【ジャパンカップ2017データ分析】東京芝2400mで行われる国際GⅠジャパンカップ。今年は4頭の外国馬、3歳ダービー馬・オークス馬も加わり、今年の最強馬決定戦になりそう!データ分析では、内枠有利!先行<差し!前走は秋天組!上がり2位に注目!穴馬候補はソウルスターリング、マカヒキ、レインボーライン、ヤマカツエース!

 

今年のジャパンカップで一番悩むのは、

 

キタサンブラックの取捨だよなあ・・・

 

前走は特殊な馬場、

 

そして出遅れただけに、

 

尚更難しいわ・・・

 

(もったいぶって・・・どうせ切るんでしょ?)

 

や、やかましわ!

 

■ジャパンカップ2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はキタサンブラックで決まり。

 

しかし、2~3番人気はまだ分からんぞ?

 

問題はサトノクラウンで、

現時点でまだ鞍上が決まってないのである。

 

何故かと言えば、

サトノクラウンには当初ムーアが乗る予定だったのだよ・・・

(ムーアの身元引受は堀調教師である)

 

ミルコ陣営はそれを見越して

シュヴァルグランに騎乗する予定だったのだがしかし・・・

 

イギリスからオブライエン厩舎のアイダホが急遽参戦することになり、

この厩舎との専属契約があるムーアはアイダホに騎乗。

 

つまり、サトノクラウンの鞍上がポッカリ空いてしまったわけ。

 

で、

 

元カノとヨリを戻したいけど、

 

 

もう新しい彼女を作ってしまった!

どうしよう?

 

・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

ミルコは、

 

サトノクラウンに乗りたいけど、

シュヴァルグラン陣営との約束もある!

 

という感じでまだ鞍上が決まってないのである(空想含む)。

かなりの綱引きが現在進行系で行われていると思われる。

 

まだ分からんが、

仮にサトノクラウンにミルコが騎乗するのであれば、

この馬が2番人気になってしまうかもしれん。

 

要チェックやな。

 

さて、

 

データ見てみるべ。

 

■ジャパンカップ2017データ分析

JRAデータ分析より抜粋

1番人気の安定感ハンパないね。キタサンブラックを切るのは根性いるわ。しかし逆に2~3番人気の信頼度はイマイチですな。何故か4番人気が強いと。そんで3着には結構穴馬が突っ込んでくるね。

 

4歳が圧倒的に強いですな。3歳もまあまあ馬券になっており、ほぼ5歳と互角。6歳以上はイマイチだが、だからこそ人気薄になりやすいぞ~~~!

 

へえ、馬体重にはあんまり興味ないんだが、500kg以上の馬がイマイチってのは面白いデータだね。

 

前走は「天皇賞秋」組が圧倒的ですな。秋華賞組で勝ったのはジェンティルドンナ、菊花賞組で勝ったのはローズキングダム(ブエナビスタ降着による繰り上がり)だけだから・・・実際問題、お釣りで出てくる3歳馬は厳しいのかもしれん。ただ、レイデオロはこのレースが最大目標。ソウルスターリングは秋天組。気にしなくていいかもね。

 

なんか今回のJRAデータ分析はまともだね。

 

ま、足りない分は自分でやろう。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、枠番別成績

うーむ。過去10年のレースデータでいえば「内枠有利」と言っていいだろうね。特に1枠の成績が良い。また、大外枠はまあまあなんだが、6枠、7枠の成績がかなり悪い。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、騎手成績

岩田かあ・・・今年はトーセンバジルか?レインボーラインか?うーむ・・・怖い。しかしこうやって見ると・・・勝つのは「外人騎手」or「武・岩田」って感じですな。池添・四位あたりにも注意が必要かな。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、種牡馬成績

このレースと最も相性がいいのはダントツでディープインパクト。今年はマカヒキ・ラストインパクト・ディサイファの3頭だけだが相性的には侮れんぞ~~~。気になるのはレイデオロの父キングカメハメハ・・・10頭の出走があるんだが、勝ったのはローズキングダムのみ。ラブリーデイ・ルーラーシップあたりの人気馬が3着に沈んでいる。舞台的にはピッタリだと思うけどね。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、間隔別成績

休み明けの好走は皆無。4週(中3週)は天皇賞秋組で、これが一番買いやすいわな。後は菊花賞・秋華賞・京都大賞典、海外組。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、前走成績

こうやって見ると・・・例外の年以外は「天皇賞秋」組を買っときゃ当たりそうやね。あと、秋天の着順はあまり問わなくていいぞ。むしろ秋天1着馬は負けるケースの方が圧倒的に多く、秋天惨敗からの巻き返しも結構あるしね。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、脚質別成績

さすがに東京2400・・・逃げ馬は苦しいか。数の上ではもう「差し馬」が圧倒的。前もある程度残るが、「差し→先行」のイメージでいいのではないか。しかし面白いことに「上がり1位」より「上がり2位」の方が断然成績が良いのである。上がり催促で突っ込んでくる馬は2~3着まで。中団から上がり2~3位のシッカリした脚を使えるタイプが狙い目ですな。

 

■ジャパンカップ2017データ分析、3着以内馬

ふむふむ。逃げ切ったのは昨年のキタサンブラックのみなのね。で、脚質的にはやはり「差し馬」が中心。ただ、「先行→差し→差し」といった感じになる年も多く、前の馬も決して侮れないね。上がり1位の馬はやはり2~3着といった印象。

穴馬の脚質は「先行」「差し」どっちもあるが、大穴を開けているのは「内枠」の馬が多いですな。要は内々でコースロスなくジッと我慢しつつ回ってきた馬。このコースはスローの瞬発力勝負になることが多いけんな。格下でも瞬発力があるタイプには要注意だぜー!

 

ケツデータ論

・内枠!

・秋天組(着順問わず)

・差し>先行

 

ケツデータから見た穴馬を挙げておこう。まず、ソウルスターリング。秋天6着で、今回はさすがに人気を落とすと思う。・・・が、ここが買い時である。最近は・・・ハービンジャー!という流行であるが、春はみんなフランケツ!フランケル!と言っていたではないか。前走の敗因が馬場だとすれば、これはもう全く悲観する必要はなく、むしろ良く走ったと言える。モズカッチャン(エリザベス女王杯で宝塚記念3着のミッキークイーンを負かしている)を基準にして考えれば、この馬とて十分やれるはず。人気が落ちるここが狙い目。ただし、良馬場希望。

それから、これまた微妙な人気になりそうなマカヒキ。もう終わった・・・と言ってる人もいるんだけど、崩れずに走っているわけで、いつ炸裂しても全く不思議なしである。2000前後がベスト・・・と思われてる向きがあるが、実は2400ベストの馬かもよ?

そんで、好走しても好走しても人気にならないレインボーライン。こういう馬は大好きだねー(笑)。この馬、過去のGⅠでの成績は【0.1.2.4】で。エアスピネルとそんなに実績変わらないんだけど、「悲願のGⅠ制覇なるか?」とか絶対言われないタイプだよね。前走は「道悪適正」のおかげで激走した!と見られているが、私の見立てはちょっと違うね。内枠引いて死んだふり出来ればオカワリあるかもよ~~~。岩田コッチに乗ってくれ!

爆穴にヤマカツエース。2000ベストで2400は長いと思われてるかもしれんが、去年の有馬記念でも0.3秒差4着だった馬。血統的にも十分やれると思う。おそらく今回人気ダダ落ちだと思うけど、大阪杯ではキタサンブラックと0.2秒差。立ち回り次第、デキ次第で逆転したって何の不思議もないと思うぜ!

 

特に今年の秋天は特殊な馬場だったけんな。

穴馬を探すなら秋天惨敗組だ。

 

キタサンブラックの連覇なるか?

それともサトノクラウンの逆襲か?

それとも新時代の幕開けか?

 

いやいやそれとも・・・

 

驚天動地のモッコリ決着か?

 

調教チェック、予想印は後日!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ディーマジェスティ電撃引退 今後は種牡馬になる予定

最近見ないと思ってたら・・・ツメかあ。しかしディープインパクト直系は競争が激しいからなあ。いい子を出して欲しいね。