セントライト記念2022データ分析!大穴馬を探せ!

【セントライト記念2022データ分析】中山芝2200mで行われるGⅡセントライト記念!今年はアスクビクターモア、オニャンコポン、ガイアフォースが人気だが当然大穴狙いで行く。データ分析では内枠有利?脚質は先行?馬体重・騎手・血統・前走ローテ・上がり3F最速は?穴馬候補はラーグルフ、ショウナンマグマ、ボーンディスウェイ。

 

3着までに菊花賞の優先出走権が与えられる

東の菊花賞トライアル!

頭数は多くないけど、

結構面白そうなメンバーになったねー。

 

■セントライト記念2022予想オッズ

※netkeibaより抜粋

 

注目はダービー3着のアスクビクターモア。

予想オッズだとダントツ人気になってますな。

まあ・・・実績からしてそりゃそうだよね。

斤量もみんな一緒だし、

中山2200も合いそうだし、

何より、この馬以外、皐月賞上位・ダービー上位の馬が不在。

ドウデュースは凱旋門賞だし、

イクイノックス・ジオグリフは天皇賞秋だし、

ダノンベルーガ・キラーアビリティはまだローテ未定。

(ブッツケ?秋天?)

 

というわけで、

ちょっと今回アスクビクターモアを斬るのは勇気が要る。

 

だけんどもしかし。

 

 

競馬は何が起きるか分からんのである。

そして・・・こういう・・・

一見「スキ」がないような時こそ

意外とぶっ飛んだりするのが競馬。

 

ま、圧勝しちゃうのかもしれんが、

秋緒戦で派手に転ぶ人気馬は結構多いしね。

買っても押さえまでかな。

 

とりあえずデータ見てみよう。

 

■セントライト記念2022データ分析、人気別成績

むう。1番人気強いな。2~4番人気もまあまあ強く・・・基本的に人気サイドが強いレースだ。ただ、2~3着はヒモ荒れすることもあるんでね。油断なく穴を狙って行きたい。

 

■セントライト記念2022データ分析、枠番別成績

中山芝の外回り2200m戦。比較的真ん中より内が優位だが、外枠も来ないわけではない。平均着順で見ると7~8枠は優秀だね。

 

■セントライト記念2022データ分析、馬体重別成績

馬体重のラインは460kg。馬体の増減では「馬体増」が優勢。夏を越しての成長が必要な一戦。+10kg以上の大幅増でも問題なし。

 

■セントライト記念2022データ分析、騎手成績

関東の上位騎手・ベテランが強い。

 

■セントライト記念2022データ分析、種牡馬成績

むむ。ディープインパクトは馬券にはなるが・・・2着まで。分母からしても決して得意な舞台というわけではなさそう。全体的には主要血統が満遍なく来る感じ。

 

■セントライト記念2022データ分析、脚質別成績

休み明けの馬がほとんど。間隔が詰まってるのは厳しい。

 

■セントライト記念2022データ分析、前走成績

注目ローテは・・・ダービー(15頭)、ラジオNIKKEI賞(4頭)、2勝クラス(5頭)、1勝クラス(3頭)。最も多いダービーは着順不問。惨敗オッケー。ラジオNIKKEI賞は好走条件。2勝クラスは1着条件。降級制度があった時代は・・・2勝クラスの好走馬や1勝クラスからのローテでも馬券になったが、今は厳しいと見る。

【激アツローテ馬】
・アスクビクターモア(ダービー3着)
・オニャンコポン(ダービー8着)
・セイウンハーデス(ダービー11着)
・ショウナンマグマ(ラジオNIKKEI賞2着)
・ラーグルフ(2勝クラス1着)

今年はダービー組が手薄。他ローテからでも十分勝機あり!注意したいのはラジオNIKKEI賞と2勝クラス。1勝クラスからのローテは厳しいと思うが・・・逆に穴が隠れているならココか。

 

■セントライト記念2022、1番人気の前走成績

1番人気はほとんどダービーからのローテ。しかし好走している必要はなく、惨敗からの巻き返しあり。ダービーで5着以内だと・・・馬券率100%。アスクビクターモアはやはり有力だね。

 

■セントライト記念2022データ分析、脚質別成績

中山芝の外回り戦。先行タイプが強いのだが、差し馬も普通に飛んで来てるね。

 

■セントライト記念2022データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「先行→差し」「差し→先行」。先行力があれば上がりはソコソコでもOK。

穴馬の脚質は・・・差し!

昨年のアサマノイタズラは鮮やかな差し切り勝ちだったが・・・このレースで穴を開けるのは中山適正の高い差し馬。

 

■セントライト記念2022データ分析、1番人気の位置取り・上がり3F

昨年のタイトルホルダーは惨敗であったが、基本的に先行タイプの1番人気は安定した成績。あと単勝1倍台の断トツ1番人気は・・・1着、1着、2着、2着。今年の1番人気候補は1倍台になるかな?

 

■セントライト記念2022上がり最速候補

上がり最速候補は、

・ガイアフォース
・サイモンバロン
・ラーグルフ
・ローシャムパーク
・ロンギングエーオ
・キングズパレス
・ベジャール
・オニャンコポン

レースレベルを無視して上がりの速い馬を出すと、思わぬ穴馬を見つけることが出来るわけだが、ベジャール・ラーグルフ・ローシャムパーク・ロンギングエーオあたり面白そう。実質の上がり最速1番手は・・・皐月賞で上がり4位、ダービーで上がり6位のオニャンコポンかな。

 

■セントライト記念2022データ分析、厩舎・生産者・血統

関東馬優勢。社台系強し。ただ、2~3着というパターンが多く、頭には個人牧場が結構来る。血統的には目立った傾向はなく・・・普通にサンデーサイレンス系かキングカメハメハ系の主要血統。全体的にパワー寄り。

 

■セントライト記念2022ケツ論

・ダービー組。
・前後互角だが、穴は差し
・社台系、主要血統

 

1番人気候補のアスクビクターモアは社台F生産のディープインパクト産駒。美浦・田村厩舎。鞍上は田辺。弥生賞ではのちのダービー馬ドゥデュースを負かし、皐月賞は果敢に逃げて5着。ダービーは適正が疑われたのか7番人気の低評価であったが、ここでも2番手の競馬で3着に残した。常にトップクラスの馬たちを相手に接戦を演じており、中距離のカテゴリーではTOP5に入る馬だ。中山は【3.0.0.1】と大得意。脚質も合う。データ的にもほぼ完璧。あとは・・・デキだね。今年の3歳の大物はこぞって秋天に向かいそうな雰囲気でね。ガラ空きとなった菊花賞を掠め取るためにも、ここは叩きの一戦だと思われる。調教要チェック。

オニャンコポンは社台F生産のエイシンフラッシュ産駒。美浦・小島厩舎。鞍上は菅原明。セレクトセールでの落札価格は864万円。社台の馬でこれは安い。個人馬主の夢が詰まった馬だねえ。京成杯勝ちがあり、皐月賞は0.4秒差の6着・・・この時、5着のアスクビクターモアとはクビ差。ダービーでは差が開いたが中山ではそう差はないとも取れる。チャンスだねえ。

netkeibaの予想で3番人気になっているのがガイアフォース。社台・追分F生産のキタサンブラック産駒。栗東・杉山厩舎。鞍上は松山。夏の小倉で1勝クラスを勝ち上がった馬であるが・・・そのレースが鮮烈な7馬身差の圧勝。小倉芝2000のタイムは1:56.8のレコード。2番手追走から4コーナーで先頭に立ち最後は流す文字通りの楽勝。映像を見ると「すわ、こりゃバケモノか!」と思ってしまうが、この日は小倉が開幕した週でね。メインのCBC賞ではテイエムスパーダが1:05.8というこれまたとんでもないレコードを出した日。ド級の超高速馬場だったので、その点は考慮せねばならん。相手が弱かった可能性もあるしね。

 

うーん。食い込んだお尻はええのう!ええのう!と亀仙人的なコメントをした貴方に大穴候補を挙げておこう。

まずもって一番手に挙げたいのがラーグルフ。日高・スマイルF生産のモーリス産駒。美浦・宗像厩舎。鞍上は戸崎。昨年のホープフルSで3着だった馬。春は弥生賞11着、皐月賞8着と結果は出なかったが、その皐月賞はアスクビクターモアやオニャンコポンとは0.2秒差の入線。そんなに差はない。そして・・・早々にダービーは諦め、建て直されて夏は新潟の2勝クラスに出走。スローの瞬発力戦であったが、これを最内の狭い所を突いて上がり最速。着差以上の楽勝だったわけだが、この時負かしたのはローズSでも人気になりそうなセントカメリア。夏を越しての成長が伺えるし、一度使ってるのもアドバンテージ。逆襲の一戦だ。

次に、なんか予想では大穴扱いになっているショウナンマグマ。登別・青藍牧場生産のザファクター産駒。美浦・尾関厩舎。鞍上は横山武史。前走のラジオNIKKEI賞は軽ハンデを活かしての逃げ。速いペースでの持久力戦に持ち込み、直線は粘りに粘ったが、最後は内からフェーングロッテンに交わされての2着。このフェーングロッテンはその後新潟記念で3着に好走しており、レースレベルも高かったと思われる。今回定量戦(馬齢戦)となるため・・・一気に3kg増える。この点は確かに不安だが、3走前の1勝クラスは8馬身差で逃げ切った馬。人気にならんのなら是非狙いたいパンツ。

それから、同じくラジオNIKKEI賞組のボーンディスウェイ。社台F生産のハーツクライ産駒。美浦・牧厩舎。鞍上は石橋。昨年のホープフルSで5着、弥生賞では僅差の3着だった馬。皐月賞は惨敗であったが、ラーグルフと僅差の実力馬。ラジオNIKKEI賞では1番人気に押されたが直線外を回して伸びずバテずの6着。これで株価急落したわけだが、これは内伸びの馬場が大きく影響した可能性あり。叩かれて一変あるかもよ?

ほか、毎日杯2着のベジャール、プリンシパルS勝ちのセイウンハーデス、同2着のキングズパレス、それからこのレースと妙に相性がいいスクリーンヒーロー産駒のロンギングエーオあたりも気になるところ。

 

というわけで、

オッズ的には上位が抜けそうだが、

実際は能力拮抗の大混戦!

 

楽しみだねー!

 

予想は月曜日・・・の予定!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【凱旋門賞】武豊&ドウデュース リベンジなるか 前哨戦ニエル賞4着も「失望する必要ない」

さて、レース見たが・・・

 

 

どうなんだろうねこれ。4角回る時は勝ったと思ったが・・・直線伸びきれずに4着。敗因は、馬場か?環境の変化か?デキか?それとも・・・相手が強かった?詳しいことは分からんが、本来の姿ではなかったと思う。

しかしコレを受けてオッズ急落。

 

ウィリアムヒルより抜粋

 

なんとドウデュースの単勝オッズは26倍まで下落。

7月の時点では12/1。

つまり13倍だったわけだが完全に大穴馬扱いになったね。

おそらくJRAだと3~4倍程度の1番人気。

もうアクシデントがない限り出走は確定しているわけだし、

今が買い時かも。

ちょっとだけ応援馬券買っとくかw

(ブックメーカーのオッズは購入した時のオッズが払い戻しのオッズ)

 

★第6期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!