【有馬記念2017予想】中山芝2500mで行われる暮れのグランプリGⅠ有馬記念。内枠をキタサンブラックが圧倒的な人気を集めるが、競馬に絶対なし。いつも通り大穴狙いで逝く。展開・隊列・ペースは?上がり3F最速馬は?狙いは中山適性抜群のパワー系ヤマカツエース!相手にムーアのサトノクラウン!大穴にレインボーライン!

 

正直に言えば、

 

今年の有馬記念は、

キタサンブラックで堅い。

 

そう、私の中折れチンコも言っている。

 

しかし、

いつだって何があるか分からんのが競馬であり、

肝心な時に役に勃たないのがマイチンコである(え?)。

 

ななななんでこんな時に!

 

勃て!勃つんだマイサン!

 

フォォォォォ!

 

 

オッシャ!変態モード変身完了!

 

変態的モッコリ穴狙いで逝くぜ!

 

■有馬記念2017日曜朝オッズ

netkeibaより抜粋

 

これは日曜朝一のオッズなのだが、

この感じだとキタサンブラックの単勝オッズは

1.7~2.0倍程度に収まりそうな感じですな。

 

なんと言っても、

 

オッパイが大きかったね。

 

 

な、なんだこのカミチチはぁぁぁ!

きつく、絞りたい。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

何と言っても枠順が大きかったね。

 

誰もが欲しがる神枠1枠2番

 

逆に・・・

 

ライバルたちはみんな外。

 

特にスワーヴリチャードの外枠は、

この馬の単勝で勝負しよう!

と思ってたファンのチンコの皮を大きく伸ばしたことだろう。

 

こうなると・・・

 

今回の有馬記念の馬券戦略は大きく3つ。

 

1、キタサンブラックから絞って厚く。

2、キタサンブラックを切って大穴狙い。

3、キタサンブラックも馬券に入れる。

 

当然キタサンブラックから買うのが一番的中率が高くなるわけだが、みんな考えることは同じなわけで、この馬から買えばオッズは極端に下がることになる。なので、キタサンブラックから買う場合は、おっぱいを絞った上に(出来れば1~3頭)、大きい金額を賭けないと全く儲からないのである。

 

決して、丹下のような買い方をしちゃダメ。

自分の◎→◯が来たらトリガミになる馬券で、仮に当たったとしてもチョビッとしか儲からない買い方の見本。絶対マネしちゃダメだぜ?

 

あと、

 

キタサンブラックは三連系やワイドの軸として、

特に大人気である。

 

まあ・・・その生涯で馬券圏外に飛んだのは2回だけだからね。

今回も

「3着以内は間違いねえ!」

と思ってるファンはとても多いのだ。

 

キタサンブラック絡みのワイドは買っても1~2点まで。

三連複や三連単もよっぽど絞るか、ヒモに穴馬を混ぜないと・・・

「トリガミJRA寄付馬券」

になってしまうけんな。

 

キタサンブラックから買う場合は、

「きつく絞りたい」を忘れずに買うべし。

 

 

で、キタサンブラックを切る場合の話だがさて・・・

キタサンブラックが飛ぶ確率はどのくらいあるのだろう?

 

一番人気馬の考察から抜粋すると、

1.5~1.9倍の人気の馬の

勝率は46.3%、連対率は66.1%、複勝率は78.2%である。

 

つまり8割方馬券に絡むのであり、こうやって見ると、

「やっぱりキタサンブラックで堅い!」

と思ってしまうのだが、

 

逆に見ると、

・2着以下に負ける確率53.7%。

・3着以下に負ける確率33.9%。

・馬券に絡まない確率22.8%。

なのである。

 

こうやって見ると・・・

3回に1回の確率で3着以下、

5回に1回は馬券圏外に飛ぶのであり、

キタサンブラックを蹴る作戦も全然アリである。

当然・・・キタサンブラックを消せばオッズが跳ね上がるけんな。

 

実際、キタサンブラックの今までの成績は【11.2.4.2】で。

連対率は68.2%。3回に1回は3着以下なのである。

 

もちろんこれは単なる確率の話であり、

今回の有馬記念もそうなるとは言えない。

 

ただ、キタサンブラック消し!

の選択は、巷で思われてるほど無謀でも何でもないってことだ。

(どうしても当てたい!って人は別だぞ!)

 

一番バランスがいいのは、

「キタサンブラックも馬券に入れる」のパターンかもね。

これは、

「大荒れを期待しつつ、キタサンブラックが来ても当たる」

というエロ馬券で、的中率は下がるが、

軸馬や馬券種によっては効果的だと思う。

 

で、

 

浅次郎がどうするかというと・・・

 

もうキタサンブラックが来たら、

 

トーチャンゴメン!だ。

 

 

いつか、自分にもこういう日が来るかもしれない。

 

さて、

 

展開見てみるべ。

 

■有馬記念2017展開予想

逃げ候補は
キタサンブラック
カレンミロティック

先行勢は
トーセンビクトリー
サトノクロニクル
シャケトラ
シュヴァルグラン
サクラアンプルール

差し勢は
ヤマカツエース
ブレスジャーニー
クイーンズリング
ルージュバック
サトノクラウン
ミッキークイーン
スワーヴリチャード

追い込み勢は
レインボーライン
サウンズオブアース

 

うわあ・・・こりゃ、逃げるのはキタサンブラックで単チェリー。カレンミロティックも行こうと思えば行ける馬であるが、いかんせん大外枠。他に絡んで来そうな馬といえば、掛かり気味に行ってしまった場合のシャケトラか・・・玉砕覚悟のサクラアンプルールか・・・あるいはトーセンビクトリーか。

 

いずれにせよ、

 

キタサンブラックの単騎逃げ濃厚。

しかしこの馬を楽に逃がしたら勝てない!

 

・・・と考えてるのはどの陣営も同じなハズ。

 

じゃあどうすんだ?って話だが、

 

 

実は今年の有馬記念は、

 

キタサンブラックvsノーザンF

 

という一面もあるのだ!

 

つまり・・・ノーザンF陣営が一丸となってキタサンブラック包囲網を作る・・・なんてことも妄想出来るわけ。ま、邪推の域を出ない話であるが、あり得ない話でもないなーなんて思ったり思わなかったり。そうなると・・・2頭出しの里見オーナー(サトノ)や、角居調教師、池江調教師など・・・ノーザンFと関わりが深い陣営に作戦があるかもしれない。

 

例えば、サトノクロニクルをキタサンブラックに絡ませる!とか、トーセンビクトリーを逃げさせてキタサンブラックのペースを乱す!とか。あるいは、その役をカレンミロティックにさせる!とかね。こう考えると・・・これらの馬が「なんで有馬記念に出てきたの?」という問いの答えになりそうな気もするが、

 

やっぱり邪推なのかもしれない。

 

ちなみに、キタサンブラックは引退後、社台スタリオンステーションにて種牡馬入りすることが決定している。ノーザンF陣営がこの件についてどう考えているのか・・・を想像するのも面白いね。

 

ペースを予想しておこう。

 

キタサンブラックが単騎で逃げた場合、

1000m通過は平均的な感じ61秒前後。

 

以前にも書いたが、キタサンブラックはハイペースでぶっ飛ばすタイプの逃げ馬ではない。必ず道中のどこかでユッタリとしたラップを作り、息を入れてからスパートするタイプの瞬発力型だ。ただし、持久力・スタミナ寄りであり、長くいい脚を使うことが出来る。その上、並んでからの勝負根性も半端ないので接戦に強い。

 

武豊になりきってその作戦を考えてみよう。

 

序盤は力を温存しつつ、

ある程度のラップを刻んで後続にも脚を使わせる。

 

1000mを辺りからペースを落として息を入れる。

残り800mくらいから徐々にピッチを上げ、

ロングスパート開始。

(切れる脚は使えないので直線まで脚を溜めるようなことはしない)

 

後続はキタサンブラックを追いかけるしかなく、

なし崩しに脚を使わされてしまう。

 

上がり35秒くらいでまとめれば、後続は為す術なし!

並んでくる馬が居たら・・・

 

根性焼き!

 

むう、我ながら完璧な作戦。

 

この作戦で大事なポイントはどこか?

 

「1000m付近でペースを落として息を入れる」

 

である。つまり、

ここでどの馬かが仕掛ければ・・・

キタサンブラックのペースを乱すことは出来るかもしれない。

 

「でもディオ様!行ったら私が終わっちゃいますぅ!」

 

 

なんてことを考えながらレースを見るのも面白いかもね。

 

というわけで、

 

レースは、

 

序盤平均ペース

道中スロー

残り800mのロンスパ合戦!

 

になると予想する。

 

こうなると大事なのは「一瞬のキレ」ではなく

「どれだけ長く脚を使えるか」であり、

 

もちろん、

タフな中山適性も大きく問われることになる。

有馬記念2017中山適性について。

 

一応、上がり3Fデータも見ておくか。

 

■有馬記念2017過去2走の上がり3Fデータ

上がり3F最速候補は・・・

・レインボーライン
・ミッキークイーン
・スワーヴリチャード
・サトノクラウン
・シュヴァルグラン
・ブレスジャーニー

といったところかな。これに中山適性を加えると・・・

 

さて、

 

そろそろ最終予想に行こう。

 

良かったらデータ分析と調教チェックもご覧あれ。

有馬記念2017データ分析

有馬記念2017調教チェック

 

キタサンブラックを切った上に、

 

オッパイモミモミしたったぜ~~~!

 

中山が得意そうなパワータイプ3頭で

 

モッコリ勝負じゃ!

 

■有馬記念2017予想

 

ヤマカツエース(6番人気)

そういえば去年の有馬記念でもこの馬に◎を打ったんだが、今年もこの馬を胸に抱いて逝く(去年の有馬記念予想はこちら)。ココ2走は惨敗だが、そもそもこの馬は東京が苦手。過去の東京は13着、13着、15着、11着、8着なんだよね。で、中山はというと3着、1着、4着(去年の有馬記念)。他、洋芝・福島・中京での成績が良く・・・つまりタフな馬場が得意で。スパッとは切れないけど上がりが掛かるタフな馬場でゴイゴイと脚を伸ばしてくるパワータイプ。去年の有馬記念でも上がり最速だし、去年より落ちるこのメンバーなら十分勝算有りだと思う。

調教は抜群!最内の絶好枠!鞍上はGⅠハンターの池添。あとは位置取りと展開次第だが、出来ることならキタサンブラックから1列あるいは2列後ろのポジションが欲しい!キタサンブラックが抜け出した後の・・・イン強襲でどぎゃんかいね(じゃあキタサンも買えや!)。エースよ!ノーザンFの野望を打ち破り、キタサンブラックに引導を渡すのだ!

 

サトノクラウン(4番人気)

よもやムーア騎乗のこの馬がこんな人気薄になるとは思わなんだ。おそらく「重馬場巧者」のイメージが強く、ジャパンカップの敗戦が記憶に新しいからだろうと思う。しかしこの馬、若かりし頃から負ける時はアッサリ、勝つ時はモッコリのタイプで。昨年は天皇賞秋14着からの・・・香港ヴァーズ1着だったではないか。この時負かしたのは全盛期のハイランドリール。とにかくこの馬はハマった時の強さが格別だよね。で、今回・・・正直言って調教は謎(笑)。調子がどうなのかよく分からんが、タフな中山2500は間違いなくプラスのパワータイプ!鞍上は世界のムーア。キタサンブラックをチンコガで負かすのはこの馬だと思う(じゃあキタサン買えや!)。

 

レインボーライン(10番人気)

道悪が得意なパワータイプ・・・これは誰しもが認めるところだと思うが・・・今回全く人気なし。中山2500といえば、2回の急坂超え、タフな馬場、血統的にもこの馬にはピッタリだと思うけどね。ま、確かに超一流とはいえぬ戦績だし、ワンパンチ決め手に欠けるのも事実。ただ、人気薄の大一番で2~3着ってのは、父ステイゴールドもそうだったが、この馬の最大の特徴である。大一番の厳しいレースでこそ力を発揮するのだ。3コーナー過ぎからの大マクリに期待したい。

 

単勝 ◎ @1000円

馬単 ◎→◯▲表裏@500円 ◯→▲表裏300円

ワイド ◎-◯ @1000円

三連単 ◎◯→◎◯▲→◎◯▲ @100円

 

関係ない!行け!ヤマカツエース!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

堅チクビ馬(複勝率80%以上)
阪神10R ラヴィエベール
阪神11R ダンビュライト

モッコリ馬
モッコリ馬は「モッコリ万馬券倶楽部」にて公開中

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内