【オークス2018調教チェック】東京芝2400mで行われる3歳牝馬頂上決戦GⅠオークス。さて、アーモンドアイ、ラッキーライラック、サトノワルキューレの仕上がりはいかに?他、逆転候補はいるのか?調教特A評価・調教爆穴は?調教イマイチの馬は?調教から見る穴馬は、カンタービレ、レッドサクヤ、パイオニアバイオ、超爆穴にオハナ。

 

ふむう。

 

ラッキーライラックは2番、

 

アーモンドアイは13番か。

 

なんか桜花賞と似たような列びになったのー。

 

■オークス2018枠順

netkeibaより抜粋

 

しかし、桜花賞とはコース形態も流れも違うけんな。

 

桜花賞の時は魔の1枠だったが、

今回は神の1枠を引いたラッキーライラック。

桜花賞の時は行くしかなかったが、

今回は無理して前に行く必要ないだろう。

この枠なら控えても中団のインが取れるけんな。理想的な枠。

 

アーモンドアイは出遅れる可能性が高いんでね。

枠はどこでも良かったと思うが、

出来ればコースロスのない形で直線まで持っていきたい所。

陣営は、前走と同じ13番で「験がいい」と言ってるが、

本音を言えばもうちょい内が良かったのでは?

この枠だと・・・サトノワルキューレの外を回らされるかも。

 

サトノワルキューレも後ろからになるだろうからね。

この枠ならスッと後方のインに入れられそうで。

文句ない枠だが、アーモンドアイとの位置関係が気になる。

 

各陣営の枠順コメントはこちら。

オークス2018枠順コメント

 

さて、

 

全国1万人の、

 

浅次郎の調教チェックファンのみんな、

 

股せたな!

 

調教チェック行くぜー!

 

■オークス2018調教チェック

毎度であるが、以下は管理人の毒断と変見と邪スカウターによるスカイラブハリケーンジャッジである。立花兄弟はサッカーじゃなく中国雑技団でサーカスをやった方がいいと思う。

小学校の時、これをやろうとして失敗し(←そりゃそうだ!)、ズッコケて下になったやつの上に落ちたのは秘密だ。痛かったよねゴメン。オークスの調教映像はこちら→JRA調教映像(金曜昼過ぎにはアップされると思う)

 

リリーノーブル 特A評価
桜花賞から中5週で9本。おそらくスタミナには不安がないのだろう。ウッドではなく坂路でミッチリと乗り込み、2週前と1週前に終い最速の好時計。最終は単走一杯CWで36.2-11.6の鬼時計!映像を見る限り、大きなストライド・伸びるフットワーク・オーラともに抜群。走る気に満ち満ちてる感じで最高のメイチ仕上げ!特A評価!

ラッキーライラック 特A評価
桜花賞の後はノーザンFしらがきへ。4/21に帰厩して6本。坂路も混ぜてくるかと思ったらCWオンリー。2400仕様の仕上げですな。2週前の時点で速い時計は出してなかったんだが、1週前追い切りでキッチリCW一杯37.2-12.2。最終追い切りは一番外を回して軽めの39.0-11.3だったんだが、ラストの切れがこれまた抜群で。追ってからの反応素晴らしかったね。アーモンドアイを逆転するために鍛えてる感じではなく、あくまで自然体の仕上げ。高いレベルで平行線だと思う。特A評価。

マウレア
桜花賞から中5週で4本。在厩にしては本数が少ないなあ。あ、確かこの馬、桜花賞の後も栗東に居残ってたって話があったような・・・?今回は南W馬なりメニューで速い時計を出しておらず・・・正直桜花賞の時の方が良かったように思う。せめて38秒台は出して欲しかったなあ。映像の動きを見ると悪くないけどね。

トーセンブレス
桜花賞から中5週で5本。最終追い切りは南W馬なりで38.7-12.7。桜花賞の時がモヤで計時不能だったんで比較出来ないんだが、追い切りの映像を見る限り、疲れなく軽快なフットワークで状態良さそう。

カンタービレ 調教爆穴
フラワーCから約2ヶ月振り。中間は吉澤S-WESTで調整され4/25に帰厩して意欲的に乗り込まれて8本。一週前にはCWでサトノワルキューレと併せ馬。最後一杯になって突き放されてしまったが37.7-11.7の好時計。最終追い切りは坂路完全馬なりで52.4!ラストは24.9-12.3。絶好の動きに見えるでし。異ローテだがデキは相当良さそう!調教爆穴!

オールフォーラブ
忘れな草賞から中5週で6本。速い時計を出したのは1週前の芝追い・・・軽快でいい動きに見えたが、なにゆえ芝追い・・・最終追い切りはCWで終いだけ。なんか大きくクビを仰け反るシーンがあったりして判断難しい。クビが低くて動きはいいんだけど・・・

トーホウアルテミス
矢車賞から中2週で2本。間隔は詰まってるが元気いっぱいだね。順調。

サトノワルキューレ
フローラSから中3週で4本。1週前は上述したカンタービレとの併せ馬でCW38.0-11.7。先行する形でカンタービレが来るのを待ってからビッシリ。最後GOサインが出てからの反応が抜群で。映像にはないが多分ゴール板を過ぎてからも追ってるんじゃなかろうか。ただ、ちょっと気になるのが最終追い切り。おそらく1週前で仕上がってて、最終は息を整えるのが目的だったんだろうけど・・・それにしても坂路57.5は軽すぎに見える。せめてラストだけでも伸ばして欲しかったなあ。惜しい。

シスターフラッグ
矢車賞から中2週で3本。記念出走だとは思うが、デキは相変わらず良さそうよ。

レッドサクヤ 調教爆穴
桜花賞から中5週。中間はグリーンウッドで調整され4/24に帰厩して6本。3週連続で福永が乗ってCW併せ馬。1週前は38.1-11.8を計時して豪快に先着。最終はクビほど遅れたが、手綱は最後まで絞ったままでの11.6なんでね。やり過ぎ警戒の意図的なものだと思う。デキはかなり良さそう。調教爆穴。

パイオニアバイオ 調教爆穴
フローラSから中3週で2本。1週前は馬なりの緩い調教だったが、最終追い切りでは南W37.9-12.5を完全馬なりでマーク。頭が高いのがちょっと気になるが、素晴らしいフットワークで非常に調子良さそう!前走よりさらに良くなってると思う。調教爆穴。

サヤカチャン
スイートピーSから中2週で2本。DPは時計が出やすいとはいえ、36.6-11.2を馬なりでマーク。調子は悪くないぞ。

アーモンドアイ 特A評価
桜花賞から中5週。中間はノーザンF天栄で調整され、5/3に戻ってきて4本。桜花賞の時はモヤでサッパリ分からんかったんでね。比較するのが難しいんだが、今回は一週前に併せ馬でラクラク先着の南W馬なり38.6-12.3。最終追い切りは終いだけ伸ばす感じだったが、シュパッと伸びて遙か先を行ってた他厩舎?の馬をあっという間に突き放して見せた。仕上がり的には文句なし。特A評価。

ランドネ
スイートピーSから中2週で5本。レース後すぐ乗り込んでおり、調子良さそうですな。ただ、最終追い切りの坂路もユッタリと登坂した感じで、状態の維持が最優先といった風に見えますな。上積みがあるかどうか疑問。

ウスベニノキミ
フローラSから中3週で4本。前走の時と同様に坂路で一杯追い。意欲は買うが、前走から変わってるかといえば・・・変わってないように見える。

ウインラナキア
矢車賞から中2週で2本。順調ではあるが特筆するところなく・・・記念出走ぽい。

ロサグラウカ
前走水仙賞より約3ヶ月の休み明け。中間はノーザンF天栄で調整され4/25に帰厩して6本。キャリアが浅い上に休み明けなんで判断難しいんだが、最終追い切りは3頭併せで脚色を合わせて併入。順調。しかし休み明けの不安は残る。

オハナ 特A評価
フローラSから中3週で3本。1週前追い切りでは目立つ所なかったんだが、最終追い切りが秀逸の南W36.9-12.5!重心が低くスピード感があって迫力満点の動き。この馬、そんなに調教で動くタイプじゃなく・・・もしかしたら一変しているかもしれない。特A評価。

 

総じて人気サイドの調教が良かったんだが・・・

 

最も良く見えたのはリリーノーブル。質・量ともに文句なしで、2強逆転を目指した究極のスカイラブハリケーン仕上げだと思う。神枠を引いたし、父ルーラーシップなんで距離延長もドントコイだし、2強逆転の最右翼と言えるだろう。ただ、牝馬だけに、やり過ぎて疲れが残ったり、テンション上がったりすることもあるからね。調教は速い時計を出せばいいってもんじゃなく・・・この点は注意しておきたい。スカイラブハリケーンは失敗したらコケて痛いよ(笑)。

 

逆にアーモンドアイラッキーライラックはどちらかというと「静」の仕上げで。「特別なことをする必要ない。普通に走れば結果はついてくる」とでも言いたげな調教内容。まだ遊びがあると思うが、高いレベルで安定していると思う。順調なのが一番ですな。

 

人気サイドで評価を落としたのがサトノワルキューレ。と言っても、1週前追い切りをチェックした時点では「特A評価」を打つつもりだったくらいでね。仕上がりが悪いわけではなく、むしろかなり良い仕上がりだと思う。準特A・・・といった感じか。

 

あと、内枠だったら・・・と思ってしまうのが調教見るまで完全ノーマークだったオハナ。しかし・・・よりによって大外枠。堀厩舎×金子オーナー、ディープインパクト×キングカメハメハのダービー血統。内枠だったら是非ヒモに一考・・・と言えるんだが、さすがに厳しいかなあ。

 

これはさすがに厳しい(車の窓)・・・。

 

カンタービレパイオニアバイオレッドサクヤは、データ・コース適性的にも買い材料たっぷりなんでね。ヒモ穴候補として検討する価値は十分あると思う。

オークス2018データ分析

オークス2018コース適性

 

調教後の馬体重も見ておこう。

 

■オークス2018調教後の馬体重

JRAのHPより抜粋

気になるのは・・・

・オールフォーラヴ +18kg(輸送アリ)
・トーホウアルテミス +14kg(輸送アリ)
・アーモンドアイ +8kg

この3頭。ただ、オールフォーラヴはここ2戦で-8kg、-8kgと馬体減らして来てるんでね。このプラスは歓迎かもしれん。輸送入れても+10kgくらいで出られそう?調教が軽めだったのは馬体重をケアしてのものかもしれんな。トーホウアルテミスも前走が-8kgなんでね。輸送でちょうどよくなるのかも。

気になるアーモンドアイだが、実はこの馬もデビュー以来・・・-6kg、-2kg、-2kgとジワジワと体重減らしてたたから、今回のプラスは良い方に取っていいのかもしれん。

あと、サトノワルキューレもデビュー以来16kg馬体が減ってるからね。今回もマイナスなら厳しいか・・・と思ってたが、いい感じに前走と同じくらいで出走出来そう。あ、なるほど。最終追い切りがヌルかったのは輸送を気にしてのものだったのかもしれんね。

 

以上参考まで。

 

最終予想は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「内田監督の指示あった」現役日大アメフト部員

か、完全にボールを投げた後やんけ!悪質かつ危険極まりないぞこれ!もしこれが監督の指示で「相手選手に怪我をさせるのが目的のタックル」だったのなら・・・そりゃ関学側は納得せんわなあ。