小倉2歳S2018予想オッズ、データ分析!穴馬を探す。

【小倉2歳ステークス2018予想オッズ・データ分析】小倉芝1200mで行われる2歳GⅢ小倉2歳S。人気はシングルアップ、ファンタジストあたりだが、データ分析では、枠順の有利不利は?脚質は前有利も穴は差し?騎手・馬体重・種牡馬・前走ローテは?大穴候補は、タムロドリーム、ブルベアオーロ、チュウワフライヤー、ミヤジシルフィード。

 

この小倉2歳S・・・

 

意外と出世レースなんだよ。

 

これは2000年以降の勝ち馬一覧。

 

 

レーヌミノル、エピセアローム、アストンマーチャン、メイショウボーラー、タムロチェリー・・・GⅠ馬だけでもこんだけいるのよね。

 

このレース、どうしても「札幌2歳S」や「新潟2歳S」より格下に見られがちになるんだが、あんまりナメて掛からない方がいいかもしれん。

 

もちろん、その後サッパリ・・・って馬も沢山いるんだけど(笑)、

将来のGⅠ馬がこの中にいる?

って感じで予想するとまた違う面白さがあるかもしれん。

 

さて今年はどうかな?

 

■小倉2歳S予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は阪神1400の新馬戦を圧勝し、

フェニックス賞で1番人気に応えて勝ったシングルアップ。

レース見ておくか。

 

 

意図的に前に出していってハナ。

 

前半3F33.3のハイラップ・・・

をそのまま押切って1:08.4の好タイム。

 

うーむ・・・強い。

 

将来のGⅠ馬候補はこの馬か・・・

 

ただ、この日は3歳未勝利戦でも1:07.4の鬼時計が出ており、

かなりの高速馬場だったと思われるけんね。

あまり時計を鵜呑みにしない方がいいかもしれん。

 

さて、データ見てみるか。

 

■小倉2歳S2018データ分析、人気別成績

ぬう・・・頭は堅いか?ただ、2~3着は荒れ模様。

 

■小倉2歳S2018データ分析、枠番別成績

内外の有利不利はほとんどないコースだが、このレースはどっちかと言えば外枠が優勢。

 

■小倉2歳S2018データ分析、馬体重別成績

440~459kgのゾーンが激アツ。2歳戦だし、馬体の軽い馬でも好走可能。シングルアップは前走532kgか・・・。前走からはやはり「プラス体重」が好ましいね。-4kgより減ってる場合は切ってしまってもいいかも。

 

■小倉2歳S2018データ分析、騎手成績

浜中、和田、武豊に注意。あと、若手がポコっと馬券になることあるんでそこにも注意。

 

■小倉2歳S2018データ分析、種牡馬成績

サンデーサイレンス系短距離型の種牡馬が強いね。ただ、特別強いって感じではなく、2流種牡馬の活躍が目立つ。あとダート系種牡馬にも注目。

 

■小倉2歳S2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬はほとんど居ない。馬券の多くは小倉組で、詰めて使って来た馬。

 

■小倉2歳S2018データ分析、前走成績

牝馬の活躍が目立つね。あと前走ダートで馬券になってる馬が2頭いるんで注意。注目前走はフェニックス賞(5頭)、新馬戦(14頭)、未勝利戦(6頭)。フェニックス賞のみ3着以内で、後は全て1着条件。あと、前走4コーナーで1~3番手だった馬が27/30。例外は3頭だけなんでね。この点は条件に加えてもいいかもしんない。とにかくスピードが必要なレースで、新馬戦や未勝利戦で後ろからになるようではお話にならない感じ。

 

■小倉2歳S2018データ分析、脚質成績

当然、前有利なんだが、意外と差し馬も飛んで来ているね。これは、前に行くスピード馬が多く、ペースが速くなりやすい・・・という点が関係しているのかもしれない。面白いのが上がり1位馬の人気で。平均10.1人気で83.6倍。で、単勝回収率が1000%超え。つまり、とんでもない人気薄が上がり最速で突っ込ん来たことがあるってこと。

 

■小倉2歳S2018データ分析、位置取り・上がり3F

差し馬の回収率を押し上げたのは2014のオーミアリスだが、他にも2011年のハギノコメント、2016年のダイイチターミナルといった馬が大穴を開けているね。というわけで、

穴馬の脚質は、断然差し馬。

と言っても・・・レース前に「差し馬」を見つけるのは至難なんだけどね(さっきも書いた通り、殆どの馬が前走で前目の競馬をしている)。

穴は差しだが、馬券パターンは前の馬が中心。「先行→差し」「先行→先行」「先行→逃げ」というパターンが多く、差し馬が頭に来るのは例外パターンである。人気の先行馬は押さえておいた方がいい。後方待機組は基本要らない(さすがに届かない)。

 

■小倉2歳S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

28/30で関西馬優勢。というか関東馬の出走自体ほとんどない。今年もゼロ。そして、生産者の項目を良く見て欲しい。社台グループ激弱である。来ても社台Fの3着まで。ノーザンFは基本戦略が「クラシック狙い」だからね。大物は「札幌2歳S」や「新潟2歳S」を狙う傾向が強いのである。しかし今年は・・・結構ノーザンF生産馬多いんだよなあ(ジャカランダシティ、セプタリアン、チュウワフライヤー、ルチアーナミノル)。

血統的にはもう「短距離型」の種牡馬ばかり。あと、さっきも書いたが「ダート系」にも注意が必要。溜めることなくダーーーーっと行ってそのまま粘り込むスタイルの競馬が得意なタイプの血統には気を付けておきたい。

 

ケツデータ論。

・サンデー系短距離型orダート型。

・小倉組

・前有利だが、穴は差し!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、小倉組+新馬1着+SS系ジャスタウェイ産駒のタムロドリーム。スタート良くハナに行ってそのまま押し切って1着。

高速小倉にしては平凡なタイムだし、着差はわずかだし、最後差される寸前だったし・・・というわけであまり人気にならんと思われるが、こういうタイプが向いているレースである。一回使って劇的に良くなってるかもしれんしね。

 

次に、小倉組+新馬1着+SS系キンシャサノキセキ産駒+上がり1位候補のブルベアオーロ。小倉1200にしては相当スローの流れではあったが・・・

使った上がりは33.8。しかもラスト1Fはほとんど馬なり(直線半ばで勝利を確信している)。2番手に付けたのはスピードの違いで・・・こういう溜める競馬を経験出来たのはかなりの強み。本番をイメージすると中団のポジションから差し競馬をするんじゃないかと。大物感・・・という意味ではこの馬かなぁ。あ、みゆーきさんはコッチに乗るのね。

 

それから、フェニックス賞2着のチュウワフライヤー。そのフェニックス賞はシングルアップに完敗だったわけだが、着差はわずか0.2秒差だし、最後は詰めていたし、馬場や展開や仕掛けのタイミング次第で逆転しても全く不思議なしだと思う。父ヘニーヒューズは完全にダート寄りの種牡馬だが(この馬も新馬戦はダート)、スピードの持続力は高く、この舞台はバッチリ合うぞ!もっと人気になると思うけど、このままの人気なら買いだねー。

 

他に、ミヤジシルフィード、エイシンノホシ、アズマヘリテージあたりも気になるが・・・あとは枠と調教を確認してからやね。

 

さて、

 

毎週このブログをガン見している馬券親父どもの中には、

 

「全然馬券が当たらない」

 

と嘆いている方もいると思う。

 

しかし、

 

嘆くことはない。

 

なぜなら、

 

競馬なんて、

 

ハズレて当たり前だからだ。

 

多くの競馬ファンが勘違いをしているのだが、

 

競馬は儲けるものではなく、

競馬は楽しむもの!

 

なのである。その上で・・・

もし、儲かれば言うことなし!

 

なのである。

 

金儲けがしたいんだったら、

株やFXや不動産投資やアフィリエイトをやった方が絶対いい。

(手数料を25%も取られるのは競馬含む公営ギャンブルだけである)

 

しかしこれらは競馬の面白さには遠く及ばないのであり、

人生の楽しみとして競馬は最高なのである。

 

勃て!

 

勃つんだBOY!

 

 

と、みゆきさんも言っておられる!

 

今週も楽しんで行こうぜ!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

→「ひとりぼっちでもいい」いじめられていた蛭子能収さんが語る真の友 「群れて得するのは力の強い人だけ」

うーん。これは分かる気がするなあ。会社でもさ、週末になったらやたら飲みに誘ってくる上司とかいるじゃんねー。その上司と本当に気が合うならいいんだけど、実際そうじゃない場合がほとんどでさ。やっぱり「上から目線」の自慢話とか説教とか愚痴ばっかりになるわけよ。まあ、その話のツマランことツマランこと!

そして、そういう上司って何故か2次会はキャバクラに行きたがるんだよね(キャバクラが嫌いと言ってるわけではない(笑)。キャバ好きな仲間とワイワイ行く分にはいいと思う)。いや、行きたいならプライベートで行けよって思うわけ。部下を巻き込むんじゃねえ・・・おい!勝手にまた延長するんじゃねえ!って思うわけよ。・・・そういう上司には取り入っておいた方が出世しやすいのかもしれんが・・・そういう飲み会ってホント苦痛だと思うわけよ。

友達も一緒でさ。本当に気が合う友達・同じ趣味の友人ならいいんだが、そうじゃない友達からの誘いってほんと面倒臭いよね。「今週末暇?飲みに行かね?」って言われても、え?特にあなたと話すことないんですけど?みたいな(笑)。まあ、仕事でも友人付き合いでも、嫌でも付き合って行かないといけない・・・ってのがこの世の仕組みなのかもしれんが、蛭子さんの言う通り、無理して付き合う必要はないのかもしれん。

とはいえ・・・「一人ぼっち」は、私は辛い。出来ることなら「気が合う人」「同じ趣味の人」とだけ付き合って行きたいものである。これはホントにラクで楽しいと思う。