【チャンピオンズC2018レース回顧】中京芝1800mで行われたダートGⅠチャンピオンズC。圧倒的一番人気に押されたルヴァンスレーヴが後続に2馬身半差を付ける圧勝!3歳にしてダート界に君臨するダート王となった。この馬の勝因はなんだったのか?2着ウェスタールンドの好走要因は?ケイティブレイブ・サンライズソアの敗因は?

 

ルヴァンスレーヴ、

最強のダート王へ。

 

 

い、いやー!

 

もうやめてー!

 

 

反則でしょーその強さー!

 

出遅れて、

 

複数の極悪チカンに遭って、

 

揉まれに揉まれてイヤンな予定だったのにィィ!

 

なんだその・・・

 

ラクラク好位付けはっ!

 

ガラガラの女子専用車両かっ!

 

反則っ!反則ッ!

 

アリの王とドッチが強いかな?

 

簡単にレース回顧する。

 

■チャンピオンズC2018結果、着順

 

■チャンピオンズC映像

 

■チャンピオンズC2018レース回顧

スタート!

サンライズノヴァ、オメガパヒュームあたりが若干出遅れ。ルヴァンスレーヴは・・・

 

絶好のスタートから馬なりで前へ・・・

 

 

マジデスカ。

(先週も書いたような)

 

ハナに立ったのはアンジュデジール。サンライズソアかケイティブレイブがハナかと思っていたんだけどなー。私の◎アポロケンタッキーは何故か後方から・・・ゴラァ小牧!前に行かんかーい!

 

2番手になんとルヴァンスレーヴ!ピンと張り詰めた弓弦のような手応え。それでいて折り合いバッチリという最高のバランスで追走。ヒラボクラターシュとインカンテーションが続く。

 

中団前にパヴェル、サンライズソア。モレイラはおそらく・・・ルヴァンスレーヴが前に行ったのを見て控えたんじゃないかなー。

 

中団にアスカノロマン、ミツバ・・・そしてケイティブレイブ。差す競馬も出来る馬だが、この位置取りは作戦とは違っただろうと思う(好位付けの作戦だったはず)。うーん。イマイチ行きっぷりが悪いように見えるなあ。

 

中団後方にオメガパヒューム、センチュリオン、アポロケンタッキー(こんなところに。涙)。

 

さらに後方に、末脚に賭ける2頭、サンライズノヴァとノンコノユメ。

 

これで全頭と思ったら・・・離れた最後方にウェスタールンド。この馬が最後に突っ込んでくるなんて・・・この時誰が予想出来たろうか?

 

 

1000m通過は61.9。

 

これは・・・例年に比べてかなり遅めのペース。

 

芝並みの瞬発力勝負となった。

 

4コーナー。この画像をよーく見て欲しい。勝ったルヴァンスレーヴはインベタで回る黒い帽子。そして最後方のウェスタールンドもインベタを回っているのが分かると思う。白い帽子のアンジュデジールも4着に粘ったわけで・・・結局外を回して上位に来たのはサンライズソアのみ。

 

次の画像が見もの。

 

あんなに離れた最後方だったのに・・・もうこんなところに!コーナリングだけで7~8頭抜き・・・あっという間にルヴァンスレーヴの直後まで進出!4コーナーワープ発動。鞍上はジャパニーズ手品師藤岡佑。

 

これこそ勝負騎乗!

 

だと浅次郎は思うわけだ。ウェスタールンドは今回ダントツの上がり34.4を繰り出しているが(勝ったルヴァンスレーヴが上がり2位で35.6)、その肝はこの4コーナーワープにあったと言っていい。

逆に言えば・・・外を回したサンライズソアはコース取りの差で、最後の最後ウェスタールンドに差されたってこと。まあ、勝ちに行っての話なんでモレイラは責められないけどね。

 

残り400m!多くの馬がすでに追い出しに入ってる中、ルヴァンスレーヴはまだ余裕の手応え。弓の弦はまだ張ったまま。そして400mを過ぎてからゴーサイン。

 

GOサインが出てからはもうルヴァンスレーヴの独壇場。粘る粘るアンジュデジールの外に出すとラクラク交わして先頭へ。外からサンライズソアが迫ってくるが・・・ルヴァンスレーヴに迫る脚はない。そして内から凄い勢いでウェスタールンド!

 

残り100mでもうセーフティーリード。後は2着争い。アンジュデジールが粘るか?外のサンライズソアか?追い込んで来たウェスタールンドか?

 

最後の100mは見せムチだけで余裕のゴール。着差以上の勝ちっぷり。2着には4コーナーワープから豪快に内を掬って追い込んだウェスタールンドが入る。こうやって見ると・・・ルヴァンスレーヴとウェスタールンドの差は・・・4コーナーからほとんど変わっていない。

 

ダート界に新帝王誕生!

ルヴァンスレーヴ強しっ!

 

 

 

 

充希ちゃんかわゆい。

 

勝ったルヴァンスレーヴは社台系白老ファームの生産、馬主はGⅠレーシング。シンボリクリスエス産駒。なんか最近シンボリクリスエスはダート種牡馬へシフトしている感があるな(笑)。この馬の弱点は「スタート」で、どうしても中団~後方からの競馬になることが多かったわけだが・・・ダートで今回みたいな競馬されたらもうお手上げ。ムテキングなりよ。もうこの馬が出るレースは買いたくない感じ(笑)。この後はどうすんのかな?東京大賞典?川崎記念?ドバイ行って欲しいなー。

 

2着のウェスタールンドは藤岡佑の手品騎乗があったとはいえ、物凄く長く強烈な脚を繰り出しており、怪物ルヴァンスレーヴが居なければ・・・という非常に惜しいレース内容。ワンターンのマイル戦より、コーナー4つの1700~2000m戦の方が合いそう。切れ味だけで言えばダート界一かもしれん。今後の飛躍に期待。

 

3着のサンライズソアは勝ちに行った結果、2着も拾えず・・・という内容。4コーナーから直線外に出して追いまくり。勝負どころでルヴァンスレーヴと併せる形にしたかったが、相手は一瞥もせずにスイーーッと先へ。残り200mでは脚色が鈍ってしまい、最後はウェスタールンドに差されてしまった。結果論で言うなら・・・アンジュデジールとポジションが逆なら・・・2着はあったかも。

 

4着のアンジュデジールは最後まで垂れずに良く頑張ったよね。もうちょいで3着!という好走。馬の調子も良かったんだろうけど、最高の騎乗だったと思う。

 

離れた5着にオメガパヒューム。うーん、外を回したのと、展開が向かなかったのはあると思うが、届かなかったねー。力負けかなー。

 

サンライズノヴァ、ノンコノユメも今回の展開じゃちょっと厳しかったね。あと、今回外を回してちゃ勝負にならなかったっぽい(いずれも大外ブン回し)。

 

さて、2番人気に押されていたケイティブレイブ敗因はなんだったのだろうか?位置取りが悪かったのか?調子良く見えて実は前走がメイチだったのか?いずれにせよ、道中の行きっぷりも悪かったし、直線の手応えも全くなかったからね。本来のケイティブレイブじゃなかったということだろう。巷では色々と言われておるが、馬は機械じゃなくて生き物だからね。そういうことなんだと思う。

 

同じ話で、

 

ルヴァンスレーヴにだって、アーモンドアイにだって、

 

そういう日があるかもしれんからね。

 

あまり決めつけ過ぎたり、

思い込み過ぎたりしない方がいいと思う。

 

なんでも同じやね。

 

しかし、外国馬のパヴェルはドンジリの15着か・・・

明らかに能力面じゃなく、状態面に問題がありそう。

もうホントに外国馬来なくなるんじゃねーの・・・?

 

以上、回顧終わり。

 

来週は、阪神JFだねー。

阪神JFのデータ分析はこちら

 

そろそろ日本人が勝つだろ。

 

外人少ねえし(笑)。

 

ミルコ腰痛説は・・・

 

【浅次郎のひとりごと】

<医療>忘年会で悪酔いしないお酒の「適量」

浅次郎は大してお酒が強くないくせに、調子に乗ってガンガン飲んじゃうタイプ。そして次の日必ず後悔するハメになるんだが・・・。そうか。4杯くらいまでにしておけばいいのか・・・今度からそうしよう。

 

★期間限定でモッコリ部員募集中!

今週の結果はこちら!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内