日経新春杯2019予想オッズ・データ分析!穴馬を探せ!

【日経新春杯2019予想オッズ・データ分析】京都芝2400mで行われるハンデGⅡ日経新春杯!今年はグローリーウェイズ、メイショウテッコンが人気?当然大穴狙いで逝く!データ分析では、1枠有利?差し優勢?ハンデは?馬体重は?騎手・種牡馬・前走ローテは?穴馬候補はシュペルミエール、ウインテンダネス、ノーブルマーズ、サラス。

 

TSUTAYAのAVコーナーに行ったら、

まず女優人気ランキングをチェックする浅次郎ですこんちは。

 

(女性毒者がいませんように)

 

今週は3日間開催。

 

調子に乗るとケツの毛まで毟られるんでね。

 

自分のルールとペースとピストン速度を守りつつ、

見なくていいシーンは早送り・・・

 

じゃなかった(笑)、

 

買わんでいいレースはケン!を貫くことが大事。

 

 

んん??

 

てん・・・?

 

がみっつ?

 

■日経新春杯2019予想オッズ

netkeibaより抜粋

 

明け4歳が人気になりそうだねー。

 

ブラストワンピースが有馬記念を勝ったことによって、

 

「4歳世代が強いだろ!」

 

ということに競馬世論が傾いてんのかもしれん。

 

それはそれで正解かもしれんが、

(私もそう思っているが)

 

アーモンドアイはもちろん、

ブラストワンピースは別格って気もするしねー。

 

とりあえずデータ見てみるでもす。

 

■日経新春杯2019データ分析、人気別成績

むわっ・・・人気ランキング上位の女優を借りた方が間違いないのか・・・いや、男なら冒険するべきか・・・(笑)。たまーに大荒れしてますな。

 

■日経新春杯2019データ分析、枠番別成績

京都芝2400は、4コーナーポケットからのスタートで1コーナーまで600mあるからね。先行争いするには十分な距離があるし、あまり内外の有利不利は考えなくて良さそうなんだが、このレースでもフラットっぽいね。ただ、1枠に入ったら3割増しかも。

 

■日経新春杯2019データ分析、馬体重別成績

やはりオッパイでかい方が優勢。じゃなかった(笑)、馬格がある方が優勢。500kg前後が理想。459kg以下だと辛いか。馬体の増減で言うと、どちらかと言えば「馬体増」の方がいい感じ。

 

■日経新春杯2019データ分析、ハンデ別成績

今回ハンデ戦なんでね。一番気になるのがこのデータ。なんと57kg以上の重ハンデの成績はかなり悪い。つかほとんど馬券になってない。56kgは最も馬券になりやすいが1着ではなく2着~3着。頭で狙いたいのは55kgと54kg。3着で狙いたいのが52kg。

 

■日経新春杯2019データ分析、騎手成績

関西の上位騎手が強いですな。たまに若手騎手も馬券になっているね。ワンチャンあるレース。

 

■日経新春杯2019データ分析、種牡馬成績

キングカメハメハ強し。あとはディープインパクト、ハーツクライ、マンハッタンカフェ。サンデーサイレンス系の中距離種牡馬が強い。

 

■日経新春杯2019データ分析、間隔別成績

なるほど・・・最も馬券になるのは1~2ヶ月間隔の馬だが、穴を開けるのは間隔が短い馬って感じか。あとは2ヶ月以上の休み明けの実力馬。使い込んでる馬が結構馬券になる。

 

■日経新春杯2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・グチャグチャだなあ。一番多いのは、準オープン(4頭)と1000万条件(4頭)。これらはいずれも1着条件。あとはGⅠ組(菊花賞・有馬記念など)、GⅡ組(金鯱賞・アルゼンチン共和国杯など)、GⅢ組(中日新聞杯・愛知杯など)に分かれる。基本的に前走大敗からの巻き返しは難しく、少なくとも8着以内が条件。

【激熱ローテ馬】
・シュペルミエール(オリオンS1着)
・ルックトゥワイス(グレイトフルS1着)
・ウインテンダネス(ジャパンカップ8着)

 

■日経新春杯2019データ分析、脚質別成績

前後互角・・・若干差しが優勢か。上がり1位馬は相当強いね。ただ、前もかなり残る。

 

■日経新春杯2019データ分析、位置取り・上がり3F

牝馬で馬券になったのは過去5頭。明け4歳馬が強いですなあ。馬券パターンは「先行→先行」「差し→差し」「先行→差し」「逃げ→差し」・・・まあ何でも有りだね。

穴馬の脚質は、逃げ・先行!

 

■日経新春杯2019データ分析、厩舎・生産者・血統

28/30で関西馬優勢・・・関東馬は来ても3着まで?グローリーウェイズは関東馬にょろよー。しっかし有名厩舎ばっかりやな。生産者を見るとノーザンFが強いわけだが、まったく絡まない年も結構あるね。あれ?社台Fゼロ?あらそう・・・珍しいこともあるもんだ。血統的にはキングカメハメハとサンデーサイレンス系主要種牡馬。母系トニービン注意。あとはノーザンダンサー系ね。

 

ケツデータ論。

・ハンデは54~56kg

・使い込んでる上がり馬

・逃げ、先行!

 

穴馬候補を挙げておこう。まず、上でも挙げたシュペルミエール。明け6歳となるが、途中1年半の休養もありまだ11戦。3歳時は菊花賞に出走して6着だった素質馬である。そして馬券外に飛んだのもその1戦のみ。昨年秋に1年半振りに復帰してから準オープンを勝ち上がりココへ。おそらく、相手なりに走るステイゴールドタイプ。スムーズに先行出来たら粘り込みあると思うぞー!

次に、ガチで狙っているウインテンダネス。去年の目黒記念の時は軽量ではあったが、パフォーマプロミスやノーブルマーズ相手に強い競馬をしての1着。その後、京都大賞典6着、アルゼンチン共和国杯で逃げて4着。ジャパンカップでも8着と頑張った。ここは戦って来た相手が違うと見る。出来れば内枠を引いて3~4番手が理想。

それから、宝塚記念3着のノーブルマーズ。秋はサッパリであったが、いつ重賞を勝ってもおかしくない馬。キレる脚はないんでね。今の時計の掛かる京都はピッタリの舞台なんじゃないかと思う。ちなみにこの馬京都は【1.3.5.3】である。2~3着候補に一考。

最後に超大穴サラス。まだ準オープンの身であり、実力不足は否めない。ただ・・・今回裸同然の49kgである。過去にもテイエムプリキュアが49kgで激走した歴史があり、侮っていると痛い目に遭うかもしれんぞ。上位人気のAV嬢をレンタルするのもいいが、たまには企画モノの素人系B級AVを借りるのもいいかもしれない。掘り出し物があるかもよ?

 

というわけで、

 

今日は新春初TSUTAYAに行こうと思う。

 

じゃなかった(笑)、

 

日経新春杯も大穴狙いで行こうと思う。

 

ケツ論は日曜日。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

レーダー映像 近く新たに6カ国語版公開=韓国

映像見たけどさあ・・・これって完全にプロパガンダ動画だよね。韓国側の映像には哨戒機がチョビっと映ってるだけだし、何の証拠も論拠もないし・・・単なる感情論的動画だよ。つかあのBGMはなんだ(笑)。この件はもう徹底的にやってほしいねー。