紫苑S2020データ分析!大穴馬を探せ!

【紫苑S2020データ分析】中山芝2000mで行われる秋華賞トライアルGⅢ紫苑S。人気はウインマイティー、スカイグルーヴ、シーズンズギフトだが当然大穴狙いで逝く。データ分析では、外枠有利?脚質は差し?穴は先行?馬体重・騎手・血統・前走ローテは?穴馬候補はマジックキャッスル、チェーンオブラブ、ミスニューヨーク!

 

過去最強クラスと言われていた台風10号だが、

想定されたより被害が少なくて何よりでしたな。

浅次郎もかなりビビッていたのだが全く被害なし。

しかし異常気象が続く昨今・・・

本モノの超巨大台風がいつ来ても不思議なしだよなー。

 

さて、今週から中山・中京開催。

秋の大舞台に向けた戦いが始まりますな。

まずは秋華賞トライアル紫苑S。

 

■紫苑S2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

登録多いが、1勝馬は除外馬が出ないと出走叶わぬ感じか。

 

人気はオークスで僅差3着だったウインマイティー。

これは納得だが・・・

スカイグルーヴ、シーズンズギフトが人気になんのか?

さすがにオークス組の方が人気になるじゃね?

 

まあ、データ見てみるか。

 

■紫苑S2020データ分析、人気別成績

むぐっ・・・1番人気強いな。2番人気もまあまあ。3番人気は弱いが4~6番人気が馬券になりやすく・・・9番人気以下は期待薄。大穴狙いは避け・・・1~2番人気→1~6番人気→4~8番人気といった馬券がおすすめ。ま、狙うんだけどね(笑)。

 

■紫苑S2020データ分析、馬体重別成績

秋レースのポイントの一つに「ひと夏超えての成長」がありますな。3歳春ってのは人間で言うなら高校生。3歳秋が大学生だとするとやはりオツパイの成長に期待したくなるのがオヤジのサガ。このレースでも「馬体増」の方が圧倒的に多く、当然そちらの方が好成績。ただ、-10kg以上もかなり好成績なので注意したい。馬格はあまり気にしなくていい。

 

■紫苑S2020データ分析、枠番別成績

開幕馬場の中山芝2000m。さぞかし内が有利かと思いきやそうでもないですな。

 

■紫苑S2020データ分析、騎手成績

関東の上位騎手が強い。関西の上位騎手がわざわざ乗りに来る場合は要注意。

 

■紫苑S2020データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトがかなり馬券になっているが、分母が多いからねえ。むしろ相性良さそうなのはハービンジャー、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ。ちょっとパワー寄りの方がいいかも?

 

■紫苑S2020データ分析、間隔別成績

意外と・・・夏に使ってる馬が馬券になってますな。注目は3週(中2週)。ただし、これはGⅢに格上げされる前の傾向が強いのである。GⅢになった2016年以降の4年間はオークス組が他を圧倒しているぞ。もちろん休み明けでも全く問題ナシ。

 

■紫苑S2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・オークス(8頭)、2勝クラス(7頭)、1勝クラス(11頭)。2016年以降に限るとオークス組が6頭とかなり強いわけだが、2017年のように2勝クラス組が馬券を独占していることもある。1勝クラスが数多く馬券になっていたのは2015年以前だが、昨年はパッシングスルーが1着に来ているので油断は出来ない(ただしパッシングスルーは春に重賞での好走歴アリ)。オークス組は着順不問。2勝クラスは2着以内。1勝クラスは1着条件。

【激熱ローテ馬】
・ウインマイティー(オークス3着)
・マジックキャッスル(オークス5着)
・チェーンオブラブ(オークス6着)
・ホウオウピースフル(オークス8着)
・マルターズディオサ(オークス10着)
・ミスニューヨーク(2勝クラス1着)

やはりオークス組は有力。あと、昨年から降級制度が廃止された影響で2勝クラスの価値が若干落ちているのをどう取るか。まあしかしミスニューヨークは狙って面白そうだねー。

 

■紫苑S2020データ分析、脚質別成績

差し勢が強い。と、同時に上がり1位も猛烈に強い。

 

■紫苑S2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは・・・「差し→差し」「差し→先行」。ちょうど真ん中くらいにいる差し馬が強いねー。ただ、GⅢとなったここ4年は先行系も馬券になっており要注意。

穴馬の脚質は、逃げ・先行。

と言っても・・・荒れても単勝10倍台までなんやねー。つまらんっ!

 

■紫苑S2020データ分析、厩舎・生産者・血統

お、珍しく関東馬が圧倒的に優勢!そしてノーザンF強し!現在4連勝中。血統を見ると・・・やはりちょっとパワー寄りな感じするねー。母系はバラバラ。

 

■紫苑S2020データ結論。

・関東馬+ノーザンF。
・オークス組
・差し馬強いが穴は前。

 

ウインマイティーはコスモビューF生産のゴールドシップ産駒。関西馬。忘れな草賞を勝ってオークスに駒を進め、先行抜け出しの堂々の競馬であわやの3着。中山芝2000はかなり合いそうだし(ローズSじゃなくこっちを選んだのも適正を考慮してのものではないか)、まだまだオツパイ大きくなりそうな血統。休み明け順調なら普通に勝ち負けだろう。

スカイグルーヴはノーザンF生産のエピファネイア産駒。関東馬。近親に活躍馬が多数いる超良血。京成杯で2着に入ったあと・・・オークスを見越してフローラSに出走したが、前とは離された形での5着。馬体重が大きく減っていたのも懸念材料だし、その後レースを使っていないのも気になるところ。素質は高いんだろうけどねえ。人気なら斬るでし。

シーズンズギフトはノーザンF生産のエピファネイア産駒。関東馬。前走ニュージーランドTではマクって上がって行き一旦先頭に立つ競馬であったが、最後に差されて2着。しかし、その後軽い骨折が判明してNHKマイルCには出走出来ず・・・で今回5ヵ月の休み明け。うーん。鞍上ルメールの人気もあるんだろうけど、これまたここで来られたらゴメンチャイやねー。斬るでし。

 

穴馬候補を挙げておこう。

まずもってオークス5着のマジックキャッスル。関東馬。社台F生産のディープインパクト産駒。桜花賞惨敗で人気を落としていたが、オークスでは後方から上がり2位をマークして0.4秒差の5着・・・と馬柱を見ると「惜しかったねー」程度の印象だが、実は・・・直線の勝負所でデアリングタクトと開いたスペースを巡って猛烈な駆け引きがあったのである。直線半ば・・・外に持って行こうとしたデアリングタクトであったが、外が開かずに内へ進路を変えたんだよね。しかし、すでにそのスペースにはマジックキャッスルがいて・・・まさに追い出しに入っていたのである。そのマジックキャッスルを押しやり、スペースを強奪したのがデアリングタクト。

それが良いとか悪いとか言ってるわけではない。一瞬の脚を使ってそこに馬体をねじ込んだデアリングタクトの勝ちだっただけである。ただ、その結果・・・マジックキャッスルはブレーキを踏むこととなり、デアリングタクトが通り過ぎるのを待つしかなくなり・・・その後猛烈に追い上げたのだが、時すでに遅く、夢の跡を踏みしめることとなったのだ。あの時、もうワンテンポ早くスペースに馬体を入れていたら・・・デアリングタクトと立場は逆だったかもしれない。というわけで、私の中ではウインマイティーと同レベルの評価だ。

次に、オークス6着のチェーンオブラブ。ノースヒルズ生産のハーツクライ産駒。関東馬。この馬・・・オークスではマジックキャッスルと同じく最後方にいたんだよね。しかし通ったコースは真逆。マジックキャッスルが4コーナーでインに行ったのに対し、この馬が選んだのは大外。そのおかげで不利を受けることはなかったのだが、当然最も距離を走らされることになるわな。そして春の東京はイン有利が定説。今年のオークスもインを通った馬が上位独占したしねー。というわけで、チェーンオブラブも上位と互して戦える能力あると思う。ハーツクライ産駒だし成長力も魅力だよね。

後は唯一の2勝クラス勝ち馬ミスニューヨーク。3歳トップレベルとの比較は出来ないわけだが、それだけに未知の魅力はあるわな。前走の勝ちっぷりはなかなかだと思う。ただ52kgだからな~~~。

 

というわけで、

 

比較的堅いと思うんだが、

 

何が起きるか分からんのが競馬。

 

懲りずに穴狙いで逝くぜぇー!

 

ケツ論は週末!

 

 

【浅次郎のひとりごと】

JRAアニバーサリー当日は『JRAスーパープレミアム』を実施します

こ、これは・・・何がお得って三連単がお得ですなー。ふむう。

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!