【毎日王冠2018予想・データ分析】東京芝1800mで行われる別定GⅡ毎日王冠。天皇賞秋の重要ステップ。人気はアエロリット、サトノアーサーになりそうだが、データ分析では、差し有利?枠順は?馬体重・騎手・種牡馬は?前走ローテは?穴馬候補は、ステファノス、サウンズオブアース、カツジ、スズカデヴィアス、サンマルティン。

 

今週から東京、京都開催ですな。

 

そして今週末は3日間開催

 

競馬ファンにとっては嬉しい限りであるが、

 

また台風が来てるんだよね。

 

 

この台風、衛星画像で見ると超デカイからね。

 

進路によっては週末大雨になるかもしれん。

 

さて、毎日王冠見てみよう。

 

■毎日王冠2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は安田記念2着のアエロリット。

鞍上モレイラの人気もプラスされるだろうねえ。

 

2番人気はサトノアーサーか。

この馬は東京1800~2000がベストっぽいね。

 

3番人気は3歳馬のステルヴィオ。

ロードカナロア産駒だし、この馬の距離適性は1600前後ぽい。

距離短縮で人気になりそうやね。

 

ケイアイノーテックはもうちょい人気になると思うけどなあ。

どうなんだろ。

 

しかし・・・キセキはなんで毎日王冠なん?

京都大賞典の方が良くね?

 

ま、堅いイメージがあるスーパーGⅡだが、

 

今年はくっきーの匂いがするなあ。

 

 

ええと、6:30。

 

11:00もオススメ。

 

じゃなかった(笑)、

 

データ見てみろい。

 

■毎日王冠2018データ分析、人気別成績

お?確かに1着は人気サイドが強いんだが、2~3着は意外と荒れるレースだね。特に3着は大半が人気薄。3連系で2~3着ヒモ荒れを狙うのも面白いかもしれない。

 

■毎日王冠2018データ分析、枠番別成績

東京芝1800はコース形態的に(スタートしてすぐ2コーナー)内が有利なわけだが、過去データからはあまり気にしなくて良さそうですな。4枠と6枠の馬券率が高い。

 

■毎日王冠2018データ分析、馬体重別成績

やはりある程度の馬格は必要で。460kg以下だとちょっと割引が必要か。このレース、大半の馬が休み明けとなるわけだが、馬体増の方が圧倒的に良いね。

 

■毎日王冠2018データ分析、斤量別成績

別定戦だが、分布を見ておくとタメになる。53.5~55.0kgのゾーンは大概3歳牡馬+牝馬。57.5kg~59.0kgのゾーンはGⅠ勝ちがある古馬牡馬。キセキは今回58kgだが、データ的には買いか。

 

■毎日王冠2018データ分析、騎手成績

福永(ステファノス)は怪我明けだが、昨日の船橋で行われた日本テレビ杯を圧勝している。要注意。武豊は・・・六本木・・・じゃなくてフランスか。

 

■毎日王冠2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト無双。ただ、出走数からして段違いに多く、勝ちきれるか?と言えばそうでもないんだよね。2~3着狙いの方がいいかもしんない。意外な種牡馬の名前も結構あるねー。キングカメハメハはちょっと相性悪いかも。母父にも名前がない。

 

■毎日王冠2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬がほとんど。

 

■毎日王冠2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・安田記念(6頭)、宝塚記念(4頭)、エプソムC(5頭)、あとはダービー(2頭)、NHKマイルC(2頭)、札幌記念(2頭)。GⅠ組はいずれも着順不問。エプソムCは1着条件。穴を開けるのは前走惨敗組

【激アツローテ馬】
・アエロリット(安田記念2着)
・ステファノス(宝塚記念7着)
・キセキ(宝塚記念8着)
・サトノアーサー(エプソムC1着)
・ステルヴィオ(ダービー8着)
・ケイアイノーテック(NHKマイルC1着)
・カツジ(NHKマイルC8着)
・サウンズオブアース(札幌記念4着)

この中で人気薄になりそうなのは、ステファノス、カツジ、サウンズオブアース!ひゃっはー!

 

■毎日王冠2018データ分析、脚質別成績

コース的に差し・追い込みが優勢なのは間違いないんだが、前も相当残るけんな!特に逃げ馬には要注意!過去10年で5頭が馬券になっているぞ!

 

■毎日王冠2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬が馬券になったのは過去3頭のみ。ウオッカでさえ連続2着なんやね。3歳で馬券になったのは過去5頭。3歳馬ワンツーの年が2回。なんかまとめて来る傾向にあるな。

馬券パターンはちょっとバラバラだねえ。この2年は「差し→差し」決着。あと「先行→逃げ」が多いね。さっき逃げ馬注意って書いたが、そのうち2回はウオッカでちた。

穴馬の脚質は・・・追い込み、逃げ

 

■毎日王冠2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東の重賞だが、19/30で関西馬優勢。有名厩舎ズラリだね。ノーザンFと社台Fが圧倒的に強く、ここ3年はディープインパクト祭り。ディープインパクトとストームキャットのニックスは有名だが、昨年はそのワンツー。エイシンヒカリも同配合。血統的にはサトノアーサー、ステファノス、カツジあたり面白そうだけどね。

 

ケツデータ論。

・2~3着ヒモ荒れ狙い。

・前走惨敗組が穴を開ける。

・逃げ、追い込み。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、全力で狙いたいのがステファノス。2015年の天皇賞秋2着、2016年は3着、2017年の大阪杯で2着。GⅠ級の能力があるのは誰しも認めるところ。東京は大得意。しかし、7歳という年齢。最近は惨敗続き。そして叩き良化型・・・ってわけで人気がないわけだが、だからこそ狙いたいね。ま、ここで惨敗しても・・・秋天で狙う。

 

次に、同じく7歳のサウンズオズアース。この馬も、菊花賞・有馬記念・ジャパンカップという大舞台で2着がある実力馬。昨年以降馬券に絡んでいないが・・・前走の札幌記念は0.1秒差の4着。まだまだ元気だぞ!東京1800は未知だが、距離短縮が吉と出るかもしれず決して侮れない一頭だと思う。思いっきり脚を溜めてからの大外強襲を期待したい。

 

それから、3歳馬からカツジ。東京1800適性は分からんが、ニュージーランドTではケイアイノーテックを負かしており、実力的にそう変わらんのじゃないかと思うわけ。5番の馬に注目。

ね。ハマった時の破壊力はケイアイノーテックと五分。夏の成長次第で逆転もあるんじゃないかと。1kg軽い55kgだしね。ま、3歳が古馬一線級に通じるかどうかは走ってみらんとわからんけどな。

 

最後に、どうにも気になるスズカデヴィアス。前走の大敗は実力意外の何かだったんじゃないかなあ・・・。洋芝が苦手とか?ま、とにかく左回りの軽い馬場が得意なのは間違いなく、東京コースは【1.1.1.2】。軽い馬場での瞬発力勝負なら一発あるかもよ。

3走前の新潟大賞典。内枠引いて内で脚を溜められれば・・・弾けるかも?

 

あ、もう一頭、上がり勝負になった時のサンマルティンを挙げておく。2走前の都大路Sでは鮮やかなレースでエアアンセム以下に圧勝しているからね。2番に注目。

展開に注文は付くが・・・非常に面白い一頭。

 

あとはやっぱデキ次第だよねー。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

牙を剥いた中国艦、アメリカ駆逐艦に突進

南シナ海はいつの間にか中国領海となったようだねえ。