【日本ダービー(東京優駿)2017データ分析】東京芝2400mで行われる3歳チャンピオン決定戦。大混戦の今年は枠順が大事?Cコース替わりで内枠が絶対有利?1枠は神枠?脚質は先行・差し互角。穴馬脚質は逃げ・先行!データ穴馬はクリンチャー、ダンビュライト、ペルシアンナイト。爆穴にウインブライト、マイスタイル。

 

やっぱ、ダービーは情報量が違うなぁ。

 

色んな所で、色んなことが言われているが、

 

アドミラブルとレイデオロが人気になりそうな・・・

 

 

 

結局、

 

ミルコとルメール?みたいな。

 

 

 

結局、

 

合コンでは性格より見た目?みたいな。

 

 

 

違う!女は性格でも顔でもない!

 

 

 

愛嬌である!

 

 

 



 

こ、

 

これは女じゃねえだろ!

 

 

うむ。

 

しかし、愛嬌があれば

オカマでもカワイイと思ってしまうのは私だけではあるまい。

 

ブスッとしてる美人より、

ニコニコしてるブスの方がいい!

 

 

笑顔は宝である。

 

ハズレてもハズレても懲りずに笑顔で逝くぜ!

 

今日はデータ分析行くぞー!

 

■日本ダービー2017予想オッズ



netkeibaより抜粋

 

いーっひっひっひ!

 



 

「浅次郎さんの笑顔はドス黒いですね」

 

や、やかましわ!

 

私が狙っている馬はいい感じに人気が落ちそうである。

このままもうちょっと人気落ちてくれよぉ!

 

アルアインの評価が低くなってるのは「騎手」の差か。

実際のオッズではもっと僅差になると思うが、

1番人気はアドミラブルになるかな。

 

それから叩いて良くなってそうなレイデオロ、

最初からダービー狙いのスワーヴリチャードが人気。

この辺は想定通りだな。

 

ちょっと驚いたのはカデナの人気急落ぶり。

この馬は東京の方が向くと思うけどなあ。

 

早速JRAのデータから見てみよ。

 

■日本ダービー2017、JRAデータ分析



JRAデータ分析より

 

頭は堅いが、2~3着のヒモは結構荒れる!

 

これがダービーの基本である。

 

ただ、

何でもそうだが思い込みは良くない。

 

このデータは、

ダービーのみ参戦のにわかファンを含め多くのファンが見るわけで、

馬連や三連系の馬券の多くが「1~3番人気」を中心に売れるわけ。

 

だけど今年は本当に激戦である。

4~6番人気の馬だってオッズほど能力に差があるわけではない。

 

「頭は堅い」のイメージが強すぎると、

取れるはずの馬券を取り逃がすことにもなりかねんぞ。

 



枠順データは後から自分でもやるが、先にJRAのデータを載せておこう。ご覧の通り、ダービーは1枠(白帽)が圧倒的に強い。もう1枠の単勝買っときゃ50%の確率で当たるわけだから半端ないデータである。さらに!先週のオークスの結果が「1枠→1枠」決着・・・さらに「1枠有利データ」が加速すると思われる。

 

ただし、

 

これも「思い込み」は良くない。

 

確かに今週からCコースになるし、今の東京は内伸び馬場だし、内の方が有利であろう。しかし、「内枠」にはリスクもあるのである。特にアドミラブルやレイデオロなどの人気馬はマークされる立場にあるわけで、内枠だと外から被せられてガッチリ囲まれてしまうかもしれんのだ。

 

狙いは内枠に入った人気薄の先行馬、あるいは差し馬。

モズカッチャンのイメージ。

 



ローテ的に圧倒的なのは「皐月賞組」。ごちゃごちゃと書いてあるが、その際の着順は問わない。皐月賞惨敗から巻き返す例もある。もう皐月賞組だけで組み立ててもいいレベルであるが、時々「青葉賞組」「京都新聞杯組」がヒモに入る感じ。桜花賞から馬券になったのウオッカのみ。NHKマイルC組はそこで勝ち負けしていることが条件。その他のレースは無視していい。

 

青葉賞ジンクス(青葉賞組はダービーを勝てない)への注目が集まるアドミラブルであるが、データ的には2~3着までであるな。青葉賞は破格の強さであったが、皐月賞に較べてメンバーが一枚も二枚も落ちる・・・ってのも事実。今回は明らかに過剰人気になりそうだ。

 

さて、

 

改めて枠順と脚質データを洗おう。

 

■日本ダービー過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 3→8→1(18頭立て)
2015年 14→1→11(18頭立て)
2014年 2→13→3(17頭立て)
2013年 1→9→3(18頭立て)
2012年 10→1114(18頭立て)
2011年 5→17(18頭立て)
2010年 18→7(17頭立て)
2009年 1→12→10(18頭立て)
2008年 1→73(18頭立て)
2007年 31614(18頭立て)

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

 

いつもは帽子の色で塗っているのであるが、今回はオッズで塗ってみよう。こうやって見ると、「頭は堅いがヒモは荒れる」というのが良く分かると思う。順当決着だったのは昨年のみ。他の年は必ずヒモ荒れしているのである。で、穴馬の馬番はどうなっているかというと・・・狙いはもう「内枠」である。2014年3着のマイネルフロストは単勝108倍。2013年3着のアポロソニックは単勝61倍。2011年2着のウインバリアシオンは単勝24倍、2010年1着のエイシンフラッシュは単勝31倍であった。いずれも白帽か黒帽。穴狙いなら内枠が絶対条件だ。

 

全体的に内枠が有利なのはJRAのデータで見た通り。特にとんでもないのが「1番」の成績である。なんと【4.2.1.3】という成績。

 

1番は神番!

 

と言っていいだろう。人気どころが馬券になるのは分かるが「人気薄」でも突っ込んでくるから「何が何でも買い」のゼッケン。それから、大外ピンク帽は非常に厳しいな。10年前に一度馬券になっているだけである。アルアイン、アドミラブル、レイデオロあたりがピンク帽で逝ってくれると嬉しいのだが(笑)。

 

■ダービー過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 8→7→10
2015年 7→7→13
2014年 5→2→6
2013年 14→10→1
2012年 3→72
2011年 12→155
2010年 116→9
2009年 3→2→5
2008年 15→313
2007年 819

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

3分割して見てみよう。4角1~6番手は13/30、7~12番手は12/30、13~18番手は5/30。先行、差し互角。追い込みも飛んで来る。特徴としては・・・「年ごとに傾向が偏ること」。例えば2016年、2015年、2013年、2011年は「中団からの差し」。例えば2014年・2012年・2009年などは「先行勢の前残り」。こうやって見ると・・・「展開決め打ち」は効果ありそうであるな。

脚質的に穴馬を探してみると、まず「逃げ馬」。それから3~6番手の「好位勢」。2011年に追い込んで2着に入ったウインバリアシオンは例外扱いでいいだろ(この馬は青葉賞を勝っておきながら10番人気だった)。

 

ケツデータ論。

・頭は堅いがヒモは結構荒れる!

・皐月賞惨敗組が狙い目。

・内枠有利!特に1番!大外枠は不利!

・前後互角!追い込みも来る!

・展開決め打ち推奨!

 

問題は今週の馬場がどうなるか?である。Cコース替わりで必然的に内が良くなるはずであるが、オークスを見る限り、Bコースでも内が良かったのである。この辺が馬場にどう影響するのか・・・土曜のレースは要チェックであるぞ。

 

さて、恒例の穴馬候補を挙げておこう。と言っても「枠順」が出ないことにはなんとも言えない部分が大きい。あくまで現時点での穴馬候補である。

 

まず、皐月賞4着馬のクリンチャー。皐月賞に関しては「特殊な馬場が味方した」という見解の方が多いかもしれない。ただ、そうだとしてもレイデオロやスワーヴリチャードに先着しているのは事実。ダービーでもまた馬場が味方するかもしれんじゃないか。血統を見れば父はダービー馬のディープスカイ。母父は多くのクラシック馬を輩出してきたブライアンズタイム。1枠1番でも引こうもんなら迷うことなく買い。

 

同じく皐月賞で好走しても人気にならないダンビュライト。この手の馬は、好走しても好走しても人気にならないことが多く、常に人気の盲点となる。あくまで枠次第、調教次第ではあるが、また突っ込んできても全く驚かないぞ。

 

そして、幸便な人気になりそうなペルシアンナイト。今回ミルコ→戸崎への乗り替わり。そして距離不安。5~6番人気に落ち着きそうな感じである。「皐月賞は上手く立ち回って・・・」的な評価をされているが、全く逆。「皐月賞はかなり無茶な競馬をして2着」だったのである。うっひっひっひ。逆らうヤツはアサデスノートに名前書いてやるぞ~~~。

 



 

もちろん、「枠順」「調教」次第であるが、現時点でのイチオシ。父ハービンジャーはモズカッチャンと同じで東京は問題ない!母はゴールドアリュールの全妹でちょっとダートぽいが、かなりの良血である。願わくば内枠を・・・(笑)。

 

爆穴に皐月賞16着のマイスタイル。皐月賞惨敗の理由は良く分からんが、弥生賞で逃げて2着だった馬である。内枠を引いて、他に行く馬がおらず、単騎での楽逃げになったら・・・?父は東京2400がピッタリなハーツクライ(母系は短距離系だけど)。枠次第で押さえておきたい一頭。

 

もう一頭。重賞勝ち馬なのに人気の盲点になっているウインブライト。皐月賞は大外枠の上に出遅れ。道中は中団の外に構え、早めに大外ブン回しで捲って行ったが・・・最後は多くの馬と同じ脚色になって8着。・・・とはいえ、スワーヴリチャードやレイデオロらと僅差の競馬。決して悲観する内容ではなかった。ステイゴールド産駒だから中山の方が向くと思っていたが・・・ヴィクトリアマイルは同じステイゴールド産駒のアドマイヤリードが勝ち、NHKマイルCはクロフネ産駒のアエロリットが勝った。先週のオークスもどちらかと言えば重め血統ぽいモズカッチャンが2着に。今の東京はウインブライトでもやれるのかもしれん。内枠引いて、中団のインでじっくり構えられれば・・・ナメられたオッズになりそうだが、能力的な差はそんなにないぞ。

 

ここでちょっと競馬ブックのフォトパドックを見ておくか。

競馬ブックのフォトパドック

 

馬を見る目にゃ全く自信ないが(笑)、サトノアーサー、ウインブライトがやけに良く見えるなー。スワーヴリチャードは距離伸びて良さそう~。アドミラブルのバランスには惚れ惚れするな。ちょっと細く見えてしまうのは気のせいかな。ペルシアンナイトは確かにマイラーぽく見えるな。気にしないけど(笑)。

 

というわけで、

 

今年のダービーは、

 

枠番次第である。

 

なんてことを言っていると

 

「外枠勢同士で決着!」

 

になるかもしれんけどな(笑)。

 

調教チェック、展開予想は後日!

 

日本ダービー2017調教チェック!特A評価馬は?

 



 

【浅次郎のひとりごと】

私が若い頃の合コンは、友人のツテ頼みであったが、今は上場企業がプロデュースする時代なんやねえ。しかし、以前の合コンは開けてビックリ玉手箱大穴ばっかり)なことが多かったが、これだと相手を確認してから合コン出来るわけか。こりゃ来る馬が分かって馬券買うようなもんじゃないか。いい時代になったもんだ。



 

あっちゃんはこれ間違いなく美人だろ。

 

ぼ、ボカシを取るには・・・

 

東京・横浜・大宮・大阪・名古屋の合コンで素敵な出会いを。登録無料。

 

浅次郎は独身男の婚活、恋愛を応援している。

独身の馬券オヤジどもー!婚活、恋愛しようぜー!