ローズS2021データ分析!大穴馬を探せ!

【ローズS2021データ分析】中京芝2000mで行われる3歳牝馬秋華賞トライアルGⅡローズS!今年はアールドヴィーヴル、クールキャット、タガノパッションが人気だが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では、オークス組が強い?馬体重・騎手・種牡馬・生産者・血統は?穴馬候補はミヤビハイディ、タガノディアーナ、マリアエレーナ!

 

先週は・・・

紫苑SもセントウルSも京成杯AHも

いずれもパンツめくれずドモナラズ

 

まあ、紫苑SとセントウルSは

人気サイドの決着だったので仕方ないとして・・・

荒れた京成杯AHは◎にしたマイスタイルが最下位(笑)。

スタート直後に行けなかった時点でもうダメだったわけだが、

さらに序盤で脚を使ってしまいバテバテになってしまった。

前残り決め打ちにしたのも間違ってたし、

コントラチェックの激走を

見抜けなかったのもダメダメであった。

 

 

ただ、開幕中山マイルでの前残り狙いが間違っていたとは思わないし、

マイスタイルみたいな馬はまたいつか穴を開けると思うし、

こういう人気薄の逃げ馬を狙うのは戦略上も間違っていないと思っているからね。

 

今後も懲りずに大穴狙いで逝きたいと思う。

 

ええと、今週は・・・まずローズSですな。

 

■ローズS2021予想オッズ

※netkeibaより抜粋

 

ふむう。

オークス5着のアールドヴィーヴルが1番人気か。

続いて、フローラS1着のクールキャット、

オークス4着のタガノパッションが人気になりそう。

 

春の実績馬が優勢・・・というわけですな。

 

さて、穴馬はいるかな?

 

いつも通りデータを見ていくんだが、

例年だとローズSは阪神1800。

しかし今年は昨年に続き阪神ではなく中京開催。

そして距離も2000mなんでね。

以下の過去データは参考程度でオネシャス。

 

■ローズS2021データ分析、人気別成績

1番人気強し。ただ、ヒモ荒れする可能性は十分あるレースだね。

 

■ローズS2021データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬の秋・・・というわけであまり馬格は気にしなくていい。小さい馬が活躍するレースでもある。

 

■ローズS2021データ分析、枠番別成績

今回コースが変わるのでこれは参考までですな。

 

■ローズS2021データ分析、騎手成績

岩田、池添、川田、ルメール・・・関西の重賞ハンター騎手に注意。

 

■ローズS2021データ分析、種牡馬成績

ぶへー。ディープインパクト半端ないね。ただ、これは・・・ほぼ阪神芝1800での成績なんで参考まで。ちなみに阪神芝1800は阪神芝1600と同じように瞬発力勝負になりやすい外回りコース。今回は中京芝2000とタフなコースとなるんでね。今までのデータは気にする必要なし。

 

■ローズS2021データ分析、間隔別成績

休み明け強し。あるいは1~2ヶ月間隔の馬で。使い込んでる馬はちょっと劣勢。

 

■ローズS2021データ分析、前走成績

注目前走は・・・オークス(14頭)、2勝クラス(7頭)、1勝クラス(7頭)。ほぼほぼこの3つ。オークス組は好走しているの越したことはないが、惨敗から巻き返すパターンも有り。2勝クラスは4着以内。ただ、降級制度のあった以前と今とでは2勝クラスのレベル自体が変わってるから注意が必要。1勝クラスは1着条件。

【激アツローテ馬】
・タガノパッション(オークス4着)
・アールドヴィーヴル(オークス5着)
・ミヤビハイディ(オークス6着)
・クールキャット(オークス14着)
・エンスージアズム(オークス18着)
・スパークス(2勝クラス1着)
・マリアエレーナ(2勝クラス1着)
・タガノディアーナ(2勝クラス2着)
・エイシンヒテン(2勝クラス4着)

1勝クラスは数が多い上に抽選なので省略。面白いのはオークス惨敗組か。

 

■ローズS2021データ分析、1番人気の前走成績

オークスで掲示板に載ってる1番人気はパーフェクト。逆にそれ以外は危険。今回1番人気になりそうなアールドヴィーヴルはオークス5着。ギリギリクリアだが・・・さて。

 

■ローズS2021データ分析、脚質別成績

コース変わるんでこれは参考データだねー。

 

■ローズS2021データ分析、位置取り・上がり3F

中京芝2000で行われた去年は「2番手→差し→差し」。2~3着はいずれも人気薄。

 

■ローズS2021データ分析、1番人気の位置取り・脚質

後方からとなったフアナとサトノワルキューレがぶっ飛び。

 

■ローズS2021上がり最速候補

上がり最速候補は・・・沢山いるので厳し目に。

・タガノパッション
・プリュムドール
・マリアエレーナ
・ミヤビハイディ
・レアシャンパーニュ
・タガノディアーナ

やはりオークスで上がり上位のタガノパッション、ミヤビハイディが有力か。

 

■ローズS2021データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬が圧倒。社台系・・・とくにノーザンF強し。血統はもうディープインパクトが圧倒的。母系はノーザンダンサー系。ただ、これも参考までですな。

 

■ローズS2021データ結論。

・今年は中京芝2000m
・オークス組vs条件戦組の上がり馬
・社台系、穴は差し?

 

アールドヴィーヴルはノーザンF生産のキングカメハメハ産駒。母系は活躍馬多数のバレークイーンの一族。姉のフアナはこのレースで1番人気に押されて11着に惨敗している馬。オークスでは中団後方から外を回してジリジリと伸びて5着。クイーンCではアカイトリノムスメとクビ差の接戦をしている馬で能力上位なのは間違いあるまい。懸念はデビュー以来減り続けている馬体重。この夏休みで成長しているかな?

クールキャットはレイクヴィラF生産のスクリーンヒーロー産駒。フローラSではユーバーレーベンに完勝している馬だが、オークスでは惨敗の14着。ただ、オークスは前に行った馬総崩れの競馬で・・・ソダシさえ8着に沈んだレース。逃げたこの馬にとっては展開的に厳しかったと言えるだろう。距離短縮は吉だし鞍上はルメール・・・というわけで今回は人気になりそうだが、非社台の関東馬。人気になるならスカートめくりと行きたい。

タガノパッションは新冠タガノ牧場生産のキングカメハメハ産駒。出世は遅れたが、東京1800のスイートピーSを勝ってギリギリオークスに出走する権利を得、10番人気の低評価を覆して上がり最速の4着。その後の成長次第だが有力候補なのは間違いなし。

 

おぼえてるかい?君が最初に僕の名前を呼んでくれた日のことを。大穴候補を挙げておこう。

まず持って狙いたいのがオークス6着馬のミヤビハイディ!静内白井牧場生産のエピファネイア産駒!オークスでは最後方待機から上がり2位タイを繰り出して6着。タフな中京2000も合いそうな印象でエピファネイア×ハーツクライなら成長力もありそうだよね。紫苑Sにも登録があったわけだが、コッチに回って正解・・・って、え?あれ?回避?自己条件に回る?ローズSにカモーン!

次に、前走2勝クラスで2着だったタガノディアーナ。新冠タガノF生産のリオンディーズ産駒。出遅れ癖がある馬だが、鬼脚持ちの差し馬。前走の糸魚川特別は2着だったわけだが、勝ったのは昨年のホープフルSで2番人気に支持されるも4コーナーで逸走したランドオブリバティ。ちょっと相手が悪かったわけだが、この馬も直線で包まれる不利があったからね。まともならもっと際どい勝負だったと思う。その前走で使った上がりは32.7。今の中京は合ってるんじゃないかと思う。あ、週末は台風の影響で雨模様か。でも日曜日は晴れ?微妙だな・・・

それから、前走2勝クラス1着のマリアエレーナ。日高大洋牧場生産のクロフネ産駒。金子オーナー由来の牝系で祖母はミスアンコール。つまりワグネリアンやミスフィガロの姪に当たる血統。これまで9戦中7戦で上がり最速をマークしている鬼脚系。まだ屋根が決まってないのは不安であるが、血統的にも能力的にも穴の魅力満載。え?ケフェウスSにも登録してる?いやいや!どう考えてもコッチでしょ!

 

他、イリマ、エンスージアズム、レアシャンパーニュ、メイショウオニユリ、プリュムドールあたりも気になっている。

 

今回は、

オークス1着馬!

・・・みたいな絶対的な馬はいないからね。

いつも通り穴が開くと信じ、

大穴狙いで行きたいと思う。

 

最終予想は週末!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【フォワ賞】ディープボンド海外初V Cデムーロ「逃げたのは私のプラン」

ディープボンドが凱旋門賞の前哨戦フォワ賞で逃げ切り勝ち!適正高そうだな?とは思ってたが・・・これは想像以上に欧州の芝が合うのかもしれんね。これは・・・本番でも一発あるか???ちなみに現時点でのオッズはこう(ブックメーカーのオッズは購入した時のオッズが払い戻しオッズ)。

ウィリアムヒルより抜粋

 

クロノジェネシス 15.0倍

ディープボンド 21.0倍

 

むうううううううう!

とりあえず賭けておくか・・・

 

 

★第4期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!