キーンランドC2019データ分析!大穴馬を探せ!

【キーンランドC2019データ分析】札幌芝1200mで行われる別定GⅢキーンランドC。今年はダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、リナーテあたりが人気だが大穴を探そう!データ分析では、逃げ馬優勢?枠順の有利不利は?ハンデ、年齢・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はライオンボス!カイザーメランジェ!ハッピーアワー!

 

先週の北九州記念の予想は

◎ダイメイプリンセスで見事3連複的中。

しかし思ったよりもオッズが低く・・・

結果を見ると単勝が一番美味しかったですな。

 

競馬は、予想も難しいが、買い方はもっと難しい・・・。

 

さて、キーンランドC。

 

■キーンランドC2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

禁止薬物騒ぎで函館SSを除外の憂き目に遭ったダノンスマッシュが登場。

あれから2ヶ月の間隔が開いたが・・・さて?

 

その函館SSで圧倒的一番人気に押されながら3着に負けたタワーオブロンドン。

同じく函館SSで除外されつつ、札幌のUHBを快勝したリナーテ。

この辺が人気になりそうやね。

 

さて、データ見てみるばい。

 

■キーンランドC2019データ分析、人気別成績

ぬう。人気馬が結構強いですな。ただ、大穴も時々来てますな。

 

■キーンランドC2019データ分析、枠番別成績

どちらかと言えば外枠の方が優勢か?

 

■キーンランドC2019データ分析、年齢別成績

4~5歳が中心。3歳馬も来る。6歳以上は割引?

 

■キーンランドC2019データ分析、ハンデ別成績

別定戦であるがハンデの分布も見ておこう。気になるのが+ハンデの馬達の成績が異常に悪いこと。このレースの別定重量はおそらく・・・「GⅢ勝ち馬は+1.0kg」「GⅡ勝ち馬は+2.0kg」みたいな感じだと思うんだが・・・57kg、58kgは過去10年で1着なし。馬券の多くは56kg(プラスハンデなしの牡馬)と54kg(プラスハンデなしの牝馬+実績ある3歳牡馬)。なんでこうなるのか謎だが、重賞実績馬が弱いのは事実。基本的に上がり馬が強いレースなんですな。

 

■キーンランドC2019データ分析、馬体重別成績

馬格が小さい馬でも戦えるレース。馬体の増減は圧倒的に「馬体増」が優勢。ここまで差が付くのも珍しい。

 

■キーンランドC2019データ分析、騎手成績

バラバラだねー。

 

■キーンランドC2019データ分析、種牡馬成績

これまたバラバラだが・・・やはり短距離系の種牡馬が多いね。サンデーサイレンス系よりノーザンダンサー系やミスタープロスペクター系に注意。

 

■キーンランドC2019データ分析、間隔別成績

多くは1~2ヶ月間隔の馬。それから休み明け。半年以上の休み明けは1頭しか例がない。間隔が詰まってる馬も来ないことはないぞ。

 

■キーンランドC2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・函館SS(9頭)、UHB賞(5頭)、アイビスSD(4頭)、CBC賞(3頭)。GⅠからの臨戦は5頭でそのうち3頭はマイルGⅠから。前走はほぼこの4パターンで、例外は洋芝の1600万条件(3勝クラス)を勝った上がり馬。函館SSは3着以内条件(100%)、UHB賞は惨敗OK。アイビスSDは2着以内。CBC賞は着順不問。GⅠも着順不問。

【激アツローテ馬】
・カイザーメランジェ(函館SS1着)
・アスターペガサス(函館SS2着)
・タワーオブロンドン(函館SS3着)
・リナーテ(UHB賞1着)
・ライトオンキュー(UHB賞2着)
・ダイメイフジ(UHB賞3着)
・ライオンボス(アイビスSD1着)
・セイウンコウセイ(CBC賞3着)
・ハッピーアワー(NHKマイルC7着)

函館SSの1~2着のカイザーメランジェ、アスターペガサス。UHB賞の2~3着のライトオンキュー、ダイメイフジ。あとはライオンボス、ハッピーアワー。この辺りはローテから挙がる穴馬だねー。

 

■キーンランドC2019データ分析、脚質別成績

うお。逃げ馬強っ!先行馬と差し馬は互角か。

 

■キーンランドC2019データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「逃げ→先行」「先行→先行」「差し→差し」ってパターンが多いかな。展開決め打ちで極端な馬券にしても面白いかも。

穴馬脚質は、差し!

前で穴を開けることもあるが、差し馬の方が破壊力有り!逃げ馬は確かに強いが、人気サイドになることが多いみたいだね。

 

■キーンランドC2019データ分析、厩舎・生産者・血統

21/30で関西馬の方が優勢。安田厩舎要注意だねー。社台系はまあまあ強いんだが、ノーザンFはイマイチで狙うなら社台Fの方。最近はSS系で気をつけたいのは、ダイワメジャー、フジキセキ系。ミスタープロスペクター系のスピードタイプにも注意。

 

■キーンランドC2019ケツデータ論

・54kg、56kg
・函館SS、UHB賞、CBC賞、アイビスSD組
・逃げ馬が強いが、穴は差し馬!

ダノンスマッシュは函館SSを除外され高松宮記念からのローテ。ロードカナロア×ダンチヒ系ハードスパンで血統的にも◯。洋芝は【1.1.0.0】。先行して確実に脚を使う優等生タイプ・・・データ的にはほぼ完璧。57kgがズルイような気がする実力馬。ただ、ココは叩きの一戦。目標はスプリンターズSなんでね。付け入るワキがあるならそこだろう。

人気で危なっかしいのはタワーオブロンドン。前走は格下と思われる馬に完敗だったんだよねえ。3着とはいえ7頭立て。ダノンスマッシュ・リナーテが居たら5着だったんじゃね?いや、この馬が弱いとか言ってるわけじゃなく、ベストが1400の馬なんじゃないかと。あるいは洋芝がイマイチなのか。今回も58kgだし、人気になるならSHAZNA。

リナーテはサトノダイヤモンドの異父妹だが、間違いなく短距離が合う。前走のUHB賞も着差以上の圧勝。ずっと手応えが怪しく見えたのだが・・・それでも直線ズバッと伸びて快勝。洋芝は【3.0.0.2】。重賞勝ちがないので54kgで出れるのも吉。血統的には微妙だが、ほかは満点。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、アイビスSD1着のライオンボス。「新潟直千のスペシャリストでしょ?」という見方が多いと思う。その通りかもしれんが、確かなのは「ここ数戦で本格化し、勢い十分!」ってこと。夏の上がり馬が好走を続けてスプリンターズSまで好走するのは珍しい光景ではない。実際、このレースでもアイビスSD好走組が馬券になってるしね。あ、ココを勝てばサマースプリント王にも王手だし本気で狙ってくると思う。人気になるなら買わんけど。

次に、逆パターンでアイビスSD惨敗のカイザーメランジェ。函館SS1着馬だが、前走の惨敗で相当人気を落とすだろう。しかしこの馬・・・もともと軽い芝は苦手なタイプで、好走歴は中山や福島や洋芝に限られている。ちなみに洋芝は【2.0.0.0】。父はミスプロ系エルコンドルパサーの子サクラオリオン。兄弟にはサクラゴスペル(大好きだった)がいる意外な良血だ!この馬も勝てばサマースプリント王に王手!ガチで狙いたい一頭。

あと、怖いのが3歳のハッピーアワー。NHKマイルC7着からの臨戦だが、ファルコンSではグルーヴィット(中京記念勝ち)をねじ伏せて勝ってるんだよね。ハービンジャー産駒で洋芝は合いそうだし、距離短縮はプラスになりそうな感じ。もうスーパーひとし君でもいいかもしれない。

 

 

以下、去年の勝ち馬ナックビーナス(岩田は何するかわからんし)、58でもセイウンコウセイ、超大穴にUHB賞上がり最速のパラダイスガーデンを挙げておく。

 

というわけで、

 

意外とパンテラな一戦。

 

問題はダノンスマッシュの取捨だねー。

 

出来れば斬ってしまいたいところだが・・・

それはさすがに厳しいか?

 

ケツ論は週末!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

WASJ2019キャンペーン

正直・・・ワールドオールスター・・・かどうか甚だSHAZNAなラインナップだが、ミカエルちゃんが可愛いので許す。負けるな菜七子!