天皇賞春2022データ分析!大穴はどの馬?重馬場適性は?

【天皇賞春2022データ分析】阪神芝3200mで行われるGⅠ天皇賞春!今年はタイトルホルダー、ディープボンドの2強オッズだが当然大穴狙いで逝く!日曜日は雨?重馬場適性は?データ分析では1枠が神枠?差し有利も穴は前?騎手・血統・前走ローテ・上がり3Fは?穴馬候補はアイアンバローズ、マカオンドール、マイネルファンロン!

 

さて、

 

ゴールデンウィークも競馬!

 

という・・・

哀しくも幸せな毒者のみんな!

今日は天皇賞春のデータ分析だぜー!

 

きっと、これを見てる毒者の中には、

 

全然馬券が当たらない!

 

・・・という方もいると思う。

 

仕事も家庭もチンコも上手く行かない!

 

・・・という方もいると思う。

 

そういうしんどい時は、

 

 

みつをの言葉を思い出そう。

 

全てはこころの持ちようである。

 

あ、週末の天気怪しい?

重馬場適性も見ておこうかね。

 

■天皇賞春2022予想オッズ

※netkeibaより抜粋

 

ぬう・・・。

 

1番人気はディープボンド。

そしてタイトルホルダーと人気を分け合う形の

2強オッズになりそうね。

 

ただ、実力的には

ディープボンドが上と見るのが自然かな?

有馬記念では2kg重い斤量を負って先着しているからね。

長距離適性という点でもボンドの方に一日の長があると思う。

タイトルホルダーは菊花賞を5馬身差で逃げ切ったが、

道中かなりヌルいラップがあったからね。

長距離適性は疑って掛かった方がいいかもしんない。

でも今回他に逃げ馬がいないからな・・・

その点はタイトルホルダーにとって吉。

 

しかし・・・

近年、我がムスコの劣化が著しいわけだが、

天皇賞春の劣化も著しい。

 

誰だこれは・・・吉川ひなの?

 

昔は・・・

春の大目標は天皇賞春!

という馬がほとんどで。

実績ある中距離GⅠ馬も普通に出走していてね。

THE・GⅠ!

という感じだったんだが、

今年のGⅠ馬はタイトルホルダーだけ。

最近はもう中距離馬はほとんどおらず・・・

「長距離専門馬」ばかり。

それが悪いとは言わんが、

やはり、

強い馬が長距離をも克服する・・・

あるいは

人気馬がぶっ飛んで大穴が開く・・・

なんてのを見たいと思うのが

馬券親父のサガだろう。

 

なんでこうなったかと言えば・・・

 

原因の一つは大阪杯のGⅠ昇格。

これにより中距離タイプの馬が

天皇賞春には見向きもしなくなった。

この昇格人事が必要だったのかどうか甚だ疑わしい。

 

さらにドバイの存在。

・GⅠドバイターフ(芝1800)

・GⅠドバイシーマクラシック(芝2400)

2つのカテゴリーのGⅠに出走出来る上に超高額賞金。

そして遠征ノウハウが蓄積され、海を渡る馬が爆発的に増えた。

 

そりゃ・・・

中距離馬はもう天皇賞春には出ないよね。

 

JRAには何とか

長距離GⅠの名誉

維持・存続して頂きたいのだが・・・

 

もう衰退する一方だろうね。

 

しかし我々競馬ファンにとって天皇賞春は特別なレース。

大切にして頂きたいと思う。

 

データ見てみよう!

 

■天皇賞春2022データ分析、人気別成績

1番人気がめっちゃ強いというわけではないね。しかし2~4番人気の馬券率が高く、全体の7割を人気サイドが占める堅めのレース。ただ、頭は堅いが2~3着のヒモ荒れは狙えるぞ!

 

■天皇賞春2022データ分析、年齢別成績

4~5歳が中心だねー。しかし6~7歳が来ないこともない。8歳以上は厳しい。

 

■天皇賞春2022データ分析、馬体重別成績

今年もメロディーレーンの登録があるねーw馬体重は440kgが一応のライン。基本的にはデカい方が優勢。馬体の増減は互角だが・・・多くの馬が±2kg以内。変動はない方がいい。

 

■天皇賞春2022データ分析、枠番別成績

ダービーほどではないが1枠が神枠だねー!今年は阪神での開催なので鵜呑みには出来ないが・・・あ、去年は1枠のワールドプレミアが勝ったのか。うーむ。頭には入れておいた方がいいかも?

 

■天皇賞春2022データ分析、騎手成績

長距離レースは馬より騎手で買え!という格言もあるが・・・武豊注意(ハヤヤッコ)!以下、ルメール・福永・岩田康も注意。面白いのは・・・川田(シルバーソニック)がこのレースと相性悪いって点。単なるめぐり合わせかもしれんが過去10年で9回乗って一度も馬券に絡んでいない。

 

■天皇賞春2022データ分析、種牡馬成績

かなり傾向はっきり。勝つのはステイゴールドディープインパクト(全弟のブラックタイド含む)。そして2~3着にハーツクライ。この3つの系統で連対馬の9割を占める!そしてキングカメハメハ系は全滅!徹底して合わないんだろうね。

 

■天皇賞春2022データ分析、間隔別成績

理想は前哨戦を一度使ってココ!という王道ローテ。休み明けも来るが・・・詳しく下で見てみよう。

 

■天皇賞春2022データ分析、前走成績

注目ローテは・・・阪神大賞典(10頭)、日経賞(10頭)、大阪杯(4頭)、後は京都記念などの年明けGⅡ。レアケースは有馬記念やドバイといったGⅠ。GⅢ以下から馬券になったのは過去10年でフェイムゲームのみ。前走はGⅡ以上が必須条件だ。前走はほぼほぼ3着以内で、広げても5着以内。惨敗からの巻き返しはほぼないと見ていい。

【激アツローテ馬】
・ディープボンド(阪神大賞典1着)
・アイアンバローズ(阪神大賞典2着)
・シルバーソニック(阪神大賞典3着)
・マカオンドール(阪神大賞典4着)
・ユーキャンスマイル(阪神大賞典5着)
・タイトルホルダー(日経賞1着)
・ヒートオンビート(日経賞3着)
・クレッシェンドラブ(日経賞4着)
・タガノディアマンテ(京都記念2着)
・マイネルファンロン(AJCC2着)

面白いのは、阪神大賞典・日経賞の惜敗組。それから別路線のタガノディアマンテ、マイネルファンロン。

 

■天皇賞春2022データ分析、1番人気の前走成績

一番人気は・・・5連敗してたんだが、この5年は連続連対中。

 

■天皇賞春2022データ分析、脚質別成績

ん?想像以上に前有利?いや、これは差しやマクリが「先行」にカウントされてるだけである。詳しく下で見てみよう。

 

■天皇賞春2022データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「差し→先行」「先行(逃げ)→先行」「差し(マクリ)→差し」。大きく分けてこの3つ。前残りのパターンもあるが基本は差し馬が優勢だ。ただし・・・

穴馬の脚質は・・・先行!

そう、穴を開けるのは前なのである。穴党としては、2020年のスティッフェリオ、2019年のパフォーマプロミス、2016年のカレンミロティックみたいな馬を探したい。

 

■天皇賞春2022データ分析、1番人気の位置取り・上がり3F

結果が出ている1番人気は先行タイプが多いね。危険なのは4角二桁番手の差し・追い込み系。

 

■天皇賞春2022上がり最速候補

上がり最速候補は・・・

・ディープボンド
・ハーツイストワール
・ハヤヤッコ
・ヒートオンビート
・マカオンドール
・ロバートソンキー
・テーオーロイヤル
・ディバインフォース

面白そうなのはヒートオンビート、マカオンドールかなー。

 

■天皇賞春2022データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬優勢だが、最近は関東馬も挽回している感あり。社台系が鬼強。ノーザンF4連勝中。血統的にはかなり極端でね。上でも書いたが、ディープインパクト系(キズナ・ブラックタイド)、ステイゴールドハーツクライ。この3つでほとんどを占めるのである。特に今回ステイゴールド系が大挙してエントリーしてるんでね。要注意。母系はバラバラだがノーザンダンサー系が多いかな。そして・・・リピーター注意!

 

■天皇賞春2022データ分析、重馬場適性

重馬場適性が高いのは・・・

クレッシェンドラブ【2.0.0.1】 ステイゴールド×サドラーズウェルズ。ここでは2⃣枚ほど足りないかもだが・・・重馬場は鬼だ。

ディープボンド【1.0.1.0】 キズナ×キングヘイロー 重馬場だった昨年の阪神大賞典を5馬身差で圧勝。欧州のフォア賞勝ちもあり、力の要る馬場は滅法得意。

マカオンドール【1.0.1.1】 ゴールドシップ×ダルシャーン。重馬場実績はいずれも条件戦時代のものだが・・・おそらく重馬場は鬼。

ロバートソンキー【1.1.0.1】 ルーラーシップ×サンデーサイレンス。まだ準オープンクラスの格下馬であるが、重馬場適性は高い。

タイトルホルダーはこれまで重馬場で走った経験がなくよく分からない。しかしパワータイプだし血統からも道悪が割引になる感じではないと思う。

 

■天皇賞春2022データケツ論。

阪神大賞典組vs日経賞組
・差し馬強し。穴は先行。
・社台系。ディープ・ステイ・ハーツ。

 

1番人気確定のディープボンドは新冠の村田牧場生産のキズナ産駒。馬主はノースヒル軍団の前田さん。栗東の大久保厩舎。鞍上は和田竜。昨年の2着馬。リピーター。阪神芝は【2.2.0.0】。昨年の有馬記念は欧州帰りで2着。前哨戦の阪神大賞典は余裕残しの仕上げで1着。前でも競馬出来るし、中団からマクる競馬も出来る横綱タイプ。データ的にも全くスキがない。個人的感情で言えば・・・この馬はココでGⅠ勝って、宝塚も勝って、そして秋はもう一回凱旋門賞に挑んで欲しいと思う(秋天・ジャパンカップは合わないだろうし)。久しぶりの和田ドラゴンのGⅠ制覇も掛かっているし、ホント頑張って欲しいなあ。馬券的にも◯候補筆頭。馬券圏内は外さんだろう。ただし、絶対はない。

タイトルホルダーは日高の岡田スタッド生産のドゥラメンテ産駒。美浦・栗田厩舎。鞍上は横山和。昨年のクラシックでは皐月賞2着、ダービー6着、菊花賞1着と活躍。暮れの有馬記念は5着に敗れたが、年明け緒戦の日経賞は1.6倍のダントツ人気に1着。ただ、これは薄氷の勝利で着差はクビクビ差。展開的に向いたし、相手関係も比較的楽だっただけに・・・もっと突き放して欲しかったけどねえ。まあ、前哨戦としてはこれでいいのかもしれんが・・・負ける時はあっさりの馬だし、血統的にも鬼門のキンカメ系だし、ちょっと怪しいパンツホルダーだと思っている。買うとしても押さえまでかなあ。

3番人気は未知の魅力が買われる形でテーオーロイヤルか。浦河の雄・三嶋牧場生産のリオンディーズ産駒。栗東・岡田厩舎。鞍上は菱田。現在4連勝中。能力の高さは疑いようがない。ただ、データ的には・・・前走はハンデGⅢのダイヤモンドS、鞍上GⅠ実績のない菱田、そして全滅のキングカメハメハ系リオンディーズ産駒。穴なら買いたくなるが・・・人気になるのなら軽視したい。

 

バニーガールに最近会ってないなあ・・・と思った貴方に穴馬候補を挙げておこう。

 

まず、普通に2~3着候補になりそうなアイアンバローズ。ノーザンF生産のオルフェーヴル産駒(ステイゴールド系)。栗東・上村厩舎。鞍上は石橋。5歳になり長距離戦に使われて能力開花。暮れのステイヤーズSでは逃げて2着に好走。年明け緒戦の阪神大賞典では番手から早仕掛けで先頭に立ち、力強く伸びて2着。ディープボンドには完敗であったがその差は0.1秒差。相当力付けてるぞ。データ的にもほぼほぼ完璧なボディのアイアンバニーだ。

次に、挙げたいのがマカオンドール。ノーザンF生産のゴールドシップ産駒。栗東・今野厩舎。鞍上は松山。この血統らしく勝ち味に遅いタイプだったんだが、昨年の暮れに2勝クラスを快勝すると、準オープンをパスして万葉Sに出走。これを後方から上がり最速を繰り出してイン突きV。確かにハンデは軽かったが・・・続く阪神大賞典でもラスト鋭い脚を見せての4着。脚を余した感じだったんでね。もうちょっと早く仕掛けていれば2~3着争いは出来たと思う。何よりその成長力が怖い。しかも道悪は鬼っぽい。週末の天気は怪しい・・・。ちなみにノーザンF生産のゴールドシップ産駒は超レア。この世代ではこの馬のみ。

それから、超大穴になりそうなマイネルファンロン。ビッグレッドF生産のステイゴールド産駒。美浦・手塚厩舎の7歳馬。鞍上は松岡。前走のAJCCでは11番人気で2着。当ブログでは鬼の本命に推してたんだが、まさかのキングオブコージ抜けで痛恨馬券となったのを覚えている毒者もいると思う。今までずっと2000m前後を使われており、長距離戦は初。しかし、折り合いは問題ないし、相当長く脚を使うタイプだし、妹はオークス馬のユーバーレーベンだし、もしかしたら長距離適性高いかもしれんじゃないか。鞍上松岡でマイネルで天皇賞春と言えば・・・マイネルキッツを思い出す毒者もいると思う。この馬も中距離で活躍してて・・・初の長距離戦となった本番で見事大穴開けたんだよね(この馬は日経賞を挟んだけどね)。一発大マクリのバニーナイトを期待したい。ただ・・・重い馬場になったらダメっぽい。

他、重馬場になった時のクレッシェンドラブ。よもやの一発ならタガノディアマンテかなー。

 

というわけで、

意外と面白そうな一戦になりそう。

 

調教チェック・予想印お楽しみに!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今年も浅次郎POGやるぜ!とりあえず今年の青本が先日発売されたんで早速注文!

 

今年から・・・ディープインパクトやキングカメハメハ産駒が居なくなるんだよね(正確に言うとディープインパクト産駒は6頭ほどいる)。さて、次の天下人はどの馬だ?

 

■答え合わせ

浅次郎のフローラS2022予想

まあ、スローの前残りになったらゴメンナチャイの予想だったんだけどまあそれにしても◎は惨敗。エリカヴィータ、パーソナルハイいずれもヒモには入れてたんだけどねー。あと、3着のシンシアウィッシュは週中の穴馬候補では挙げてたんだが、調教見て評価を下げてしまった・・・あぅぅ。しかしまあ懲りずに今週も穴狙いで行く。予想買ってくれたみんな!ほんとにありがとうー!

 

★第5期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!