【ローズS2018予想オッズ・データ分析】阪神芝1800mで行われる秋華賞トライアルGⅡローズステークス。今年はサトノワルキューレ、サラキアが人気になりそうだが当然大穴狙いで行く!データ分析では、外枠有利?先行より差し?騎手・種牡馬・前走ローテは?上がり3Fは?穴馬候補はセンテリュオ、ウスベニノキミ、ラテュロス。

 

アーモンドアイ、ラッキーライラック、リリーノーブルは

秋華賞ぶっつけか。

 

アーモンドアイは先(ジャパンカップ?有馬記念?)まで

見ているんだろうね。

 

ラッキーライラック、リリーノーブルはエリ女狙い?

オークスではアーモンドアイに決定的な差をつけられたけんなあ。

 

すでにアーモンドアイは別格だという噂も多い。

古馬牡馬相手でも勝ち負け出来る名牝クラスの馬なんじゃないかと。

 

ただね。

 

競馬は何があるか分からんよ。

 

どんなに強い馬だって、

 

本調子じゃなければコロっと負けるのが競馬。

 

ナリタブライアンだって3歳秋緒戦でコロっと負けたじゃないか。

キタサンブラックだって時々謎の大敗をしているじゃないか。

オルフェーヴルだって外ラチにぶっ飛んで行って負けたじゃないか。

 

あ、あれは調子の問題じゃないか(笑)。

 

サラブレッドは生き物だからね。

 

ほんと何があるか分からんって話。

 

というわけで、

 

鬼の居ぬ間のローズS!

 

■ローズS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

紫苑Sの結果からも・・・春の実績組が強そうだよね。

 

当然、オークス・フローラS組。

 

そのフローラSでノームコア・パイオニアバイオを負かし、

オークスでも6着だったサトノワルキューレが1番人気確定だろう。

 

以下、フローラS4着のサラキア、

オークス組のカンタービレ、オールフォーラブ・・・

あたりが人気になりそうだが、

 

では穴馬の出番はないのか?

 

データを洗ってみよう。

 

■ローズS2018データ分析、人気別成績

でぇー!一番人気強いにゃん。ただ、2~5番人気の馬がイマイチの成績で。むしろ6~10番人気の方が馬券に絡む傾向。1番人気→中穴→中穴って感じのフォーメーション組むと面白いかもね。

 

■ローズS2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬とはいえ・・・480kg以上で連対したのは1頭だけか。で、400~419kgの馬の活躍が目立つ。馬格のないタイプでも好走可能。ただし、今回馬体減になる馬はハッキリ割引。馬体増は10kg以上でも問題なし。

 

■ローズS2018データ分析、枠番別成績

コース的には内外フラットなんだが、このレースは5枠から外の方が馬券率高いですな。3・4枠はかなり人気サイドの馬が入っていたと思われるが・・・酷い成績。

 

■ローズS2018データ分析、騎手成績

岩田・池添・内田・川田・小牧あたりに注意。

 

■ローズS2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト無双。出走頭数からしてダントツなんだけどね。阪神芝1800m典型的な瞬発力コース。スローのヨーイドンになることも多く、瞬発力上位の種牡馬が多くランクインしてますな。基本はサンデーサイレンス系上位血統。

 

■ローズS2018データ分析、間隔別成績

このデータは要注目。馬券の多くは「休み明け」の馬。まあ、春の実績馬の殆どはここをステップにして秋華賞に向かうわけでね。基本は休み明けの実力馬が狙い。ただし、穴を開けるのは使って来た馬。とりわけ1~2ヶ月の間隔の馬。

 

■ローズS2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・オークス(14頭)、1000万条件(7頭)、500万条件(4頭)。圧倒的なのがオークス組。基本的には着順不問なんだが、理想は5着以内。1000万組は4着以内が条件。500万組は1着条件とする。ご覧の通り、穴を開けるのは500万組or1000万組。

激アツローテ馬
・ウスベニノキミ(オークス8着、1000万2着)
・ウラヌスチャーム(1000万2着)
・サラキア(500万1着)
・センテリュオ(500万1着)
・ラテュロス(1000万4着)
・レオコックブルー(1000万4着)

 

■ローズS2018データ分析、脚質別成績

さすが阪神1800m。圧倒的に差し・追い込みが狙い目。瞬発力がないとどうにもならん感じで・・・上がり1~3位の馬で馬券の殆どを占めているね。

 

■ローズS2018データ分析、位置取り・上がり3F

上がり上位馬はもう鬼のように強い。上がり1位の馬と2位の馬はもう毎年のように馬券になっているね。馬券パターンは・・・「差し→差し」「差し→逃げ」「差し→追い込み」。時々「先行→差し」というパターンもあるが、この時の先行馬はヌーヴォレコルト、ジェンティルドンナ、ホエールキャプチャといった1番人気の馬達。強い先行馬がいる時は素直にそこから入った方がいいだろう。

穴馬の脚質は・・・差し、逃げ!

基本的にこのレースの穴は差し馬である。ただ、この所2年連続で逃げ馬が穴を開けており要注意。ご覧の通り、1番人気が強いのは確かだが、結構荒れるレースである。

 

■ローズS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

25/30で圧倒的に関西馬優勢。関東馬は相当の実力馬じゃないと買いにくいね。で、厩舎を見ると・・・角居厩舎、石坂厩舎が毎年のように馬券になっており要注意である。有名厩舎が強いレースだねー。あと、ご覧の通り、ノーザンFが鬼のように強いレース。ま、血統を見ればその理由が分かるよね。父方はサンデーサイレンス系の主要種牡馬ばっかり。母系はノーザンダンサー系の重めの血統が良さそう。

 

ケツデータ論。

・サンデーサイレンス系上位種牡馬

・オークス組、500万、1000万組。

・差し馬!逃げ馬!

 

穴馬候補を挙げておこう。

まず、ディープインパクト×500万1着×ノーザンF×差し脚質のセンテリュオ。とりあえず、前走のレースを見てみよう。7番の馬に注目。

中団後方で脚を溜め・・・残り600mからスパートして4コーナーでは2列目まで進出し、最後ムチが入ると矢のように伸びて快勝。高速馬場だった小倉とはいえ、2000m1:57.6は速い。あとは上位陣との力の差があるかないかだが、瞬発力はハンパなさそうなんでね。面白い一頭。

それから普通に頭で狙えそうなのがウスベニノキミ。オークスはサトノワルキューレから0.1秒差の8着・・・にも関わらず、13着だったカンタービレや9着だったオールフォーラヴの方が人気になりそうなんだよ。こっちは一回使った強みもあるってのにね。1番の馬に注目。

結果論だがこれは和田ドラゴンの騎乗ミスだろうね(ミスと言ってしまうのは厳しいが)。スローを見越して向正面で仕掛けたんだろうが・・・そのせいで最後が甘くなってしまった。勝ち馬のように後ろで我慢するべきだったのだ。で、ココは是非とも権利を取りたい一戦。人気がないようなら積極的に狙いたい。しかしこの馬主はネーミングセンスがいいなあ。

超大穴に、ディープインパクト×1000万4着×社台×逃げ!のラテュロス。私はこの馬を2歳の時から狙っているのである。前走1000万クラスは4着に負けちゃったんだが・・・そのレースがこれ。6番に注目。

どスローの瞬発力戦。え?じゃあ先頭だったこの馬は展開が向いたんじゃないの?・・・その通りである。しかし私はこの敗因を展開ではなく馬場だと見ていてね。この馬は東京や京都や新潟などの軽い馬場が向いてるんじゃないかと思っているのである。

実際、東京1600のアルテミスSでラッキーライラックから0.3秒差3着の実績があるわけで。開幕2週目の阪神も向くんじゃないかと。さらに言えば、今回逃げ馬候補はこの馬くらいしかおらず・・・前残り馬場で上手いこと逃げれば、3匹目のドジョウがいるかもしれんじゃないか。ま、もちろんデキが良いのが条件だけどね。

 

ちょっとサトノワルキューレはドモナランかもしれんが、

 

他の人気馬はスキだらけなんでね。

 

過去の傾向に従って、

2~5番人気バッサリ!ってのも面白いと思う。

 

結論は週末!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

体操女帝・塚原千恵子のひとり息子が独占告白「父と母は口が悪い」

この件・・・誰が悪いのか誰が悪くないんだか良く分からんのだが、パワハラは組織あるところ全てで発生するもんだと思うけどな。優しくて理解力があって部下の味方になってくれる上司なんてそうそういないだろ。大概は、高圧的で、ムチャ振りばかりで、保身しか考えてないパワハラ上司ばっかりだと思うけどね。

 

 

だからみんな必死に我慢してんだよ。

訴えたくても訴えられず、毎日毎日我慢してんだよ。

 

私もサラリーマン時代にゃ・・・

 

訴えたい上司が3人ほど居たよ(笑)。

 

いや、4人だったかな。

(あいつとあいつとあいつと・・・あいつや!笑)

 

何が言いたいかというと、

 

優しくて理解力があって素敵な上司ばかり・・・

 

そんな会社や組織は滅多にないってこと。

(そんな会社があったら超ラッキーだ!)

 

男は我慢を纏い、

歯を食いしばって生きて行かねばならぬ。

 

「学校に行かなくても、勉強が出来なくても、

健康で我慢と努力が出来ればきっと立派な大人になれます」

 

by長野ロマン