【桜花賞2018レース回顧】阪神芝1600mで行われた3歳牝馬によるGⅠ桜花賞。勝ったのは2番人気アーモンドアイ!後方一気、大外ぶん回しの鬼の末脚でラッキーライラックを並ぶ間もなく差し切って見せた。断然人気ラッキーライラックの敗因は何だったのか?アーモンドアイ・リリーノーブル・マウレアらのオークス適正は?距離は持つのか?

 

桜の女王は

鬼脚アーモンドアイ!

 

※ノリスケさんご友人撮影の1枚。キレイだねえ。

 

いやあ、

 

アーモンドアイ凄い切れ味だったねえ。

 

簡単に回顧する。

 

■桜花賞2018結果、着順

netkeibaより抜粋

 

堅いよチキショー。

 

■桜花賞2018映像

※動画が消されてる場合はJRAのホームページで見てね。

 

■桜花賞2018回顧

スタート!

15番のプリモシーンが大きく出遅れ。13番アーモンドアイも出負け気味で後方から。ただし鞍上ルメールは最初から直線勝負をする予定だったのだろう・・・慌てることなく後方待機。そして絶好のスタートを切ったのが1番のラッキーライラック。

 

だけんどもしかし・・・

 

まさかこの好スタートが

 

ラッキーライラックの敗因になるとは・・・

 

この時は思いもしなかったのである。

 

絶好のスタートを切ったラッキーライラック石橋だが、内で包まれゴチャ付くのだけは勘弁!と思っていたのはレース後の騎手コメントからも明らかで。だからこそ絶好のスタートを切った後も控えることなくポジションを取りに行ったのである。

 

しかし・・・不幸なことに、どの馬も行かない。

 

唯一11番のコーディエライトはかなり押してるが二の脚が付かず・・・

行きたくても行けない感じ。

 

他の馬はみーーーんな様子見なのだ。

 

そして、

最内枠だし、気分良く行ってるし、

ブレーキ踏んでポジションを落とすわけにも行かない!

 

石橋は何度も横を向いて確認している。

 

「早く誰か行ってくれ!」

 

結局、ラッキーライラックは200m付近まで先頭を走ることになる。その間のラップは12.3!これは過去10年の桜花賞で3番目に速いラップ。つまり・・・ラッキーライラックはそのスタートセンス、スピード能力の高さゆえに自ら速いペースを作り出してしまったのだ。

 

 

ようやく行き脚がついたコーディエライト、10番のアンヴァル、大外のツヅミモンが先頭争いに加わり・・・ここでさらにラップが上がって10.7。このラップも桜花賞過去10年で2番目に速いラップである。

 

400m通過時点でラッキーライラックは3番手のイン。自ら演出してしまったとはいえ・・・かなり厳しいラップとなった。これが中山マイルや京都マイルならまだなんとかなったかもしれんが、舞台は阪神マイル。デフォルトで差し・追い込みが有利なコースなのだ。

中団の前にレッドサクヤ、内からリバティハイツ、中にハーレムライン、外にリリーノーブル。中団の後ろにアンコールプリュ、スカーレットカラー、レッドレグナント。

 

中団後方にかけてマウレア、トーセンブレス、フィニフティ。

 

後方にプリモシーン、アーモンドアイ、最後方にデルニエオール。

 

600m通過は34.5。

 

1000m通過は58.7。

 

 

テレビで解説していた某元調教師のSは、

 

「前半46.6、後半46.5の平均ペース」

 

なんて言ってたが、

 

あんた小学生か!

 

と突っ込みたくなる計算方法で(笑)。

 

そもそも桜花賞が行われる舞台の阪神1600mは

スローの瞬発力勝負が基本。

 

前半は緩いペースになることが多いのである。

 

過去の桜花賞を見ても前半46.6はかなり速いペース(過去3番目)で、

前半46秒台の時はほとんど「前潰れ」なんだよね。

 

今回は特に桜花賞レコードが出るほどの高速決着だったわけで。

前に行った馬にとっては相当厳しいペースだったと言える。

 

もちろん、

「ハイペースだから後ろが有利」

なんてことを言うつもりはない。

 

ペースが速ければ速いほど、

持久力やスタミナや底力といった総合力がモノを言うわけだし、

ペースが速くなると脚が溜まらない差し・追い込み馬だって沢山いる。

 

そういう意味で、

今回の桜花賞はハイペースのガチンコ総合能力勝負だったわけで、今回の

アーモンドアイは相当強かった!

というのは疑う余地なし。

 

ただ、

アーモンドアイからすれば展開がバッチリ嵌ったし、

ラッキーライラックにとってはかなり厳しい展開だった・・・

というのも事実である。

 

レースは生き物。

 

だからこそ競馬は面白いのである。

 

話を戻そう。

 

600~1000mのラップは12.1-12.1。ここで多少は落ち着いたが、それでも大きく緩んだわけではなく依然として息が入りにくいラップ。それでもラッキーライラックは手応え十分で4コーナーを回る。アーモンドアイは大外へ。リリーノーブルはも外へ。

 

残り400m。前が開いたラッキーライラックだが、持ったままで先頭のツヅミモンに並びかけて行く。その外からレッドサクヤ、リリーノーブルが襲いかかる。1番右の大外がアーモンドアイ。レッドサクヤから・・・ラッキーライラック、ツヅミモンの馬券を持ってた浅次郎はここで絶叫(笑)。

 

残り200m。夢見れたのもココまで(笑)。急坂に掛かるところでツヅミモン、レッドサクヤが脱落し、大外からアーモンドアイが強烈な末脚で差してくる!

 

残り100mでラッキーライラックを捉えると、並ぶ間もなくブッチギリ。

 

約2馬身差を付けて圧勝!

 

アーモンドアイ強し!

 

 

 

 

 

勝ったアーモンドアイは、ロードカナロアの初年度産駒。この勝利で父ロードカナロアはかなり人気を集めることになるだろうね。シンザン記念からのブッツケローテを嫌って買わなかった人は沢山いると思うが(私もそうだが)、そんな不安を吹き飛ばすような圧勝だった。ハイペースの総合力戦でラッキーライラックを負かしたのだから相当な器の馬だと思う。

ただ、前述した通り、今回展開がハマったのは間違いない。この馬のラップは・・・1000m59.9でラスト3Fが33.2。切れ味を活かすのにピッタリなペースだったのである。仮の話だが、今回の桜花賞が1000m通過60秒くらいのややスローペースだったとしたら(この馬のラップが61.0くらいだったら)・・・33.2の上がりを使っても届かないわけで(この上がりは阪神マイルで出せるほぼほぼ限界値)。出遅れ癖もあることだし、今後もこの馬が「展開に左右されやすい」ということは覚えておいた方がいいと思う。

で、問題は今後だす。オークスに出走するとなると・・・出てくる問題は「距離」だすな。なんと言っても父は短距離王のロードカナロア。母はエリザベス女王杯を勝ったフサイチパンドラとはいえ、この極上の切れ味を見るとマイルがピッタリに思えるだすよ。ただ、最近のオークスはスローで流れて終い勝負になりやすく、桜花賞組のマイラーでも好走出来るからね。そこまで心配する必要はないのかもしれないが、個人的にはやっぱり距離は不安だす。

 

2着のラッキーライラックは本当に運が悪かったな。このペースで3番手なら最後に脚が上がってもしょうがなし。それでも止まったわけではなく、正攻法で勝ちに行ってのものだから鞍上を責めることは出来まい。相手を褒めるべきだろう(石橋コメント潔し)。真ん中くらいの枠で、せめてリリーノーブルと同じような位置取りで競馬が出来ていれば、あるいはまた違った結果だったかもしれない。この馬もペース次第で33秒台前半の脚使えるからね。

結果は2着だったが、このペースで先行してキッチリ2着を確保したあたり、やはり能力はトップクラスだね。アーモンドアイとの2馬身差は能力差ではなく、マイル適正・展開の綾だと思う。ペース次第で逆の結果になっていたのではないかな。さて、こちらはオークスでも全く問題無さそう。というか距離伸びて良さそう。折り合いも問題ないし、前のポジションが取れるのもいいね。さて・・・オークスの鞍上はどうなるのか?出来ればそのまま石橋でお願いしたいが、ミルコに乗り替わりとかもうヤメてよミッキー(笑)。

 

3着のリリーノーブルは本気で勝ちに行ったが届かず。なんかキャラ的に3着が指定席になりそうだが、この馬も相当強いと思う。この後はオークスに行くんだろうけど、血統的に東京2400は微妙だなあ・・・。2000までって気がするけど・・・。NHKマイルCならアッサリ勝ったりして。

 

4着のトーセンブレスは8番人気での好走。アーモンドアイと同じく展開がハマったのはあるが、この馬も相当長くいい脚を使うね。血統的にもマイルはちょっと短い感じで、2000m以上・・・オークスはピッタリな印象。人気薄になるようなら積極的に狙いたい。

 

以下、マウレア、リバティハイツ、レッドサクヤ、スカーレットカラー、ツヅミモンあたりはタイム差なしの僅差。マウレアはどうなんだろう。。。位置取りは悪くなかったと思うが、やっぱり使い詰めで調子がイマイチだったのかな。血統的にも2000以下ぽいし・・・オークスで巻き返すのはちょっと厳しいか。

 

今回前で頑張ったレッドサクヤ、リバティハイツあたりはオークスに出走するようなら穴で再び狙いたいねー。ツヅミモンは是非NHKマイルCに出てこい!今回の競馬が出来れば一発あるかもだぜ!

 

馬券はレッドサクヤ軸の馬券でドモナラズ。

 

最近は、

 

全然当たってない(笑)。

 

しかし、

 

1㍉も懲りずに、

 

皐月賞も大穴狙いで逝く。

 

 

あ、皐月賞のデータ分析はこちら!

 

データから浮かび上がる穴馬は?

 

調教チェックや展開予想は後日ねー。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

全米メディアも大谷の「完全試合未遂」に大興奮「本当に人間か?」

「2刀流にチャレンジする!」と大谷翔平が言った時、多くの評論家や実績あるOBやメディアが「野球ナメんじゃねえ」「ピッチャーに専念しろ」と言った。しかし、今や大谷はメジャーで2刀流をやろうとしている。心から尊敬するね。そのチンコスピリットに。しかし、まだ23歳。大谷君のチンコを巡る争いも熾烈だろうなあ。うらやまC。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内