京成杯2020データ分析!大穴馬を探せ!

【京成杯2020データ分析】中山芝2000mで行われる3歳GⅢ京成杯!今年はスカイグルーヴ、ゼノヴァース、ヒュッゲが人気だが、当然大穴狙いで逝く???データ分析では?枠順の有利不利は?脚質は先行?差し?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテ・位置取りは?狙いの穴馬はクリスタルブラック!

 

ぬう・・・

 

結局12頭立てか・・・

 

■京成杯2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はスカイグルーヴ。

この2~3歳春の牝馬は基本的にマイル路線に行くものであるが・・・

新馬戦は東京2000mを選択。馬なりのまま5馬身差の圧勝。

そして、シンザン記念でもフェアリーSでもなくココへ。

これはもうオークス狙いなんだろうねえ。

さからっちゃダメよ的なオッズになりそうな感じ。

 

他、ヒュッゲ、ロールオブサンダー、ゼノヴァースあたりも強力そうなんでね・・・

 

このレースは、

 

チラケン。

 

 

・・・・のつもりだったんだが、

 

狙いたい馬が一頭いるからね。

 

オッズ次第で参戦しようかなーと思っている。

 

とりあえずデータ分析行くぜ!

 

■京成杯2020データ分析、人気別成績

ぐぬう。人気馬強いな。頭はほとんど5番人気以内。ヒモ荒れするとしても7番人気までか。

 

■京成杯2020データ分析、枠番別成績

複勝率で見るとフラット。8枠が強い。死に枠は7枠?

 

■京成杯2020データ分析、馬体重成績

裁定でも440kgは欲しいところ。期待値が高いのは440~479kg。馬体の増減は・・・互角。

 

■京成杯2020データ分析、騎手成績

田辺、蛯名、柴田大に注意。

 

■京成杯2020データ分析、種牡馬別成績

ハービンジャー、キングカメハメハが相性良さそう。注意したいのはディープインパクト。かなり人気になりやすいわけだが、相性の悪さは歴然。ゼノヴァース、ディアスティマが該当だが・・・

 

■京成杯2020データ分析、間隔別成績

3週(中2週)に注意。あとは1~2か月間隔の馬が主流やね。休み明けでもOK。

 

■京成杯2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・葉牡丹賞(5頭)、ホープフルS(4頭)、エリカ賞(3頭)、新馬戦(4頭)、未勝利戦(5頭)。前走は芝の1800~2000mに限定。例外は朝日杯FSのみ。牝馬は参戦自体が非常に少ないわけだが・・・過去10年で一頭も馬券になっていない。葉牡丹賞は2着以内。ホープフルSも条件厳しく5着以内。他重賞なら5着以内。未勝利・新馬は当然1着限定。

【激熱ローテ馬】
・ロールオブサンダー(京都2歳S3着)
・クリスタルブラック(新馬戦1着)
・スカイグルーヴ(新馬戦1着)
・キングオブドラゴン(未勝利戦1着)
・ゼノヴァース(未勝利戦1着)
・ビターエンダー(未勝利戦1着)
・ヴィアメント(未勝利戦1着)
・ヒュッゲ(エリカ賞1着)

今年は葉牡丹賞組がおらず、重賞組もロールオブサンダーのみ・・・の割に偏った人気になっているが、競馬はいつだって何が起きるか分からん。この中に大穴馬が潜んでいるかもしれんぞ!

 

■京成杯2020データ分析、脚質別成績

前後互角。逃げ馬は辛い。追い込み馬が上がり1~2位を使って届かず2~3着ってパターンが結構ある。

 

■京成杯2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「先行→先行」「差し→差し」という感じで偏ることが多いね。展開決め打ちで行った方がいいかもしれん。例年の時計は2分01~02秒くらい。上りは35秒前後。

穴馬の脚質は差し。

先行勢が穴を開けることもあるが、基本的に前に行く馬は人気になるね。大穴は開かないが小穴は結構開いてる。

 

■京成杯2020データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。社台系が強い。血統的にはかなり面白い。何といってもサンデーサイレンス系が弱く、ちょっと重い感じの欧州系がかなり馬券になっている。ハービンジャー、バゴ、チチカステナンゴ・・・しかし、今年は該当しそうな血統の馬はいないんだよね。サンデー系だとちょっとパワー寄りの方が良さそう。これは、この時期の中山の芝に関係していると思われる。

 

■京成杯2020ケツデータ論。

・新馬戦、未勝利戦組。
・差し馬
・欧州血統、パワー寄り。

スカイグルーヴは叔父にドゥラメンテがいる超良血。父は注目の新種牡馬エピファネイア。血統内にエアグルーヴとシーザリオを持つ注目の血統である。新馬戦は馬なりのままハナに立ち、そのまま直線も追われることなく5馬身突き放す圧勝。文字通りモノが違うという勝ちっぷりだったわけだが、東京2000で最内枠、超スロー、絡まれることもなくすんなり・・・という内容で見た目ほどのインパクトはない。ちなみに・・・この時のメンバーはまだ一頭も勝ち上がっていない。サクッと圧勝してしまうのかもしれんが、今回大外枠を引いたし、人気必至だし、問答無用で斬る予定だ。

ヒュッゲはエリカ賞を逃げ切って2連勝。ノーザンF生産のハーツクライ産駒。普通に有力だが、ここでも逃げるのかどうかが焦点。スカイグルーヴとの兼ね合いもあるだろうしねぇ。ゼノヴァースは前走の未勝利戦で好タイムの完勝。ただ、ディープインパクト産駒ってのと、ルメールがスカイグルーヴを選んでるのが気になるねえ。

穴馬候補を挙げておこう。

狙いの一頭は、クリスタルブラック。前走の新馬戦は中山1800のタイムが1:53.2と遅く、着差も0.2秒差なので馬柱的なインパクトはない。しかしこれが、超スロー(1000m65.2)で前残りの展開だったにも関わらず、中団後方から大外ブン回しの断トツ上がりで余裕の差し切りとしたらどうだろう?もちろん今回はこんなヌルいペースにはならんだろうし、相手は格段に強くなるから同じ競馬が出来るとは限らん。しかし、今回結構前に行く馬が揃ったからね。展開的に有利に傾くかもしれんと思っている。

あとは、中山替わりが良さそうなビターエンダー、大穴キムケンドリーム。

 

まあ、オッズ次第でやっぱり胸チラケンになるかもしれんけどな。

 

予想は日曜日に挙げるかも?

 

 

【浅次郎のひとりごと】

フランスの美人騎手ミカエル・ミシェル、23日来日

かもーん!

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

2019年の◎モッコリ馬の単勝回収率は140%!大穴党カモン!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内