【オールカマー2018予想オッズ・データ分析】中山芝2200mで行われる別定GⅡオールカマー。人気はレイデオロ・アルアイン・ダンビュライトあたりか。データ分析では・・・枠は外枠が有利?騎手・馬体重・種牡馬は?前走ローテは?穴馬候補はゴールドアクター、ショウナンバッハ、マイネルミラノ、エアアンセム、ミライヘノツバサ。

 

オールカマーってレースはさ。

 

文字通り、

 

「どんな馬でもカモン!」

 

って意味であって、

 

元々「地方競馬招待競争」なんだけどね。

 

しかし地方馬が出走することは・・・

 

ほとんどない。

 

■オールカマー2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

レイデオロが1番人気で確定でしょうな。

 

しかし海外帰り+半年の休み明け。

 

そして中山2200というトリッキーなコース。

(京都大賞典の方がいいんじゃね?)

 

能力がトップクラスなのは重々承知だが、

 

不安がある1番人気は・・・

斬って用いるべし!

(浅次郎競馬7か条其の6)

 

 

である。

 

来たら、

 

「親父にもぶたれた事ないのに!」

 

と叫んでスネればよろしい。

 

データ分析行こう。

 

■オールカマー2018データ分析、人気別成績

むーん。神戸新聞杯ほどではないが、これまた1番人気強えなあ。2番人気、3番人気も安定してるし・・・馬券のほとんどは6番人気以内で収まっとるやんけ・・・。大穴狙いより本命サイドを狙った方がいいかも(もちろん私は穴狙いで逝くけどな!)。

 

■オールカマー2018データ分析、枠番別成績

中山外回りの2200m戦。外枠優勢。

 

■オールカマー2018データ分析、馬体重別成績

何故か480~499kgのところに勝ち馬が集まってますな。馬体の増減は増えてる方が良さそう。

 

■オールカマー2018データ分析、斤量別成績

ハンデ戦じゃないが一応見ておこう。54~55kgは牝馬やね。58kgの馬が居たら要注意だが・・・今年は不在。あれ?レイデオロもアルアインも57kgなんか。ふーん。

 

■オールカマー2018データ分析、騎手成績

池添(ブラックバゴ)注意。あとは関東のベテラン勢。一発ならヒロシと田辺。

 

■オールカマー2018データ分析、種牡馬成績

このコース、スローのヨーイドンにはなりにくいからね。瞬発力自慢の種牡馬より長く脚を使えるタイプの方がいい。ディープインパクトは勝ちきれない感じ。あ、そういえばアルアインは昨年のセントライト記念でも2着に負けているね。この馬、毎日王冠の方がいいと思うんだけど。

キングカメハメハはこの舞台合いそうで合わない。レイデオロもこの舞台が合うとはとても思えん。まあ、能力でカバーするんだろうけど。面白そうなのはこの舞台が庭のステイゴールド(ショウナンバッハ、マイネルミラノ)。それから同系でナカヤマフェスタ(ガンコ)、ドリームジャーニー(ミライヘノツバサ)。

 

■オールカマー2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬が大半。上がり馬が入る余地は少ない。ただ、半年以上の休み明けは微妙。

 

■オールカマー2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・宝塚記念(8頭)。他のGⅠが6頭。あとはバラバラで絞れん。宝塚記念組は着順不問だが、上位組はやはり強い。海外帰りで馬券になった馬はいない。それから・・・前走は格に関わらず着順不問。GⅡ・GⅢ大敗からの巻き返し可能。

激アツローテ馬
・ダンビュライト(宝塚記念5着)

 

■オールカマー2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に「逃げ・先行」!上がり6位以下の馬が相当馬券になってる通り、前の馬が相当残ると見ていい。理想は先行チョイ差し。ただし2~3着には差し馬も来る感じだね。

 

■オールカマー2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になったのは4頭。ルージュバック以外は全てGⅠ馬。脚質パターンは「先行→差し」「先行→先行」。やはり前に行ける馬を頭にしたい。

穴馬の脚質は・・・差し!

先行馬が強いレースだが、穴を開けるのは差し馬。頭で来る感じじゃあないけどね。

 

■オールカマー2018データ分析、厩舎・生産者・血統

19/30で関東馬優勢。生産牧場は圧倒的に社台系。血統的にもサンデーサイレンス系主流種牡馬がズラリ。母系は何でも有りだなあ。ドッチかと言えばパワー寄りか。

 

ケツデータ論。

・大敗からの巻き返し可能。

・ステイゴールド系

・先行馬が強いが、穴を開けるのは差し!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、同じ休み明けでも超人気薄になりそうなGⅠ馬ゴールドアクター!「ええ?この馬はもう終わってるのでは?」という声が聞こえてくるが、そういう決めつけは金八先生が許さないアルよ。「人を見た目で判断するんじゃない!」とよく言われるが、「馬を直近の成績で判断するんじゃねえ!」と私は言いたい。戦績を改めて見てみれば、有馬記念、日経賞、オールカマー勝ちがあり、昨年の宝塚記念2着。中山適正抜群、実績最上位。ただ、最近の成績が悪いだけである。もちろん、状態面が良かったらの話だが・・・調教要チェック。

次に、大穴になりそうなショウナンバッハ!「ええ?前走の好走は軽ハンデのおかげでは?」という声が聞こえてくるが、そういう決めつけは鬼塚先生が許さないアル。よーく見てみなせい。去年のオールカマーでも56kgで0.2秒差5着だったのである。さらに2016年は0.4秒差6着。おそらく、この舞台は合う!どんな相手でも上がり上位が使えるのがこの馬のストロングポイント。もう一回爆走あるかもよ?

それから、中山2200なら・・・マイネルミラノ!昨年のオールカマー4着、今年のAJCC3着!この時ダンビュライトより1kg重かったが今回は1kg軽くなる。脚質からしても穴馬の資格十分。馬場や展開次第で激走あって不思議なし。

他、1年半振りの休み明けとなるミライヘノツバサも気になるが、さすがに一回使ってからかなあ・・・ま、調教見てからやね。あとは人気になるかもだが、エアアンセムブラックバゴも気になるな。結構穴っぽい馬多いよね。

 

・・・とか言ってると、

 

レイデオロ→アルアイン→ダンビュライト

 

って感じのワンツースリーで決まっちまうかもだけどな(笑)。

 

結論は週末。

 

父スクリーンヒーロー。母父キョウワアリシバ。生まれた時は全然期待されていなかったであろうこの馬が、良血高馬を蹴散らすところが見たい・・・立て!立ち上がるんだアムロ!

 

【浅次郎のひとりごと】

頭蓋骨骨折の福永騎手 今週、来週の騎乗見送り

結局乗らずか。こりゃ家族からストップ掛かったかな。ワグネリアンには誰が乗るんだろうね。