【京阪杯2017予想・データ分析】京都芝1200mで行われる別定GⅢ京阪杯。大混戦の大荒れが期待できそうで、穴党はJCよりコッチかも?データ分析では、内枠有利!逃げ・先行有利!瞬発力よりダッシュ力!スプリンターズS組よりスワンC組!穴馬候補はヒルノデイバロー、ビップライブラリー。爆穴にダイシンサンダー、ティーハーフ。

 

皆、気を付け給えよ。

 

今週日曜の京都メイン京阪杯は、

11Rではなく、

12Rでの発走である。

 

このせいで間違った馬券がどんだけ買われるか?

なんてのはJRAには関係ないんでしょうな。

 

これはJRAの「売上至上主義」から来るもので、

売上が多いGⅠの後に重賞を配置することによって、

 

「勝った人からも負けた人からもお金を巻き上げるぜ!いえーい!」

 

というJRAの戦略なのである。

 

 

合コンでこういう微妙な胸元の服を着て隣に座る・・・

肉食系女子の戦略と同じだ。

 

3割増しくらいで・・・

いや、5割増しくらいでカワイク見えてしまうので、

 

みんな気をつけろよ?(笑)

 

しかしこのレース・・・

 

穴党的にはジャパンカップより面白いかも。

 

ジャパンカップをスルーしてコッチだけ買う・・・

 

という選択肢もアリだね。

 

まあ、当たり前のように、

 

肉食系女子の戦略に乗っちゃうんだけど。

 

・・・じゃなかった、

 

JRAの戦略に乗るんだけど(笑)。

 

■京阪杯2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気濃厚なソルヴェイグは去年のスプリンターズS3着馬。

今年のヴィクトリアマイルでも5着に入った実力馬で、

実績・能力ともに最上位と見ていいだろう。

(スプリンターズSでも好勝負だったかも?)

 

問題は2~4番人気の馬たちで、

1200mの条件戦を連勝して再オープン入りのアットザシーサイド

この秋奮わないGⅠ馬セイウンコウセイ

前走スワンSで12着に惨敗しているジューヌエコール・・・

 

この辺はちょっと疑って掛かってもいいんじゃないの?

 

と思うのだ。

 

それより、

スプリンターズS組のメラグラーナフィドゥーシア

スワンS2着のヒルノデイバローの方が面白いと思うけどね。

 

ま、データ見てみるべい。

 

■京阪杯2017データ分析

JRAデータ分析より抜粋

 

これ、毎回やりゃいいのにねえ。ま、内枠が有利っと。

 

3歳、4歳、5歳を買っときゃいい感じのレースであるな。

 

うーむ。他のデータはあまりに役に立たんな。

 

自分でやろう。

 

※以下、全て過去10年のデータ。

 

■京阪杯2017データ分析、枠順別成績

JRAのデータ分析にもあった通り、確かに内枠有利である。ただ、平均オッズを見れば分かる通り、「内枠は人気になりやすい」のも事実。それでも単勝回収率が100%超えてる1枠・2枠は相当優秀なのだが、2~3着は外枠からも結構出ているので注意が必要だぞ。ま、全体的には「内枠有利」でオッケイだ。

 

■京阪杯2017データ分析、騎手成績

結構バラエティに富んだ感じやね。今年を含め、ここ3年はジャパンカップの裏開催。あんまり参考にならんかな。

 

■京阪杯2017データ分析、種牡馬成績

短距離系の種牡馬が列んでるね。キングカメハメハ、クロフネ、アドマイヤムーンあたりに注目。

 

■京阪杯2017データ分析、前走間隔別成績

10週(約2ヶ月)以上の休み明け馬は壊滅だね。

 

■京阪杯2017データ分析、枠順別成績

逃げ馬の強さは格別。そして先行勢もメチャクチャ強い。ただ、2~3着には中団からの差し馬が飛んで来るぞ。「逃げ・先行→差し」のパターンが基本。これだけ上がり上位の馬が弱いのも珍しいね。

 

■京阪杯2017データ分析、3着以内馬

さっきも書いたが、脚質のパターンは「逃げ・先行→差し」が基本。たまに「逃げ・先行→先行」。ただ、完全前残り!といったパターンは少なく。2~3着は差し馬・追い込み馬が突っ込んで来ることが多い。差し馬が勝った2009年みたいなのは例外ですな。

上がり上位の馬はかなり弱く・・・上がり1位の馬も2着がやっと。1着の馬は上がり下位の馬が多く、「直線の瞬発力」より「スタートダッシュ力」が大事な一戦である。

 

■京阪杯2017データ分析、3着以内馬の前走

前走はスプリンターズS組が多いのかと思いきや・・・わずか3頭のみ!それより圧倒的なのがスワンS組である。ほぼ毎年のように馬券になっており、9頭が該当。その際の着順は問わない感じで3~8着の馬が狙い目やな。あと重要ステップは京洛Sなんだが、このレースは2015年を最後に廃止されている。近年の傾向で言うとオパールSも重要だな。あと個人的には・・・中一週のオーロCが気になる。

 

ケツデータ論。

・内枠有利!

・逃げ、先行→差し

・スワンS組

 

ケツデータから穴馬候補を挙げておこう。まず、もしかしたら人気になっちゃうかもだが、スワンS2着のヒルノデイバロー。そのスワンCではサングレーザーと頭差。レッツゴードンキに先着しており、GⅠでも好勝負出来るんじゃないかと思うほどの充実ぶりである。なぜか人気にならないタイプだが、今回も人気にならないことを切に祈る。

それから、スワンS4着のビップライブラリー。相手なりに走るタイプで、前走で4着になる前は10戦連続3着以内だった。距離的に1400がベストかもしれんが、1200mへの距離短縮で新味が出るかもしれん。狙い続け・・・外れ続けたダノンヨーヨーの下。兄の分まで頑張って頂きたい。

爆穴一頭目にダイシンサンダー。前走オパールSは5着とはいえ、わずか0.2秒差。父アドマイヤムーン、鞍上は最近何でも持ってくる和田ドラゴン・・・とても不気味。オッズほどに実力差があるわけじゃないぞ!

超爆穴にティーハーフ。みんなもうてっきり忘れてると思うが、今年の高松宮記念4着馬。夏のCBC賞だってそう差のない競馬をしているのであり、展開次第・調子次第で大穴一発秘めてる馬だぜ!

 

後は、アルマワイオリナックビーナスネロラインスピリットあたりも気になるな。特にネロは昨年の勝ち馬だし、脚質的にも狙い目。前走ダートに使ったのが気になると言えば気になるが、ガーッと行って粘り込む・・・みたいなのはこの馬得意だからね。

 

ソルヴェイグはモッコリ浅次郎もちょっと切れないかなあ・・・

 

結論は週末に!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

百田尚樹氏「娘さんは慰み者になる」 沖縄での講演、詳報と検証

私は沖縄県民ではないし、沖縄タイムスも琉球新報も読んだことがないので、実際のところは分からん。もちろん、超左派系の新聞があっても全然問題ないのだが、問題は沖縄に「超左派系の新聞しかない」ということである。主張の異なる複数のメディアがある・・・これがごく当たり前の話だが、今まで、沖縄県民に選択の余地は全くなかったわけだ。それを覆したのが八重山日報という新しい新聞(→「八重山日報」が本島進出、那覇に支局 「民意は一色ではない」)。頑張って欲しいなー。