【エリザベス女王杯2017データ分析】京都芝2200m外回りで行われる女王決定戦GⅠエリザベス女王杯。データ分析では、内枠・外枠の有利不利なし。血統注目はディープインパクト。脚質は差し→先行。重要なのは瞬発力と中距離適正。穴馬候補は逃げ候補のクロコスミア、3歳モズカッチャン!爆穴候補にデンコウアンジュだ!

 

先週はサッパリな結果であったが、

 

私が、挫けたり、

落ち込んだりすることはない。

反省はするが、

後悔することもない!

 

今週も懲りずに

大穴モッコリ馬券で逝くぜ!

 

■エリザベス女王杯2017予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ええと、今週からムーアとアッゼニが来るみたいやね。

 

そんでムーアはルージュバックに騎乗予定。

 

知らない人の為に言っておくが(私もよくは知らんが。笑)、

ムーアは香港のモレイラと並び、世界最高峰のジョッキーである。

 

分かりやすく例えよう。

 

デムーロやルメールがナッパだとすれば、

 

 

ムーアはベジータ。

 

 

同じ外人ジョッキーでもちょっとレベルが違うのである。

 

なので・・・ルージュバックは

今回かなり人気になると思われる。

2~3番人気になってしまうかもしれん。

 

なんかしかし・・・

今週も外人ジョッキーが勝ちそうな雰囲気やな(涙)。

 

(悟空、早く来てくれー!)

 

早速データ見てみよう。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析

JRAデータ分析より

3歳、4歳が強いね。5歳がギリで、6歳以上は要らない・・・という結論だけど、このデータは意地悪でね。社台系の有力牝馬は6歳の春で引退しちゃう(ことが多い)から、そもそも論で「6歳以上の牝馬」は少ないのである。だから6歳以上でも実績があるスマートレイアーなんかは割引する必要ないと思うけどね。

ま、秋華賞組がかなり馬券になるのは間違いないし、4歳が強いのも間違いない。今年は人気どころに5歳が多いが・・・さて。

 

1番人気、2番人気の馬券圏内率高いね。荒れても6~7番人気まで・・・大穴党には厳しいレースか。ちなみに、11番人気で勝ったのは2009年のクイーンスプマンテ。伝説のイッタイッタレースの立役者であった(2着は12番人気のテイエムプリキュア)。

最近競馬始めた方は知らんと思うが・・・一度見てみるといい。1番人気はダントツでブエビスタであった。

最近はこういう「大逃げ」レースは滅多に見れないけどね。昔は結構あったんだよ・・・。

 

もう一頭の大穴馬は昨年のシングウィズジョイである(涙)。

 

内外フラットな感じやね。後で自分でもやるけど。

 

これは興味深いね~。「海外のGⅠ」は外国馬のスノーフェアリー(連覇)なので、注目はそれ以外でOK。強いのは「秋華賞組」と「国内GⅡ組」。国内GⅡ組は具体的に言うと「オールカマー」「京都大賞典」である。その際の着順はあまり問わない。

府中牝馬S組は数も多いが・・・結構馬券になるけん油断出来んぞ。GⅢ以下からの臨戦はさすがに厳しい。

 

ぬう。

今週のJRAデータ分析は

いつもと違う職員が担当していたのであろうか?

いつもこんな感じでやって貰えると助かるんだが。

 

あとは自分でやろう。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、枠番

内外互角でいいんじゃないかな。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、馬体重

牝馬戦だけに馬体重が軽いタイプも好走可能。ただ、それも440~459kgのゾーンまで。それ以下だと厳しいか。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、騎手

ムーアの2勝はいずれもスノーフェアリーに騎乗してのもの。ルメール、川田、蛯名、デムーロ・・・そして2着3回の岩田にも注目。それから・・・京都中長距離の鬼、武豊はここ10年一度も馬券圏内なし。福永もなし。戸崎もなし。うーむ。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、種牡馬

注目は何と言っても過去7頭の馬券圏内馬を輩出しているディープインパクト。今年もヴィブロス、ミッキークイーン、スマートレイアー、ジュールポレール、タッチングスピーチと5頭の有力馬がスタンバイ。

ディープインパクトに続いて注目がマンハッタンカフェ。ルージュバック、クイーンズリング、クインズミラーグロの3頭。ハーツクライ産駒のリスグラシューはまた2着?あと、キングカメハメハ産駒のトーセンビクトリー、マキシマムドパリの2頭は3着候補か?

京都2200らしく・・・「キレ」と「中距離適性」が重要ぽいね。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、間隔

4週(中3週)は、秋華賞組と府中牝馬S組。5~9週はそのほとんどがオールカマー組と京都大賞典組である。ミッキークイーンは4ヶ月半振りの実戦となるが・・・データでは斬り。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、脚質

差し馬が強いんだが、率で言えば、逃げ・先行も互角。ただ、京都2200を逃げ切るのは容易ではなく、馬券になった一頭は前述したクイーンスプマンテ。もう一頭はダイワスカーレットである。馬券的には、

差し→先行→差し

の決め打ちが面白そう。毎年このパターンだもんね。

 

■エリザベス女王杯2017データ分析、3着以内馬

さっきも書いたが脚質的には「差し→先行」あるいは「差し→差し」。上がり1位の差し馬は毎年のように馬券になっているぞ。と、同時に上がり4~5位の脚を使った先行馬も結構馬券になるので要注意である。

大穴馬の脚質は・・・「逃げ・先行馬」。このレースで穴を掬うには、去年のシングウィズジョイやクイーンスプマンテの如き馬を探さねばなるまい。あと、中穴なら「差し馬」やね。とにかくハマった時の瞬発力が欲しい。

 

ケツデータ論。

・秋華賞組、牡馬混同GⅡ組、府中牝馬S組。

・キレと中距離適正

・差し→先行→差し

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、思った通り人気薄になりそうな・・・クロコスミア!府中牝馬Sで、実際にヴィブロスを負かしたにも関わらず人気になりそうもない。確かにこのレースで「逃げ」脚質は辛いし、前走はハンデを2kg貰っていたからね。ココで人気を落とすのは分かるが、それでも狙いたい馬。鞍上和田は最近どんな馬でも持ってくるけんな。要注意だぜ~~~!

それから、もしかしたら鞍上デムーロでもう少し人気になるかもだがモズカッチャン。秋華賞の結果は競馬がハマったかどうかで、上位の実力差はそんなにないと思う。それからハービンジャー産駒は欧州系だけに「重馬場が得意」と思われがちであるが、実は「良馬場の方が成績が良い」タイプであり、この馬もオークスで好走したように軽い馬場での瞬発力勝負が得意なタイプなんだと思う。距離延長・京都替わりは大歓迎。そして叩き良化型・・・ここが狙い目。

そんで、爆穴に、デンコウアンジュ!前走惨敗・距離延長で人気急落となる今回がモッコリ角度160度の狙い目!確かにこの馬のベストは東京の1600~1800かもしれん。それは実績が示す通り。しかし、血統的には中距離も十分こなせるはずだし、実際オークスは非常に惜しい競馬だったのである(何度も言うが致命的な不利があった)。ハマれば鬼脚を使うのはアルテミスSやヴィクトリアマイルで示した通り。抱きしめてアンジュ、もう一度。

 

さて、

 

サイヤ人の襲来から地球を守れるか?

 

それとも今週もコテンパンか?

 

悟空といえば、なんとなく岩田(なんでやねん)。

 

岩田はディアドラか・・・むう。

 

調教チェック、予想印は後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

松山選手「大変楽しいプレーだった」 日米首脳に同伴

「なんでゴルフ?」と思う人もいるかもしれんが、ゴルフは「人間性」が如実に出るスポーツである。一度一緒に回ればその人がどんな人なのか大概分かってしまうのであり、信頼関係を深めるには最も最適なツールである。普通の友達は縁が切れればそれまでだが、ゴルフ友達は一生続くのだ。競馬もチョット似ているところがあって、ウマが合う競馬友達ってのは一生の友達になれるよね。

 

【モッコリ万馬券倶楽部】

一生楽しく競馬したい方歓迎~!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内