ホープフルS2018回顧。サートゥルナーリアは超大物か?

【ホープフルS2018レース回顧】中山芝2000mで行われた2歳GⅠホープフルSを制したのは圧倒的人気に押されていたサートゥルナーリア。圧倒的なパフォーマンスでの勝利で来年の皐月賞・ダービーはこの馬で決まり?という声もチラホラ。レースを分析してサートゥルナーリアの強さを探る!アドマイヤジャスタ、ニシノデイジーの敗因は?

 

サートゥルナーリア、

圧倒的な能力差でGⅠ制覇!

 

 

いやあ・・・

 

強いんだろうなぁ・・・

 

とは思っていたが、

 

想像以上の強さだったなー。

 

簡単に回顧する。

 

■ホープフルS2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

か、堅たい・・・カチンコチンコ。

 

■ホープフルS2018映像

 

■ホープフルS2018回顧

スタート!

逃げると予想していたキングリスティアが出遅れ!対象的に5番のサートゥルナーリアは好スタート。

 

そのまま馬なりで前に行くサートゥルナーリア。インのニシノデイジーも行く気満々といった感じで前へ。普通のスタートを切ったアドマイヤジャスタは意図的にサートゥルナーリアの真後ろへ。大外からコスモカレンドゥラが二の脚を使って前へ。

 

結局ハナはコスモカレンドゥラ。サートゥルナーリアは控えて2番手。ここからミルコは馬をリラックスさせることに専念。外からアドマイヤジャスタ。ニシノデイジーはご覧の通り・・・ちょっと行きたがっているように見える。

 

ちょいとポジションを下げるニシノデイジー。外からタニノドラマ、間からブレイキングドーン。青い帽子が私の◎ヒルノダカール。いいポジション取ったと思ったけどねー(笑)。

 

中団にハクサンタイヨウ、ジャストアジゴロ、ミッキーグラック、マードレヴォイス。

 

後方にヴァンドギャルド、キングリスティア。

 

ペースは、

 

 

600mが37.8。

1000mが62.5。

 

前半はかなりスローなペース。

 

特に600mまでは劇的に遅く、

前に居た馬達にとっては楽なペースだったと思う。

 

人気馬達は無理して前に行ったわけではなく、

楽々前のポジションを取っていたのだ。

 

つまり・・・今回、

かなり能力差のある一戦だったわけ。

 

特に、上位3頭と、

それ以下の馬には決定的な差があったように思う。

(不利があったヴァンドギャルド除く)

 

ただ、

 

今年のホープフルSは

1000m通過後が異様なラップで。

 

 

なんと1000~1400mでいきなり11秒台に突入するのである。

そして3~4コーナーで一旦緩むものの、

ラスト2Fも11秒台。

急坂があるラスト1Fも11秒台。

 

つまりスローだったのは前半1000mだけで、

後半1000mは息が入る間がほとんどない・・・

超持久力戦だったのだ。

 

事実、勝ったサートゥルナーリアの上がりは35.3。

 

後半はかなり厳しいレースだったことがわかる。

 

続けよう。

 

3~4コーナーでアドマイヤジャスタ、ブレイキングドーン、ヒルノダカール、ジャストアジゴロが仕掛け、先頭に並んで行く!そして後方にいたヴァンドギャルドも2列目までポジションを上げる。これらの馬は物凄く手応え良く見えたが・・・実は1000m過ぎから11秒台のラップに突入しているのであり、非常に厳しいレースを強いられていたのだ。

そしてこの時動かなかったのが、サートゥルナーリアとニシノデイジー。4コーナーで一呼吸入れ、直線へ。

 

アドマイヤジャスタがコスモカレンドゥラに並びかけ、その外からブレイキングドーン福永が巧みに蓋をする!真横にはヴァンドギャルドがおり、インからはニシノデイジーが追い込んでくる・・・全く行き場がないように見えたサートゥルナーリアだが・・・。

 

アドマイヤジャスタとブレイキングドーンの間に出来た僅かな隙間(馬半分くらい?)に・・・

 

馬が自ら突っ込んでいく!

(ように見えた)

 

この時ミルコは

横の福永と接触しないよう左手のアクションを止め、

右手一本で馬を制御しつつ馬体をねじ込んでいる。

 

今にも蹄がぶつかりそうなわずかな隙間であり、

並みの闘争心ではこの隙間は突けまい。

 

また、日本人ジョッキーなら

完全に空間が開くまで待つか、

馬が隙間を突く気になったとしても手綱を引いてしまうだろう。

 

実際、このミルコの騎乗は危険を伴うものであった。

 

 

煽りを食った(多分接触した)ブレイキングドーンが外に膨れ、

その後ろにいたヴァンドギャルドが致命的な不利を受けているのだ。

(気になる方はパトロールビデオで確認するべし)

 

今回のミルコの騎乗については・・・

勝負強いと言えば確かにそうだし、

危険だと言えばそれも確かにそうだろう。

(実際に大きな不利を受けた馬がいるからね)

 

その是非はここでは論じないが、

 

現行ルールではギリギリセーフであり、

馬券を握る上で頼りになる騎手であるのは間違いないと思う。

(あそこで囲まれたままレースを終えていたら批判殺到だったろう)

 

前が空いてからはサートゥルナーリアの独壇場。ちょっと仕掛けただけで急加速。ほとんど追われることなく、ノーステッキで先頭に立ち、最後は流す余裕。

 

着差以上の圧勝・・・という言葉が今回ほど当てはまるレースもないね。

 

サートゥルナーリア余裕の圧勝。

 

タイムは2:01.6。

勝ち馬の上がり35.3。

 

 

 

 

 

 

勝ったサートゥルナーリアは、ノーザンF生産、馬主は同系列のキャロット。父はロードカナロア。母はシーザリオ。異父兄にエピファネイア、リオンディーズがいる超良血。父ロードカナロアは2年目産駒にして後継となり得る超大物牡馬が出現したかもしれん。2戦目まではちょっと折り合いに不安があったが(素人目)、今回は全く行きたがるような素振りを見せず、勝負所でもジッと我慢し、狭い所をこじ開け、GOサインが出たら一瞬で抜け出しての楽勝。まだ、全能力を出しておらず、一頭だけ能力が違った感じであった。ニシノデイジーをモノサシにして考えても・・・とりあえず、現段階ではこの馬が皐月賞・ダービーの最有力候補だと思う。順調に行けば、秋は凱旋門賞・・・という青写真も見え隠れするな。

 

2着のアドマイヤジャスタからすれば相手が悪かったの一言。最初はサートゥルナーリアをマークしていたが・・・おそらくルメールが「こりゃペースが遅いわ」と判断したんだろう。1000m過ぎにペースアップしてサートゥルナーリアの前に出し、「ポジション差」で勝つ作戦に切り替えたんだと思う。しかし、不幸なことに、同じタイミングでコスモカレンドゥラのペースも上がる(あるいはアドマイヤジャスタがペースを上げたことで、コスモカレンドゥラのペースも上がった)。そのせいで、後半厳しい流れになったが、それでも早め先頭で最後までバテずに走り切っての2着。ただ、サートゥルナーリアには全く抵抗出来ずに完敗。ちょっと現時点では差があったと思う。しかし、父は古馬になって強くなったジャスタウェイだからね。今後の成長に期待したい。

 

3着にニシノデイジー。実績的にはこの馬がダントツであったが、3番人気の低評価。結果も人気通りの3着だったわけだが・・・文中でも書いた通り、道中は結構行きたがっており、折り合いに苦労した一戦であった。4コーナーでは中団後方までポジションを下げたが、そこからの脚は見事でね。サートゥルナーリアと同じ上がり35.3を使って3着まで押し上げた。サートゥルナーリアと同じ位置で折り合えていたら・・・と思わずにはいられない。東京2400で逆転を狙いたい一頭。

 

4着のコスモカレンドゥラは大外枠が堪えたね。1000m過ぎにペースを上げたのは作戦だったのか?それともルメールの圧力が掛かったからか?そのあたりは分からんが、上の3頭とは能力差が大きかったように思う。しかし、このペースでも最後までバテずに4着に踏ん張っているから大したもの。大物不在のGⅢクラスなら勝ち負け出来るかもしれんね。

 

5着のブレイキングドーンも力負け。早めに仕掛けてしまったのも堪えたかな?直線ではサートゥルナーリアに弾かれる不利はあったが、大勢には影響なかったのではないか。それより大きな不利を受けたのがヴァンドギャルド。最初にヒルノダカールから受けた不利はまだ挽回可能だったが、立て直した瞬間に食らった不利(サートゥルナーリア斜行による)が致命的で。不利が無ければ・・・少なくとも4着はあっただろうと思う(もしかしたら2~3着まであったかも)。次、人気になるかどうかは微妙だが、人間忘れやすいからね。是非忘れないようにしておきたい。

 

私の◎ヒルノダカールは正攻法の競馬。4角から早めに仕掛けて先頭に並びかける所までは良かったが、その後は伸びず、内側に斜行し・・・結果7着。ちょっと・・・というか全然能力が足りなかったね。ま、大穴だったし、狙って悔いなし。

 

以上、回顧終わり。

 

とにかくサートゥルナーリアの強さばかりが目立つ一戦であったが、

コースや距離が変われば結果も変わるのが競馬。

今後は成長力も大事になってくるし、

 

「皐月賞はサートゥルナーリアで間違いねえ!」

 

などと決めつけるの私のティンコ並みに早いと思う。

 

しかし、現時点での完成度は群を抜いている。

 

もしかしてだけどー。

 

もしかしてだけどー。

 

 

ホープフルSじゃなくて、

 

有馬記念でも、

 

いい勝負したんじゃないのー♪

 

なんてね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「調教師 角居勝彦の道路交通法違反」に関する処分について

ちなみに、サートゥルナーリアは現在中竹厩舎所属となっているが、元角居厩舎所属である。角居調教師の処分が1/6までということは・・・以降は角居厩舎所属に戻るものと思われる。中竹厩舎狙いが通じるのも・・・1/5までか。

 

渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も―映像公開

過ちや間違いは誰にでもある。そんな時は素直にそれを認めて「すまん」と頭を下げればよろしい。しかし、過ちを認めることなく、嘘をついて白を切る・・・なんてのは人としても国としても最低レベルの所業である。韓国はこの期に及んで「映像は客観的証拠とみなせない」などと言ってるらしい(周波数情報は機密情報なんで出せる訳がない)。防衛省!こうなったら徹底的にやったれ!