【シルクロードS2019予想+データ分析】京都芝1200mで行われるハンデGⅢシルクロードS。ダノンスマッシュ、ラブカンプー、アンヴァルあたりが人気だが、穴馬を探そう。データ分析では、内枠有利の外枠不利、逃げ・先行有利、馬体重・ハンデ・騎手・血統は?穴馬候補はナインテイルズ、ラインスピリット、エスティタート、ティーハーフ!

 

ガッキーの恋ダンスより、

 

コウメ太夫が好きである(うそ)。

 

 

チャカチャンチャン~チャカチャカチャンチャン~♪

 

荒れるハンデ戦と思って買ったら~~~♪

 

人気馬同士で決まっちゃいました~♪

 

ちきしょー!

 

■シルクロードS2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気は暮れの京阪杯を勝ったダノンスマッシュか。

 

いや、スプリンターズS2着のラブカンプーか?

(もう調教には騙されないぞ!)

 

ラブカンプーの54kgは反則って気がするよねゴローさん。

 

 

(個人的には55.5kgでいいんじゃね?と思う)

 

この2頭が人気を集めそう。

 

だけんどもしかし。

 

このレースはハンデ戦。

 

なにが起きるか分からんでー。

 

データ見てみるべ。

 

■シルクロードS2019データ分析、人気別成績

1番人気弱し。ただし2~4番人気がまあまあ強く、1~2着は堅め。ただし3着には人気薄がガンガン来ているね。3連単で3着ヒモ荒れを狙うのも一つ。

 

■シルクロードS2019データ分析、枠番別成績

うーん。明らかに真ん中より内枠が優勢だねー。1~2枠が好成績で、6~8枠は脇枠。特に7枠は結構人気馬が入っててこの成績。外枠に入ったら割引して良さそう。人気馬は外枠に入ってくれー。

 

■シルクロードS2019データ分析、馬体重別成績

短距離戦だし馬格がある方が有利かと思いきや・・・440~459kgのゾーンがものすごく成績が良いですな。ただし2~3着は馬格がある方でいい。馬体の増減は圧倒的に「馬体増」が優勢。+10kg以上で出走してくる馬も珍しくなく、かなりの好成績を挙げている。おそらく・・・休み明けの実力馬が多いからだろう。

 

■シルクロードS2019データ分析、ハンデ別成績

このデータがキモですなあ。基本的に重ハンデ馬が強いですな。54~56kgのゾーンで【4.6.6.96】と馬券の半分を占めており、53kg以下の軽ハンデ馬は3着が3回あるのみ。軽ハンデ馬より重ハンデ馬の方が信頼度高し。

 

■シルクロードS2019データ分析、騎手成績

関西の上位騎手が強い。ミルコは過去5回乗って3着が一回のみか・・・。ルメール他外人騎手は根岸Sみたいなんでねー。ミルコに人気が集中しそうだが・・・。

 

■シルクロードS2019データ分析、種牡馬別成績

要注意はアドマイヤムーン(セイウンコウセイ・ストーミーシー・フミノムーン)。このコースとの相性抜群である。問題は今回人気になりそうなロードカナロア(ダノンスマッシュ・アンヴァル)。京都1200はどうなんだろうなあ・・・。

 

■シルクロードS2019データ分析、間隔別成績

3週(中2週)の馬券率がめちゃくちゃ高いですな。後は普通に1~2ヶ月間隔の馬。2ヶ月以上の休み明けでも全く問題なし。

 

■シルクロードS2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・淀短距離S(9頭)、阪神C(5頭)、京阪杯(4頭)、スプリンターズS(3頭)、この4レースがメイン。他、ラピスラズリSや尾張Sといったオープン特別からの臨戦もあり。準オープンから馬券になったのは2頭だけで、いずれも3着。

淀短距離Sは2着以内、京阪杯は5着以内、阪神C・スプリンターズSは着順不問とする(大敗からの巻き返しアリ)。ただし、淀短距離Sは以前は中2週だったが、現在は中1週となっている。

【激熱ローテ馬】
・ナインテイルズ(淀短距離S1着)
・アンヴァル(淀短距離S2着)
・ダノンスマッシュ(京阪杯1着)
・エスティタート(京阪杯5着)
・ラブカンプー(スプリンターズS2着)
・ダイメイプリンセス(スプリンターズS4着)
・ラインスピリット(阪神C10着)

 

■シルクロードS2019データ分析、脚質別成績

逃げ・先行が優勢ですな。差し馬も飛んでくるが3着が多い。理想は先行チョイ差し。

 

■シルクロードS2019データ分析、位置取り・上がり3F

過去10年で牝馬は6頭。軽ハンデ馬は厳しい現実ですなあ。馬券パターンは「先行→逃げ」の前残りパターン。差し馬が絡む時は「差し→先行」「差し→差し」

穴馬の脚質は、差し・追い込み!

当たり前だが、実力ある先行馬は人気になりやすいわけで。先行馬が強いレースだが、穴を狙うなら「3着差し馬」が良さそう。

 

■シルクロードS2019データ分析、厩舎・生産者・血統

21/30で関西馬優勢。関東馬は来ても2着までか・・・。そしてなんと!社台系激弱っ!!!!重賞でノーザンFの馬が一回も来てないなんて・・・初めて見たかもしれん。社台Fも過去2頭だけだしね。代わりに強いのがダーレー。今年は・・・ティーハーフだけか(笑)。血統的にはもう最近はミスタープロスペクター系が圧倒(アドマイヤムーン、スウェプトオーヴァーボード、ストーミングホーム)。あるいはサクラバクシンオーの系譜(ショウナンカンプ)。ナスルーラ系。

 

ケツデータ論

・内枠有利の外枠不利。

・重ハンデ馬強し。

・逃げ、先行優位だが、穴は差し追い込み!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって我慢汁でパンツがヌレてしまいそうなラインスピリット。スプリンターズS3着のこの馬が56.5kgで、2着のラブカンプーが54.0kgってのはかなり納得行かないが(ラインスピリットは重賞勝ちはおろか連対実績もなし)、それでもココはチャンスなんじゃないかと思う。スプリンターズSの時と比べると、ラブカンプーとの斤量差は4kg→2.5kgに減るからね。騎乗位の空論で言えば互角以上だろう。京都芝1200は【3.3.1.5】。前走の阪神C10着のおかげで人気薄決定(阪神1400と京都1200は適正が真逆)。スウェプトオーヴァーボード×トニービン。鞍上はノーマーク爆パイ党の森一馬。絶好の狙い目だ。

次に、最重要ステップの淀短距離Sを勝ったナインテイルズ。netkeibaの予想オッズでは謎の人気薄になっているが、この人気なら秘蔵のエロDVDを質に入れてでも買いたいところ。なんせ、2走前の京阪杯ではダノンスマッシュから0.3秒差の2着。しかしこの時はナインテイルズの方が1kg重い斤量を背負っていたのである(今回はダノンスマッシュは1.5kg増)。実力的にはダノンスマッシュと変わらないと思うぞ!

大穴に京阪杯5着のエスティタート。京阪杯ではナインテイルズからハナクビクビ差の5着。そして、そこから1kg減って今回53kgで出走出来るのである。今回人気の一角になりそうなアンヴァルやナインテイルズは京阪杯時と同斤だからね。十分パンチラ可能なミニスカ具合である。

最後に、出走してくるようなら・・・大穴扱いになりそなティーハーフ。前走の淀短距離Sはナインテイルズから0.1秒差の3着だったわけだが、その時の斤量は残酷な59kgのテーゼ。今回は2kg減の57kg。休み明け2戦目。父ストーミングホームはこのレースに強いミスプロ系。穴を開ける追い込み系。そして、ダーレー。ケツデータ目白押しである。3着候補筆頭(笑)。誰が乗るのかな?

 

他にも3つほど・・・気になる美ケツはあるが、

 

 

枠順が出ないとなんとも言えんからね。

 

結論は日曜日。

 

根岸Sはケンかなあ・・・。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【ドバイWCデー諸競走】アーモンドアイ、レイデオロなど予備登録

うおお。今年ドバイは楽しみやねー!

 

 

 

【愛知杯2019データ分析】中京芝2000mで行われる牝馬限定のハンデGⅢ愛知杯。今年はノームコア・レッドジェノヴァあたりが人気だが穴馬の出番はあるか?データ分析では・・・枠順の有利不利は?脚質は?ハンデ、騎手、種牡馬、前走ローテは?穴馬候補はレイホーロマンス、エテルナミノル、モーヴサファイア、レイズアベール!

 

13ヶ月振りの出走で激走したシャケトラ。

 

こういうのがあるから競馬は面白いよね。

 

私もそろそろ激当したいっ!

 

さて、今週は重賞3つ。

 

■愛知杯2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は明け4歳のノームコア

昨秋は紫苑Sを勝ってエリザベス女王杯で5着。

鞍上ルメールだし人気になるのは分かるが、

エリザベス女王杯から1kg増えて55kg。

 

しかしレッドジェノヴァ

エリザベス女王杯から1kg減って55kg。

斤量的にはこっちが有利だべな~と思う人も多いはず。

 

いやいや連勝中の53kgのウラヌスチャームも魅力的じゃね?

と思うファンも多くいるだろうね。

 

ま、私はいつも通り、ルール通り、

 

違う道を行く。

 

何度フラレても、

 

何度ゴメンナサイを食らっても、

 

 

私は私の獣道を行く。

 

データ見てみよう。

 

※2011年、2012年の愛知杯は小倉開催。

※2014年まで12月に行われていたが、2016年から1月に移行。

 

■愛知杯2019データ分析、人気別成績

人気馬の成績はイマイチですな・・・そんで穴っぽいところがかなり馬券になってる。特に2着は半数以上が穴サイド。

 

■愛知杯2019データ分析、枠番別成績

小倉開催が混じってるんでなんとも言えんが、あまり気にしなくていいか。

 

■愛知杯2019データ分析、馬体重別成績

牝馬戦だけに馬格があまりない馬もかなり馬券になっているね。馬体の増減も大きく変わってなければ気にしなくて良さそう。あ、でも+20kg以上で勝ってる馬がいるな(笑)

 

■愛知杯2019データ分析、ハンデ別成績

さて。こいつが一番気になる所。過去最も馬券になってるのが56kgだが、今年は該当馬ゼロ。トップハンデは55kgでノームコア・レッドジェノヴァ・エテルナミノルが該当だが・・・微妙だねえ。注目したいのは52kg以下の軽ハンデ馬。かなり馬券になっていて、全く侮れない。2着候補は軽ハンデ馬から選ぶのもアリ。

 

■愛知杯2019データ分析、騎手成績

東西のトップジョッキーはほとんど居ないねー。中堅クラスの騎手が狙い目・・・なんだけど今年はデムルメが参戦。ちなみに・・・中京の騎手成績はこちら→最新の中京競馬場の芝・ダートの騎手成績

 

■愛知杯2019データ分析、種牡馬別成績

キングカメハメハ、マンハッタンカフェ、ゼンノロブロイ・・・このあたりは要注意(※アグネスタキオン産駒で現役はアクションスターのみである)。なんとなく中距離パワータイプの種牡馬が良さそうだね。

 

■愛知杯2019データ分析、間隔別成績

小倉開催もあれば、開催時期も変わってるのでなんとも言えんが、3週(中2週)、4週(中3週)は優秀な成績。馬券の大半は2ヶ月以内。2ヶ月以上休み明けは割引でいいだろう。明け3戦目が最も強く、使い込まれてる馬も買える。

 

■愛知杯2019データ分析、前走成績

ご覧の通り、2016年から1月開催に変わってるんで・・・前走の傾向も大きく変わってるね。以前はエリザベス女王杯からの臨戦が圧倒的だったんだが、ここ3年はエリザベス女王杯組の馬券内なし。ターコイズS組が2頭馬券になっているね。あとは1000万クラス1600万クラスからのチャレンジ出走。1000万クラスは1着条件で、1600万クラスは3着以内が条件。

【激熱ローテ馬】
・ウラヌスチャーム(1600万下1着・53kg)
・ランドネ(1600万下1着・53kg)
・モーヴサファイア(1000万下1着・51kg)
・レイズアベール(1000万下1着・50kg)

 

■愛知杯2019データ分析、脚質別成績

これも小倉が混じってて一概には言えんが・・・逃げ、先行優位。差しは2~3着が多く、追い込みがハマることもある・・・という感じか。

 

■愛知杯2019データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「差し→差し」「追い込み→差し」ってのが結構多いね。年によっては前残りの年もあるし・・・「先行→差し」「差し→先行」の年もある。

穴馬の脚質は、差し!

逃げ・先行で穴が開くこともあるが、基本的には穴を開けるのは軽ハンデ馬!今年は明け4歳馬が猛威を奮っているが、このレースは5~6歳が強いのも頭に入れておこう。

 

■愛知杯2019データ分析、厩舎・生産者・血統

22/30で関西馬優勢。社台系はイマイチの成績か。血統的には父方は主要の上位種牡馬。母方は輸入のナスルーラ系が多いですな。あとはこれまた輸入のノーザンダンサー系。該当するのはランドネとワンブレスアウェイ。

 

ケツデータ論。

・軽ハンデ馬(前走条件戦)

・使われて来た馬(休み明けは割引)

・差し馬!

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって昨年の2着馬レイホーロマンス。2018年は大崩れせずに走り、牝馬限定のGⅢで3着・5着・6着。牡馬混同のGⅢでも6着・4着・4着。崩れたのはエリザベス女王杯のみ。と言っても勝ち馬からは1.0秒差であり、今回4kg減の52kgなら・・・ノームコアとの比較だと5kg変わってくるからね。十分勝算成り立つと思う。

次に昨年の1着馬エテルナミノル。いつ走るかサッパリ分からんが、去年の函館記念ではエアアンセム・サクラアンプルールといった強力牡馬相手に3着。今回55kgがネックではあるが(昨年1着時は54kg)、一発の魅力タップリの馬。

それから、前走1000万組から非常に怖い存在なのがモーヴサファイア。長期休養があって出世が遅れたが復帰してからは順調に勝ち進み、前走は着差以上の楽勝で1000万クラスを快勝。ココでやれるかどうかは文字通り走ってみらんと分からんが、4kg減の51kgは相当魅力。

もう一頭1000万組のレイズアベール。やっと1000万を卒業したという戦績になっているが、そのおかげでモーヴサファイアより1kg軽い50kg。血統を見れば母方はディープインパクトの近親(祖母がディープの母ウインドインハーヘア)で兄弟にリルダヴァル、ヴォルシェーブがいる良血。裸同然の50kgなら一発あるかもよ!

後は54kgのワンブレスアウェイも面白いな・・・人気になりそうだが53kgのランドネも非常に魅力的。レッドジェノヴァは56kgにしてほしい(笑)。

 

というわけで、

 

「またデムルメかよ・・・」

 

とレース後に呟いてるかもしれんが(笑)、

 

懲りずに逆らって行く。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

マンガ大賞

なんかオススメの漫画ある?

 

 

【AJCC2019大穴予想】中山芝2200mで行われる別定GⅡアメリカジョッキークラブカップ。菊花賞馬フィエールマンが人気を集めるが潔く斬り。大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースは?上がり3F最速馬は?狙いは、休み明けだが調教絶好のステイインシアトル!相手はジェネラーレウーノ!ヒモ穴にショウナンバッハとサクラアンプルール!

 

強い明け4歳世代の菊花賞馬フィエールマンが登場。

 

しかし私はその菊花賞をあまり評価しておらず、

(超スローの2F瞬発力戦だったからね)

 

さらに休み明けでトリッキーな中山外回りともなれば、

 

ぶっ飛ぶ可能性もアリと見て、

 

潔く、斬り。

 

 

ガッツだぜ!!

 

■AJCC2019朝一オッズ

netkeibaより抜粋

 

フィエールマンが断然の人気。

 

単勝1.9倍か・・・

 

締切が近づくにつれ、もうちょい人気になるかもね。

 

次いで売れてるのがジェネラーレウーノ。

私はこの馬はかなり評価していて、

中山の中距離ミドルペースなら相当強いと思っている。

 

謎の暴れ馬ダンビュライトの取捨がこれまた肝だなあ(笑)。

 

さて展開見てみよう。

 

■AJCC2019展開予想

逃げ候補は
ジェネラーレウーノ
ステイインシアトル
マイネルミラノ

先行勢は
ミライヘノツバサ
シャケトラ
ダンビュライト

差し勢は
フィエールマン
サクラアンプルール
メートルダール

追い込み勢は
ショウナンバッハ
アクションスター

行くのは最内枠を引いたジェネラーレウーノで十中八九決まりだろう。続いてステイインシアトル。あるいはミライヘノツバサ。一応マイネルミラノは逃げ候補に入れておいたが、ここ2戦は前に行けてないからねえ。また後方からになってしまうかもしれん。

ジェネラーレウーノは菊花賞の時は超スローに落として逃げたが、ある程度のペースで行った方がいいタイプ。皐月賞では殺人ペースで前に行ったにも関わらず接戦の3着だったからね。スタミナ勝負に持ち込みたいだろうからペースは緩まんだろう。

となれば、上がりだけの瞬発力勝負にはならんだろうし、今の中山は適度に時計が掛かる馬場。こういった適正が高い馬を狙いたい。

 

狙いは持久力型の先行馬!

 

上がり3Fデータも見ておこう。

 

■AJCC2019上がりデータ

上がり1位候補は・・・

・フィエールマン
・ダンビュライト
・ショウナンバッハ

瞬発力勝負になればフィエールマンが圧勝しそうな感じだね。あとハマった時に恐ろしいのがショウナンバッハ。中山適正を疑われてるぽいが・・・去年のオールカマー5着。ハイペースの前崩れになったら飛んでくるかもよ?

 

というわけで、

 

オッパイを触る時は優しく。

 

じゃなかった(笑)、

 

少頭数を買う時は絞って。

 

■AJCC2019浅次郎予想印

◎ ステイインシアトル(7番人気)
◯ ジェネラーレウーノ(2番人気)
△ ショウナンバッハ(9番人気)
△ サクラアンプルール(4番人気)

 

本命はステイインシアトル。8歳馬だがまだ12戦のキャリア。その少ないキャリアで2017年の鳴尾記念で1着、2018年の新潟大賞典で2着がある通り、順調ならGⅢ、GⅡどころか・・・という素質の持ち主である。中山は初だが、重い馬場での好走歴があり心配要らんだろう。また今回の最大のネックは「8ヶ月の休み明け」だが調教内容素晴らしく、全く問題ないと見る。ジェネラーレウーノの真後ろで競馬をしてもらいたい。ハナに行くのも可。頼むぜウチパク!

相手はジェネラーレウーノ。皐月賞3着、セントライト記念1着が示す通り中山は鬼【3.0.1.0】。軽い馬場での瞬発力勝負では分が悪いが、力の要る馬場の持久力戦なら相当強い競馬が出来る。最内枠を引いたんでね。馬なりのまま先頭に立てるんじゃないか。この2頭の一点買いが本線。3着候補に追い込み馬のショウナンバッハ。実力上位のサクラアンプルール

 

単勝 ◎ @1000円
馬単 ◎→◯ @400円(裏200円)
3連単 ◎◯→◎◯→△ @100円

 

頑張れ!ステイインシアトル!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山2R 10番
中山10R 7番
京都9R 8番
中京11R 4番(インティ)

■おまけのモッコリ馬
中山3R 3番
中京3R 2番

 

【東海S2019大穴予想】中京ダート1800mで行われる別定GⅡ東海ステークス。今年はインティが断然の人気を集めそうだが、切り?買い?大穴狙いで逝く。展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3F最速馬は?狙いは大穴アスカノロマン!相手にアンジュデジール、ヒモ穴にコスモカナディアン、アングライフェン、シャイニービーム、カゼノコ。

 

このレース、問題は断然人気の

 

インティをどうするか?

 

ではなく、

 

インティのヒモをどうするか?

 

である。

 

良い子は浅次郎のマネをしないように(笑)。

 

■東海S2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ぶほっ・・・

 

インティの単勝オッズ1.4倍か・・・。

浅次郎の短小オッズとは大違いだぜ・・・。

 

もうね。

 

このレースは、

 

ケーンが正解だと思う。

 

 

昨日、

 

近所のセブンイレブンで働いている

バイトのナナコちゃん(推定19歳)から、

 

「nanacoカード、作りませんか?ポイント貯まってお得ですよ!」

 

と営業されたわけよ。

 

「nanaco持ってるよ」

 

と答えそうになったんだがしかし。

 

その笑顔がキンキラキンの青春アミーゴでね。

 

これは・・・この娘に

「失敗体験」ではなく「成功体験」を与えてやるべきだ!

と瞬時にオジサンシンキング。

 

「じゃあ、ひとつお願いしようかな!」

 

と言って2枚目のnanacoを作る羽目になったわけだが、

 

このレースも、

 

目を細めつつ、

 

ナナコの笑顔を見るレースだと思う。

 

■東海S2019展開予想

逃げ候補は
インティ
アンジュデジール

先行勢は
スマハマ
マイネルバサラ
モルトベーネ
チュウワウィザード

差し勢は
グレンツェント
アスカノロマン
シャイニービーム
コスモカナディアン

追い込み勢は
アングライフェン
メイショウスミトモ
カゼノコ

明確な逃げ馬不在・・・。インティが馬なりのままでハナに立ってそのまま上がり最速を繰り出して勝っちゃう・・・なんてことになるかもしれんが、強い馬がハナに立てば厳しいマークに遭うのは必定。ケツを突かれて突かれて折り合いを欠く・・・なんてシーンがあるかもしれんし、異様なハイペースになるかもしれん。

というか、このレースで穴を狙うならその展開で強引に行くしかないわな。

 

ってわけで、

 

ハイペースの前潰れ想定、

差し決着狙いで逝く。

 

上がりデータを見ておこう。

 

■東海S2019上がり3Fデータ

上がり最速候補は・・・

・インティ
・チュウワウィザード
・スマハマ
・アングライフェン
・シャイニービーム
・カゼノコ

もちろん・・・アンジュデジールやアスカノロマンは前走GⅠ戦なんでね。単純な比較は出来ないわけだが、それにしてもインティは上がりも速いわけでね。ちょっと死角が見当たらない。可愛い上に笑顔も素敵でスタイル抜群みたいなかんじ。面白いのはアングライフェン、シャイニービーム、カゼノコ。

 

さて、

 

良い子のみんなはナナコの相手探しをしないとダメよ。

 

一部悪い子だけ・・・

愛想のねえババア狙いの浅次郎の印を参考にするように。

 

■東海S2019浅次郎予想印

◎ アスカノロマン(7番人気)
◯ アンジュデジール(3番人気)
▲ コスモカナディアン(9番人気)
△ アングライフェン(6番人気)
△ カゼノコ(8番人気)
△ シャイニービーム(12番人気)

「え?インティには△印すら回さないんですか?」という声が聞こえてくるが、バッサリ斬りで。この馬が来た時の配当なんて儂ぁ要らんのじゃ!◎はJBCクラシック6着のアスカノロマン。この時サンライズソア、ノンコノユメ、サウンドトゥルーといった一線級の馬と僅差の競馬をしており、このメンバーなら十分実績上位。ちなみに、3年前の当レース勝ち馬でもある。太宰の雷撃を期待したい。

相手筆頭はチャンピオンズC4着のアンジュデジール。55kgが微妙ではあるが、実績は最上位でこの人気が不思議なくらいである。以下、去年の2着馬コスモカナディアン。差し脚鋭いアングライフェンカゼノコシャニービーム

 

ワイド ◎流し @100円
3連複 ◎◯流し @100円
3連単 ◎→◯▲ @100円

インティは斬るが、保険は賭ける(笑)。

 

頑張れアスカノロマン!

 

今日もナナコ見。

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山10R 1番
京都10R 7番

■おまけのモッコリ馬
中山5R 13番
中京7R 6番
中京11R 8番

 

【東海S2019データ分析】中京ダート1800mで行われる別定GⅡ東海S。インティ、チュウワウィザード、アンジュデジールが人気になりそうだが、データ分析では?枠順・脚質優勢なのは?騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテ・血統は?穴馬候補は、アスカノロマン、コスモカナディアン、ミツバ、クインズサターン。インティは切り?

 

JRAの番組編成には謎が結構あるんだが、

 

何故かダートのGⅡはこの東海Sだけしかない。

 

とりあえず、チャンピオンズCの前哨戦である、

武蔵野S・みやこS・・・

それからフェブラリーSの前哨戦である

根岸SあたりはGⅡに格上げしてもいいと思うけどなあ。

 

それと3歳戦にもGⅡを二つくらい作って、

頂点である3歳ダートGⅠを作った方がいいと思う。

 

もう芝の重賞は作らなくていいよ。

ダート戦線の整備をきちんとして欲しい。

 

■東海S2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は・・・全て圧勝の5連勝でオープン入りしたインティ。

 

 

ひえええ。

 

これは強い・・・

 

 

という声が聞こえて来そうな勝ち方だなあ。

積んでるエンジンも履いてるタイヤも全く違う感じ。

 

ルヴァンスレーヴはフェブラリーS回避という話だし・・・

ここも圧勝するようなことになれば

1番人気でフェブラリーS

・・・なんてことになるかもしれん。

 

しかし一気に相手が強くなるのも事実。

 

今までのようには楽勝楽勝・・・とは行くまい(願)。

 

データ見てみよう。

 

■東海S2019データ分析、人気別成績

ぬう。1番人気強いな。さらに・・・頭は全て4番人気以内。堅めのレースだが、結構ヒモ荒れするね。3連単で2~3着のヒモ荒れ狙いがいいかも。

 

■東海S2019データ分析、枠番別成績

枠は比較的フラット。

 

■東海S2019データ分析、馬体重別成績

520kg以上の大型馬が強いねー。460kg以下は厳しい。馬体の増減は・・・馬体増の方がいいね。

 

■東海S2019データ分析、騎手成績

関西の中級騎手が活躍してる感じだね。関東の騎手は苦戦気味。

 

■東海S2019データ分析、種牡馬別成績

結構バラバラだねー。要注意はキングカメハメハ。

 

■東海S2019データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が強いねー。あとは1~2ヶ月間隔。2ヶ月以上の休み明けはちょっと割引か。明け2~4戦目が多いが、休みなく使い込んでる馬も結構来る。私のチンコも使い込みたい。

 

■東海S2019データ分析、前走成績

あ、このレース、2012年以前は5月施行だったのね。なんで2013年以降を見ないと意味ないわ。注目前走は・・・チャンピオンズC(JCD・6頭)、師走S(4頭)、東京大賞典(3頭)。チャンピオンズCは着順不問、東京大賞典は4着以内、師走Sも4着以内だが、昨年のコスモカナディアンは師走S12着からの巻き返し。

【激熱ローテ馬】
・アンジュデジール(チャンピオンズC4着)
・アスカノロマン(チャンピオンズC10着)
・クインズサターン(師走S3着)
・アングライフェン(師走S5着)

準オープンから馬券になった例はない・・・

 

■東海S2019データ分析、脚質別成績

全体的に見ると前後互角な感じだが・・・面白いのが「2着は前」「3着は後ろ」に偏っているところ。3連単を買う方は参考にしたらいいかも。

 

■東海S2019データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬はゼロですな。2013年以降で見ると・・・「先行→差し」「差し→先行」が多いですな。1番人気の逃げ・先行馬はかなり強い感じ。

穴馬の脚質は・・・差し!

 

■東海S2019データ分析、厩舎・生産者・血統

22/30で関西馬優勢。何故か、関東馬は2着が多いですな。社台系イマイチ。血統を見ると・・・父母いずれかがミスタープロスペクター系って馬が多いね。

 

ケツデータ論。

・使い込んでる馬が優勢。

・差し!

・ミスタープロスペクター系。

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって、多くのデータが当てはまるアスカノロマン。秋から4戦目。チャンピオンズCからのローテ。ミスプロ系。この馬自身が2016年の当レース勝ち馬で適正は当然高い。問題は年齢的な衰え。好走はするものの・・・もう2年ほど馬券になっていない。ま、だからこそチンコビンビン物語!と私は思うわけだが(笑)。

 

それから、去年の2着馬コスモカナディアンにも一票。オープン特別で掲示板・・・という地味な成績が続いているが、去年のこのレースはテイエムジンソクに迫り、後続には6馬身差をつけるかなり強い内容だったんだよねー。こういう馬は忘れた頃に「好きだったのに・・・」なんて言われるからね。要チェックだぜ。

 

現実的な穴馬としては師走S3着のクインズサターンとミツバ。チュウワウィザードとの比較からすると・・・この2頭はそれ以上に人気になってもおかしくないと思うんだけど・・・ま、本番では人気になるかな?

 

他、マイネルバサラ、メイショウスミトモ、グレンツェントあたりにも注目している。

 

問題は、

 

猛烈に強そうなインティの取り扱いだが・・・

 

ザクとは違うが所詮グフ。

 

という結果を期待しつつ、

 

私のガンダムを探したいと思う。

 

最終予想は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

角居師が厩舎再開…半年間の調教停止処分が満了 21年に引退「変わりないです」

角居センセが帰って来たね。しかし、ホントに飲酒運転はダメ。ゼッタイ。破滅に繋がるからね。どんなケースであろうと、どんなに少量であろうとやっちゃダメ。警察に捕まるパターンはむしろラッキーだ。

 

 

【AJCC2019データ分析】中山芝2200mで行われる別定GⅡアメリカジョッキークラブカップ。今年は菊花賞馬のフィエールマンに注目が集まるが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では、中枠有利?脚質は?騎手、馬体重、種牡馬、前走ローテは?穴馬候補はサクラアンプルール、ショウナンバッハ、マイネルミラノ、ステイインシアトル!

 

菊花賞馬フィエールマンがここから始動。

 

人生的には運命のプリティウーマンをどう扱うか?

が最大のポイントになるわけだが、

 

今年のAJCC的にはこの馬をどう扱うか?

が最大のポイントとなりそうだね。

 

■AJCC2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

MAX11頭立て。

 

明け4歳馬の猛威が続いており、

 

このレースも4歳の2頭が人気を集めそうだが、

 

いずれも休み明け緒戦。

 

舞台はトリッキーな中山芝2200m。

 

恋愛や人生と一緒で、

 

何があるか分からんでー。

 

過去データ見てみよう。

 

■AJCC2019データ分析、人気別成績

おっ?1番人気弱っ!代わりに2番人気強っ!頭は堅めだが、ヒモは結構荒れてるね。

 

■AJCC2019データ分析、枠番別成績

3~6枠の成績が良いですな。極端な枠は割引?

 

■AJCC2019データ分析、ハンデ別成績

別定戦だが、一応斤量データも見ておこう。重いハンデの馬の方が信頼度高い感じですな。ただ、今年は58kgの馬不在。

 

■AJCC2019データ分析、馬体重別成績

ある程度の馬格は必須。459kg以下は割引。馬体の増減はあまり気にしなくていいか。

 

■AJCC2019データ分析、騎手成績

関東のベテラン勢強し。ルメールは過去6回乗って2着が一回・・・。そのほとんどが人気馬。今年はどうかな?

 

■AJCC2019データ分析、種牡馬別成績

サンデーサイレンス系中距離種牡馬が強い。マーベラスサンデー、ゼンノロブロイ・・・ちょっとパワー寄りの適正が必要なレース。穴を開けるのはノーザンダンサー系。

 

■AJCC2019データ分析、間隔別成績

休み明けの実績馬が強いのかと思いきや・・・2ヶ月以上間隔が開いてる馬はイマイチだねー。11~12月からのローテ、明け4戦目がベスト。

 

■AJCC2019データ分析、前走成績

注目前走は、有馬記念(7頭)、中山金杯(4頭)、ディセンバーS(4頭)。ディセンバーSは2着以内条件だが、有馬記念・中山金杯は着順不問。ジャパンカップ、天皇賞秋、菊花賞からのローテはレアケース。

【激熱ローテ馬】
・サクラアンプルール(有馬記念7着)

 

■AJCC2019データ分析、脚質別成績

圧倒的に先行有利だねー!

 

■AJCC2019データ分析、位置取り・上がり3F

あ・・・ホースズバーのJネーサンに騙されるところだった(笑)。JRAのデータだと「9-6-3」みたいな通過順の馬を「先行」と判断しちゃうから要注意。実際は3コーナー付近から動く馬が多く、前後互角だ。

馬券パターンは・・・「先行→差し」「差し→差し」「差し→先行」「先行→逃げ」何でも有りだが、あまりに後ろからは届かない。

穴馬の脚質は、逃げ!

過去10年で4頭の逃げ馬が馬券になっているが、いずれも人気薄。逃げる馬が分かっているのなら・・・その馬から入るのもアリだろう。今年はジェネラーレウーノ?いや、マイネルミラノか?それとも・・・ステイインシアトル?

 

■AJCC2019データ分析、厩舎・生産者・血統

21/30で関東馬優勢。社台系が強いですなあ。血統的にはサンデーサイレンスの血必須。上でも書いたが、穴を開けるのはノーザンダンサーの血。

 

ケツデータ論。

・休み明けの馬より使い込んでる馬

・逃げ馬

・サンデーサイレンス系、パワー寄り

 

穴馬候補を挙げておく。まず、10倍以上付くならガチで狙いたいサクラアンプルール。秋天6着、有馬記念7着・・・とGⅠでもそれなりに走っており、GⅡレベルなら能力上位。そして中山は大得意【3.1.2.3】。問題は明け8歳となる年齢だが、全く問題ないと見る。軸候補。

次に、「最近の好走要因は軽ハンデじゃね?」と思われてるっぽいショウナンバッハ。しかし、昨秋のオールカマーでもダンビュライトやエアアンセムと僅差の競馬をしており、ここでも好勝負可能と見る。展開に注文は付くが、ハマった時の末脚は脅威。大穴扱いならこの馬を軸にするのも面白い。

それから、上でも挙げた・・・逃げ馬候補のステイインシアトル。今年8歳になるが、故障やらなんやらでまだ12戦しかしていない。今回も8ヶ月の休み明けとなるんでね。その分は大幅に割引だが、この馬・・・休み明けは【1.3.0.0】とパーフェクト連対。調教必見。

同じく逃げ馬候補で昨年の3着馬マイネルミラノも怖い一頭。1年半の休み明けから叩き3戦目のミライヘノツバサも面白いね。

 

断然人気が予想されるフィエールマンは・・・

 

 

ビリっとハートブレイクで。

 

いつも通り、

 

ルール通りの大穴狙いで逝く。

 

運命のプリティウーマンはいずこ。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

レーダー照射問題、元駐日韓国大使館公使「韓国軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない」

泥沼。

 

 

 

【京成杯2019予想】中山芝2000mで行われる別定GⅢ京成杯。人気はシークレットラン、ランフォザローゼス、ラストドラフトあたりだが、当然大穴狙いで逝く。展開・隊列・ペースはどうなる?上がり3F最速馬は?狙いは、札幌2歳Sで強豪相手に2着だったナイママ!相手はシークレットランの一点勝負!

 

今年もまた、

 

「結局デムルメかよぉぉぉ」

 

とレース後に嘆くことが多くなるのかもしれん。

 

 

だけんどもしかし、

 

今年も、

 

出来得る限り、

 

デムルメには

 

逆らって逝きたいと思う。

 

それが私の生きる道。

(ムリな時もあるけど。笑)

 

■京成杯2019朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はデムルメを押し分けてシークレットラン。

 

前走は相当強い内容だったからねえ。

 

2番人気はその前走で2着だったランフォザローゼス。

 

ちなみにこの2頭はダイナカールに繋がる同族で

近親に活躍馬多数の超良血馬。

 

この2頭+デムルメで決まっちゃうのかもしれんが、

穴党としては逆転候補を探さねばなるまい。

 

展開見てみよう。

 

■京成杯2019展開予想

逃げ候補は
カテドラル

先行勢は
ヒンドゥタイムズ
カフジジュピター
ランフォザローゼス
ラストドラフト

差し勢は
カイザースクルーン
クリスタルバローズ
リーガルメイン
ナイママ
ダノンラスター

追い込み勢は
シークレットラン
マードレヴォイス

逃げ馬不在。2走前に逃げたカテドラルを挙げたが、鞍上福永なんでね。前に行くとしてもポジション取って2~3番手の可能性が高そう。他に行くとしたら内枠のヒンドゥタイムズかカフジジュピターか・・・

いずれにせよ積極的に行きたい馬はおらず、ペースは速くなりそうにない。

 

1000m通過は61~62秒くらいか。

 

しかし、中山の芝は時計が掛かり気味・・・かと思ってたら、

日曜メインのニューイヤーSは1:32.4の高速決着。

 

今日も引き続き天気良さそうだし、

もしかしたら速いペースでの高速決着あるかもしれんね。

 

ま、スローで流れるとしても、

上がりだけの瞬発力勝負にはなるまい。

 

何故かと言えばシークレットランがいるからだ。

 

おそらく・・・前走と同じマクリ勝負に出るだろう。

残り800からこの馬が仕掛ければ、

全体のペースも上がるだろうからね。

 

どれだけ長く脚を使えるか?

 

のロンスパ合戦になるとみる。

 

上がりデータも見ておこう。

 

■京成杯2019上がりデータ

上がり1位候補は・・・

・ヒンドゥタイムズ
・リーガルメイン
・ラストドラフト
・シークレットラン
・ダノンラスター

このデータはレースレベルとかコースとか馬場とかを一切無視した数字だけの話なんでね。当然的外れ的な馬も混ざってしまうのであるが、ヒンドゥタイムズ・リーガルメインあたりは穴馬として面白そうだよね。

 

さて、

 

そもそもが堅めの決着が多いこのレース。

 

穴を狙うのは皮カムリかもしれんが、

 

静かに我が獣道を行くのみ。

 

マクリを期待してこの2頭で逝く!

 

印はこうだ!

 

■京成杯2019予想印

◎ ナイママ(7番人気)
◯ シークレットラン(1番人気)

◎は逆転の可能性があるナイママとする。東スポ杯2歳Sは13着と大敗したが、2走前の札幌2歳Sではニシノデイジーと首差2着。この時3着のクラージュゲリエは京都2歳S勝ち。さらにコスモス賞で負かしたアガラスは東スポ杯2着。横の比較で言えば、ナイママは現2歳のトップ10に入るような馬であることが分かる。札幌2歳の内容からも小回りのコーナー4回でマクリが効くようなコースは合うと思う。あとはデキと鞍上次第だが・・・頼むぜ大知!

相手はシークレットラン一頭。前走の内容からして馬券になる可能性は強いと見る。ただ、展開に左右される面はあるかもしれん。仕掛け所を間違えんなよウチパク!

 

馬単 ◎→◯ @500円
馬連 ◎-◯ @1000円

 

頑張れ!ナイママ!

我が家はオニママ!

 

 

【おまけ】月曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山5R 1番

■おまけのモッコリ馬
中山8R 8番
京都5R 8番

 

 

 

 

 

【日経新春杯2019予想】京都芝2400mで行われるハンデGⅡ日経新春杯!人気はグローリーヴェイズ、ムイトオブリガードあたりだが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースは?上がり3F最速馬は?狙いはウインテンダネス、シュペルミエール、ノーブルマーズ、ルックトゥワイスの前残り!超爆穴にケントオーとエーティサンダー!

 

昨日のフェアリーSは大激戦だったねー。

 

狙ったレディードリーは大きく出遅れるも

上がり最速を使って0.2秒差の7着。

 

こんなもんはもう・・・

展開とかコース取りとかチンポジとかの差なんでね。

 

お気に入り女優の新作がレンタル中だった・・・

 

って感じで、

 

もう一回狙いたいと思う。

 

さて、今日は日経新春杯!

 

■日経新春杯2019オッズ

netkeibaより抜粋

 

6番人気のルックトゥワイスまでが単勝10倍以下。

 

結構割れてるねー。

 

人気はミルコ騎乗のグローリーヴェイズが集めそう。

菊花賞では上がり最速タイの33.9を繰り出して5着。

 

当然能力上位だが・・・

 

今の京都は上がり33秒台なんてとても出る感じじゃないからね。

 

出遅れて後方から・・・

あるいは瞬発力を削がれるような展開になったら・・・

末脚不発!なんてこともあるかもよ?

 

というわけで、

 

今日も元気に、

 

1番人気ぶった斬り!

 

 

展開見てみるか。

 

■日経新春杯2019展開予想

逃げ候補は
ウインテンダネス
メイショウテッコン
アイトーン
ロードヴァンドール

先行勢は
ガンコ
ノーブルマーズ
アフリカンゴールド
シュペルミエール
ケントオー
サラス

差し勢は
ルックトゥワイス
エーティーサンダー
グローリーヴェイズ
ダッシングブレイズ
ムイトオブリガード

追い込み勢は
マサハヤドリーム

む。行きたい馬は結構いるね。ただ、行けるかどうか微妙なのがアイトーンとロードヴァンドール。外枠の上に、前走で行けてないんだよねー。メイショウテッコンは行ってこその馬なんでね。この枠でも多分行くと思うんだが、京都の鬼武豊がどう乗るかね。番手に控える選択肢もあるか?

となれば、行くのはウインテンダネスになるかもしれんね。あるいはガンコあたりが行く可能性もあると思う。京都2400は最初の直線が600mと長いんでね。先行争いがどうなるのか見もの。

 

ペースがどうなるのか?

 

これは行く馬によって変わると思うが、どの馬も積極的にぶっ飛ばして行く感じじゃないんでね。そう速くはならんだろう。

 

平均ややスロー目。

 

時計の掛かる馬場を加味して、

 

1000m通過は61~62秒くらいを想定。

 

狙いは、

 

前残り!

 

一応上がり3Fデータも見ておくか。

 

差しが来るなら・・・

 

■日経新春杯2019上がり3Fデータ

上がり1位候補は・・・

・グローリーヴェイズ
・ルックトゥワイス
・ムイトオブリガード
・シュペルミエール
・アフリカンゴールド

見事に人気馬ばかりですな。

 

まだ見てない人はデータ分析も見ておくべし。

日経新春杯2019データ分析

 

さてと、

 

君は今もあの頃みたいにいるのだろうか。

 

世界は遷りゆくけれど

 

変わらない何かがありますように。

 

■日経新春杯2019予想印

 

◎ ウインテンダネス(7番人気)
◯ シュペルミエール(4番人気)
▲ ノーブルマーズ(9番人気)
△ ルックトゥワイス(6番人気)
△ メイショウテッコン(3番人気)
△ エーティーサンダー(12番人気)
△ ケントオー(16番人気)

 

◎はウインテンダネス。人気になっているムイトオブリガードとの単純比較でも互角以上(アルゼンチン共和国杯で0.2秒差だが、今回ムイトオブリガードは1kg増)。ジャパンカップ8着をどう評価するかだが、ご存知の通りアーモンドアイが超レコードを出したレース。このレースでウインテンダネスは不利な大外枠。さらにちょいと出遅れて・・・前に行くのに脚を使ってしまったのである。

それでも最後まで垂れずに走り、走破時計は2:22.3。私は評価していいと思うけどね。このレース・・・「トニービンの血に注意」とデータ分析で書いたが、この馬の曽祖父がトニービン。カンパニー産駒というレア度もあって応援したくなる馬である。昨年目黒記念の時に馬券でお世話になったし、この馬から勝負したい。出来ることなら2番手希望。頼むぜウチパクっ!

 

◯はシュペルミエール。6歳馬だが長期休養などがあってまだキャリア11戦。まだ全く底を見せておらず、このメンバーでも十分やれると見ている。いい枠を引いたし、インの好位で脚を溜められれば好勝負必至。ヒロシ!出遅れるんじゃねーぞ!▲に宝塚記念3着のノーブルマーズ。秋2戦の大敗は気になるが、調子が上がって来れば互角以上。今の京都の時計が掛かる馬場も合うんじゃないの。この馬もトニービン系。

以下、ルックトゥワイス、メイショウテッコン押さえ。大穴3着候補にエーティーサンダーとケントオー。

 

馬連 ◎-◯▲ @500円
3連単 ◎→◯▲→◯▲△ @100円

 

頑張れ!ウインテンダネス!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山2R 8番
中山12R 8番
京都9R 13番

■おまけのモッコリ馬
中山12R 11番
京都4R 2番

 

 

 

【フェアリーS2019予想】中山芝1600mで行われる3歳牝馬別定GⅢフェアリーステークス。今年はアクアミラビリスが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く!展開・隊列・ペースは?上がり3F1位候補は?狙いは大穴レディードリー!相手にフィリアプーラ!ヒモ穴にアゴベイ、ウィンターリリー、プリミエラムール、ホウオウカトリーヌ!

 

うっしっし!

 

これは面白そうだねえ!

 

■フェアリーS2019朝イチオッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はミルコ騎乗のアクアミラビリス。

 

姉にクイーンズリングがいる超良血だが、

新馬戦を勝ったばかりのキャリア1戦馬。

その新馬戦は超スローの瞬発力勝負。

 

確かに上がり33.2は驚異だが、

今回の舞台は逆ベクトルの中山マイルである。

 

素質はかなり高そうだが、

東京マイルか阪神マイルで買いたい感じの瞬発力系。

 

もう一つついでに言うと、

ミルコの中山マイルの複勝率は39%。

(この男の全体の複勝率は55%)

中山マイルは決して得意とは言えない舞台である。

 

こんな時、

 

男は黙って、

 

 

切り捨て御免!

 

来たら素直にアイムソーロー。

 

展開見てみるだす。

 

■フェアリーS2019展開予想

逃げ候補は
グレイスアン
ウィンターリリー
アクアミラビリス

先行勢は
エフティイーリス
スカイシアター
ホウオウカトリーヌ

差し勢は
プリミエラムール
サンタンデール
アマーティ
レーヴドカナロア
フィリアプーラ
レディドリー
メイプルガーデン

追い込み勢は
セントセシリア
アゴベイ
チビラーサン

積極的に行きそうな馬が見当たらないんだよね。一応、アクアミラビリスとグレイスアンは前走番手の競馬をしているんで前に行くとは思うんだが、ハナには立ちたくないだろうなあ。あ、いや、アクアミラビリスはある程度控えるかもしれんな。グレイスアンは外枠が辛い・・・。

であれば、2走前に逃げているウィンターリリーが行く可能性もあるか。いずれにせよそう速いペースにはならんだろう。

 

・・・とは言え、舞台は中山マイルだからね。前半はずっと下りだし、ある程度流れるのは流れるだろう。

 

1000m通過は59~60秒くらい。

上がりは34.5~35秒前後で1:34.5くらいの時計を想定。

 

先週の中山芝は基本的に前有利だったんだが、

今週はどうだろうねえ。

 

データ分析でも書いたが、

このレース自体は差しが優勢。

 

上がり3Fデータも見ておこう。

 

■フェアリーS2019上がり3Fデータ

上がり1位候補は・・・

・フィリアプーラ
・アゴベイ
・ウィンターリリー
・プリミエラムール
・アクアミラビリス
・チビラーサン

といったところか。距離は無視して速いペースで上がり最速を繰り出しているのはフィリアプーラ、ウィンターリリー、アゴベイ。あ、ホウオウカトリーヌも面白いね。

 

さてと。

 

やっと、

 

私のリトル如意棒の出番が来たようだな!

 

伸びろ!鼻の下!

 

嗅げ!脇の下!

 

如意棒ブン回しで大穴狙い!

 

■フェアリーS2019予想印

◎ レディードリー(10番人気)
◯ フィリアプーラ(2番人気)
▲ アゴベイ(8番人気)
△ ウィンターリリー(12番人気)
△ グレイスアン(4番人気)
△ ホウオウカトリーヌ(5番人気)
△ プリミエラムール(13番人気)

◎はレディードリー。「浅次郎さん正気ですか?柴田善ですよ?外枠ですよ?10番人気ですよ?」という声が聞こえてくるが、至って私のちんこは正常である。このレース・・・10番人気がめちゃくちゃ強いのを知ってる?(マジ話)。・・・まあ人気は偶然だが、この馬の前走は牡馬相手のベゴニア賞。直線半ばまでいい競馬をしたが、最後は力尽きて0.4秒差5着。もしかしたら距離的にマイルはちょっと長いのかもしれん。

「あれ?浅次郎さん、今回もマイルですよ?」。うむ、その通り。今回もその懸念はある。しかし、舞台変わって中山マイル。前半は下りで追走は楽だし、直線は短くなるんで使う脚は一瞬でいい。3走前の東京1400を1:21.3で走った馬。脚を溜めて溜めて・・・からの大外ブン回しで飛んでくるのを期待したい。

◯はフィリアプーラ。すでに中山マイル1:34.4の持ち時計があり、同じだけ走れば勝ち負け。私が本命党ならこの馬で勝負するだろう。問題は最内枠。コース的には有利な枠だが、差す競馬をするならポジション取りをどうするのか微妙。外に出すのか・・・それともインを突くのか・・・。

以下、差し→差し→差し狙いで▲にアゴベイ。前走は中京芝1400だったが、出遅れ、大外ブン回しで追い込んでの2着。強烈な脚を持っているぞ!以下、前警戒でウィンターリリーグレイスアンホウオウカトリーヌプリミエラムールまで。

 

馬連 ◎-◯ @300円
馬連 ◎流し @100円
3連複 ◎◯流し @100円
3連単 ◎→◯→▲ @100円

 

頑張れ!レディードリー!

 

 

【おまけ】土曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
中山2R 7番
中山10R 11番
京都11R 1番

■おまけのモッコリ馬
中山9R 12番
京都9R 14番

 

 

【京成杯2019データ分析】中山芝2000mで行われる3歳別定GⅢ京成杯。シークレットラン、ラストドラフトあたりが人気だが大混戦模様。過去データからは内枠外枠どっちが有利?差し馬優勢?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はカイザースクルーン、ナイママ、ヒンドゥタイムズ、リーガルメイン。しかし堅いか・・・

 

今週って成人式なのねー。

 

20歳か・・・

 

もし、20歳の頃に戻れたら・・・

 

■京成杯2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ぬう。

 

人気は葉牡丹賞を勝ったシークレットラン。

 

8番の馬に注目。

 

後方2番手から残り800で進出開始。直線に入っても全く手応え衰えず・・・そのまま差し切っての圧勝。めちゃくちゃ長く脚使ってますな。

 

勝ちタイムの1:59.6は2歳レコードみたいやね。

 

ちなみに、サートゥルナーリアが圧勝した・・・

先日のホープフルSの勝ち時計は2:01.6。

過去10年のホープフルSでも2分を切ったことはない。

 

まあ、葉牡丹賞が行われたのは開幕馬場で。

時計が出やすかったのはあっただろうけどね。

それにしても凄い・・・の内容である。

 

もしかしたらダンカーク産駒初の大物かもしれん。

(母系はエアグルーヴを近親にもつ超良血)

 

データ見てみるか。

 

■京成杯2019データ分析、人気別成績

1~2番人気が安定して強いなー。そして二桁人気馬が馬券になったのは1回だけ。ほぼほぼ7番人気以内で決着しており・・・非常に堅いチクビのレースだと言える。

 

■京成杯2019データ分析、枠番別成績

大外枠強いなあ・・・馬券率では内外大差なく、あまり枠順は気にしなくていいかもしれん。死に枠は7枠。

 

■京成杯2019データ分析、馬体重別成績

馬体重分布を見ると440~539kg。439kg以下だとデータ的にはマイナス。馬体の増減はプラスの方が若干優勢か。

 

■京成杯2019データ分析、騎手成績

関東の上位騎手が強い。今回デムルメがいるみたいだが・・・そのおかげで他の馬が美味しくなりそうですな(チクビ吸えーーー!どんどん吸えーーー!)。

 

■京成杯2019データ分析、種牡馬成績

ハービンジャー、ステイゴールド、バゴ・・・中山芝2000適正の高そうな種牡馬が並んでますな。あとキングカメハメハも相性いいね。ディープインパクトは出走頭数・人気の割に低調。ダノンラスターは堀厩舎×ミルコ騎乗で人気になりそうだが・・・

 

■京成杯2019データ分析、間隔別成績

間隔の狭い馬も馬券になるが、メインは1~2ヶ月間隔の馬。休み明けの馬も狙い目。

 

■京成杯2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・葉牡丹賞(4頭)、ホープフルS(5頭)、エリカ賞(3頭)、未勝利戦(5頭)、あとは東スポ杯や京都2歳S、旧ラジオNIKKEI杯といったGⅢ組。500万特別組は連対が最低条件。重賞組は5着以内。距離は1800~2000mのみ。例外は朝日杯FS組。

【激熱ローテ馬】
・シークレットラン(葉牡丹賞1着)
・ランフォザローゼス(葉牡丹賞2着)
・ダノンラスター(東スポ杯5着)
・リーガルメイン(未勝利戦1着)

 

■京成杯2019データ分析、脚質別成績

頭は前後互角だが、2~3着は差し・追い込み優勢。

 

■京成杯2019データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」が圧倒的に多く、次に「先行→差し」。特に・・・路盤改修以降は差しがかなり優勢な感じでね。ジェネラーレウーノ級だと前でも粘れるが、基本的な差し・追い込み(マクリ)系の馬を狙いたい。

穴馬の脚質は・・・差し。

徹底して差し狙いで行くか。

 

■京成杯2019データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。社台系が強いが、ここ2年は非社台の馬が勝っているね。血統的にも非サンデー種牡馬がかなり活躍している感じ。キレるタイプより力強く長く脚を使えるイメージの血統が良さそう。

 

ケツデータ論。

・堅ケツ

・瞬発力型より持久力型

・差し、追い込み馬

 

穴馬候補を挙げておこう。まずは、カイザースクルーン。ルーラーシップ×ステイゴールドで血統的な背景は十分。前走は葉牡丹賞で5着に負けたが、出遅れた上での先行策が痛かったと見る(押して押して前に行った)。芙蓉Sの時のように後ろからでも競馬は出来るはず。手に戻った石川がどう乗るのか見もの。

次に、札幌2歳S2着のナイママ。前走東スポ杯2歳Sの惨敗で大きく株を落とす感じだが、そもそも東京の瞬発力勝負は合わなかったのかもしれん。タフな中山芝2000mならマクリが効く。ニシノデイジー、クラージュゲリエと接戦を演じた馬だけにここで見限るのは早漏。

あとは未知の魅力でヒンドゥタイムズ。4番。

新馬戦は少頭数のスローだったんでね。レースレベルは疑問だが、好位から楽々抜け出して上がりダントツ。最後は流して3馬身半差。ハービンジャー産駒のシルク馬。中谷騎乗だと人気にならんだろうが・・・一発あるかもよ?

もう一頭ハービンジャー産駒のリーガルメインも面白い一頭。前走の未勝利戦では後方から長く脚を使って快勝。この舞台は合うんじゃないかなー。

 

ただ、

 

正直、

 

今回はシークレットランで堅いと考えている。

 

データ的にも全くスキがなくてね。

 

私が本命党ならこの馬を頭にして勝負するところだ。

(デムルメがチクビ吸うだろうからね)

 

だけんどもしかし。

 

どんなに美人でスタイル抜群でも全くスキがないと・・・

 

 

浅次郎は近寄れないのである。

 

同じ美人でも、

 

こういう方が近寄りやすい。

(そりゃそうだ!)

 

 

リカちゅわぁぁぁん♡

 

その棒を私のケツに刺してくれぇい。

 

ま、枠順と調教見てからね。

 

結論は月曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

もし20歳の頃の私に会えたら、徹夜でダビスタやってる私の頭をハリセンで叩き、振り返った所をリバーブローからのデンプシーロールでトドメを刺し、「ちゃんと学校行って勉強しろ!競馬はいいけどパチンコはやめろ!お酒はちょっとにしとけ(肝臓壊すぞ)!」と言ってやりたいですな。人生、要領と口八丁でどうにかなるだろ!と思っていたあの日・・・今思えば甘えた子供だったなあ。