東京新聞杯2020データ分析!大穴馬を探せ!

【東京新聞杯2020予想】東京芝1600mで行われる別定GⅢ東京新聞杯!今年はレッドヴェイロン、ヴァンドギャルド、プリモシーンあたりが人気だが当然穴馬狙いで逝く!データ分析では、内枠有利の外枠不利?脚質は先行?差し?斤量・馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はクリノガウディー、ドーヴァー、ケイデンスコール。

 

先週はドモナラズな結果であったが、

 

全然オッケー。

 

 

大穴党は10~20レースに1レース当たれば万々歳。

その1回で大穴を当てればいいのである。

(単勝なら10~20倍以上ね)

 

そもそも競馬の多くは「堅い」わけだし、

堅い結果が多くないと本命党がいなくなっちゃうからね(笑)。

 

さて。

 

今週の重賞はきさらぎ賞と東京新聞杯だが、

当然狙いは東京新聞杯だ!

(きさらぎ賞はケンの予定)

 

■東京新聞杯2020予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

1番人気はレッドヴェイロンか・・・

ちょっと過剰人気な気がするんだがそれにしても母ちゃんのエリモピクシーはスゴイ。

この馬には7頭の兄姉がいるんだが、

その内6頭がオープン馬で重賞勝ちあるいは重賞連対馬なのだ。

そしてその兄姉みんなマイラー。ベストは東京マイル。

レッドヴェイロンも東京マイルは【2.1.1.0】。

この中にはNHKマイルC3着の実績も含まれ・・・

間違いなくここがベストだろう。

 

2番人気のヴァンドギャルドは3連勝中の4歳牡馬。

東スポ杯3着、毎日杯3着と重賞での実績もあり、

上がり馬というより当然のオープン入りといった感じだ。

十分このメンバーでもやれそうな感じ。

 

プリモシーンは言わずと知れた実績馬。

昨年のヴィクトリアマイル2着馬であり、

牡馬相手でも全く問題なし。

 

こうやって見ると堅そうだが・・・

 

さて、

 

スカートの中を見てみるべ。

 

 

■東京新聞杯2020データ分析、人気別成績

うっしっし!1番人気弱し!ただ、人気サイドが弱いかというとそうでもなく、10番人気以上の大穴が馬券に絡むことはほとんどない。小荒れ、中荒れを狙うべきか。

 

■東京新聞杯2020データ分析、枠番別成績

う・・・うげえ・・・・。これは極端なデータだなあ・・・。真ん中から内にかなり偏ってるわ。開幕2週目ってのが影響してるのかもしれんが、とにかく外枠の成績はかなり良くない。

 

■東京新聞杯2020データ分析、年齢別成績

4歳馬強し。5歳馬は2~3着?そして穴を狙うなら6歳?7歳以上はちょっと割引か。

 

■東京新聞杯2020データ分析、斤量別成績

別定戦だがハンデの分布を見ておこう。驚くべきことに58kg以上の重ハンデ馬は馬券例ゼロ。これらのほとんどが実績馬であることを考えると・・・見た目以上に斤量が響くということだろう。今年はケイアイノーテックが58kg。56kgと57kgはほぼ互角。若干57kgが優勢か。牝馬はほとんどが54kgか55kgなわけだが、圧倒的に55kgが優勢・・・今年は該当馬なしか。プリモシーンは56kgだが・・・これは牡馬換算だと58kg扱い。結構厳しいかも?

 

■東京新聞杯2020データ分析、馬体重別成績

馬格のない馬でも結構馬券になってますな。馬体の増減も互角。

 

■東京新聞杯2020データ分析、騎手成績

福永・岩田・蛯名・横典・武豊・・・このあたりのベテラン勢に注意。

 

■東京新聞杯2020データ分析、種牡馬成績

ディープインパクトが強いわけだが、2着まで・・・ってのが多いね。サンデーサイレンス系の中距離種牡馬が強く、マイラーっぽい種牡馬の活躍は意外と少ない。

 

■東京新聞杯2020データ分析、間隔別成績

休み明けでも全然OK。ただし、半年以上の休み明けは割引。間隔を詰めて使ってる馬の成績も悪くないからね。1月に使って来た馬にも注意が必要。

 

■東京新聞杯2020データ分析、前走成績

注目前走は・・・京都金杯(6頭)、ニューイヤーS(7頭)、阪神C(4頭)、エリザベス女王杯(3頭)。京都金杯は4着以内、ニューイヤーSは5着以内、阪神cは5着以内、エリザベス女王杯は着順不問とする・・・げ、この条件だと該当馬ゼロやんけ!ちょっと股を緩めて、マイルCSも入れるか・・・。

【激熱ローテ馬】
・ドーヴァー(京都金杯7着)
・クリノガウディー(マイルCS7着)
・プリモシーン(マイルCS11着)
・レイエンダ(マイルCS15着)

クリノガウディーは狙い目かもねー。

 

■東京新聞杯2020データ分析、脚質別成績

前後互角・・・いや、若干・・・差し、追い込みが優勢か。ただし、上がり上位の成績が奮わないところを見ると・・・後ろの馬は飛んできても2~3着が多いってことだろうな。最も強いのは中団あるいは前目に付けて、上り4~5位の脚を繰り出している馬だ。

 

■東京新聞杯2020データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは、「差し→差し」「差し→追い込み」「逃げ→先行」「先行→先行」。あ、これは分かりやすい!展開決め打ちが有効ですな。前の馬を狙うか?後ろの馬を狙うか?おつぱいは極端に寄せて上げたい。

穴馬の脚質はちょっと絞れないなあ・・・。

 

■東京新聞杯2020データ分析、厩舎・生産者・血統

関西馬優勢。社台系鬼のように強し。3年連続で社台系が表彰台独占である。血統面ではサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系が有力。あるいはサンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系。

 

■東京新聞杯2020データケツ論

・内枠優勢、外枠劣勢。
・サンデーサイレンスの中距離系
・展開決め打ち

 

レッドヴェイロンは条件的にはもうピッタリですな。過去馬券になった馬の中に兄クラレントや姉レッドオルガの名前があるのも心強い。ノーザンF生産の関西馬。56kgでルメール騎乗なら条件揃い踏みと言っていいだろう。さらに、今まで12戦して【4.5.2.1】という堅実性。長期休み明けでも不良馬場でも馬券から外れていない。先(安田記念)を目指すために何としても賞金を取っておきたいところ。ただ、「非サンデーサイレンス」って点が唯一の懸念。母方にも父方にもサンデーの血がないのである。逆に言うと・・・是非GⅠ取って種牡馬になって欲しい馬。個人的にも応援しているんだが馬券は別(笑)。

ヴァンドギャルドも期待の明け4歳有望株。社台F生産のディープインパクト産駒で血統的にも完璧。ただ、現時点では過剰人気の匂いがするねー。来たらゴメンチャイ。

プリモシーンは当然上位人気になるべき実績馬であるが、56kgもさることながら秋の大敗が気になるところ。調教要チェックなりよ。

穴馬候補を挙げておこう。

まず、面白い存在になりそうなクリノガウディー。昨秋のマイルCSはスッと先行して流れに乗ったが、直線弾けることなく、かと言ってバテることもなく、そのまま流れ込んでの7着。実力が足りなかったわけだが、このメンバーならどう?マイルCSより大きく落ちるメンバー構成である。同じ競馬が出来れば十分勝負になると思う。枠と調教次第だが本命候補。

次に、京都金杯7着のドーヴァー。非サンデーサイレンス、非社台、関東の7歳馬・・・と三重苦を背負っているが、前々走のキャピタルSではレッドヴェイロンに完勝している馬である。確かにこの時は不良馬場だったし、今回斤量も1kg増えちゃうしで材料は少ないわけだが、この手の馬は展開がハマると飛んでくるからね(高速馬場がダメという馬じゃない)。一発狙うならこの馬。

それから、良馬場の東京マイルで巻き返し必至なのがケイデンスコール。ノーザンF生産のロードカナロア産駒。母父はハーツクライ。今を時めく安田厩舎の馬。昨年のNHKマイルCでは上がり最速をマークし、アドマイヤマーズに半馬身まで迫って2着だった馬だ。ただ、その後、関谷記念で14着惨敗。3ヵ月の休養を挟んで出走したキャピタルSでは17着惨敗・・・と良いところなし。しかし能力があるのは間違いなく、いきなり走っても何ら不思議なし。

 

というわけで、

 

今週もいつも通り大穴狙いで逝くぜぇ!

 

ケツ論は週末。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

日本でほとんど報道されぬ米インフルエンザ8000人超死亡の大流行

は、8000人!こっちもヤバくねえ???

 

★第3期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内