【青葉賞2017データ分析】東京芝2400mで行われるダービートライアルGⅡの青葉賞。今年は大器アドミラブルが断然人気を集めそうだが、データ分析によると内枠外枠の有利不利はあまりなし。脚質は先行勢より中団からの差し!結構荒れるぜ!穴馬候補はキングズラッシュ!ダノンキングダム!爆穴にシュワドゥロワ!

 

この青葉賞の結果如何では、

 

今年のダービーは、

マレに見る酒池肉林となるかもしれん。

 

間違った(笑)、

 

マレに見る戦国絵巻となるかもしれん。

 

(何をどう間違ったんじゃい!)

 

さて。

 

■青葉賞2017予想オッズ



netkeibaより抜粋

 

注目は何と言っても、

 

断トツ人気が予想されるアドミラブルである。

 

近親にヴィクトリー、リンカーン、フサイチコンコルド、アンライバルドなどがいる超良血。緒戦は9着に敗れたものの、ノドの手術に踏み切って半年後の未勝利戦(阪神芝1800)がこれ。6番に注目。

 

 

1000m通過58.5のハイペースを中団真ん中で追走。直線馬なりのまま進出し、仕掛けられるとあっという間に抜け出して1:45.8。ちなみに・・・同日行われた阪神メインの大阪城S(阪神1800)の勝ちタイムは1:47.1。アルアインが勝った毎日杯(阪神1800)の時計が1:46.5。もちろん単純比較は出来んが・・・ハンパない能力を持ってるのは間違い無し。

 

そんで、1ヶ月後のアザレア賞(阪神芝2400)がこれ。3番に注目。

 

 

1000m通過65.0という鬼スローであったが・・・なんと道中にポジションを上げて2番手に。馬が自然と行った風であったが、もしかしたらミルコの指示だったのかもしれん。いずれにせよ、スゴイのは2番手の位置でまたピタリと折り合ったこと。そのままスローで流れてヨーイドンの瞬発力勝負。上がり33.5でこれまたあっという間に突き抜けたんだがこの時、最後の100mは流すどころかブレーキを掛ける感じでゴール(明らかに体重を後ろに掛けつつゴールしている)。

 

超ハイペースどんとコイ。

超スローペースでも折り合いバッチリ。

瞬発力ハンパなしでスタミナも豊富。

 

 

この馬・・・

 

 

 

もしかしてだけど、

 

 

 

もしかしてだけど、

 

 

 

オイラを誘ってるんじゃないの~♫

 



 

うほっ!

 

 

 

ち、ちなみに、

 

アドミラブルは浅次郎POGに於ける我が指名馬である。

 

ケツ馬券とは別バナであるが、

 

頑張って貰いたい。

 

データ見てみよ。

 

■青葉賞JRAデータ



JRAデータ分析より

 

つまり、前走2000m以上の500万下で結果を出した馬、あるいは2000m以上のオープンに出走して負けている馬が狙い目ってことやな。

 

当てはまるのは、

・アドマイヤウイナー(中京2200mの大寒桜賞1着)
・アドミラブル(阪神2400mのアザレア賞1着)
・イブキ(中山2200の水仙賞1着)
・キングズラッシュ(皐月賞15着)
・シュワドゥロワ(東京2300の新緑賞3着)
・タガノアシュラ(阪神2000mの若葉S7着)
・ダノンキングダム(東京2400mのゆりかもめ賞1着)
・ベストアプローチ(中山2000mの弥生賞4着)
・ポポカテペトル(阪神2400mのゆきやなぎ賞1着)
・マイネルスフェーン(中山2000mの京成杯3着)

 

さらに、前走1着馬に絞れば、残るのは5頭。

この中から勝ち馬が出るような気がするな。

 

ん?マイネルスフェーンはなんで皐月賞に出てこなかった?ホープフルS2着の賞金があるけん出れたハズだが・・・情報見つからんが、血統的にも実績的にも東京より中山のタイプ。何か問題があったはず。疲れが溜まったか、体調が悪くなったか、どこか悪いとこでも出たか・・・であれば、今回はただの休み明けではなく、問題明け。人気になりそうだし斬りですな。

 

■青葉賞過去10年馬番別成績

(1着→2着→3着馬の馬番)

2016年 6413(13頭立て)
2015年 8→3→6(18頭立て)
2014年 11213(18頭立て)
2013年 5→3→7(18頭立て)
2012年 71210(17頭立て)
2011年 4→1210(18頭立て)
2010年 2517(18頭立て)
2009年 17216(18頭立て)
2008年 51014(16頭立て)
2007年 11101(18頭立て)

白4、黒3、赤4、青4、黄5、緑4、橙2、桃4

こうやって見ると内外互角・・・ドッチかと言えば、近年は内枠の方が有利かな?といった程度である。ダービーは内枠(特に1枠)が有利なのは周知の事実であるが、青葉賞はダービーとは違って「1勝馬」や「距離不安」のある馬が多いため、スローになることが多い。そうなると団子の瞬発力勝負となるため、枠順はあまり関係なくなるわけだ。今年はフルゲートにならんようだし、あまり枠は気にしないでいいかもしれん。

 

■青葉賞過去10年脚質データ
(1着→2着→3着馬の4コーナー通過順位)

2016年 5→10→8
2015年 9→6→9
2014年 13→6→10
2013年 41→5
2012年 8→58
2011年 133→11
2010年 7→10→15
2009年 8→510
2008年 4→49
2007年 11→44

オレンジ:単勝10.0~19.9倍、赤:20.0~49.9倍、ピンク:50.0倍以上

 

ご覧の通り、青葉賞は結構荒れるレースである。堅い年は堅いが、荒れる時は結構荒れる!しかし、基本的に頭は堅く、2~3着に中穴・大穴が来ることが多い。2014年のショウナンラグーン(53.1倍)なんてのはレアケースである。

脚質を見ると4角1~5番手は11/30、6~10番手は14/30、11~18番手は5/30。過去10年で逃げ馬・番手馬が馬券になったのは2013年のアポロソニックのみ。前残りになる年もあるが・・・基本的には中団からの差しが強いレースである。馬券パターンとしては、

 

・差し→差し

・差し→先行

・先行→差し

 

という感じか。逃げ・番手馬や追い込み馬は思い切ってバッサリでもいいかも。あるいは思い切って「前残り決め打ち馬券」も面白いな。

 

ケツデータ論。

・枠順はあまり気にしなくていい。

・中団からの差しが強い。

・頭は堅いが結構荒れる。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、今回人気の盲点となりそうなキングズラッシュ。皐月賞は色々と不運もあったが、15着とはいえそんなに負けてない。なにより5ヶ月の休み明けであった。今回は叩き2戦目、距離延長、東京変わりでガラっと変わるかもよ?

 

それから瞬発力勝負になったら分が悪いかもだが、ダノンキングダムも面白い一頭だと思う。前走のゆりかもめ賞(東京2400)の時計は2:26.1。過去の青葉賞の時計と比較しても遜色なし。派手さはないが相当しぶとかった。東京2400を経験しているのが強み。約3ヶ月の休み明けになるが、成長次第であっと言わせるかもよ?

 

もう一頭挙げておくか。もし出てくれば・・・だが、爆穴にシュワドゥロワ。出てくれば前走から連闘。その前走はスローからの瞬発力勝負で惜しい3着。もうちょい脚が溜まってれば・・・というレースであった。ちなみに、この時1着だったビービーガウディは前走の500万条件でモズカッチャンからクビ差2着だった馬である。スローであったが、決してレベル低くないぞ。

 

 

 

考えれば、

 

 

 

考えるほど、

 

 

 

アドミラブル。

 

 

 

オイラを誘ってるような気がするんだが、

 



 

いつも通り、

 

モッコリケツ馬券で逝く!

 

ただし!

 

調教見てドモナランわーと思ったら、

 

ちらっとおっぱいを確認しつつ、

 

ケン。

 



 

あるいは一点買いか。

 

今週末はチンコを触る暇も無いくらい忙しくてね。

 

更新出来るかどうか分からんが、

出来れば青葉賞の予想も公開したいと思っている。

 

さて、

 

おっぱーい!

 



 

【浅次郎のひとりごと】

慰安婦財団ピンチ、日韓合意見直しで事業休止も 2理事辞任、追随の動き

んなこったろうと思ったよ。韓国は「約束を守る」国ではない。「法治国家」でもなく「人治国家」であり、司法より世論が優先される全く信用の出来ない国である(韓国国民の人間性の話ではない。あくまで国家としての話である)。慰安婦問題は元々朝日新聞の大嘘から始まった問題である(朝日新聞はそれを認めて謝罪している)。これ以上この問題に関わるべきではない。韓国の要求に終わりはないのだから。