新潟記念2018予想オッズ、データ分析!穴馬を探せ!

【新潟記念2018予想オッズ・データ分析】新潟芝2000mで行われるハンデGⅢ新潟記念。今年の注目は3歳のブラストワンピース。1番人気になりそうだが、買い?切り?データ分析では内枠が有利?脚質は先行?差し?ハンデは?騎手・馬体重・前走ローテは?穴馬候補はストーンウェア、マイネルミラノ、メドウラーク、ショウナンバッハ!

 

先週の新潟2歳Sは久しぶりに馬券が当たったんだが、

 

狙った大穴の◎スティルネスがクビハナ差の3着で・・・

 

タラレバを言うなら、

この馬が頭だったら良かったんだけどね。

(3連単で買ってたからね)

 

まあ、懲りずに大穴狙いで逝こうと思う。

 

さて、今週は忙しいな。

 

■新潟記念2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

注目はなんと言っても3歳のブラストワンピース。

ダービーで2番人気に支持された馬。

結果5着であったが・・・

今年のダービーで最も運が悪かった馬である。

(必見→ダービーのレース回顧

 

まともなら勝ち負けだった・・・

と考えているのは私だけではあるまい。

 

そのブラストワンピースが何故新潟記念に?

菊花賞を目指すなら神戸新聞杯、

天皇賞秋を目指すなら毎日王冠か京都大賞典だろ?

 

ふむう・・・

 

 

毎年フルゲート近くになることが多いレースだが、

 

今年は登録が14頭・・・。

 

ブラストワンピースを避けた陣営が多いのでは・・・?

 

という推測も成り立つな。

 

いずれにせよ、この馬が人気になるのは間違いなく、

 

この馬の取捨がポイントになりそうやね。

 

データ見てみるべ。

 

■新潟記念2018データ分析、人気別成績

ウヒィィィ!人気馬弱え!1~2番人気も弱えが、3~4番人気はほぼ壊滅状態。5~6番人気が強く、7~10番人気が相当馬券に絡んでいるぞ!二桁人気の馬も3着なら十分可能性アリ!このレース、取り敢えず人気馬を嫌うべし!

 

■新潟記念2018データ分析、枠番別成績

世にも珍しいワンターンの2000m戦。最初の直線は約950mあるからね。コース的に内外の有利不利はあまり考えなくていいんだが、考えねばならんのは馬場バイアス。新潟も最終週で・・・先週も内は相当馬場が悪そうだった(直線も外に行く馬が多かった)。週中も雨が降るみたいだしねえ。

過去10年で見ると3~4枠が買いだね。

 

■新潟記念2018データ分析、馬体重別成績

普通に馬格がある方が有利ぽいね。540kg以上の超大型馬は・・・いない。あ、ブラストワンピースはダービー時532kgだね。

 

■新潟記念2018データ分析、ハンデ別成績

さて・・・このレースはハンデ戦だからねー。このデータが重要になってくるわけだが、基本的には55.5~57.0kgが中心。そして57.5kg以上の人気馬は超イマイチ!もう無条件で切ってしまってもいいかも。それより51.5~53kgの軽ハンデ馬を狙いたい。

・セダブリランテス(57.5kg)
・スズカディープ(53kg)
・ショウナンバッハ(53kg)

 

■新潟記念2018データ分析、騎手成績

結構バラバラだね。松岡・武士沢・江田・大野あたりが狙い目だが、今年は騎乗馬ないのかな?

 

■新潟記念2018データ分析、種牡馬成績

JRAでも屈指の瞬発力コースだけに、ディープインパクトが強いですな。ただ、出走頭数・平均人気の割には・・・馬券率・回収率ともにイマイチ?とも取れる。新潟最終週なのが影響してんのかな?このレースが荒れるのは人気のディープインパクト産駒が飛ぶからかもしれん。

 

■新潟記念2018データ分析、間隔別成績

問題は2ヶ月以上の休み明け・・・過去10年では【1.1.2.25】。データからは大幅割引。そして半年以上の休み明けは馬券例なし。セダブリランテスは人気必至だが・・・

・セダブリランテス(8ヶ月)
・メートルダール(5ヶ月)
・レアリスタ(3ヶ月半)
・ブラストワンピース(3ヶ月)

 

■新潟記念2018データ分析、前走成績

注目前走は、小倉記念(12頭)、七夕賞(6頭)、函館記念(4頭)。例外はあるが、馬券の多くはこの3ローテ!特に激アツなのが小倉記念の6着以内!七夕賞・函館記念は二桁着順からの巻き返しもアリ!

激アツローテ馬
・ストーンウェア(小倉記念5着)
・マイネルハニー(函館記念14着)
・マイネルミラノ(七夕賞9着)
・メドウラーク(小倉記念11着 ※七夕賞1着)

 

■新潟記念2018データ分析、脚質別成績

前後互角。2歳戦だと圧倒的に差し・追い込み有利なんだが、古馬のGⅢともなると前に行く馬もそう簡単に止まらない。上がり1位の馬は強いが・・・上がり2~3位の馬はイマイチ。

 

■新潟記念2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬が馬券になったのは2頭のみ。3歳馬は馬券になったことなし。なるほど・・・年によって「前残り」になったり「差し決着」になったり・・・と極端な結果になることが多いわけだ。穴党はもう展開決め打ちしちゃった方がいいかもしれん。馬券パターンは「先行→先行」「差し→差し」「差し→先行」

穴馬の脚質は・・・逃げ、先行、差し、追い込み・・・何でもアリですな。ただ、どっちかと言えば、差し・追い込み馬に大穴が多い。

 

■新潟記念2018データ分析、厩舎・生産者・血統

17/30で若干関西馬が優勢。社台系強えなあ・・・。血統的にはサンデーサイレンス系が強いわけだが、スピードだけじゃなくて重厚さも必要な感じ。母系は圧倒的にノーザンダンサー系。

 

ケツデータ論。

・重ハンデ馬はイマイチ!軽ハンデ馬を狙え!

・前走はローカルGⅢ(小倉記念・七夕賞・函館記念)。

・差し、追い込み馬

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、現実的な線でストーンウェア。前走の小倉記念は前に行ってキレを欠いたが、戦績を見ると東京や京都で上がり33秒台が使える瞬発力タイプ。新潟は合うと思うなあ・・・。前々走のメイSではダイワキャグニー、サトノアーサーといった強豪と接戦の2着。54kgは正直恵まれたと思う。

次に、逃げ馬の一撃があるとすればマイネルミラノ。この馬に長い直線の新潟は合わないんじゃね?と思う諸兄もいると思うが、ご心配なく。この馬、2015年の当レース2着馬であり、展開や馬場次第で十分やれる実力・適正がある馬だ。問題はハンデと年齢的な衰えだが・・・今年のAJCCは56kgで3着。今回も56kgだぜ。

それから、マジ顔で面白いと思っているのがショウナンバッハ!もう・・・丸2年以上馬券になってないんだが(笑)、重賞でも僅差の掲示板!ってのが度々ある馬で、展開と馬場がハマればいつか重賞勝つんじゃね?と密かに思っている馬である。改めてこの馬の成績を見てみると・・・何故か中山や福島での出走が多いのである。んんん?末脚勝負しか能がない・・・末脚勝負が強みのこの馬には、長い直線の新潟がズッポシ合うんじゃないの?新潟2000m+53kgなら何かが起きても不思議ない?そんな気持ち箚せられる一頭。

最後に、大穴メドウラーク。これは今年のサマー2000のポイント表である。

JRAサマー2000ポイント表

ほとんど誰も気にしていないと思うが、メドウラークはココで5着以内に入るとサマー2000チャンピオンが決定するのである(13ポイント以上が条件)。他にチャンスがある馬はいない・・・というおかしな状況になってるんだが、メドウラークがココに出走してくる以上は本気で狙ってくると思われる。ただ、現時点で騎手欄が空欄なのが気になる。調教要チェック。

 

8ヶ月ぶり+57.5kgのセダブリランテスはサックリ切るにせよ・・・

 

ブラストワンピースの取捨は悩むところですなあ。

 

いつもの私なら問答無用で斬るのだが・・・

 

 

このメンバーで54kgならアッサリ突き抜けちゃうような気もするしねえ。

 

ブラストワンピースから穴馬流しってのも面白いか?

 

まあ、枠順と調教見てからね。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

→千原ジュニアさん「やりたいようにしたらいい」 引きこもり型は色々「プラスになることもある」

たしかにね。色んな形があるし、色んな心があるし、色んな子供がいるからね。「学校に行かなければならない」「勉強しなければならない」ってのは親の思い込みであることが多いんじゃないかな。学校に行かなくても、勉強出来なくても、立派な大人になる方法はいくらでもあると思う。