【天皇賞秋2018予想オッズ、データ分析】東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋。人気はスワーヴリチャード、レイデオロ。ワグネリアンは回避。さて、データ分析!内枠・外枠の有利不利は?脚質で有利なのは?騎手・馬体重・種牡馬・前走ローテ・上がり3Fは?スワーヴリチャードは買い?レイデオロは斬り?サングレーザー・マカヒキは?

 

ぬお。

 

ワグネリアン回避かー。

ダービー馬ワグネリアンが天皇賞・秋を回避

 

れ、レイデオロに不安?

【天皇賞・秋】レイデオロ追い切り中止 騎手下馬も…藤沢和師「異常なし」

 

しかし予定通り出走するようやね。

 

で、

 

スワーヴリチャードは休み明け。

馬券になる可能性は高いが2~3着のシーンは十分あり得る。

 

復活が期待されるマカヒキはGⅠだと4~5着が多い馬。

モレイラ人気になりそうなサングレーザーは元々マイラー。

 

これは・・・

 

何かが、起きる気がする。

 

 

大穴が、開くんじゃあないか?

 

と言ってるんだよジョジョオォォォ!

 

■天皇賞秋2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

URyyyyyyyyyyyy!

 

ディアドラはエリザベス女王杯じゃないの?

 

・・・だとすれば13頭立て。

 

いや、実質11頭立てか。

 

ちょっと寂しい頭数だが、

 

GⅠ馬・実力馬ズラリだからね。

 

こりゃ面白そうだわ。

 

データ分析行ってみよう!

 

■天皇賞秋2018データ分析、人気別成績

どひー!1番人気強えなこりゃ。2番人気は2~3着って感じで、3番人気・4番人気は酷い成績。そして何故か・・・5番人気が強い!あまり荒れるレースではなく、馬券のほとんどは7番人気以内。無謀な爆穴狙いより、5~7番人気を狙った方がいいかもね。

 

■天皇賞秋2018データ分析、枠番別成績

東京芝2000は2コーナーポケットからのスタート。基本的に内枠有利のコース。平均着順の所を見てもらえば一目瞭然で、このレースも内枠が優勢ですな。ラッキー枠は4枠。死に枠は3枠と8枠。ただ、両枠とも人気馬が入ってなかったぽいけどね。ま、それにしても8枠に入った人気馬はバッサリでいいかも。

 

■天皇賞秋2018データ分析、馬体重別成績

GⅠだけにやはりある程度の馬格は必要。460kg以下だとちょっと割引かな。馬体の増減だが・・・「今回馬体減」の方が優勢。一回使って絞れてきた馬が来るイメージ?

 

■天皇賞秋2018データ分析、騎手成績

武豊の2勝は昨年のキタサンブラックとウオッカ。今年はマカヒキに騎乗。恐るべしはミルコ・デムーロ(スワーヴリチャード騎乗)。5回騎乗して4回馬券になっとりますな。対照的にルメール(レイデオロ)は6回乗って3着が一回だけ・・・このコースが苦手ってわけじゃないけどな。他、短期免許の外人要注意。

 

■天皇賞秋2018データ分析、種牡馬成績

東京芝2000はディープインパクトが得意とする舞台のひとつ。天皇賞秋でも多くの産駒が馬券になっている。ただ、出走頭数の割には・・・って感じあるね。それはキングカメハメハも同じ。しかし、今年の天皇賞秋はほとんどがこの2頭の産駒・・・なんだかなあ。

 

■天皇賞秋2018データ分析、間隔別成績

一回使われた馬の方がちょっと有利っぽいが、休み明けでも全然OK。特に最近の一流馬は「天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念」みたいなローテが主流になりつつあり、天皇賞秋の前に一回使う馬は少なくなっている。ただし、6ヶ月以上の休み明けは割引。

 

■天皇賞秋2018データ分析、前走成績

注目前走は、毎日王冠(12頭)、宝塚記念(8頭)、札幌記念(3頭)。面白いのが・・・馬券になりそうで馬券にならないローテが沢山あること。京都大賞典から馬券になったのはラブリーデイ1頭だけだし、安田記念から馬券になったのはリアルスティール一頭だけ。そして・・・オールカマーはゼロ!レイデオロ、アルアイン、ダンビュライトにとってはヒジョーに吸乳鬼なデータ。

最重要ステップは毎日王冠。この上位組が強いかと思いきや、意外と毎日王冠で負けた馬の方が馬券に絡んでいるんだよね。宝塚記念は上位組もしくは大敗組。キタサンブラックなんかが惨敗組の典型例で巻き返し可能。札幌記念は1~2着条件。

【激アツローテ馬】
・キセキ(毎日王冠3着)
・ステファノス(毎日王冠4着)
・ミッキーロケット(宝塚記念1着)
・ヴィブロス(宝塚記念4着)
・サングレーザー(札幌記念1着)
・マカヒキ(札幌記念2着)

サングレーザーとマカヒキは人気になるっぽいが・・・他はかなり美味しいオッズになりそうな・・・うっしっし。

 

■天皇賞秋2018データ分析、脚質別成績

差し優勢。上がり1位馬がとんでもなく強いですな。前に行く馬もある程度鋭い脚が使えないとダメ。逃げ馬は辛い。

 

■天皇賞秋2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になっているのは、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ウオッカ、ダイワスカーレット・・・歴史に名を刻む名牝ばかり。

馬券パターンは「差し→先行」「差し→差し」「先行→差し」。先行馬が頭で来るのは、モーリスやラブリーデイといった強力な1番人気馬。

穴馬の脚質は、断然差し!

ジャスタウェイ、スピルバーグ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダン、カンパニー・・・中穴で1着になった馬はみんな差し馬。他、2~3着に突っ込んで来る穴馬もほとんどが差し馬だ。人気先行馬と穴の差し馬の組み合わせが吉。

 

■天皇賞秋2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東のGⅠだが、20/30で関西馬優勢。関東で要注意なのは堀厩舎(該当馬なし)と藤沢厩舎(レイデオロ)。関西も当然のように有名厩舎が強いんだが、池江厩舎(アルアイン)と藤原英厩舎(ステファノス)。

生産者を見るともうノーザンF社台Fの独壇場で。ほぼ毎年2頭以上が馬券になっており、馬券独占した年も4回ある。近年はノーザンFが優勢なのだが・・・今年も登録15頭中10頭がノーザンF生産馬。種牡馬を見るとディープキンカメ祭りだしよ・・・誰かなんとか言ってくれよ。

血統を見ると、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系ってのが圧倒的に多いですな。あとは母父ナスルーラ系か。ミスタープロスペクター系はイマイチンコだね。

 

ケツデータ論。

・内枠優勢!外枠不利!

・毎日王冠!宝塚記念!札幌記念!

・差し馬!

 

ワグネリアンが回避で、レイデオロに不安があるとなると・・・おそらくスワーヴリチャードに人気が集まる形になるんじゃないかと思う。一番人気鬼強なレースだし、鞍上はこのレース鬼のミルコだし、東京2000はベストの舞台だし、鉄砲実績もあるしね。パンツのシミをつつくなら「前走ローテ」「目標は先」って部分だろうけど・・・ちょっとこの馬を斬るのは勇気がいるね。

レイデオロは一週前調教で不安が発生。過去10年馬券なしのオールカマー組。あまり相性が良くないキングカメハメハ産駒。鞍上ルメールもこのレースと相性悪し・・・ということでバッサリ行くかな。

マカヒキサングレーザーは悩む所だなあ。激アツローテ馬だし、鞍上も強力・・・ただ、人気になるだろうしなあ。

 

しかし今回の出走馬は10番人気くらいまでそんなに力差はないと思う。

 

ミッキーロケットは宝塚記念フロックと思われてる?

キセキの復活あるかもよ?

ヴィブロスはベスト距離じゃね?

そして私が狙ってる穴馬は・・・?

 

そろそろ、

 

私も、

 

穴仮面を被る時が来たかもしれん。

 

 

(あんた、いっつも大穴狙いでしょーが!)

 

穴馬候補は来週ね。

 

楽しみだねーうっしっし!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

パンダの新規貸与要請へ 中国前向き、関係改善の証し?

中国はしたたかだなあ。こういう記事を朝日に書かせて関係改善だの日中友好だのとアピールしているわけだ。たしかに日中友好は好ましいことである。パンダにゃ1㍉の興味もないが、それで友好が深まるのなら安いものだと思う。しかし忘れてはいけない。つい数年前に起きた、日本の尖閣諸島国有化に伴って起きた反日暴動を。中国に進出している日系企業や日本車が大勢の暴徒に襲われたことを。中国は「尖閣諸島・沖縄は中国固有の領土である」と公言しているのである。今は米中戦争真っ只中だから日本に甘いだけ。笑顔の裏に何があるのか知っておかねばならない。

 

 

【富士ステークス2018データ分析】東京芝1600mで行われる別定GⅢ富士S。エアスピネル、ペルシアンナイト、ジャンダルムが人気になりそうだが、データ分析ではいかに?枠の有利不利は?脚質は先行?差し?騎手・斤量・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はヤングマンパワー、ウインガニオン、デンコウアンジュ!

 

ぬう・・・。

 

これはさすがに・・・

 

一流牡馬相手は辛いか・・・

 

■富士S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

しかしエアスピネルもペルシアンナイトも休み明け。

 

特にエアスピネルは頓挫明け。

 

ペルシアンナイトは叩き良化タイプ。

 

なんとかなるかもしれんな・・・

 

ま、どんな相手だろうと、

買う馬は決まっているけどな(笑)。

 

 

どこにも、行かない。

 

■富士S2018データ分析、人気別成績

お?1番人気弱いですな。かといって2~3番人気が強いわけでもなく。1着は6番人気以内で大荒れはないんだが、2~3着は結構かなり荒れるイメージだよまどか。

 

■富士S2018データ分析、枠番別成績

概ねフラット。ただし1枠は割引?相当弱いね。

 

■富士S2018データ分析、馬体重別成績

459kg以下だと割引か。で、面白いのが増減。馬体減の馬の方が圧倒的に頭で来るわけ。休み明けの馬は2~3着が多いってことか?

 

■富士S2018データ分析、斤量別成績

別定戦だが一応見ておく。58kg以上はGⅠ馬やGⅡ勝ち馬となるわけだが、その割にはイマイチの成績?ペルシアンナイト59kg、ウインブライト58kg。あれ?ウインブライトはなんでココに?秋天路線じゃねえの?

 

■富士S2018データ分析、騎手成績

お、戸崎注意報!以下、田中勝・内田・蛯名・・・関東の上位ジョッキーが強いですな。あとルメールは連対率100%だって。

 

■富士S2018データ分析、種牡馬成績

東京マイルだけにディープインパクトが強いですな。キングカメハメハの勝ち星は去年のエアスピネルでのもの。

 

■富士S2018データ分析、間隔別成績

休み明けでも走れる。6ヶ月以上の長期明けでも大丈夫。ただ、使って来た馬の方が若干優勢か。

 

■富士S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・安田記念(4頭)、京成杯AH(5頭)、ポートアイランドS(3頭)・・・後はバラバラ。距離延長の馬は2頭だけ。ほとんどが1600~2200mからの臨戦。3歳馬も結構活躍しているね。着順は不問。惨敗からの巻き返しも可能。

【激熱ローテ馬】
・ペルシアンナイト(安田記念6着)
・ワントゥワン(京成杯AH2着)
・ロジクライ(京成杯AH3着)
・ゴールドサーベラス(京成杯AH5着)
・ストーミーシー(京成杯AH7着)
・ヤングマンパワー(京成杯AH8着)
・ヒーズインラブ(京成杯AH9着)
・ウインガニオン(京成杯AH10着)
・デンコウアンジュ(ポートアイランドS5着)

あとは前走GⅠの休み明け馬。

 

■富士S2018データ分析、脚質別成績

東京マイルは「差し有利」と言われたのも今は昔。現代では前後互角である。前目の馬も相当残ると思っておいて間違いない。ただし、このレースにおいては、逃げ馬は過去10年馬券になっていない。

ご覧の通り、他のレースに比べて上がり1位がイマイチだよね。上がり1位を繰り出しても3着まで・・・みたいなケースが多いってこと。そして上がり6位以下の馬がかなり馬券になっている。

 

■富士S2018データ分析、位置取り・上がり3F

う・・・59kgで馬券になった馬は一頭もいないじゃんね。ペルシアンナイト大丈夫か?牝馬で馬券になったのは1頭のみ。通過順を見ると・・・年によって「前残り」「差し決着」という感じで極端な結果になることが多いね。馬券パターンとしては、「先行→先行」「差し→差し」「差し→先行」。この3パターン。展開決め打ちで行くかな。

当然、差し決着の時は上がり上位馬が来るわけだが、前残りの場合は上がり下位の馬も馬券になるぜ~。

穴馬の脚質は・・・先行、差し

年によっては、大穴が2頭突っ込んで来ててね。その場合、同じ脚質の穴馬が来てるわけ。人気サイド→大穴→大穴(同じ脚質)って買い方が面白いかも。

 

■富士S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東の重賞であるが、東西互角。東京マイルだし・・・社台系が強いですなあ。血統もサンデーサイレンスの血が入ってないとどうしようもない感じ。ノーザンダンサー系の血が入ってるとプラス。

 

ケツデータ論。

・サンデーサイレンス系+ノーザンダンサー系

・休み明けOK、ただし使って来た馬優勢。

・前残りor差し決着

 

簡単に穴馬候補を挙げておこう。まず、狙いたいのが京成杯AH惨敗組である。このレースは1着から10着までわずか3馬身差かそこらの僅差。しかもハンデ戦だったわけでね。実際の実力差はそんなにない!のである。

まずもってガチで狙っているのが2年前の当レース勝ち馬ヤングマンパワーである。ノーザンダンサー系×サンデーサイレンス。このところ不甲斐ないレースが続いており、もしかしたら年齢的な衰えがあるのかもしれない。しかし、重賞3勝、超ハイレベルだった昨年の毎日王冠も5着・・・と実績はココでもトップクラス。今回、57kg→56kg。左回りのマイル戦がベスト。展開・馬場の助けがあればスタコラサッサあるかもよ!

次に、同じく京成杯AH惨敗組で57kg→56kgのウインガニオン。ステイゴールド×ノーザンダンサー系。馬柱だけ見てたら全く買えないわけだが、良く見りゃ今年の安田記念7着。逃げて、最後はバテたが、リスグラシュー、レッドファルクスといった馬と同じような着順であり、56kgならココでも十分やれるのではないか?今回「100%逃げるマルターズアポジー」がいるからね。番手で競馬出来そうなのもプラス。

そして・・・愛するデンコウアンジュ。「いやいや、それはないわ!」という言葉を何度も裏切って来た馬である。今思えば・・・府中牝馬SではなくポートアイランドSに出走したのはこの富士Sに出走するためであろう。ご存知の通り、この馬のベストは東京マイル。牡馬相手が不安って方もいると思うが、今年の東京新聞杯では僅差4着だからね?叩き良化型だし、間隔が詰まった方がむしろいいタイプ。差し穴はこの馬だ。

 

以下、クルーガー、ハクサンルドルフ、ヒーズインラブ、マルターズアポジーあたりも気になりますな。調教次第。

 

ペルシアンナイトは休み明けで59kg・・・おそらくマイルCS→香港マイルが本線だろうし、ココは昨年同様割り切って使って来ると思うんだよね。買うとしてもヒモ扱いまでか。エアスピネルは調教見て判断するが・・・別定とはいえ57kgズルい(笑)。

 

結論は土曜日。

 

楽しみやね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

い、いや、それとこれとは・・・(ごにょごにょ)

 

 

【菊花賞2018予想オッズ・データ分析】京都芝3000mで行われるクラシック3冠最終戦GⅠ菊花賞。1番人気はブラストワンピースとなりそうだが、データ分析では異ローテの馬は来ない?枠順、脚質は?騎手・種牡馬・馬体重・激アツローテ馬は?データからはエタリオウが満点。メイショウテッコン、エポカドーロ、ジェネラーレウーノは?

 

今年の菊花賞は・・・

 

ダービー馬不在。

 

1番人気はブラストワンピースになる模様。

 

■菊花賞2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ワグネリアンは天皇賞秋に向かうんだって。

 

もちろんそれはそれで面白いのだが、

 

個人的には、菊花賞に出て欲しかったなあ。

 

ブラストワンピースとの勝負付け・・・

 

まだ済んでないんちゃうの?

 

で、

 

ブラストワンピースの1番人気は分かるんだが、

 

エタリオウの評価がうなぎ登り。

 

netkeibaの予想オッズだと・・・

ブラストワンピースに迫る勢いである。

 

うーむ・・・この馬、将来、

 

「最強の1勝馬」

 

 

とか言われそうな気もするんだが(笑)、

ダービーの時の脚も凄かったし、

京都3000はめちゃくちゃ合いそうだしなあ。

 

しかし、

 

他にも面白そうな馬いまっせ~~~!

 

取り敢えずデータ見てみよ。

 

■菊花賞2018データ分析、人気別成績

うひー・・・1番人気強えなぁおい。で、2~4番人気がゲロゲロ。相当弱い。頭は、1番人気or5~8番人気くらいの中穴がオススメ。そんで2~3着は結構荒れる傾向なんで・・・1番人気→穴→穴とか、中穴→穴→大穴とかが面白いね。とにかく1番人気以外は信頼出来ないレース。

 

■菊花賞2018データ分析、枠番別成績

これまた極端だなあ・・・1~2枠の成績がかなり良いね。でも外枠が悪いってわけじゃなく、7枠はかなり馬券になってるね。死に枠は4枠。

 

■菊花賞2018データ分析、馬体重別成績

480kg以上欲しいところ。439kg以下は割引か。馬体の増減は、馬体増の馬の方が優勢。10kg以上の増減があった馬は壊滅。

 

■菊花賞2018データ分析、騎手成績

内田は騎乗予定なし。関西の上位騎手が強いですな。特に福永注意。あと穴を持ってくる藤岡佑にも注意。

 

ちなみにこれは・・・京都芝の騎手成績(過去5年)。

注目して頂きたいのはミルコ、ルメールの成績。この2人の全体の複勝率は55%前後。これが京都芝だと47%前後に落ちており、川田や福永などとそこまで大きな差はないことが分かると思う。あ、この話は、今回の菊花賞でミルコやルメールが来るとか来ないとかいう話じゃないからね?彼らにも得意なコースと苦手なコースがあるってこと。

ちなみに、こういった騎手データやコースデータは、モッコリ万馬券倶楽部で随時アップされているぞ!(宣伝)

 

■菊花賞2018データ分析、種牡馬成績

菊花賞と相性が良いのはステイゴールド。それからディープインパクト。しかし、この2頭とも出走数の割には・・・という感じもある。キングカメハメハ、ハーツクライ、マンハッタンカフェといった中長距離型の上位種牡馬もイマイチだし、スペシャルウィークもダンスインザダークも最近は産駒少ないし、今後は傾向が変わって来るかもね。

 

■菊花賞2018データ分析、間隔別成績

休み明けは全滅。馬券の大半は4週(中3週)。これは神戸新聞杯だね。

 

■菊花賞2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・神戸新聞杯(19頭)、セントライト記念(5頭)、1000万条件(5頭)。例外は札幌記念3着からの臨戦だったレインボーラインのみ。ブラストワンピースは今回新潟記念からの臨戦になるが・・・このデータを破れるか?

神戸新聞杯組はその大半が1~3着。セントライト記念は1~2着まで。1000万条件は1着条件。1600万条件は過去データの例が少ないだけで、好走馬は当然激アツ。

【激アツローテ馬】
・エタリオウ(神戸新聞杯2着)
・メイショウテッコン(神戸新聞杯3着)
・ジェネラーレウーノ(セントライト記念1着)
・アフリカンゴールド(1000万1着)
・カフジバンガード(1000万1着)
・グロンディオーズ(1000万1着)
・ユーキャンスマイル(1000万1着)
・グリーリーヴェイズ(1600万1着)
・シャルドネゴールド(1600万2着)

過去に穴を開けているのは、トライアル惨敗組よりむしろ1000万条件組である。ま、そのほとんどは3着だけど・・・上記6頭には要注意だぞ!

 

■菊花賞2018データ分析、脚質別成績

このデータはちょっとアテにならん。何故かというとJRAのデータでは「道中ポジションを上げた馬」が先行勢に入ることが多いからだ(つまり、実際はマクって行った馬が先行に入ってしまう)。菊花賞はそういうレースをした馬が馬券になりやすいからね。

 

■菊花賞2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、3コーナーから4コーナーに掛けてポジションを上げる馬多数。菊花賞は3000mをこなすスタミナと、ロングスパート出来る持久力が必要なレース(上がりは34.5~35.5秒くらいをイメージ)。ま、ドスローの瞬発力勝負になることもあるけど、それでも33秒台の決着にはならない。

馬券パターンとしては、「マクリ→差し」「差し→マクリ」「差し→差し」という差し決着が多く、前が残る場合も「先行→差し」という感じで、前残り決着にはならない!と思っておいていい。想像以上に「差し」「マクリ」が強い。

 

ただし!

 

穴馬の脚質は・・・先行!

 

であることが多い!ポポカテペトル、ゴールドアクター、バンデ、ビートブラック、スリーロールスあたりは前項の「前走1000万条件」とも合致するぞ!前走条件戦の先行馬には要注意!

 

■菊花賞2018データ分析、厩舎・生産者・血統

うえっ!関東馬は3着が1回だけかいっ!圧倒的に関西馬が強いね。ブラストワンピーづ、ジェネラーレウーノあたりには不吉なデータ。調教師欄は有名厩舎がズラリ。生産者を見ると・・・意外と社台以外も健闘しているね。長距離戦だからかな?血統的にはもうサンデーサイレンスの血が入ってないとどうしようもない感じ。

 

ケツデータ論。

・内枠(1~2枠)

・神戸新聞杯、セントライト記念、1000万条件

・差し、マクリ強し!ただし穴は先行!

 

データ的には、エタリオウがほぼ完璧ですな。脚質的にも買い。ただ、届くかどうか・・・ね。メイショウテッコンもいいんだけど脚質が気になるなあ(逃げ馬はほぼ全滅)。エポカドーロはダービーでハナに行ったが、メイショウテッコンが行くなら2番手の競馬が出来そうで巻き返し必至。ジェネラーレウーノは個人的に長距離バッチ来いのスタミナモンスターだと思っているんだが・・・鬼門の関東馬。

 

一番の問題はブラストワンピースの取捨ですな。古馬相手の新潟記念を楽勝してみせたが、なんせ異例中の異例ローテ(使うと疲れが出やすく、間隔を開けないと使えないらしい)。穴党としてはヒジョーに買いにくいが、世代トップクラスの馬なのは間違いない。ダービーは直線の不利がなければ・・・というレースだったしなあ。どうすべか・・・

 

 

という感じでブラストワンピースを信じるのも一つ。

 

穴馬候補は沢山いるけど、

 

今日はココまで。

 

次回お楽しみに。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

阪神金本監督が辞任 今季最下位 今日にも発表

チームの成績の責任は監督が負うべきである。ただ、今季のタイガースは投打ともにあまりにも酷い戦力だったと思う。けが人も多かったし、去年活躍した若手もイマイチだったし、助っ人外人もダメダメだったし。監督替えて変わるもんなら替えるのもいいが・・・さて誰にする?矢野?片岡?藪?・・・思い切って新庄!それはないか(笑)。

 

 

 

【京都大賞典2018予想オッズ、データ分析】京都芝2400mで行われる別定GⅡ京都大賞典。シュヴァルグランとサトノダイヤモンドが激突するが割って入る穴馬はいるのか?データ分析では、内枠有利?脚質は先行?差し?馬体重、騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はスマートレイアー!ウインテンダネス!パフォーマプロミスにも注意。

 

むふぅ・・・

 

早くも、

 

サトノダイヤモンドとシュヴァルグランが激突っ!

 

この2頭、昨年の阪神大賞典で1着、2着。

春の天皇賞では3着、2着と対戦成績は五分。

 

ただ、サトノダイヤモンドは

ここの所結果を出していないから、

人気はシュヴァルグランになるんだろうね。

 

この2頭の、

 

一騎打ち!

 

・・・っぽいオッズになりそうだが・・・

 

2頭とも飛んで・・・

 

意外な組み合わせの馬

 

が来ちゃうかもしんないよ~~~!

 

 

いやいや!それはないわっ!

 

って馬がドンブラコッコと来ちゃったりするのが競馬。

 

当然、いつも通り大穴狙いで逝くぜ!

 

(カップラーメンにプリンはナイけど。笑)

 

■京都大賞典2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

あれ?GⅠ2勝のサトノダイヤモンドが57kg?

 

京都大賞典の別定重量はどうなってんだっけ?

GⅠ馬2kg増、GⅡ馬1kg増じゃなかったっけ?

 

JRAはちゃんと説明する義務があると思うんだけど、

どこに書いてあるんだよまったく・・・。

 

あれ?

 

サトノダイヤモンドは川田?

 

ルメールは???

 

あ、南部杯のゴールドドリームに乗るんか。

 

これはどういうことだ???

 

ルメール陣営がサトノダイヤモンド蹴ったのか?

 

なんか大人の事情があるのか?

 

 

世の中、大人の事情と大人の情事で成り立っているのか?

 

ま、いいや。

 

サトノダイヤモンド買う気ねえし(ええ?)。

 

データ見てみるべえ。

 

■京都大賞典2018データ分析、人気別成績

人気サイド強し!しかし2着は結構荒れますなあ。4~7番人気あたりのが狙い目か?

 

■京都大賞典2018データ分析、枠番別成績

1~2枠の馬券率・回収率スゴイな。穴を狙うなら内枠か。

 

■京都大賞典2018データ分析、馬体重別成績

やはりある程度馬格は必要ですな。460kgは最低でも欲しいところ。休み明けの馬が多いわけだが・・・馬体増の方が優勢。

 

■京都大賞典2018データ分析、斤量別成績

別定戦であるが、斤量も見ておこう。GⅠ勝ちがある58kgは複勝率5割以上。相当強いね。かなり人気になるけど。あと、牝馬はやっぱり不利かなあ。

 

■京都大賞典2018データ分析、騎手成績

武豊注意!しかし今週はフランスだったね。あとは池添、川田、内田、岩田、浜中あたりにも注意。ちなみに、池江厩舎×川田はモッコリタッグぞな。

 

■京都大賞典2018データ分析、種牡馬成績

キングカメハメハはこのレースと相性いいんやね。ディープインパクトはどうなんだろう・・・微妙だなあ。スローの切れ勝負だとドントコイなんだろうけどこのレースはイマイチぽいんだよなあ。ハーツクライはこの舞台合うんだけどね。このレースは3着まで(シュヴァルグラン自身、去年3着)。ステイゴールドは相性悪し。そう言えば、断然人気(1.2倍)を背負ったゴールドシップが5着に負けたこともあるな。

ちなみにジャングルポケットの成績は、ほぼほぼオウケンブルースリの成績である(笑)。そう言えば最近ジャンポケは大物だしてねえし・・・このままだとトニービンの系譜がなくなってしまうなあ。

 

■京都大賞典2018データ分析、間隔別成績

休み明けOK。ただ、使ってきた馬も結構馬券になっているね。これはちょっと毎日王冠とは違うポイントかも。

 

■京都大賞典2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・宝塚記念(9頭)、天皇賞春(5頭)、新潟記念(3頭)。宝塚記念・天皇賞春組は着順不問。2桁着順からの巻き返しも有り。新潟記念も着順不問だけど今年は該当馬なし。・・・前走好走している馬少ねえ(笑)。

【激アツローテ馬】
・アルバート(宝塚記念13着)
・サトノダイヤモンド(宝塚記念6着)
・スマートレイアー(宝塚記念10着)
・パフォーマプロミス(宝塚記念9着)
・シュヴァルグラン(天皇賞春2着)

宝塚記念惨敗組に注意!

 

■京都大賞典2018データ分析、脚質別成績

逃げ馬は全滅。先行型が馬券になりやすいが、頭で狙いたいのは差し・追い込み型。このレース・・・スローからの究極の上がり勝負になりやすく(大概33秒台)、鋭い差し脚を持った馬が狙い目。

 

■京都大賞典2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になったのはわずか3頭。33秒台の末脚が使えるのはもう必須条件。京都巧者を狙うべきで、リピーターには要注意(スマートレイアー、シュヴァルグラン)。馬券パターン的には「差し→差し」「先行→先行」といった偏った感じになりやすい。展開決め打ちで馬券を買うのをオススメする。

穴馬の脚質は、差し!中穴なら先行。

 

■京都大賞典2018データ分析、厩舎・生産者・血統

29/30で圧倒的に関西馬優勢。アルバートは堀厩舎+モレイラで人気になると思うが・・・このデータからは買いにくいね。一線級が出走してくるGだけに社台系がかなり強いですな。血統的にはサンデーサイレンス系主要種牡馬とキングカメハメハ。サンデーサイレンスの血は必須。母系は意外と重いタイプが多い。

 

ケツデータ論。

・内枠優勢。

・宝塚記念組or天皇賞春組。

・速い上がりを使える差し・追い込み馬!

 

穴馬候補を挙げておく。まず、ガチンコで狙いたいのが昨年の勝ち馬スマートレイアー。それからずっと馬券になっていないわけだが・・・出走したのは全てGⅠだし、大きく負けているわけではないし、宝塚記念は不利があったし、条件さえあえば十分好走可能だと思う!そしてこの馬が京都巧者なのは皆も知っている通り!実際に去年のこのレースで、シュヴァルグランを負かしているからね。いまだに、あの時好きだった娘が忘れられない。そんな気持ち。

そして、これまたマジで狙っているのがウインテンダネス。この馬、2走前の緑風Sの時に本格化した!と見ていてね。この時、東京2400mを2:22.9で逃げ切っているのである(ちなみにダービーのタイムが2:23.6)。まあ、時計が出やすい馬場だったのは否めないし、当時54kgではあったが、秘めたる能力はかなり高いんじゃないかと思っているのだ。京都適性は不明であるが・・・上昇度という点ではこの馬が一番なんじゃないかと思うのである。トニービン系カンパニー産駒最初の重賞勝ち馬。内枠引きたいなあ・・・。

 

人気どころでは当然シュヴァルグランは押さえなあかんだろう。

 

パフォーマプロミスも京都巧者で怖い一頭。

 

サトノダイヤモンドが来たら・・・

 

 

焼きそばにプリン入れて食ったらぁ!

(ぐちゃぐちゃに混ぜて食べろよ!)

 

結論は月曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ザギトワ、愛犬・マサルにメロメロ

マサルになりたい。

 

 

 

【毎日王冠2018予想・データ分析】東京芝1800mで行われる別定GⅡ毎日王冠。天皇賞秋の重要ステップ。人気はアエロリット、サトノアーサーになりそうだが、データ分析では、差し有利?枠順は?馬体重・騎手・種牡馬は?前走ローテは?穴馬候補は、ステファノス、サウンズオブアース、カツジ、スズカデヴィアス、サンマルティン。

 

今週から東京、京都開催ですな。

 

そして今週末は3日間開催

 

競馬ファンにとっては嬉しい限りであるが、

 

また台風が来てるんだよね。

 

 

この台風、衛星画像で見ると超デカイからね。

 

進路によっては週末大雨になるかもしれん。

 

さて、毎日王冠見てみよう。

 

■毎日王冠2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は安田記念2着のアエロリット。

鞍上モレイラの人気もプラスされるだろうねえ。

 

2番人気はサトノアーサーか。

この馬は東京1800~2000がベストっぽいね。

 

3番人気は3歳馬のステルヴィオ。

ロードカナロア産駒だし、この馬の距離適性は1600前後ぽい。

距離短縮で人気になりそうやね。

 

ケイアイノーテックはもうちょい人気になると思うけどなあ。

どうなんだろ。

 

しかし・・・キセキはなんで毎日王冠なん?

京都大賞典の方が良くね?

 

ま、堅いイメージがあるスーパーGⅡだが、

 

今年はくっきーの匂いがするなあ。

 

 

ええと、6:30。

 

11:00もオススメ。

 

じゃなかった(笑)、

 

データ見てみろい。

 

■毎日王冠2018データ分析、人気別成績

お?確かに1着は人気サイドが強いんだが、2~3着は意外と荒れるレースだね。特に3着は大半が人気薄。3連系で2~3着ヒモ荒れを狙うのも面白いかもしれない。

 

■毎日王冠2018データ分析、枠番別成績

東京芝1800はコース形態的に(スタートしてすぐ2コーナー)内が有利なわけだが、過去データからはあまり気にしなくて良さそうですな。4枠と6枠の馬券率が高い。

 

■毎日王冠2018データ分析、馬体重別成績

やはりある程度の馬格は必要で。460kg以下だとちょっと割引が必要か。このレース、大半の馬が休み明けとなるわけだが、馬体増の方が圧倒的に良いね。

 

■毎日王冠2018データ分析、斤量別成績

別定戦だが、分布を見ておくとタメになる。53.5~55.0kgのゾーンは大概3歳牡馬+牝馬。57.5kg~59.0kgのゾーンはGⅠ勝ちがある古馬牡馬。キセキは今回58kgだが、データ的には買いか。

 

■毎日王冠2018データ分析、騎手成績

福永(ステファノス)は怪我明けだが、昨日の船橋で行われた日本テレビ杯を圧勝している。要注意。武豊は・・・六本木・・・じゃなくてフランスか。

 

■毎日王冠2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクト無双。ただ、出走数からして段違いに多く、勝ちきれるか?と言えばそうでもないんだよね。2~3着狙いの方がいいかもしんない。意外な種牡馬の名前も結構あるねー。キングカメハメハはちょっと相性悪いかも。母父にも名前がない。

 

■毎日王冠2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬がほとんど。

 

■毎日王冠2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・安田記念(6頭)、宝塚記念(4頭)、エプソムC(5頭)、あとはダービー(2頭)、NHKマイルC(2頭)、札幌記念(2頭)。GⅠ組はいずれも着順不問。エプソムCは1着条件。穴を開けるのは前走惨敗組

【激アツローテ馬】
・アエロリット(安田記念2着)
・ステファノス(宝塚記念7着)
・キセキ(宝塚記念8着)
・サトノアーサー(エプソムC1着)
・ステルヴィオ(ダービー8着)
・ケイアイノーテック(NHKマイルC1着)
・カツジ(NHKマイルC8着)
・サウンズオブアース(札幌記念4着)

この中で人気薄になりそうなのは、ステファノス、カツジ、サウンズオブアース!ひゃっはー!

 

■毎日王冠2018データ分析、脚質別成績

コース的に差し・追い込みが優勢なのは間違いないんだが、前も相当残るけんな!特に逃げ馬には要注意!過去10年で5頭が馬券になっているぞ!

 

■毎日王冠2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬が馬券になったのは過去3頭のみ。ウオッカでさえ連続2着なんやね。3歳で馬券になったのは過去5頭。3歳馬ワンツーの年が2回。なんかまとめて来る傾向にあるな。

馬券パターンはちょっとバラバラだねえ。この2年は「差し→差し」決着。あと「先行→逃げ」が多いね。さっき逃げ馬注意って書いたが、そのうち2回はウオッカでちた。

穴馬の脚質は・・・追い込み、逃げ

 

■毎日王冠2018データ分析、厩舎・生産者・血統

関東の重賞だが、19/30で関西馬優勢。有名厩舎ズラリだね。ノーザンFと社台Fが圧倒的に強く、ここ3年はディープインパクト祭り。ディープインパクトとストームキャットのニックスは有名だが、昨年はそのワンツー。エイシンヒカリも同配合。血統的にはサトノアーサー、ステファノス、カツジあたり面白そうだけどね。

 

ケツデータ論。

・2~3着ヒモ荒れ狙い。

・前走惨敗組が穴を開ける。

・逃げ、追い込み。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、全力で狙いたいのがステファノス。2015年の天皇賞秋2着、2016年は3着、2017年の大阪杯で2着。GⅠ級の能力があるのは誰しも認めるところ。東京は大得意。しかし、7歳という年齢。最近は惨敗続き。そして叩き良化型・・・ってわけで人気がないわけだが、だからこそ狙いたいね。ま、ここで惨敗しても・・・秋天で狙う。

 

次に、同じく7歳のサウンズオズアース。この馬も、菊花賞・有馬記念・ジャパンカップという大舞台で2着がある実力馬。昨年以降馬券に絡んでいないが・・・前走の札幌記念は0.1秒差の4着。まだまだ元気だぞ!東京1800は未知だが、距離短縮が吉と出るかもしれず決して侮れない一頭だと思う。思いっきり脚を溜めてからの大外強襲を期待したい。

 

それから、3歳馬からカツジ。東京1800適性は分からんが、ニュージーランドTではケイアイノーテックを負かしており、実力的にそう変わらんのじゃないかと思うわけ。5番の馬に注目。

ね。ハマった時の破壊力はケイアイノーテックと五分。夏の成長次第で逆転もあるんじゃないかと。1kg軽い55kgだしね。ま、3歳が古馬一線級に通じるかどうかは走ってみらんとわからんけどな。

 

最後に、どうにも気になるスズカデヴィアス。前走の大敗は実力意外の何かだったんじゃないかなあ・・・。洋芝が苦手とか?ま、とにかく左回りの軽い馬場が得意なのは間違いなく、東京コースは【1.1.1.2】。軽い馬場での瞬発力勝負なら一発あるかもよ。

3走前の新潟大賞典。内枠引いて内で脚を溜められれば・・・弾けるかも?

 

あ、もう一頭、上がり勝負になった時のサンマルティンを挙げておく。2走前の都大路Sでは鮮やかなレースでエアアンセム以下に圧勝しているからね。2番に注目。

展開に注文は付くが・・・非常に面白い一頭。

 

あとはやっぱデキ次第だよねー。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

牙を剥いた中国艦、アメリカ駆逐艦に突進

南シナ海はいつの間にか中国領海となったようだねえ。

 

 

【シリウスS2018予想オッズ・データ分析】阪神ダート2000mで行われるハンデGⅢシリウスS。今年はグレイトパール、サンライズソアが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く!データ分析では、内枠有利?外枠優勢?先行が強いが穴は差し?ハンデ・馬体重・騎手・種牡馬は?穴馬候補はコパノチャーリー、タガノディグオ、ラインルーフ。

 

また、台風が来ているみたいですな。

 

予報によると・・・

週末に掛けて上陸する恐れがあるとのことで。

 

土日は日本全国で雨予報。

 

ま、現時点ではどうなるか分からんが、

 

道悪も想定して予想しておいた方がいいかもね。

 

さて、シリウスS。

 

■シリウスS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気はグレイトパール。

 

まだダートでは一度しか負けてない馬で。

約11ヶ月振りだった前々走のアンタレスSでもミツバ相手に完勝。

現在のダート戦線で上位の力があるのは間違いない。

 

ただ、前走の負け方が気になるのも事実。

ここは叩き台で、本番は先なのも間違いない。

 

ここは、

 

 

斬って用いるべし!

 

ですな。

 

来たら素直に、

 

アイムアルーザー。

 

 

データ見てみよ。

 

■シリウスS2018データ分析、人気別成績

1番人気の強さはまあまあ。つか上位人気強いね。5番人気以内で馬券の8割を占める。二桁人気馬が来ることも殆ど無い。上位人気の組み合わせ、あるいは中穴狙いが吉。

 

■シリウスS2018データ分析、枠番別成績

勝ち馬は内枠、2着馬は外枠、3着馬は満遍なく・・・といった感じだね。7枠の馬券率が異常に高い。

 

■シリウスS2018データ分析、ハンデ別成績

ダート重賞だけに馬格は必要。最低でも460kg。出来れば500kg以上欲しい。増減で言うと、増やしてきた馬が優勢。

 

■シリウスS2018データ分析、馬体重別成績

おお???これはなかなか面白いね。57.5kg以上の重ハンデ馬は確かに強いんだが、勝ちきれていない印象。むしろ53.5~55kgのゾーンの方が面白いね。55.5~57kgのゾーンも安定している。53kg以下の軽ハンデ馬は厳しいか?

・グレイトパール(57.5kg)
・サンライズソア(57.5kg)
・オメガパヒューム(53kg)

人気必死の2頭は・・・2~3着付けも面白いかも。

 

■シリウスS2018データ分析、騎手成績

幸・小牧・和田・・・と阪神ダートで強い騎手には要注意。

 

■シリウスS2018データ分析、種牡馬成績

キングカメハメハ強いなあ・・・。アグネスデジタルウォーエンブレムにも注意。あとはゼンノロブロイネオユニヴァースといったサンデーサイレンスのパワー系。ゴールドアリュールは出走頭数の割に馬券にならず。ちょっと距離が長いのかな?

・キングカメハメハ(グレイトパール)
・アグネスデジタル(カゼノコ、コパノチャーリー)
・ネオユニヴァース(ウェスタールンド)

 

■シリウスS2018データ分析、間隔別成績

休み明けでも馬券になるが・・・使って来た馬の方が優勢ですな。

 

■シリウスS2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・エルムS(4頭)、平安S(4頭)、オークランドRCT(5頭)・・・主要なレースはなく、バラバラですな。激アツローテはオークランドRCTなんだが今年は出走なし。休み明けなら平安Sがいいですな。前走重賞だと7着以内、前走オープン特別なら1着条件。去年のメイショウスミトモは例外か(笑)。

 

■シリウスS2018データ分析、脚質別成績

先行の馬券率が半端ないですな。穴を開けるのは差し。先行チョイ差しが理想。上がり上位馬はかなり強い。

 

■シリウスS2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になったのは1頭のみ。年齢は6歳までか。3歳馬はたまに来るんで油断せんほうがいい。57.5kg以上で勝ったのはクリノスターオーのみ。馬券パターンは「先行→先行」「差し→先行」「先行→差し」

穴馬の脚質は、差し。

強い先行馬がいるんなら素直に馬券に入れておいた方がいいかも。

 

■シリウスS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

28/30で関西馬優勢。関東馬はコスモカナディアンのみ。ノーザンFの馬が毎年のように馬券になるが最近は勝ちきれていない印象。ピオネロ、ナムラビクター、ヤマニンキングリー、キングスエンブレム、ダークメッセージ・・・2年連続で馬券になる馬多数。リピーター注意。血統的にはミスタープロスペクター系が強いね。

 

ケツデータ論。

・54~57kgが狙い目。

・使ってきた馬が優勢。

・先行馬が強いが、穴は差し。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、前走オープン特別1着+アグネスデジタル+56kgのコパノチャーリー。重賞実績なく、力劣るかもしれんが、全く人気なさそうだし面白いと思うねー。それから準オープン1着+幸+55kgのタガノディグオ。前走はトップハンデを背負っての圧勝で、多分今回も前に行くだろうし、デキ次第で一発あるかもよ?

3歳でオープン特別を勝ったヒラボクラターシュも53kgなら相当面白いね。馬場が悪くなれば後方から突っ込んできそうなメイショウウタゲ。距離は問題ないぜ!

そして最後に、前走8馬身差の圧勝だったラインルーフ。実力が伯仲するオープン特別でこの着差は滅多に見られないよね。この時負かしたのはコパノチャーリー、ローズプリンスダム。タイムもスゴイ。人気にならないといいんだが・・・

 

というわけでね。

 

データでは堅い重賞であるが、

 

今年も堅いとは限らないっ!

 

未来は僕等の手の中~♪

 

結論は土曜日!

 

データからは狙いにくいんだが・・・爆穴にコスモカナディアン(笑)

 

【浅次郎のひとりごと】

広島・新井「二次会は黒田さんの家でやります!」ビールかけで中締め

今年も広島強かったなあ。。。大した補強もせず、育て上げた選手を使っての三連覇。巨人も阪神も見習ってほしいわ。

 

 

【オールカマー2018予想オッズ・データ分析】中山芝2200mで行われる別定GⅡオールカマー。人気はレイデオロ・アルアイン・ダンビュライトあたりか。データ分析では・・・枠は外枠が有利?騎手・馬体重・種牡馬は?前走ローテは?穴馬候補はゴールドアクター、ショウナンバッハ、マイネルミラノ、エアアンセム、ミライヘノツバサ。

 

オールカマーってレースはさ。

 

文字通り、

 

「どんな馬でもカモン!」

 

って意味であって、

 

元々「地方競馬招待競争」なんだけどね。

 

しかし地方馬が出走することは・・・

 

ほとんどない。

 

■オールカマー2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

レイデオロが1番人気で確定でしょうな。

 

しかし海外帰り+半年の休み明け。

 

そして中山2200というトリッキーなコース。

(京都大賞典の方がいいんじゃね?)

 

能力がトップクラスなのは重々承知だが、

 

不安がある1番人気は・・・

斬って用いるべし!

(浅次郎競馬7か条其の6)

 

 

である。

 

来たら、

 

「親父にもぶたれた事ないのに!」

 

と叫んでスネればよろしい。

 

データ分析行こう。

 

■オールカマー2018データ分析、人気別成績

むーん。神戸新聞杯ほどではないが、これまた1番人気強えなあ。2番人気、3番人気も安定してるし・・・馬券のほとんどは6番人気以内で収まっとるやんけ・・・。大穴狙いより本命サイドを狙った方がいいかも(もちろん私は穴狙いで逝くけどな!)。

 

■オールカマー2018データ分析、枠番別成績

中山外回りの2200m戦。外枠優勢。

 

■オールカマー2018データ分析、馬体重別成績

何故か480~499kgのところに勝ち馬が集まってますな。馬体の増減は増えてる方が良さそう。

 

■オールカマー2018データ分析、斤量別成績

ハンデ戦じゃないが一応見ておこう。54~55kgは牝馬やね。58kgの馬が居たら要注意だが・・・今年は不在。あれ?レイデオロもアルアインも57kgなんか。ふーん。

 

■オールカマー2018データ分析、騎手成績

池添(ブラックバゴ)注意。あとは関東のベテラン勢。一発ならヒロシと田辺。

 

■オールカマー2018データ分析、種牡馬成績

このコース、スローのヨーイドンにはなりにくいからね。瞬発力自慢の種牡馬より長く脚を使えるタイプの方がいい。ディープインパクトは勝ちきれない感じ。あ、そういえばアルアインは昨年のセントライト記念でも2着に負けているね。この馬、毎日王冠の方がいいと思うんだけど。

キングカメハメハはこの舞台合いそうで合わない。レイデオロもこの舞台が合うとはとても思えん。まあ、能力でカバーするんだろうけど。面白そうなのはこの舞台が庭のステイゴールド(ショウナンバッハ、マイネルミラノ)。それから同系でナカヤマフェスタ(ガンコ)、ドリームジャーニー(ミライヘノツバサ)。

 

■オールカマー2018データ分析、間隔別成績

休み明けの馬が大半。上がり馬が入る余地は少ない。ただ、半年以上の休み明けは微妙。

 

■オールカマー2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・宝塚記念(8頭)。他のGⅠが6頭。あとはバラバラで絞れん。宝塚記念組は着順不問だが、上位組はやはり強い。海外帰りで馬券になった馬はいない。それから・・・前走は格に関わらず着順不問。GⅡ・GⅢ大敗からの巻き返し可能。

激アツローテ馬
・ダンビュライト(宝塚記念5着)

 

■オールカマー2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に「逃げ・先行」!上がり6位以下の馬が相当馬券になってる通り、前の馬が相当残ると見ていい。理想は先行チョイ差し。ただし2~3着には差し馬も来る感じだね。

 

■オールカマー2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になったのは4頭。ルージュバック以外は全てGⅠ馬。脚質パターンは「先行→差し」「先行→先行」。やはり前に行ける馬を頭にしたい。

穴馬の脚質は・・・差し!

先行馬が強いレースだが、穴を開けるのは差し馬。頭で来る感じじゃあないけどね。

 

■オールカマー2018データ分析、厩舎・生産者・血統

19/30で関東馬優勢。生産牧場は圧倒的に社台系。血統的にもサンデーサイレンス系主流種牡馬がズラリ。母系は何でも有りだなあ。ドッチかと言えばパワー寄りか。

 

ケツデータ論。

・大敗からの巻き返し可能。

・ステイゴールド系

・先行馬が強いが、穴を開けるのは差し!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、同じ休み明けでも超人気薄になりそうなGⅠ馬ゴールドアクター!「ええ?この馬はもう終わってるのでは?」という声が聞こえてくるが、そういう決めつけは金八先生が許さないアルよ。「人を見た目で判断するんじゃない!」とよく言われるが、「馬を直近の成績で判断するんじゃねえ!」と私は言いたい。戦績を改めて見てみれば、有馬記念、日経賞、オールカマー勝ちがあり、昨年の宝塚記念2着。中山適正抜群、実績最上位。ただ、最近の成績が悪いだけである。もちろん、状態面が良かったらの話だが・・・調教要チェック。

次に、大穴になりそうなショウナンバッハ!「ええ?前走の好走は軽ハンデのおかげでは?」という声が聞こえてくるが、そういう決めつけは鬼塚先生が許さないアル。よーく見てみなせい。去年のオールカマーでも56kgで0.2秒差5着だったのである。さらに2016年は0.4秒差6着。おそらく、この舞台は合う!どんな相手でも上がり上位が使えるのがこの馬のストロングポイント。もう一回爆走あるかもよ?

それから、中山2200なら・・・マイネルミラノ!昨年のオールカマー4着、今年のAJCC3着!この時ダンビュライトより1kg重かったが今回は1kg軽くなる。脚質からしても穴馬の資格十分。馬場や展開次第で激走あって不思議なし。

他、1年半振りの休み明けとなるミライヘノツバサも気になるが、さすがに一回使ってからかなあ・・・ま、調教見てからやね。あとは人気になるかもだが、エアアンセムブラックバゴも気になるな。結構穴っぽい馬多いよね。

 

・・・とか言ってると、

 

レイデオロ→アルアイン→ダンビュライト

 

って感じのワンツースリーで決まっちまうかもだけどな(笑)。

 

結論は週末。

 

父スクリーンヒーロー。母父キョウワアリシバ。生まれた時は全然期待されていなかったであろうこの馬が、良血高馬を蹴散らすところが見たい・・・立て!立ち上がるんだアムロ!

 

【浅次郎のひとりごと】

頭蓋骨骨折の福永騎手 今週、来週の騎乗見送り

結局乗らずか。こりゃ家族からストップ掛かったかな。ワグネリアンには誰が乗るんだろうね。

 

 

【神戸新聞杯2018予想オッズ・データ分析】阪神芝2400mで行われる菊花賞トライアルGⅡ神戸新聞杯。ダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポカドーロが秋緒戦。さて、データ分析では、1番人気鬼強!枠の有利不利は?脚質は差し?騎手・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はアドマイヤアルバ、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー。

 

神戸新聞杯のメンバーは

 

セントライト記念と比べると、

 

一気に熱量が上がりますな。

 

しかし、穴党は半ボッキ・・・。

 

いや、1/3ボッキ・・・

 

■神戸新聞杯2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

最大11頭。

(そのうち2頭はダート馬???)

 

3着までに菊花賞の優先出走権。

 

ただし、ほとんどの馬がすでに賞金を確保しており、

是が非でも優先出走権が欲しい!

という馬は・・・ダブルシャープくらいか。

あ、エタリオウも実は微妙???

 

ま、カッチカチの100%仕上げで来る陣営は少なく、

大方は菊花賞に向けての叩きレースである。

 

注目は、

 

ダービー馬ワグネリアン

皐月賞馬エポカドーロの対決。

 

他の馬が割って入る余地はあるのか?

 

データ見てみよ。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、人気別成績

う、うへぇ!1番人気強え!強すぎるっ!うちの嫁より強いっ!さらに、2~3番人気も強く・・・10番人気以下の馬は馬券ゼロ。これはもう・・・本命党用のレースやね。穴党出番なし。期待するとすれば、中穴の2~3着か。

 

 

■神戸新聞杯2018データ分析、枠番別成績

外回りの2400戦だし、あまり気にしなくていいと思うが、5枠・8枠が馬券になってるね。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、馬体重別成績

460~519kgのゾーンがほとんど。休み明けの馬が多くなるんで、プラス体重が多いと思ってたんだが、意外とマイナス体重の馬でも大丈夫だな。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、騎手成績

ルメール、四位、福永、武豊、内田・・・騎乗予定馬なし?ルメールはオールカマーでレイデオロやね。あ、ワグネリアンは福永騎乗予定になってるがどうすんだ?→【神戸新聞杯】落馬で頭蓋骨骨折の福永 神戸新聞杯出る「痛みもありません」・・・へ?出るんか?マジ?あ、なるほど。この不安がワグネリアンの予想オッズを落としてるんかな。その後→頭蓋骨骨折の福永騎手 今週、来週の騎乗見送り・・・やはり乗り替わりのようだ。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、種牡馬成績

数の上ではディープインパクトだが、率で言うとイマイチなんやねね。それより、キングカメハメハステイゴールドハーツクライを上位に取りたい。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、間隔別成績

うひー。馬券のほとんどは休み明け。夏の上がり馬は来たとしても2~3着まで。夏休み明けの馬を狙うべし。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・ダービー(17頭)、ラジオNIKKEI賞(3頭)、1000万条件(7頭)。これで馬券のほとんど。ダービー組は着順不問だが・・・1~2着馬鬼強。ラジオNIKKEI賞も着順不問。1000万組は1着条件!おまけで2着まで。

激アツローテ馬
・ワグネリアン(ダービー1着)
・エポカドーロ(ダービー2着)
・メイショウテッコン(ラジオNIKKEI賞1着)

今回、1000条件組不在。穴はダービー惨敗組か。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、脚質別成績

脚質は圧倒的に「差し」!上がり1~2位の馬が馬券の8割近くを占めており・・・上がり6位以下の馬は皆無。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

ダービーの1~2着馬がずらりと並んでいるね。脚質パターンは、圧倒的に「差し→差し」!昨年のレイデオロみたいな先行型が馬券になることは少なく、2015年のリアファルみたいに逃げ馬が残るのもレアパターン。徹底して「差し馬狙い」でいい。

上がりは・・・ご覧の通り、瞬発力必須!上位上がり3位以内(最低でも5位以内)が使えないと馬券にならない!

穴馬の脚質は・・・差し、追い込み!

基本的に堅いレースだが、2~3着に差し・追い込み馬がぶっ飛んでくることは結構あるみたいね。1番人気頭→差し穴→2番人気1番人気頭→差し穴→差し穴。とか3連単で決め打ちした方がいいかも。

 

■神戸新聞杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

29/30で関西馬優勢。例外は昨年のレイデオロのみ(今回ゴーフォザサミットが関東馬)。生産者は圧倒的にノーザンF。3位以内を独占することもあるんで注意が必要。血統的には・・・当然サンデーサイレンス系の主流種牡馬。

穴を開けるのはゼンノロブロイ、ネオユニヴァース、スペシャルウィークといった・・・ちょっと落ち目?のパワー系サンデー。ハーツクライもいいね。ステイゴールドは、オルフェーヴル・ゴールドシップといった超一流馬しか馬券になっていないのが気になるところ。

母系はノーザンダンサー系が目立つね。該当するのはアドマイヤアルバ、エタリオウ、ゴーフォザサミットの3頭。

 

ケツデータ論。

・1番人気が強い!

・ワグネリアンvsエポカドーロ!

・穴を開けるなら、差し!

 

どえ~~~。ケツデータになってねえ~~~。しかしデータからはもうどうにもならん。飛ぶなら逃げ脚質のエポカドーロだと思うが、この馬のダービーの粘り腰はハンパ無かったからなあ。あと、ワグネリアンは鞍上の状態が心配っちゃ心配だね。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、ハーツクライ×ノーザンダンサー系、ノーザンF生産、ダービー上がり最速のアドマイヤアルバを挙げておく。初勝利に5戦を要したように、間違いなく晩成タイプ。ダービーの時点では完成度で劣ったが、それでも上がり最速をマークして能力があることを証明。夏を越しての成長次第で逆転も考え得る一頭。

次に、一発秘めるステイフーリッシュ。ダービーは見せ場なく惨敗したが、京都新聞杯の競馬が出来れば相当強いと思うけどねえ(ハゲ兄カムバック!)。ただ、この馬は阪神外回りより、京都の方が合ってる気がする。ここで切れ負けして本番で2着!というのが私のチンコの夢。

そして、大穴になりそうなGⅠ馬タイムフライヤー。2歳時に強烈に強かった馬が、3歳になってサッパリ!になってしまうのは競馬アルアルパターンであるが、血統的にはこれから強くなっても全然おかしくないと思うんだよねー。鞍上和田ドラゴンに変わるみたいだし、夏休みのリフレッシュで馬が変わったりしてないかなー。

ゴーフォザサミットも気になる一頭だが、関東馬なのと前走札幌記念がちょっとなあ。このレース使う必要あるんかなあ。メイショウテッコンは脚質がね・・・この馬も阪神2400より京都の方が向くんじゃないかなー。この感じだとエポカドーロを行かせて番手?エポカドーロのペースに付いて行けるかどうか?

 

いずれにせよ・・・

 

少頭数になりそうだし(実質8~9頭立て?)、

 

絞って馬券組み立てるしかないね。

 

あるいは、

 

馬券は買わずにケンでも。

 

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

副業、4分の3が認めず=企業、過重労働を懸念

古いなあ。ま、それが普通か。

 

【京成杯オータムハンデ2018予想オッズ・データ分析】中山芝1600mで行われるハンデGⅢ京成杯AH。人気はロジクライ、ミッキーグローリーあたり。データ分析では、内枠有利の外枠不利?狙いは差し馬?騎手・ハンデ・馬体重・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はヤングマンパワー、ストーミーシー、トーセンデューク、ロードクエスト。

 

北海道で震度6強の地震が発生。

北海道で震度6強 最新情報と被害状況まとめ

 

 

 

 

まだ情報が少なく、

何がどうなっているのか分からんが、

映像を見る限り激震地の被害は甚大である。

 

本震が発生する可能性もあるので、

北海道在住の方は重々注意して欲しい。

 

さて、

 

こういう時に競馬なんて・・・

 

と思われる方も沢山いると思うが、

 

自重するのではなく、

 

「馬券を当てて、被災地に寄付したるぜ!」

 

という心意気で行く。

 

ってわけで今日は京成杯AHの事前予想行くぜ。

 

■京成杯オータムハンデ2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

舞台はトリッキーな中山マイル。

 

中京記念2着のロジクライ、

関屋記念2着のワントゥワンが人気になるのはわかるが、

ミッキーグローリーは人気になり過ぎじゃね?

 

まあ良血ディープ×ルメールってんで人気になるんだろうけど・・・

 

切りかな。

 

データ見てみるべい。

 

■京成杯AH2018データ分析、人気別成績

うっひっひ。1番人気激弱ァァァ!代わりに2番人気が異常に強いけどね。そんで注目は・・・2着大荒れ!が多いってこと。9/10で6番人気以下。二桁人気馬も4頭いるからね。このレース、2着大荒れを狙うのもアリかもよ?

 

■京成杯AH2018データ分析、枠番別成績

中山マイルはトリッキーな外回りコース。スタートしてすぐコーナーだし、2コーナーから3コーナーまでずっと下りだし・・・で、内枠有利外枠絶対不利!なコース。しかも今回は開幕馬場。さらに内外の差が開くんじゃ・・・と思いきや、そうでもないですな。まあ、7枠・8枠は割引でOKだろう。1枠の弱さは謎。

 

■京成杯AH2018データ分析、馬体重別成績

現代競馬は、基本的に馬格がある方が優勢なんだが・・・このレースは小さい馬が結構馬券になってますな。で、今回馬体減の馬が多いんだが、これが結構馬券になってるので要注意。

 

■京成杯AH2018データ分析、ハンデ別成績

57.5kg以上の実績馬は人気に応えていないねー。じゃあ、56~57kgの馬はどうかというとこれもイマイチで。数の上では54~55kgの馬が一番多く、穴的には断然52~53kg!でも、あんまりいないんだよね。

・ワントゥワン(53kg)

 

■京成杯AH2018データ分析、騎手成績

うお。田辺やべえなこれ・・・と思ったら騎乗予定馬ナシかい。横典・内田も騎乗ナシ・・・というわけで、津村(ウインガニオン)、戸崎(ワントゥワン)、北村宏(トウショウドラフタ)、石橋(ヤングマンパワー)あたりに注意。

 

■京成杯AH2018データ分析、種牡馬成績

傾向として、サンデーサイレンス系主要種牡馬が強いですな。マイル戦であるが、意外と「中距離志向」である。ディープインパクトは舞台が合わないのか2~3着が多い。

 

■京成杯AH2018データ分析、間隔別成績

「秋緒戦の休み明け馬」vs「夏のローカルを使って来た馬」という図式。休み明けの馬も走るが、馬券的な妙味があるのは使ってきた馬か。今年は休み明けの馬少ないけど。

 

■京成杯AH2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・関屋記念(10頭)。あとはバラバラ。安田記念、ヴィクトリアマイル、NHKマイルC組は意外と少なく・・・来ても2~3着という感じ。ただ、これらは休み明けでも相当馬券になってるんで要注意。関屋記念組は「前に行って好走した馬」あるいは「差して惨敗した馬」に注目。

激アツローテ馬
・ヤングマンパワー(関屋記念で先行して4着)
・ロードクエスト(関屋記念で先行して5着)
・ワントゥワン(関屋記念で後方から追い込んで2着)

 

■京成杯AH2018データ分析、脚質別成績

中山マイルはコース形態的に「前有利」が定説だが、このレースは差しの方が優勢ですな。上がり1位の馬が5勝しているように・・・速い上がりを使える馬には要注意。なんでだろうな・・・開幕馬場を意識して前に行く馬が多いんだろうか?

 

■京成杯AH2018データ分析、位置取り・上がり3F

うお。こうやって見ると面白いよね。ここ3年はもう「差し」決着で。2015年なんぞは13番人気のフラアンフジェリコが後方から追い込んで1着。当然前目決着の年もあるんだが・・・全体的にはもう「差し馬」狙いでいい感じやね。

馬券パターンは「差し→差し」「差し→先行」「先行→差し」・・・逃げ馬は一頭も馬券になっておらんな。牝馬はちょっと劣勢か。3歳馬は6頭が馬券になっており侮れない。

穴馬の脚質は、断然差し!

 

■京成杯AH2018データ分析、厩舎・生産者・血統

17/30で関東馬がやや優勢。あんまり気にしなくていいね。最近は特に社台系が強い。血統的にはサンデーサイレンス系主要種牡馬。母系はノーザンダンサー系が多いかな。マイル戦だが、あまり「短距離っぽくない血統」が多いね。穴を開けそうなのはアドマイヤムーンかな。

 

ケツデータ論

・内枠有利、外枠不利!

・関屋記念組!

・差し、追い込み馬!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、買わずにいられないのがヤングマンパワーである。関屋記念ではかなりナメられたオッズ(11番人気)になっていたが、結果は57kgを背負って0.4秒差の4着。この時4ヶ月の休み明けであり馬体重は+18kg。今回叩き2戦目で鞍上は石橋。確かにこの馬は左回り高速馬場のマイル戦が得意なんだが、右回りも走らないわけではない。去年のマイラーズCではイスラボニータと0.2秒差3着だったし、2015年の当レース3着馬でもある。我がモッコリ馬でもある。人気になりませんように。

次に、5ヶ月の休み明けとなるストーミーシー。休養前のダービー卿CTではキャンベルジュニアやグレーターロンドンと僅差の競馬をしており、脚が溜まれば必ず上がり上位の末脚を繰り出す馬。今回54kgは相当恵まれたような気がするなあ。問題は状態面。調教要チェック。

それから、超大穴にトーセンデューク。目をつけたのが昨年の実績。当レースで上がり3位を繰り出して5着。近走の内容からは買いにくいが、54kgで鞍上勝浦ならなんかまた大穴開けても不思議ないような気がしないでもない。

あとは・・・人気かもだが、差しに回った時のロードクエスト。

 

誰も皆 悲しみを抱いてる

 

だけど素敵な明日を願ってる

 

臆病風に吹かれて 波風が立った世界を

 

どれだけ愛することが出来るだろう

 

 

もう一回もう一回

 

もう一回もう一回・・・

 

あの馬と共に逝く!

 

結論は週末。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【検証】上空3000mから落ちつつ『湯切り』したラーメンはウマいの?

こういう時だからこそ、笑えるネタを。くだらないネタに、拍手喝采を。北海道地震の被害に遭われた方に、勇気と笑顔を。

 

 

【紫苑S2018予想オッズ・データ分析】中山芝2000mで行われる3歳牝馬秋華賞トライアルGⅢ紫苑ステークス。多くの馬が休み明けだが、人気はオークス5着のマウレアか。データ分析では、外枠有利?差し馬優勢?騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?穴馬候補はサラス、カレンシリエージョ、アヴィオール、ホクセンジョウオー。

 

台風21号、みんな大丈夫だった?

 

こういう自然災害で「人が亡くなった」ってニュースを見てると・・・

亡くならずに済んだ人が、結構いるんじゃないかと思うんだよね。

 

「じいさん!畑の様子を見に行くんじゃねえ!」

「や、屋根の修理は後からやれ!」

「家のことはいいから避難しろ!」

 

・・・為す術もなく災害猛威にさらされて亡くなる方もいれば、

避難せずに自ら進んで死地に行く方もいてね。

 

まあ、大事な畑が心配なのもわかるし、

家に居たい気持ちも分かるし、

一刻も早く家の修理をしたい気持ちも分からんでもないが、

 

命あっての競馬。

 

・・・じゃなかった(笑)、

 

命あっての物種。

 

何があっても、

 

自然災害危険には近づくべからず。

 

ということを金玉に銘じておきたい。

 

今の世の中、いつどこで大災害が起きるか分からんからね。

 

さて、紫苑S見てみよう。

 

■紫苑S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

人気は春の実績組。

 

オークス5着のマウレアが1番人気になるんかな。

 

しかし、夏の間に成長した馬もいるだろうしね。

 

人気が偏るのであれば、

積極的に逆らって行きたい。

 

データ見てみるっぺ。

※2014年は新潟開催

 

■紫苑S2018データ分析、人気別成績

1番人気の強さはまあまあですな。ただ、2~3番人気がイマイチで、4~6番人気の方が買いやすい感じだねえ。意外と・・・あまり大荒れはしないレース。荒れても8番人気までか。

 

■紫苑S2018データ分析、枠番別成績

舞台は中山2000m。直線が短く、コーナー4回の内回り戦、当然内枠有利な傾向なんだが、このレースはそうでもない・・・つか、むしろ外枠の方が優勢か?

 

■紫苑S2018データ分析、馬体重別成績

3歳牝馬だけにあまり大型馬はいないですな。一番馬券になってるのも440~459kgのゾーン。馬格が小さい馬も馬券になっておりあまり気にしなくていいかもしれん。馬体の増減は・・・休み明けの馬が多いだけに、圧倒的に「馬体増」が強いのかと思いきや、「馬体減」馬も結構馬券になってますな。

 

■紫苑S2018データ分析、騎手成績

やはり関東の上位騎手が多いですな。穴っぽい騎手もたまに馬券になっており注意が必要。

 

■紫苑S2018データ分析、種牡馬成績

ふむう。シンボリクリスエス要注意。ディープインパクトは出走頭数からすると過信は禁物。全体的に「パワー」系が多いね。あと、たまにマニアックな種牡馬が馬券になってるね。

 

■紫苑S2018データ分析、間隔別成績

今回大半が3ヶ月以上の休み明けなんでね。これが最も大事なデータかもしれん。着別で見ると休み明けでも走れるわけだが、「率」で見るとかなり苦しいのが分かると思う。人気より着順が下回っているし・・・休み明けの馬は思い切って割引して考えたい。

 

■紫苑S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・オークス(5頭)、1000万条件(8頭)、500万条件(12頭)。むふー!このデータが全てを物語っているな。実績組(桜花賞・オークス)より、夏に使って来た馬の方が圧倒的に多いのである。まあこれは、多くの実績馬が「ローズSに向かうから」ではあるんだが、それにしても・・・である。

オークス組は着順不問。ただ、来ても3着が精一杯な印象。それより4勝を挙げている1000万条件組の方がいい。1000万条件組は1~2着が好ましいが4着まで可。後は数の上で最も多い500万条件。これはもう1着条件でいいだろう。

激アツローテ馬
・アヴィオール(1000万条件4着)
・カレンシエリージョ(500万条件1着)
・サラス(1000万条件2着)
・ホウセンジョオー(500万条件1着)

 

■紫苑S2018データ分析、脚質別成績

コース的に、逃げ・先行馬が優勢かと思いきや・・・差し馬がめちゃくちゃ強いですな。上がり1位馬もベラボーに強いんでね。差しタイプの馬を積極的に狙っていきたい。

 

■紫苑S2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンとしては「差し→差し」「先行→差し」のドッチか。馬場状態や展開によって上がりタイムは変わるが、秋の中山は「高速馬場」になることが多いので注意が必要。土曜の競馬を見て良く見極めておきたい。

穴馬の脚質は、中穴だと差し馬大穴だと先行馬か。

いずれにせよ、派手に荒れるレースじゃないね~。

 

■紫苑S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

24/30で関東馬優勢。近年ノーザンF強いね。血統的には・・・シンボリクリスエスの他はサンデーサイレンス系が圧倒的。母系は結構何でもありですな。なんかアルファベットが多いのは気のせいか。

 

ケツデータ論

・前走1000万条件or500万条件

・休み明けの馬は割引!

・差し馬優勢

 

穴馬候補を挙げておこう。まず最初にサラス。ちょっと間隔が開いたのが気になるが、2ヶ月ちょっとなんで問題なかろう。前走は古馬相手の1000万クラスで出遅れ挟まれ最後方から追い込んで2着。

オルフェーヴル×Tapitって血統はいかにもパワー満点で、中山芝2000はピッタリ。鞍上田辺も魅力。

 

次に、春から一変してそうなカレンシリエージョ。9番に注目。

2番手追走から直線スッと抜け出して2馬身差の完勝。姉にアドマイヤリードがいる血統。父ハービンジャーは昨年の勝ち馬ディアドラと同じ。成長力には定評がある種牡馬である。春とは別馬・・・かもしれんぞ?

 

それから、前走1000万4着とはいえ、離された4着で、全く人気がなさそうなアヴィオール。その前走は横典のノリ逃げにヤラれた感じで。コースや馬場が変われば期待出来る一頭だと思う。騎手欄が空欄なんで・・・もしかしたら出走しないのかもしれんが、出てくるようなら面白い一頭。

 

もう一頭、ホクセンジョウオーを挙げておく。前走は超超スローで評価するのは難しいんだが、「前走福島500万1着」+「サンデーサイレンス系マイナー血統」ってところがソソられるね。能力が足りるかどうかは置いておいて、面白い一頭だと思う。

 

このレース・・・

 

問題は春の実績馬たちをどうするか・・・?

 

特に、

 

桜花賞5着、オークス5着の

マウレアをどうするか?

・・・なんだが、

この馬だけは押さえておいた方がいいかもしんないね。

ラッキーライラックやリリーノーブルと僅差の競馬をして来た馬だから

ちょっと格が違うかもしんない。

 

ただ、馬体増が条件ですな。

 

もし馬体が減ってるようなら

バッサリ行くのも一つだと思う。

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

ボクシングにせよレスリングにせよ体操にせよ・・・なんかスポーツ界は闇が深いなあ。どうなってんだ一体。