神戸新聞杯2015予想オッズ。リアルスティールは買いか切りか?

【神戸新聞杯2015予想】菊花賞の最重要トライアル。阪神2400m外回り。注目は断然リアルスティールであるが、骨折明けのこの馬は買いなのか?切りなのか?穴馬候補は、レッドソロモン、ワンダーアツレッタ、バイガエシなどの1000万下好走組。さて波乱はあるのか?

 

謎なんだが、

 

なぜ、菊花賞トライアルの距離が

2200mとか2400mとかなのだろう?

 

本番が3000mなんだから、

トライアルも同じような距離でやるべきなのでは?

 

具体的に言えば、

神戸新聞杯は阪神3000m。

セントライト記念は中山2500mでいいのでは?

 

こっちの方が関連性・多様性があっていいよね?

そもそも長距離の重賞って少ないし。

今時長距離レース云々・・・って議論はあるかもしれんが、

菊花賞が3000mである以上、

そのトライアルは出来るだけ同じような距離でやるべきだと思う。

 

みんなはどう思う?

 

さて、

 

神戸新聞杯。

 

■神戸新聞杯2015予想オッズ

神戸新聞杯2015予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

セントライト記念は、

春の実績馬キタサンブラック、ミュゼエイリアンが1着、2着。

3着には500万条件の勝ち鞍しかなかったジュンツバサが入線。

 

馬券的にはジュンツバサに◎、

ミュゼエイリアンに▲だっただけに、

非常に惜しかったんだが見事にハズレ(笑)。

ワイドも万馬券じゃねえか!買っときゃ良かったぁぁぁぁ!

 

ドアホ

 

ま、まあ、それはいいのだが(汗)、

 

サトノラーゼン(7着)、

ベルーフ(5着)、

ブライトエンブレム(10着)という実績馬が

揃って崩れている点に注目したい。

 

これら断然の実績馬が、

同斤量でジュンツバサ、ウイングチップ(4着)

という格下馬に先着されているのである。

 

展開スローだったから・・・と言ってる評論家が多いが、

ベルーフやサトノラーゼンはそんなに後ろから行ったわけではない。

事実、4コーナーでの位置取りは8番手以内。

十分射程圏内だったと思うし、

直線だけでは届かぬというのなら

もっと早めに仕掛けるべきだったろう。

(なんでもかんでも展開のせいにするのは止めた方がいい、そもそも現代競馬の多くがスローなんだし)

 

夏を越しての秋初戦は難しいということも言えるのだが、

実は人気なんてそんなもんなのであり、

実はオープン馬の能力なんてそんなに変わらないのであり、

条件が変われば好走・凡走があって当然なのである。

 

何が言いたいかというと、

実績馬と上がり馬がぶつかるこの時期は特に、

「この馬の方が強い」

といった固定観念は捨てた方がいいってこと。

 

もちろん、人気の実績馬が勝つことも多々あるが、

その時はもうゴメンナサイやね(笑)。

 

さて、前置きが長くなったが、

 

リアルスティールは買いか?切りか?

 

大ケツ馬券オヤジの結論を先に言わせて貰えれば、

 

切り。

 

の一手である。なんせ軽度とはいえ骨折明けである。

ダービーからわずか4ヶ月しか経ってないのである。

 

私の競馬人生22年においてが、

ダービーで骨折して菊花賞トライアルに出てきた馬なんぞ、

見たことも聞いたこともない。

(私の記憶力が悪いだけかもしれんが)

 

能力が一級品なのは重々承知。

万全なら楽勝してしまうかもしれん・・・

 

だけんどもしかし!

 

さっきも言ったが、

オープン馬の能力なんて実はそんなに違わないのである。

ダービー2着のサトノラーゼンだってコロッと負けちゃうのである。

 

コンマ数秒の中で順位を争ってるわけで、

調子や適正や展開で順位が入れ替わってもなんら不思議ないのだ。

(ディープインパクトやオルフェーヴルみたいな馬は例外である)

 

それが今回リアルスティールは骨折明けのハンデを負うわけで、

仮にケガは回復してても体(筋肉)は戻ってないかもしれんし、

馬自身が全力で走るのを拒否(精神面)するかもしれん。

 

少なくとも、

順調に夏を越え、

バリバリ調教を積んでる馬とは大きく違ってくると思う。

 

というわけで、

 

リアルスティールを買うなら本番だろう。

(陣営もここで勝ち負けとは思ってないのでは)

ここは静観して、本当に走れるのかどうか見るべき。

競馬メディアは問題無しって言ってるけど、こんなもんは全くアテにならん。)

 

人気薄ならまだしも、確定1番人気だけんな。

 

リアルスティールは今回潔く切り。

 

穴馬を探すとしよう。

 

現時点で面白そうなのは・・・

札幌の準オープンで3着だったレッドソロモン

これまた札幌の1000万下で僅差2着だったバイガエシ

ワンダーアツレッタは・・・出てきたらオモロイけど連闘になるな。

 

後は調教と枠順を見てから。

 

楽しみやな。

 

リアルスティール画像1

 

ゴールドシップが10月10日に帰厩予定。

 

ん?ってことは天皇賞秋(11月1日)に出すのかな?

それともジャパンカップ(11月29日)か?

すでに種牡馬シンジケートが組まれ、ラストは有馬記念で確定。

ゲート試験があるからなあ・・・どうなるんだろ。

 

しかしこの馬の引退は寂しい・・・。

 

 

    一緒に読みたい関連記事

    もっと人生楽しもう!

    海外馬券って簡単に買える!
    競馬だけじゃなく、サッカー(海外・Jリーグ)、野球(MLB、プロ野球)、テニス、ゴルフ、F1、ボクシング、ワールドカップ、オリンピック、何でも賭けられるぞ!人生もっと楽しもう!

    読者コメントについて!

    コメントは、下のコメント欄よりご自由にどぞ!記事へのツッコミ、反対意見、浅次郎への温かい応援メッセージ、馬券情報、大穴取ったどー!など、何でもよかばーい。出来る限り管理人から返信もするぞ!ただし、誹謗中傷・罵倒の類はご遠慮願う。それからスパム防止のため、初回コメントは管理人の認証が必要となるのでご注意を!※一度認証されたらすぐ反映されるようになるぞ。

    コメントを残す