【函館2歳S2017データ分析】函館芝1200mで行われる2歳S。今年も新馬戦を勝ち上がった快速・早熟自慢の若駒が数多く登録しているな!人気はナンヨープランタン、カシアスあたり?データ分析からは、外枠有利、逃げ・先行有利、前走は函館芝1200m!穴馬候補はパッセ、ジェッシージェニー、ダンツクレイオー、ベイビーキャズ!

 

この時期の2歳戦は、

 

買うべからず。

 

 

である。

 

2歳戦の馬券を買うのは、

どんなゲームか分からずにゲームを買うのと同じ行為であり、

買ってしまってから、

 

「これ、クソゲーじゃん!」

 

と後悔しても遅いのである。

 

 

2歳戦の馬券は買わない方がよろしい。

(他にいくらでも美味しいレースがある)

 

ただ、材料が少ないからこそ、

「過剰人気の馬」が出現しやすいのも事実。

 

誰も知らないけど名作ゲームだった!

 

 

という可能性もあるので、

 

一応検討してみようと思う。

 

さてさて、

 

美味しそうな穴馬はいるのか?

 

■函館2歳S2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気になりそうなのはナンヨープランタン、カシアス、モルトアレグロ。

 

おそらく・・・

2戦目で後続をブッちぎり、好タイムで買ったカシアス。

そのカシアスに新馬戦で勝ったナンヨープランタン。

という感じで人気になってるんだと思うが・・・

 

単純に「函館芝1200」の持ちタイムで行けば、

 

1位 カシアス 1:09.4

2位 アリア 1:09.7

2位 ダンツクレイオー 1:09.7

4位 ナンヨープランタン 1:09.8

5位 リンガラポップス 1:10.2

 

となる。ナンヨープランタンは持ちタイムで言えば4番目なんですな。そして、この「持ちタイム」なんてのは、馬場にもよるし、展開にもよるし、調子にもよるし、相手関係やジョッキーにもよる。また、さっきも書いたが、「新馬戦から激変する馬」もいるし、「新馬戦は7割仕上げ」なんて馬もいるのである。

 

しかし、このレースにおいては「函館1200持ちタイム」が最も分かりやすい比較材料なのであり、多くの競馬メディアや専門家と言われる人たちは、これを元に印を打つのである。「福島1200」で1:09.7の好タイムで圧勝しているパッセや1:10.0のジェッシージェニーはそれだけで軽視されちゃうんですな。

 

もちろん、このレースは「函館芝1200m組」が圧倒的に有利である。しかし、それらの馬は人気になるわけであって、違うアプローチで攻めるのも一つだと思うぞ。

 

あ、ちなみに、今年の函館開催は最初の方(6月17日~)の馬場状態が良く、非常にタイムが出やすかったが、開催が進むにつれだんだん時計が出にくくなっている。だから、上記のような単純な「持ちタイムの比較」は危険だぞう!

 

以上を踏まえた上で、

 

データ見てみよ。

 

■函館2歳Sデータ分析

JRAデータ分析より抜粋

キャリア1戦の馬が強いっと。ただ、2着にはキャリア2戦以上の馬も来るわけで、あんまり気にしなくていいかな?

 

それから「逃げ・先行」経験馬が圧倒的に強いっと。まあ・・・函館1200mはガーーーっと行ってどこまで粘れるか?ってコースだからそうなるわな。後で詳しくやる。

 

枠の成績見てみよう。

 

■函館2歳S枠順・馬番別成績

単純に「着度数」だけ見ると内枠より外枠が有利ぽく見えるし、実際勝ち馬は外枠の方に集中してるんだが、「平均人気と平均着順」の観点から見ると内枠も全く侮れないですな。実際、2~3着には結構内枠の馬が絡んでるし。特に成績が良いのが1枠1番。穴馬が入ったら要警戒。

 

ちなみにこれは函館1200のコースデータ(2007年~2017年7月)。

コースデータを見ると内枠の方が良さそう。ただ、キャリアの浅い2歳戦で多頭数となるとまた条件が違ってくる訳で。まあ、一長一短ですな。

 

■函館2歳S2017脚質データ

4角5番手以内の馬(まくり馬除く)が14頭/30頭。あら?もっと絶対的に「前有利」かと思ったらそうでもないんやな。まあ、前有利なのは間違いないが、2015年、2012年、2009年、2008年みたいに差し決着の年もあるし、あまり決め過ぎない方がいいかもしれん。

 

しかし、穴馬の脚質は断然「先行」タイプ。昨年13番人気3着のタイプトリップ、2015年の10番人気3着のヒルダ、2014年11番人気2着のタケデンタイガー・・・いずれも前目に付けた先行タイプである。

 

ただ、「新馬戦はスピードの違いで先行した」「出遅れて差しになっちゃった」なんて馬も多いわけで・・・現時点で脚質を考えるのはちょっと難しい。

 

前走データ見てみよ。

 

■函館2歳S前走データ

さっきも書いたが、前走は「函館1200mの新馬戦組」が圧倒的ですな。しかし、全てがそうとは限らないのが競馬の面白いところ。福島1200組や函館1000組も時々馬券になるぞ!ただ・・・一切馬券になってないのが「前走ダート組」。モルトアレグロ、ガウラミディ、ヤマノファイトはちょっと割引やね。逆に言えば狙い目だけど。

 

ケツデータ論。

・外枠有利も内枠要注意。

・逃げ、先行有利も差し決着の年あり。

・前走函館1200組強し。

 

正直、山の天気と嫁の気分と同じくらい良くわからんのだが(笑)、穴馬候補を挙げておこう。まず福島1200組のパッセである。

スタート良く、二の脚も速く、労せず番手。4コーナーで手応えが怪しくなりかけたが、追われると矢のように伸びて3馬身差。この日の3歳未勝利戦のタイムが1:09.3。この馬のタイムが1:09.7・・・。普通に上位人気になっていいと思うが、この感じだと人気薄だろうね。同じく福島1200組のジェッシージェニーにも要注意。

 

未勝利組からダンツクレイオー。新馬戦では、ここで3~4番人気が予想されるアリアと接戦の2着。2戦目は圧倒的な人気となったが危なげなく勝ち上がってココへ。さっきも書いたが、持ちタイムは上位。新馬戦から時計が詰まってないのは見た目の話で、馬場を考慮すればかなり前進していると思う。

 

そんで、隠し玉的大穴馬にベイビーキャズ。うっしゃっしゃ。新馬戦が函館1000mだから盲点になりそうなんだよねー。このレース・・・出遅れた上に、ゴイゴイと手綱をしごいて前に取り付くという非常に強引な競馬だったのであるが、手応え抜群で4コーナーを回り、エンジンが掛かるとスパッと切れて33.9。かなり強い競馬だったのである。この感じだと200mの距離延長も問題なさそうだし、控えたらもっと切れるんじゃないかな?

 

さて、

 

このレースは買うかどうかわからんが(あんたココまで書いておいて・・・)、

 

結論は土曜日か日曜日な。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

一口馬主事業に参入するDMM.comに注目

これ、既存のクラブにとっては脅威だろうね。少ない小遣いで競馬やってる馬券オヤジからしたら数万円で一口馬主になれるのはヒジョーに魅力的だもんよ。しかし1万口ってことはだよ?一口3万円なら3億円集めるってことだわな?その馬が3億円稼いでやっとチャラってわけで。3億円稼ぐためには重賞を勝ちまくる必要があるわけで。そんな馬は実際にはほんのわずかなわけで。預託料などの毎月の経費は必要ないとはいえ・・・一口3万円、4万円ってのは高いような気がするな。必要経費の中にはDMMの利益が相当入ってるんじゃないかな?まあ、それでも夢を買いたいオヤジは沢山いるだろうしね。