シルクロードS2020データ分析!大穴馬を探せ!

【シルクロードS2020データ分析】京都芝1200mで行われるハンデGⅢシルクロードS。モズスーパーフレア、レッドアンシェル、ディアンドルあたりが人気だが、当然大穴狙いで逝く!データでは逃げ・先行有利?枠順の有利不利は?ハンデ、馬体重、騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はジョイフル、シヴァージ、ダイメイプリンセス。

 

フルゲート必至のハンデ重賞シルクロードS。

これは荒れるワキの匂いがスンスンしますなー。

 

■シルクロードS2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気になりそうなのはモズスーパーフレア。

うっしっし。牝馬で56kgってことは実質トップハンデ。

スプリンターズS2着の格上馬だが、前走は惨敗してるからねえ。

オッズほど抜けた存在じゃないぜえ!

 

で、レッドアンシェルは7か月振りの休み明け。

ディアンドルも4か月の休み明け。

 

 

これはフジコチャ~~ンな予感!

 

いつも通り、小銭で大穴狙いじゃ!

 

(さすがにヴェロックスは登録だけ???)

 

データ見てみよう。

 

■シルクロードS2020データ分析、人気別成績

うげえ。人気馬が強いなー。ただ、2~3着に関しては結構荒れる。3着は二桁人気の大穴を狙いたいねー。

 

■シルクロードS2020データ分析、年齢別成績

5~6歳が中心か?高齢馬にもチャンスあり。

 

■シルクロードS2020データ分析、ハンデ別成績

さてさて・・・このデータが一番重要。一見して重ハンデ馬が強い。56.5kg以上が7勝を挙げている。ただ、2~3着は56kg以下の馬が多いね。軽ハンデで注目は53kg。52kg以下は厳しいか。

 

■シルクロードS2020データ分析、馬体重別成績

スプリント戦であるが意外と馬格のない馬が活躍しているね。440~459kgで4勝。500kg以上だと勝ち切れていない印象。馬体の増減では「馬体増」が多い。これは時期的なもの(この時期は体重が減りにくい)が影響しているかもしれない。

 

■シルクロードS2020データ分析、枠番別成績

1枠要注意!人気馬が入っていたっぽいがそれでもスゴイ成績。外枠は割引か?

 

■シルクロードS2020データ分析、騎手成績

関西の中~上位騎手が強いですな。

 

■シルクロードS2020データ分析、種牡馬成績

アドマイヤムーン、マンハッタンカフェ注意。全体的に見ると「ミスタープロスペクター系」が圧倒的ですな。

 

■シルクロードS2020データ分析、間隔別成績

3週(中2週)が狙い目!休み明けでも問題ないが、6か月以上は割引?

 

■シルクロードS2020データ分析、前走別成績

注目前走は・・・淀短距離S(10頭)、京阪杯(7頭)、阪神C(4頭)、スプリンターズS(3頭)。ほぼこの4レースに絞られますな。休み明けの場合もこれらのレースなら問題なし。淀短距離Sは5着以内、京阪杯は7着以内、阪神CとスプリンターズSは着順不問とする。

【激熱ローテ馬】
・カラクレナイ(淀短距離S3着)
・シヴァージ(淀短距離S4着)
・アウィルアウェイ(京阪杯4着)
・ダイメイプリンセス(スプリンターズS6着)
・ディアンドル(スプリンターズS13着)

ダイメイプリンセスは人気にならないのであれば超狙い目ですなあ。うっしっし。あとは盲点になりそうなシヴァージ。

 

■シルクロードS2020データ分析、脚質別成績

逃げ、先行馬強し。ただし、3着に来るのは差し・追い込み。

 

■シルクロードS2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「先行→逃げ」「先行→差し」。差し決着になることは滅多になく、大概逃げ馬か先行馬が馬券に絡む。で、3着には単勝万馬券クラスの超爆穴馬が追い込んでくること多々あり。

穴馬の脚質は、差し・追い込み!

穴党は・・・差し・追い込み馬を軸に三連複かワイドが面白そうやね。

 

■シルクロードS2020データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬優勢。そして・・・社台系壊滅状態!ノーザンFはゼロ!こんな重賞は滅多にないぞ!代わりに注目したいのがダーレー!ジョイフル・ティーハーフがダーレー生産馬だ。血統的にもサンデーサイレンス系がかなり弱く、ここ5年はミスタープロスペクター系が上位を独占しているね。

 

■シルクロードS2020ケツデータ論

・重ハンデ馬強し。53kgに注意。
・穴馬は差し、追い込み。
・ミスタープロスペクター系

モズスーパーフレアは昨年のスプリンターズS2着馬だが、前走の京阪杯では8着に惨敗。この馬・・・中山1200に良績が集まっており、もしかしたら京都1200は苦手なのかもしれんな。中山1200と京都1200は対照的と言ってもいいコースレイアウト(中山1200は延々と下って行って最後に急坂。京都1200は3~4コーナに淀の坂越えがあって直線は平坦)。超スピードタイプのこの馬にとって序盤の坂越えは堪えてしまうのかも。ま、切りの一手ですな。

レッドアンシェルは2~3歳から重賞戦線で活躍していた馬だが、昨年の春に準オープンを勝ち上がると返す刀でCBC賞も制覇。ハンデの恩恵はあったもののアレスバローズ、セイウンコウセイという実力馬を負かしておりココでも上位の能力があるのは確か。しかし問題は7か月の休み明け。秋はスプリンターズSを目標にしていたらしいが疲れが出て休ませたとのこと。この手の「不安がある人気馬」は問答無用で斬ることにしている。来たらカーチャンゴメン。

ディアンドルは5連勝で葵Sを勝ち、初めて古馬との対戦となった北紀州記念でも2着。ただ、この時は斤量面での恩恵があったわけだが、今回は55kgだからねー(牡馬だと57kg相当)。休み明けだし、これも来たらカーチャンゴメンだ。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、ガチで狙ってるのが暮れの阪神タンザナイトSで鮮やかに追い込んで勝ったジョイフル!好スタートからポジションを下げ後方から。4コーナーは大外を回して直線ごぼう抜き。前残りの競馬を鮮やかに差し切ってみせた。京都で同じ競馬が出来るかは分からんが本格化の兆しアリ。タンザナイトS組は過去10年馬券例がなく、人気にもなりにくいだろう。父系も母系もミスプロ。母母父はサドーラズウェルズだし、今の重い京都も合うんじゃないかと思う。

次に、スプリンターズS6着のダイメイプリンセス。過去京都1200は6着・8着・・・そして56kg(牡馬換算で58kg)ということであんまり人気にならないかもしれんが、一線級相手でも確実に差してくる馬。スプリンターズSのメンバーと比べればかなり落ちるからね。普通に有力だと思う。

そして、かなり盲点になりそうな淀短距離S4着のシヴァージ。時間がある方は淀短距離Sの映像を見て欲しいのだが、向こう正面で前が狭くなって後退せざるを得ない不利があったのである。それで中団から後方まで下がってしまったわけだが、そこから直線は大外に回し上がり最速で追い込んで0.2秒差の際どい4着。不利がなければこの馬が勝っていたのではないだろうか?ダートで勝ち上がって来た馬だが、おそらく芝の短距離追い込み馬だと思う。

他、出遅れなければハッピーアワー。去年の3着馬で条件ピッタリのティーハーフ。それから必ず馬券に入れようと思っているペイシャフェリシタ・・・あたりも面白そう。

 

あとは調教と枠番とオッズを見てからやねー。

 

結論は週末!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

東出CM打ち切りへ 「よきパパ」イメージ崩壊 不倫の大きすぎる代償

素敵な女性と結婚したい。かわいい子供も欲しい。でも、ボインで清楚な女狐との浮気も(出来ることなら)したい・・・と心密かに思っている男は少なくないと思う(本当にするかどうかは別)。東出を肯定するつもりは1㍉もないが(←バカ)、不倫は犯罪じゃないからね。「絶対許さない!」とか言ってる御方もいるわけだが、許すかどうかは奥様が決めることであり、外野がどうこう言うのはいらん世話だと思う。浮気だ不倫だと責めるけれど、人間生きてりゃ間違うことだってあるし、愛のカタチは人それぞれだと思う。

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

毎週楽しく競馬をしたい穴党オヤジ大歓迎!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内