【ヴィクトリアマイル2018予想オッズ、データ分析】東京芝1600mで行われるマイル女王決定戦GⅠヴィクトリアマイル!人気はリスグラシュー、アエロリット、ミスパンテール。枠順のは?脚質は?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はカワキタエンカ、エテルナミノル、クインズミラーグロ、レーヌミノル、デンコウアンジュ!

 

お、良かった!

 

デンコウアンジュ出れないかと思ったら、

 

出れそうじゃーーーん!

 

■ヴィクトリアマイル2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

netkeibaの予想オッズによると・・・

 

1番人気はリスグラシューか。

 

前走の阪神牝馬Sは同斤量で3着。

確かに東京新聞杯は強かったが、

イメージほど抜けてるわけじゃないと思うけどな。

 

2kg重いアドマイヤリードともわずかクビ差だし。

 

とりあえずデータ見てみるべい。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、人気別成績

1番人気の成績はまあまあなんだが、2~4番人気が壊滅的に弱く、5~12番人気まで幅広く馬券になるレースだぜー!モッコリ穴党にとっては・・・

フルボッキレース!

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、枠番別成績

東京マイル自体は内外フラット、枠順の有利不利がほとんどないコースである。ただ・・・このレースはなんか偏ってんなあ。1着は外枠、2着は中枠、3着は内枠・・・みたいな?

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、馬体重別成績

牝馬限定戦だけに大型馬は少ないんだが、500kgを超えるような馬は要注意ですな。ミスパンテール、アエロリット、レッツゴードンキ。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、騎手成績

お!意外と言ったらいかんが、関東の上位4天王が強いね。横典はアエロリットとミスパンテールどっちに乗るんだ?ルメールは・・・ソウルスターリングか・・・。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、種牡馬成績

1位はフジキセキだが・・・残念ながらもう走ってる産駒はほとんどいない(2015年没)。となれば、やはり注目はディープインパクト。今年も4頭がエントリーしているが(カワキタエンカ、レッドアヴァンセ、ジュールポレール、ワントゥワン)・・・いずれも脇役候補なんだよね。・・・となれば、やはりクロフネか。アエロリット有力だねえ。

リスグラシューの父ハーツクライ、ミスパンテールの父ダイワメジャーはこのレースで馬券になったことなし。キングカメハメハは過去3頭が馬券になっているが、出走数も多いからね。レッツゴードンキはどうだろうなあ~。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、間隔別成績

休み明け割引詰めて使ってる馬も割引。馬券の大多数は5~9週の馬。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・阪神牝馬S(10頭)、福島牝馬S(4頭)、中山牝馬S(4頭)、高松宮記念(2頭)、大阪杯(3頭)、ドバイ(4頭)。

阪神牝馬S組は着順不問、二桁着順からでも来るね。福島牝馬Sは5着以内。中山牝馬S組は着順不問だが1着が強い。高松宮記念・大阪杯組も着順不問。

つまり・・・ほとんどの馬が該当(笑)。しかし、中山記念組のアエロリットは割引だね。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、脚質別成績

ご覧の通り、差し馬が強いわけだが、前もかなり残る。特に逃げ馬は大穴開けるんで注意が必要。ミナレットみたいな馬が残らないとも限らんけんな。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては「差し→差し」「先行→先行」といった形が多く、展開決め撃ちした方がいいかも。上がり上位馬は相当強いが、たまに上がり二桁の先行馬が残るので注意が必要。

穴馬の脚質は、逃げ・先行・差し・・・何でもござれ。

注意したいのがリピーター。ストレイトガール、ヴィルシーナの連覇を含め、ホエールキャプチャ、ブエナビスタ、ウオッカなど連続して馬券になる馬多数。今年は前年の覇者アドマイヤリード、2着デンコウアンジュ、3着ジュールポレール・・・と揃ってるからね、いずれも要注意。

 

■ヴィクトリアマイル2018データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関西馬が強いですな。生産者はノーザンFが圧倒的。血統的にはサンデーサイレンス系の瞬発力型がめちゃくちゃ強い。母系はノーザンダンサー系が多そうね。

 

ケツデータ論。

・前走着順不問

・脚質不問

・デンコウアンジュ

 

「浅次郎さん、それじゃあデータ分析の意味がないっす!」という声が聞こえてくるが、実際このレース・・・マジで何でもありなんだよ。二桁人気の馬が毎年のように突っ込んでくるからね。

 

 

そう。人生も競馬も、

わからんから面白いのである。

 

どの馬が勝つか?どの馬が来るのか?

を一生懸命考えるから競馬は面白いのだ!

 

で、穴馬の前走を調べてみると・・・

 

・福島牝馬S組

・阪神牝馬Sの惨敗組

 

この2つが異様に多い。ココにヒントがありそうだね。

 

穴馬候補を挙げておこう。まずもって、福島牝馬S2着のカワキタエンカ。予想オッズだと7番人気くらいになりそうだが、相当ナメられてんな。先述したが、このレース、大穴を開けるのは逃げ馬である。そしてこの馬、マイペースで逃げれば相当粘り強いぞ。血統的にもディープインパクト×クロフネでこの舞台はぴったんこである。

次に、阪神牝馬S惨敗組からエテルナミノル。今年の阪神牝馬Sは超スロー(前半3F37.2)からのヨーイドンで。出遅れて後方からになった馬達にとっては不完全燃焼のレースだった。まあ、この馬自体がムラ駆けタイプではあるがハマった時は強い競馬をする馬。内枠引いて中団のインで脚を溜められれば相当面白いと思う。。

同じく阪神牝馬S惨敗組からクインズミラーグロ。この馬もスローに殺された口。そして超ムラ駆けタイプ。小倉記念では牡馬相手に上がり最速を繰り出して2着。この時の競馬が出来れば突き抜けても全く不思議ないぞ。

そして、高松宮記念組から、昨年の桜花賞馬レーヌミノル。この馬昨年のマイルCSでイスラボニータやサングレーザーと僅差の4着に来たわけでね。間違いなく一線級のマイラーである。東京マイルの適正は謎だが、ここでは力が抜けてる可能性まであると思う。気合入れて狙いたいね。

最後に、我らがデンコウアンジュ去年の伝説予想を知ってる毒者も多いと思うが、東京マイルなら確実に差してくるけんね!あとは他力本願だが(笑)、展開や馬場がハマるかどうか。どうやらこの分だといい感じの人気薄になりそうだし、心置きなくアンジュを抱きつつエビダンスで逝く。

 

コース適性分析や調教チェックは後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「将来年金はもらえない」と過剰に不安がるよりも先にやるべきたった一つのこと

なるほどね。大事なのは精一杯今を生きることですなー。