【朝日杯FS2017回顧】阪神芝1600mで行われたGⅠ朝日杯FSだが、1番人気に支持されていたダノンプレミアムの圧勝!強い!2着にステルヴィオ、3着にタワーオブロンドンと人気馬が入り・・・穴党にとってはドモナラズであったな。各馬の勝因・敗因はなんだったのか?ダノンプレミアムは怪我無く皐月賞に行って欲しいね。

 

ダノンプレミアム、圧勝!

 

 

いやあ、

1番人気馬にこんだけ強い競馬されると

もう賢者タイムですな(笑)。

 

今回・・・

回顧するも何も見たまんまなんだが・・・

ま、簡単に回顧しておくか。

 

■朝日杯FS2017結果

netkeibaより抜粋

 

■朝日杯FS2017映像

 

■朝日杯FS2017回顧

スタート!

ダノンプレミアム、フロンティア、アサクサゲンキ、カシアスあたりが好スタート。大きく出遅れた馬は居なかったが、ダノンスマッシュ、イシマツあたりがちょいと出遅れ。

 

ダノンプレミアム川田は馬なりのまま前へ。もちろんハナに立つ気はないんだが・・・誰も行かぬのならこのままハナか?・・・と思われた時に、

 

外からケイティクレバーが押して押してハナへ。さらにファストアプローチもじわっと前へ。川田は内心「助かった~」と思ったかもしれん。なぜなら、ダノンプレミアムはちょっと行きたがっていたからだ。

 

ハナはケイティクレバー、続いてファストアプローチ、その内にダノンプレミアム。

 

川田はファストアプローチの後ろに入れて懸命に馬をなだめる。続いてカシアス、アサクサゲンキ。その後ろにフロンティア、タワーオブロンドン、ムスコローソ、ダブルシャープ。

 

中団にケイアイノーテック、アイアンクロー、ステルヴィオ、ダノンスマッシュ。

 

後方にヒシコスマー、ライトオンキュー、イシマツ。私の◎はヒシコスマーだったのだが・・・この位置から見せ場なくドモナラズ。せめて外回したかったね。

 

ラップタイムは、

600m通過が35.2。1000m通過が59.3。

2歳GⅠの阪神マイル戦ならまずまずの平均ペース。

 

いや、10Rの元町S(1600万下)が59.5だから、

意外と速いペースだったのかもしれん。

 

いずれにせよ、このペースなら、

残り600m33秒台の瞬発力戦。

 

速い脚が使えない馬はそれだけでもう脱落。

 

3~4コーナー中間。ダノンプレミアムは絶好位のインから2頭目。ステルヴィオ(黄色市帽子の外から2頭目)はかなり外を回してますな。

 

直線入り口。ファストアプローチが外に振られたため、目の前がポッカリ開いたダノンプレミアム。この時まだ馬なりで、手応えは絶好。

 

残り400を切った所でGOサインが出ると、あっと言う間に抜け出し・・・

 

後続は為す術なし。ダノンプレミアム・・・日本刀の切れ味。

 

残り100mでもうセーフティリード。

 

最後はもう流すだけ・・・という圧巻の内容だった。

 

ダノンプレミアム強し。

 

勝ちタイムは1:33.3。

上がり3Fは33.6。

 

番手で競馬したダノンプレミアムの上がりが最速なのだから、

後ろの馬はどうすることも出来んかったな。

 

 

 

 

 

レース後のコメント

 

1着のダノンプレミアムについてはあまり言うことないですな。前半ちょっと行きたがる面を見せたが、番手に収まってからは折り合いもピッタリ。スタートが良く、二の脚が速く、ポジションが取れて、速い上がりが使える。現代競馬の理想形であり、かなり完成度が高い馬であるな。今回の朝日杯では能力が抜けていたと思う。今後は皐月賞に向かうとのことだが、是非弥生賞に出てきて欲しいね。中山芝2000で同じような脚が使えるのか見てみたい。あとは・・・何と言っても怪我なく。能力のある馬は怪我が一番の大敵だけんな。

 

2着のステルヴィオは中団後方からの競馬で。4コーナーは大外ぶん回し。直線もスムーズではなく進路が狭くなるシーンもあったが、追われてからの伸びは素晴らしく、一気のゴボウ抜き。ただ、3馬身前にもう一頭いたわけだけど(笑)。ロードカナロア産駒だが、距離伸びて良さそうだけどなあ。今後どうするんやろ?クラシック路線でいいと思うけど、マイル路線で賞金を稼ぐってのもアリか。

 

3着はタワーオブロンドンが死守。ダノンプレミアムをマークする位置取りで完璧な競馬が出来たんだが・・・ダノンプレミアムが追い出されるとあっと言う間に引き離されてしまった。ちょっと瞬発力に差がある感じですな。最後はもうバテバテだったから・・・距離はマイルが限界だろう。NHKマイルCを目指す方が良さそうやね。

 

ハナ差4着にはステルヴィオと一緒に伸びてきたケイアイノーテック。直線入り口で前が塞がり、強引に外に出さざるを得なかったんだが(この時、外にステルヴィオがいた)、このロスが響いた分の4着だったかな。今後どうすんのかな。ディープインパクト産駒だが距離が伸びて良さそうだし、皐月賞路線に行って欲しいな。その前に賞金取らないとだけど。

 

5着にダノンスマッシュ。道中スゴイ手応えだったのだが、やはり出遅れが響いたか。後方の位置取りから福永が選択したのは「イン突き」。ジワジワと伸びたが、あまり切れる脚はなく、5着が精一杯だった。この馬もロードカナロア産駒か・・・短距離路線の方がいいのかもね。

 

さて・・・

 

これだけ強い勝ち方をしたダノンプレミアムであるが、

 

今年の2歳チャンピオンはダノンプレミアム!

 

とは、まだ書けないのである。

 

GⅠに昇格したホープフルSがあるからね。

 

しかし、来春のクラシック戦線において、

ダノンプレミアムが一歩リードしたのは間違いない。

皐月賞まで無敗で行ってくれると盛り上がるんだけど。

 

さて、

 

今週はいよいよ有馬記念であるな。

 

なんかもう

「堅く収まる」空気が

キタキタと流れているが(笑)、

 

 

だからこそ大穴狙いで逝くぜ!

 

(マジっすか!)

 

データ分析や、調教チェックをお楽しみに。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今週の競馬界の見どころ

有馬記念も面白そうだが、阪神Cも面白そうやね。イスラボニータはこれが引退レース。思い出深い馬だが、フジキセキの後継種牡馬として頑張って欲しい。あ、中山大障害も楽しみだな。馬券は買わないけど(笑)。