オークス2020レース回顧!デアリングタクト牝馬2冠!

【オークス2020レース回顧】東京芝2400mで行われた3歳牝馬頂上決戦オークス(優駿牝馬)!今年は無敗の桜花賞馬デアリングタクトが上がり33.1の鬼脚を繰り出して見事に1着!2着には番手から粘り込んだウインマリリン!3着には大穴のウインマイティーが入った。人気の一角デゼル、クラヴァシュドールの敗因は?

 

デアリングタクト、

無敗でオークス制覇!

 

 

いやー・・・届かないかと思ったけど、

 

届いたねえ。これは馬が強い・・・。

 

簡単にレース回顧しよう。

 

■オークス2020レース結果

ぐむー。2着ウインマリリンで馬連1800円しかついてないのか・・・で馬単は1950円(笑)。今回ウインマイティーまで絡めないと美味しい馬券にはありつけなかったか・・・。

 

■オークス2020映像

 

■オークス2020レース回顧

スタート!リリーピュアハートが躓いて落馬寸前となるも・・・他は比較的揃ったスタート。若干出遅れたのがリアアメリア、チェーンオブラブ、サンクテュエール。16番のウインマリリンは馬なりで・・・出して行く雰囲気ナシ。え?行かないの?デアリングタクトも問題ないスタート。

 

行ったのは予想通りスマイルカナ。ただ、押して押してという感じではなく、馬なりのまま自然とハナへ。アブレイズ、クラヴァシュドールも前へ。私の◎ホウオウピースフル内田(赤い帽子)は好スタートしたものの・・・なぜか内を開けて外目へ。

な、なんで外に行く!内に入れんかい!

・・・で、その開いた内のスペースに7番のウインマイティー和田が潜り込んで行く。きっと和田は「マジ?ラッキー!」と思ったことだろう。外から・・・行き脚がついたウインマリリンが前へ。しかしココからポジション取れるのん?

 

1コーナーへ。デアリングタクトの黒い帽子はラチ沿いの最内。ウインマイティーは空いたインにスルスルと潜り込んでデアリングタクトの前のポジションを確保。ウインマリリンはまだ大外!

 

ハナに立ったのはスマイルカナ。そして・・・2番手に1~2コーナーで外々を回したウインマリリン!各馬がコーナーでスピードを落とす中、一気に進出して単独2番手をゲット。通常コーナーでポジションを取りに行くのは至難の業(外に膨らんでしまう)なんだが・・・さすがは横典。

 

好位勢にアブレイズ、クラヴァシュドール。今回ミルコは前のポジション取りに行ったねー。外からフィオリキアリが来て、内からウインマイティー。中にホウオウピースフル。くそー。ホウオウピースフルにはウインマイティーの位置を取って欲しかった!

 

中団の前にミヤマザクラ、マルターズディオサ、ウーマンズハート。

 

ちょっと離れて中団後方にリアアメリア。そしてデアリングハート。外にインターミッション。デゼルはデアリングハートをマークする位置取り。

 

後方にリリーピュアハート、サンクテュエール、マジックキャッスル。ん?デゼルはちょっとバランス崩したか?

 

最後方にチェーンオブラブ。

 

先頭のスマイルカナが後続を4~5馬身離していたが・・・2番手以降はそれほどでもなく固まった感じ。

 

ラップタイムを見ると・・・

 

 

1000m通過が59.8。

しかしこれはスマイルカナのペース。

後ろのウインマリリンは60.6前後のペースだったと思う。

 

高速東京の2400m戦とすれば・・・

そこまで速くもないが遅くもない。

そんなペースだったわけだが、

 

1000m過ぎに状況一変!

 

一気にラップが落ちて12.7-13.0-12.6!

超ユルユルの流れになるのである。

これは、現在の東京の馬場を考えるとかなり緩いラップ。

 

で、1600m過ぎに12.1と締まった流れに戻り・・・

1800m過ぎからは11.2-11.2-11.8!

11秒台の瞬発力勝負!

 

つまり、今回のオークスは、

平均-ユルユル-激流

 

という流れだったわけ。

 

この流れだと前の馬が有利じゃね?

と思いがちだがそうとは限らない。

瞬発力が活きるコースだと尚更である。

(実際、前で残ったのはウインマリリンとウインマイティーだけ)

 

脚が溜まったのは後ろの馬も同じ。

あとは進路取り仕掛け所の勝負。

 

3コーナー。スマイルカナのペースが落ちたことにより・・・一気に間隔が詰まる!ここで・・・クラヴァシュドールが早めの仕掛け!おそらく、スマイルカナのペースがかなり遅いと踏んだのだろう。アブレイズとフィオリキアリも一緒に上がって行く!

だけんどもしかし!

ウインマリリンは動かずジッと脚を溜める。ウインマイティーもその後ろのインベタキープ。この我慢が・・・最後の1Fの伸びに繋がったのだ(早仕掛けした馬は全滅)。

 

4コーナーで馬群が凝縮!クラヴァシュドールが強気の競馬で先頭に並んで行くも・・・スマイルカナも抵抗。私の◎ホウオウピースフルはかなり中途半端なポジション。そして・・・デアリングタクトはまだ中団後方のイン!外に出したいという思いもあっただろうが・・・松山は我慢して馬群を突っ切る選択。

 

クラヴァシュドール先頭!徹底してインベタのウインマリリンはまだ手応え十分!スマイルカナの内が開くのをじっと待つ!そしてクラヴァシュドールの外から手応え十分のウインマイティ―が伸びてくる!ホウオウピースフルの手応えも悪くないが、前を行くアブレイズが右に左にヨレたため進路を失ってバランスを崩してしまう!アブレイズ邪魔過ぎる!!つか・・・内田追い出すのが早過ぎるわー!進路が開いてからで良かったのにー!

そして馬群に突っ込んだデアリングタクトは・・・外目に持って行くも前を行くマルターズディオサと外のリアアメリアに合法ブロックを食らい・・・進路が確保出来ない!

 

残り400m!クラヴァシュドール先頭も・・・早仕掛けが祟ったのか余力がない!開いた内にズバッと突っ込むウインマリリン横典!力強く坂を登ってくるウインマイティー!

この地点で外を諦め、馬場の真ん中を切り裂く選択をするデアリングタクト松山!マジックキャッスルがいる方へ進路変更するが・・・間に合うのか??

 

坂を登り切って残り300m!グイっと伸びてクラヴァシュドールを捕え先頭に立つウインマイティー!この馬の単勝を持ってた方は絶叫だったと思う(笑)。デアリングタクトはまだまだ後ろ!

 

残り200m!しかし坂を登ってから段違いの脚を繰り出すデアリングタクト!一気に伸びて・・・前を行くウインマイティーに襲い掛かる!と、同時に、インからウインマリリンが強襲!溜めに溜めていたから伸びが違う!

 

残り100m!抜け出したウインマイティー!一完歩ごとに詰め寄るデアリングタクト!内から猛然と伸びるウインマリリン!勝つのはどの馬だ??

しかしここで・・・3頭の内、最も仕掛けが早かったウインマイティーの末脚が鈍る!

 

残り50mで先頭に立つデアリングタクト!

 

ウインマリリンの追撃を押さえ、半馬身抜け出したところがゴール!

 

勝ちタイムは2:24.4。

勝ち馬の上がり3Fは33.1。

 

デアリングタクト、強し!

 

 

 

 

勝ったデアリングタクトは、日高の個人牧場長谷川牧場生産。馬主はマイネル系のノルマンディーサラブレッドレーシング。エピファネイアの初年度産駒。種牡馬デビュー組ではどちらかと言えばキズナの方が評価が高かったんだが・・・しかしこれで逆転現象が起きるかもしれん。父にとって最大の孝行娘となりそうだ(種牡馬にとっては初年度がめちゃくちゃ大事!)。日高にとっても希望の光となっただろう。長谷川牧場にはデアリングタクトの全妹が2歳、当歳といるんだそうで・・・喜びもひとしおだろうねぇ。

これで東京2400もクリア。マイルもOK。道悪もOK。高速馬場もOK。中距離もOK。瞬発力があってスタミナも十分。勝負根性も半端なし・・・ってわけで現状全く死角がない。秋華賞はまた特異なコースでの勝負となるが、順調なら問題なく勝ち負けだろうねー。ただ、今回は絶好の内枠を引いて終始インベタを回る・・・ロスがほとんどない競馬。直線は進路取りに苦労したが・・・結果的には半馬身差の辛勝。そこまで抜けているわけではない!と思い込むことにする(笑)。

 

2着のウインマリリンは、コスモビューF生産のスクリーンヒーロ―産駒。マイネル系のウインレーシングクラブの持ち馬。兄にウインマーレライがいるとはいえ・・・煌めく社台系の良血牝馬と比べれば安い価格での募集だったのではないか。今回は不利な外枠からの競馬であわやの2着・・・もう見事と言う他ない。もし、この馬が内枠を引き、1~2コーナーで脚を使うことなくポジションが取れていたら・・・と思わずにいられない。鞍上の好騎乗も素晴らしかったが、それに応えた馬も素晴らしかったと思う。個人的には・・・最後の最後でこの馬を斬ってしまい悶絶。どうしても外枠が気になってしまったのである・・・ガクッ。

 

3着のウインマイティーもコスモビューFの生産、ウインの持ち馬。ゴールドシップの初年度産駒。前走忘れな草賞のタイムが遅かったことや、父ゴールドシップのキャラ(東京は向かないのでは)、さらにはミルコがこの馬ではなくクラヴァシュドールを選んだこと・・・などもあって全く人気なかったわけだが、あわや大金星!という大激走。多くの競馬評論家が今回のレースを機にウインマイティーの評価を変えることになると思う・・・この馬も強いぞ!宣伝であるが、モッコリ万馬券倶楽部ではこの馬に「モッコリ調教馬◎」の印を打っており・・・おかげ様で的中者多数であった。

 

ここまで読んで気付いた方も多いと思うが、

今回のオークスは、

マイネル軍団のワンツースリー!

だったのである。

私は別にマイネル軍団の回し者でもアンチ社台でもないが、

なんとなく痛快(笑)。

 

リアアメリアは東京コースの瞬発力勝負でその能力を如何なく発揮して4着。中団追走から直線は大外を回し、上がり33.7をマークして最後までシッカリと伸びた。むしろ最後の100mの伸びは・・・この馬が一番だったんじゃないかと思う。忙しいマイルよりペースが落ち着く中距離の方が良さそう。秋が楽しみな一頭。

それから・・・かなり惜しい競馬で5着に来たのがマジックキャッスル。後方待機で脚が溜まっていたとはいえ、最後は馬群を切り裂いて伸びて来た。直線追い出しに入ったところで、デアリングタクトから寄られる不利があったのが痛かったと思う。接触こそしてないものの進路がなくなちゃったからね(デアリングタクトもこうする他ないほど追い込まれていた)。この不利が無ければ・・・3~4着はあったかもしれない。

 

さて、2番人気に推されていたデゼルの敗因は何だったのだろう?個人的にはもう「過剰人気だし、データ外だし、来たらゴメンチャイ」だと思ってスッパリ斬ってたわけだが、それにしても負け過ぎ。デアリングタクトをマークする位置だったのだが・・・直線は満を持して大外へ。そこから伸びるか・・・に見えたが伸びずに10着。やはり中2週のローテで連続輸送・・・結果馬体重は-8kg。力を出せなかったのは状態面にあるのではないか。

3番人気だったクラヴァシュドールはミルコが強気の競馬を見せたが、見せ場は直線半ばまで。最後は失速して15着に大敗。鞍上の賭けが失敗した形だが、この馬・・・調教後の馬体重計測では+18kgだったんだよね。しかし蓋を開けてみると-2kg。輸送もあったわけだが3~4日かそこらで-20kgも体重を落としたことになるわけだ。調教も軽めだったし・・・この馬も状態面がイマイチだったのかもしれない。

 

私の◎ホウオウピースフルは・・・十分チャンス有ったと思うんだが、直線では右往左往した挙句に最後失速。今回ポジション取りも失敗したし、仕掛けも早かったし、直線は全然上手いこと行かんかった。だからと言って鞍上の内田を責める!・・・なんてことはしない(ヤジは飛ばすけど笑)。なんもかんもで競馬であり、私なんぞより本人の方が悔しいに決まってるからね。掲示板などで「一生懸命騎手批判をする人」にはなりたくないものだ。

馬券は・・・三連複をBOXにしてたのでウインマリリンを入れてれば的中だったのだが。。。最後の最後に切ってしまったのが悔やまれる。バカバカバカバカわしのバカ―!

 

以上、レース回顧終わり。

 

来週はいよいよダービーですな!

 

予想を楽しみに待て!

頼りになるデータ分析はこちら!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

【日本ダービー見どころ】コントレイル、父ディープ以来の無敗2冠なるか

これは・・・さすがに堅い・・・か?

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!