【アルゼンチン共和国杯2018予想・データ分析】東京芝2500mで行われるハンデGⅡのアルゼンチン共和国杯。今年はパフォーマプロミス、ノーブルマーズ、ガンコが人気。データ分析では、差し馬有利?穴馬の脚質は?枠の有利不利は?騎手・種牡馬・前走ローテ・ハンデは?穴馬候補はウインテンダネス、ルックトゥワイス、ヘリファルテ。

 

いやあ・・・今週はムスコを撫でる時間もなし。

 

重賞6つ、うちGⅠが3つ。

アメリカのブリーダーズCまであるやないの。

 

うーん。

 

さらに、私個人も・・・

今週は色々とちょっと忙しくてね。

 

ゴルフの試合はあるわ、

町内運動会はあるわ、

結婚記念日はあるわ(忘れるとこやった)・・・

 

で、全く時間が足りん。

 

というわけで、

今週はレースを厳選して予想しようと思う。

 

まずは・・・

アルゼンチン共和国杯じゃあ!

 

■アルゼンチン共和国杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

なんでアルゼンチン共和国杯か?

 

もちろんハンデ戦っていうのもあるんだが、

 

日曜日は京都でJBC三連チャンがあるべ?

 

だから、東京には、

 

デムルメが居ないなりよ!

 

居るのは微妙な外人オドノヒューのみ。

(ステファノスの恨み有り。笑)

 

↑微妙な外人オドノヒュー。

 

そのオドノヒューが

1番人気候補のパフォーマプロミスに騎乗予定。

 

これさ・・・

仮にミルコが乗ってたらさ・・・

 

単勝1倍台になって、

さらに圧勝しかねない感じだよね。

 

で、アルバートあたりにルメールが乗って2着とかね。

 

またデムルメかよ~~~

 

みたいなね。

 

もう勘弁してくれ~~~

 

みたいなね。

 

しかし今回、

 

パフォーマプロミスの鞍上は微妙な外人オドノヒュー。

 

買うにせよ、斬るにせよ、微妙で助かる。

 

さてさて。

 

データ見てみるばーい!

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、人気別成績

1番人気はイマイチだが、2~3番人気がまあまあ強いね。特に3番人気の複勝率高し。で、何故か4番人気は2着が多い。馬券の7割以上は4番人気以内・・・ハンデ戦の割に堅めのレースだね。ヒモ荒れを狙うなら3着か。

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、枠番別成績

傾向が掴みづらいんだが、好成績は2枠と6枠か。大外枠と最内枠はちょっと割引?

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、馬体重別成績

最も馬券になるゾーンは480~499kgのゾーン。最低でも440kgは欲しい。馬体減より馬体増の方が圧倒的に馬券になりやすい。

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、ハンデ別成績

58.5kgを背負わされるアルバートは見た目かなり不利ぽいが、データからは悪くないね。メインは56~57kg勢。軽ハンデ馬は2~3着候補か。51kg以下はサックリ切ってしまっていいかも。

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、騎手成績

今回、トップジョッキーはほとんど京都だからねー。みんなチャンスだぞー!

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、種牡馬成績

ハーツクライ産駒が過去3勝。タフな東京2500が合うんだろうね。ゼンノロブロイ、ジャングルポケットにも注意。ディープインパクトやステイゴールドは過去1頭しか馬券になっていない。パフォーマプロミス・ルックトゥワイスあたりには不吉なデータ。

【血統注目馬】
・ノーブルマーズ(父ジャングルポケット)
・ウインテンダネス(父カンパニー)

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、間隔別成績

休み明けでも走れるレース。ただ、馬券の多くは使われてる馬。特に4週(中3週)の馬に注意。

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・オールカマー(5頭)、アイルランドT(4頭)、京都大賞典(3頭)、オクトーバーS(六社S・4頭)・・・前走条件戦組はオクトーバーS組を含めて10頭(オクトーバーSは六社Sに変わってるみたいやね)。これが一つのポイントか。ココ最近は前走GⅠ組が結構馬券になってますな。

【激熱ローテ馬】
・アルバート(京都大賞典3着)
・ウインテンダネス(京都大賞典6着)
・ガンコ(オールカマー7着)
・ノーブルマーズ(宝塚記念3着)
・パフォーマプロミス(宝塚記念9着)
・ムイトオブリガード(六社S1着)
・ルックトゥワイス(六社S2着)

特に六社S組は要注意やぞ~~~~!

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、脚質別成績

どちらかと言えば差し馬優勢ですな。上がり1~3位の馬が馬券の7割を占めている。

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→先行」「差し→差し」「先行→差し」。前残りのパターンは少ない。逃げ切ったのは2009年のミヤビランベリのみ。ただし・・・

穴馬の脚質は・・・先行!

大穴が来る感じのレースではないが・・・競馬は何があるか分からんぜ~!

 

■アルゼンチン共和国杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。堀厩舎、藤沢厩舎、池江厩舎、友道厩舎あたりに注意。該当はアルバートとヘリファルテ。社台系強いなあ・・・ここ2年は馬券圏内独占。血統的には、サンデーサイレンス系がまあ強いんだが、時々意外な血統の馬が馬券になっているね。グラスワンダー系、トニービン系に注意。

 

ケツデータ論。

・56~57kg勢中心。軽ハンデ馬は2~3着候補。

・穴を開けるのは条件戦組

・差し優勢も穴を開けるのは先行馬。

 

極端な穴狙いは難しいレースだが、穴馬候補を挙げておく。

まず、ドチンコで狙っているのがウインテンダネス。目黒記念の時にお世話になったから!ってのも少なからずあるんだが、この時、ノーブルマーズとパフォーマプロミスを負かしているからね。斤量差があったとはいえ、相当強い競馬だったんだよ。今回は同斤量となるから人気が落ちそうだが・・・だからこそ買い。叩き良化型で前走は度外視。血統的にもトニービン系カンパニー産駒で東京は大得意【2.2.0.4】。後は枠だな~是非内枠を引いて欲しい。

それから、今回斤量的にも面白い狙い目になりそうな54kgのルックトゥワイス。勝ち味に遅いが、相手なりに堅実に走るタイプ(トータル成績【4.6.1.2】。ポイントは4走前の緑風S。上記ウインテンダネスに逃げ切りを許して2馬身差の2着だったんだが(時計は2:23.2と相当速かった。)、この時3kg重い斤量。しかし今回は2kg貰う立場。単純計算が意味ないことは重々承知だが、パフォーマプロミスやノーブルマーズ以上に有利な計算が成り立つ。

あと、軽ハンデの穴馬に53kgヘリファルテ。まだキャリア5戦。1000万条件を勝ったばかりだが、その前走は11ヶ月の休み明け。ドスローの瞬発力勝負だったのだが、使った上がりは33.2。これは相当な素質を感じるなあ。サンデーレーシングの超良血の高馬だしよ・・・。デムルメモレが居たらこの馬に乗って上位人気になってたかもしれん。ヒジョーに亀頭熱しの一頭。

最後に大穴ヴォージュを添えておく。スローの切れ勝負になったら切れ痔だが、スタミナ勝負に持ち込めば粘り込みあるかも。そして東京2500はスタミナ勝負になりやすい舞台だしね(坂下スタートとなるので東京2400よりタフ)。ペース次第で面白い一頭だと思う。

 

人気馬では当然パフォーマプロミスノーブルマーズが有力ですな。

アルバート、ガンコは斤量がちょっと気になる。

 

いずれにせよ・・・

デムーロもルメールもモレイラもいないからね。

 

当たってもハズレても、

心から馬券が楽しめるんじゃないかと(笑)。

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「国際社会の常識では考えられない」 河野外相、韓国の李大使を招致

韓国は、法治国家ではなく人治国家である。法律より世論、約束より恨みを優先する893国家だ。この件は日韓請求協定にてすでに解決済。しかも70年以上前の話である。抗議するも何も頭がおかしいとしか思えん。

 

【天皇賞秋2018レース回顧】東京芝2000mで行われたGⅠ天皇賞秋。勝ったのは昨年のダービー馬レイデオロ!勝因はルメールの好騎乗+デキの良さ。高速馬場も味方。次走は?2着サングレーザー、3着キセキの好走要因は?1番人気に支持されたスワーヴリチャードは10着大敗。敗因はなんだったのだろうか。浅次郎の◎ステファノスはズブズブ。

 

レイデオロ、

秋の盾掴みGⅠ2勝目!

 

 

ま、

 

ま、

 

股、ルメールか!

 

と股間を握りしめつつ、

叫んだ毒者も多かったことだろう(笑)。

 

特に今回レイデオロは状態不安説が囁かれていたし、

東京2000ならスワーヴリチャードが上じゃね?

という意見が多かったし、

さすがに3週連続GⅠはないやろ!

 

という反骨な空気も少なからずあったように思う。

 

だけんどもしかし・・・

 

全てをあざ笑うかのような、

 

完璧V。

 

 

「ニホン、キテヨカッタネ!」

「ニホンケイバ、オイシイネ!ガッポガッポ!」

 

というルメールの心の声が聞こえて来そうな気がするぜ・・・

(※妄想)

 

しかし巧い・・・

 

ルメールは馬の能力を引き出すのが本当に巧い・・・。

 

誰か、

 

誰かルメールの股を止めてくれ!

 

つか、

 

日本人ジョッキーは何をしとるんじゃ~~~!(怒)

 

■天皇賞秋2018結果・着順

 

■天皇賞秋2018映像

 

■天皇賞秋2018回顧

スタート!

タイミング合わずスワーブリチャードが出遅れ。これは半馬身程度のわずかな遅れだったと思われるが・・・悪いことは重なるもので・・・隣の武豊マカヒキが大きく内にヨレ、スワーブリチャードの進路を遮断!そして、

 

ヒップアタック!

 

これを食らって前進気勢を挫かれたスワーヴリチャードは大きなビハインドを背負うことになるのである。

 

普通に出ていれば、横からブツケられて終わりだったと思う(横のレイデオロにも影響あっただろう)。態勢は多少崩れただろうけど、ここまでの悪影響はなかっただろう。しかしマカヒキもワザとヨレたわけじゃないからね・・・もう不運としか言いようがない。

 

ポジションを取りに行ったのはやはり福永のヴィブロス。そして、アルアインも当然前。外から積極策のキセキが脚を伸ばしてハナを取りに行く。ミッキーロケットが続き、私の◎ステファノスも前へ。

 

予想通り、ハナにキセキ。毎日王冠からこの競馬を試していたからね。番手にアルアインとヴィブロス。あれ?・・・ヴィブロスは口を割っている?ああ・・・なるほど。ヴィブロスは今回直線全然伸びなかったんだが・・・この地点でちょっと掛かってたんだ。良く見ると・・・福永は前に行こうとするヴィブロスを懸命になだめてますな(アルアインを先に行かせている)。

 

そのすぐ後ろにステファノス。うん、ええポジション取ったね。そしてちょいと離れてミッキーロケット。外枠だったが・・・スッポリとナイスなポジションに収まった。

 

その後ろ、前から6番手にレイデオロ。前後にも横にも馬が居らずノープレッシャーのルンルンポジション。別に脚を使ったわけでもなく、他の馬を競り合ったわけでもなく、自然~~~とこのポジションを取っているのがスゴイ。このポジションを取ってからのルメールは、馬をリラックスさせることに集中している。

 

そして、同じ様に、自然とレイデオロの後ろのポジションを取ったのがモレイラ騎乗のサングレーザー。前を射程圏におきながら虎視眈々。末の切れに賭ける。

 

離れた後方に、ブラックムーン、サクラアンプルール・・・そしてスワーヴリチャード。スワーヴリチャードはコーナーを回る時に最後方だったからね。この位置に来るまでに、すでにちょっと脚を使っているのである(3~4馬身ほど)。つまり、このポジションで脚を溜めていたわけではないのだ・・・。

 

逆に、その後ろのマカヒキは後方一気を狙ってこのポジション。脚を溜めていたはずだが・・・最後の直線全く伸びず。この馬の敗因は謎。

 

1000m通過は59.4。3コーナーでも隊列は変わらず縦長のまま。

 

 

ラップタイムを見ると・・・

一切緩むことなく延々と11秒台のラップ。

 

1000m通過後・・・普通は3~4コーナーで多少緩むわけだが、

ここも11.6、11.3のラップ。

 

高速東京とはいえ・・・

これはかなり厳しいラップだったのではないか。

 

しかし・・・

 

抜群の手応えで4コーナーを回るキセキ。私の◎ステファノスはもうすでに最悪の手応え。つか、オドノヒューってどうなのさ~~~。手応え悪いにせよ・・・この位置から追い出すか~~~~???

 

堂々先頭に立つキセキ。アルアインが必死に食らいつく。ヴィブロスも追い出すが全然伸びない。そして満を持してレイデオロが追い出す。その外からサングレーザー!

 

残り400m!キセキが逃げる逃げる!まだ余裕の手応えのレイデオロ。マカヒキ、スワーヴリチャードは全く伸びない!

 

坂を登ってグイグイと伸びるレイデオロ!レイデオロにとって幸便だったのは・・・ステファノス→アルアイン→キセキ・・・と次から次に目標が現れ、併せ馬の形になったことか。まあ、それにしてもルメールは巧い。ここでヴィブロスが力尽き、アルアインは懸命にあがく。内からミッキーロケットがしぶとく伸びる。大外からモレイラのレーザー砲。

 

残り100m。キセキを捕らえ先頭に立つレイデオロ。勝負は決した。あとは2~3着争い!

 

レイデオロが1馬身ちょいの差をつけてゴール。2着はハナ差でサングレーザー。3着に粘りに粘ったキセキ。

 

勝ちタイムは1:56.8。

勝ち馬の上がり33.6。

 

スローの瞬発力勝負ではなく、

一貫したハイラップでの高速決着。

 

瞬発力、持久力、底力・・・全てが必要な

ハイレベルな一戦だったと思う。

 

レイデオロ、強し!

 

 

 

 

 

 

 

【天皇賞秋レース後コメント】レイデオロ C.ルメール騎手ら

 

勝ったレイデオロは、ダービーに続くGⅠ2勝目。キングカメハメハの後継者争いも結構熾烈なわけだが(ロードカナロアが抜け出しそうな感じだが)、この勝利で「ダービー勝ちのみの一発屋」的なイメージを払拭出来たわけで、非常に大きな1勝となった。来年も現役続行との話なんでね(このまま引退してもロードカナロアに勝てない)。今後の活躍にも期待したい。秋はあと1戦とのことだが・・・是非ジャパンカップに出てきて欲しいね。

 

2着のサングレーザーも相当強い競馬をしたが、今回はポジショニングで勝ち馬に負けた感じ。上がりはレイデオロを上回る33.4。このペースでこの上がりを使えるってことは・・・むしろこの馬は2000mベストの中距離馬なのではなかろうか。少なくとも一介のマイラーでないことは確か。この後はマイルCS?香港?何れにせよ期待大だね。

 

3着のキセキは、前走がモデルチェンジを試した一走で。今回はその試走を十分に活かした一戦。不良馬場の菊花賞を差して勝った馬だが、むしろ本質は2000mがベストの中距離馬。そして高速馬場が得意なタイプなのかもしれない。今回勝ち馬には屈したが、サングレーザーとは完全に互角のレースで。本当に惜しいレースであった。しかし・・・となると今後どうするのかが問題だね。ジャパンカップより香港Cの方がいいかもしんない。

 

4着のアルアインは正攻法の競馬で最後まで走りきって4着。実力は示したが、あとワンパンチ足りない。ジャパンカップに出ても同じような結果になりそうなだけに・・・鬼の居ぬ間の有馬記念を目指した方がいいかもね。

 

5着のミッキーロケットも充実の競馬。外枠からポジションを取りに行き、最後まで止まらずに伸びて0.4秒差。高速馬場適正・瞬発力でわずかに劣ったが、コース変わりに期待したいですな。この馬も荒れた中山の有馬記念で期待したい。

 

さて、スワーヴリチャードの敗因は何だったのだろうか?

 

出遅れーの、挟まれーの・・・を敗因に挙げる人もいるようだが、展開的には前が苦しかったはずレース。ポジションが苦しくなったのは事実だが、直線全く伸びなかったんでね。他に原因があるのではなかろうか?

 

「今日は久々で気持ちがありませんでした」(ミルコ)

「テンションが高かった。出遅れて挟まれて気持ちも切れてしまった」(庄野調教師)

 

という陣営談だが・・・

 

久々を気にする馬じゃないし、

出遅れても必ず巻き返して来た馬である。

 

であれば・・・

「ヒップアタックを食らってヤル気を失くした」

って点が正解なのではなかろうか?

 

もし、今回の一戦が、

 

スワーヴリチャードの精神面

 

に影響を与えたならば・・・

次のジャパンカップも怪しいかもしれない。

 

どんなに強い馬でも、

精神面をやられると走らなくなるからね。

 

とか言ってるとジャパンカップで圧勝したりしてね(笑)。

 

あ、私の◎ステファノスは直線ズブズブの9着。

毎日王冠見る限り、

今回のキセキと同じくらいの競馬出来ると思ったけどなあ・・・

 

とりあえず、

 

 

私の中でオドノヒューに対する評価ダダ下がり。

とか言って、実はデムルメと同じくらいの実力ある騎手なのかもだけど。

 

さて、

 

来週は

 

・JBCクラシック

・JBCスプリント

・JBCレディスクラシック

 

とGⅠ3連発。

 

とてもじゃないが・・・

 

全てのレースのデータ分析、

調教チェックなど出来そうもないんでね。

(めちゃくちゃ時間掛かるし)

(JBC・地方馬のデータねーし)

 

今回JBC関連の予想記事はお休みさせて頂く。

 

ま、当然馬券は買うんでね。

 

どこかで買い目だけは公開するかもしれん。

 

結構荒れそうなんで、

 

楽しみではある。

(特にレディスとスプリント)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

正直な心の内を晒すと・・・外人にJRAの騎手免許を交付するのは、やはり間違っているのではないだろうか?このことによって日本人騎手のレベルがアップするだろうと思っていたが・・・現実は逆で、日本の競馬に慣れた外人騎手がさらに強くなっているような気がするのだ(そしていい馬は彼ら2人に集中する)。

大手生産者や大手馬主はそれでいいのかもしれんが、零細馬主や零細牧場にとって彼らは天敵とも言えるだろう。だって、もともと強い良血馬を、すごい調教施設で鍛えて、上手い彼らが乗るんだからそりゃ勝てんわ・・・って話。競馬ファンにとっても困った話でね。「馬7:人3」と言われた時代も今は昔。現代は「馬3:人7」で馬券を買わねばならぬ。

ジョッキーにスポットを当てるのも分からんでもないが、私はやっぱり「馬が好き」で競馬をやっているからね。天才ジョッキーは武豊一人で良かった・・・そんな気がするのである。10年後のGⅠの騎手欄は・・・全て外人騎手になっているかもしれない。そんなの嫌だ!と私は思うのだ・・・。

 

 

 

【天皇賞秋2018予想】東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋。今年はスワーヴリチャード、レイデオロ、マカヒキが人気になっているが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースは?上がり33秒台の切れ勝負?上がり3F最速馬は?狙いは東京巧者の大穴ステファノスの一撃!ヒモにヴィブロス、サングレーザー、キセキ、ミッキーロケット!

 

昨日のアルテミスSは、

 

超良血のシェーングランツが後方一気の差し切り勝ち。

 

展開がハマったのもあるが、

 

それにしても鮮やかな脚だったね。

 

さて、天皇賞秋はどうなるかな?

 

■天皇賞秋2018日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

なんか、今週も、

 

「デムルメタケ」で決まるんじゃね?

 

みたいなオッズになってますな。

 

大穴モッコリ党としては

毎週毎週もう勘弁して頂きたいのだが、

 

 

もちろん、懲りずに大穴狙いで逝く。

 

さて、

 

展開見てみるべ。

 

■天皇賞秋2018展開予想

逃げ候補は
不在

先行勢は
アルアイン
キセキ
ステファノス
ミッキーロケット
ダンビュライト
ヴィブロス

差し勢は
レイデオロ
スワーヴリチャード
サングレーザー
サクラアンプルール

追い込み勢は
マカヒキ
ブラックムーン
アクションスター

そう。。。今回の天皇賞秋は逃げ馬不在なのである。どの馬が行くことになるのかさっぱり分からんのである。一応・・・番手候補筆頭がアルアイン。キセキも前走は積極的に前に行ったので・・・同じ競馬をするなら前だろう。ステファノスは最高の枠を引いたんで無理する必要ないからね。3~4番手で収まるだろう。・・・と考えると、ハナはアルアインかキセキか?でもどっちもハナは嫌だろうね(笑)。なんか意外な馬が逃げることになるかも?

微妙なのがミッキーロケット。内枠を引きたかったところだが、外目のオレンジ帽。切れる馬じゃないんで前に行かにゃならんが、東京2000でこの枠だと多少の無理が必要か。ただ、どの馬も行かなければ・・・逆にスムーズにいいポジションが取れるかもしれん。ヴィブロスは内枠で福永だからなあ。。。引いて内で脚を溜めることも考えられるが、ある程度のポジションを取りそうな気がする。

レイデオロ、スワーヴリチャードは前にも行ける馬だが、今回前に行くとハナに立ちかねないからね。控えて中団になるんじゃないかと。

 

というわけで・・・

 

速いペースにはなりそうもない。

 

スロー想定・・・

 

1000mは60~61秒くらい?

 

となればもう、

 

直線は33秒台の瞬発力勝負だろう。

 

上がり最速候補は、

・レイデオロ
・マカヒキ
・ミッキーロケット
・スワーヴリチャード
・サングレーザー

しかしGⅠ常連の馬が多くて比較が難しいですな。上がり僅差のケースも多いし。

 

単純に東京で切れる馬を挙げてみよう。

・ヴィブロス(府中牝馬で33.2)
・レイデオロ(ダービーで33.8)
・スワーヴリチャード(ダービーで33.5)
・マカヒキ(去年の毎日王冠で33.3)
・サングレーザー(安田記念で33.7)

 

うーむ。なるほどね。

 

あとは前を買うか後ろと買うか・・・

 

スローだから前残りになるとは限らんのが競馬。

 

ただ、後ろの馬を買うと、

デムルメタケになってまうからね。

 

 

そうなったらもう・・・

 

カーチャンゴメン!

 

と叫んでカップラーメンをすするのみ!

 

今回、

前狙い決め打ちで逝く!

 

■天皇賞秋2018浅次郎予想

 

◎ ステファノス(9番人気)
◯ スワーヴリチャード(1番人気)
▲ ヴィブロス(7番人気)
△ キセキ(6番人気)
△ ミッキーロケット(8番人気)
△ サングレーザー(4番人気)

 

◎は毎日王冠の時から狙っていたステファノス。天皇賞秋は2着、3着、10着(不良馬場)。東京芝2000mがベストの舞台であることは間違いなく、叩き2戦目で一変するタイプ(叩き2戦目は【2.3.1.3】)。ここまでみんな知っていると思うが、それでも人気にならないのは年齢的な衰えを危惧してのことだろう。しかし宝塚記念でも差のない7着だったし、毎日王冠も0.2秒差の4着。今回絶好の枠を引いたし、スローの瞬発力勝負ならポジショニングの利があるはず。ビックリ驚きオドノヒューの一撃あるかもよ!

◯は確実に差してくるであろう東京の鬼スワーヴリチャード。本音を言えばこの舞台ならこの馬が一番強いと思う。それから逆転候補に牝馬のヴィブロス。ドバイターフ1着・2着の実績はこの中では群を抜いている。東京2000なら相当切れそう。

以下、前で勝負しそうなキセキ。宝塚記念で化けた可能性があるミッキーロケット。押さえにサングレーザーの鬼脚警戒。

 

馬連 ◎-◯▲ @200円
ワイド ◎-◯ @500円
3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ステファノス!

(3着狙いでも可っ!)

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京3R 11番
東京8R 2番

■おまけのモッコリ馬
新潟8R 3番
東京9R 5番

 

 

【アルテミスステークス2018予想】東京芝1600mで行われる2歳牝馬GⅢアルテミスS。人気はエールヴォア、グレイシア、ミディオーサに集まるようだが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3F最速候補は?狙いは前走逃げて圧勝のライデンシャフト!大穴にレディードリー!アフランシール、アズマヘリテージ!

 

ぐえあっ!

 

 

ま、マジっすか・・・

 

■アルテミスS2018土曜朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

狙っていたエールヴォアが・・・

 

1番人気になっとるやないかい・・・

 

週中のデータ分析の時にも書いた通り、

ムキムキでこの馬を狙っていたのである。

 

一目惚れした取引先の女子事務員に声を掛ける覚悟で

狙っていたのである。

 

ちょっと地味だけど、

メガネを外して髪を上げたら絶対美人なのである。

 

 

しかしまさかの1番人気とは・・・

(netkeibaの予想オッズでは7番人気だったのにィィィ!)

 

ちきしょー・・・

 

なんでバレたんだ・・・。

 

とりあえず、

 

展開見てみよい。

 

■アルテミスS2018展開予想

逃げ候補は、
ライデンシャフト
ウインゼノビア

先行勢は
サムシングジャスト
ブラックダンサー
トスアップ
ビーチサンバ
ミディオーサ
アフランシール
ヘリンヌリング

差し勢は
レディドリー
エールヴォア
アズマヘリテージ

追い込み勢は
キタイ
グレイシア
シェーングランツ

新馬戦や未勝利戦ではスピードの違いで前に行くことが多くてね。馬柱から展開予想をするのが難しいんだけどね。おそらく行くのは外枠のライデンシャフトかウインゼノビアだろう。東京マイルなんで内外の差はほとんど考えなくていい。むしろゴチャつかない分スムーズに行けるのではないかと。

 

ペースは1000m通過60~61秒くらい。

上がりは33秒台の勝負になると思われる。

 

当然、瞬発力必須。

 

上がり1位候補は・・・

・トスアップ
・グレイシア
・シェーングランツ
・レディードリー
・ミディオーサ
・エールヴォア
・ビーチサンバ
・ライデンシャフト

当然ね・・・距離、馬場、ペースによって変わるんで一概には言えんわけだが、前走洋芝で速い上がりを出してる馬や、速めのペースで上がり1位の馬に注目すると・・・レディードリーエールヴォアライデンシャフトあたりが面白いね。

スローならグレイシア、ミディオーサ、ビーチサンバあたりが切れそう。ハイペースになった時に怖いのがキタイ、アズマヘリテージ。それからアフランシールは前走惨敗も馬場が合わなかった可能性有。東京マイルで変わるかも。

 

というわけで、

 

実は、

 

地味に見えたメガネ女子事務員は、

 

旦那持ちの杉浦さんだった。

 

 

ということにして(諦めるしかねえか・・・)、

 

その後ろにいる・・・

 

もうひとりの・・・

 

地味なノベリスト女子を狙う!

 

■アルテミスS2018浅次郎予想印

◎ ライデンシャフト(9番人気)
◯ エールヴォア(1番人気)
▲ レディードリー(10番人気)
△ アフランシール(8番人気)
△ ウインゼノビア(5番人気)
△ アズマヘリテージ(11番人気)
△ グレイシア(2番人気)

 

◎は大穴ライデンシャフト!前走の未勝利戦は圧巻の逃げ切り。ほとんど追われることなく9馬身差の圧勝。相手が弱かっただけかもしれない。ちょっと時計のかかる洋芝が合っていただけかもしれない。しかし、いくら未勝利戦でもこんな大差になることは滅多になく、能力の差が段違いじゃないとこんな差にはならないと思うのである。新馬戦は6着に負けているのだが・・・この時は5~6馬身の絶望的な出遅れ。普通に出ていればこの馬が圧勝していた可能性が高いと考える。血統的には東京マイル適正微妙だが、この馬に賭ける。頼むぜっ!ウチパクっ!

相手筆頭は、当初◎予定だったエールヴォア。この2頭が本線で、あとは3着候補。▲レディードリーはかなり人気薄だが、前走相当強い競馬してると思う。以下、実績上位のウインゼノビアグレイシア。東京替わりで一変しそうなアフランシール。小倉2歳Sで◎を打ったアズマヘリテージまで。

 

馬連 ◎-◯ @1000円
ワイド ◎-◯▲ @100円
3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ライデンシャフト!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京12R 8番
京都11R 10番(モズアスコット)

■おまけのモッコリ馬
新潟10R 2番
京都3R 3番

 

【スワンS2018予想】

このレースの予想はモッコリ万馬券倶楽部にて。

 

 

【天皇賞秋2018調教チェック】東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋。今年はスワーヴリチャード、レイデオロ、マカヒキが人気になりそうだが、仕上がりはどうなの?休み明け馬のデキは?調教特A評価馬は?サングレーザー、アルアイン、キセキ、ヴィブロスの評価は?調教爆穴にはステファノス、ミッキーロケット、サクラアンプルール。

 

うげえ・・・

 

いい枠に入りやがったなあ・・・

 

■天皇賞秋2018枠順

netkeibaより抜粋

 

人気が予想されるスワーヴリチャード、レイデオロは

仲良く内目の4番、5番。

 

いい枠に入りやがったなあチキショーめ。

 

で、内枠を引いて欲しかった、

ミッキーロケット、キセキは外枠。

 

うーむ。こりゃあの馬を狙うしかないかな。

 

しかしこれ・・・

 

逃げるのはどの馬だろうね。

(スローになるんちゃうか?)

 

さて、

 

待ってる人がいるかどうかは分からんが、

 

待っている人がいると信じて、

 

浅次郎の調教チェック行くぜ!

 

■天皇賞秋2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人浅次郎の毒断と変見と邪スカウターによる北斗羅漢撃ジャッジである。あしからず。

ステファノス 調教爆穴
毎日王冠4着から中2週で2本。最終追い切りは終いだけ伸ばす感じ。netkeibaでは「馬なり」になっているが、ゴール前一杯の間違いである。馬なりのパートナーと比べて手応えは見劣ったが、大きく追い掛けてラスト11.8なんで問題ないだろう。いつも叩き2戦目で良化する馬。期待の大穴なんでね。邪なスケベエ心込みで調教爆穴。

ブラックムーン イマイチ
中京記念以来3ヶ月の休み明け。外厩から戻ってきたのが10/3で追い切りは6本。なんでココに出てくるのか謎だらけなんだが(スワンSなら面白いのに!)、誰がどう見ても今三歩のデキ。一週前も最終追い切りも3頭併せだったのだが、併せることさえ出来ずに大きく遅れ。時計も好調時には遠く及ばず。イマイチ。

ヴィブロス
宝塚記念4着以来4ヶ月ぶり。ノーザンFで夏休み。帰厩したのは9/21で追い切りは10本。ミッチリ乗り込んでますな。1週前にCWで時計を出して最終は軽めってのがいつものパターンなんだが、今回は1週前を坂路併せで52.9-24.9-12.1。GOサインが出ると瞬時に反応して終い最速。抜かり無く仕上がっているね。

レイデオロ
オールカマー1着から中4週で7本(ノーザンF天栄挟み)。世間でも騒がれている通り、問題は一週前の追い切りである(→【天皇賞】レイデオロ追い切り中止 騎手下馬も…藤沢和師「異常なし」)。映像を見たが、手前を変えた時に脚を取られたかなんかで減速。鞍上は挙動不審に陥ってブレーキ。幸い何の異常もなく、日曜日には異例の速い時計を出して不安を一蹴。最終追い切りの動きも全く問題なく、藤沢師も不安なしと断言(【天皇賞】レイデオロ不安一掃 府中へ余裕の最終リハ!藤沢和師「一番向いている」)。浅次郎’sEYEで見ると、最終追い切りの動きは前走とは雲泥の差でね。かなり上積みあるように思う。ただ、やっぱり一抹の不安は残る。

スワーヴリチャード 特A評価
安田記念3着から約5ヶ月ぶり。ノーザンF空港で夏休み。戻ってきたのが9/13。追い切りは13本!徐々にピッチを上げる感じ10月に入ってから時計を出し始めたんだが、2週前にCW37.4-12.0をマークすると、1週前には36.0-11.9の鬼時計をマーク。ミルコが乗っていたとはいえ、抜群の動き!最終追い切りは疲れを残さぬためか完全馬なり。調教欄では半馬身遅れになっているが、大外ブン回しで、ゴール板を越えてから併入しており何の問題もない。文句なしの特A評価。ただし、おそらくこれでも9分仕上げ。

マカヒキ 特A評価
札幌記念2着から約2ヶ月ぶり。ノーザンF天栄経由で9/27に帰厩。追い切りは9本。びっしり乗り込んでるね!2週前にCW3頭併せ一杯で36.9-12.1!1週前にはトリコロールブルーと併せ一杯36.6-11.5でブッチギリ先着。迫力満点の動き、素晴らしい伸び。元々かなり調教駆けするタイプではあるが万全の仕上げですな。特A評価。

アルアイン 特A評価
オールカマー2着から中4週で7本(ノーザンFしがらき挟み)。今までCW中心で仕上げて来た馬だが、前走より坂路中心に変更。前走時の仕上げも良かったのだが、今回さらに良くなってますな!1週前はサトノノブレスと併せて51.8-24.7-11.9。仕掛けられてからの反応良く終い最速で51秒台!最終は追われることなく馬なりのままで51.5-24.5-12.1で一杯のサトノノブレスと併入。素晴らしい仕上がり。

ダンビュライト
オールカマー3着から中4週で4本(ノーザンFしがらき挟み)。1週前と最終の坂路一杯で速い時計を出すのがこの馬のいつものパターン。しかし今回は一週前に51.9をマークしているものの最終追い切りが一杯で53.5。併せた相手が馬なりのミッキーロケットで・・・手応え的にもフットワーク的にもミッキーロケットの方が上。うーん。ちょっと上積みあるかどうか微妙だなあ。

サングレーザー
札幌記念1着より約2ヶ月ぶり。中間は宇治田原優駿Sで調整され10/10に帰厩。追い切りは5本。この馬、調整は基本的に外厩任せで、厩舎では1週前と最終追い切りしかやらないんでね。本数が少ないのは気にしなくていい。んで、日曜に本追い切りをするタイプなんで・・・映像が確認出来ないんだよね。時計的にはかなり調子良さそう。春の最大目標だった安田記念と同じくらい仕上げてきてるんじゃないかと。

キセキ 特A評価
毎日王冠3着から中2週で6本。間隔詰まってるのにビシバシだなあ。1週前はCW単走で38.7-11.9。時計が掛かっている様に見えるのは「外ラチ一杯」を回しているから。この時の動きも良かったんだが、最終追い切りの動きがまた素晴らしくてね。CW終い一杯の38.1-11.6。はるか前を行っていた他厩舎の馬を並ぶ間もなくブッチ切り!これはメイチ仕上げ!

ミッキーロケット 調教爆穴
宝塚記念1着から約4ヶ月ぶり。ノーザンFしがらきで調整され9/22に帰厩。追い切りは8本。最初は京都大賞典を使う予定だったとのことだが・・・疲れを取るのを優先し、ブッツケとなった模様。ただ、本数も十分だし、内容も充実。3週連続で和田が乗って1週前には坂路一杯で50.9-24.0-12.0の猛時計をマーク。これだけ速い時計を出しておきながら鞭が入るとギュン!と伸びて迫力満点の動き。最終は完全馬なりのまま53.2-24.5-12.3で一杯に追われるダンビュライトに先着。今回非常に舐めれたオッズになりそうだが、デキ的には宝塚記念時と同等だと思う。本格化・充実期に入ったか。調教爆穴!

サクラアンプルール 調教爆穴
札幌記念6着より約2ヶ月振り。追い切りは7本。あまり調教では走るタイプではないんだよこの馬。でも今回なかなか良い追い切りを行っててね。最終は南W38.1-12.4。終い仕掛けられてからの伸び素晴らしく迫力満点、前走とは一変しているかもしれん。調教爆穴。

アクションスター
毎日王冠11着から中2週で2本。うーん。正直迫力不足。変わった点も見当たらず。この馬・・・戦績を見ると謎の馬だなあ。力不足なのは明らかなのに、GⅢ戦とかローカル戦とかハンデ戦には出走せずに中央のGⅡばっかり出てるんだよ。何を狙っているんだろう・・・

 

「浅次郎さん、北斗羅漢撃ってなんですか?」

 

え?

 

知らない?

 

これだすよ。

 

 

うわははは!

 

俺の名を言ってみろ~~~!

 

なんて・・・

 

調子に乗ってね、

 

「エタリオウ、調教イマイチ!」

 

なんて先週書いていたわけだが、

 

結果は・・・

 

 

って感じの爆死でね。

(ま、フィエールマン買ってないんでどうせハズレだけど)

 

浅次郎の調教チェックを頭から信じると

 

痛い目に遭うので気をつけるように。

 

(※何回見ても、エタリオウの調教はイマイチだったと思うけどね)

 

今回の調教で一番悩んだのはレイデオロ。

 

1週前の時点では斬る気満々だったんだが、

最終の動きはとても良かったんだよ・・・

かと言ってアクシデントが起きたのは事実だしねえ。

 

どうすっかな・・・。

 

 

(悩んでるふり)

 

他、人気サイドの調教が軒並み良いんでね。

 

このレース堅く収まってしまうかもしれん。

 

ま、もちろん私は大穴狙いで行くけどな。

 

結論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【セ6球団担当記者が採点】広島と中日が100点、最低は阪神の70点

最低は阪神の70点・・・藤原のハズレはしょうがないにせえ、即戦力の投手と将来の長距離砲候補を取って欲しかったなあ。ドラフト下手~~~。

 

 

 

 

【JBCクラシック、JBCスプリント、JBCレディスクラシック2018予想】中央馬と地方馬が激突!京都ダート1900m、1200m、1800mにて1日に3つのGⅠが開催。意外と荒れそうな感じで面白そう!穴馬・大穴候補を挙げておく。サウンドトゥルー、ネロ、アンジュデジール。超爆穴にミツバ、テーオーヘリオス、ラインハート、ディアマルコ。

 

秋天の次のGⅠは、

 

・JBCクラシック

・JBCスプリント

・JBCレディスクラシック

 

なんと11月4日京都の10R、11R、12Rで3連GⅠ開催。

 

そもそもこのJBCはアメリカのブリーダーズCをマネして作られたもので、正式名称はジャパンブリーディングファームズカップ。地方競馬場持ち回りで行われていたわけだが、今年初めてJRAにて行われるのである。

 

過去のJBCクラシックはこんな感じ。

 

 

ぬう。連覇・リピーター多いな。

 

それから武豊無双ですな。

 

しかし・・・

 

いずれのレースも面白そうなんだが、

 

私のブログで、

このGⅠ3つをそれぞれに分析・調教チェック・予想するのは

ちょっと時間的なムリがあるなあ。

(週に一つが限界)

 

ぬう。

 

とりあえず、

 

杉浦さん、

 

脚を、

 

組み直してもらってもいいですか?

 

 

じゃなかった(笑)、

 

とりあえず、

 

各レースの穴馬候補を見ておこう。

 

■JBCクラシック2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はケイティブレイブサンライズソアオメガパフューム

 

しっかしこれ・・・超難解だなあ。

 

アポロケンタッキーテイエムジンソクノンコノユメサウンドトゥルーあたりの実績馬もいるわけでね。オッズほどの能力差はないと思う。

 

現時点では、サウンドトゥルーを狙いたいと思っている。このところケイティブレイブに負けっぱなしだが、去年のこのレースではケイティブレイブを負かして1着。中央GⅠ勝ち馬だし、舞台が変わって京都ダートなら差しが効くんではなかろうか。

それから、大穴になりそうなミツバ。前走は途中でレースをやめた感じで大差の大敗だったが・・・昨年の当レース3着馬。他重賞実績多数。GⅠだとちょっと荷が重い感じではあるが、2~3着候補としては十分あり得る馬だ。

以下、センチュリオンクリソライトオールブラッシュアスカノロマンあたりにも注意しておきたい。

 

■JBCスプリント2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気筆頭は武豊騎乗のマテラスカイ。ただ、前走大井の東京盃でキタサンミカヅキの完敗の4着で・・・決して万全の1番人気ではない。そして、地方に移籍したキタサンミカヅキが2番人気候補。中央で走るのは久しぶりだが・・・どうだろうね。今回は「京都ダート適正」がかなり大事なポイントになるだろうしねー。

そして芝スプリント界の大物も登録がありますな。レッツゴードンキは今年のフェブラリーS5着馬。ダートも走れる両刀使い。ただ、ここで勝ちきれるかどうか?ナックビーナスセイウンコウセイのダート適正はどうなんだろう・・・?フェブラリーS勝ち馬のモーニンも怖い。

穴馬候補は、ネロノブワイルドニシケンモノノフテーオーヘリオスサクセスエナジーあたりか。

 

うーむ、めっちゃ面白うやん====!

 

ねえ、杉浦さん!

 

 

■JBCレディスクラシック

netkeibaより抜粋

 

1番人気候補は「やっぱりダート馬だったのか?」と多くのファンが思ってるであろうラビットラン。ただ、前々走の川崎スパーキングレディースはリエノテソーロに完敗しているし、前走の門別ブリーダーズゴールドC圧勝は不良馬場だったしなあ。軽いダートが得意なの間違いないわけで、良馬場ダートになった場合は微妙な気がするけどなあ。2番に人気のプリンシアコメータの方が安定感あって買いやすいような気がするけどどうだろう。

穴馬候補は、前走大敗で評価ガタ落ちっぽいリエノテソーロ、牝馬重賞の常連アンジュデジール、大井レディスプレリュード2着のブランシェクール、一発秘めてるサルサディオーネ、超爆穴に昨年単勝207倍で3着に突っ込んできたラインハート。隕石級爆穴に高知のディアマルコ

カワキタエンカはエリザベス女王杯に出て頂きたいんだが、こっちに出んの?

 

うーん、このレースはなんとなく地方馬を応援したいなあ。

 

も、

 

もうちょい!

 

 

うーむ。魑魅魍魎。

 

というわけで、

 

3つともかなり面白そうな一戦。

 

クラシックは堅いかもだが、

スプリントとレディスクラシックは十分荒れる可能性あり。

 

予想をどうするかは検討中。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

アベマTV、3年連続200億円赤字に漂う不安

アニメ・音楽・格闘・釣り・麻雀・将棋・・・地上波のテレビより断然面白い。

 

 

 

【アルテミスS2018予想】東京芝1600mで行われる2歳牝馬限定GⅢアルテミスS。今年はグレイシア、シェーングランツ、ミディオーサあたりが人気になりそうだが、データ分析では、大外枠有利?差し馬有利?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテ・脚質は?穴馬候補はエールヴォア、ビーチサンバ、レディードリー、ライデンシャフト。

 

今日はスワンSの分析をしようかと思ったんだけどね。

 

出走メンバーを見たら、

モズアスコットでどうにもならん感じでね。

 

いや、今回58kgで休み明けなんで、

付け入るワキはあると思うんだが・・・

他に買いたい馬があんまりいないんだよなー。

 

狙うならヒルノデイバローか・・・

 

ま、スワンSはケン。

 

土曜はアルテミスS

 

チンコを傾けることにする。

 

■アルテミスS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

キャリアの浅い2歳牝馬限定のGⅢ戦。

 

2戦2勝のグレイシア

ミスエルテの半妹ミディオーサ

ソウルスターリングの半妹シェーングランツが人気。

 

シェーングランツは鞍上ルメールなら1番人気になるだろうけどね。

ルメールはスワンSでモズアスコットに騎乗。

 

モレイラ騎乗予定のミディオーサが1番人気になるかもね。

 

なんだか・・・

 

このレース、

 

荒れる気がするわ・・・

 

データ見てみるべ。

(過去6年のデータ)

 

■アルテミスS2018データ分析、人気別成績

アルテミスSは今年が7回目ってことで、過去6年のデータしかないわけだが、1番人気・2番人気が普通に馬券に絡んでますな。じゃあ、堅い重賞か?と言うとそうでもなくて、二桁人気の大穴馬が結構突っ込んで来てるね。3着は4~7番人気が多い。

 

■アルテミスS2018データ分析、枠番別成績

東京芝マイルはあまり枠順を気にしなくていんだけど、このレースは大外枠が強いね。2歳戦だけにゴチャつかずにスムーズな競馬を出来る方がいいのかもしんない。

 

■アルテミスS2018データ分析、馬体重別成績

2歳牝馬戦だけに馬体重の軽い馬もかなり馬券になってるね。430kg前後の馬でも大丈夫。馬体増より馬体減の方が若干優勢。新馬戦を緩い作りで勝つ馬が多いのかな。

 

■アルテミスS2018データ分析、騎手成績

田辺注意。ルメールが居ないとホッとするぜ(笑)。あ、武豊はこっちか?当然要注意やな。

 

■アルテミスS2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトは過去10頭出走するも未勝利。このコースは合うんだけど・・・勝ち切れてないね。シェーングランツ、ミディオーサにとっては嫌なデータ。ハーツクライ、ダイワメジャー、ステイゴールドに注意。

 

■アルテミスS2018データ分析、間隔別成績

ふむ・・・興味深いね。2ヶ月以上の休み明けは割引か?9~10月に一回使われた馬が優勢。間隔が詰まってる馬も買い。

 

■アルテミスS2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・特にないですな。強いて言うなら未勝利戦組。3勝含む6頭が馬券になってて油断ならん。前走は条件は、重賞であれば3着でもOK・・・って感じ、他は1着条件。去年のサヤカチャンは例外。

【激熱ローテ馬】
・アズマヘリテージ(小倉2歳S2着、中7週)
・エールヴォア(未勝利1着、中3週)
・グレイシア(アスター賞1着、中6週)
・ビーチサンバ(新馬戦1着、中5週)
・ブラックダンサー(新馬戦1着、中6週)
・ライデンシャフト(未勝利1着、中7週)
・レディドリー(未勝利1着、中2週)

なかなか面白そうな穴馬がいるぜ~~~うっひっひ!

 

■アルテミスS2018データ分析、脚質別成績

差し優勢。特に、上がり1位の馬がベラボーに強いね。東京が合いそうな瞬発力タイプが買い。ただし、逃げ・先行馬も結構残る。

 

■アルテミスS2018データ分析、位置取り・上がり3F

結構な出世レースだね。馬券パターンとしては、「差し→差し」が狙い目。前残りっぽい年もあるけどね。逃げ馬は過去2頭が馬券になっているが、メジャーエンブレム級じゃないと厳しい。去年のサヤカチャンはやっぱり例外だが、逃げ馬はいつだって大穴を開ける可能性がある。

穴馬の脚質は、逃げ・差し。

2015年のデンコウアンジュのような馬を見つけたいねー。

 

■アルテミスS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。ノーザンF注意。血統的にはサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系orミスタープロスペクター系。

 

ケツデータ論。

・サンデーサイレンス系主要血統

・前走は1着(重賞なら3着以内)、休み明け割引。

・差し優勢

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、ムキムキで狙っているのがエールヴォア。SS系ヴィクトワールピサ産駒で、今回は中3週。前走の未勝利戦は後方から徐々にポジションを上げ、抜群の手応えで4コーナーでは先頭に並びかける競馬。あっという間に突き放し、ダントツの上がりを繰り出して6馬身差圧勝。映像見た方が早いね。9番。

一目惚れした取引先の女子事務員に、声を掛けるかどうか葛藤している・・・そんな心境。

 

次に、瞬発力ならこの馬か・・・父クロフネ、母フサイチエアデール。馬主は金子さんのビーチサンバ。スローの瞬発力戦だったが・・・これまた評判馬のオーロトラジェを負かして上がり33.4をマーク。

東京マイルでも相当切れそうな感じ。鞍上ルメールなら1番人気になったかも?

 

それから、超大穴になりそうなレディードリー!前走は東京1400だったんだが、出遅れ中団からダントツの上がりを繰り出して3馬身半差の圧勝。

それまで惨敗続きだったわけだが・・・中学を卒業してガラリ一変、巨乳化している可能性があるぞ!「え?ホントにさやかちゃん?」みたいな。

 

最後に、逃げ馬候補ライデンシャフト。前走の未勝利戦は、直線流すだけのえげつない逃げ切りで9馬身差。

この日の札幌はかなり時計の掛かる馬場でね。軽い東京マイルで同じ逃げを打てるかどうかは分からんが・・・能力がないとこんな差にはならんからね。あの時の私に、もう一回だけサヤカチャンをデートに誘う勇気があれば。

 

他、アズマヘリテージ、アフランシール、ウインゼノビア、サムシングジャスト、トスアップ、ブラックダンサーあたりにも注目している。

 

うーん。

 

穴馬候補が多くて目移りするぜっ!

 

 

人気馬ではグレイシアが強そう。前走のアスター賞は、出遅れ最後方から・・・大外ブン回しでアッサリ突き抜けて見せた。

ウヒー!切れるなあ。

 

え?

 

シェーングランツミディオーサはどうするのかって?

 

 

そりゃ気になるオッパイではあるが、

 

超・過剰人気のオッパイ決定だからねえ。

 

今んとこはバッサリと斬る予定なりよ。

 

結論は調教見てからね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

シリアで拘束の安田さん解放か 身代金支払いの情報も

2015年から拘束されてたんか・・・。無事開放されて良かったな。ただ・・・身代金が支払われたという話だが、どの国が払ったのだろうか?日本は払ってないよな?一度払うと身代金目的の日本人拉致が頻発するけんな。イスラム国に拘束された時も払わなかったし・・・。

 

【天皇賞秋2018穴予想】東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋。今年はスワーヴリチャード、レイデオロ、マカヒキに人気が集まりそう!今回もルメール?それともミルコ?モレイラ?そうかもしれんが・・・懲りずに大穴狙いで逝くぜ!狙いの穴馬はミッキーロケット!キセキ!ヴィブロス!大穴にステファノス!

 

今週は天皇賞秋ですな。

 

人気はスワーヴリチャードとレイデオロ。

 

菊花賞の結果も手伝って、

 

「外人ジョッキー買っとけば当たるんじゃね?」

 

 

と、多くの競馬ファンが感じているタイミング。

 

かなり偏った人気になるんでないかなー・・・

 

■天皇賞秋2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

スワーヴリチャードにミルコ・・・

レイデオロにルメール・・・

サングレーザーにモレイラ・・・

ステファノスにオドノヒュー・・・

 

今週はさすがにどもならんか・・・

 

と嘆いている穴党諸兄も多かろう。

 

しかし私に言わせりゃ、

 

 

心の底からニヤリである。

 

競馬は何が起きるかわからんぞな。

 

それは未勝利戦でもGⅠでも同じ。

 

1000mとか2000mとか走って

0.1秒とか0.2秒を競っている世界だからね。

 

いつだって何が起きるかわからんのだ。

 

人気馬で決まったらもうカーチャンゴメンあるよ。

 

ディアドラの出走はどうなんだろうね。普通に考えたらエリザベス女王杯なんだろうけど、この馬2200m以上だと結果残せてないんだよね。東京が合ってる感じもあるし・・・調子良さそうだし・・・中一週でも秋天に出てくるのかも?問題は鞍上?

 

ワグネリアンの回避は残念だが、

非常にレベルの高いメンツが揃ったと思う。

 

さて、

 

現時点における穴馬候補を挙げておこう。

→天皇賞秋のデータ分析はこちら

 

まず持って、宝塚記念勝ち馬のミッキーロケット。予想オッズを見る限り、前走は「フロック」と思われてるぽい。あるいは「阪神2200と東京2000は違う」と思われているのか。たしかにこの馬は軽い馬場より力の要る馬場の方がいい。上がり33秒台を求められるような高速馬場だとキレ負けする可能性が高いと思う。天皇賞秋より有馬記念の方が合うタイプだろう。ただ、馬でも人でもそうだが、何かをキッカケに覚醒することがあるけんね。

宝塚記念と同じ競馬が出来れば馬券内は十分。是非とも内枠が欲しい。

 

次に、復活を狙うキセキ。前走は毎日王冠。出遅れ気味のスタートから押して前へ。驚きの先行策で2番手からの競馬。微妙な所だが・・・よく見ると、キセキは掛かっているようにも見える・・・。

ポジションを取りに行った代償であるが、ギリギリ我慢して途中からは落ち着いた模様。ただ、その分最後の直線で伸びきれず・・・前を行くアエロリットと同じような脚になり、ステルヴィオに差されてしまった(ただし、この時キセキは2kg重い58kgを背負っていた)。この馬の適性は未だ謎の部分があるわけだが・・・意外と先行力があるし、このくらいの距離が合うのかもしれんぞ?バッチリ折り合いが付けば・・・怖い一頭。

 

それから、相当舐められたオッズになりそうなのがヴィブロス。この馬も謎が多い馬なんだが、なんと言ってもドバイターフの勝ち馬である。いや、このレースはマジで強かった(モレイラ騎乗)。ゼッケン9番。

今年もドバイに渡って2着。海外帰りのハンデが有りながら宝塚記念では4着。この馬のベストは1800~2000m。高速馬場にもタフな馬場にも対応可能。東京2000はこの馬にとってベストの舞台だろう。3~4番人気になってもおかしくないと思うがなあ・・・。

 

そして最後に、毎日王冠の時から「天皇賞秋で狙う」と書いていたステファノス。今までのGⅠ実績は【0.3.2.7】。天皇賞秋は【0.1.1.1】。ただし、今年7歳。ここ1年は馬券になっておらず、年齢的な衰えを危惧する声もあろう。それがオッズに現れているわけであるが・・・前走を見る限り、まだまだ十分やれる!そして、この馬は典型的な叩き2戦目激変型。過去を振り返ると・・・毎日王冠7着→天皇賞秋2着。毎日王冠5着→3着。オールカマー2着→天皇賞秋10着(この時は不良馬場)。多少ズブくなっているところはあるが、その分は先行力でカバーしたい。なんとか・・・内枠を引いて貰いたいっ!

 

「悲願のGⅠを!」

 

競馬メディアはこの陳腐な言い回しをLINEのスタンプのように使いたがるが、現役でこの言葉を使っていいのは、このステファノスとサウンズオブアースくらいだと思う(他にいるかな?)。特に牡馬にとって、GⅠの勲章があるかないかは、引退後の馬生に関わるからね・・・ステファノスにとってはラストチャンスだろう。頑張って欲しい。

 

あとは人気勢をどうするかやね・・・

 

1週前追い切りでヒヤッとしたレイデオロは調教厳重チェック。

 

スワーヴリチャードもココは叩きの一戦なんでね。

(最大目標はジャパンカップだろう)

 

何が起きるか分からんぜ。

 

金曜日の調教チェックを待て。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

企業の継続雇用「70歳に引き上げ」首相が表明

まあ、そうなるだろうね。そして年金受給開始年齢も上がって行く。間違いない。それを前提にした人生プランが必要。

 

 

【菊花賞2018回顧】京都芝3000mで行われた三冠最後の一戦GⅠ菊花賞。人気に押されたのはブラストワンピース、エタリオウ、エポカドーロであったが、勝ったのはキャリアわずか3戦のフィエールマン。この馬の勝因はなんだったのか?スローペースのヨーイドンが原因?今回2Fの超瞬発力勝負だった?人気各馬の敗因はなんだったのか?

 

フィエールマン、菊花賞制覇。

 

 

すまんこ。

 

正直言って、

 

今回の菊花賞回顧は・・・なかなか筆が進まん。

 

いや、フィエールマンが悪いわけでも、

 

私の馬券がハズレたからでもないんだが(それはいつもだ)、

 

私のチンコが全然盛り上がらんのである・・・。

 

今の競馬界、

 

穴党にとっちゃ

 

夢も希望もないのか・・・。

 

■菊花賞2018着順、結果

netkeibaより抜粋

 

仮に、今回の菊花賞を・・・オウケンムーンやタイムフライヤー、あるいはグローリーヴェイズやシャルドネゴールド、究極的に言えば、カフジバンガードやアイトーンが勝ったとしても、ここまでテンションが下がることはなかっただろう。

 

なぜなら、これらの馬は「超大穴」であり、来たらそりゃ驚きはするだろうけど・・・「ひえ~~~大万馬券じゃん!!チキショー!買えなかった!やられたなあ~!」という1/3の欲情な感情に駆られるからそれはそれでテンション上がるのである。

 

しかしフィエールマンは、

どう考えても過剰人気。

 

休み明けの上に、

重賞勝ちもなく、距離実績もなく、派手な持ちタイムもなく、

一線級との対戦は今回が初めて。

 

買い材料は「鞍上ルメール」のみ。

 

何度見ても、

 

 

何度見ても、

 

 

何度見ても

 

 

穴党の私にゃ買えない馬。

 

パンツには目が行くが、

 

フィエールマンには全く目が行かなかったのである。

 

この馬に勝たれても、

 

「あ、そう・・・ルメ。そうなんだ・・・」

 

って感じで全く欲情が動かないのである。

 

だって、

 

単勝1,450円。馬連2,380円だよ?

 

この馬を馬だけで見ると、

単勝70~90倍くらいが妥当だと・・・私は思うわけ。

馬連なら最低でも2~3万馬券、三連係なら大万馬券だろう。

 

しかし現実は、ちょい穴程度の払い戻し・・・

 

なんもかんも・・・

 

てめえのせいだ!

 

 

ルメールこの野郎!

 

アンタ巧すぎだろ!

 

■菊花賞2018映像

 

■菊花賞2018回顧

というわけで、淡々と回顧させていただく。みんなも知っての通り、今回の菊花賞は超が付くスローペースでね。3000m戦というより、1800m戦って感じの、上がり3F・・・いや、上がり2Fだけの瞬発力勝負であった(以下で説明する)。そうなった原因はジェネラーウーノだけじゃなく、色んな馬の思惑があったんだと思う(行かなかった馬の思惑、行きたくても行けなかった馬の思惑)。

 

スタート。好枠から好スタートを切ったジェネラーレウーノがハナに躍り出る。行くしかないアイトーンも押して押して前へ。エポカドーロはあまり行く気がなく、番手で収まる気満々。替わって外からカフジバンガード、コズミックフォースが前へ。

あれ?メイショウテッコンはどこ行った???あ、ちょっと出遅れ気味だったのか。あんたが行けばまた流れ変わったかもしれんのに~~~~!ほか、オウケンムーンが出遅れ、グローリーヴェイズもちょいとダッシュつかず。

 

挙動がおかしかったのがアイトーン。激しく押して先頭を取りに行ってたのに・・・鞍上が急にブレーキを踏んでスピードを落としているのだ。こんなことされたら馬はたまったもんじゃねえよな。首を振って抵抗する姿が見て取れる。国分恭介・・・何でブレーキ踏んだんじゃ!どうせ行かにゃ勝ち目ないんだから行ったれや!

 

最初の3~4コーナー。後ろから2頭目にいる黄色い帽子がエタリオウ。一方・・・後ろから行く予定だったというフィエールマンは望外の前目ポジション。

 

坂を下り終えて一周目の直線。ジェネラーレウーノに突っかける馬はおらず、ジェネラーレウーノもこれ以上ペースを上げるつもりなく・・・非常にゆったりした流れ。

 

ココね。大事なポイント。後方にいたエタリオウが、直線を利用して徐々にポジションを上げ、ブラストワンピースの前に出るのである。。といっても・・・ペースは超スロー。特別速い脚を使ったわけではない。ダメージはほとんど無し。※と言っても、道中ポジションを上げるのは非常にリスキーである。そのまま掛かる心配もあるし、脚を使ってしまう心配もあるしね。

 

 

1000m通過は62.7。

 

例年の菊花賞のラップと比較しても、

 

めちゃくちゃ遅い!

 

例年だと・・・60秒-63秒-60秒

くらいのバランス。

 

エタリオウがポジションを上げた所は12秒中盤くらいのラップなんでね。この時エタリオウは12.0くらいのラップを踏んだ感じであるが、例年と比較しても全く無理のないペース。

 

そして・・・

 

これからさらにラップが落ちるのである。

 

エタリオウが上がって行ったのを見て、ブラストワンピース池添も早めに外へ。きっとダービーのことが頭にあったんだろうね。今回は包まれてなるものか!という騎乗。しかしこれは今回に関しては凶と出る。4コーナーまで馬群の中で良かったのだ。先行勢の中で息を殺して脚を溜めているのがフィエールマン。中団の内で脚を溜めているのが武ユーキャンスマイル。

 

ジェネラーレウーノのユッタリした流れが続く。

 

1000~2000mのラップは、

12.4-13.3-13.0-12.8-12.7。

 

もちろん単純な比較は出来ないが、

秋華賞のそれはほとんど11秒台だったよね。

 

ええと、これは秋華賞のラップ。

 

競馬では1秒違うと5~6馬身くらい違うわけでね。

 

いくらなんでも・・・

超スローペースだったわけだ。

 

で、

 

京都の長距離戦では、

スローになると早めの仕掛けをする馬が必ず出てくるわけだが、

 

今回は3コーナー過ぎても・・・

 

誰も動かない。

 

この期に及んでどの馬も動かない。おい戸崎!瞬発力勝負で勝てると思ってんのか!

 

4コーナーで馬群がギュンと詰まる。この時、ジェネラーレウーノのラップは12.2なので、後ろの馬は11.8~12.0程度の脚で差を詰められたわけ。

 

なんせ、超・超スローだったので、どの馬も脚が溜まっているのだ。こうなったら・・・あとは、どれだけロスなく4コーナーを回せるか?そしてどれだけ馬の脚を伸ばせるか?の勝負。もちろん、超瞬発力必須!

 

つまり・・・

 

今年の菊花賞は、

 

ラスト3Fだけ・・・

 

いや、

 

ラスト2Fのヨーイドン!

 

だったのである。

 

ワンテンポ早めにエタリオウが仕掛ける!付いていくブラストワンピースはその外!内の青い帽子が死んだフリのユーキャンスマイル!12番のフィエールマンは前が壁になって仕掛けることが出来ない!が、それが最後に活きる!

 

これはノリスケさん提供の写真。ブラストワンピースはエタリオウのさらに2頭分外を回らされている。せめて、エタリオウと同じラインで4コーナー回りたかったね。

 

エタリオウが早め先頭!外からブラストワンピースが襲いかかるが・・・差が縮まらない!それもそのはず・・・残り400~200mのラップは10.7である!これを超える加速をしないと差が縮まるはずもなし!

そして・・・運がいいことに、フィエールマンの前がぽっかり開く!4コーナーで仕掛けることが出来なかったフィエールマンは、最も脚が溜まっていたのだ!推定F10.5前後の鬼脚を繰り出してエタリオウに迫る!連れて併せるようにユーキャンスマイルも脚を伸ばす!内からエポカドーロが応戦するが・・・究極の瞬発力勝負では分が悪い・・・。

 

残り200m!さすがに脚が鈍ったエタリオウだが、それでも200m~ゴールのラップは11.3!

 

ここで・・・脚を残していたフィエールマンが最後まで脚を伸ばしてエタリオウを交わしに掛かる!フィエールマンのラップは推定11.2。しかし、ここからエタリオウがど根性で差し返す!

 

全く並んだところがゴール。

 

身体はむしろエタリオウの方が前に見えるが・・・

 

首の上げ下げでフィエールマンがハナ差勝利。

 

おめでとうフィエールマン!

 

 

 

 

 

 

あ。まちがった(ピカピカ惜しい2着だったね)。

 

勝ったフィエールマンのタイムは3:06.1。歴代の菊花賞の一般的なタイムと比べると2~3秒遅い。この馬の推定上がりは12.1-10.6-11.2(33.9)。完全に直線400mだけの瞬発力で勝った感じだね。だからといってこの馬が弱いとか言ってるわけじゃない。3000m走って最後にこの脚で走れるんだから相当の器だと思う。ただ、今回は展開面の恩恵と鞍上の好騎乗が大きかったと思う。今更だけど秋の天皇賞とかめちゃくちゃ合いそうな感じ。

2着のエタリオウもまた鞍上の好騎乗というか鬼騎乗が光った一戦だった。今回はラスト2Fの瞬発力勝負だったわけで、最初のポジション(後ろから2番目)だったら、どうやっても届かなかっただろう。ゆったりペースの時にブラストワンピースの前に付けたのもファインプレイ。おかげで、ブラストワンピースは早めに仕掛けることが出来なくなってしまった(結果的に同じタイミングで仕掛け、ブラストワンピースはその外を回る羽目になり、その差が最後まで縮まらなかった)。フィエールマンに出し抜かれたのはもう運が悪かったとしか言いようがない。あ、調教チェックで「イマイチ」と書いて大恥かいたが(笑)、何度見ても私にはイマイチにしか見えん。今後も同じスタンスでチェックを続けて行く。

3着のユーキャンスマイルは格下の身だが、瞬発力あるなー!武豊の好騎乗にも助けられたが(ポジション取り、仕掛け所も完璧)、フィエールマンの一つ後ろから同じような脚を使って3着に突っ込んできた。能力がなければここまでは来れない。

4着のブラストワンピースの敗因だが・・・今まで述べてきた通り、全てを封じられての敗戦であった。ポジション的に辛かったし、大外を回らされたし、展開的にも最悪だった。せめてもう一段前のポジションを取れていれば・・・しかし、ここまでスローになるなんて思ってもいなかったろうしなあ。本当は4コーナー手前から仕掛けたかったろうけど、早仕掛けで潰れるのも嫌だったろうしね。鞍上の差というのは余りに酷だが、勝つタメには、馬の能力を信じて残り800mから仕掛けるしかなかったと思う。しかし、最後にちょっと脚が鈍ったあたり・・・距離の問題が多少なりともあったかもしれない。

5着のグローリーヴェイズは勝ち馬らと同じ上がり33.9をマーク。ブラストワンピースのさらに外から鬼脚を繰り出しており、最後はブラストワンピースに半馬身まで迫る好走。位置取りが後ろ過ぎたのはブラストワンピースと同じ。この馬も展開に恵まれなかったね。

 

さて、8着に惨敗したエポカドーロの敗因はなんだったのだろうか。直接的には2Fの瞬発力勝負に対応出来なかったことであるが、本質的な敗因は「行かなかったこと」だと思う。ダービーでは平均ペースで逃げ、ロングスパート合戦に持ち込み、最後まで粘って2着。今回はあまりにペースが遅すぎて・・・この馬の持ち味を全く出せなかった。せめて・・・残り800mの地点で先頭に並びかけるような積極的な競馬をして欲しかったね。番手に収まって全く動かなかったのは・・・陣営の指示だったのかな?

 

あと、色んな謎を残したジェネラーレウーノの逃げ・・・皐月賞を見る限り、この馬は「ハイペース志向の逃げ馬」である。スローに落としたらダメなタイプ。だから行くなら行ってしまえば良かったのである。この馬が大逃げを打っていたら・・・ものすごく興奮しただろうになあ。あ、いや、この馬は中山鬼のタイプかもしれんね。いつか大穴開けそう。馬主がエタリオウと同じなんで色んな陰謀説が流れているようだが、私は否定的である(真相は知らん)。

 

私の馬券は◎ステイフーリッシュで全くどうにもドモナラズ。ハゲ兄よ・・・せめて前に行って欲しかったぜよ。。。

 

以上回顧終わり。

 

簡単に済ませるはずが、

 

長くなってしまった(笑)。

 

「浅次郎さん、秋天も外人騎手で決まるんじゃないの?」

 

と思っている毒者多数だと思うが、

 

私も、

 

そう思っている(え)。

 

だけどもしかし。

 

心配要らない。

 

もしそうだとしても、

 

己のモッコリ道を貫くのみである。

 

 

天皇賞秋も、大穴狙いで行くぜ!

 

人生も競馬も楽しんで行こう!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今回ボロ負けした組の中には、展開が全く向かなかった馬がおり、いつかどこかで穴を開けると思う。とりあえず私は来年の天皇賞春でこの馬を懲りずに狙いたい。

 

【菊花賞2018予想】京都芝3000mで行われる3冠最後の一戦GⅠ菊花賞。人気はブラストワンピース、エタリオウ、エポカドーロとなりそうだが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3F最速馬候補は?京都巧者は?狙いは大穴ステイフーリッシュ!ヒモ穴にグレイル!ジェネラーレウーノ!爆穴コズミックフォース!

 

菊花賞の最大のポイントは、

 

舞台が京都芝3000mだってこと。

 

ほとんどの馬にとって

未知の距離であり未知のコース。

 

非常にトリッキーな舞台であり、

タフな舞台である。

 

だからこそ過去の菊花賞でも

多くの穴馬が突っ込んできているのである。

 

あ、データ分析でも書いた通り、

1番人気は異常に強いけどね。

 

今の所・・・

1番人気はブラストワンピースか。

 

■菊花賞2018オッズ(土曜オッズ)

netkeibaより抜粋

 

エタリオウが1番人気になりそうな勢いだったけど、

 

調教を終えて、

 

かなり人気が落ち着いたみたいね。

 

浅次郎の調教チェックでは

 

「エタリオウ、太陽拳失敗!」

 

 

と書いたが(書いてないだろ)、

 

これはあくまで浅次郎個人の邪な見解だからねー。

 

(馬体重注意!)

 

ま、私は買わんけど(笑)。

 

さて、展開見てみるべい。

 

■菊花賞2018展開予想

逃げ候補は、
メイショウテッコン
アイトーン
ジェネラーレウーノ
エポカドーロ

先行勢は
コズミックフォース
ステイフーリッシュ
カフジバンガード
アフリカンゴールド
グロンディオーズ
ユーキャンスマイル

差し勢は
ブラストワンピース
フィエールマン
シャルドネゴールド
グローリーヴェイズ
タイムフライヤー

追い込み勢は
オウケンムーン
グレイル
エタリオウ

逃げるのはアイトーンかメイショウテッコンか?ダービーの時は主張したエポカドーロは控えるのか?やっぱり行くのか?前走でポカした戸崎の心中は?ジェネラーレウーノはおそらく控えて3~4番手だと思うが、もしかするとこの馬が行くかもしれん。

京都3000mのスタートは向正面。いきなり淀の坂越え、すぐ3コーナー突入となるため、基本的に内枠の馬がポジションを取りやすく有利。外のポジションを取らされた馬は延々と外を回ることになる。

 

最初の1000mは結構速いペースになるだろう。

 

60~61秒くらいか。もしかしたら59秒台かも。

 

そして次の1000は緩む。

 

62~63秒くらい。

 

そして最後の1000mが勝負。

 

残り800mからのロングスパート合戦になる。

 

なぜなら、ダービーで同じ競馬をしたエポカドーロ、

スタミナに自信があるジェネラーレウーノ、メイショウテッコンがいるからだ。

これらの馬は瞬発力勝負じゃ分が悪いからね。

 

キレるタイプより、

いい脚を長く使えるタイプ。

京都巧者で、

スタミナがあり、

底力がある馬を狙いたい。

 

上がり3Fデータも見ておくか。

 

上がり3F最速候補は・・・てか、ほとんどが前走上がり上位だね。前走は重賞に絞るか・・・

・ブラストワンピース
・エタリオウ
・グレイル
・アフリカンゴールド
・フィエールマン
・グロンディオーズ

ブラストワンピースエタリオウは注釈要らずだろう。グレイルは密かに皐月賞でも上がり最速をマークしており注意が必要。アフリカンゴールドはここ2戦先行しながらも上がり最速。フィエールマンは出遅れ癖がネックだがタフな流れで上がり最速。グロンディオーズは過去4戦全て上がり最速。

 

京都巧者は・・・

グレイル【2.0.0.0】
ユーキャンスマイル【2.1.0.1】
エタリオウ【1.1.0.0】
タイムフライヤー【1.1.0.0】
ステイフーリッシュ【1.0.0.0】

京都の重賞を勝っているのはグレイルとステイフーリッシュ。

 

netkeiba予想陣の印は・・・

 

netkeibaより抜粋

 

はえー・・・ブラストワンピースに◎はゼロかよ。

 

エポカドーロもゼロか・・・。

 

で、エタリオウの印が異様に厚い。

 

丹下と田沼もエタリオウに◎。

 

これで心置きなく切れるな(笑)。

 

色んなことが、

 

頭の中を巡って行くが、

 

初志貫徹。

 

ダービーの時から狙っていた、

 

この馬で逝く!

 

 

バカで結構。

 

愚かで結構。

 

後悔するよりずっとマシ。

 

この馬の一発に賭ける。

 

■菊花賞2018予想印

 

◎ ステイフーリッシュ(12番人気)
◯ ブラストワンピース(1番人気)
▲ エポカドーロ(3番人気)
△ グレイル(8番人気)
△ ジェネラーレウーノ(4番人気)
☆ コズミックフォース(15番人気)

 

◎は予定通りステイフーリッシュで逝く。内枠を引いて欲しかったのだが・・・願い叶わず・・・よりによってピンク帽子。この舞台で外枠から先行するのはかなり骨が折れるが、前に行かないと勝ち目がない馬だし、藤岡佑なら積極的にポジションを取りに行ってくれると思う。ハナ争いに加わる必要はない。5~6番手でOK。逃げ馬勢の後ろに入れられれば内の好位が取れるはずだ。瞬発力勝負では分が悪いけんな。スタミナ勝負、3コーナーからのロングスパート勝負に活路を見出したい。超大穴扱いだが・・・この馬、京都は鬼だ(多分)!頼んだぜハゲ兄!

 

 

対抗はブラストワンピース。個人的に京都3000向きの馬ではないと思っているが(中距離馬だと思う)、能力的には世代TOP3に入るのは間違いない。折り合いも付くし、終いは確実に伸びてくる。あとは内枠をどう捌くか。皐月賞馬のエポカドーロも当然有力。体型的には長距離向きに見えないが、父のオルフェーヴルもそうだったし問題ないんじゃないかな。以下3着候補に、岩田のイン突きが怖いグレイル、スタミナモンスターのジェネラーレウーノ、爆穴にダービー3着のコズミックフォース

 

馬連 ◎-◯ @500円
ワイド ◎-◯▲ @200円
3連複 ◎◯流し @100円

 

頑張れ!ステイフーリッシュ!

天国のステイゴールドに最後の夢を。

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
該当馬なし

■おまけのモッコリ馬
新潟1R 4番
京都2R 8番