アルテミスS2019データ分析!穴馬を探せ!

【アルテミスS2019データ分析】東京芝1600mで行われる2歳牝馬限定GⅢアルテミスS。今年はリアアメリアが断然の人気になるが死角はあるのか?データ分析では、外枠優勢?脚質は差し・追い込み?騎手・種牡馬・前走ローテは?当日は重馬場?適正は?穴馬候補はビッククインバイオ、オムニプレゼンス、ラインオブダンス。

 

このレースはちょっとドモナラズかなあ。

 

リアアメリアの新馬戦ハンパなかったからねー。

 

■アルテミスS2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

リアアメリアの新馬戦は新馬戦にしては締まった流れ。

大きく出遅れて最後方待機。

直線馬なりのまま先頭に立ち、

一切追われることなく馬なりのまま差を広げて8馬身差。

 

むう。見た目のインパクトは凄まじいな。

 

これはもうチラケンレース推奨だ。

 

ちらっ!

 

だけんどもしかし。

 

週末は雨予報。

 

何が起きるかわからんでー!

 

・・・と思ったら、

土曜はくもり予報に変わってるな・・・

 

金曜は相当な雨量がありそうだが・・・

先週の傾向からも馬場の回復早いけんなー。

激重道悪にはならんか。

 

でもパンパンの良馬場にもならんだろう。

そこに一摘みのおつぱいがある・・・かも。

 

データ見てみよう。

 

■アルテミスS2019データ分析、人気別成績

データは過去7年分。オープン特別時代のものも含める。1~2番人気が強い傾向だが、たまにとんでもない穴馬が激走するレース。ちなみに、12番人気で勝ったのはデンコウアンジュ。圧倒的人気だったメジャーエンブレムを大外一気で交わしたあの時、私の金玉がズキューーーンとなったのを覚えている。この時期の2歳戦なんでねー。2走目で激変しそうな馬とか東京変わりで激変しそうな馬なんかが狙い目。

 

■アルテミスS2019データ分析、枠番別成績

ワンターンのマイル戦。距離損はほとんどないし、東京コースだし、ゴチャつかない外枠の方がいいかも。

 

■アルテミスS2019データ分析、馬体重別成績

2歳牝馬戦だけに小さい馬もかなり馬券になっているね。それでも420kgは欲しい。馬体の増減で言うと馬体減の方が若干優勢か。

 

■アルテミスS2019データ分析、騎手成績

田辺注意。あとは関東の中堅どころ。

 

■アルテミスS2019データ分析、種牡馬成績

サンデーサイレンス系の主要種牡馬が上位独占。

 

■アルテミスS2019データ分析、間隔別成績

休み明けでも全然OKだが・・・ベストは1~2ヶ月間隔の馬か。

 

■アルテミスS2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・未勝利戦(8頭)、新馬戦(4頭)。以下、1勝クラス(3頭)、重賞(3頭)、オープン特別(3頭)となっており、意外と未勝利戦からの臨戦が多い。前走距離は1600~1800がほとんどで、1400からの臨戦は3頭だけ。1200mからはゼロ。

【激熱ローテ馬】・・・は今回やる価値なし。

 

■アルテミスS2019データ分析、脚質別成績

差し、追い込み優勢。上がり1位・2位が強い。前も残るが2~3着のイメージ。基本は瞬発力戦だねー。

 

■アルテミスS2019データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し(追い込み)→差し(追い込み)」で、たまに逃げ馬や先行馬が絡む感じ。3着に先行馬が残るパターンは多いね。上がり最速馬は毎年のように1~2着。1000m通過60~61秒から・・・33秒台の末脚勝負だね。

穴馬の脚質は何でもアリ。

サヤカチャンみたいな逃げ馬注意だし、デンコウアンジュのような追い込み馬にも注意。

 

■アルテミスS2019データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。社台系が普通に強い。血統はもうサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系が圧倒的に多いねー。

 

■アルテミスS2019ケツデータ論

・サンデーサイレンス系
・意外と未勝利組
・差し、追い込みが優勢

 

リアアメリアはノーザンF生産のディープインパクト産駒。母系はミスプロの血が濃く、スピードとパワーに優れた血統。6月の新馬戦から5ヶ月ぶり。新馬戦の映像を見ると・・・あんた小学6年生でDカップあるんじゃね?という発育の良さで、おそらく単勝1.2~1.3倍の超断トツ人気になると思う。この馬のパフォーマンスが凄かったのもあるが、ライバル的な馬もいないのも拍車。

で、問題はこの馬の取捨である。当てに行くのであれば、この馬の1着固定で3連単ヒモ荒れを狙う買い方が良かろうと思う(あるいは2着固定とかも面白いね)。ヒモが荒れる可能性は十分あるからね。しかし、この馬を斬りたい大穴党の浅次郎毒者もたくさんいるだろうから(笑)、この馬の不安な点を挙げておく。まず、休み明けであること。また出遅れる可能性があること。相手関係が分からないこと。道悪になりそうなこと。33秒台の脚を使えるか現時点でわからないこと(新馬戦は34.4)。全部杞憂になりそうだけどねー。

ちなみに、リアアメリアの新馬戦があった日の阪神は「高速馬場」ではなくちょっと時計の掛かる馬場。同日にあった鳴尾記念(芝2000)の勝ち馬メールドグラースの時計が1:59.6。上がり34.6。リアアメリアの新馬戦(芝1600)は1:36.5。上がり34.4。そもそも33秒台が出るような馬場ではなかったわけで。それでも完全馬なりで34.4をマークしているあたり馬獣臭がするよね(笑)。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、今回大きく株を落としそうなビッグクインバイオ。新潟2歳S3着から直行であれば2番気になったと思うわけだが、間にサフラン賞4着を挟んだために人気急落。そのサフラン賞は積極的に逃げ・・・直線失速の4着。しかし東京のスローなら33秒台の脚が使ったことがある馬。ペース次第で残るかもよ。

次に、大穴っぽくなりそうなオムニプレゼンス。ダーレー生産のディープインパクト産駒。母系は重厚なドイツ血統で、重馬場だった前走は力強く最後まで脚を伸ばして快勝。パワー寄りのディープで、道悪になるようなら大きくプラスだ。前走未勝利組の差し馬。一発期待したいね。

それから、現実的に逆転があるならこの馬じゃね?と思っているのがラインオブダンス。社台白老F生産のハーツクライ産駒。一戦毎にレース内容がよくなり、前走は後方待機からじわじわと進出し、直線力強く抜け出し、最後は流す楽勝。瞬発力と持続力を兼ね揃えてるタイプで、東京の長い直線は合いそうなイメージ。重馬場は走ってみらんと分からんけどね。

 

ヴィースバーデンも出てくるなら面白そうだが、この馬は萩Sに回るみたいですな。藤沢×ルメールのサンクテュエール、札幌組のオータムレッド、ルーチェデラヴィタあたりは来たらゴメンチャイ。

 

まあ、買う必要のないレースではあるが、

 

小銭でヒモ荒れを狙うのも一興。

あるいは、

穴馬の単勝で遊ぶも一興。

 

予想はアップするか分からーん。

(モッコリ倶楽部では裏浅次郎さんが予想するよ)

 

 

【浅次郎のひとりごと】

令和2年度(2020年度)開催日割および重賞競走について

ふむふむ。

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

本命党の方は遠慮してね。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内