ダービー2019データ分析!データから大穴を探せ!

【日本ダービー2019データ分析】東京芝2400mで行われる3歳頂上決戦!クラシック第2戦GⅠ日本ダービー(東京優駿)。今年はサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリーの皐月賞上位組が人気だが、データでは?枠順の有利不利は?脚質は?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテ・上がり3Fは?データから穴馬を探せ!

 

グラビアアイドルの3サイズは本当なのか?

と疑いつつグラビアに見入るように、

 

皐月賞組の実力は本物なのか?

と疑いつつダービーの馬柱を見ている穴党毒者の諸君は・・・

 

今回の記事は見ない方がいいだろう(笑)。

 

今日はダービーのデータ分析だぜっ!

 

■ダービー2019登録馬

netkeibaより抜粋

 

現状出走可能なのはタガノディアマンテまで。

500万勝ちしかない馬は

回避馬が出ない限り抽選にもならない感じかな?

 

出走微妙なのは

中1週となってしまったプリンシパルS勝ち馬のザダル。

この馬出てくると面白いけどなあ。

回避するようなら500万組は抽選か?

 

人気はサートゥルナーリアがダントツだろう。

ルメールの騎乗停止で人気が多少落ちるかと思いきや・・・

代役のレーンが大活躍してるんでね。全く関係なさそう。

 

以下、ヴェロックス、ダノンキングリー・・・

皐月賞上位組が人気。

 

離れて青葉賞組のランフォザローゼスとリオンリオン。

京都新聞杯組のレッドジェニアル、ロジャーバローズは・・・なぜか評価低いね。

 

さて。

 

泉里香の3サイズは本物なのか?

 

 

を調べようかと思ったんだが、

 

脱線しようとすな!

早くダービーのデータ分析をやれ!

 

という声が聞こえてくるから仕方ない。

 

ダービーのデータ分析逝くぜ~!

 

■ダービー2019データ分析、人気別成績

JRAのGⅠの中でも屈指の硬さを誇るレース。私のポコニャンもそうであればいいのだが、残念ながら年齢とともに角度も硬さm・・・(ゲシッ)・・・ご、ご覧の通り1~3番人気がベラボーに強く。連対馬のほとんどが5番人気以内である。ただ、3着は結構人気薄が来るんだよね。穴党は3着ヒモ荒れを狙うしかない???

 

■ダービー2019データ分析、枠番別成績

そして・・・大注目なのがこのデータ!そう!ご存知の方も多いと思うが、

ダービーの神枠は1枠!

もう1枠の単勝だけ買っとけば儲かるんじゃね?というレベルの成績で、

今年も1枠に入った馬は要チェックだ・・・

 

と!

 

多くの競馬メディアが煽ることだろうと思う。

 

だけんどもしかし!

 

 

これは「イレギュラーデータ」だと私は思うのである。いや、確かにダービー週から東京芝はCコース替わりで内ラチ沿いにはグリーンベルトが出現する。高速馬場も相まって内枠が有利なのは間違いない。しかし、それにしてもこの成績は極端だと思うのだ。実際に1枠で馬券になった馬はほとんどが人気サイド。人気薄で馬券になったのウインバリアシオンとサトノラーゼンくらいなんだよね。上のデータをもう一回見て欲しいんだが、1枠と2枠の平均人気の差・・・凄いよね。

そして・・・「ダービー神枠=1枠」はデータ派が強烈に信仰している神データであるからして、過剰人気になりやすいのである(多くのデータ派が「1枠」というだけの理由で馬券を買う)。典型的な例が昨年のダービー。休み明けだったダノンプレミアムが1枠1番に入り1番人気・・・結果は6着と人気を裏切る形となった。

何が言いたいかというと、内枠有利は間違いないが、「1枠=神枠」を信用し過ぎないように!ってこと。特に人気馬が1枠に入ったらかなり過剰人気になるからね。狙うなら・・・穴馬が1枠に入った時だと思う!あと、実は2枠もかなり狙い目だゾ!

 

■ダービー2019データ分析、馬体重別成績

最低440kgは必要なレース。出来れば480kg以上欲しい。ココが最大目標!って馬が多く、極限仕上げとなるケースが多い。馬体の増減も「馬体減」の方が優勢。

 

■ダービー2019データ分析、騎手別成績

ダービーを勝つ騎手は大体決まっている。今年は・・・外人or川田?

 

■ダービー2019データ分析、種牡馬別成績

ディープインパクト強し。あとはキングカメハメハ、ハーツクライ、ネオユニヴァース(ステイゴールド産駒はもういない)。騎手と同じく、種牡馬も大体決まっている。しかし、今年はもしかしたら「時代が変わる節目」の年となるかもしれん。ロードカナロア産駒のサートゥルナーリア、ジャスタウェイ産駒のヴェロックス・・・この辺が勝てば世代交代?それともディープインパクト産駒のダノンキングリーが勝ってリーディングサイアーの意地を見せるか?

 

■ダービー2019データ分析、間隔別成績

圧倒的なのは5~9週だが、これは=皐月賞である。4週(中3週)が=青葉賞、3週(中2週)が=京都新聞杯orプリンシパルSでそれ以外は該当無し。

 

■ダービー2019データ分析、前走成績

注目前走は3つ!皐月賞(20頭)、青葉賞(5頭)、京都新聞杯(3頭)。あとは例外的にプリンシパルS(2頭)。ここ10年、これ以外のローテで馬券になった例はない。

最も注意すべきは当然皐月賞組。特に1~3着はベラボーに強く、グラビアアイドルの3サイズは信じた方が幸せなのと同じように、皐月賞上位組も信頼した方が的中に近づくだろう。そして皐月賞惨敗から巻き返すパターンもある。皐月賞組であれば二桁着順でも要注意だ。青葉賞は1~2着条件、京都新聞杯は1着条件・・・と皐月賞以外は条件厳しい。穴を狙うなら皐月賞惨敗組?

【激アツローテ馬】
・サートゥルナーリア(皐月賞1着)
・ヴェロックス(皐月賞2着)
・ダノンキングリー(皐月賞3着)
・クラージュゲリエ(皐月賞5着)
・アドマイヤジャスタ(皐月賞8着)
・シュヴァルツリーゼ(皐月賞12着)
・サトノルークス(皐月賞14着)
・メイショウテンゲン(皐月賞15着)
・ニシノデイジー(皐月賞17着)
・リオンリオン(青葉賞1着)
・ランフォザローゼス(青葉賞2着)
・レッドジェニアル(京都新聞杯1着)

とりあえずこの12頭に絞れる感じだね(笑)。

 

■ダービー2019データ分析、脚質別成績

差し馬が強いが、先行勢も結構残る。特に、高速東京になるなら・・・前が止まらないぞー。

 

■ダービー2019データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」「差し→先行」というパターンが多いんだが、近年は「前が止まらない馬場」になる傾向が強く、差すにしても「中団前目」のポジション必須。一昨年前のレイデオロは道中動いて前残り馬場に対応したし、去年のワグネリアンも意識して前目のポジションを取ってたよね。

穴馬の脚質は、逃げ・先行。

今の東京だと・・・やはり去年のコズミックフォースみたいな馬を探す他ないような気がする。人気急落した追い込み馬を狙いたい気持ちもあるが・・・。

 

■ダービー2019データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関西馬優勢。馬券になるのはほとんどがリーディング上位の有名厩舎。馬主の項を見ると・・・社台系の他は、金子オーナーと前田オーナー(ノースヒル)に注目。生産者はご覧の通りノーザンFが4連覇中。血統的にもディープインパクトを筆頭にサンデーサイレンス系orキングカメハメハという感じで近代日本競馬を象徴するような名前が列んでいる。

 

■ダービー2019ケツデータ論。

・内枠優勢(1枠が神枠)
・皐月賞組or青葉賞組or京都新聞杯組
・差し優勢も前残り馬場注意

1番人気確実なサートゥルナーリアは、皐月賞ブッツケからの明け2戦目。当然、大目標はココなわけで(そのために皐月賞ブッツケのローテを組んだ)、角居厩舎・ノーザンF・天才レーン・皐月賞1着・先行脚質・・・とデータ的には文句なし。特に前目に行ける脚質はここではかなり有利に働くと思う。これで1枠でも引こうもんなら・・・単勝1.3~1.5倍くらいになるかもね。ただし不安が全くないわけではない。距離適正と東京適正だ。戦績から距離延長は全く問題ないような感じであるが父はロードカナロア。アーモンドアイの例もあって「2000m以上でも大丈夫っしょ!」という空気が漂っているが、父の産駒はマイル前後が適正・・・ということが多いのである。

現在の種牡馬リーディング。netkeibaより抜粋

芝の平均距離を見ると1521m。他の中距離系の種牡馬を比べてかなり短いのである。だからサートゥルナーリアもそうだ!と主張するわけではないが、現在は能力で中距離をこなしてるだけで・・・将来はマイラーって可能性は十分にある。アーモンドアイも安田記念に向かうってことは・・・本質的にはマイラーなんじゃないだろうか。あと、東京は未経験だけに、超高速の上がり32秒台の決着!なんてことになった時に対応出来るかどうかは未知数。ま、重箱の隅に残った米ツブ2つ・・・みたいな話で、気にする必要ないかもしれんが。

2番人気が濃厚なヴェロックスは、金子+ノーザンF+中内田厩舎+川田+先行脚質・・・でこちらも資格十分。むしろサートゥルナーリアよりヴェロックスの方がスキがないような気がするなー。父ジャスタウェイはハーツクライ産駒。現役時は1600~2000mのGⅠを勝ち、1800ベストの馬と見られていたが、ジャパンカップでも2着に入った通り中距離適正も高い馬であった。初年度産駒でデータは少ないが・・・父同様、東京のキレ勝負はどんと来いのタイプではなかろうか。

そして人気サイドでも最も美味しいオッズになりそうなのがダノンキングリー。皐月賞はアタマ・クビ差の接戦だったわけだが、あんなもんは体調とか馬場とか枠順とかでサクッと変わる差である。関東馬+非社台というのが気になるところではあるが、皐月賞トライアルをスキップして皐月賞のローテ。当然、大目標はココなわけで・・・仕上がり次第では逆転あってもなんら不思議なし。先行脚質でディープインパクト×ストームキャットってのも押し材料。高速馬場は合いそうな気がする。

 

ああ・・・

 

やっぱり今年のダービーはカチンコチンコか・・・

私のポコニャンは今日も使えず仕舞いか・・・

 

と思ってしまうわけだが、

 

元気に穴馬候補を挙げておこう!

まず、青葉賞1着のリオンリオン。能力的に足りるかどうかは置いておいて、まず「逃げ脚質」が魅力的。何度も言うが、高速東京の前残り馬場。Cコース替わりでラチ沿いはグリーンベルト・・・これらは逃げ馬に相当有利に働くのではないかと思う。鞍上は百戦錬磨、細目のノリ親分!1~2枠を引いてマイペースのスローになれば・・・スタコラサッサのノリ逃げがあるんじゃないかと。あと、密かに今の東京の馬場だと・・・母父クロフネの血が面白いと思っている。祖母にトゥザヴィクトリーがおり血統的背景も十分。そして、東京芝2400のルーラーシップは鬼だ。

次に、盲点になるであろう皐月賞惨敗組のクラージュゲリエ。皐月賞が14番人気だったんで今回も人気にならんと思うが、池江厩舎×ノーザンFでキンカメ×タニノギムレット・・・いかにも東京2400が合いそうな血統で。仕上がり次第、枠次第、ポジション次第で3着くらいならあるかもしれんと私のポコニャンが言っている。

それから、皐月賞で差して届かなかった馬。今まで書いてきたことと矛盾するようだが、多くの予想家や競馬ファンが「前」に注目すればするほど、後ろの馬が無警戒になるのである。筆頭は、皐月賞で上がり2位タイだったタガノディアマンテ。最後方待機から上がり34.4を繰り出して6着まで押し上げてみせた。その後、京都新聞杯に出走して「先行」を試したんだが弾けず5着。やっぱりこの馬は溜めて末脚に賭ける方がいいと思う。おそらく人気皆無になると思うが・・・狙いの大穴馬だ。

同じく皐月賞で上がり3位タイだったのがアドマイヤジャスタ。皐月賞は出遅れが響いて後方からになったが、それまでは先行していた馬。ホープフルSではサートゥルナーリアの2着だった通り、能力が高いのは間違いない。鞍上がミルコになっているので・・・もしかしたら人気になってしまうかもしれんが、東京代わりで面白い一頭だと思う。

あとは・・・同じく皐月賞惨敗組のメイショウテンゲンシュヴァルツリーゼニシノデイジーあたりも狙っている。京都新聞杯のレッドジェニアルも人気薄になるなら面白い一頭。

 

今回大穴狙いは無謀・・・

 

だと私も思うけれども(笑)、

 

いつも通り、ルール通り、

 

泉里香ちゃんのグラビアを眺めつつ、

 

 

大穴狙いで逝く。

 

調教チェックお楽しみに!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ダービーデーは馬連が5%お得

この施策をすることによって売上が増えるのだろうか?と疑問に思ってしまうが、いつも枠連や馬単で買ってる人は、馬連のオッズもチェックした方がいいだろうねー。

 

★第2期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

現在の高速東京は血統が大事?みんすけ部長のダービー予想は?

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内