マイルCS2020データ分析!大穴馬を探せ!

【マイルCS2020データ分析】今年は阪神芝1600mで行われるGⅠマイルCS!人気はグランアレグリア、サリオス、インディチャンプだが、当然大穴を狙って行く!データ分析では?枠順・脚質は?騎手・馬体重・血統・前走ローテ・上がり最速候補は?穴馬候補はヴァンドギャルド、ラウダシオン、カツジ、サウンドキアラ、ペルシアンナイト。

 

競馬においても人生においても、

邪魔なのは「思い込み」だったりする。

 

「前走強かったから今回も強いだろう」

「一回叩いて良くなってるだろう」

「この舞台は得意なはずだ」

 

しかし現実はそうとも限らないわけで、

グリグリの1番人気馬がアッサリ飛ぶところを・・・

きっとあなたも今まで何度も見て来たことだと思う。

 

告白する前に

「どうせダメだよな」

と思ってしまう人や、

 

結婚した後に

「こんなはずじゃなかった」

と思ってしまう人は多いと思うが(笑)、

 

競馬もそれと同じだ(チガウダロ)。

 

 

まあ、グランアレグリアがそうだと言ってるわけじゃないが、

ちょっとこの予想オッズだと・・・

人気になり過ぎな気がするね。

 

■マイルCS2020予想オッズ

※netkeibaより抜粋

 

予想ではグランアレグリアの単勝1.5倍。

安田記念ではアーモンドアイに2馬身半差の快勝。

スプリンターズSでは次元の違う末脚で最後方からごぼう抜き。

 

確かに強かった。

文句なしに強かった。

怒った時のうちの嫁さんより強かった。

 

ただ、それでも競馬は何が起きるか分からない。

一流競走馬の能力差なんてのは紙一重なのであり、

GⅠ8勝のアーモンドアイでさえ毎回勝つことは出来ないのである。

 

グランアレグリアにとっては、

今回微妙に間隔が詰まるのも気になるところ。

(間隔が空いた方が好成績)

 

さて、

今回は阪神マイルでの開催となるが・・・

データ見てみよう。

 

■マイルCS2020データ分析、人気別成績

ドギャーン!1番人気は過去10年で0勝!じゃあ、2番人気が勝ってるのかと言えば全然そうじゃなく1勝止まり。期待値が高いのは3~5番人気の方だ!と言っても1~2番人気が激的に弱いわけではなくまあまあ馬券には絡む。二桁人気が馬券に絡んだのは過去10年で2頭だけ。大まかに言うと・・・3~5番人気→1~3番人気→4~7番人気といった感じのレース。

 

■マイルCS2020データ分析、年齢別成績

4歳が圧倒的に強い。次いで5歳と3歳。6歳は劣勢だがたまに絡む。7歳以上は割引だねえ。

 

■マイルCS2020データ分析、枠番別成績

コースが違うんでこれは参考外だねー。ちなみに、阪神マイルは若干外枠有利だ。

 

■マイルCS2020データ分析、馬体重別成績

GⅠのマイル戦。ラインは440kg。馬体の増減は・・・馬体増の方が優勢。

 

■マイルCS2020データ分析、騎手成績

武(ラウダシオン)・岩田(スカーレットカラー)・池添(カツジ)・ミルコ(サリオス)・・・福永(インディチャンプ)は3着。・・・なんか馬券になる騎手は決まってんなあ。

 

■マイルCS2020データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが強いわけだが、出走頭数も半端なし。10年で46頭ってどういうこと???ハービンジャーはペルシアンナイトの成績の成績だねえ。他に目立った種牡馬はいないか。

 

■マイルCS2020データ分析、間隔別成績

休み明けは不利。明け2戦目が理想。間隔は3週(中2週)と4週(中3週)がいい。この二つで【5.9.4.92】。分母も多いが馬券の6割を占める計算になる。1~2ヵ月間隔でもOK。安田記念以来となるインディチャンプ、NHKマイルC以来のレシステンシアには厳しいデータ。

 

■マイルCS2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・富士S(8頭)、スワンS(6頭)、毎日王冠(4頭)、天皇賞秋(4頭)。ほぼほぼこの4つ。スプリンターズSからのローテはミッキーアイルとフィフスペトルのみ。距離延長より距離短縮組の方が優勢だね。それから牝馬は過去10年で2頭のみ。しかも3着。ただ、今回は阪神マイルだからなあ・・・。富士Sは5着以内、スワンSは3着以内、毎日王冠は5着以内、天皇賞秋は8着以内。

【激熱ローテ馬】
・ヴァンドギャルド(富士S1着)
・ラウダシオン(富士S2着)
・ケイアイノーテック(富士S3着)
・ペルシアンナイト(富士S4着)
・タイセイビジョン(富士S5着)
・カツジ(スワンS1着)
・アドマイヤマーズ(スワンS3着)
・サリオス(毎日王冠1着)

注目は過去10年で馬券の半分を占める富士S組とスワンS組!今回はどの馬も人気薄になりそうだねえ。うっしっし。

 

■マイルCS2020データ分析、脚質別成績

京都マイルと阪神マイルはコース形態が大きく違うわけだが・・・過去のマイルCSでは差し勢が優勢。ただ・・・上がり上位馬の強さがそれほどでもないんだよね。そして、上がり6位以下がかなり馬券になっている・・・どういうこと???

 

■マイルCS2020データ分析、位置取り・上がり3F

ははあ・・・4~7番手の馬が「差し」に分類されてるのが原因か。フルゲート戦での4~7番手は「先行」に分類した方がいいと思うけど。馬券パターンは・・・「差し→差し(追い込み)」「先行→先行」。最近は「上がり最速で差し切る!」といったイメージではなく、「4~7番手のポジションからそこそこの上がりを使う」という馬が優勢で・・・ここ5年、上がり最速の馬は勝っていない。まあこれは京都での話なので(京都は3コーナーの下りから長い脚を使う馬が強い)・・・参考までですな。

ちなみに、阪神マイルはJRAのコースの中でも有数の「瞬発力コース」。とにかく瞬発力勝負になりやすく、脚質的には差し・追い込みが強いコースである。

 

■マイルCS2020データ分析、上がり最速候補

上がり3F最速候補は・・・

・グランアレグリア
・サリオス
・ヴァンドギャルド
・アウィルアウェイ
・ケイアイノーテック
・ペルシアンナイト

筆頭はグランアレグリア。サリオスが上がり最速を譲って来たのはコントレイルでありこの馬のポテンシャルも高い。ただ・・・マイルGⅠでどうか?という懸念もある。あとはハマった時のアウィルアウェイ。ヴァンドギャルド、ケイアイノーテックも確実に脚を使って来そう。ペルシアンナイトは阪神マイルでどうか。

 

■マイルCS2020データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬が圧倒的に強い。特に注意したいのが音無厩舎・藤原英厩舎・池江厩舎。社台系めちゃくちゃ強し。おすすめ血統はディープインパクト×輸入牝馬(特にノーザンダンサー系)。

 

■マイルCS2020データケツ論。

・中3週~4週
・ディープインパクト
・瞬発力型

 

グランアレグリアはノーザンF生産のディープインパクト産駒。母父はアメリカの姪種牡馬Tapit。究極ともいえる瞬発力型でここ4戦はいずれも上がり最速。1200でも1600でも鬼のような強さを見せる馬でデータ的にもほぼ完璧。ただ、この馬にも弱点がないわけではない。その一つがスタート。前走のスプリンターズSでもスタート後のダッシュが付かず最後方からの競馬になったし、高松宮記念でも出が悪くて後方からになった。安田記念のように中団から競馬が出来れば最強だが・・・今回も後方からになった場合は届くかどうか分からんぜ。なんせ今の阪神はかなりの高速馬場だからねー。

サリオスはノーザンF生産のハーツクライ産駒。春は皐月賞2着、ダービー2着と・・・後の無敗の三冠馬コントレイルの後塵を拝すことになったが、秋は別の道を歩むこととなる。初の古馬相手となった毎日王冠を文字通り快勝して中距離路線かと思いきやマイル路線へ。これが馬の適正を重視しての判断なのか?それとも大人の事情による判断なのか・・・は分からんが、個人的にはマイル路線ではなく王道路線に行って欲しかった。先週姉のサラキアがエリザベス女王杯で2着に激走したが・・・この馬もスタミナ十分だと思うんだよねえ。ただ、ここもデータ的にマイナス材料はほとんどなし。ここを勝って有馬記念だ!(ぇ)

ちょっと離れた3番人気になりそうなのが昨年のマイル王インディチャンプ。今年5歳になるが衰えは全くなく、春はマイラーズC1着、そして安田記念3着。グランアレグリアには完敗だったもののアーモンドアイとは僅差の競馬をしており、やはり一線級の評価をするべき馬である。問題はブッツケのローテ。過去10年で安田記念からのブッツケローテで馬券になったのはモーリスのみ。これは気になるところだが(それがオッズにも現れそうだが)、現代競馬では・・・仕上がりさえ良ければそこまで気にしなくていいと思う。しかし当然調教は要チェックだ。

 

大穴候補を挙げておく。

まず、富士S1着のヴァンドギャルド。社台F生産のディープインパクト産駒。母系はサドラーズウェルズ系の輸入牝馬。末脚鋭い瞬発力型で藤原英厩舎。鞍上が戸崎ってのが気になるが(笑)、プロフィール・ローテ的には完璧だ。前走の富士Sは中団から外を回してキレイな差し切り勝ち。負かしたのはNHKマイルC勝ち馬のラウダシオン、安田記念5着のケイアイノーテック、そしてマイルGⅠ馬のペルシアンナイト。充実の4歳秋であり、更なる上昇があればここでも上位に食い込めるだけの能力あると思う。ただ、富士Sの時は斤量的に1kg有利だったのも事実。この辺がどうかだねー。

次に、同2着だったラウダシオン。社台白老F生産のリアルインパクト産駒。NHKマイルCは人気薄での勝利であったが・・・秋緒戦となった富士Sでその実力を証明。上のヴァンドギャルドにはサクッと交わされたがこの時の斤量は同芹(GⅠ馬に付き加重)。今回は1kg軽くなるから同等の評価が必要だろう。父と似たようなレース振りで前に行って実にしぶとい。派手さがない分人気になりにくいが、ペース次第で粘り込みもあると思う。

それから・・・激的に面白そうなのがカツジ。岡田スタッド生産のディープインパクト産駒。前走は岩田がアッと驚く逃げの手に出てそのまま押し切ったわけだが、完全にフロック視されそうな感じの大穴予想オッズ。しかしこの時負かしたのはステルヴィオ、アドマイヤマーズである。確かに斤量的には有利であったが、完勝と言える内容だったからね。ここに来て馬が一変している可能性アリだ。ただ・・・今回はレシステンシアがいるからねえ。また逃げの手に出てどうか・・・という点はある。まあ、人気が人気だろうから馬券の隅っこに入れておいてもいいと思う。

あと、スワンS10着で人気急落しそうなサウンドキアラ。社台F生産のディープインパクト産駒で典型的な瞬発力型。阪神マイルになるのは大歓迎の口。仮にこのレースにノームコアが出てきたら人気になってたと思うわけだが、ヴィクトリアマイルでノームコアを負かしてるのがこの馬だ。あの時のアーモンドアイは強過ぎたから参考外。

他、ペルシアンナイトケイアイノーテックアウィルアウェイと気になる馬多数。

 

今日は、

 

買い物はつまらん!

 

という思い込みを捨てて、

奥様とゆめタウンに買い物に行って来たのだが、

やっぱり買い物はつまらんかった(め)。

 

しかし奥様は楽しそうだったのでヨシとしよう。

 

これで後の3巡を買う。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「ジャニーズの長男」近藤真彦 25歳下女性社長と「沖縄不倫ゴルフ旅行」

25歳年下の色白むっちり美人と沖縄不倫ゴルフ旅行に行きたくない!なんていうオヤジは日本中探してもいない!と言っても過言ではないわけだが(笑)、もう芸能人の不倫ネタにはウンザリだねー。別に第3者に迷惑掛けてないなら放っておけばいいんじゃね?芸能人は妻一筋じゃないとダメなの?男は二人以上の女性を同時に愛しちゃダメなの?これは本人と家族の問題であって、仕事とは関係ない話だと思うけどねー。まあ、芸能人だと色々あるからしょうがないのか。はー。しかし・・・羨ましい(ソコ)。

 

★第4期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!