【菊花賞2018予想オッズ・データ分析】京都芝3000mで行われるクラシック3冠最終戦GⅠ菊花賞。1番人気はブラストワンピースとなりそうだが、データ分析では異ローテの馬は来ない?枠順、脚質は?騎手・種牡馬・馬体重・激アツローテ馬は?データからはエタリオウが満点。メイショウテッコン、エポカドーロ、ジェネラーレウーノは?

 

今年の菊花賞は・・・

 

ダービー馬不在。

 

1番人気はブラストワンピースになる模様。

 

■菊花賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ワグネリアンは天皇賞秋に向かうんだって。

 

もちろんそれはそれで面白いのだが、

 

個人的には、菊花賞に出て欲しかったなあ。

 

ブラストワンピースとの勝負付け・・・

 

まだ済んでないんちゃうの?

 

で、

 

ブラストワンピースの1番人気は分かるんだが、

 

エタリオウの評価がうなぎ登り。

 

netkeibaの予想オッズだと・・・

ブラストワンピースに迫る勢いである。

 

うーむ・・・この馬、将来、

 

「最強の1勝馬」

 

 

とか言われそうな気もするんだが(笑)、

ダービーの時の脚も凄かったし、

京都3000はめちゃくちゃ合いそうだしなあ。

 

しかし、

 

他にも面白そうな馬いまっせ~~~!

 

取り敢えずデータ見てみよ。

 

■菊花賞2018データ分析、人気別成績

うひー・・・1番人気強えなぁおい。で、2~4番人気がゲロゲロ。相当弱い。頭は、1番人気or5~8番人気くらいの中穴がオススメ。そんで2~3着は結構荒れる傾向なんで・・・1番人気→穴→穴とか、中穴→穴→大穴とかが面白いね。とにかく1番人気以外は信頼出来ないレース。

 

■菊花賞2018データ分析、枠番別成績

これまた極端だなあ・・・1~2枠の成績がかなり良いね。でも外枠が悪いってわけじゃなく、7枠はかなり馬券になってるね。死に枠は4枠。

 

■菊花賞2018データ分析、馬体重別成績

480kg以上欲しいところ。439kg以下は割引か。馬体の増減は、馬体増の馬の方が優勢。10kg以上の増減があった馬は壊滅。

 

■菊花賞2018データ分析、騎手成績

内田は騎乗予定なし。関西の上位騎手が強いですな。特に福永注意。あと穴を持ってくる藤岡佑にも注意。

 

ちなみにこれは・・・京都芝の騎手成績(過去5年)。

注目して頂きたいのはミルコ、ルメールの成績。この2人の全体の複勝率は55%前後。これが京都芝だと47%前後に落ちており、川田や福永などとそこまで大きな差はないことが分かると思う。あ、この話は、今回の菊花賞でミルコやルメールが来るとか来ないとかいう話じゃないからね?彼らにも得意なコースと苦手なコースがあるってこと。

ちなみに、こういった騎手データやコースデータは、モッコリ万馬券倶楽部で随時アップされているぞ!(宣伝)

 

■菊花賞2018データ分析、種牡馬成績

菊花賞と相性が良いのはステイゴールド。それからディープインパクト。しかし、この2頭とも出走数の割には・・・という感じもある。キングカメハメハ、ハーツクライ、マンハッタンカフェといった中長距離型の上位種牡馬もイマイチだし、スペシャルウィークもダンスインザダークも最近は産駒少ないし、今後は傾向が変わって来るかもね。

 

■菊花賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けは全滅。馬券の大半は4週(中3週)。これは神戸新聞杯だね。

 

■菊花賞2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・神戸新聞杯(19頭)、セントライト記念(5頭)、1000万条件(5頭)。例外は札幌記念3着からの臨戦だったレインボーラインのみ。ブラストワンピースは今回新潟記念からの臨戦になるが・・・このデータを破れるか?

神戸新聞杯組はその大半が1~3着。セントライト記念は1~2着まで。1000万条件は1着条件。1600万条件は過去データの例が少ないだけで、好走馬は当然激アツ。

【激アツローテ馬】
・エタリオウ(神戸新聞杯2着)
・メイショウテッコン(神戸新聞杯3着)
・ジェネラーレウーノ(セントライト記念1着)
・アフリカンゴールド(1000万1着)
・カフジバンガード(1000万1着)
・グロンディオーズ(1000万1着)
・ユーキャンスマイル(1000万1着)
・グリーリーヴェイズ(1600万1着)
・シャルドネゴールド(1600万2着)

過去に穴を開けているのは、トライアル惨敗組よりむしろ1000万条件組である。ま、そのほとんどは3着だけど・・・上記6頭には要注意だぞ!

 

■菊花賞2018データ分析、脚質別成績

このデータはちょっとアテにならん。何故かというとJRAのデータでは「道中ポジションを上げた馬」が先行勢に入ることが多いからだ(つまり、実際はマクって行った馬が先行に入ってしまう)。菊花賞はそういうレースをした馬が馬券になりやすいからね。

 

■菊花賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、3コーナーから4コーナーに掛けてポジションを上げる馬多数。菊花賞は3000mをこなすスタミナと、ロングスパート出来る持久力が必要なレース(上がりは34.5~35.5秒くらいをイメージ)。ま、ドスローの瞬発力勝負になることもあるけど、それでも33秒台の決着にはならない。

馬券パターンとしては、「マクリ→差し」「差し→マクリ」「差し→差し」という差し決着が多く、前が残る場合も「先行→差し」という感じで、前残り決着にはならない!と思っておいていい。想像以上に「差し」「マクリ」が強い。

 

ただし!

 

穴馬の脚質は・・・先行!

 

であることが多い!ポポカテペトル、ゴールドアクター、バンデ、ビートブラック、スリーロールスあたりは前項の「前走1000万条件」とも合致するぞ!前走条件戦の先行馬には要注意!

 

■菊花賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

うえっ!関東馬は3着が1回だけかいっ!圧倒的に関西馬が強いね。ブラストワンピーづ、ジェネラーレウーノあたりには不吉なデータ。調教師欄は有名厩舎がズラリ。生産者を見ると・・・意外と社台以外も健闘しているね。長距離戦だからかな?血統的にはもうサンデーサイレンスの血が入ってないとどうしようもない感じ。

 

ケツデータ論。

・内枠(1~2枠)

・神戸新聞杯、セントライト記念、1000万条件

・差し、マクリ強し!ただし穴は先行!

 

データ的には、エタリオウがほぼ完璧ですな。脚質的にも買い。ただ、届くかどうか・・・ね。メイショウテッコンもいいんだけど脚質が気になるなあ(逃げ馬はほぼ全滅)。エポカドーロはダービーでハナに行ったが、メイショウテッコンが行くなら2番手の競馬が出来そうで巻き返し必至。ジェネラーレウーノは個人的に長距離バッチ来いのスタミナモンスターだと思っているんだが・・・鬼門の関東馬。

 

一番の問題はブラストワンピースの取捨ですな。古馬相手の新潟記念を楽勝してみせたが、なんせ異例中の異例ローテ(使うと疲れが出やすく、間隔を開けないと使えないらしい)。穴党としてはヒジョーに買いにくいが、世代トップクラスの馬なのは間違いない。ダービーは直線の不利がなければ・・・というレースだったしなあ。どうすべか・・・

 

 

という感じでブラストワンピースを信じるのも一つ。

 

穴馬候補は沢山いるけど、

 

今日はココまで。

 

次回お楽しみに。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

阪神金本監督が辞任 今季最下位 今日にも発表

チームの成績の責任は監督が負うべきである。ただ、今季のタイガースは投打ともにあまりにも酷い戦力だったと思う。けが人も多かったし、去年活躍した若手もイマイチだったし、助っ人外人もダメダメだったし。監督替えて変わるもんなら替えるのもいいが・・・さて誰にする?矢野?片岡?藪?・・・思い切って新庄!それはないか(笑)。