【宝塚記念2018予想オッズ・データ分析】阪神芝2200mで行われる春のグランプリGⅠ宝塚記念。人気はサトノダイヤモンド、ダンビュライト、ヴィブロス。薄いメンバーとなりそう。データ分析では、外枠有利?池添?ステイゴールド?天皇賞春組?牝馬?前走ローテは?穴馬はパフォーマプロミス、ゼーヴィント、スマートレイアー。

 

一足先に、

 

宝塚記念の分析をやろうと思うんだが・・・

 

想像以上に薄いメンバーになりそうですな。

 

史上最低の宝塚記念?

 

なんて不名誉なことを言ってるヤツもいるんだけど、

これはもう番組編成のせいだと思う。

 

■宝塚記念2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

う、

 

う、

 

薄い・・・。

 

サトノダイヤモンドの1番人気はまあいいんだが・・・

ダンビュライトが2番人気???

 

 

いや、ダンビュライトが弱いとか言うつもりは全くないが、

いくら何でもねえ・・・。

 

GⅠ馬は、

 

・サトノダイヤモンド(菊花賞・有馬記念)
・サトノクラウン(香港ヴァーズ・宝塚記念)
・キセキ(菊花賞)
・ヴィブロス(秋華賞・ドバイターフ)
・ワーザー(香港の芝2000~2400のGⅠ4勝)

 

この5頭のみ。

 

しかも5頭全てが、なんらかの不安を抱えているのである。

 

・サトノダイヤモンド(前走大阪杯7着大敗)
・サトノクラウン(ドバイシーマクラシック7着から休み明け)
・キセキ(日経賞9着から休み明け、春天出走できず)
・ヴィブロス(ドバイターフ2着から休み明け)
・ワーザー(前走GⅢ6着。衰えあるか?)

 

唯一、ヴィブロスが順調と言えなくもないが、

海外帰り緒戦だし、ベストは1800の馬だしねー。

 

宝塚記念ファン投票結果

 

これは宝塚記念ファン投票の上位である。

 

せめて・・・

 

スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、レイデオロ、レインボーライン、アルアインの内2~3頭がいればまだ・・・

と思わずにいられない。

 

アーモンドアイが53kgとかで出走したら・・・

勝っちゃうんじゃねえの?

とも思わずにいられない。

 

まあ、馬のせいじゃないけんしょうがないが・・・

 

宝塚記念は今後も衰退の一途となるだろうね。

 

データを洗っておこう。

 

■宝塚記念2018データ分析、人気別成績

1番人気の複勝率80%か・・・1~3番人気は結構馬券になるね。ただ、5番人気以下の馬がかなり馬券になる・・・波乱傾向の強いレースでもある。

 

■宝塚記念2018データ分析、馬体重別成績

馬格のないタイプでもやれるレースだね。

 

■宝塚記念2018データ分析、枠番別成績

うへえ!なんじゃこりゃ!8枠鬼だなおい!平均人気を見る限り人気馬が集中してたわけでもなし・・・しかし7枠がイマイチなんで「外枠有利」と決めつけるわけにもいかんか。しかし頭は外枠・・・という意識の方がいいかもしれんな。梅雨の時期だけに馬場が影響するのかも。

 

■宝塚記念2018データ分析、騎手成績

池添(今年はゼーヴィントに騎乗?)の2勝は、ドリームジャーニーとオルフェーヴルでのものだが、カレンミロティック(9番人気2着)・ショウナンパンドラ(11番人気3着)って人気薄も持ってきてるのである。この男、GⅠハンターでもあり要注意!

 

■宝塚記念2018データ分析、種牡馬成績

ステイゴールドはこの舞台の鬼(内回り・重い阪神)である!今年のステイゴールド産駒はパフォーマプロミスのみ。あとは定番のディープインパクトとキングカメハメハ。要注意はMarju産駒のサトノクラウン。この馬も重い阪神は大得意だ!

 

■宝塚記念2018データ分析、間隔別成績

やはり、休み明けは割引か・・・ドバイ帰りのサトノクラウン、ヴィブロスは難しいところ。ちなみに、過去のドバイ帰りは、ドゥラメンテ2着、ジェンティルドンナ3着が精一杯。

 

■宝塚記念2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・天皇賞春(9頭)、金鯱賞(5頭)、ヴィクトリアマイル(5頭)、鳴尾記念(4頭)。他、海外組が3頭。天皇賞春組は着順不問で激熱!金鯱賞・鳴尾記念は3着以内!ヴィクトリアマイル組は・・・今年はいないか。

ローテで見ると今年の上位人気馬は壊滅的やな。

 

■宝塚記念2018データ分析、脚質別成績

前後互角。上がり1位馬はなんとパーフェクト連対。といっても上がり33秒台の切れ味勝負!なんてことにはならない舞台。パワー兼備でコーナー手前から長く脚を使えるようなタイプが狙い目。

 

■宝塚記念2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては、「差し→差し」「先行→先行」「差し→先行」「先行→差し」となんでもアリ。ただ、キタサンブラックでも3着、9着だったように・・・・「逃げ」は辛そうですな。

上で述べた通り、上がり1位馬はめちゃくちゃ強く、毎年毎年馬券になっている。前に行く馬でも上がり5位以内が必須のレースである。

穴馬の脚質は・・・逃げ、先行、差し、追い込み何でもアリ。

 

それよりも・・・

 

牝馬に注意!

 

今年の牝馬は、ヴィブロスとスマートレイアー!

 

レイアー姉さーーーん!

 

 

■宝塚記念2018データ分析、厩舎・生産者・血統

25/30で圧倒的に関西馬優勢なんだが・・・ここ2年は関東馬が巻き返している。つか堀厩舎要注意やな(サトノクラウン・アルバート)。生産者はもう圧倒的にノーザンF!毎年毎年馬券になっており、現在3連勝中。もうノーザンFのボックス馬券買っとけば当たりそうな気がするわけだが、今年も半分以上がノーザンFの生産馬だからそんなわけにもいかねーしなー。

血統的には圧倒的にサンデーサイレンス系主要種牡馬。母父にメジロマックイーンの名前が4回も出てくるのは全てステイゴールド×メジロマックイーンの黄金配合である。以前はノーザンダンサー系が多かったのだが・・・最近はそうでもない。

 

ケツデータ論。

・ステイゴールド

・天皇賞春組

・牝馬

 

穴馬候補を挙げておこう。まずは唯一のステイゴールド産駒パフォーマプロミス。ミルコはキセキを選ぶみたいなんで人気落とすと思うが、もしミルコが乗るんなら2~3番人気になるんじゃねーかと思う多分。一戦毎に力を付けてる感じでね。前走は1番人気で3着に負けたが斤量差があったし、そもそもステイゴールド産駒には東京の高速馬場は向かないことが多い。この馬がどうかは分からんが、阪神の重い馬場がベストマッチするなら・・・頭まであると思うがどうだろうね。

 

次に池添のゼーヴィント。前走の目黒記念は57.5kgを背負いつつ、直線は行き場を失う不利。スムーズなら勝ち負け出来ていたんじゃね?と思うのは私だけではあるまい。パワータイプのディープインパクト産駒だし、この舞台なら2~3着候補として十分有り得ると思う。しかし体調不安説も流れているみたいでね。まだ出走未定とのこと。

 

そして、個人的に激熱だと思ってるのが、天皇賞春組+ディープインパクト+牝馬のスマートレイアー。この馬、昨年の京都大賞典でシュヴァルグラン、トーセンバジルを負かしており、京都記念ではサトノクラウンの2着だった馬で。ハマればGⅠでも十分通用する能力の持ち主。そして実は・・・阪神は【6.1.0.3】と滅法得意なのである。しかし・・・大阪杯→天皇賞春→宝塚記念・・・と春の古馬GⅠ皆勤賞がこの馬だけって、なんか牡馬どもは情けなくないか?

 

コース適性や調教チェックは後日やるが、

 

当然・・・

 

サトノダイヤモンドも

ダンビュライトも

ヴィブロスも

キセキも・・・

 

斬る!(予定。笑)

 

続報を待て。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

香港No.1騎手モレイラがJRA騎手免許試験受験へ

こ、こ、来なくていい!デムルメだけでも大変なのに、モレイラまで来られたら穴党冬の時代になってまうわ!短期免許でたまに来るくらいでちょうどええんじゃ!頼むから来ないでくれー!!

 

浅次郎POG2018~2019

netkeibaのPOGツールの上限が50人になって非常に使いやすくなったんだよね(去年まで20人が上限だった)。で、50人を過ぎたら60人でも70人でも一緒なんで・・・今週末の締切まで募集を継続しようと思う(現在61人)。締切は6/15だ!