【紫苑S2018予想オッズ・データ分析】中山芝2000mで行われる3歳牝馬秋華賞トライアルGⅢ紫苑ステークス。多くの馬が休み明けだが、人気はオークス5着のマウレアか。データ分析では、外枠有利?差し馬優勢?騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?穴馬候補はサラス、カレンシリエージョ、アヴィオール、ホクセンジョウオー。

 

台風21号、みんな大丈夫だった?

 

こういう自然災害で「人が亡くなった」ってニュースを見てると・・・

亡くならずに済んだ人が、結構いるんじゃないかと思うんだよね。

 

「じいさん!畑の様子を見に行くんじゃねえ!」

「や、屋根の修理は後からやれ!」

「家のことはいいから避難しろ!」

 

・・・為す術もなく災害猛威にさらされて亡くなる方もいれば、

避難せずに自ら進んで死地に行く方もいてね。

 

まあ、大事な畑が心配なのもわかるし、

家に居たい気持ちも分かるし、

一刻も早く家の修理をしたい気持ちも分からんでもないが、

 

命あっての競馬。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

命あっての物種。

 

何があっても、

 

自然災害危険には近づくべからず。

 

ということを金玉に銘じておきたい。

 

今の世の中、いつどこで大災害が起きるか分からんからね。

 

さて、紫苑S見てみよう。

 

■紫苑S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は春の実績組。

 

オークス5着のマウレアが1番人気になるんかな。

 

しかし、夏の間に成長した馬もいるだろうしね。

 

人気が偏るのであれば、

積極的に逆らって行きたい。

 

データ見てみるっぺ。

※2014年は新潟開催

 

■紫苑S2018データ分析、人気別成績

1番人気の強さはまあまあですな。ただ、2~3番人気がイマイチで、4~6番人気の方が買いやすい感じだねえ。意外と・・・あまり大荒れはしないレース。荒れても8番人気までか。

 

■紫苑S2018データ分析、枠番別成績

舞台は中山2000m。直線が短く、コーナー4回の内回り戦、当然内枠有利な傾向なんだが、このレースはそうでもない・・・つか、むしろ外枠の方が優勢か?

 

■紫苑S2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬だけにあまり大型馬はいないですな。一番馬券になってるのも440~459kgのゾーン。馬格が小さい馬も馬券になっておりあまり気にしなくていいかもしれん。馬体の増減は・・・休み明けの馬が多いだけに、圧倒的に「馬体増」が強いのかと思いきや、「馬体減」馬も結構馬券になってますな。

 

■紫苑S2018データ分析、騎手成績

やはり関東の上位騎手が多いですな。穴っぽい騎手もたまに馬券になっており注意が必要。

 

■紫苑S2018データ分析、種牡馬成績

ふむう。シンボリクリスエス要注意。ディープインパクトは出走頭数からすると過信は禁物。全体的に「パワー」系が多いね。あと、たまにマニアックな種牡馬が馬券になってるね。

 

■紫苑S2018データ分析、間隔別成績

今回大半が3ヶ月以上の休み明けなんでね。これが最も大事なデータかもしれん。着別で見ると休み明けでも走れるわけだが、「率」で見るとかなり苦しいのが分かると思う。人気より着順が下回っているし・・・休み明けの馬は思い切って割引して考えたい。

 

■紫苑S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・オークス(5頭)、1000万条件(8頭)、500万条件(12頭)。むふー!このデータが全てを物語っているな。実績組(桜花賞・オークス)より、夏に使って来た馬の方が圧倒的に多いのである。まあこれは、多くの実績馬が「ローズSに向かうから」ではあるんだが、それにしても・・・である。

オークス組は着順不問。ただ、来ても3着が精一杯な印象。それより4勝を挙げている1000万条件組の方がいい。1000万条件組は1~2着が好ましいが4着まで可。後は数の上で最も多い500万条件。これはもう1着条件でいいだろう。

激アツローテ馬
・アヴィオール(1000万条件4着)
・カレンシエリージョ(500万条件1着)
・サラス(1000万条件2着)
・ホウセンジョオー(500万条件1着)

 

■紫苑S2018データ分析、脚質別成績

コース的に、逃げ・先行馬が優勢かと思いきや・・・差し馬がめちゃくちゃ強いですな。上がり1位馬もベラボーに強いんでね。差しタイプの馬を積極的に狙っていきたい。

 

■紫苑S2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては「差し→差し」「先行→差し」のドッチか。馬場状態や展開によって上がりタイムは変わるが、秋の中山は「高速馬場」になることが多いので注意が必要。土曜の競馬を見て良く見極めておきたい。

穴馬の脚質は、中穴だと差し馬大穴だと先行馬か。

いずれにせよ、派手に荒れるレースじゃないね~。

 

■紫苑S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

24/30で関東馬優勢。近年ノーザンF強いね。血統的には・・・シンボリクリスエスの他はサンデーサイレンス系が圧倒的。母系は結構何でもありですな。なんかアルファベットが多いのは気のせいか。

 

ケツデータ論

・前走1000万条件or500万条件

・休み明けの馬は割引!

・差し馬優勢

 

穴馬候補を挙げておこう。まず最初にサラス。ちょっと間隔が開いたのが気になるが、2ヶ月ちょっとなんで問題なかろう。前走は古馬相手の1000万クラスで出遅れ挟まれ最後方から追い込んで2着。

オルフェーヴル×Tapitって血統はいかにもパワー満点で、中山芝2000はピッタリ。鞍上田辺も魅力。

 

次に、春から一変してそうなカレンシリエージョ。9番に注目。

2番手追走から直線スッと抜け出して2馬身差の完勝。姉にアドマイヤリードがいる血統。父ハービンジャーは昨年の勝ち馬ディアドラと同じ。成長力には定評がある種牡馬である。春とは別馬・・・かもしれんぞ?

 

それから、前走1000万4着とはいえ、離された4着で、全く人気がなさそうなアヴィオール。その前走は横典のノリ逃げにヤラれた感じで。コースや馬場が変われば期待出来る一頭だと思う。騎手欄が空欄なんで・・・もしかしたら出走しないのかもしれんが、出てくるようなら面白い一頭。

 

もう一頭、ホクセンジョウオーを挙げておく。前走は超超スローで評価するのは難しいんだが、「前走福島500万1着」+「サンデーサイレンス系マイナー血統」ってところがソソられるね。能力が足りるかどうかは置いておいて、面白い一頭だと思う。

 

このレース・・・

 

問題は春の実績馬たちをどうするか・・・?

 

特に、

 

桜花賞5着、オークス5着の

マウレアをどうするか?

・・・なんだが、

この馬だけは押さえておいた方がいいかもしんないね。

ラッキーライラックやリリーノーブルと僅差の競馬をして来た馬だから

ちょっと格が違うかもしんない。

 

ただ、馬体増が条件ですな。

 

もし馬体が減ってるようなら

バッサリ行くのも一つだと思う。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

ボクシングにせよレスリングにせよ体操にせよ・・・なんかスポーツ界は闇が深いなあ。どうなってんだ一体。