菊花賞2018回顧。フィエールマンが菊花賞制覇。

【菊花賞2018回顧】京都芝3000mで行われた三冠最後の一戦GⅠ菊花賞。人気に押されたのはブラストワンピース、エタリオウ、エポカドーロであったが、勝ったのはキャリアわずか3戦のフィエールマン。この馬の勝因はなんだったのか?スローペースのヨーイドンが原因?今回2Fの超瞬発力勝負だった?人気各馬の敗因はなんだったのか?

 

フィエールマン、菊花賞制覇。

 

 

すまんこ。

 

正直言って、

 

今回の菊花賞回顧は・・・なかなか筆が進まん。

 

いや、フィエールマンが悪いわけでも、

 

私の馬券がハズレたからでもないんだが(それはいつもだ)、

 

私のチンコが全然盛り上がらんのである・・・。

 

今の競馬界、

 

穴党にとっちゃ

 

夢も希望もないのか・・・。

 

■菊花賞2018着順、結果

netkeibaより抜粋

 

仮に、今回の菊花賞を・・・オウケンムーンやタイムフライヤー、あるいはグローリーヴェイズやシャルドネゴールド、究極的に言えば、カフジバンガードやアイトーンが勝ったとしても、ここまでテンションが下がることはなかっただろう。

 

なぜなら、これらの馬は「超大穴」であり、来たらそりゃ驚きはするだろうけど・・・「ひえ~~~大万馬券じゃん!!チキショー!買えなかった!やられたなあ~!」という1/3の欲情な感情に駆られるからそれはそれでテンション上がるのである。

 

しかしフィエールマンは、

どう考えても過剰人気。

 

休み明けの上に、

重賞勝ちもなく、距離実績もなく、派手な持ちタイムもなく、

一線級との対戦は今回が初めて。

 

買い材料は「鞍上ルメール」のみ。

 

何度見ても、

 

 

何度見ても、

 

 

何度見ても

 

 

穴党の私にゃ買えない馬。

 

パンツには目が行くが、

 

フィエールマンには全く目が行かなかったのである。

 

この馬に勝たれても、

 

「あ、そう・・・ルメ。そうなんだ・・・」

 

って感じで全く欲情が動かないのである。

 

だって、

 

単勝1,450円。馬連2,380円だよ?

 

この馬を馬だけで見ると、

単勝70~90倍くらいが妥当だと・・・私は思うわけ。

馬連なら最低でも2~3万馬券、三連係なら大万馬券だろう。

 

しかし現実は、ちょい穴程度の払い戻し・・・

 

なんもかんも・・・

 

てめえのせいだ!

 

 

ルメールこの野郎!

 

アンタ巧すぎだろ!

 

■菊花賞2018映像

 

■菊花賞2018回顧

というわけで、淡々と回顧させていただく。みんなも知っての通り、今回の菊花賞は超が付くスローペースでね。3000m戦というより、1800m戦って感じの、上がり3F・・・いや、上がり2Fだけの瞬発力勝負であった(以下で説明する)。そうなった原因はジェネラーウーノだけじゃなく、色んな馬の思惑があったんだと思う(行かなかった馬の思惑、行きたくても行けなかった馬の思惑)。

 

スタート。好枠から好スタートを切ったジェネラーレウーノがハナに躍り出る。行くしかないアイトーンも押して押して前へ。エポカドーロはあまり行く気がなく、番手で収まる気満々。替わって外からカフジバンガード、コズミックフォースが前へ。

あれ?メイショウテッコンはどこ行った???あ、ちょっと出遅れ気味だったのか。あんたが行けばまた流れ変わったかもしれんのに~~~~!ほか、オウケンムーンが出遅れ、グローリーヴェイズもちょいとダッシュつかず。

 

挙動がおかしかったのがアイトーン。激しく押して先頭を取りに行ってたのに・・・鞍上が急にブレーキを踏んでスピードを落としているのだ。こんなことされたら馬はたまったもんじゃねえよな。首を振って抵抗する姿が見て取れる。国分恭介・・・何でブレーキ踏んだんじゃ!どうせ行かにゃ勝ち目ないんだから行ったれや!

 

最初の3~4コーナー。後ろから2頭目にいる黄色い帽子がエタリオウ。一方・・・後ろから行く予定だったというフィエールマンは望外の前目ポジション。

 

坂を下り終えて一周目の直線。ジェネラーレウーノに突っかける馬はおらず、ジェネラーレウーノもこれ以上ペースを上げるつもりなく・・・非常にゆったりした流れ。

 

ココね。大事なポイント。後方にいたエタリオウが、直線を利用して徐々にポジションを上げ、ブラストワンピースの前に出るのである。。といっても・・・ペースは超スロー。特別速い脚を使ったわけではない。ダメージはほとんど無し。※と言っても、道中ポジションを上げるのは非常にリスキーである。そのまま掛かる心配もあるし、脚を使ってしまう心配もあるしね。

 

 

1000m通過は62.7。

 

例年の菊花賞のラップと比較しても、

 

めちゃくちゃ遅い!

 

例年だと・・・60秒-63秒-60秒

くらいのバランス。

 

エタリオウがポジションを上げた所は12秒中盤くらいのラップなんでね。この時エタリオウは12.0くらいのラップを踏んだ感じであるが、例年と比較しても全く無理のないペース。

 

そして・・・

 

これからさらにラップが落ちるのである。

 

エタリオウが上がって行ったのを見て、ブラストワンピース池添も早めに外へ。きっとダービーのことが頭にあったんだろうね。今回は包まれてなるものか!という騎乗。しかしこれは今回に関しては凶と出る。4コーナーまで馬群の中で良かったのだ。先行勢の中で息を殺して脚を溜めているのがフィエールマン。中団の内で脚を溜めているのが武ユーキャンスマイル。

 

ジェネラーレウーノのユッタリした流れが続く。

 

1000~2000mのラップは、

12.4-13.3-13.0-12.8-12.7。

 

もちろん単純な比較は出来ないが、

秋華賞のそれはほとんど11秒台だったよね。

 

ええと、これは秋華賞のラップ。

 

競馬では1秒違うと5~6馬身くらい違うわけでね。

 

いくらなんでも・・・

超スローペースだったわけだ。

 

で、

 

京都の長距離戦では、

スローになると早めの仕掛けをする馬が必ず出てくるわけだが、

 

今回は3コーナー過ぎても・・・

 

誰も動かない。

 

この期に及んでどの馬も動かない。おい戸崎!瞬発力勝負で勝てると思ってんのか!

 

4コーナーで馬群がギュンと詰まる。この時、ジェネラーレウーノのラップは12.2なので、後ろの馬は11.8~12.0程度の脚で差を詰められたわけ。

 

なんせ、超・超スローだったので、どの馬も脚が溜まっているのだ。こうなったら・・・あとは、どれだけロスなく4コーナーを回せるか?そしてどれだけ馬の脚を伸ばせるか?の勝負。もちろん、超瞬発力必須!

 

つまり・・・

 

今年の菊花賞は、

 

ラスト3Fだけ・・・

 

いや、

 

ラスト2Fのヨーイドン!

 

だったのである。

 

ワンテンポ早めにエタリオウが仕掛ける!付いていくブラストワンピースはその外!内の青い帽子が死んだフリのユーキャンスマイル!12番のフィエールマンは前が壁になって仕掛けることが出来ない!が、それが最後に活きる!

 

これはノリスケさん提供の写真。ブラストワンピースはエタリオウのさらに2頭分外を回らされている。せめて、エタリオウと同じラインで4コーナー回りたかったね。

 

エタリオウが早め先頭!外からブラストワンピースが襲いかかるが・・・差が縮まらない!それもそのはず・・・残り400~200mのラップは10.7である!これを超える加速をしないと差が縮まるはずもなし!

そして・・・運がいいことに、フィエールマンの前がぽっかり開く!4コーナーで仕掛けることが出来なかったフィエールマンは、最も脚が溜まっていたのだ!推定F10.5前後の鬼脚を繰り出してエタリオウに迫る!連れて併せるようにユーキャンスマイルも脚を伸ばす!内からエポカドーロが応戦するが・・・究極の瞬発力勝負では分が悪い・・・。

 

残り200m!さすがに脚が鈍ったエタリオウだが、それでも200m~ゴールのラップは11.3!

 

ここで・・・脚を残していたフィエールマンが最後まで脚を伸ばしてエタリオウを交わしに掛かる!フィエールマンのラップは推定11.2。しかし、ここからエタリオウがど根性で差し返す!

 

全く並んだところがゴール。

 

身体はむしろエタリオウの方が前に見えるが・・・

 

首の上げ下げでフィエールマンがハナ差勝利。

 

おめでとうフィエールマン!

 

 

 

 

 

 

あ。まちがった(ピカピカ惜しい2着だったね)。

 

勝ったフィエールマンのタイムは3:06.1。歴代の菊花賞の一般的なタイムと比べると2~3秒遅い。この馬の推定上がりは12.1-10.6-11.2(33.9)。完全に直線400mだけの瞬発力で勝った感じだね。だからといってこの馬が弱いとか言ってるわけじゃない。3000m走って最後にこの脚で走れるんだから相当の器だと思う。ただ、今回は展開面の恩恵と鞍上の好騎乗が大きかったと思う。今更だけど秋の天皇賞とかめちゃくちゃ合いそうな感じ。

2着のエタリオウもまた鞍上の好騎乗というか鬼騎乗が光った一戦だった。今回はラスト2Fの瞬発力勝負だったわけで、最初のポジション(後ろから2番目)だったら、どうやっても届かなかっただろう。ゆったりペースの時にブラストワンピースの前に付けたのもファインプレイ。おかげで、ブラストワンピースは早めに仕掛けることが出来なくなってしまった(結果的に同じタイミングで仕掛け、ブラストワンピースはその外を回る羽目になり、その差が最後まで縮まらなかった)。フィエールマンに出し抜かれたのはもう運が悪かったとしか言いようがない。あ、調教チェックで「イマイチ」と書いて大恥かいたが(笑)、何度見ても私にはイマイチにしか見えん。今後も同じスタンスでチェックを続けて行く。

3着のユーキャンスマイルは格下の身だが、瞬発力あるなー!武豊の好騎乗にも助けられたが(ポジション取り、仕掛け所も完璧)、フィエールマンの一つ後ろから同じような脚を使って3着に突っ込んできた。能力がなければここまでは来れない。

4着のブラストワンピースの敗因だが・・・今まで述べてきた通り、全てを封じられての敗戦であった。ポジション的に辛かったし、大外を回らされたし、展開的にも最悪だった。せめてもう一段前のポジションを取れていれば・・・しかし、ここまでスローになるなんて思ってもいなかったろうしなあ。本当は4コーナー手前から仕掛けたかったろうけど、早仕掛けで潰れるのも嫌だったろうしね。鞍上の差というのは余りに酷だが、勝つタメには、馬の能力を信じて残り800mから仕掛けるしかなかったと思う。しかし、最後にちょっと脚が鈍ったあたり・・・距離の問題が多少なりともあったかもしれない。

5着のグローリーヴェイズは勝ち馬らと同じ上がり33.9をマーク。ブラストワンピースのさらに外から鬼脚を繰り出しており、最後はブラストワンピースに半馬身まで迫る好走。位置取りが後ろ過ぎたのはブラストワンピースと同じ。この馬も展開に恵まれなかったね。

 

さて、8着に惨敗したエポカドーロの敗因はなんだったのだろうか。直接的には2Fの瞬発力勝負に対応出来なかったことであるが、本質的な敗因は「行かなかったこと」だと思う。ダービーでは平均ペースで逃げ、ロングスパート合戦に持ち込み、最後まで粘って2着。今回はあまりにペースが遅すぎて・・・この馬の持ち味を全く出せなかった。せめて・・・残り800mの地点で先頭に並びかけるような積極的な競馬をして欲しかったね。番手に収まって全く動かなかったのは・・・陣営の指示だったのかな?

 

あと、色んな謎を残したジェネラーレウーノの逃げ・・・皐月賞を見る限り、この馬は「ハイペース志向の逃げ馬」である。スローに落としたらダメなタイプ。だから行くなら行ってしまえば良かったのである。この馬が大逃げを打っていたら・・・ものすごく興奮しただろうになあ。あ、いや、この馬は中山鬼のタイプかもしれんね。いつか大穴開けそう。馬主がエタリオウと同じなんで色んな陰謀説が流れているようだが、私は否定的である(真相は知らん)。

 

私の馬券は◎ステイフーリッシュで全くどうにもドモナラズ。ハゲ兄よ・・・せめて前に行って欲しかったぜよ。。。

 

以上回顧終わり。

 

簡単に済ませるはずが、

 

長くなってしまった(笑)。

 

「浅次郎さん、秋天も外人騎手で決まるんじゃないの?」

 

と思っている毒者多数だと思うが、

 

私も、

 

そう思っている(え)。

 

だけどもしかし。

 

心配要らない。

 

もしそうだとしても、

 

己のモッコリ道を貫くのみである。

 

 

天皇賞秋も、大穴狙いで行くぜ!

 

人生も競馬も楽しんで行こう!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

今回ボロ負けした組の中には、展開が全く向かなかった馬がおり、いつかどこかで穴を開けると思う。とりあえず私は来年の天皇賞春でこの馬を懲りずに狙いたい。

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    18件のコメント

    • エア

      浅次郎さん菊花賞回顧お疲れ様ですm(__)m。
      確かに自分も途中で何このどスローは(°Д°)と思いました(((^_^;)。
      ただ終わってみて思ったのは、やっぱり騎手の経験の差は大きいのかな?と今年の牡馬三冠で全く活躍出来なかった三人が馬券内を占めた結果から自分はそう感じました(._.)。
      出来ると思えない来週の天皇賞(秋)ですが(T-T)もし参加出来るならキセキの単勝に賭けたいと思っていますm(__)m。

      • 騎手の経験の差は大きいですねー。
        今回のミルコの状況判断の早いこと早いこと。
        あそこでポジション上げられるのはスゴイですよ。
        ルメールも武もお見事でした。

    • そら

      こんばんは!回顧ありがとうございます(^^)

      いやまったく、フィエールマンは買える馬ではなかったです。私も即切りでした!(エタリオウも即切りだった訳ですが)
      多分、このレース何回買ってもフィエールマンは買わないと思います。

      昔は馬7騎手3と言ってましたが、ルメデムのお陰で馬3騎手7に…。彼らが乗ると穴馬が人気馬になっちゃってホントに困ります!

      エポカドーロは、戸崎君が距離もあるのかなーと思います。と言い訳してましたね。

      結果的に見れば、ルメデム武の「長距離は騎手で買え」格言の集大成でした。

      天皇賞も出走頭数少なめで堅そうですけれども。面子的には面白そうなんですけどね(^^)ヒモ荒れでも狙いますか。

      • 私も、何回買ってもフィエールマンは買わないですね。
        もう悔しくもなんともないです(笑)。

        エポカドーロは距離じゃないと思いますがどうなんでしょうね。
        せめてもっと早く仕掛けて欲しかった。

    • 武蔵野

      せっかくのら3000スタミナ勝負の削り合い見たかった気もしますがこれも競馬かあ~

      コズミックフォース人気よりは頑張ってくれたなw

      • ほんとそう。せっかくの3000m戦なんだからガチのスタミナ勝負が見たかったすねー。
        コズミックフォースは次どこに出るか分かりませんが、
        狙えると思いますよー!

    • たくぞう

      先行馬のジョッキー達は体内時計がくるってたんですかねって言うくらいのレースでしたね。
      先行馬はなぜ先行馬なのかというのもわかってないジョッキーばっかり。
      あれだけスローに落とせたのなら先行馬は坂の頂上くらいからロングスパートをしないといけないのに
      結果だけ見れば、3000m以上で結果出してるジョッキーが掲示板独占でした。
      皐月賞、ダービーとエポカらしい競馬が出来たのになぜここであのわけのわからない競馬をしたでしょう。
      もやもやしか残らない菊花賞でした。
      掲示板にのったジョッキー達は上手かったの一言です。

      • ジェネラーレウーノもエポカドーロもコズミックフォースも・・・
        ドスロータイプの先行馬じゃないですからねー。
        特にエポカドーロはダービーであれだけの競馬をした馬。せめて坂上から仕掛けて欲しかった。

    • 虎の松

      浅次郎さん今晩は(__)回顧ありがとうございます(__)ジェネラーレ単複勝握り締めて儚く散りました(笑)
      有馬もし出るなら懲りずにこの馬から(笑)
      今秋は武豊3着多いですね(笑)

      • ジェネラーレウーノは中山タイプの馬かもしれません。
        それにしてもスローに落とさず行き切って欲しかった!

    • 長野ロマン

      2600mからの電撃2F戦。
      これが菊花賞の近未来のカタチだ!

      4番人気ジェネラーレウーノ。
      田辺、勝とうとする意思が感じられねえよ。馬券買ってないけど。

      • ほんとにつまらん電撃2F戦でした。
        ・・・これを最後にしてほしい。

    • momomo

      浅次郎さん、回顧ありがとうございます!

      自分は、なんとなーく面白くないなー。ぐらいでしたが、競馬知ってるみなさんの意気消沈具合が何故なのか、よーくわかりました…

      勝っても負けても、スカッとしたいですね!
      願わくは、このあとのG1で、デムルメ人気馬斬りの、日本人穴馬勝ちを観たい!当てたい!!感動したい!!!

      • 3000m戦とは名ばかりのレースでしたからね・・・
        しかし、これに懲りず、大穴狙って行きまっせー!

    • ヨルン

      自分にはモヤモヤどころか、落胆しか
      無かったレースです(´д`|||)
      2周走る意味ね〜💦
      ここまで酷い菊花賞もちょっと記憶に
      無いですね〜(´-ω-`)
      これじゃ長距離レースが廃れるのも仕
      方ないと思いました。

      やっぱり負けてもスガパーな気持ちに
      なりたい❗

      春天は人気馬買う予定です。

      • ほんと3000mの意味ないレースでしたねー。
        これは多くのジョッキーが長距離の経験が少ないからじゃないかなー。
        もっと長距離のレース増やせばいいのに・・・

    • さかちょ

      こりゃ何度やってもパンツ見てしまう笑

      今回の菊花賞は自分も浅次郎先生と同じ気持ちです。
      長距離は騎手で買え・・・か。
      はぁ~
      ま、これも競馬ですよね!

      • そうっす。チンコ萎れましたが、これも競馬っすね。
        今後、京都の長距離で関東の騎手が逃げ・先行の時は気をつけようっと。

    コメントを残す