ソーローだろそれ!」

 

と浅次郎は呟いたのである

 

 

外を付いてグングン上がって行くスワーヴリチャード。

 

こんなところで脚を使って大丈夫なのか?

 

競走馬が全速力で走れるのは300~600mであると言われている。

もちろんそこには個体差があるわけであるが、

1000mを全速力で走れる馬はいない。

 

人間で考えると分かりやすいんだが、

全力・無酸素運動で走れるのは100~200mかそこらだろう。

(運動不足の競馬オヤジなら50mくらいだろう。笑)

 

それ以上の距離は、

息を入れないと無理なわけで。

 

全力で400m走れるって人間は、存在しない。

 

 

これは陸上世界記録。

100mと200mは同じようなスピードだが、

400mではガクンと落ちるのが分かると思う。

仮に400m全力で走れるなら38~39秒くらいにならないとおかしいよね?

 

これと同じで、競走馬が全力で走れる距離は

だいたい決まっているのである。

 

しかしまあ、ごくごく稀に・・・

長い距離を全力疾走可能な馬もいるが、

それでも800mくらいが限界なのだ。

(ゴールドシップとかオルフェーヴルとかね)

 

という一般常識を元に、

残り1000m地点からスパートしたミルコに対して、

 

「ミルコ、そーろーだろそれ!」

 

と呟いたのである。

 

だけんどもしかし!

 

 

ここから先がミルコのミルコたる所以で。

 

一旦脚を使ってポジションを上げるも、

先頭に並んだ時点で脚を止め、

息を入れることに成功してしまうのである。

 

 

この位置でストップ。

 

つまり、スワーヴリチャードが脚を使ったのは1000~1200mの間だけ。

 

ラップタイムを見てみよう。

 

 

1000~1200mのハロンタイムは11.8。

スワーヴリチャードは約6馬身分上昇しているので、

この時10.8前後の脚を使ったと思われる。

 

レースの途中で一旦トップギアに入れることのリスクはとてつもなく大きい。

無酸素運動を行うとガクンと筋肉が疲労してしまうからだ。

 

しかも、次の1200~1400のラップは11.2。

 

突付かれたヤマカツライデンがペースアップし、

レース全体が激流となったのだ。

 

普通なら・・・この時点で、

スワーヴリチャードもジ・エンド。

 

しかし・・・阪神競馬場は3コーナー過ぎ(残り800m)から下り。

これが多少なりとも助けになったと思う。

(じゃないと説明できねえ)

 

スピードに乗ったスワーヴリチャードは、

坂の下りでギアを落としながらカーブを曲がることに成功。

 

ここで上手く息が入ったスワーヴリチャードは

手応え抜群のまま4コーナーを回り、

そのまま押し切ってしまうのである。

 

もう一回ラップタイムを見てみよう。

 

 

残り1000mからずっと11秒台が列んでいるよね。

 

世間では「ミルコの神騎乗!」なんて言われているが、

(たしかに日本人にはこの騎乗は出来ないが)

 

一歩間違えば撃沈!

 

の非常にリスキーな騎乗だったのであり、

 

今回はミルコの騎乗に応えた

スワーヴリチャードの強さが光ったレースだと思う。

 

ああ、そう言えば、

昨年のダービーのルメール(レイデオロ)・・・

 

 

も似たような騎乗だったし(この時は超スローだったけど)、

 

昨年の皐月賞のミルコ(ペルシアンナイト)・・・

 

 

も道中ポジションを上げる競馬であった(この時はハイペース)。

 

モレイラやムーアも似たような動かした方することあるし、

 

外人ジョッキーには、

道中動かしても息を入れる技術

があるんだろうね。

 

置こう。

 

4コーナーを絶好の手応えで回るスワーヴリチャード。

 

一気に先頭。道中同じ様に上がっていったトリオンフも頑張ったがココまで(これが普通)。内の青い帽子がアルアイン。赤い帽子がペルシアンナイト。外に出した白い帽子のサトノダイヤモンドだが・・・あまりにも手応えが悪い。

 

4コーナー手前から追い通しのアルアインが内をついてスルスルと上昇し、スワーヴリチャードに迫るも・・・なかなか差が詰まらない!逆に、ギリギリまで脚を溜め、残り300mからスパートしたペルシアンナイトがグングン迫る!さらには中団後方のインで脚を溜めていたヤマカツエースが伸びてくる!

 

しかしスワーヴリチャードの脚も衰えず・・・余裕を持ってゴール。

 

スワーヴリチャード、強し!

 

 

 

 

 

勝ったスワーヴリチャードは、古馬になってから強くなることが多いハーツクライ産駒の4歳馬。明らかに3歳時よりパワーアップしてるね。「ダービー馬より強いダービー馬2着馬」と言われることもあるが、ダービー馬レイデオロとの再戦が楽しみである。そんでこの馬については、ゴールドシップばりの「スタミナモンスター」である可能性を指摘しておく。それでいて瞬発力も半端ないからね。春天に出走すれば楽勝しちまうかもしれん。ウインバリアシオンよりさらに長く脚が使える感じ。これからもっと強くなるかも。

 

2着のペルシアンナイトは、思った通り能力非凡。ただ、今回は相手が悪かったね。3角過ぎペースが上がった時もジッと我慢して直線に賭けた。おそらく最初から終いを活かす競馬をする作戦だったのだろう。完璧な騎乗だったと思うが、この馬も長く脚が使えるタイプ。あと少し追い出すタイミングが早ければ、もっとゴール前際どかったかもしれない。ま、前が開いてから追い出したんでしょうがないけどね。しかしこれで、この馬が2000m走るのバレちゃったなあ・・・。もう人気薄で買えないかも。

 

アルアインは手応え悪く見えながらもしぶとく脚を伸ばして3着。今回、前に行った馬はスワーヴリチャードにあらかた掃除されてしまったのだが(後半の激流に飲み込まれた)、この馬だけは最後まで止まらなかったね。なんか今後は「善戦マン」になりそうな気がするが、好位のポジションが取れて終いもしっかりしているのは強み。次は宝塚記念かな?

 

4着はしぶとく差してきたヤマカツエース。オッズを見ると「もう終わった」と感じているファンが多かったんだと思うが、ところがどっこい。やっぱり阪神2000で溜めると切れるね(上がり最速)。まだまだやれる。宝塚記念出てきてくんないかな。

 

5着のミッキースワローは正直侮っていたが・・・この馬も走るね。ただ、現状GⅠではワンパンチ足りないのも事実。ローカルのGⅢとかなら圧勝しそう(笑)。

 

さて、人気の一角であったサトノダイヤモンドは見せ場なく7着。道中はいいポジションだったと思うし、3コーナーではペルシアンナイトと同じような位置取り。勝負どころでの手応えが悪く、4コーナーでは上がっていくどころか置いて行かれる始末。

 

考えられる敗因は、

・調子がイマイチだった。

・やはり2000mは短かった。

・海外遠征のダメージがまだ抜けていない。

・能力のピークが過ぎている。

・戸崎が嫌い(笑)。

 

このいずれかだと思う。最も可能性があるのは「戸崎が嫌い」・・・じゃなくて「調子イマイチ」。前走「金鯱賞」の時からすれば良くなったように見えたが、実はまだ調子が上がって来ていないのではないか。こうなると次も怪しくてね。競走馬は一旦調子が悪くなると・・・なかなか戻って来ないものである。

あと、可能性無きにしもあらずなのが「ピークを過ぎた」。ディープインパクト産駒の一流馬は3~4歳時にピークを迎えることが多く、クラシックを勝ち、4歳までは活躍するものの5歳以降は尻すぼみ・・・という馬が少なくない。キズナ、マカヒキ、ハープスター、ミッキークイーン、ショウナンパンドラ、そしてサトノダイヤモンド・・・。例外はジェンティルドンナくらい。マイル以下だと5歳以上で活躍する馬多いんだけどね。

もちろんサトノダイヤモンドもそうだとは限らんのだが、ディープインパクト産駒の牡馬で複数のJRAGⅠを勝った馬は今まで2頭だけだからね(サトノダイヤモンド、ミッキーアイル)。次も間違いなく人気になる馬なだけに、覚えておくと・・・思い切って切れるかもしれない(責任は持たん。笑)。

 

私の◎スマートレイアーは直線全く伸びずでドモナラズ。

 

 

しかし1㍉も懲りずに、

 

来週も大穴狙いで行こうと思う。

 

あ、

 

次は桜花賞じゃん。

 

ラッキーライラックは・・・切れ・・・ちゃいないよ。

 

桜花賞2018のデータ分析はこちら

 

【浅次郎のひとりごと】

大谷翔平「始まったなっていう感じ」初登板初勝利

10勝、ホームラン10本、打率275くらいなら行けるか?予想を超える活躍を期待!

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内