【エリザベス女王杯2018データ分析】京都芝2200mで行われる秋の女王決定戦GⅠエリザベス女王杯。今年はモズカッチャン、リスグラシュー、ノームコアが人気になりそうだが、データ分析では、大外枠が強い?脚質は差し優勢?穴馬は先行勢?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?馬券パターンは?大穴候補は?

 

今週は土曜に2歳重賞が2つ。

京王杯2歳SもファンタジーSも・・・

どっちも少頭数の上、堅そうだよね。

 

まあ、買うとしたらファンタジーSの方かなあ。

予想アップ出来るか分からんけど。

ルメもクリデムもぶった切りで。

 

さて、今日は一足先に

エリザベス女王杯のデータ分析をやっとくよん。

 

■エリザベス女王杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はモズカッチャン、リスグラシュー、ノームコア・・・

 

って、また、

 

デムルメモレかい!

 

あ、

 

いや、

 

待て待て。

 

モレイラはもういないはず。

モレイラの短期免許は10/28まで。

 

え?

 

なになに?

 

また来るの?

 

マジで?

 

いや、

 

丁重にお断りしてくれJRA!

 

 

・・・とまでは言わんが、

 

年に一回、1ヶ月くらいでちょうどいいんじゃないの?

 

短期免許は他の外人でお願いしまっす!

 

出来れば、

 

オーストラリアの美人ジョッキーでお願いしまっす!

 

 

はあ・・・

 

なんか今月から

 

クリデム(デムーロ弟)もいるみたいだしよ。

クリスチャン・デムーロ

 

うげえ・・・クリデム2ヶ月かよー。

 

出稼ぎにしては長いんじゃねーのー!

(1ヶ月にしてくれ)

 

多分こいつもJRA騎手狙ってるよな・・・

 

頼りになる兄ちゃんいるしな。

 

あ、そろそろ教官ムーアも来るんじゃね?

 

 

と、言いたいが言えない・・・(笑)。

 

マジで数年後には外人ジョッキーに占拠されちゃうかもよ・・・

 

データ見る意味あるのか分からんが、

(騎手で選べば当たるんじゃね?・・・みたいな風潮だけどね)

 

データは意地でチェックするっ!

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、人気別成績

1番人気馬は複勝率で見ると強いんだけど、頭で来たのは1頭のみ。かと言って2~3番人気が強いわけでもないんだよね。傾向としては中荒れ。3着馬は何故か堅い傾向にあるので・・・1着中穴→2着大穴みたいな狙い方が面白いかもしんない。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、枠番別成績

大外枠の成績が良いですな。あと、平均着順-平均人気で見ると1枠が不気味。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、馬体重別成績

牝馬戦だけに500kgを超えるような馬は分母が少ないんだが・・・このレースは馬格の有る馬の成績がイマイチですな。最も馬券になるのは440~479kgのゾーン。特に450kg前後の馬の好走が目立つなあ。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、騎手成績

ぐあっ・・・外人専用レースみたいになっとるな。今年も逆らっちゃダメなのか・・・。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、種牡馬成績

最も馬券に絡むのがディープインパクト。ただ、出走頭数も多いんであまり過信しない方がいいかもしれん。キングカメハメハは3着が4頭と馬券にはなっているが連対馬を出せておらず、ハーツクライ・ステイゴールドといった上位種牡馬もいまいちパッとしない。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、間隔別成績

休み明けは3着が2頭居るだけ。2ヶ月以上の休み明けは大幅割引!でオッケーだね。あと、間隔が詰まり過ぎてもダメで。4週(中3週)以上9週(中8週)未満が前走間隔の必須条件。馬券の9割を占める。

明け2戦目がベスト。明け3戦目でもOK。使い込んでる馬も割引。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・府中牝馬S(9頭)、秋華賞(9頭)、京都大賞典(3頭)、オールカマー(3頭)。後は宝塚記念やヴィクトリアマイルといったGⅠ。例外的に1000万条件から絡んだ馬が2頭。府中牝馬Sは1~3着に好走している方が望ましいが、大敗から巻き返すパターンもアリ。秋華賞組は殆どが1~3着。京都大賞典は着順不問。オールカマーは2着以内とする。

【激熱ローテ馬】
・アドマイヤリード(府中牝馬7着)
・カンタービレ(秋華賞3着)
・クロコスミア(府中牝馬5着)
・スマートレイアー(京都大賞典8着)
・フロンテアクイーン(府中牝馬3着)
・ミスパンテール(府中牝馬9着)
・リスグラシュー(府中牝馬2着)
・レッドジェノヴァ(京都大賞典2着)

モズカッチャンは札幌記念3着からの臨戦。前走から中10週でもあるし、この馬自身使い込んで良くなる馬であるし、ちょっとデータからは買いにくいね。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、脚質別成績

差しが強いね。前も相当残るが2着が多い感じ。上がり1位馬は強いが、極端に後ろからは厳しいか。勝つか3着か着外かって感じ。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→先行」「差し→差し」というパターンが殆ど。例外は昨年2017年と・・・歴史的なイッタイッタだった伝説の2009年のみ。知らない方は是非ご覧あれ。

いやあ・・・最近は・・・こういう仰天レースはとんと見ないねえ。みんな己のチンポジばっかり気にしてさー。折り合いつけーの、ペース気にしーの、馬主の機嫌気にしーの・・・の瞬発力勝負ばっかり。たまには我々ファンをひったまげさせるような競馬を魅せて欲しい。

 

頭で来るのは差し馬なんだが・・・

穴馬の脚質は・・・先行!

昨年のクロコスミア、1昨年前のシングウィズジョイ。あるいは伝説時のクイーンスプマンテやテイエムプリキュアのような馬を見つけたい。

 

■エリザベス女王杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

21/28で関西馬優勢社台系が圧倒的に強い。ココ最近はサンデーサイレンス系ばっかりだったんだが、昨年久しぶりにノーザンダンサー系のハービンジャーが勝利。母系はノーザンダンサー系が圧倒的に多いねー。

 

ケツデータ論。

・休み明けは割引!

・府中牝馬vs秋華賞vs京都大賞典組

・差しが強いが、穴は先行!

 

浅次郎的には・・・データ的に怪しくても人気でもミルコでも・・・モズカッチャンは馬券に入れなあかんのよね。以前何度もお世話になったんでね。むろん◎にはせんのだが◯候補筆頭(10倍以下の馬は本命にしないマイルール)。

 

リスグラシューはどうなんだろうね。牝馬同士で惨敗したのはオークスとエリザベス女王杯・・・距離適性は1600~1800って気がするけど、鞍上はマジシャンだからなー。この程度なら持たせてしまいそうな気もする。

 

ノームコアは間違いなくルメール人気だよなー。関東馬だし、2ヶ月開いたし(秋華賞を使えなかったわけだし)、データ的にも買い材料少ないし・・・買いたくない。とか言ってると、また馬券外れるんだろうね(笑)。

 

むしろ3歳で怖いのはカンタービレの方。秋華賞3着からのローテ。秋華賞ではアーモンドアイっていう別格の馬がいたわけだから・・・この3着は例年でいうと1~2着くらいの価値があるんじゃないかと思う。前走で差す競馬を出来たのもプラス。ルメールがノームコアを選んだのは単純にノーザンFの意向だと思うけどね。

 

いつもどおり大穴狙いで行くんだが・・・今んとこ、スマートレイアー、クロコスミア、フロンテアクイーン、ワンブレスアウェイ、アドマイヤリードあたりを狙っている。

 

ルメールとモレイラは・・・

 

斬る!

 

(予定)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ドコモ通信料金「大幅値下げ」に踏み切る真因

菅さんナイスバッチ!日本の携帯代は高すぎる!