【神戸新聞杯2018予想オッズ・データ分析】阪神芝2400mで行われる菊花賞トライアルGⅡ神戸新聞杯。ダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポカドーロが秋緒戦。さて、データ分析では、1番人気鬼強!枠の有利不利は?脚質は差し?騎手・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はアドマイヤアルバ、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー。

 

神戸新聞杯のメンバーは

 

セントライト記念と比べると、

 

一気に熱量が上がりますな。

 

しかし、穴党は半ボッキ・・・。

 

いや、1/3ボッキ・・・

 

■神戸新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

最大11頭。

(そのうち2頭はダート馬???)

 

3着までに菊花賞の優先出走権。

 

ただし、ほとんどの馬がすでに賞金を確保しており、

是が非でも優先出走権が欲しい!

という馬は・・・ダブルシャープくらいか。

あ、エタリオウも実は微妙???

 

ま、カッチカチの100%仕上げで来る陣営は少なく、

大方は菊花賞に向けての叩きレースである。

 

注目は、

 

ダービー馬ワグネリアン

皐月賞馬エポカドーロの対決。

 

他の馬が割って入る余地はあるのか?

 

データ見てみよ。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、人気別成績

う、うへぇ!1番人気強え!強すぎるっ!うちの嫁より強いっ!さらに、2~3番人気も強く・・・10番人気以下の馬は馬券ゼロ。これはもう・・・本命党用のレースやね。穴党出番なし。期待するとすれば、中穴の2~3着か。

 

 

■神戸新聞杯2018データ分析、枠番別成績

外回りの2400戦だし、あまり気にしなくていいと思うが、5枠・8枠が馬券になってるね。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、馬体重別成績

460~519kgのゾーンがほとんど。休み明けの馬が多くなるんで、プラス体重が多いと思ってたんだが、意外とマイナス体重の馬でも大丈夫だな。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、騎手成績

ルメール、四位、福永、武豊、内田・・・騎乗予定馬なし?ルメールはオールカマーでレイデオロやね。あ、ワグネリアンは福永騎乗予定になってるがどうすんだ?→【神戸新聞杯】落馬で頭蓋骨骨折の福永 神戸新聞杯出る「痛みもありません」・・・へ?出るんか?マジ?あ、なるほど。この不安がワグネリアンの予想オッズを落としてるんかな。その後→頭蓋骨骨折の福永騎手 今週、来週の騎乗見送り・・・やはり乗り替わりのようだ。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

数の上ではディープインパクトだが、率で言うとイマイチなんやねね。それより、キングカメハメハステイゴールドハーツクライを上位に取りたい。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、間隔別成績

うひー。馬券のほとんどは休み明け。夏の上がり馬は来たとしても2~3着まで。夏休み明けの馬を狙うべし。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・ダービー(17頭)、ラジオNIKKEI賞(3頭)、1000万条件(7頭)。これで馬券のほとんど。ダービー組は着順不問だが・・・1~2着馬鬼強。ラジオNIKKEI賞も着順不問。1000万組は1着条件!おまけで2着まで。

激アツローテ馬
・ワグネリアン(ダービー1着)
・エポカドーロ(ダービー2着)
・メイショウテッコン(ラジオNIKKEI賞1着)

今回、1000条件組不在。穴はダービー惨敗組か。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に「差し」!上がり1~2位の馬が馬券の8割近くを占めており・・・上がり6位以下の馬は皆無。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

ダービーの1~2着馬がずらりと並んでいるね。脚質パターンは、圧倒的に「差し→差し」!昨年のレイデオロみたいな先行型が馬券になることは少なく、2015年のリアファルみたいに逃げ馬が残るのもレアパターン。徹底して「差し馬狙い」でいい。

上がりは・・・ご覧の通り、瞬発力必須!上位上がり3位以内(最低でも5位以内)が使えないと馬券にならない!

穴馬の脚質は・・・差し、追い込み!

基本的に堅いレースだが、2~3着に差し・追い込み馬がぶっ飛んでくることは結構あるみたいね。1番人気頭→差し穴→2番人気1番人気頭→差し穴→差し穴。とか3連単で決め打ちした方がいいかも。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

29/30で関西馬優勢。例外は昨年のレイデオロのみ(今回ゴーフォザサミットが関東馬)。生産者は圧倒的にノーザンF。3位以内を独占することもあるんで注意が必要。血統的には・・・当然サンデーサイレンス系の主流種牡馬。

穴を開けるのはゼンノロブロイ、ネオユニヴァース、スペシャルウィークといった・・・ちょっと落ち目?のパワー系サンデー。ハーツクライもいいね。ステイゴールドは、オルフェーヴル・ゴールドシップといった超一流馬しか馬券になっていないのが気になるところ。

母系はノーザンダンサー系が目立つね。該当するのはアドマイヤアルバ、エタリオウ、ゴーフォザサミットの3頭。

 

ケツデータ論。

・1番人気が強い!

・ワグネリアンvsエポカドーロ!

・穴を開けるなら、差し!

 

どえ~~~。ケツデータになってねえ~~~。しかしデータからはもうどうにもならん。飛ぶなら逃げ脚質のエポカドーロだと思うが、この馬のダービーの粘り腰はハンパ無かったからなあ。あと、ワグネリアンは鞍上の状態が心配っちゃ心配だね。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、ハーツクライ×ノーザンダンサー系、ノーザンF生産、ダービー上がり最速のアドマイヤアルバを挙げておく。初勝利に5戦を要したように、間違いなく晩成タイプ。ダービーの時点では完成度で劣ったが、それでも上がり最速をマークして能力があることを証明。夏を越しての成長次第で逆転も考え得る一頭。

次に、一発秘めるステイフーリッシュ。ダービーは見せ場なく惨敗したが、京都新聞杯の競馬が出来れば相当強いと思うけどねえ(ハゲ兄カムバック!)。ただ、この馬は阪神外回りより、京都の方が合ってる気がする。ここで切れ負けして本番で2着!というのが私のチンコの夢。

そして、大穴になりそうなGⅠ馬タイムフライヤー。2歳時に強烈に強かった馬が、3歳になってサッパリ!になってしまうのは競馬アルアルパターンであるが、血統的にはこれから強くなっても全然おかしくないと思うんだよねー。鞍上和田ドラゴンに変わるみたいだし、夏休みのリフレッシュで馬が変わったりしてないかなー。

ゴーフォザサミットも気になる一頭だが、関東馬なのと前走札幌記念がちょっとなあ。このレース使う必要あるんかなあ。メイショウテッコンは脚質がね・・・この馬も阪神2400より京都の方が向くんじゃないかなー。この感じだとエポカドーロを行かせて番手?エポカドーロのペースに付いて行けるかどうか?

 

いずれにせよ・・・

 

少頭数になりそうだし(実質8~9頭立て?)、

 

絞って馬券組み立てるしかないね。

 

あるいは、

 

馬券は買わずにケンでも。

 

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

古いなあ。ま、それが普通か。