日経新春杯2020データ分析!穴馬を探せ!

【日経新春杯2020データ分析】京都芝2400mで行われるハンデGⅡ日経新春杯!今年はレッドジェニアル、アフリカンゴールド、タイセイトレイルが人気だが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では、内枠が有利!脚質は差し!馬体重・年齢・ハンデ・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はエーティーラッセン、マスターコード、プリンスオブぺスカ。

 

競馬がより面白くなる要素の一つに、

「ハンデ」があるわな。

 

一般的には「ハンデ1.0kg=2馬身」と言われているわけだが、

 

1cm短くなるごとにドキドキする

女子社員のスカート丈と同じで(チガウ・・・

 

 

軽ハンデ馬を見るとドキドキするよね(笑)。

 

さて、数少ないハンデGⅡの日経新春杯。

 

なかなか面白そうだぜぇ!

 

■日経新春杯2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

外人ズは中山の京成杯に群がってるみたいだし、こっちが狙い目。

 

人気はレッドジェニアル56kgか・・・ふーん。

アフリカンゴールド55kgの方が怖いなー。

 

しかし菊花賞僅差5着のメロディーレーンが49kgだよ。

牝馬の上に2勝クラスの立場だからそうなるわけだが、

レッドジェニアルとは7kg差あるわけで(菊花賞では2kg差)。

 

こりゃドッキドキの超ミニスカだねー。

 

 

まあ、今年は明らかな格上馬がいないからね。

いずれもオッズほどの差はなく・・・

激戦必至!と見ている。

 

さて、データ見てみるぼ。

 

■日経新春杯2020データ分析、人気別成績

ぐえっ・・・1番人気強えーなー。ついでに2番人気も強いじゃんよー。ま、私にゃ関係ないけどね(笑)。

 

■日経新春杯2020データ分析、枠番別成績

1枠要注意!こりゃ基本内枠が良さそうですな。そして外枠に行くほど成績が落ちる!人気馬が外枠に入りますように、人気馬が外枠に入りますように、人気馬が外枠に入りますように・・・。

 

■日経新春杯2020データ分析、年齢別成績

明け4歳が鬼のように強い!このデータは・・・おそらく多くの競馬解説者が口にすることだろうと思う。つまり、多くの競馬ファンが意識することになるわけで、今回はレッドジェニアルやメロディーレーンの人気を後押しすることになると思う。

 

■日経新春杯2020データ分析、ハンデ別成績

さてさて・・・このデータが最も重要。まず重ハンデ馬がかなり不振ってこと。57kg以上背負った馬はかなり厳しい。56kgの馬はかなり馬券になるものの2~3着ばかり。頭で来ているのは55kg。51kg以下の超軽ハンデ馬は厳しく、馬券になるのは52~54kg

メロディーレーンは愛知杯に行く選択肢も当然あったと思うわけだが、こっちに来たのは距離より「49kg」が理由か。340kgしかない馬だからねー。負担重量はかなり気になるところ。今回56kgのレッドジェニアルがハンデ頭だが・・・

 

■日経新春杯2020データ分析、馬体重別成績

馬体重の分布はフラット。439kg以下は出走すらなし。馬体の増減は・・・数的には馬体増の方が多いわけだが、馬券率で見ると馬体減の方が優勢。これは時期的なもの(冬は馬体を絞りにくいのでプラス体重の馬が多くなる)があるかもね。

 

■日経新春杯2020データ分析、騎手成績

デムルメ不在。普通に関西の上位騎手注意だねー。

 

■日経新春杯2020データ分析、種牡馬成績

うお。キンカメ相性いいな。あとはディープインパクト、ステイゴールド、ハーツクライ、マンハッタンカフェ・・・普通にサンデーサイレンス系の中距離種牡馬が優勢。

 

■日経新春杯2020データ分析、間隔別成績

3週(中2週)が強いけど・・・これは有馬記念組かな?あとは1~2か月間隔の馬。休み明けでもOK。

 

■日経新春杯2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・菊花賞(3頭)、有馬記念(3頭)、3勝クラス(6頭)、2勝クラス(3頭)。金鯱賞や愛知杯は開催時期が変わってるので省かせて頂く。ご覧の通り、要注意は準オープン組(3勝クラス)。それも暮れの阪神2400オリオンS、中山2500グレイトフルSの2つに限られる。着順は1着のみ。例外はなし。それから2勝クラス組も侮れないぞ。これも当然1着条件だ。

【激熱ローテ馬】
・エーティーラッセン51kg(オリオンS2着)
・モズベッロ52kg(グレイトフルS4着)
・マスターコード53kg(グレイトフルS6着)
・レッドレオン54kg(比叡S1着)
・レッドジェニアル(菊花賞6着)

今年はオリオンS、グレイトフルS勝ち馬がいないので条件緩和して僅差の馬を挙げておく。エーティーラッセン51kg激熱だねー。あと半年の休み明けで京都2200の準オープンを快勝しているレッドレオン注意。

 

■日経新春杯2020データ分析、脚質別成績

差し馬強いねー。上り1位馬も鬼のように強い。

 

■日経新春杯2020データ分析、位置取り・上がり3F。

馬券パターンは・・・「差し→差し」「差し→先行」「先行→差し」。基本的には差し馬を中心にしたいねー。ただ、先週の馬場バイアスを見ると・・・内の先行馬が有利って気がしないでもない。

穴馬の脚質は、差し・追い込み。

つか・・・過去10年ほとんど荒れてないなー。だからと言って今年も荒れないとは限らんけどな!

 

■日経新春杯2020データ分析、厩舎・生産者・血統

過去10年で関東馬が馬券になったのは4頭だけ・・・圧倒的に関西馬が優勢ですな。ノーザンFが強いわけだが、全然絡まない年もあり。血統的には・・・前述した通り「主要中距離系」が強い。母系はノーザンダンサー系輸入馬。あるいはトニービンに注意。

 

■日経新春杯2020ケツデータ論

・内枠有利、外枠不利。
・3勝クラス、2勝クラスの軽ハンデ馬注意。
・差し、追い込み。

レッドジェニアルはキングカメハメハ産駒。母はフローラSを勝ったレッドアゲートという良血だが・・・その母は古馬になってから全然馬券に絡まなかった・・・と思ったら一度だけ3着に入ってるんだよね。それが日経新春杯だったりするから面白い。この馬もダービートライアルの京都新聞杯を勝って以降は期待以上の走りをしておらず・・・今回が古馬と初対戦。菊花賞は中団追走からそのまま流れ込む形での6着。鞍上が武豊に代わって新味が出るかどうかが焦点。

アフリカンゴールドは本格化の匂い漂うステイゴールド産駒。アルゼンチン共和国杯はルメールを背に1番人気に押されるも3着まで。ただ、今回はメンバーが落ちる感もあり、引き続き55kgなら重賞制覇のチャンスだろう。今の京都の重い馬場も向いてると思う。

アルゼンチン共和国杯で僅差2着だったタイセイトレイルも55kg。能力的にはアフリカンゴールドと互角。当然有力だ。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、ガチで狙っているのが大穴エーティーラッセンだ!一見してダートっぽい血統だし、日高産の安馬だし(失礼)、田中健騎乗だし(失礼)、全く人気なさそうであるが・・・上述した通り、重要ステップのオリオンS組(逃げて0.2秒差2着)、そしてハンデは54kg→51kgと3kg減!展開の助けは必要だが・・・京都2400で逃げ脚質。一発あっても驚けないぞ!頼むから内枠引いてくれ!

次に、前走グレイトフルS6着のマスターコード。6着とはいえわずか0.3秒差。トップハンデ56kgを背負ってのもの。しかし今回は3kg減の53kgである。京都2400は【1.1.0.0】。条件ピッタリで面白い一頭だと思う。

そのマスターコードを2走前に負かしているのがプリンスオブぺスカ。前走の万葉Sは見せ場なく11着惨敗であったが、これは距離が長かったか?ベストは2400mで、京都2400は【2.0.0.0】。54kgが微妙だが、これまた条件ピッタリで面白い一頭。

あとは・・・いつ走るかわからんロードヴァンドール、52kgのモズベッロ、レッドレオンあたりも注意。

 

当然・・・

 

ダメと言われても、ミニスカが好き!

来ないと言われても、軽ハンデが好き!

 

大穴狙いで逝くぜぇ!

 

最終ケツ論は日曜日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

落馬、脳挫傷の疑い…大塚、経過観察中 両親と会話も

騎手という仕事は文字通り命がけである。我々競馬オヤジは「なんでそのスペースに突っ込まないんじゃ!」とか「外に出さんかーい!」なんて思ってしまうが・・・前の馬の蹄に引っ掛かったり、横の馬と接触したりすれば、転倒する危険があるのが競馬だ。特に前の馬との距離感はかなりシビアだと思う(10cm単位)。というわけで、自分の馬券のハズレっぷりにも、ヘグッた騎手の仕事っぷりにも、もっと優しくなりたい。大塚、早く戻ってこい。

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

不明な点・気になる点があったらお気軽に問い合わせてね(→お問い合わせはこちら。携帯キャリアのメールアドレスは避けてねー)。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内