紫苑S2022データ分析!大穴馬を探せ!

【紫苑S2022データ分析】中山芝2000mで行われる3歳牝馬の秋華賞トライアルGⅢ紫苑S!今年はサークルオブライフ、スタニングローズ、ライラックが人気だが当然大穴狙いで行く?データ分析では差し馬優勢?枠の有利不利は?騎手・馬体重・血統・前走ローテ・上がり3F最速は?穴馬候補は・・・ニシノラブウインク。

 

うーむ・・・。

これは実質・・・6~7頭立てか?

 

■紫苑S2022予想オッズ

※netkeibaより抜粋

 

1番人気はサークルオブライフか。

あるいは

オークス2着のスタニングローズか。

続いてライラック、サウンドビバーチェといったところ。

 

春に活躍した馬たちばかりで、

夏の上がり馬が見当たらない。

 

おかしいな。

 

あんなにたくさん、

夏競馬で3歳馬が勝ち上がったというのに・・・

2勝クラスを勝った3歳馬達はどこに行ったんだ?

 

強いて言えば・・・

2勝クラス2着のサンカルパくらいか。

しかしこの馬はルメール騎乗で人気?

 

こりゃ・・・

 

穴馬探しは厳しいか???

 

一応データ見てみよう。

 

■紫苑S2022データ分析、人気別成績

人気馬がソコソコ強い。6番人気までで連対馬の9割を占める。つまり、1~6番人気の馬連ボックスを買っときゃだいたい当たるわけだ。なんか今年も・・・そんな感じになりそやねえ。

 

■紫苑S2022データ分析、枠番別成績

概ねフラットだが、勝ち馬は真ん中から外に偏ってる感じだね。

 

■紫苑S2022データ分析、馬体重別成績

馬格はあまり気にしなくていい。むしろ500kg以上の大型馬は割引きか。馬体の増減は・・・圧倒的に「馬体増」が優勢。夏を越して馬体の成長が必要な一戦ということか。

 

■紫苑S2022データ分析、騎手成績

戸崎、吉田豊、三浦注意。あと関西から上位騎手が遠征してきた時も注意。

 

■紫苑S2022データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト強し。ただし、今年は不在。

 

■紫苑S2022データ分析、間隔別成績

多くが休み明けだが、夏使ってきた馬も結構馬券になるねー。下で詳しく見てみよう。

 

■紫苑S2022データ分析、前走成績

GⅢに格上げされたのが2016年。それ以前と以後でガラッと出走馬のレベルが変わってるね。注目ローテは・・・オークス(10頭)、1勝クラス(9頭)、2勝クラス(7頭)。その他の重賞が4頭。傾向はハッキリ。オークス組vs条件戦組だ。一見、条件戦組の方が馬券になってるが、2016年以降に限って見れば・・・明らかにオークス組が優勢。

それから、降級制度がなくなったのが2019年からで。それ以降とそれ以前では条件戦のレベルも全く違うぞ。つまり2018年以前の条件戦は降級馬がウジャウジャ居てレベルが高かったのである。以前は・・・2勝クラスで勝ち負け出来ればトライアルはもちろん本番でも穴馬になり得たが、今は厳しい。まあ、それでも・・・穴を狙うならココなんだけどw

オークス組は着順不問。惨敗OK。1勝クラスは1着条件。2勝クラスは2着以内条件。

【激アツローテ馬】
・スタニングローズ(オークス2着)
・ニシノラブウインク(オークス8着)
・ライラック(オークス11着)
・サークルオブライフ(オークス12着)
・シーグラス(オークス14着)
・サウンドビバーチェ(オークス除外)
・コルベイユ(1勝クラス1着)
・モチベーション(1勝クラス1着)
・ロジレット(1勝クラス1着)
・サンカルパ(2勝クラス2着)

オークス組はほとんどが人気サイド。2勝クラス2着のサンカルパも人気サイド・・・狙うなら1勝クラス組しかないか・・・しかし、レベルの低い1勝クラスを軽量でやっとこさ勝ってるようじゃ厳しいよなあ。

 

■紫苑S2022データ分析、1番人気の前走成績

オークス好走からの1番人気は複勝率100%。条件戦からの臨戦で1番人気になると怪しい。オークス2着のスタニングローズが1番人気なら鉄板か。

 

■紫苑S2022データ分析、脚質別成績

前後互角。上がり1位はかなり強い。

 

■紫苑S2022データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは、「差し→差し」「先行→先行」「先行→差し」「先行→差し」。全体的には差し優勢だが・・・ここ数年は4角で5番手以内くらいにいないとダメな感じで・・・比較的前目の馬が馬券になっているね。悩ましいが前後どっちを狙って最に良さそう。

穴馬の脚質は・・・差し。

といってもあまり荒れないんだが、穴を開けるなら差し。それから逃げ馬にも注意。

 

■紫苑S2022データ分析、1番人気の位置取り・上がり3F

1番人気がぶっ飛ぶパターンは、後方から伸びないパターン。上がり上位を使えてる馬は大概馬券に絡んでいる。

 

■紫苑S2022上がり最速候補

上がり最速候補は・・・

・カヨウネンカ
・エコロフリューゲル
・スタニングローズ
・ライラック
・ロジレット
・サウンドビバーチェ

カヨウネンカとエコロフリューゲルはなかなか面白そうだなー・・・と思ったが、いずれも1勝馬じゃーん。まだ1勝クラスさえ勝ってない馬だった!これがハンデ戦なら51kgとかになって面白いわけだが、このレースは3歳限定の馬齢戦なんで全員同じ54kg。厳しいねー。あと・・・狙えそうなのはロジレットくらいか。

 

■紫苑S2022データ分析、厩舎・生産者・血統

翌週には阪神でローズSが行われるためか(今年は中京)・・・このレースは関東馬が強い。有名厩舎が強いね。ノーザンF鬼強。去年は3着以内独占。ディープインパクトがよく馬券になるレースだが、ここ2年はキズナ産駒が1着。ルーラーシップ産駒にも注意。それからクロフネ(フレンチデピュティ)の血に注意。

 

■紫苑S2022データケツ論。

・オークス組vs条件戦組
・穴は差し
・関東馬、社台

 

サークルオブライフは日高・千代田牧場生産のエピファネイア産駒。美浦・国枝厩舎。鞍上はミルコ。昨年の阪神JF勝ち馬であり、桜花賞も4着に敗れたとはいえ・・・差し損ねた感じの僅差の4着。オークスでは1番人気に支持された馬であり(結果は12着)、能力の高さは疑いようがない。もちろん中山芝2000という舞台がどうだか分からんし、目標は先だからね。取りこぼす可能性は無きにしも非ずだがやっぱり有力だよねえ。

人気を二分すると思われるのスタニングローズ。ノーザンF生産のキングカメハメハ産駒。栗東・高野厩舎。鞍上は坂井。舞台適正やデータ上からはこちらが上だね。これで鞍上が川田とかルメールとかなら1番人気確定だったんじゃないかな。ちなみに、母父はクロフネ。血統的にもピッタリ。

離れた3番人気がライラックかサウンドビバーチェか・・・いずれにせよオークス組が人気になりそうですな。

 

鎖骨よりうなじが好きだ・・・そんな貴方に大穴候補を挙げておこう・・・と思ったんだが、さすがの浅次郎さんもこのレースで穴馬を見つけるのは難しい!

とりあえず一頭だけ。人気の盲点になりそうなニシノラブウインク。新冠の村上さん生産のエピファネイア産駒。美浦・小手川厩舎。鞍上は三浦。未勝利を脱出するのに5戦を要した凡才。次戦のフェアリーSも勝ち負けに関係ない7着だった。だけんどもしかし!オープン2戦目となったフラワーCでは好位追走から鋭く抜け出す素晴らしい内容。ゴール前でスタニングローズに交わされてしまったが、これは目標にされた分と鞍上の差だろう。オークスでは大外枠から果敢に逃げ、残り150mまで先頭・・・という見せ場タップリの内容(最終的にはバテて8着)。今回の舞台は開幕中山の2000m!他に行きそうな馬がいるから番手の競馬が出来そうだし、条件は大きく好転するからね。夏の成長次第で一発あると思う。ただし、調教をチェックしてからだね。

 

他は・・・調教から穴馬を探す他ないかなあ。

 

うーん、このレースはチラケン。

 

 

でいいかもしれんね。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

凱旋門賞2022の最新オッズ

むむむ。タイトルホルダーは現在9.0倍(8/1)。ドウデュースは11.0倍(10/1)。3歳のドウデュースは斤量面で有利だからねー。このオッズなら面白そう。しかし私の楽しみはステイフーリッシュ。素敵なオッズになておるなw・・・1着はさすがにアレだが3着くらいあるかもよ。

 

★第5期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!