安田記念2019データ分析!データから穴馬を探せ!

【安田記念2019データ分析】東京芝1600mで行われる春のマイル王決定戦GⅠ安田記念!今年はアーモンドアイの参戦も有り超豪華メンバー!データ分析では?枠順の有利不利は?脚質優勢なのは?馬体重・騎手・種牡馬・前走ローテ・位置取りは?データから見る穴馬候補は、スマートオーディン、ペルシアンナイト、モズアスコット。

 

安田記念にアーモンドアイ参戦!

 

データ的にはどうなんだこれ???

 

■安田記念2019登録馬

netkeibaより抜粋

 

初の海外遠征だったドバイターフを制覇したアーモンドアイ。

秋は凱旋門賞に挑戦するプランもあったみたいだが・・・

結局色々あって実現せず。

 

うーん。残念。

 

じゃあ、春は宝塚記念?

と思いきや安田記念にチクビの先を向けてきた。

 

これは馬場を考慮してのものだと思うが、

(宝塚記念の時期の阪神は重い馬場になりやすい)

 

距離の思惑もあるんじゃね?

 

と思うのである。そう、アーモンドアイの本質は

マイラーなんじゃないか?

と個人的に疑っているのである。

 

アーモンドアイは折り合いに何の不安もないから中距離も持つ。

しかし、一番強い競馬が出来るのは

1600戦じゃないかと思うのである。

 

その根拠の一つに・・・

ドバイではシーマクラシック(2410m)ではなく、

ターフ(1800m)戦を選んで出走しているのだ。

 

少なくとも陣営は

「2400m戦より1800m戦の方がやりやすい」

と考えてるんだと思う。

 

「浅次郎さん、じゃあ今回の安田記念はドモナラズっすか?」

 

まあ普通に考えりゃそうなるわけだが、

今回のアーモンドアイは海外帰りだからねー。

 

ウオッカだってブエナビスタだってジェンティルドンナだって

ドゥラメンテだってリアルスティールだって

ドバイ帰りでコロッと負けたではないか。

 

ドバイから帰国初戦で快勝したのって・・・

ジャスタウェイくらいじゃね?

(他にもいるかもだけど)

 

今回、断然の人気になるであろうアーモンドアイだが・・・

競馬は何があるかわからんぜ~!

 

■安田記念2019データ分析、人気別成績

1番人気は強い!・・・が、2~6番人気がイマイチな成績で!想像以上に荒れるレースである!狙いは7~9番人気?2~3着は二桁人気狙いもオッケー!

 

■安田記念2019データ分析、枠番別成績

ワンターンのマイル戦。内外の距離損はほとんど考えなくていいし、3コーナーまでの距離も長いため、基本的に枠順の有利不利は考えなくていいコースである。ただ、このレースでは真ん中より外の方が優勢?

 

■安田記念2019データ分析、馬体重別成績

古馬のマイル王決定戦(3歳の参戦は滅多にない)だけに・・・ある程度の馬格は必要。480kgは欲しいところ。馬体の増減では「馬体減」の方がちょっぴり優勢。

 

■安田記念2019データ分析、年齢別成績

お?大概の大レースは4~5歳が強いことが多いんだが・・・安田記念は6歳が強いね。

 

■安田記念2019データ分析、騎手成績

川田、田辺、福永、戸崎、三浦、内田あたりに注意。なんかこのレースは日本人が強いね。しかし今年は・・・

 

■安田記念2019データ分析、種牡馬成績

1位はディープインパクトなんだが・・・出走数を見るととんでもない数になってる。適正が高いの間違いないが、その割に馬券率は低い。結構意外な種牡馬の産駒が馬券になるレースである。

 

■安田記念2019データ分析、間隔別成績

3週(中2週)が強い。あとは1~2ヶ月間隔の馬。休み明けは・・・前走GⅠならOK。

 

■安田記念2019データ分析、前走成績

注目前走は・・・京王杯SC(7頭)、マイラーズC(7頭)、大阪杯(4頭)。京王杯SC組は1~2着が強いが惨敗からの巻き返しも有り。面白いのがマイラーズC組で、馬券になったのは3~10着の馬。つまり1~2着の馬は馬券になっていない。大阪杯は意外と厳しく2着以内。他、意外なローテから馬券になることもあるので注意。個人的にはダービー卿CTの好走馬にも注意したい。

【激熱ローテ馬】
・タワーオブロンドン(京王杯SC1着)
・ロジクライ(京王杯SC3着)
・インディチャンプ(マイラーズC4着)
・ケイアイノーテック(マイラーズC6着)
・モズアスコット(マイラーズC7着)
・フィアーノロマーノ(ダービー卿CT1着)

あら?タワーオブロンドンの鞍上が未定になってんな。レーンはステルヴィオ?ふーん。他、面白いのは京王杯SC惨敗組。

 

■安田記念2019データ分析、脚質別成績

脚質的には圧倒的に「差し・追い込み」が強い。

 

■安田記念2019データ分析、位置取り・上がり3F

馬券パターンは「差し→先行」「差し→追い込み」「差し→差し」というパターンが多く、前残りとなった2016年は例外でいいだろう。基本的には「差し・追い込み」系を狙いたい。ただし圧倒的人気の先行馬は別モノ。

穴馬の脚質は・・・なんでもアリ。

差し・追い込み系が強いレースであるが、逃げ・先行馬が穴を開けることも多いんだよね。もちろん、差し・追い込みが穴を開けることも多数。

 

■安田記念2019データ分析、厩舎・生産者・血統

18/30で若干関西馬優勢。社台系が強いんだが全く馬券にならない年も有り。血統的にはノーザンダンサー系の血に注意。特にストームキャット。

 

■安田記念2019ケツデータ論。

・京王杯SC、マイラーズCの惨敗組
・差し、追い込み系
・ノーザンダンサー系の血に注意

ダントツ人気が予想される(単勝1.3倍予想)アーモンドアイだが、父ロードカナロアがこのレース勝ち馬で、父母父にストームキャット内蔵。母母父がヌレイエフでノーザンダンサーのクロス持ち。上でも述べたが・・・マイラー的な資質はかなり高そう。差す競馬をするのか前に行くのか分からんが・・・馬場次第でどっちも可能なのはほんと心強いよね。鞍上は騎乗停止明けで溜まってるルメール。心配なのは「海外帰り」の一点のみ・・・。

2番人気になりそうなダノンプレミアムは母父がロベルト系。母母父がデインヒル。血統だけで見ると適正距離は1600~1800って感じするなー。休み明けの金鯱賞を勝って大阪杯に行くのかと思いきや・・・マイル戦線に矛先を絞ってきた。ローテ的にも戦績的にも見た目のプロフィールは完璧だが、ケツデータ的には父ディープインパクトと前走マイラーズC1着がマイナス(え?)。

3番人気はアエロリットか。東京で走るクロフネ産駒。前走は海外帰りということで状態面イマイチだったか?昨年もヴィクトリアマイル惜敗からのローテで2着に来ており・・・当然今年も有力だろう。

穴馬候補を挙げておく。

まず、ガチで狙ってるのが京王杯SC7着のスマートオーディン。前々走の阪急杯の時に使った鬼脚はまさしく桁違いだった。しかし前走は前残りとなって不発・・・展開に左右されるところはあるが、GⅠでも通用するだけの破壊力は十分あると思う。スローになったら厳しいかもだが・・・アーモンドアイを後ろから差せるのはこの馬しかいないのではないか。

次に、これまたフルボッキで狙ってるのがペルシアンナイト。マイルCS1着・2着の実績が示す通り、現役屈指のマイラーであるのは間違いない。ただ・・・この馬、どうも東京だと走らないんだよね。左回りが苦手なのか?東京コースが合わないのか?単なる偶然か?いずれにせよ今回は半端な人気になりそうな感じで買い時である。典型的な叩き良化タイプなのも推し材料。

それから、前走見せ場なく惨敗したモズアスコット。言うまでもなく昨年の優勝馬であるが、今回鞍上変更もあってドドンと人気が落ちそう。安田記念は実は「リピーターが活躍するレース」である。グランプリボスを見よ。ショウナンマイティを見よ。ロゴタイプを見よ。人気薄のリピーターはマジで要注意である。

他、ロジクライ、フィアーノロマーノ、タワーオブロンドン(人気にならない?)、グァンチャーレ、ケイアイノーテック、ロードクエストあたりにも注目している。

 

いずれにせよアーモンドアイ一色の安田記念になるだろうねー。

 

もし単勝が3倍付くなら単勝ガッツリ勝負も良かろうが・・・

多分1.5倍以下だよね。

お金持ちじゃないと買えないよワンワン。

 

個人的には・・・

さすがに馬券圏内は外さないだろうけど、

2~3着に負けるケースは十分あると思っている。

 

勝率60%、連対率80%、複勝率90%。

 

こんな感じかな。

 

なのでまあ・・・

 

アーモンドアイぶった斬り!

 

とか・・・酔っ払って暴言吐いたりしないように

十分気をつけようと思っている。

 

当日言ってるかもだけど(笑)。

 

しかしどんな走りをするのか楽しみやね。

 

 

【浅次郎のひとりごと】

夢のVS。夢の第11レース

誰が作ったか知らんがカッコええのう!最後の「夢のラスト1F」・・・全部聞いてしまった(笑)。

 

★第2期モッコリ万馬券倶楽部、新入部員募集!

待ってるよー!

モッコリ万馬券倶楽部へのご案内