【チャンピオンズC2018調教チェック】中京ダート1800mで行われるダートGⅠチャンピオンズカップ。ゴールドドリーム回避でルヴァンスレーヴに人気が集中しそうだが仕上がり具合は?ケイティブレイブは調教特A評価!パヴェルは?調教爆穴はインカンテーション、ミツバ、アポロケンタッキー、ヒラボクラターシュ、センチュリオン。

 

昨年の覇者、

ダート王ゴールドドリームが回避。

 

ルヴァンスレーヴとの頂上決戦を期待していたんだが、

一気に「1強ムード」になりそうやね。

 

■チャンピオンズC2018枠順

netkeibaより抜粋

 

むーん・・・

 

netkeibaの予想オッズでは、

 

ルヴァンスレーヴの単勝1.8倍か。

 

風俗やキャバクラに行った時に、

一番人気の娘を指名するかどうか悩むような心境。

 

 

寂しさと嫉妬ばっか残して。

毎度あり 次はもっと大事にして。

 

 

さて、

 

股せたな!

 

チャンピオンズCの調教チェック行くぜ!

1週前追い切りの調教チェックはこちら

 

■チャンピオンズC2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人浅次郎の毒断と変見と邪スタウターによるフラフラフラミンゴジャッジである。枯れたチンコ。にべもなし。あ、そうそう。美浦での最終追い切りは、濃霧のため時計も映像もなし。なので関東馬は一週前追い切りまでを見て判断しているぞ。

アンジュデジール
うお???この僚馬は何者だ?前走から中3週で3本。最終はCW併せ一杯38.4-11.9。動きは悪くないし、タイムも上々だと思うんだが、併せた相手が悪過ぎた。相手の正体は次週の中日新聞杯に出走予定のマイスタイル。大外ラチ沿いを回して、馬場の真ん中目を回って大きく先行したアンジュデジールを馬なりのまま交わす・・・という離れ業。ちょっと来週のマイスタイルには要注目だね。あ、アンジュデジールも決して悪くないよ。マイスタイルに特A評価(笑)。

ルヴァンスレーヴ
中7週。中間は山元トレセンを使ったみたいやね。追い切りは6本。1週前がイマイチぽい動きだったんで最終追い切り要チェックだったんだが・・・濃霧のため計時不能。映像もなし。ええええー!

パヴェル
軽めの15-15のみ。パワー有りそうな感じはあるが、さっぱり分からん。

アポロケンタッキー 調教爆穴
連闘なんで追い切りなしかと思いきや、坂路でちゃんと乗ってますな。軽めだが元気一杯。凄い使われ方をしているが、怖い一頭。調教爆穴。

ノンコノユメ
中3週で2本。一週前の時点で「最終追い切り要チェック」と書いたんだが・・・モヤのため計時不能・・・ぐえ。

アスカノロマン
中3週で2本。うん。年齢のせいか変わった様子はないが、順調。

サンライズノヴァ
中2週で2本。最終はダンビュライトと坂路で併せ一杯53.5。どうなんだろうなこれ?この馬、いつもは最終追い切りで51秒台の速い時計を出すんだよねー。今回53.5か・・・私には馬なりのダンビュライトの方が手応え良く見えたなー。まあ、間隔が詰まってるんで控えただけの可能性もアリ。

ケイティブレイブ 特A評価
中3週で3本。1週前追い切りの記事で「文句なし」「最終は軽めでいいかも」と書いたんだが、注文通りの内容。最後ちょっと仕掛けただけで悠々の最終調整。引き続き絶好調。

サンライズソア
中3週で3本。一週前追い切りで反応薄いのが気になったんだが、最終はビシッと坂路併せ馬。ほぼ馬なりで52.9。ちょいと仕掛けが入ったがラストまでシッカリ伸びて推定24.2-12.2。フットワーク、脚の回転ともに上々の内容。これは良くなった感があるねー。引き続き好調

センチュリオン 調教爆穴
中3週で3本。残念ながら最終追い切りはモヤのため計時不能。しかし1週前追い切りでめちゃくちゃ負荷掛けて来たからね。一発あるかもよ?調教爆穴。

オメガパヒューム
中3週で4本。うーん・・・1週前追い切りはかなり良く見えたんだけど、最終追い切りは坂路併せ52.8-25.7-13.3。終い掛かったなあ。まあ、1週前で仕上がってるんだと思うけど・・・・最後遅れちゃったのが気になるね。

ウェスタールンド
中2週で3本。1週前追い切りで遅れたのはショウリュウイクゾ(2歳馬)だったんか。ちょっと心配の残る1週前だったが、最終追い切りはビシッとムチを入れて気合注入。良くなってると思う。

ミツバ 調教爆穴
中7週で5本。おお。これは良いね。中間に軽い捻挫でJBCクラシックを回避するアクシデントがあったが、2週前、1週前とCWでビッシリ乗り込み。最終は坂路で52.2-25.4-12.8。全体時計が速かった分終い少しは掛かったが、軽快なフットワークで元気一杯。全く人気なさそうだが、調教爆穴に推す。

ヒラボクラターシュ 調教爆穴
中1週で1本。間隔は詰まっているが、坂路で馬なり52.8-25.6-13.1。キッチリ時計出してきたねー。やり過ぎないようにしている感じで迫力満点って感じではないが、軽快なフットワークで不気味な笑みがこぼれる。調教爆穴。

インカンテーション 調教爆穴
中2週で2本。1週前追い切りで「一変あるかも?」と書いたが、最終追い切りは坂路馬なりで流す感じ。見た目は何の変哲もないが、精子を溜めてる感じアリ。調教爆穴。

 

というわけで、

 

肝心のルヴァンスレーヴの調教評価が出来なかったわけだが・・・

さて、この馬の取捨はどうするかな。

猿芝居に乗るのも一つだが、

本気になった途端に冷たくされそう(はい?)。

 

ノンコノユメの最終追い切りも見たかったんだけどなあ。

うーむ。ちょっと今回はジャッジ難しい。

 

しかし、調教サイドから見ると大穴が沢山いるぞ。

 

アポロケンタッキー、ミツバ、インカンテーションあたり、

普通に一線級の能力あるのに全く人気なさそうだよね。

 

ヒラボクラターシュ、センチュリオンも不気味だし、

外国馬のパヴェルから入るって手もあるしねー。

 

枯れたティンコで日曜日まで迷うことにしよう。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

→FA宣言の丸、巨人入り決断!悩み抜き新天地へ 原監督直接出馬で心揺さぶられた

毎度あり(涙)。次はもっと大事にして。

 

★モッコリ万馬券倶楽部のご案内。一生競馬を楽しみたい方へ。

先週の成績はこちら

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想オッズ・データ分析】阪神芝1600mで行われる2歳牝馬GⅠ阪神JF。今年はダノンファンタジー、シェーングランツ、クロノジェネシス。さてデータではどうか?枠順の有利不利は?脚質は?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?大穴候補はプールヴィル、スタークォーツ、ローゼンクリーガー。

 

さて、難解な2歳戦。

 

フルゲート必至のGⅠジュベナイルフィリーズ!

(舌噛みそうになるわ)

 

■阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ええと、フルゲートは18頭か。

 

賞金足りない馬が8頭いるから・・・

回避馬が居ない場合は抽選3/8かな。

 

あれ?

 

なんか足りない?

 

あ、グランアレグリアがいねえわ。

 

え?

 

朝日杯に行くのん?

 

ああ、大人の情事か。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

大人の事情か。

(藤沢師の使い分けか、いやノーザンFの都合か)

 

人気はファンタジーSを圧勝したダノンファンタジー。

まあそうだろうな。

あれ?鞍上がクリデムになってんな。川田じゃねーのか。

 

2番人気がシェーングランツか。

ソウルスターリングの全妹。

おそらくまだ全然仕上がってない状態で前走圧勝。

能力高そうだなー。調教要チェック。

 

3番人気がクロノジェネシス?

ふーん。そうなんだ。

血統的には阪神マイルって感じは全然しないんだけどなー。

 

さて、データ見てみるさ。

 

■阪神JF2018データ分析、人気別成績

1番人気はまあまあ強いね。1着は全て5番人気以内。2~3着馬も5番人気以内が多く・・・堅い傾向のレースと言えそうだねー。たまにヒモ荒れする時がある感じ。

 

■阪神JF2018データ分析、枠番別成績

内外互角っぽいが、ドッチかと言うと外枠の方がいいか?2歳のフルゲート戦だけに内でゴチャ付きたくないよね。

 

■阪神JF2018データ分析、馬体重別成績

2歳牝馬戦だけに500kgを超えるような馬格の馬はほとんどいないねー。440~479kgが最も馬券になりやすいゾーン。400~419kgでも馬券になっている通り、小さい馬でも走れる(そして小さい馬は人気になりにくい)。

馬体増減は馬体減の方が優勢。調教過程でムダ肉が落ちて行く時期なのかな。

 

■阪神JF2018データ分析、騎手成績

蛯名・福永・ルメール・戸崎注意。そう言えば、現時点でルメールとミルコの名前がなかったがどの馬に乗るんだろうね?

 

■阪神JF2018データ分析、種牡馬成績

おや?もっとディープインパクトが勝ってるようなイメージだったが、そうでもないんやね。ダノンファンタジー、シェーングランツはどうかな?まあ、屈指の瞬発力コースだけに、サンデーサイレンス系上位種牡馬が強いわな。

 

■阪神JF2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けはちょっと割引きしたいね。ベストは4週(中3週)。秋2戦目か3戦目。それ以上はダメ。

 

■阪神JF2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・アルテミスS(6頭)、ファンタジーS(5頭)、500万条件(7頭)。オープン特別からの臨戦は劣勢ですな。アルテミスSの1~2着馬は激熱。ファンタジーSは3着以内。500万条件は1着条件。1400m戦の500万を勝ち上がった馬は穴馬になりやすいですな。

【激熱ローテ馬】
・シェーングランツ(アルテミスS1着)
・ビーチサンバ(アルテミスS2着)
・ダノンファンタジー(ファンタジーS1着)
・ベルスール(ファタンジーS2着)
・ジョディー(赤松賞1着)
・レッドアネモス(サフラン賞1着)
・プールヴィル(りんどう賞1着)
・スタークォーツ(500万条件1着)
・ローゼンクリーガー(秋明菊賞1着)

プールヴィル、スタークォーツ、ローゼンクリーガーあたりは前走1400。全然人気ないけど隠れ爆乳かもよ?

 

■阪神JF2018データ分析、脚質別成績

スローの瞬発力勝負が基本のレース。差し馬が圧倒的に強いですな。差し・追い込みで馬券の8割を占めてるよ。逃げ馬は壊滅。速い上がり必須。

 

■阪神JF2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」「差し→先行」。この2パターンのみ。メジャーエンブレムとソウルスターリングは例外扱い。とにかく中団から速い上がりを使えるタイプを狙いたい。ただし、

穴馬の脚質は先行!

2015年のウインファビラス、2012年のクロフネサプライズみたいな馬を探したい。

 

■阪神JF2018データ分析、厩舎・生産者・血統

お・・・関西馬の方が強いかと思ったら東西互角だね。生産者はもう社台系が圧倒的に強い。特にノーザンF。ノーザンFはほんとに2~3歳戦に強いね。父系はサンデーサイレンス系主要血統。ディープインパクト、ダイワメジャー、ステイゴールド、ハーツクライ。キングカメハメハはイマイチ?母系はミスプロ系かノーザンダンサー系。

 

ケツデータ論

・瞬発力必須!

・前走はアルテミスS、ファンタジーS、500万条件!

・差し優勢も、穴馬は先行!

 

1番人気候補のダノンファンタジーは、ノーザンF生産の高馬(9,000万円)。ローテ・血統・瞬発力ともに文句なし。ただ、最近ファンタジーS組は奮わないのが気になるところ。2番人気候補のシェーングランツは社台F生産の超良血馬(総額8,000万円)。この馬もまたローテ・血統・瞬発力全て文句なし。最近はアルテミスS→阪神JFが主流となりつつあるからね。この2頭が人気的にも抜けると思う。

 

現時点での穴馬候補は・・・ベルスール、メイショウショウブ、ラブミーファイン、グレイシア、ジョディー、プールヴィル、ローゼンクリーガー、スタークォーツあたり。そろそろ大荒れしてくんないかな(笑)。

 

情事の続きは、股来週。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

iPhoneのバッテリー交換

3年使ってるiPhoneのバッテリーがすぐ無くなっちゃうようになったからさ。バッテリー交換に行ったわけよ。最初は「全部データが初期化される」って聞いてたからビビってたんだけどね。icloudのバックアップからデータ復旧したら、アプリもデータもすっかり全部元通り。いやー便利な世の中になったねー。料金は3,200円。この料金でバッテリー交換出来るのは今年までらしいゾ!

 

★モッコリ万馬券倶楽部のご案内。一生競馬を楽しみたい方へ。

先週の成績はこちら

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャレンジカップ2018大穴予想・データ分析】阪神芝2000mで行われる別定GⅢチャレンジC。今年はレイエンダ、エアウィンザー、ダンビュライトが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く!今回データ分析は参考にならんかもだが、激熱ローテ馬はマルターズアポジー、マイネルフロスト、ステイフーリッシュ。

 

土曜日はステイヤーズSもあるんだが・・・

アルバートが飛んだら面白そうだなあ

 

とりあえず狙ってる馬がいるんでコッチ。

 

■チャレンジC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はレイエンダか。

 

ご存知レイデオロの全弟。

セントライト記念2着で菊花賞の優先出走権を取るも、

菊花賞には出走せずにココへ。

調べてみたんだが、

何かアクシデントがあったわけじゃないっぽいんだよね。

 

うーむ。疲れが出たのか、不安なところがあるのか・・・

それとも距離適性か・・・

藤沢師ぽいと言えばそれまでだが、

どうせなら菊花賞に出て欲しかったなあ。

いや・・・ガチでココを取りに来てるのかもしれん。

 

ま、素質馬だし、

鞍上ルメールだし、1番人気確定だろう。

 

 

あ、私のレイエンダ見っけ(笑)!

 

しかし、現代との美意識の差に驚かされるな。

 

さてと、

 

データ見てみるか。

 

あ、データは過去6年分しかないですな。

(それ以前は9月に行われていた)

 

さらに・・・2000mになったのは去年からだよ。

こりゃさすがにあんまり参考にならんなー。

(阪神1800と阪神2000はコース的に全く別モノ)

 

■チャレンジC2018データ分析、人気別成績

1番人気は勝つか飛ぶか?意外と穴っぽいところも来る半ボッキレース。

 

■チャレンジC2018データ分析、馬体重別成績

439kg以下だと割引ぽいがあまり気にしなくていいかな。馬体増より馬体減の方が買い?

 

■チャレンジC2018データ分析、枠番別成績

昨年まで1800で行われていたからね。わたしのナニと同じで全くアテになりませぬ。

 

■チャレンジC2018データ分析、騎手成績

ミルコはエアウィンザーか・・・要注意やな。

 

■チャレンジC2018データ分析、種牡馬成績

うーん、これもほとんど阪神1800でのもので・・・全くアテにならん。あ、簡単に言うと「阪神1800mはワンターンの外回り戦。スローの瞬発力勝負が基本」「阪神2000mはコーナー4回の内回り戦。タフな持久力戦が基本」である。もう傾向が全然違うわけよ。

 

■チャレンジC2018データ分析、間隔別成績

休み明けは割引。明け3戦目が激熱ですな。

 

■チャレンジC2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・菊花賞(3頭)、福島記念(4頭)。ああ、2016年より以前はハンデ戦だったんだね。準オープンからも4頭馬券になってる。基本的に前走の着順は不問。準オープンからは1着条件。オープン特別からは3着以内。

【激熱ローテ馬】
・ステイフーリッシュ(菊花賞11着)
・マイネルフロスト(福島記念9着)
・マルターズアポジー(福島記念7着)
・エアウィンザー(カシオペアS1着)
・トリコロールブルー(カシオペアS3着)
・マウントゴールド(オクトーバーS1着)
・アメリカズカップ(アンドロメダS3着)

 

■チャレンジC2018データ分析、脚質別成績

ちょっと参考にならないね。

 

■チャレンジC2018データ分析、位置取り・上がり3F

これもちょっと参考にならない。

 

■チャレンジC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

15/18で関西馬優勢。ノーザンF強いね。血統もあまり参考にならないが・・・サンデーサイレンス系とノーザンダンサー系の活躍が目立つ。

 

ケツデータ論。

・秋3戦目

・菊花賞組or福島記念組

・小回りが得意な持久力型

 

ま、今回のケツデータ論はあまり参考にならんわけだが、それでも何とか穴馬を見つけて行きたい。

まず持って狙いたいのは・・・マルターズアポジーである。この馬が真価を発揮するのはコーナー4つの小回り平坦1800~2000m戦。阪神の坂は確かに微妙だが、ぶっ飛ばして逃げた今年の鳴尾記念で4着、中山記念ではアエロリットとクビ差の3着。開幕馬場で馬場がどうなっているのか不明だが、内伸び馬場ならこのメンバーでも十分やれると思う。この秋3戦目。前走福島記念。ケツ条件はピッタリ。是非武士沢でお願いしたい。

次に、菊花賞11着のステイフーリッシュ。京都は向く!と見て、菊花賞ではこの馬に◎を打ったんだが、見せ場なしの11着。出遅れて後方からになったのも痛かったが、この馬にとっては「超スローの2F瞬発力戦」だったのが何より辛かった。で、今回は阪神の内回り2000m。もしかしたらコッチの方が適正高いかもしれない。秋3戦目。激熱ローテ。アッサリ勝っても全く驚かないぞ。

大穴に、マイネルフロスト。この馬も小回り2000がベスト。近走は冴えないが、中山や阪神や福島適正が高く、重賞で何度も好走している馬。私も忘れていたが、ダービー3着馬でもある。頭は厳しいかもだが2~3着なら十分可能性アリ。

 

レイエンダはもうサックリ斬るとして(え)、

ダンビュライトの扱いが難しいな。

大阪杯6着、宝塚記念5着の実績はここではダントツ!

しかし・・・

 

 

天皇賞秋での馬場入り。

何があったかは分からんが、

相当馬場入りを嫌がり・・・戸崎を振り落として放馬。

 

また、同じことが起きないとも言えんし、

精神的なダメージも気になる。

(馬がレースで走らなくなるケースもある)

 

調教は要チェックですな。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎POG2018~2019の途中経過を貼っておこう。

浅次郎POG2018~2019第1グループ

浅次郎POG2018~2019第2グループ

 

総勢65名が参加中の浅次郎POG(来年は50人限定にしようっと)。現在1位は、アウィルアウェイ、ダノンファンタジー、サートゥルナーリアを擁するK.Sさん。しかし2位以下も僅差だし、12月はGⅠ戦が3つ行われるんで大きく順位は変わってくるだろうと思う!下位の方もまだまだだぜっ!これからデビューする馬がダービーを勝つことだってあるし・・・アーモンドアイだって去年の今頃は1勝馬だったからね!

ちなみに、浅次郎(asajiro)その1は第1グループで37位(げふっ)。浅次郎その2は72,700,000ポイントでまあまあの所につけているね。貴方は何位かな?

 

★モッコリ万馬券倶楽部のご案内。一生競馬を楽しみたい方へ。

先週の成績はこちら

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【チャンピオンズC2018調教チェック(1週前)】中京ダート1800mで行われるダートGⅠチャンピオンズカップ。今年はルヴァンスレーヴとゴールドドリームの対決に注目が集まるが、仕上がり具合はいかに?一週前の追い切りをチェック!急上昇はケイティブレイブ、オメガパヒューム!一変候補はインカンテーション、センチュリオン!

 

ちょっと今回から、

 

1週前追い切りの調教チェック

 

をしてみたいと思う。

 

あなたのお股に立てば嬉しい。

 

■チャンピオンズC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はルヴァンスレーヴとゴールドドリームに偏りそうだねー。

 

なんか超合金貞操帯な感じ。

 

またトレビアンな外人な感じ。

 

だけんどもしかし!

 

 

競馬も人生も何が起きるか分からんのである。

 

アーモンドアイはそりゃ強かったけれども、

ルヴァンスレーヴも強そうだけれども、

可愛いあの娘にゃ彼氏がいるんだけれども(え)、

 

それでも何が起きるか分からんのである。

 

失敗してもいいじゃない。

当たらなくてもいいじゃない。

フラレちゃってもいいじゃない。

 

目が合っても決して逸らさず、

真っ直ぐ目を見てニッコリ微笑むべし。

チャンピオンズC2018のデータ分析はこちら

 

一歩の進化系デンプシーロールはまだか。

 

さて、

早速一週前追い切り見てみよう。

 

■チャンピオンズC20181週前調教チェック

毎度であるが、以下は管理人浅次郎の毒断と変見と邪スカウターによる正義のそろばんジャッジである。棍棒と皮の盾でモンスターハウスに挑む。尚、診断しているのはJRAレーシングビュアーで1週前追い切りが公開されている馬のみである。

アンジュデジール
CW併せ38.0-12.8G仕掛け一杯。馬体が合ってから追い出し、反応は良かったように思う。時計はいつもこんなもんみたいだね。相変わらず好調。

インカンテーション 一変アリ
CW併せ38.8-12.6やや強め。外目を回しつつビッシリと併せ馬。馬が自分から加速する感じで先着。内に闘志を秘めた感じするなあ。動き的にも前走とは雲泥の差。一変あるかも。

ウェスタールンド
栗東坂路併せ53.9-25.7-13.0仕掛け。んん?これはどうなんだ?仕掛けられてからの反応薄く、パートナーに置き去りにされてしまった。ちょっと変わり身ないかも。

オメガパヒューム 急上昇
栗東坂路単走52.3-24.8-12.5強め。これはいい!突出した時計ではないが、軽快かつ推進力のあるフットワークで元気いっぱい。さらに上昇!

ケイティブレイブ 文句なし
CW単走37.4-12.1馬なり。ぬ、ぬう・・・これは文句なし。ほぼ完全馬なりでこの時計。思わず見とれてしまうような美しい追い切りだった。完全に仕上がってますな。最終追い切りはもう軽めでいいかも。

ゴールドドリーム 至極順調
CW単勝37.8-11.9仕掛け。最後軽く仕掛ける感じの追い切り。反応良くラストの伸び良し。非常に順調ですな。最終追い切りの坂路で鬼時計を出すか注目。

サンライズソア
CW併せ38.5-12.6仕掛け。外目を回しつつ併せ馬。フットワークは悪くないんだが、仕掛けられてからの反応薄し。ただ、前走時の調教イマイチだったんでね。それに比べるとかなり良くなっている印象。上昇有りそう。

センチュリオン 激変候補
南W併せ37.0-12.5猛烈一杯。これは勝負賭けてきたなあ。実戦さながらにムチが入った猛烈一杯追い。時計が速いのは馬場の真ん中を通したせいもあるが、それでも超負荷が掛かった稽古内容。前走とは激変している可能性アリ。

ノンコノユメ
南W単走40.3-14.0仕掛け。え?これ時計合ってる?もともと調教で時計出すタイプじゃないし、調教はあまり気にしなくていいタイプだが・・・最終追い切り要チェック。

メイショウスミトモ
栗東坂路併せ54.4-25.6-13.3一杯。これは見栄え悪し。仕掛けられてバタバタ。全く伸びず・・・ほぼ馬なりのパートナーに遅れてしまった。さすがにこれは厳しいか。

ルヴァンスレーヴ
美浦坂路併せ52.8-25.5-13.0一杯。ぬ?途中までは迫力満点の動きだったんだが、ムチが入ってから左にヨレ・・・さらにムチが数発入るも伸びずにラスト13.0。ほぼ馬なりの相手に併入だったが、ゴール板後に交わされてたんじゃないかな。あくまで1週前の評価だが、良いとは言えない。最終追い切り要チェック。

 

浅次郎が調教チェックで重視しているのは、ウッドであれば3F時計、坂路であれば4F時計。そして最後の伸び、手応え、反応。あとは全体的なフットワークである。

 

今回の調教を踏まえた上で、

大穴候補を挙げておこう。

 

まずインカンテーション。8歳馬であるが、今年のフェブラリーSではゴールドドリームとクビ差3着。かしわ記念でも僅差3着。能力の衰えは全くない。ただ、東京ダート1600mがベスト。中京ダート1800は微妙であるが、能力の割に相当な人気薄になりそうなんでね。前走から一変しているようであれば積極的に狙いたい一頭。

次に、激変してそうなセンチュリオン。前走JBCクラシックは見せ場なき惨敗で今回全く人気なさそうであるが、もしかしたら前走は調子イマイチだったのかもしれん。しかし今回一週前の段階でかなり負荷を掛けてるからね。激変してたら面白いと思う。

 

他、穴馬候補は、外国馬のパヴェル、また4着かもしれんがノンコノユメ、武蔵野S勝ちのサンライズノヴァ、牝馬のアンジュデジールあたり。

 

人気サイドではケイティブレイブオメガパヒュームを買いたいね。

 

え?

 

ルヴァンスレーヴゴールドドリームはどうすんのかって?

 

ドッチかは・・・

 

斬る。

 

あるいは

 

ドッチも斬る・・・!

 

とか言ってるから当たらないんだろうけど(笑)、

 

今週も懲りずに大穴狙いで逝く。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

→有馬記念のファン投票は12/2まで!

もうファン投票した?

 

★一生競馬を楽しみたい方へ。

先週の成績はこちら

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【ジャパンカップ2018レース回顧】東京芝2400mで行われた国際GⅠジャパンカップ。驚愕のレコード(2:20.6)、圧倒的なレース振りで勝利したのはアーモンドアイ。3歳牝馬にして頂点に立ち「女帝アーモンドアイ」の誕生となった。2着に逃げ粘ったキセキ。スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドらの敗因は?

 

アーモンドアイ、

大日本競馬女帝即位。

 

 

いやもうなんて言っていいやらよく分からんな。

 

昨日からずっと、

この馬の冠に付けるカッコイイ言葉を考えていたんだけどね。

 

陳腐ではあるが、

 

君臨する。支配する。という意味で、

 

「女帝アーモンドアイ」

 

が一番しっくり来るんじゃないかと。

 

予想では色々とケチを付けてゴメンチャイ(笑)。

 

簡単に回顧する。

 

■ジャパンカップ2018結果・着順

言い訳でも何でもなく、穴党にゃドモナラズな結果だね。

 

■ジャパンカップ2018映像

 

■ジャパンカップ2018レース回顧

スタート!

サトノダイヤモンド、キセキ、ノーブルマーズあたりが好スタート。しかしやはり外枠だと辛いですな。ノーブルマーズは気合を付けて前へ。私の◎ウインテンダネスはちょいと立ち遅れ・・・好位に取り付く前に1コーナーに入ってしまった。こうなってはもう厳しいっ・・・。

好スタートから控えたサトノダイヤモンドとは対象的に、アーモンドアイは控えず・・・馬なりのまま好位のポジションへ。そして劇的に上手かったのがミルコ。スワーヴリチャードは外目の11番だったんだが、アーモンドアイが好位に行ったと見るや・・・1コーナーに入る手前からポジションを上げつつインに切り込んで行き、強引にアーモンドアイの直後のポジションを取るのである。うへー!

 

「アーモンドアイがその位置なら末脚も鈍るはず・・・勝機アリ!」

 

とミルコは思っていたに違いない。

 

大いなる勘違いだったわけだが(笑)。

 

行ったのは予想通り川田のキセキ。続いてノーブルマーズ。そしてアーモンドアイは3番手。折り合いはバッチリ。

 

4番手にガンコ。インにスワーヴリチャード。その後ろにウインテンダネス。強引なポジション取りをした影響で、スワーヴリチャードはちょっと掛かり気味。ミルコがギリギリのところで押さえているが・・・最後に影響しただろうなあ。

 

中団前目にハッピーグリン、シュヴァルグラン。その後ろにサトノダイヤモンド、サウンズオブアース。このあたりは皆リラックスして走ってるように見える。

 

中団後方にサトノクラウン、カプリ。

 

後方にミッキースワロー、サンダリングブルー。

 

ラップタイムは、

 

 

1000m通過59.9。

 

これは今の東京の馬場を考えると特段速いラップではない。

 

この日の8Rオリエンタル賞(1000万クラス)が、

 

 

1000m通過58.7である。

(勝ちタイムは1:44.7の超好時計。つまりこの日はレコードが出やすい超高速馬場だったと言える)

 

もちろん距離もコースも違うので単純な比較は出来んが、

そこまで速いラップじゃないと言えるだろう。

 

しかし凄まじいのは、その後。

 

 

11.8-11.7-11.4-11.4・・・

 

え?これ最後の直線じゃないよね?

 

と言いたくなるような・・・

11秒台のラップが続くのである。

 

普通、3コーナーに入ったらラップも落ちるんだが・・・

全然落ちないのだ。

 

これは先述のオリエンタル賞も同じなので、

もしかしたらこの日の向正面~3~4コーナーの芝は、

踏み固められて物凄く時計の出やすい芝だったのかもしれない。

 

だとしても・・・

 

だとしてもこれは、

 

JRA史上空前のハイラップ!

 

普通に考えれば、

前に行った馬は潰れて然るべきだったが・・・

 

これだけのハイラップにも掛からず、そこまで縦長にはなっていない。アーモンドアイは手応え抜群で2番手追走。

 

戦闘を行くキセキの手応えも絶好。スワーヴリチャードは虎視眈々とアーモンドアイを徹底マーク。他の先行馬は手応えが怪しい。

 

残り500!悠々と逃げるキセキがココで追い出しに掛かる!アーモンドアイは馬なりのままキセキを追い掛ける。そしてアーモンドアイの横に出したスワーヴリチャードもエンジン点火。中団外目からはシュヴァルグランとサトノダイヤモンドが並んで追い出しに入る。

 

アーモンドアイが追い出しに入ったのは残り300mのチョイ手前!坂を登ってから余裕の追い出し!マジデスカ・・・。後ろのスワーヴリチャードは懸命に追いすがるも差を縮めることさえ出来ない!シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドはすでに圏外!

 

残り200m!前を行くキセキを捕らえるアーモンドアイ!後続ははるか彼方。

 

粘りに粘るキセキにアーモンドアイが並びかける。そこでスイッと手前を替えると、もう一段ギアが上がって再加速。この馬が他馬を抜く時のクセ?だが・・・まだ余裕があるように見えるのは気のせいだろうか。

 

最後は約2馬身差を付けての圧勝。

 

強い・・・

 

強すぎる・・・

 

3歳少女による国内完全制覇。

 

震撼の超レコード2:20.6。

 

言葉が出てこない。

 

 

 

 

 

 

アーモンドアイはこれでGⅠ4勝目。年度代表馬確定だろう。今までのGⅠとは重みも栄誉も段違い。キセキ、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンドといった牡馬のGⅠ馬を蹴散らしてのもので、誰にも異論はあるまい。来年の春はドバイ、秋は凱旋門賞にチャレンジして欲しい。

気になるのは今回の一戦のダメージ。今回の驚愕レコードはもちろんアーモンドアイの能力あってのものだが、パンパンの超高速馬場も原因の一つだったのは間違いない(上でも書いたが、1000万クラスでも超時計が出ている)。これだけ固い馬場でこれだけのタイムで走ったのだから・・・多少なりとも脚や身体に負担があったはず(レース後ケロッとしていたが)。とにかく一旦馬体を休めて欲しいよね。しかし、この馬が前目のポジションを取れるのなら・・・無敵じゃね?今回上がりは2位だけど、1位は後方待機のミッキースワローだからね。ちょっと次元が違う感じ。

 

2着のキセキもかなり強い競馬をしている。これだけのハイラップで行って・・・アーモンドアイには交わされたものの後続には3馬身半差。この別格の女帝が居なければ歴史に名を刻むような逃走劇だっただろう。狙い通りのハイラップで狙い通りの粘り込み。この馬・・・高速馬場で一貫したペースを打てれば相当強い。この後、どうすんのかな?さすがに有馬記念は無理?

 

3着のスワーヴリチャードはアーモンドアイを徹底してマークする執念のミルコ騎乗。ただ、やっぱり外目の枠でポジション取るのに脚を使わされたし、そのせいでちょっと掛かり気味になったのが敗因だと思う。マイルを使ったのが原因か、調整過程に誤算があったか・・・今回、キセキに差をつけられてしまったが、スムーズならここまでの差にはならかっただろう。有馬記念、出てこい。

 

シュヴァルグランは中団待機から上がり3位の脚。直線サトノダイヤモンドを競り落としての4着で、やはり叩き2戦目でガラッと変わって見せたね。ただ、ほぼほぼ完璧なレース運びをしての完敗4着。ちょっと前の2頭とは今回差があった感じだが、まだまだ走れると思う。有馬記念、出てこい。

 

5着にミッキースワロー。直線は大外に出して轟然と伸びて上がり最速。前とは離された5着だったがサトノダイヤモンドに先着の掲示板。大阪杯でも上がり上位を繰り出して5着に入線している通り、GⅠでも十分通用する能力あるね。有馬記念、出てこい!

 

今回3番人気に押されていたサトノダイヤモンドは6着・・・敗因はなんだったのだろうか?道中スムーズに見えたし、直線は外に出してシュヴァルグランと併せる形。モレイラが乗ってあの形で伸びないのは・・・力負けとしか言いようがない。3歳時が全盛期だったのか・・・引退の二文字がチラつく。

 

なんか今回、アンチアーモンドアイ派や差し馬頭で馬券を買ってた人達が、「前が止まらない馬場だった」とか「内伸び馬場だった」とか言ってるけどね。それは確かにそうだったかもしれんが、何の言い訳にもならん。スローだったんならまだしも今回、超ハイラップの超レコード決着だったからね。そもそも、前を行く馬が「内」「馬場の良い所」を走れるのは当然の特権である。

 

究極に強い馬ってのは、

どの馬よりも前に行って、

どの馬よりも速い脚で上がる馬である。

 

こういう馬は展開不問、馬場の良し悪し不問だからだ。

 

個人的に、

今回一番強い競馬をしたのはキセキだと思っていて、

 

そのはるか上を行ったアーモンドアイは

未来から来た液体タイプのターミネーターだったんじゃね?

と思うくらい別次元の競馬であった。

 

来年が本当に楽しみですな。

 

あ、私の馬券(◎ウインテンダネス)は全然ハズレ。

京阪杯のコウエイタケルはマジ惜しかった(笑)。

 

懲りずに来週も穴狙いで逝く。

 

以上、回顧終わり。

 

また明日!

 

大観衆のすぐ前を余裕の息遣いでウイニングラン。

 

【浅次郎のひとりごと】

3歳馬vs古馬 秋のダート王決定戦・チャンピオンズCに注目/今週の競馬界の見どころ

チャンピオンズCは堅そうだよねえ・・・

 

★今週も凄かった!ジャパンカップ・京都2歳S・京阪杯も的中?

モッコリ万馬券倶楽部、今週の結果(今だけ公開)。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【ジャパンカップ2018予想】東京芝2400mで行われる国際GⅠジャパンカップ。アーモンドアイが断然の人気を集めるが、サトノダイヤモンド、スワーヴリチャード、シュヴァルグランのオッズ美味しいんじゃね?浅次郎は当然大穴狙いで逝く。狙いは前残り!本命ウインテンダネス!キセキ!ノーブルマーズ!爆穴にサトノクラウン!

 

なんだか今日はエロい夢を見たんだけどね。

 

もうちょい!ってところで、

 

「ん?・・・これはもしかして夢か?」

 

と気付いてしまい、

 

はっと目が覚めちゃったわけよ。

 

 

 

 

どうしても夢の続きが見たかったのだが、

 

一度覚めたらもうダメなんだよもう・・・

 

ちきしょう・・・。

 

こうなったら、

 

夢の続きはジャパンカップで。

 

■ジャパンカップ2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

アーモンドアイの単勝1.5倍。

 

マジすか。

 

スワーヴリチャードが5.9倍。

サトノダイヤモンドが6.9倍。

 

マジすか。

 

 

いや、

 

アーモンドアイが強いのは重々承知アルよ。

ココが目標で仕上がりも非常に良いアル。

キタサンブラック級の馬もいないアル。

53kgも反則だと思うアルよ。

 

それでも、古馬とは初対戦だからね。

 

男と女は

一緒に暮らしてみんと分からん!

のと同じで、

アーモンドアイが抜けて強いかどうかなんて、

走ってみないとわからん!

 

と私は思うのである。

 

というわけで、

 

アッサリと、

 

アーモンドアイ斬り!

 

 

ここまで人気が偏ると・・・

 

サトノダイヤモンド頭でも、

スワーヴリチャード頭でも、

シュヴァルグラン頭でも美味しいと思う。

(当たるかどうかは別の話ね。笑)

 

今までの予想記事はこちら。

ジャパンカップ2018データ分析

ジャパンカップ2018展開予想

ジャパンカップ2018調教チェック

 

私ももう一回復習しておこうっと(笑)。

 

さて、

 

東京開催も最終週。

 

ただ、馬場が悪くなってる感じは全くないですな。

相変わらずタイムも出てるし、上がりも速い。

 

土曜のキャピタルSのタイムは1:32.6。

上がり最速はデンコウアンジュの32.3。

(チキショー!)

 

多少の痛みはあるにせよ、

パンパンの高速馬場と見て間違いないだろう。

 

 

問題は内外どっちが伸びるか?

先週からCコース変わりで内がケアされててね。

 

キャピタルSでも逃げたショウナンアンセムや番手のベルキャニオンが粘りに粘り・・・勝ったのは好位のグァンチャーレ。

 

これは・・・

 

内を回る先行馬が相当有利!

 

と決めつけちゃうのが、たぬ吉君V。

 

アーモンドアイは大外ブン回し届かず3着でおなしゃっす!

 

上がりデータも見ておくか。

 

上がり1位候補は・・・

・アーモンドアイ
・サトノダイヤモンド

やはり・・・「キレ」で言えばアーモンドアイ断然ですな。

 

あまり専門家の予想にゃ興味ないのだが、

netkeiba予想陣の印も見ておくか。

 

netkeibaより抜粋

 

予想通りの予想ですな。

 

もちろん、アーモンドアイに◎を打ってもいい。

しかしその場合、

相手は徹底して絞らないとダメだからね。

馬連やワイドなら1~2点。

あるいは、3連単の着固定とかね。

 

なんせ、今回アーモンドアイ絡みの馬券は

めちゃくちゃ売れてるからね。

丹下や田沼のマネしちゃだめよ。

 

お、サンダリングブルーに◎を打ってる強者がいるな。

確かに外車に期待したい気持ちはよく分かるわ(笑)。

ただ、やはり今年も・・・東京の高速馬場は合わんと思うんだよねー。

カプリもサンダリングブルーも意外と人気だし。

 

さて、

 

ジャパンカップだからといって、

 

気負う必要も

 

入れ込む必要も

 

酔っ払って服を脱ぐ必要もない。

 

いつも通り、夢を見ながら小銭で楽しむ。

 

狙いは前残り!

 

■ジャパンカップ2018予想印

◎ ウインテンダネス(9番人気)
◯ キセキ(4番人気)
▲ ノーブルマーズ(12番人気)
△ シュヴァルグラン(5番人気)
△ サトノダイヤモンド(3番人気)
△ スワーヴリチャード(2番人気)
△ サトノクラウン(10番人気)

 

ウインテンダネスで逝く。評価したいのは4走前の緑風S。今回と同じ東京芝2400のタイムが2:22.9。この時も高速馬場ではあったが、それにしても速い時計(次週のオークスは2:23.8)。「浅次郎さん、この時の斤量は54kgでしたよね?」うむ。それは確かにある。しかし、能力なくしてこれだけ速い時計は出ない。続く目黒記念では、宝塚記念3着のノーブルマーズ、パフォーマプロミスを負かして1着。明らかに高速東京2400~2500がベストの舞台であり、典型的な叩き良化型。間隔が詰まった方がいいタイプ。外枠が痛恨ではあるが、キセキを見ながらスムーズにポジションが取れれば・・・内有利の馬場。粘りに粘っても全く不思議ないぞ!頼むぜ内田!エロ夢覚めぬよう、じわっと前に行ってくれ!

相手筆頭は、逃げ候補のキセキ。天皇賞秋で見せた粘り腰はここでも脅威。内が伸びる現在の内伸び馬場ならそう簡単に止まらないぞ。同じく前目で面白いノーブルマーズも底力ある一頭。人気所は押さえ。爆穴はサトノクラウン。普通に考えたら要らないんだろうけどね。

 

単勝 ◎ @500円
馬連 ◎流し @100円
3連複 ◎◯▲ @100円

 

頑張れ!ウインテンダネス!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

医者がすすめる、10分で眠りにつくための簡単な呼吸法

どうしても眠れない時ってあるよね。4-6-7呼吸法か・・・今度エロ夢の続きを見たい時に試してみよう。

 

★今なら有馬記念まで無料!モッコリ部員募集中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

 

 

【京阪杯2018大穴予想・データ分析・展開分析】京都芝1200mで行われる別定GⅢの京阪杯。人気はダノンスマッシュ、アレスバローズ、ワンスインナムーンだが、当然大穴狙いで逝く。枠の有利不利、脚質、種牡馬、前走ローテは?展開、隊列、ペースは?狙いは爆穴コウエイタケル!ナガラフラワー!ナインテイルズ!ベステンダンク!

 

京阪杯は12R

 

ジャパンカップの影響なんだろうけど、

普通に11Rで良くね?

現地で買う人は気ぃつけてなー!

 

■京阪杯2018オッズ

netkeibaより抜粋

 

ウッシッシ!

 

これは荒れそうな気配タップリケツ。

 

早速データ洗ってみよう。

 

■京阪杯2018データ分析、人気別成績

うっしゃっしゃ!一番人気弱っ!そして穴馬がかなり来てるっ!こりゃ穴党向けのレースですなー!

 

■京阪杯2018データ分析、馬体重別成績

意外と馬格のない馬でもやれますな。ただし439kg以下は割引か。馬体の増減はあまりない方がいい。

 

■京阪杯2018データ分析、枠番別成績

うへぇ・・・内枠優勢ですな。回収率や平均着順を見てもをれは明らかで。1~4枠はプラス。5~8枠はマイナスして良さそう。

 

■京阪杯2018データ分析、騎手成績

このレースって毎年ジャパンカップの裏だっけ?ま、いいや。当然関西騎手が強いんだが、かなりバラバラだね。穴っぽい騎手も相当馬券になってる。

 

■京阪杯2018データ分析、種牡馬成績

種牡馬傾向もバラバラ。サンデーサイレンス系は良くないねー。

 

■京阪杯2018データ分析、間隔別成績

休み明けは割引。使い詰めでもOK。3週(中2週)、4週(中3週)が理想。

 

■京阪杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・スワンS(9頭)、京洛S(8頭※現在は行われていない)、オパールS(4頭)。スワンSは8着以内。オパールSは5着以内条件とする。あと桂川Sの1着馬に注意。芝1200~1400のみ。

【激熱ローテ馬】
・キングハート(スワンS8着)
・コウエイタケル(スワンS5着)
・ベステンダンク(スワンS4着)
・アンヴァル(オパールS1着)
・グレイトチャーター(オパールS2着)
・エスティタート(桂川S1着)

1番人気候補のダノンスマッシュは3ヶ月の休み明け。最も馬券になりそうなスプリンターズS組もあまり馬券になっておらず・・・ワンスインナムーン、アレスバローズあたりには不安なデータ。

 

■京阪杯2018データ分析、脚質別成績

極端なデータだなあ。頭は逃げ・先行相手に差し・追い込みというパターンが多いね。上がりデータにもそれは表れてますな。上がり上位馬は2~3着までってパターンが多い。

 

■京阪杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬は9頭。来る時は2頭。2~3着ってパターンが多いね。馬券パターンは「逃げ→先行」「逃げ→差し」「先行→差し」。差し馬が頭で来たのは2009年のプレミアムボックスくらいのもんで、1着は基本前の馬。

穴馬の脚質はもう何でもありだが、逃げ・先行馬に注意したい。

 

■京阪杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

26/30で関西馬優勢。関東馬は割引。社台系イマイチやなー。特にこの5年はほとんど馬券になっていない。血統もぐちゃぐちゃだが、ミスタープロスペクター系に注意。

 

続いて、

 

展開見てみよう。

 

■京阪杯2018展開予想

逃げ候補は
ワンスインナムーン
ナインテイルズ
オールポッシブル
ベステンダンク
ダノンスマッシュ

先行勢は
コウエイタケル
エスティタート
ダイアナヘイロー
キングハート
ビップライブラリー

差し勢は
アンヴァル
アサクサゲンキ
ダイメイフジ
アレスバローズ
ナガラフラワー
グレイトチャーター

追い込み勢は
フミノムーン
カルヴァリオ

行くのはスプリンターズSでも逃げたワンスインナムーンか?あるいは快速ナインテイルズか?はたまたオールポッシブルが行くのか?ダノンスマッシュ、ベステンダンク、コウエイタケルあたりが好位につける感じかな。

スプリンターズSを33.0で逃げたワンスインナムーンのペースならスローにはなるまい。相当厳しいラップになるか?しかしこのレースは前有利。オススメなのはワンスインナムーン頭のヒモ荒れ馬券。ただ、人気サイドなんで私は違う馬から行く。

 

狙いは前目。

 

ダーっ!と行ったまんまの前残り決着希望。

 

一応上がり3Fデータも見ておくか。

 

上がり1位候補は

・カルヴァリオ
・アレスバローズ
・グレイトチャーター

アレスバローズとグレイトチャーターは差しタイプでも押さえが必要か。カルヴァリオはなんで人気になってるのか謎だったんだが・・・前走上がり3F1位はこの馬だけなんやね。

 

さてと・・・

 

荒雲雷鳴轟く、

伝説狙いのケツ夢馬券で逝く!

 

■京阪杯2018予想印

 

◎ コウエイタケル(15番人気)
◯ ワンスインナムーン(4番人気)
▲ ナガラフラワー(12番人気)
△ ベステンダンク(10番人気)
△ オールポッシブル(13番人気)
△ ナインテイルズ(17番人気)
△ アレスバローズ(3番人気)
△ グレイトチャーター(2番人気)

 

ド根性で本命コウエイタケル。「大佐ぁ!大佐ぁ!」というムスカの手下の声が聞こえてくるが、無視して先に進む。ハイレベルだったセントウルSで僅差4着だった馬である(2着ラブカンプーとは0.2秒差、グレイトチャーターとは0.1秒差)。ここでも十分戦えると思うのは斉藤由貴の夢の中だろうか。ちょっと力の要る今の馬場、距離短縮、内枠、先行脚質、激熱ローテ・・・データ的に買い材料豊富。超ナメられたオッズになっているが、この馬に我がケツの穴を委ねたい。頼むぜ小牧!

相手筆頭は逃げのワンスインナムーン。単穴にCBC賞2着のナガラフラワー。以下前に行きそうなベステンダンク、オールポッシブル、ナインテイルズなどの爆穴を散りばめて伝説のケツ馬券を狙う。アレスバローズとグレイトチャーター押さえ。

 

馬連 ◎流し @100円
3連複 ◎◯流し @100円
3連単 ◎→◯▲ @100円

 

頑張れ!コウエイタケル!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京6R 5番
東京11R 1番(アーモンドアイ)

■おまけのモッコリ馬
東京9R 3番
京都3R 1番

アーモンドアイは堅チクビ馬か・・・

 

★期間限定!モッコリ部員募集中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

 

【京都2歳S2018大穴予想】京都芝2000mで行われる2歳GⅢ京都2歳ステークス。人気はワールドプレミア、クラージュゲリエ、ミッキーブラックになりそうだが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?スローの上がり勝負?上がり3Fデータは?狙いの一頭は・・・POG馬でもあるショウリュウイクゾ!単勝で勝負!

 

今日、明日とちょっと忙しいので

 

早めに予想アップしておく。

 

結局、京都2歳Sは9頭立てか。

 

しかし小乳は嫌いじゃないぞ。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

少頭数は嫌いじゃないぞ。

 

■京都2歳S2018前日オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はワールドプレミアだろうね。

 

ワールドエースの全弟だし、武豊だし。

 

ただ、この馬POGでも人気だったし、

ちょっとさすがに過剰人気って気もする。

 

実績から言えば、

クラージュゲリエやミッキーブラックの方が上だよね。

 

まあ、この3頭で決まっちゃうのかもしれんが、

 

己の竿に従い、違う道を逝く。

 

展開見てみよう。

 

■京都2歳S2018展開予想

逃げ候補は
ミヤケ

先行勢は
スズカカナロア
ブレイキングドーン

差し勢は
ペルソナデザイン
ショウリュウイクゾ
ミッキーブラック
ワールドプレミア

追い込み勢は
クラージュゲリエ
セイカヤマノ

逃げ馬タイプ不在。どの馬が行くのかさっぱり分からんが、ミヤケかスズカカナロアが行くような気がするな。有力所はみんな後ろ。こりゃ・・・

 

スロー確定か。

 

だとすれば、

 

瞬発力勝負だね。

 

ただし舞台は京都芝2000mの内回り戦。

 

直線は328mしかなく・・・

長い脚より一瞬の脚が必要。

 

それと、京都も最終週。

結構力が要る馬場なっているのも見逃せないぞ!

 

上がりデータを見てみよう。

 

上がり1位候補は・・・(上は仮の出走表である)

・クラージュゲリエ
・ショウリュウイクゾ
・ペルソナデザイン
・ブレイキングドーン

最も有力なのはクラージュゲリエ。2戦とも上がり最速。札幌記念勝ち馬のニシノデイジーが東スポ杯を勝ったように、このレースがレベルの高い一戦だったのは間違いない。ここで上がり最速は能力の証明だと思う。ペルソナデザインブレイキングドーンもスローならかなり切れそう。

面白いのがショウリュウイクゾ。今回5ヶ月の休み明けで買いにくいが、新馬戦のPCI値は56.6。1000m通過60.8。6月の2歳新馬戦にしてはかなり速いペース。これを上がりダントツ34.5で差し切っているぞ。

人気のワールドプレミアは、新馬戦の上がり2位でクビ差。上がりデータ的にはちょっと評価微妙。ミッキーブラックは前走で上がり4位。キレるタイプじゃなく長くいい脚を使うタイプかも。早めに捲くる競馬が出来れば相当有力。

 

 

そう。手順は不要なのである(は?)。

 

口に出す前に、

 

さりげなく手を握ってみればいい。

 

足に触れてみればいい(居酒屋の個室で)。

 

それだけで世界が変わるかもしれないのだ。

 

というわけで、

 

この馬と一緒に逝く!

 

■京都2歳S2018予想印

◎ショウリュウイクゾ(5~6番人気?)

 

◎ショウリュウイクゾは我がPOG馬である。なので、全力で手を握りたい!誰にも渡したくない!という1/3の純情な感情はもちろんあるわけだが、もちろん馬券的にも十分妙味ありと見ている。先程書いた通り、新馬戦の内容は秀逸。母ショウリュウムーンはアパパネを負かしたチューリップ賞、牡馬相手の朝日CCを含む重賞を3つ勝った馬。スピードとパワーに優れた馬だった。父は爆発系のオルフェーヴル(血統表を見るとサンデーサイレンスの3×4が生じてますな)。力の要る内回りの京都2000mはピッタリな印象。

今回5ヶ月の休み明け。鞍上が外人じゃなく浜中ということもあってあまり人気ないが、調教も動いているし、ここでも十分やれると思う。スッキリ単勝で昇竜イクゾ!

 

単勝 ◎ @2,000円

 

頑張れ!ショウリュウイクゾ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

僕たちはこれにハマった!ボードゲーム!

ブロックスはホントに面白いよ。大人も子供も楽しめる。

 

★今なら、有馬記念まで無料。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【ジャパンカップ2018調教チェック】東京芝2400mで行われる国際GⅠジャパンカップ。今年は3歳牝馬アーモンドアイの断然の人気が予想されるが、気になる仕上がり状態は?対するスワーヴリチャード・サトノダイヤモンド・シュヴァルグランのデキは?調教から穴馬は見つかるか?調教爆穴はサウンズオブアース、ウインテンダネス!

 

くあっ!

 

よりによって・・・

 

なんて枠順だよ・・・とほほ。

 

■ジャパンカップ2018枠順

netkeibaより抜粋

 

な、

 

な、

 

なんとか内枠に入ってくれ!

 

と願っていた2頭が・・・

 

よりによって大外枠

 

で、枠はどこでも良さそうなアーモンドアイが神枠の1枠1番。

 

なんてこったい・・・。

 

 

「アーモンドアイなんて知らない!」

 

ってゴリ顔で言えたら楽なんだけど、

 

そうするとメイちゃん・・・

とうもろこし持ったままどっかに行っちゃうからなー。

 

取り敢えず、

 

調教チェック行こか。

 

■ジャパンカップ2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるMAD HEAD JUDGEである。修羅の庭にて調教チェック。

アーモンドアイ 特A評価
秋華賞より中5週で4本。天栄仕上げ。そして・・・1週前に南W3頭併せで36.7-12.8という破格の時計を馬なりでマーク。最終追い切りは南W2頭併せで38.7-12.6。馬なりのままブッチギリ。個人的には最終追い切りの方が良い動きに見えたな。しかし、パワフルかつ回転力のあるフットワークだなあ・・・積んでるエンジンも履いてるタイヤも違う感じ。特A評価せざるを得ない。

ハッピーグリン
門坂での調教。よくわからない。

サトノダイヤモンド 特A評価
京都大賞典から中6週。しがらき+11本!これはビッシリ乗り込んでるなあ!そして1週前の動きがフルボッキ!いつもなら一杯じゃないと出ないような時計を馬なりでマークしてCW37.4-11.6!仕掛けられることなく先着。最終追い切りも手応え良く38.0-11.7。これは絶好。特A評価。

サトノクラウン
宝塚記念から5ヶ月ぶり。んんん?10/4に一度時計出してから、3週間ほど間が空いてますな。こりゃ一頓挫あったか。秋天回避の時は「体調が戻っていないから」というコメントだったが、その間追い切りやってないからね。何かあったに違いない。ただ、その後は順調に来ていて・・・10/28から時計を出し始めて8本。1週前、最終追い切りと一応の格好はつけたが・・・見た目さすがに割引っぽいけどなあ。ちょっと押せない。ただしこの馬、調教と実戦がリンクしないタイプ。いきなり激走しても驚かないよ。

ミッキースワロー
3ヶ月の休み明け。ノーザンF天栄から戻ったのが10/25で追い切りは6本。順調だね。最終追い切りの動きも良かったと思う。間隔が空いているのはあまり気にしなくていいだろう。

サンダリングブルー
外国馬のためチェックできず。映像もなし。

サウンズオブアース 調教爆穴
毎日王冠から中6週で6本。中間は山元トレセン。良かったのが1週前追い切り。CW併せ一杯で36.9-12.5をマーク。最終追い切りは終いだけ強めだったが、いい動きだったと思う。前走から一変している可能性アリ。調教爆穴。ただ、この馬・・・前々走の目黒記念は調教超抜だったにもかかわらず12着に惨敗・・・過去にもこういうことが度々あり、調教が良かったからと言って信頼はおけないタイプ。3着のヒモパンに一考。

キセキ 特A評価
天皇賞秋から中3週で8本!うお!この短い間も・・・休まずしごいたる!という心意気が伝わりますな。坂路で瞬発力を鍛えながら、最終のCWは37.4-12.0。外ラチ沿いを回して完全馬なり。軽快かつ伸びのあるフットワークで状態はさらにアップしてそう。特A評価。

シュヴァルグラン
京都大賞典から中6週。乗り込まれて11本。徐々に調教ペースが上がり・・・1週前はCW3頭併せ一杯37.0-11.9をマーク。力強い動きで好調。前走からの上積み大きいと思う。ただ、併せて遅れたのが気になるっちゃ気になるねー。まあ長めから大きく追い掛けてのもので・・・遅れたのは気にしなくていいと思う。準特A評価。

ガンコ
アルゼンチン共和国杯から中2週で3本。間隔が詰まってるんで速い時計は最終だけ。それはまあいいんだが・・・最終追い切りでGOサインが出ても反応してなかったのが気になる。

スワーヴリチャード
天皇賞秋から中3週で6本。ンンン?なんだこれは?2週前にCW37.7-12.1を馬なりでマーク。これは問題ねえ。問題は1週前と最終追い切りである。39.4-12.8、39.2-12.6というヌルい時計しか出してないんだよ。これが毎回こうなら別にいいのだが、この馬は少なくとも1週前に鬼時計を出すタイプ。映像を見ても、全く戦闘モードじゃなくヌルい馬なり調教。考えられるのは2パターン。「すでに完璧に仕上がってて強い調教は必要ない」「前走のダメージがあって強い調教が出来ない」・・・さてドッチ?

カプリ
チェック出来ず。映像もなし。

ノーブルマーズ
アルゼンチン共和国杯から中2週で2本。タイムも平凡だし、動きもそんなに良く見えなかった。ただ、この馬宝塚記念の時もこんな感じだったんだよね。実戦タイプなんだろう。

ウインテンダネス 調教爆穴
アルゼンチン共和国杯から中2週で2本。この馬、あんまり調教が必要ないタイプでね。この春も「中2週→追い切り1本」というパターンで連勝しているのだ。究極の叩き良化タイプで間隔が詰まってる方がいいんだろうね。今回の追い切りは当時と比べると段違いに良く、アルゼンチン共和国杯時よりさらに良くなっているのかもしれない。調教爆穴に挙げておく。内枠引いて欲しかったなあ・・・

 

この調教内容だと・・・

アーモンドアイの人気がさらに上がりそうですなあ。。。

 

そして、

 

人気馬で怪しいのがスワーヴリチャード。

ココまでヌルヌル調教だったのは新馬戦以来じゃね?

 

あ、だからといって

来ないとか言ってるわけじゃないからね?

上でも書いたが

「すでに仕上がってて強い調教が必要ない」

だけかもしないし。

 

ミルコが調教乗ってるってのがまた曲者でね。

この男、仕上がってると感じたら・・・

サラッと流すだけで終わらせることがよくあるらしいのだ

 

しかし、今回のジャパンカップは穴党にゃ辛いね。

アーモンドアイを斬るのは別にいいんだが・・・

 

斬ったとしても・・・

 

どの馬から行くか・・・

 

うーむ。

 

 

「ジャパンカップなんて知らない!」

 

とゴリ顔で言って

 

京阪杯で勝負するのもアリか・・・(笑)。

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【JRA】9頭の日本馬が香港国際競走の招待を受諾

おお???これは・・・!日本馬による4レース制覇も夢じゃない?JRAでも馬券発売されるんだろうけど・・・ブックメーカーで買った方がかなりお得になるパターンやね。ブックメーカーのアカウント持ってない方は今のうちに持っておけ!→ブックメーカーの遊び方

 

★今、入部すると有馬記念まで無料?

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【チャンピオンズC2018予想オッズ・データ分析】阪神ダート1800mで行われる中央ダートGⅠ戦。人気は3歳ルヴァンスレーヴとゴールドドリーム。この2頭で堅い?データ分析では?枠順・脚質・前走ローテは?騎手・厩舎・馬体重は?外国馬パヴェルの実力は?穴馬候補はノンコノユメ、オメガパヒューム、サンライズノヴァ、大穴候補は?

 

もう忘れた人もいるかもしれんけどね。

 

このレース、

最初は「ジャパンカップダート」って名称だったのよ。

コースも「東京ダート2100m」だったわけ。

 

しかし年々海外馬の参戦が減り・・・

 

阪神ダート1800に変わり・・・

 

海外馬はほとんど参戦しなくなり・・・

 

ついに、

「ジャパンカップダート」

なんて言うのが恥ずかしくなったのか、

 

2014年から中京ダート1800に変わって

名称が「チャンピオンズC」になったわけだ。

 

今年もどうせパツキン美女の参戦ないんだろうな・・・

どうせルヴァンスレーヴとゴールドドリームで決まりだろ・・・

 

 

と思いきや!

 

■チャンピオンズC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

なかなかの実績ある外国馬来たねー!

 

パヴェル!

 

ザギトワ級美女かどうかは分からんが、

昨年のドバイワールドカップ4着馬だ!

 

早速そのレースを見てみよう。

8番、紫の帽子の馬に注目。

 

 

ぬう。1着のサンダースノーには離されたが、2~3着馬とはそう差のない4着。先行して最後まで垂れることなく走りきってますな。そう目立つ感じではないが・・・アメリカGⅠでの実績もあり(ダート1800m1:49.1)。これは意外と侮れないのではないか。

 

3度ドバイWCに挑戦したホッコータルマエは16着、5着、9着。

 

このパヴェルって馬の実力

ホッコータルマエ級と思っておいていいのかもしれん。

 

ま、一番の問題は状態面だけどな。

とにかく海外馬が日本で競馬をするには不利なことが多すぎる。

直前に空輸して、ロクに追い切りもしないで本番だからね。

パヴェル号来日

 

着いたのは21日水曜日。

空輸の時間・・・17時間だってよ。

 

人間だって17時間も飛行機に乗ってたらドロドロだよね。

日本国内の輸送とは全くレベルが違う。

せめて1~2週前とかに来日してトレセンで調整出来ればいいのにね。

 

過去、アメリカから来た馬で馬券になったのは

フリートストリートダンサーくらい?

他にいたかな?

 

データ見てみよう。

 

※2008年~2013年はジャパンカップダート(阪神ダ1800m)のデータ。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、人気別成績

ぬう。1番人気安定してんな。しかし2~4番人気はイマイチ?むしろ5~8番人気の方が馬券になる感じ。大荒れはしないけど中荒れが期待出来るレース。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、馬体重別成績

さすがダートのGⅠ。馬格は必須で、多くの馬が500kgオーバー。馬体は減ってるより増えてる方が断然良い。+10kg以上でも気にしなくていい。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、枠番別成績

ジャパンカップダート時代のデータが混じっているのでちょっと参考にならないかな?

 

■チャンピオンズC2018データ分析、騎手成績

ルメール(ゴールドドリーム)注意報。ムーアは何に乗るんだ?パヴェルとかやめてよ?

 

■チャンピオンズC2018データ分析、種牡馬成績

結構バラバラだなー。一応有力なのはキングカメハメハとゴールドアリュール。ただし分母も大きいので信頼度はイマイチ。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引。間隔が詰まり過ぎているのも良くないかな。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、前走成績

注目前走は、JBCクラシック(11頭)、みやこS(8頭)、武蔵野S(4頭)。重要ステップはこの3つ。特にJBCクラシックの1~3着馬はかなり強い。みやこSは3着以内条件、武蔵野Sは1着条件。全体的に言えることだが、前走惨敗からの巻き返しは期待薄。今年はみやこS組の参戦なしか。人気を集めそうな盛岡のマイルCS組は異ローテ。

【激熱ローテ馬】
・ケイティブレイブ(JBCクラシック1着)
・オメガパヒューム(JBCクラシック2着)
・サンライズソア(JBCクラシック3着)
・サンライズノヴァ(武蔵野S1着)

逆に言うと、これ以外の馬は人気が落ちるので美味しい。例えばJBCクラシック4着のノンコノユメ。JBCレディスのアンジュデジール。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、脚質別成績

前後互角・・・と言えるだろうか。上がり1位馬は高確率で馬券に絡むね。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、位置取り・上がり3F

今まで3歳は【0.2.2.18】。ルヴァンスレーヴにとっては嫌なデータ。牝馬で馬券になったのは2015年のサンビスタのみ。馬券パターンは基本的になんでもアリだが・・・中京になってからは「差し→先行」か。上がり1位は勝ち切れずに2~3着ってパターンが多い。

穴馬の脚質も何でもアリ。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

27/30で関西馬が圧倒的に優勢。過去10年海外馬は一頭も馬券になっておらず。ノーザンFの影が相当薄いね。ダート路線に力を入れてないのがバレバレですなあ。血統は掴みづらいが、基本的にはダートが得意なパワー血統。

 

ケツデータ論

・中荒れ期待

・JBCクラシック組、武蔵野S組

・前後互角

 

3歳にしてすでにダート界最強では?との呼び声高いルヴァンスレーヴが1番人気だろう。ユニコーンSを圧勝し、返す刀でジャパンダートダービーを制覇。この時負かしたオメガパヒュームがJBCクラシックで2着。さらに現役最強ダート馬のゴールドドリームを盛岡のマイルチャンピオンシップで撃破。実力の裏付けはすでに済んでおり、後はコース適性とか展開とかデキがどうなるか?って問題だけ。データ的にはあまりオススメ出来ないけど・・・

 

個人的には、

ジャパンカップのアーモンドアイより

ルヴァンスレーヴの方が確実なんじゃね?

 

と思ってしまうな。

(アーモンドアイはまだ古馬牡馬と未対戦だからね)

 

まあ、その是非は置いておいて、

ルヴァンスレーヴが抜けている可能性は非常に高いんでね。

 

この馬の取捨が大きなポイントとなるだろう。

 

現実的な穴馬候補は・・・パヴェル、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、オメガパヒュームあたり。夢精しがちな大穴はアンジュデジール、クインズサターン、ミツバ、ヒラボクラターシュあたり。

 

夢の続きはまた後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ダンスインザダークからハルウララまでサラブレッドの知られざる「その後」

ダンスインザダークはもう種牡馬引退してたんか・・・現役産駒もほとんど見ないもんなあ。是非この血は繋いで欲しかったが・・・

 

★期間限定でモッコリ部員募集中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内