【ターコイズS2018データ分析】中山芝1600mで行われるハンデGⅢターコイズS。今年はフローレスマジック、プリモシーン、フロンテアクイーンが人気になりそうだが、当然大穴狙い!データ分析では、枠順・脚質の有利不利はどうなの?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬は、デンコウアンジュ!ミエノサクシード!ハーレムライン!

 

密かに今週はこのレースが勝負レースですな。

 

中山マイルのハンデ戦・・・

 

荒れる気しかしないっ!

 

■ターコイズS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

兄姉にサトノアラジンやラキシスといったGⅠ馬がいる・・・

超良血のフローレスマジックが1番人気。

オープン入りしたばかりだが、54kgか・・・

1kg重いような気がするね。

 

2番人気候補のプリモシーンは何と言っても

関屋記念勝ちが光る。

ただ、この時は軽ハンデ51kgで、今回は55kgと逆に背負う立場。

 

フロンテアクイーンは今回も好走確率高いが、

やっぱり2~3着か(笑)。

 

うーむ。しかしこのレース・・・

 

フローレスマジックを筆頭に、

 

レッドオルガ(母エリモピクシー)

カイザーバル(母ダンスインザムード)

リナーテ(母マルペンサ)

リバティハイツ(母ドバウィハイツ)

アンコールプリュ(母オイスターチケット)・・・

 

良家の令嬢ズラリやなぁ。

 

しかし、

 

私は私の姫を応援したいと思う。

 

 

データ見てみよう。

※ターコイズSが重賞になったのは2015年から。2017年にGⅢに格上げ。

 

■ターコイズS2018データ分析、人気別成績

うっひゃひゃ!一番人気弱しっ!2番人気も弱いっ!3番人気がまあまあ強いが、4~5番人気も来てない!そして大穴が来てるっ!特に・・・2着に最低16番人気の馬が2回も来ているっ!超・大荒れが期待出来るレースだっ!

 

■ターコイズS2018データ分析、枠番別成績

ぬあ・・・?中山マイルは内枠が圧倒的に有利なレースだが・・・このレースだとイマイチですな。かと言って外枠はさらにイマイチだけど。4枠と5枠が好成績。

 

■ターコイズS2018データ分析、馬体重別成績

牝馬戦だからか・・・440~459kgのゾーンが最も馬券になってますな。馬体の増減はもちろん少ない方がいいんだが・・・穴を開けるのは馬体減の馬か。

 

■ターコイズS2018データ分析、ハンデ別成績

さて、最も気になるデータがハンデ。今回のトップハンデはミスパンテールの56kgだが・・・過去の傾向からするとイマイチですなあ。そして最も馬券になっているのは52~53kgの馬で・・・大穴を明けているのが50~51kgの馬。ただし今年は50~51kgの馬は不在なので・・・穴は52~53kgから探すべきか。

 

■ターコイズS2018データ分析、騎手成績

人気は外人になりそうだが・・・関東のベテランジョッキーが強いですな。

 

■ターコイズS2018データ分析、種牡馬成績

うへえ!・・・何が「うへえ!」かと言えば・・・ディープインパクトの名前がないじゃないか!つまり過去10年、このレースではディープインパクト産駒が一度も3着以内に入ってないのである。これはマイル重賞では相当珍しい現象だと思う。

ま、出走数も5頭と少ないけどね(少ないってことは陣営がこの舞台で走らせたくないってこと)。今年はフローレスマジックプリモシーンレッドオルガカワキタエンカといった強力ディープインパクト産駒がいるが・・・さてさて。

 

■ターコイズS2018データ分析、間隔別成績

4週(中3週)が優秀ですな。2ヶ月以上の休み明けは割引でOK。理想的なローテは秋3戦目。

 

■ターコイズS2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・秋華賞(7頭)、エリザベス女王杯(3頭)、ユートピアS(6頭)、他1600万条件(5頭)、前走の着順は全てにおいて着順不問。秋華賞やエリ女はもちろん、準オープンの惨敗からでも巻き返し可能。特にGⅠ二桁着順馬が熱い。何故か・・・オープン特別組は劣勢だが、キャピタルSのみ注意。前走距離は1600~2000m。前走1400mは割引。

【激熱ローテ馬】
・プリモシーン(秋華賞7着)
・フロンテアクイーン(エリザベス女王杯7着)
・ミスパンテール(エリザベス女王杯12着)
・デンコウアンジュ(キャピタルS6着)
・ハーレムライン(キャピタルS10着)

後は、マイルの準オープン組。

 

■ターコイズS2018データ分析、脚質別成績

中山マイルだけに・・・先行有利。上がり1位の馬がこんなに弱いのも珍しい。そして上がり6位~の馬がこれだけ馬券になるのも珍しい!

 

■ターコイズS2018データ分析、位置取り・上がり3F

年齢的には3~5歳。軽ハンデ×軽ハンデの組み合わせ結構多いねー。で、ご覧の通り、上がり上位馬はめちゃくちゃ弱いっ!馬券パターンは・・・「先行→先行」「先行→差し」。ほぼほぼこの2パターン。ただ、ここ2年は差し馬が勝ってるから注意。

穴馬の脚質は、何でもありっ!

逃げ馬も先行馬も差し馬も追い込み馬も穴を開けるっ!

 

■ターコイズS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

20/30で関東馬優勢。社台Fは結構馬券になっているが、ノーザンFはイマイチだねー。血統的には・・・サンデーサイレンス系のマイル~中距離種牡馬が強い。あとはキングカメハメハ。

 

ケツデータ論。

・52~53kgの軽ハンデ馬狙い!

・前走GⅠ惨敗組、準オープン組!

・先行馬優勢!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、人気になるかもしれんが・・・データ上、最も買いやすいミスパンテール。父ダイワメジャーで前走エリザベス女王杯惨敗。先行型で鞍上は横典。まあ、去年の勝ち馬だから当然っちゃ当然か。唯一の懸念はトップハンデ56kg。去年勝った時は53kgだったんだよね。ま、牝馬同士のマイル戦なら力上位だと思う。

次に、人気の盲点になりそうなディメンシオン。3連勝でオープン入りしたんだが、今回53kg。フローレスマジックやレッドオルガと比較すると1kg儲けた感じ。才能溢れるディープインパクト産駒だが、母父モンジューだし、先行脚質だし、中山マイルも問題なさそう。上に挙げたレッドオルガも当然有力。兄弟に数々の重賞勝ち馬がいる超良血。いずれ重賞を勝つと思うが、それがココかもしれん。

それからミエノサクシード。前走は少頭数ではあったが牡馬相手のポートアイランドSを快勝。中山マイルが合うかどうかは分からんが、先行脚質だし、55kgでも牝馬同士なら相当面白いと思う。

そして、浅次郎の予想を予想するのは禁止した上で(笑)、デンコウアンジュを挙げておく。この馬のベストは東京マイル。中山マイルはちょっと不向き・・・それは間違いないわけだが、昨年のこのレースでも3着に突っ込んできている通り、牝馬同士のマイル戦なら間違いなく実力上位。後は展開がハマるかハマらないか。前走のキャピタルSも6着とは言え上がり最速で0.1秒差なんでね。ココは狙いの一戦である。あ、鞍上が善臣のオジキに変わってんな。変わり身あるか?

あと超大穴でハーレムラインを狙っておるぞ・・・

 

というわけで、

 

今週はこのレースが勝負鞍。

 

どうか、

 

私の姫が人気になりませんように・・・

 

 

【浅次郎のひとりごと】

食卓のメニュー増や“家飲み”追い風に…吹き荒れる『チーズ』旋風!飲食店でも鍋にドリンクに

チーズ旨いよね。私も毎日食べるわ。小魚アーモンドと一緒にベビーチーズ(4個で100円の長方形のやつ)。なんかオススメのチーズある???

 

★浅次郎主催の競馬サークル「モッコリ万馬券倶楽部」のご案内。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【有馬記念2018データ分析】中山芝2500mで行われる暮のグランプリGⅠ有馬記念。今年はレイデオロ、キセキ、ブラストワンピースが人気か。データ分析では?枠順・脚質の有利不利は?騎手・種牡馬・馬体重・前走ローテは?穴馬候補はシュヴァルグラン!ミッキースワロー、パフォーマプロミス!オジュウチョウサンは買い?切り?

 

いよいよ有馬記念ですな。

 

出走馬を見ると・・・

 

なんとなく胸元が寂しいなあ。

 

 

今日は長澤まさみの胸元にも注目したいと思う(は?)。

 

■有馬記念2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

なぜ胸元が寂しいかと言えば、

アーモンドアイを筆頭に、

今年の3歳クラシックを制した馬達がいないからだろうねー。

 

ワグネリアンはしょうがないとして・・・

エポカドーロやフィエールマンはなんで出てこんのよ。

エタリオウは?コズミックフォースは?

 

有馬記念と言えば、

3歳勢と古馬との対決が見ものなわけだが・・・

(そして結構3歳馬が強い)

 

今年の3歳は未冠のブラストワンピースのみ。

 

人気はレイデオロ、キセキか・・・。

 

とりあえずデータ見てみよ。

 

■有馬記念2018データ分析、人気別成績

ぎえええええ!なんだこの1番人気の強さは!長いことデータ分析やっているが、平均着順2.1なんて滅多に見ないぞ。で、2番人気もまあまあの強さなんだが、驚くべきは3~6番人気の弱さ!なぜかほとんど馬券になっていないのである。

そして2~3着の半数は7番人気以下!つまり、この有馬記念というレース・・・

 

頭は堅いが・・・

胸元は開きやすいレース!

 

と言える。

 

長澤さん、

 

ちょっと屈んでもらってもよかですか?

 

 

も、もうちょっと(笑)。

 

■有馬記念2018データ分析、枠番別成績

枠の傾向は結構明らかですな。基本的に、内枠有利外枠不利。コーナー6回の内回り戦。外枠は終始外を走らされるため距離損となりやすい。スタートしてすぐ3コーナーってのも外枠不利を助長するね。7枠と8枠はちょっと割引。

 

■有馬記念2018データ分析、年齢別成績

いつもは年齢データは見ないんだが、ちょっと見てみよう。ご覧の通り、もっとも馬券率が高いのは3歳。5歳もかなり有力。4歳馬も来るが頭より2着が多い。6歳以上は厳しいが、時々高齢馬が穴を開ける感じ。

 

■有馬記念2018データ分析、馬体重別成績

500kg以上の馬格がある馬が強いんだが、意外と好走するのが460~479kgのゾーン。そして、420~439kgの小さい馬も過去馬券になってるので要注意。

 

■有馬記念2018データ分析、騎手成績

有馬ハンター池添注意(ブラストワンピース)!まあ、有馬記念で馬券になる騎手はだいたい決まっていてね。外人とリーディング上位のベテラン勢。若手はなかなか絡めないレースである。

おっぱいにしか目が行かないように、外人ジョッキーにしか目がいかない人は多いと思うが、ベテラン騎手にも注目。

 

■有馬記念2018データ分析、調教師成績

有馬ハンター池江厩舎注意!いやあ・・・過去10年で4勝ってのも驚愕なんだが、この厩舎の恐ろしいところは人気薄の馬が2~3着に好走するところ(トゥザワールド、オーシャンブルー、トゥザグローリー)。サトノダイヤモンドはジャパンカップの惨敗で評価急落しそうだが・・・

 

 

まさかのラストラン激走あるかもよ。

しかし、ニットとオッパイの組み合わせはいいよね。

 

■有馬記念2018データ分析、種牡馬成績

有馬ハンターステイゴールド注意!4勝はドリームジャーニー、オルフェーヴル×2、ゴールドシップと名馬ばかりであるが、この舞台(小回りでタフな中山2500)が合うのは間違いなし!パフォーマプロミスは注意が必要!あ、オジュウチョウサンもステイゴールド産駒だねえ。エタリオウにも出て来て欲しかったなあ。

 

■有馬記念2018データ分析、間隔別成績

4週(ジャパンカップ)が猛烈に強いね。ただ、頭は10月に使った馬?休み明けは割引でいいだろう。明け3戦目が理想。4戦目だともうお釣りがない・・・ってのが定説。理想的なのはレイデオロ、シュヴァルグラン、サトノダイヤモンド、ブラストワンピース。キセキは明け4戦目ですな。疲れがあるかどうか・・・追い切り要チェック。

 

■有馬記念2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・ジャパンカップ(14頭)、菊花賞(5頭)、天皇賞秋(3頭)。ジャパンカップからの臨戦が激熱!条件としては5着以内だが、たまに二桁着順からの巻き返し有!菊花賞は1着条件!天皇賞秋からの臨戦はココ最近不振ですなー。2009年まで遡らんといかん。

【激熱ローテ馬】
・キセキ(ジャパンカップ2着)
・シュヴァルグラン(ジャパンカップ4着)
・ミッキースワロー(ジャパンカップ5着)

 

■有馬記念2018データ分析、脚質別成績

脚質は・・・前後互角か・・・。上がり上位馬の成績もイマイチで。瞬発力だけでどうにかなるレースではない。パワー・持久力に加え器用さも必要。

 

■有馬記念2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になったのは過去5頭。3~5歳が強いレース。馬券パターンとしては・・・全体的に見れば何でもありなんだが、最近は「先行→先行」が多い。・・・以前は上がり上位の差し馬・マクリ馬がかなり強かったんだよ。しかし最近は差し馬の出番がめっきり減ってるよね。

・・・これはには理由があって。2014年に行われた路盤改修の影響が大きいのだと思われる。以前の有馬記念は「荒れた馬場」が当たり前だったんだが今は全然違う。路盤改修によって開催が進んでも馬場があまり傷まなくなっているのだ(むしろ踏み固められて馬場が固くなるケース有り)。

明らかに「2014年以降は前残り」になっているからね。もちろん、展開やペースやレベルの問題もあるので一概には言えないけど・・・概ねそういう傾向であるのは間違いないので注意しておくべし。

というわけで・・

穴馬の脚質は、先行!

以前は人気薄の差し馬が結構馬券になっていたが、最近穴を開けるのはほとんど前!

 

■有馬記念2018データ分析、厩舎・生産者・血統

うへええ・・・・26/30で関西馬が圧倒的に優勢!もう関東馬ってだけで切りたくなるレベルですな(レイデオロ、ブラストワンピース、ミッキースワローは関東馬)。そして・・・有馬記念はもう「社台の運動会」である。過去10年の3着以内馬で例外はキタサンブラック、ゴールドアクター、ゴールドシップの3頭のみ!基本的に胸元の美しい社台の良血馬を狙うべきレースである。

そして血統的にはもうサンデーサイレンス系主要種牡馬を父に持つ馬が圧倒的。ステイゴールド、ハーツクライ、ネオユニヴァース・・・ドッチかと言うとパワー寄りですな。切れるタイプのディープインパクトはイマイチな成績。キングカメハメハは来ても2~3着までか。人気必至のレイデオロはキングカメハメハ産駒だぞう。

母系はちょっと異様な感じだが(メジロマックイーンとかサクラバクシンオーとかキョウワアリシバとか。笑)、基本的にはスタミナ系ノーザンダンサーが相性良さそう。

 

ケツデータ論。

・外枠不利

・ジャパンカップ組

・先行有利

 

現時点で最もデータ的に買いなのはシュヴァルグランである。ノーザンFの関西馬。この秋3戦目で前走はジャパンカップ4着。外人騎手。このレースと相性の良いハーツクライ産駒。中団前目のポジションが取れるし、能力的にも当然トップクラス。マイナスは6歳という年齢くらいでね。加えて前走4着で評価を落とすのなら積極的に狙いたい。

次に買いなのがキセキ。非社台であることと、秋4戦目でお釣りがあるのかが心配だが・・・それらを補って余りあるのが脚質。ジャパンカップではアーモンドアイの強さの引き立て役に終わったが、この馬とて3着スワーヴリチャードには3馬身半の差をつけて2着。自ら高速ラップを踏んでのもので相当強い競馬だったと思う。高速馬場専用機の疑惑もあるが、今の中山なら逃げ足止まらんのではないか?

人気必至のレイデオロは意外と買い材料が少ない。関東馬だし、秋天からのローテだし、父キングカメハメハもこのレースだと3着候補だし、差し脚質だし・・・。この馬は東京向きだと思うけどなあ・・・。ジャパンカップに出りゃ良かったのによ。

それから、人気薄になってほしいブラストワンピースはやっぱり人気になっちゃいそうだねえ。関東馬だし、菊花賞4着からの臨戦だし・・・10番人気くらいでいいと思うんだけどなー(笑)。素質を買われてるんだろうけど、このオッズだと買われすぎじゃないかなー。脚質的にも不利っぽい。ただ、ハマれば全部まとめて面倒みるポテンシャルありそう。

サトノダイヤモンドは引退レースか・・・データ的には面白いが、果たしてメイチに仕上げてくるか?鞍上もちょっと微妙なブッチャー。

 

穴馬候補は、ミッキーロケット、ミッキースワロー、パフォーマプロミス・・・デキ次第でマカヒキ、クリンチャー、サクラアンプルールあたりだろうか。モズカッチャンは穴ならぜひ狙いたいが・・・鞍上で人気になるかなあ。。。

 

最後にオジュウチョウサンについて。色んな見方があると思うし、私もこの馬は大好きであるが・・・馬券はスルー。今回の有馬記念・・・一番美味しいのは単勝かもしれない。オジュウチョウサンの応援単勝が相当売れるだろうからね。

 

さて、

 

最後に、

 

長澤まさみのおっぱいの形を想像しながら、

 

 

有る馬の夢のつづきを見ようと思う。

 

調教チェックは来週ね。

 

 

 

【浅次郎のひとりごと】

明るい人・忙しい人ほど注意すべき、川崎宗則を襲った「自律神経の問題」

はっ!明るい人・忙しい人っ!原因不明の胃痛・腰痛の原因はこれかっ???

おお。これはいいな。寝る前に毎日やろうっと。

 

★一生競馬を楽しみたい方へ。モッコリ倶楽部のご案内。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【朝日杯FS2018予想オッズ・データ分析】阪神芝1600mで行われる2歳GⅠ朝日杯フューチュリティS。今年は牝馬のグランアレグリアが1番人気?アドマイヤマーズ、ファンタジストが続くが、データ分析で有利なのはどの馬?枠順・脚質・馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?激熱ローテ馬?大穴候補はマイネルサーパス・ドゴール!

 

おおう。

 

牝馬のグランアレグリアが

1番人気候補だってよ?

 

なんかおかしいことになってね???

 

■朝日杯FS2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

グランアレグリアが

コッチを狙うのは分からんでもない。

 

阪神JFと朝日杯FSは同じ阪神芝1600mだし、

微妙にコッチの方が賞金高いし、

強力牡馬の一部はホープフルSへ向かうし、

見ようによっては阪神JFより朝日杯の方が手薄だからね。

(大人の事情があるんだろうね)

 

問題はグランアレグリアが

このレースを勝っちゃった場合。

 

最優秀2歳牝馬はどうなるのよ?

さらに、ホープフルSも牝馬が勝ったら・・・

最優秀2歳牡馬はどうなるのよ?

 

これは今回だけの話じゃなく、

未来でも起こり得る話。

 

やっぱり・・・

昨今のJRAの番組改変はおかしいと思うなあ。

 

2歳牡馬ナンバーワン決定戦は1つに絞るべきで、

ホープフルSは必要ないんじゃないの?

(朝日杯を中山芝2000でやればいいのである。そしたら、クラシックを目指す牡馬は必ずこのレースを目指す。そして、牝馬は出てこない)

 

とりあえずGⅠを増やせば売上増えるんじゃね?

っていうJRAの魂胆見え見え。

 

そうじゃねえ。

 

ファンは、

「どの馬が一番強いのか?」

というのが知りたいのだ。

 

その熱い戦いに心が踊るのだ。

だからダービーやオークスが盛り上がるのである。

 

だから、

2歳ナンバーワンを決めるレースも

明確にした方がいいと思うのである。

 

もっとファンのことを考えて、

誰が見ても分かるようなレース体系にして欲しい。

 

ホープフルSをGⅠにするより前に、

2歳・3歳のダートGⅠを作れっての。

 

まあ、いいや。

 

データ洗ってみよう。

 

■朝日杯FS2018データ分析、人気別成績

ぐえっ!1番人気強えな。ただ、中穴が来ることもある感じだね。いずれにせよ馬券のほとんどは7番人気以内で決着。大穴狙いは無理がありそう(狙うけど。笑)。

 

■朝日杯FS2018データ分析、枠番別成績

見た目フラットですな。あ、これ、中山マイルの成績が混じってるわ。

 

■朝日杯FS2018データ分析、馬体重別成績

2歳戦だが、最低でも440kgは必要か。500kg以上の馬の成績が良いね。馬体の増減は圧倒的にプラス体重優勢。ギリギリに仕上げる感じじゃなく、成長させながら出走してくる感じの方がいいのかな?

 

■朝日杯FS2018データ分析、騎手成績

ミルコ注意報。アドマイヤマーズを買うなら頭で?

 

■朝日杯FS2018データ分析、種牡馬成績

これも中山マイルが混じってるんで何とも言えんが、ディープインパクトとキングカメハメハは要注意ですな。

 

■朝日杯FS2018データ分析、間隔別成績

3週(中2週)、4週(中3週)がよく馬券になっているね。2ヶ月以上の休み明けでも問題はない。

 

■朝日杯FS2018データ分析、前走成績

番組改変があって、最近は傾向が変わってるね。以前は東スポ杯組が強かったんだが、最近はホープフルSに向かうからね出走自体がほとんどない。注目前走は・・・京王杯2歳S(8頭)、500万条件(8頭)。阪神マイルに変わってからは・・・デイリー杯(3頭)、サウジアラビアRC(2頭)。重賞なら2着以内。他は全て1着条件。

【激熱ローテ馬】
・アドマイヤマーズ(デイリー杯1着)
・グランアレグリア(サウジアラビアRC1着)
・ファンタジスト(京王杯2歳S1着)
・ケイデンスコール(新潟2歳S1着)
・ドゴール(サウジアラビアRC2着)
・マイネルサーパス(きんもくせい特別1着)

ローテ的な大穴候補はドゴールとマイネルサーパス!

 

■朝日杯FS2018データ分析、脚質別成績

中山マイルが混じってるんで何とも言えんが、上がり1位の強さハンパねーな。

 

■朝日杯FS2018データ分析、位置取り・上がり3F

過去、牝馬が馬券になったことなし。というか出走自体がほとんどないんだけど。阪神マイルに変わったのが2014年から。あれ?人気データだと荒れない感じだったけど、こうやってみると結構大穴突っ込んできてるやーん!

阪神に変わってからの馬券パターンとしては「差し→差し」だね。去年のダノンプレミアムは例外扱いだろう。ただ、一昨年はボンセルヴィーソは逃げて3着に粘っているねー。やはり穴を狙うなら前か?

穴馬の脚質は、逃げ・差し。

 

■朝日杯FS2018データ分析、厩舎・生産者・血統

東西互角。社台系強し。血統的には・・・阪神に変わってからディープインパクトが3勝。そういうことか・・・と思ってしまうな。個人的には、ロゴタイプやアジアエクスプレスみたいな馬が勝ってしまう中山時代の方が面白かったと思うんだけど。なんでもかんでも瞬発力レースにする必要はないと思う。

 

ケツデータ論。

・瞬発力必須

・前走重賞2着以内or500万1着

・差し馬強し

 

1番人気候補のグランアレグリアは牝馬であること以外には付け入る脇のムダ毛なし。ノーザンFのディープインパクト産駒で前走重賞1着。しかも圧勝の楽勝。新馬戦では阪神JFで人気になるダノンファンジーにラクラク勝っているし、能力が高いのはもう間違いなし。ほんとにキャンタマないのかこの馬・・・。ただ、前走はかなり出遅れて、道中掛かり気味にポジションを上げる競馬。それでも圧勝してしまうのだから底知れないが、スキがないわけではない。

3戦3勝のアドマイヤマーズはセンス抜群。前走のデイリー杯は好スタートからハナを切ってスローに落とし、上がり33.9を繰り出して1着。これが3ヶ月半ぶりのレース、+12kgだったんでね。今回上積み大きいと思う。

同じく3戦3勝ロードカナロア産駒のファンタジストも相当瞬発力が有りそうな一頭。前走の京王杯2歳Sではアウィルアウェイを負かして1着。距離延長が不安視されるかもしれんが、全く問題ないと思うなー。

 

現時点で挙げたい大穴候補マイネルサーパス。アイルハヴアナザー×タマモクロス。サンデーサイレンスの血が入っておらず、血統からは全く阪神マイル適正が感じられないんだが、前走のきんもくせい特別はダントツの上がり最速。レース見てみる?1番の馬に注目。

この時の福島はかなり時計の出る馬場ではあったが・・・強烈な末脚。そろそろマイネルの一発ないかな?

 

あとはサウジアラビアRCでグランアレグリアに決定的な差を付けられたかに見えるドゴール。確かに決定的な3馬身差だったが・・・上がりはコッチの方が上なんだよね。

3馬身差なんてのは、コース・展開・状態が変わればどうにかなる差である。素質があるのは間違いないと思うからね。今回絶好調で出てくれば逆転あるかもよ?調教要チェック!

 

浅次郎の調教チェックは来週やるんでお楽しみに!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

「ギャル流行語大賞」発表

キャバクラに言ったら、あざまる!好きぴ!って言えばいいんだな?(←違う)

 

★モッコリ部員募集中!チャンピオンズCは◎→◯→▲完全的中!

今週の結果はこちら!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

【阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想オッズ・データ分析】阪神芝1600mで行われる2歳牝馬GⅠ阪神JF。今年はダノンファンタジー、シェーングランツ、クロノジェネシス。さてデータではどうか?枠順の有利不利は?脚質は?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?大穴候補はプールヴィル、スタークォーツ、ローゼンクリーガー。

 

さて、難解な2歳戦。

 

フルゲート必至のGⅠジュベナイルフィリーズ!

(舌噛みそうになるわ)

 

■阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

ええと、フルゲートは18頭か。

 

賞金足りない馬が8頭いるから・・・

回避馬が居ない場合は抽選3/8かな。

 

あれ?

 

なんか足りない?

 

あ、グランアレグリアがいねえわ。

 

え?

 

朝日杯に行くのん?

 

ああ、大人の情事か。

 

 

じゃなかった(笑)、

 

大人の事情か。

(藤沢師の使い分けか、いやノーザンFの都合か)

 

人気はファンタジーSを圧勝したダノンファンタジー。

まあそうだろうな。

あれ?鞍上がクリデムになってんな。川田じゃねーのか。

 

2番人気がシェーングランツか。

ソウルスターリングの全妹。

おそらくまだ全然仕上がってない状態で前走圧勝。

能力高そうだなー。調教要チェック。

 

3番人気がクロノジェネシス?

ふーん。そうなんだ。

血統的には阪神マイルって感じは全然しないんだけどなー。

 

さて、データ見てみるさ。

 

■阪神JF2018データ分析、人気別成績

1番人気はまあまあ強いね。1着は全て5番人気以内。2~3着馬も5番人気以内が多く・・・堅い傾向のレースと言えそうだねー。たまにヒモ荒れする時がある感じ。

 

■阪神JF2018データ分析、枠番別成績

内外互角っぽいが、ドッチかと言うと外枠の方がいいか?2歳のフルゲート戦だけに内でゴチャ付きたくないよね。

 

■阪神JF2018データ分析、馬体重別成績

2歳牝馬戦だけに500kgを超えるような馬格の馬はほとんどいないねー。440~479kgが最も馬券になりやすいゾーン。400~419kgでも馬券になっている通り、小さい馬でも走れる(そして小さい馬は人気になりにくい)。

馬体増減は馬体減の方が優勢。調教過程でムダ肉が落ちて行く時期なのかな。

 

■阪神JF2018データ分析、騎手成績

蛯名・福永・ルメール・戸崎注意。そう言えば、現時点でルメールとミルコの名前がなかったがどの馬に乗るんだろうね?

 

■阪神JF2018データ分析、種牡馬成績

おや?もっとディープインパクトが勝ってるようなイメージだったが、そうでもないんやね。ダノンファンタジー、シェーングランツはどうかな?まあ、屈指の瞬発力コースだけに、サンデーサイレンス系上位種牡馬が強いわな。

 

■阪神JF2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けはちょっと割引きしたいね。ベストは4週(中3週)。秋2戦目か3戦目。それ以上はダメ。

 

■阪神JF2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・アルテミスS(6頭)、ファンタジーS(5頭)、500万条件(7頭)。オープン特別からの臨戦は劣勢ですな。アルテミスSの1~2着馬は激熱。ファンタジーSは3着以内。500万条件は1着条件。1400m戦の500万を勝ち上がった馬は穴馬になりやすいですな。

【激熱ローテ馬】
・シェーングランツ(アルテミスS1着)
・ビーチサンバ(アルテミスS2着)
・ダノンファンタジー(ファンタジーS1着)
・ベルスール(ファタンジーS2着)
・ジョディー(赤松賞1着)
・レッドアネモス(サフラン賞1着)
・プールヴィル(りんどう賞1着)
・スタークォーツ(500万条件1着)
・ローゼンクリーガー(秋明菊賞1着)

プールヴィル、スタークォーツ、ローゼンクリーガーあたりは前走1400。全然人気ないけど隠れ爆乳かもよ?

 

■阪神JF2018データ分析、脚質別成績

スローの瞬発力勝負が基本のレース。差し馬が圧倒的に強いですな。差し・追い込みで馬券の8割を占めてるよ。逃げ馬は壊滅。速い上がり必須。

 

■阪神JF2018データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→差し」「差し→先行」。この2パターンのみ。メジャーエンブレムとソウルスターリングは例外扱い。とにかく中団から速い上がりを使えるタイプを狙いたい。ただし、

穴馬の脚質は先行!

2015年のウインファビラス、2012年のクロフネサプライズみたいな馬を探したい。

 

■阪神JF2018データ分析、厩舎・生産者・血統

お・・・関西馬の方が強いかと思ったら東西互角だね。生産者はもう社台系が圧倒的に強い。特にノーザンF。ノーザンFはほんとに2~3歳戦に強いね。父系はサンデーサイレンス系主要血統。ディープインパクト、ダイワメジャー、ステイゴールド、ハーツクライ。キングカメハメハはイマイチ?母系はミスプロ系かノーザンダンサー系。

 

ケツデータ論

・瞬発力必須!

・前走はアルテミスS、ファンタジーS、500万条件!

・差し優勢も、穴馬は先行!

 

1番人気候補のダノンファンタジーは、ノーザンF生産の高馬(9,000万円)。ローテ・血統・瞬発力ともに文句なし。ただ、最近ファンタジーS組は奮わないのが気になるところ。2番人気候補のシェーングランツは社台F生産の超良血馬(総額8,000万円)。この馬もまたローテ・血統・瞬発力全て文句なし。最近はアルテミスS→阪神JFが主流となりつつあるからね。この2頭が人気的にも抜けると思う。

 

現時点での穴馬候補は・・・ベルスール、メイショウショウブ、ラブミーファイン、グレイシア、ジョディー、プールヴィル、ローゼンクリーガー、スタークォーツあたり。そろそろ大荒れしてくんないかな(笑)。

 

情事の続きは、股来週。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

iPhoneのバッテリー交換

3年使ってるiPhoneのバッテリーがすぐ無くなっちゃうようになったからさ。バッテリー交換に行ったわけよ。最初は「全部データが初期化される」って聞いてたからビビってたんだけどね。icloudのバックアップからデータ復旧したら、アプリもデータもすっかり全部元通り。いやー便利な世の中になったねー。料金は3,200円。この料金でバッテリー交換出来るのは今年までらしいゾ!

 

★モッコリ万馬券倶楽部のご案内。一生競馬を楽しみたい方へ。

先週の成績はこちら

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【チャレンジカップ2018大穴予想・データ分析】阪神芝2000mで行われる別定GⅢチャレンジC。今年はレイエンダ、エアウィンザー、ダンビュライトが人気になりそうだが、当然大穴狙いで逝く!今回データ分析は参考にならんかもだが、激熱ローテ馬はマルターズアポジー、マイネルフロスト、ステイフーリッシュ。

 

土曜日はステイヤーズSもあるんだが・・・

アルバートが飛んだら面白そうだなあ

 

とりあえず狙ってる馬がいるんでコッチ。

 

■チャレンジC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はレイエンダか。

 

ご存知レイデオロの全弟。

セントライト記念2着で菊花賞の優先出走権を取るも、

菊花賞には出走せずにココへ。

調べてみたんだが、

何かアクシデントがあったわけじゃないっぽいんだよね。

 

うーむ。疲れが出たのか、不安なところがあるのか・・・

それとも距離適性か・・・

藤沢師ぽいと言えばそれまでだが、

どうせなら菊花賞に出て欲しかったなあ。

いや・・・ガチでココを取りに来てるのかもしれん。

 

ま、素質馬だし、

鞍上ルメールだし、1番人気確定だろう。

 

 

あ、私のレイエンダ見っけ(笑)!

 

しかし、現代との美意識の差に驚かされるな。

 

さてと、

 

データ見てみるか。

 

あ、データは過去6年分しかないですな。

(それ以前は9月に行われていた)

 

さらに・・・2000mになったのは去年からだよ。

こりゃさすがにあんまり参考にならんなー。

(阪神1800と阪神2000はコース的に全く別モノ)

 

■チャレンジC2018データ分析、人気別成績

1番人気は勝つか飛ぶか?意外と穴っぽいところも来る半ボッキレース。

 

■チャレンジC2018データ分析、馬体重別成績

439kg以下だと割引ぽいがあまり気にしなくていいかな。馬体増より馬体減の方が買い?

 

■チャレンジC2018データ分析、枠番別成績

昨年まで1800で行われていたからね。わたしのナニと同じで全くアテになりませぬ。

 

■チャレンジC2018データ分析、騎手成績

ミルコはエアウィンザーか・・・要注意やな。

 

■チャレンジC2018データ分析、種牡馬成績

うーん、これもほとんど阪神1800でのもので・・・全くアテにならん。あ、簡単に言うと「阪神1800mはワンターンの外回り戦。スローの瞬発力勝負が基本」「阪神2000mはコーナー4回の内回り戦。タフな持久力戦が基本」である。もう傾向が全然違うわけよ。

 

■チャレンジC2018データ分析、間隔別成績

休み明けは割引。明け3戦目が激熱ですな。

 

■チャレンジC2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・菊花賞(3頭)、福島記念(4頭)。ああ、2016年より以前はハンデ戦だったんだね。準オープンからも4頭馬券になってる。基本的に前走の着順は不問。準オープンからは1着条件。オープン特別からは3着以内。

【激熱ローテ馬】
・ステイフーリッシュ(菊花賞11着)
・マイネルフロスト(福島記念9着)
・マルターズアポジー(福島記念7着)
・エアウィンザー(カシオペアS1着)
・トリコロールブルー(カシオペアS3着)
・マウントゴールド(オクトーバーS1着)
・アメリカズカップ(アンドロメダS3着)

 

■チャレンジC2018データ分析、脚質別成績

ちょっと参考にならないね。

 

■チャレンジC2018データ分析、位置取り・上がり3F

これもちょっと参考にならない。

 

■チャレンジC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

15/18で関西馬優勢。ノーザンF強いね。血統もあまり参考にならないが・・・サンデーサイレンス系とノーザンダンサー系の活躍が目立つ。

 

ケツデータ論。

・秋3戦目

・菊花賞組or福島記念組

・小回りが得意な持久力型

 

ま、今回のケツデータ論はあまり参考にならんわけだが、それでも何とか穴馬を見つけて行きたい。

まず持って狙いたいのは・・・マルターズアポジーである。この馬が真価を発揮するのはコーナー4つの小回り平坦1800~2000m戦。阪神の坂は確かに微妙だが、ぶっ飛ばして逃げた今年の鳴尾記念で4着、中山記念ではアエロリットとクビ差の3着。開幕馬場で馬場がどうなっているのか不明だが、内伸び馬場ならこのメンバーでも十分やれると思う。この秋3戦目。前走福島記念。ケツ条件はピッタリ。是非武士沢でお願いしたい。

次に、菊花賞11着のステイフーリッシュ。京都は向く!と見て、菊花賞ではこの馬に◎を打ったんだが、見せ場なしの11着。出遅れて後方からになったのも痛かったが、この馬にとっては「超スローの2F瞬発力戦」だったのが何より辛かった。で、今回は阪神の内回り2000m。もしかしたらコッチの方が適正高いかもしれない。秋3戦目。激熱ローテ。アッサリ勝っても全く驚かないぞ。

大穴に、マイネルフロスト。この馬も小回り2000がベスト。近走は冴えないが、中山や阪神や福島適正が高く、重賞で何度も好走している馬。私も忘れていたが、ダービー3着馬でもある。頭は厳しいかもだが2~3着なら十分可能性アリ。

 

レイエンダはもうサックリ斬るとして(え)、

ダンビュライトの扱いが難しいな。

大阪杯6着、宝塚記念5着の実績はここではダントツ!

しかし・・・

 

 

天皇賞秋での馬場入り。

何があったかは分からんが、

相当馬場入りを嫌がり・・・戸崎を振り落として放馬。

 

また、同じことが起きないとも言えんし、

精神的なダメージも気になる。

(馬がレースで走らなくなるケースもある)

 

調教は要チェックですな。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

浅次郎POG2018~2019の途中経過を貼っておこう。

浅次郎POG2018~2019第1グループ

浅次郎POG2018~2019第2グループ

 

総勢65名が参加中の浅次郎POG(来年は50人限定にしようっと)。現在1位は、アウィルアウェイ、ダノンファンタジー、サートゥルナーリアを擁するK.Sさん。しかし2位以下も僅差だし、12月はGⅠ戦が3つ行われるんで大きく順位は変わってくるだろうと思う!下位の方もまだまだだぜっ!これからデビューする馬がダービーを勝つことだってあるし・・・アーモンドアイだって去年の今頃は1勝馬だったからね!

ちなみに、浅次郎(asajiro)その1は第1グループで37位(げふっ)。浅次郎その2は72,700,000ポイントでまあまあの所につけているね。貴方は何位かな?

 

★モッコリ万馬券倶楽部のご案内。一生競馬を楽しみたい方へ。

先週の成績はこちら

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【京阪杯2018大穴予想・データ分析・展開分析】京都芝1200mで行われる別定GⅢの京阪杯。人気はダノンスマッシュ、アレスバローズ、ワンスインナムーンだが、当然大穴狙いで逝く。枠の有利不利、脚質、種牡馬、前走ローテは?展開、隊列、ペースは?狙いは爆穴コウエイタケル!ナガラフラワー!ナインテイルズ!ベステンダンク!

 

京阪杯は12R

 

ジャパンカップの影響なんだろうけど、

普通に11Rで良くね?

現地で買う人は気ぃつけてなー!

 

■京阪杯2018オッズ

netkeibaより抜粋

 

ウッシッシ!

 

これは荒れそうな気配タップリケツ。

 

早速データ洗ってみよう。

 

■京阪杯2018データ分析、人気別成績

うっしゃっしゃ!一番人気弱っ!そして穴馬がかなり来てるっ!こりゃ穴党向けのレースですなー!

 

■京阪杯2018データ分析、馬体重別成績

意外と馬格のない馬でもやれますな。ただし439kg以下は割引か。馬体の増減はあまりない方がいい。

 

■京阪杯2018データ分析、枠番別成績

うへぇ・・・内枠優勢ですな。回収率や平均着順を見てもをれは明らかで。1~4枠はプラス。5~8枠はマイナスして良さそう。

 

■京阪杯2018データ分析、騎手成績

このレースって毎年ジャパンカップの裏だっけ?ま、いいや。当然関西騎手が強いんだが、かなりバラバラだね。穴っぽい騎手も相当馬券になってる。

 

■京阪杯2018データ分析、種牡馬成績

種牡馬傾向もバラバラ。サンデーサイレンス系は良くないねー。

 

■京阪杯2018データ分析、間隔別成績

休み明けは割引。使い詰めでもOK。3週(中2週)、4週(中3週)が理想。

 

■京阪杯2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・スワンS(9頭)、京洛S(8頭※現在は行われていない)、オパールS(4頭)。スワンSは8着以内。オパールSは5着以内条件とする。あと桂川Sの1着馬に注意。芝1200~1400のみ。

【激熱ローテ馬】
・キングハート(スワンS8着)
・コウエイタケル(スワンS5着)
・ベステンダンク(スワンS4着)
・アンヴァル(オパールS1着)
・グレイトチャーター(オパールS2着)
・エスティタート(桂川S1着)

1番人気候補のダノンスマッシュは3ヶ月の休み明け。最も馬券になりそうなスプリンターズS組もあまり馬券になっておらず・・・ワンスインナムーン、アレスバローズあたりには不安なデータ。

 

■京阪杯2018データ分析、脚質別成績

極端なデータだなあ。頭は逃げ・先行相手に差し・追い込みというパターンが多いね。上がりデータにもそれは表れてますな。上がり上位馬は2~3着までってパターンが多い。

 

■京阪杯2018データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬は9頭。来る時は2頭。2~3着ってパターンが多いね。馬券パターンは「逃げ→先行」「逃げ→差し」「先行→差し」。差し馬が頭で来たのは2009年のプレミアムボックスくらいのもんで、1着は基本前の馬。

穴馬の脚質はもう何でもありだが、逃げ・先行馬に注意したい。

 

■京阪杯2018データ分析、厩舎・生産者・血統

26/30で関西馬優勢。関東馬は割引。社台系イマイチやなー。特にこの5年はほとんど馬券になっていない。血統もぐちゃぐちゃだが、ミスタープロスペクター系に注意。

 

続いて、

 

展開見てみよう。

 

■京阪杯2018展開予想

逃げ候補は
ワンスインナムーン
ナインテイルズ
オールポッシブル
ベステンダンク
ダノンスマッシュ

先行勢は
コウエイタケル
エスティタート
ダイアナヘイロー
キングハート
ビップライブラリー

差し勢は
アンヴァル
アサクサゲンキ
ダイメイフジ
アレスバローズ
ナガラフラワー
グレイトチャーター

追い込み勢は
フミノムーン
カルヴァリオ

行くのはスプリンターズSでも逃げたワンスインナムーンか?あるいは快速ナインテイルズか?はたまたオールポッシブルが行くのか?ダノンスマッシュ、ベステンダンク、コウエイタケルあたりが好位につける感じかな。

スプリンターズSを33.0で逃げたワンスインナムーンのペースならスローにはなるまい。相当厳しいラップになるか?しかしこのレースは前有利。オススメなのはワンスインナムーン頭のヒモ荒れ馬券。ただ、人気サイドなんで私は違う馬から行く。

 

狙いは前目。

 

ダーっ!と行ったまんまの前残り決着希望。

 

一応上がり3Fデータも見ておくか。

 

上がり1位候補は

・カルヴァリオ
・アレスバローズ
・グレイトチャーター

アレスバローズとグレイトチャーターは差しタイプでも押さえが必要か。カルヴァリオはなんで人気になってるのか謎だったんだが・・・前走上がり3F1位はこの馬だけなんやね。

 

さてと・・・

 

荒雲雷鳴轟く、

伝説狙いのケツ夢馬券で逝く!

 

■京阪杯2018予想印

 

◎ コウエイタケル(15番人気)
◯ ワンスインナムーン(4番人気)
▲ ナガラフラワー(12番人気)
△ ベステンダンク(10番人気)
△ オールポッシブル(13番人気)
△ ナインテイルズ(17番人気)
△ アレスバローズ(3番人気)
△ グレイトチャーター(2番人気)

 

ド根性で本命コウエイタケル。「大佐ぁ!大佐ぁ!」というムスカの手下の声が聞こえてくるが、無視して先に進む。ハイレベルだったセントウルSで僅差4着だった馬である(2着ラブカンプーとは0.2秒差、グレイトチャーターとは0.1秒差)。ここでも十分戦えると思うのは斉藤由貴の夢の中だろうか。ちょっと力の要る今の馬場、距離短縮、内枠、先行脚質、激熱ローテ・・・データ的に買い材料豊富。超ナメられたオッズになっているが、この馬に我がケツの穴を委ねたい。頼むぜ小牧!

相手筆頭は逃げのワンスインナムーン。単穴にCBC賞2着のナガラフラワー。以下前に行きそうなベステンダンク、オールポッシブル、ナインテイルズなどの爆穴を散りばめて伝説のケツ馬券を狙う。アレスバローズとグレイトチャーター押さえ。

 

馬連 ◎流し @100円
3連複 ◎◯流し @100円
3連単 ◎→◯▲ @100円

 

頑張れ!コウエイタケル!

 

 

【おまけ】日曜無料情報

■堅チクビ馬(複勝率80%以上)
東京6R 5番
東京11R 1番(アーモンドアイ)

■おまけのモッコリ馬
東京9R 3番
京都3R 1番

アーモンドアイは堅チクビ馬か・・・

 

★期間限定!モッコリ部員募集中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

 

 

【チャンピオンズC2018予想オッズ・データ分析】阪神ダート1800mで行われる中央ダートGⅠ戦。人気は3歳ルヴァンスレーヴとゴールドドリーム。この2頭で堅い?データ分析では?枠順・脚質・前走ローテは?騎手・厩舎・馬体重は?外国馬パヴェルの実力は?穴馬候補はノンコノユメ、オメガパヒューム、サンライズノヴァ、大穴候補は?

 

もう忘れた人もいるかもしれんけどね。

 

このレース、

最初は「ジャパンカップダート」って名称だったのよ。

コースも「東京ダート2100m」だったわけ。

 

しかし年々海外馬の参戦が減り・・・

 

阪神ダート1800に変わり・・・

 

海外馬はほとんど参戦しなくなり・・・

 

ついに、

「ジャパンカップダート」

なんて言うのが恥ずかしくなったのか、

 

2014年から中京ダート1800に変わって

名称が「チャンピオンズC」になったわけだ。

 

今年もどうせパツキン美女の参戦ないんだろうな・・・

どうせルヴァンスレーヴとゴールドドリームで決まりだろ・・・

 

 

と思いきや!

 

■チャンピオンズC2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

なかなかの実績ある外国馬来たねー!

 

パヴェル!

 

ザギトワ級美女かどうかは分からんが、

昨年のドバイワールドカップ4着馬だ!

 

早速そのレースを見てみよう。

8番、紫の帽子の馬に注目。

 

 

ぬう。1着のサンダースノーには離されたが、2~3着馬とはそう差のない4着。先行して最後まで垂れることなく走りきってますな。そう目立つ感じではないが・・・アメリカGⅠでの実績もあり(ダート1800m1:49.1)。これは意外と侮れないのではないか。

 

3度ドバイWCに挑戦したホッコータルマエは16着、5着、9着。

 

このパヴェルって馬の実力

ホッコータルマエ級と思っておいていいのかもしれん。

 

ま、一番の問題は状態面だけどな。

とにかく海外馬が日本で競馬をするには不利なことが多すぎる。

直前に空輸して、ロクに追い切りもしないで本番だからね。

パヴェル号来日

 

着いたのは21日水曜日。

空輸の時間・・・17時間だってよ。

 

人間だって17時間も飛行機に乗ってたらドロドロだよね。

日本国内の輸送とは全くレベルが違う。

せめて1~2週前とかに来日してトレセンで調整出来ればいいのにね。

 

過去、アメリカから来た馬で馬券になったのは

フリートストリートダンサーくらい?

他にいたかな?

 

データ見てみよう。

 

※2008年~2013年はジャパンカップダート(阪神ダ1800m)のデータ。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、人気別成績

ぬう。1番人気安定してんな。しかし2~4番人気はイマイチ?むしろ5~8番人気の方が馬券になる感じ。大荒れはしないけど中荒れが期待出来るレース。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、馬体重別成績

さすがダートのGⅠ。馬格は必須で、多くの馬が500kgオーバー。馬体は減ってるより増えてる方が断然良い。+10kg以上でも気にしなくていい。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、枠番別成績

ジャパンカップダート時代のデータが混じっているのでちょっと参考にならないかな?

 

■チャンピオンズC2018データ分析、騎手成績

ルメール(ゴールドドリーム)注意報。ムーアは何に乗るんだ?パヴェルとかやめてよ?

 

■チャンピオンズC2018データ分析、種牡馬成績

結構バラバラだなー。一応有力なのはキングカメハメハとゴールドアリュール。ただし分母も大きいので信頼度はイマイチ。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割引。間隔が詰まり過ぎているのも良くないかな。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、前走成績

注目前走は、JBCクラシック(11頭)、みやこS(8頭)、武蔵野S(4頭)。重要ステップはこの3つ。特にJBCクラシックの1~3着馬はかなり強い。みやこSは3着以内条件、武蔵野Sは1着条件。全体的に言えることだが、前走惨敗からの巻き返しは期待薄。今年はみやこS組の参戦なしか。人気を集めそうな盛岡のマイルCS組は異ローテ。

【激熱ローテ馬】
・ケイティブレイブ(JBCクラシック1着)
・オメガパヒューム(JBCクラシック2着)
・サンライズソア(JBCクラシック3着)
・サンライズノヴァ(武蔵野S1着)

逆に言うと、これ以外の馬は人気が落ちるので美味しい。例えばJBCクラシック4着のノンコノユメ。JBCレディスのアンジュデジール。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、脚質別成績

前後互角・・・と言えるだろうか。上がり1位馬は高確率で馬券に絡むね。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、位置取り・上がり3F

今まで3歳は【0.2.2.18】。ルヴァンスレーヴにとっては嫌なデータ。牝馬で馬券になったのは2015年のサンビスタのみ。馬券パターンは基本的になんでもアリだが・・・中京になってからは「差し→先行」か。上がり1位は勝ち切れずに2~3着ってパターンが多い。

穴馬の脚質も何でもアリ。

 

■チャンピオンズC2018データ分析、厩舎・生産者・血統

27/30で関西馬が圧倒的に優勢。過去10年海外馬は一頭も馬券になっておらず。ノーザンFの影が相当薄いね。ダート路線に力を入れてないのがバレバレですなあ。血統は掴みづらいが、基本的にはダートが得意なパワー血統。

 

ケツデータ論

・中荒れ期待

・JBCクラシック組、武蔵野S組

・前後互角

 

3歳にしてすでにダート界最強では?との呼び声高いルヴァンスレーヴが1番人気だろう。ユニコーンSを圧勝し、返す刀でジャパンダートダービーを制覇。この時負かしたオメガパヒュームがJBCクラシックで2着。さらに現役最強ダート馬のゴールドドリームを盛岡のマイルチャンピオンシップで撃破。実力の裏付けはすでに済んでおり、後はコース適性とか展開とかデキがどうなるか?って問題だけ。データ的にはあまりオススメ出来ないけど・・・

 

個人的には、

ジャパンカップのアーモンドアイより

ルヴァンスレーヴの方が確実なんじゃね?

 

と思ってしまうな。

(アーモンドアイはまだ古馬牡馬と未対戦だからね)

 

まあ、その是非は置いておいて、

ルヴァンスレーヴが抜けている可能性は非常に高いんでね。

 

この馬の取捨が大きなポイントとなるだろう。

 

現実的な穴馬候補は・・・パヴェル、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、オメガパヒュームあたり。夢精しがちな大穴はアンジュデジール、クインズサターン、ミツバ、ヒラボクラターシュあたり。

 

夢の続きはまた後日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

ダンスインザダークからハルウララまでサラブレッドの知られざる「その後」

ダンスインザダークはもう種牡馬引退してたんか・・・現役産駒もほとんど見ないもんなあ。是非この血は繋いで欲しかったが・・・

 

★期間限定でモッコリ部員募集中!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

【京都2歳S2018予想オッズ・データ分析】京都芝2000mで行われる2歳GⅢ京都2歳S。人気はワールドプレミア、ミッキーブラック、クラージュゲリエになりそうだが、大穴馬を探す!データ分析では枠順の有利不利は?脚質は?馬体重、騎手、種牡馬、前走ローテは?大穴候補はペルソナデザイン、ヤマカツシシマル、ショウリュウイクゾ!

 

このレースの歴代の勝ち馬を見るとね。

 

エピファネイア、ヴィクトワールピサ

ってな大物もいるんだが、

東スポ杯2歳Sほどの出世レースじゃないんだよね。

 

 

なんか微妙な馬がならんでる。

 

ま、重賞になってまだ4年だし、これからかもだけど。

 

今年はどうかな?

 

■京都2歳S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はワールドプレミアかな。

武豊騎乗、ワールドエースの全弟っていう血統面も人気の要因だが、

前走の新馬戦は10月の京都1800で1:48.0。

 

 

うーん、なかなか強そうだなー。

 

尚、リアルスティールの全妹ラヴズオンリーミーは、

白菊賞に回る予定とのこと。

 

さて、データ見てみよう。

 

■京都2歳S2018データ分析、人気別成績

ぎえっ・・・!1番人気の複勝率90%かよ・・・。いや、まてまて落ち着け。毎年少頭数だし、平均オッズ1.9倍での成績だから鵜呑みには出来んな。3着以内は外さんとしても、頭で来る確率はそんなに高くねえ。そんで2~3着は結構荒れてるぞな。

 

■京都2歳S2018データ分析、枠番別成績

枠は概ねフラットかな。あまり気にしなくていいかも。

 

■京都2歳S2018データ分析、馬体重別成績

2歳戦であるが・・・460kgは欲しいところ。馬体の増減はもちろん少ない方がいいね。

 

■京都2歳S2018データ分析、騎手成績

武豊無双・・・なるほど。これもあってワールドプレミアは売れちゃいそうだね。

 

■京都2歳S2018データ分析、種牡馬別成績

ハーツクライディープインパクト・・・サンデーサイレンス系主流種牡馬が強い。穴っぽいところではハーツクライ産駒のペルソナデザインとか面白そうね。キングカメハメハはイマイチな成績・・・。

 

■京都2歳S2018データ分析、間隔別成績

使ってる馬が優勢。2ヶ月以上の休み明けだと2~3着が精一杯って感じ。5ヶ月の休み明けショウリュウイクゾは割引か。

 

■京都2歳S2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・新馬戦(14頭)が最も多く、未勝利戦(5頭)、萩S(4頭)、500万条件(3頭)と続く。前走が重賞ってのは3頭しかいない。新馬戦・未勝利戦は言うまでもなく1着条件。500万条件は2着以内。萩S・重賞は着順不問(爆穴パターン)。そして、前走京都が圧倒的。

【激熱ローテ馬】
ワールドプレミア(京都の新馬戦1着)
ヤマカツシシマル(京都の未勝利戦1着)
ブレイキングドーン(萩Sで放馬。笑)
スズカカナロア(デイリー杯7着)
クラージュゲリエ(札幌2歳S3着)

 

■京都2歳S2018データ分析、脚質別成績

京都の内回り戦だけに先行が優勢か。先行チョイ差しが利用だね。逃げ馬にも注意。

 

■京都2歳S2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、好位に付けて「上がり1~3位」を使えるような馬(つまり能力上位の馬)が強い。2016年のカデナ、2013年のトーセンスターダムのような後方一気は例外扱いでいいかも。馬券パターンとしては「先行→先行」「先行→逃げ」あるいは、差し馬が頭のケースで「差し→先行」「差し→差し」か。軸馬の脚質によって相手も決めた方がいいかもね。

穴馬の脚質は、逃げ・先行。

特に、逃げ・番手馬に注意。スローの前残りあるぞ。

 

■京都2歳S2018データ分析、厩舎・生産者・血統

27/30で関西馬優勢。関東馬は辛いね。生産者は当然の如くノーザンFが鬼強。今年もノーザンFの馬に人気集中。血統的にはもうサンデーサイレンスの血必須。母系はノーザンダンサー系かミスプロ系。

 

ケツデータ論。

・1番人気は押さえとけ。

・新馬組、未勝利組

・逃げ、先行馬が狙い目。

 

残念ながら、ワールドプレミアはデータ的に完璧である。ノーザンF生産の関西馬で武豊騎乗。京都の新馬戦1番人気1着で中4週。血統的にもタイム的にも文句なし。今回も少頭数になりそうだし。かなりの確率で馬券になりそう。

 

ただ、完璧に美しい女は居ても、

 

 

全てにおいて完璧な女はいない・・・

 

のと同じように、

 

完璧な馬なんてのもこの世には存在しない。

 

中間に一頓挫(熱発?)あったという噂もあり、

調教は要チェックである。

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、上でも挙げたがハーツクライ産駒のペルソナデザイン。関東馬なのがネックだが、新馬戦惨敗から未勝利戦で一変しており、非常に面白い存在。コース適性的にはこの馬が一番かもしれない。

それから、逃げ馬候補のヤマカツシシマル。この馬も2戦目で一変して逃げ切り。超スローでタイムも遅く、レースレベルは疑問だが、それでも「逃げて勝った」というのが大事。今回もこの馬が逃げるのであれば(松山なら行くだろう)ワンチャンあるかもしれん。

そして、ガチで狙っているのがショウリュウイクゾ。我がPOG馬なんで贔屓目もあるんだが、新馬戦は大きく出遅れつつ、道中ポジションを上げつつ、直線は馬群を割って力強く伸びて上がり最速。

お母さんのショウリュウムーンの走る姿が大好きだったんだよね。今回5ヶ月の休み明けってことで常識的には必要ないんだろうけど、2歳のこの時期はズンドコと成長する時期である。デキ次第で頭まであると思っているのはやはり贔屓目だろうか。全ボッキで応援したい。

 

結論は土曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

法人としての日産も立件へ 長期で巨額の虚偽記載を重視

年俸10億円でも驚きだったのにねー。まさかその倍とは・・・!

 

★一生競馬を楽しみたい方へ。

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【ジャパンカップ2018予想オッズ・データ分析】東京芝2400mで行われる国際GⅠジャパンカップ。アーモンドアイが圧倒的な人気を集めそうだが、データ分析ではアーモンドアイは買い?枠順の有利不利は?脚質は差し?先行?馬体重・騎手・厩舎・種牡馬・前走ローテは?スワーヴリチャード・サトノダイヤモンドはどう?穴馬候補は?

 

うわー・・・

 

アーモンドアイ、予想オッズで1.7倍か・・・

 

こりゃダントツ人気になりそうですなー。

 

■ジャパンカップ2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

スワーヴリチャードやサトノダイヤモンドを押さえて、

アーモンドアイがダントツ人気を集める模様。

 

確かに・・・

アーモンドアイ53kgは反則だろ・・・と思う。

 

頼みの海外勢も2頭しかいねえし、

(せめて5~6頭くらいは集めてくれよJRA!)

 

東京の馬場が合うのか謎だし・・・。

(多分合わないよなあ・・・)

 

だけんどもしかし!

 

 

競馬に絶対はない。

 

単勝1.1倍の馬がコロッと負けたりするのが競馬だ。

 

いつだって何が起こるか分からんのである。

 

アーモンドアイとて死角がないわけではないぞ!

 

・古馬とは初対戦

・牡馬との対戦はシンザン記念以来

・距離2400m

 

「浅次郎さん、牡馬・古馬に対する懸念はまあちょっとは分かりますが、オークス圧勝してるし距離は大丈夫なんじゃないですか?」

 

うん。そうなんだけどね。じゃあ、アーモンドアイのベスト距離は?って考えた時に、やっぱり1600~2000mなんじゃないかと思うわけ。もちろん2400mくらいまでは許容範囲だろうけど、決してベスト距離じゃないと思うのだ(本質はマイラーって可能性すらあると思っている)。

 

そして今回は全ての馬からマークされる立場。

 

・・・

 

もし、

 

もし君のスカートの先っちょを

 

私の指で摘むことが許されるのなら、

 

 

10cm・・・

 

いや、5cmでいいからめくりたい。

 

そう妄想してしまうのが

 

浅次郎という生き物なのだ・・・。

 

果たして、

 

アーモンドアイのスカートを摘むことは出来るのか?

 

今日はアイネクライネでも聴きながら、

 

 

ジャパンカップのデータ見てみよう。

 

惨憺たる夢を見ませんように。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、人気別成績

ひええっ!1番人気強ええっ!スカートを摘むことすら出来んか・・・。1着は5番人気以内。2着も堅めで荒れても7番人気まで。ただし、3着は結構荒れる。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、年齢別成績

いつもは年齢データやらないんだが、今回はちょっと気になったんで調べてみた。3歳は出走数からすると相当健闘してますな。馬券率で言えば最も高い。ただし、3歳馬のほとんどがGⅠ連対馬だからその点は考慮(人気になってるね)。回収率で言えば4歳が買い。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、馬体重別成績

このレース、意外と大きい馬がイマイチで・・・500kg以上の馬より460~499kgの馬の方が狙い目。アーモンドアイは前走+14kgで480kg。これが成長分だとすると恐ろしいですな。

馬体の増減については、増えてても減っててもいいんだが、明確な点が2つ。「10kg以上の増減」は割引。馬券の半分は「±2kg以内」である。なるべく増減は少ない方がいい。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、枠番別成績

絶対的にチェックしておきたいのが「東京2400は1枠が神枠」ってこと。ダービーでもそうだが、ジャパンカップでも同じ。1枠の複勝率は40%で回収率は全て100%越え。2枠はあまり馬券になっていないが、平均着順を見れば分かる通り、この枠も有利だぞ。大外枠は意外と悪くないからね・・・アーモンドアイは6~7枠でおなしゃっす。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、騎手成績

日本人騎手は、武豊・岩田・池添・四位・福永。あとは外人。シュヴァルグランには誰が乗るんだろうね。ボウマンは騎乗停止で来れなくなったんでしょ?え?クリスチャン?うーん、なるほど。カプリにムーアっしょ。あとミッキーロケットには誰が乗るんだ?和田大丈夫なん?落馬の影響なし?

 

■ジャパンカップ2018データ分析、厩舎成績

いつもは厩舎データはやらないんだけど(分母が少なすぎるからね)、このデータは見ておいた方がいいなと。驚異的なのが角居厩舎。10年で12頭出走させてるのもスゴイんだが、そのうち6頭が馬券になっているよ。

もちろん現在は「調教停止中」のため(→角居調教師「飲酒事故」逮捕の高すぎる代償!)、角居厩舎の馬は居ないわけだが、この件にともない転厩した「隠れ角居厩舎」の馬がいる。中竹厩舎のキセキである。人気がどうなるか不明だが・・・天皇賞秋3着からの激熱ローテ。怪しい雰囲気ですぞ。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが強い!・・・と思ってしまうが、ディープインパクトの3勝はジェンティルドンナの連覇とショウナンパンドラ。あとデニムアンドルビーの2着があってね。馬券の多くは牝馬なのである。牡馬で馬券になったのはラストインパクト(2着)とスピルバーグ(3着)のみ。このレース・・・錚々たるディープ牡馬の一線級は儚く散ってるんですな。サトノダイヤモンドやマカヒキにとっては嫌なデータ(マカヒキは去年4着)。

むしろキングカメハメハ(ミッキーロケット)やハーツクライ(スワーヴリチャード、シュヴァルグラン)の方が相性いいかもしれん。特注はジャングルポケット(ノーブルマーズ)。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けで馬券になった馬はゼロ。宝塚記念からブッツケのサトノクラウンはさすがに厳しいか。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、前走成績

注目前走は・・・天皇賞秋(17頭)、京都大賞典(3頭)、凱旋門賞(3頭)。天皇賞秋が圧倒的に強いね。そして天皇賞秋からであれば着順不問。二桁着順からの巻き返しもある。京都大賞典はココ最近馬券になってるローテで4着以内条件。凱旋門賞は今年不在。秋華賞からは2頭が馬券になっているね。

【激熱ローテ馬】
・キセキ(天皇賞秋3着)
・ミッキーロケット(天皇賞秋5着)
・マカヒキ(天皇賞秋7着)
・スワーヴリチャード(天皇賞秋10着)
・サトノダイヤモンド(京都大賞典1着)
・シュヴァルグラン(京都大賞典4着)

 

■ジャパンカップ2018データ分析、脚質別成績

このデータを見ると・・・脚質は差し優勢。ただし、上がり1位の馬は勝ち切れず2~3着のイメージ。むしろ上がり2~3位の方が狙い目か。過去10年で逃げて馬券になったのはキタサンブラックのみ。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、位置取り・上がり3F

ご覧の通り、牝馬のキレが通用するレースである。アーモンドアイもココに名を連ねられるか?買うなら頭だなあ。馬券パターンとしては・・・ん?

「先行→差し」

このパターンばっかりやないけ!例外は2015年と2011年くらい?ジェンティルドンナとかローズキングダムとかウオッカとかスクリーンヒーローは「差し」扱いになってるが、どう見ても「先行」扱いでいいだろう。

上がり1位馬が「2着止まり」なのは見ての通り。このレース・・・先行した実力馬が止まらないレースなのである。上がり最速候補アーモンドアイの2着付けとか面白いかもね。

穴馬の脚質は、先行・差し。

 

■ジャパンカップ2018データ分析、厩舎・生産者・血統

うひー!26/30で関西馬が超優勢!関東馬・・・マジで弱いなあ。海外馬は過去10年一度も馬券になっていない(ま、2流の馬しか来ないからしょうがないんだけど)。今年も切りでオッケーか。

そして注目が・・・社台系の強さ!毎年毎年・・・馬券圏内をほぼ独占。まあ、国内最高賞金のレースだし、このレースとダービーを勝つために馬を作ってるようなもんだからね。当然そうなるわな。

サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系が好相性だが、トニービンの血にも注目したい。

 

ケツデータ論。

・内枠有利!

・天皇賞秋組と京都大賞典組!

・先行→差し!

 

1番人気濃厚なアーモンドアイは「1番人気であること」が最も強力なポイントであるが、データ的に文句なし!ってわけではない。関東馬だし、異ローテだし、血統的に距離の不安もある。上がり1位馬は2~3着まで・・・というデータもある。オークスのような5~6番手の競馬が出来れば確勝なのかもしれんが、それは相応のリスクを伴う乗り方となる。枠順にもよるが、中団~後方寄りのレースになるんだじゃなかろうか。本命党はこの馬から買えばいいと思うが、穴党は2~3着固定とかヒモ候補まででいいと思う。

アーモンドアイの人気が抜ける理由の一つにスワーヴリチャードが天皇賞で10着惨敗したことがあるだろう。この馬が天皇賞を勝っていれば・・・もっと僅差の人気になっていたと思う。あるいは勝ち方によってはこちらが1番人気だったかも。データ的には、関西馬・ノーザンF・激熱ローテ・距離適性・コース適正・血統・鞍上ともに文句なしである。そもそもの狙いはジャパンカップだったはずだし、脚質に自在性があるのも強み。問題は・・・出遅れ癖。

そしてサトノダイヤモンドの人気もイマイチ上がって来ないのか???前走で復活勝利を上げ、鞍上モレイラならもっと人気になっていいと思うのだが・・・それほどアーモンドアイを支持するファンが多いのかな?こちらもデータ的にはパーフェクト。ただ、ディープインパクトの牡馬はこのレースとの相性が悪いんだよね。好走確率は高いと思うが、勝ち切るまではどうか・・・いや、こういう馬を勝たせるのがマジックマン。またマジック炸裂するかもよ?

 

穴馬候補は後日挙げるが、枠次第で面白い馬が結構いるぞ!天皇賞秋組のキセキミッキーロケットマカヒキ。それから昨年の勝ち馬シュヴァルグラン。大穴にアルゼンチン共和国杯のウインテンダネスノーブルマーズ。そして、究極のツンデレ馬サトノクラウン。道悪にでもなったら・・・面白いんだけどなあ。

 

さて、

 

スカートの中身は貞操帯だった・・・

 

というオチなんて要らない。

 

アーモンドアイは軽視して逝く。

(斬る・・・とはまだ言ってない。笑)

 

楽しみやね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

待ってた人も待ってなかった人も・・・股せたな!

【モッコリ万馬券倶楽部】

の第2期部員の募集をするぞ。

 

このモッコリ万馬券倶楽部は、

浅次郎が運営する・・・

競馬好きが集まる競馬好きのための有料競馬サークル。

一生楽しく競馬をしたい!

って方は是非参加してね。

 

今回の募集期間は未定だが、

ある程度人数が集ったらサクッと締め切らせて頂く。

(次の募集はだいぶん先になると思う)

 

詳しいことを知りたい方は以下のバナーをクリックしてね。

(現在、約100名の部員が在籍)

 

ま、初月は無料なのでお気軽に。

 

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内

 

 

【東スポ杯2歳S2018予想オッズ・データ分析】東京芝1800mで行われる2歳GⅢ東スポ杯2歳ステークス。人気はルヴォルグ、ヴェロックス、カテドラルになりそうだが、データ分析から穴馬は?枠順の有利不利は?脚質は?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はニシノデイジー、ナイママ、ヴァンドギャルド、クリノガウディー。

 

2歳重賞はずっと少頭数だったが・・・

 

東スポ杯は頭数集まりそうやね。

 

こりゃ面白そう。

 

■東スポ杯2歳S2018予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

しっかし・・・

 

言いたかねぇが、

 

最近の

 

ハンターハンターの難易度半端ねえな。

 

 

特質系貸与型ってなんだよー。

 

ゴンとキルアは地道に修行してたのにねえ。

 

なんか今週字だけのページとかあったし。

 

サブキャラ多すぎて名前覚えらんないし。

 

ま、馬の名前も人の名前もすぐ忘れちゃうけど(笑)。

 

さて、

 

この中にダービー候補はいるかな?

 

データ見てみよう。

 

■東スポ杯2歳S2018、人気別成績

うげえ・・・1番人気強ええええ!そして連対馬の9割が4番人気以内。データ的にはカチンコチンコなレース。3着ヒモ荒れを狙う他なし・・・。

 

■東スポ杯2歳S2018、馬体重別成績

2歳戦だけに馬体重軽めの馬も多く馬券になっているが、それでも440kg以上は欲しいね。

 

■東スポ杯2歳S2018、枠番別成績

東京芝1800mはスタートしてすぐ2コーナーなんで内枠有利。このレースでも1枠が4勝を挙げているんだが、これは人気馬が集中して入ってたっぽい。むしろ狙い目なのは不利な筈の外枠?まだ揉まれ慣れていない2歳戦。「ゴチャつかない」ってのが有利に働くのかも。

 

■東スポ杯2歳S2018、騎手成績

蛯名、武豊注意。2~3着候補に田中勝、戸崎。

 

■東スポ杯2歳S2018、種牡馬成績

ディープインパクトが強いんだが、出走数自体が多く、回収率ベースで見るとイマイチ。意外な種牡馬が来る感じでもある。

 

■東スポ杯2歳S2018、間隔別成績

2ヶ月以上の休み明けは割り引いた方がいいかな。人気の一角となりそうなホウオウサーベルは3ヶ月の休み明け。

 

■東スポ杯2歳S2018、前走成績

注目前走は・・・サウジアラビアRC(いちょうS、5頭)、その他のオープン(7頭)、新馬戦(8頭)、未勝利戦(8頭)。オープン以上だと2着以内条件、新馬戦は3番人気以内→1着、未勝利戦は1番人気→1着条件。前走オープン1着馬が強いものの、素質さえあれば新馬・未勝利からでも全然OK。

【激熱ローテ馬】
・ニシノデイジー(札幌2歳S1着)
・カテドラル(野路菊S1着)
・ダノンラスター(新馬戦2番人気1着)
・ルヴォルグ(新馬戦1番人気1着)
・ヴァンドギャルド(新馬戦1番人気1着)

 

■東スポ杯2歳S2018、脚質別成績

東京芝1800だけに・・・瞬発力必須。上がり1位馬は相当強いね。ただ、ポジション的には「先行」が頭のことが多い?以下で詳しく見てみよう。

 

■東スポ杯2歳S2018、位置取り・上がり3F

なるほど・・・TARGETの脚質判断の基準はよく分からんのだが、先行して勝っているのはイスラボニータ、コディーノ、ディープブリランテ、ローズキングダム、ナカヤマフェスタ(ワグネリアンは明らかに追い込みだぜよ)。いずれも・・・のちに大レースを勝つ馬、あるいはGⅠ戦線で活躍した馬。つまり能力が抜けてる馬たち。あとはほとんどが「差し・追い込み系」だね。

馬券パターンは「先行→差し」「差し→差し」「追い込み→追い込み」という感じ。抜けて強い馬がいるパターンは脚質に関係なくその馬を頭にするべきで、相手は「差し、追い込み系」だ。

穴馬の脚質も、差し・追い込み。先行馬で穴を開けたのはフジマサエンペラーとナカヤマフェスタくらいか。

 

■東スポ杯2歳S2018、厩舎・生産者・血統

18/29で関東馬優勢。ただ、関西馬は数が少ないからね。その割に健闘しているとも取れる。要注意なのは堀厩舎(ダノンラスター)と藤沢厩舎(ルヴォルグ)。このレースを狙って出走させてくる感あり。ノーザンFが強いんだが、結構足下を掬われている感じもあるね。血統的にはサンデーサイレンス系が当然主流。母系はバラバラ。

 

ケツデータ論。

・新馬戦1番人気1着

・瞬発力系の差し、追い込み馬

・サンデーサイレンス系

 

穴馬候補を挙げておこう。まず札幌2歳S1着のニシノデイジー。札幌2歳Sを圧勝した馬なのに相当な人気薄になりそうだねー。勝浦のせいか?(笑)仮に・・・鞍上が外人だったら普通に一桁オッズになるんじゃないかなー。それとも・・・札幌2歳S自体が評価されてない?勝ちタイム1:50.1ってのは例年と変わらんのだが、勝ち馬の上がり37.0ってのはいかにも「切れない」イメージ。

しかし、今年の札幌は馬場が重いと結構時計が掛かっていてね。札幌記念1着のサングレーザーだって上がり36.8だったのである。札幌2歳Sが行われたのは札幌最終日の上に雨の影響で時計が掛かる馬場。直後に行われた1000万クラスの2000m戦が2:03.6の勝ち時計で勝ち馬の上がり37.0。これらと比較しても・・・今年の札幌2歳Sは遜色ない内容。ニシノデイジーは後方待機から徐々にポジションを上げ・・・4角で先頭に並びかけるマクリ競馬で圧勝。確かに東京適正は未知だが(洋芝馬の可能性もあるが)、決して弱い馬じゃないぞ。

同2着の地方馬ナイママも同じく不当な人気薄になりそう。北海道サマーセールで648万円っていう馬だが、岡田総帥の相馬眼すげえなあ。この馬の場合は祖父がディープインパクトで母父がジャングルポケットなんでねー。むしろ東京の方が合うかもしれん。

それから・・・ヴァンドギャルド。社台レースホースで総額8,000万円で募集された高馬。新馬戦が重馬場だったんで目立った時計ではないが・・・直線何度が行き場を失いつつも馬群を割って鋭く抜け出し、最後は流して楽勝。

良馬場の東京ならさらに切れそうな感じするなあ。

 

そして、爆穴になりそうなクリノガウディー。直線半ばで行き場を失うも・・・外に出してムチが入ると瞬時に反応して手前を変え・・・あっという間に抜け出して勝利。

内容も時計的にもなかなか優秀だと思うけどねー。鞍上と血統で人気にならないのかな?

 

人気サイドでは・・・

 

ルヴォルグはもしかしたら別格かも。

スローの瞬発力戦ではあったが・・・レースというより調教みたいな感じで。最後は流す感じで4馬身差の圧勝。タイムも申し分なし。大物感・・・という意味ではこの馬が一番かな。ただ、まだキャリア一戦の馬だけに過信は禁物。

 

ダノンラスター。この馬もポテンシャル高そう。

 

カテドラルヴェロックスは野路菊Sをどう評価するかやねー。

 

堅く収まるのかもしれんが、

 

いつも通り、

 

ルール通り。

 

制約と誓約に従い、

 

大穴狙いで逝くぜ!

 

結論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

櫻井よしこさんの記事 『慰安婦記事はねつ造である』 名誉棄損 違法性認められず 札幌地裁

当然である。原告の植村某こそ、慰安婦に関する虚偽報道・日本を陥れた罪・日本人の名誉を毀損した罪で訴えたいところだ(10億円返せ!)。すでに「日本軍による強制連行はなかった」ことは周知の事実である(朝日新聞は虚偽報道で社長自ら謝罪している)。櫻井さんは慰安婦問題は朝日の誤報だったことが明るみになるずっと以前から「強制連行はなかった」と言って来られた方。植村某に罪はあっても名誉なんぞない。詳しく知りたい方は調べてみるといい。